小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

トレッキング・2018

18.12.23 金時山ハイキング

2018年12月23日(日)曇り~雨
金時山/別名・猪鼻岳ハイキング

イメージ 1
今回は明神ヶ岳から宮城野バス停に14時下山予定で早朝出発したことと、金時山休憩中に雨となり(乙女峠周遊に予定変更)撮影枚数が限られたため簡単レポですが悪しからず。


☆登山道の状況・危険度
ハイキングコースとして整備されていいます。

☆コメント
来年の干支と同じ名前を持つ金時山(別名・猪鼻岳)と明神ヶ岳からの霊峰富士を伊藤さんに見てもらいたかったけれど、今月2日訪問の金時山(外輪山縦走)と同じ晴れマーク天気予報にすっかり騙かされた1日でした(泣)

★メンバー
もろーさん・おっくん・でこちゃん・伊藤さん・爺の5名
★掲載写真撮影者
管理人.19枚 おっくん.8枚 もろーさん.4枚 伊藤さん.4枚 でこちゃん.1枚 






イメージ 41





金時神社無料駐車場/トイレあり
イメージ 43
イメージ 8
マップコード 57.360.890


公時神社
イメージ 2


金時神社奥の院
イメージ 3


金時宿り石
イメージ 4



イメージ 5


明神ヶ岳分岐点
イメージ 6



イメージ 7

大涌谷
イメージ 9



イメージ 10


ツチグリ
イメージ 11



イメージ 12


金時山初見参の伊藤さん:山頂一番乗り♪
イメージ 13

イメージ 14



イメージ 15

2018.4.22撮影  天気が良ければ・・・
イメージ 45




イメージ 16
イメージ 17


金時山 1212.4m
イメージ 18








明神ヶ岳へ向かう予定だったが、雨のため乙女峠周遊に変更
イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 24



イメージ 22


長尾山
イメージ 23


乙女峠
イメージ 25



イメージ 26


根っ子道地帯はロープに沿って下山しましょう!
イメージ 27


乙女峠入り口
イメージ 28


車道歩きで金時神社無料駐車場に到着
イメージ 44



金時山高低図
イメージ 37
金時神社駐車場/692m 標高差/520.4m 累積標高/684m 総歩行距離/6486m



金時山グーグルアース鳥瞰図
イメージ 38


金時山ルートMAP
イメージ 39
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像)
 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》







おまけ写真
イメージ 40




2018.12.22(土) 足柄ぷらっとパーク上り線で車中泊
イメージ 29
らぁ麺 MORIZUMI
イメージ 30


イメージ 31
イメージ 32
マップコード 50.835.416


立ち寄り温泉
am10:00オープンと同時に入店:一番風呂で汗を流す
富士八景の湯 入浴料1300円(WEB割引あり) TEL 0550-84-1126 泉質満足度★


食事
魚がし二代目御殿場店 am11:00開店と同時に入店:お腹大満足
※三者三様(四人だが)好みのお寿司を注文(^_^)v
イメージ 33


イメージ 34


イメージ 42


イメージ 35
イメージ 36
マップコード 50.831.113




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
2018.12.22(土)足柄ぷらっとパーク上り線で車中泊
2018.12.23(日)
金時神社無料駐車場発 5:16
~ 公時神社 5:22
~ 奥の院 5:40-43
~ 金時宿り石 5:51
~ 明神ヶ岳分岐点 6:36
金時山(1212.4M)7:02-38
~ 長尾山 8:20-22
~ 乙女峠 8:41-46
~ 乙女峠入り口 9:32
~ 車道歩き
~ 金時神社無料駐車場着 9:45


★合計休憩時間=約46分
★実動時間=約3時間43分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約4時間29分

《トイレ・有料含む》
金時神社無料駐車場・金時山山頂





18.12.02 箱根外輪山縦走

2018-12-2(日)曇り  箱根外輪山縦走
金時神社ー乙女峠ー金時山ー明神ケ岳ー明星ケ岳ー塔の峰ー箱根湯本

イメージ 1
☆コメント・1
ヤマノススメ聖地巡礼目的ではなく、高校生が歩いているなら爺も負けずに歩かねばと山仲間10名に見守られながらチャレンジしてきました(^_^)v
仲間からは漫画と張り合ってもしょうがないだろう!
と、言われたけれど・・・
漫画とはいえ女子高生達が走破しているんだから闘争心メラメラですよね~(笑)
☆コメント・2
今回の縦走では「山友もろーさん」にガイドをしていただいたうえ、無理のない綿密な計画をたてていただいたことで全員揃ってゴールすることができました(感謝)
☆登山道の状況・危険度(中級以上限定)
ハイキングコースとして整備が行き届いているが、各山頂への登山口&エスケープルートが何本もあり必然的に分岐点も多くなるのでルートミスに要注意!

 
★メンバー
もろーさん・Tanmaさん・おっくん隊・レンレンさん・NOBUさん・ぴろりん隊・テリアン隊・爺の11名
★掲載写真撮影者
管理人.44枚 Tanmaさん.10枚 おっくん.10枚 レンレンさん.6枚 もろーさん.1枚







「埼玉県飯能市が舞台の漫画・ヤマノススメ」
イメージ 2


イメージ 3




イメージ 4


女子高生達に負けないよう早朝4:50金時神社無料駐車場(トイレあり)を出発です(笑)
イメージ 5
イメージ 82
マップコード 57.360.890


まずは車道歩きで乙女峠登山口へ
イメージ 6


乙女峠登山口
イメージ 7


乙女峠登山口/暗闇のため以後の写真省略しますがコース前半は根っ子道・ゴーロ道で左側に張ってあるロープに沿って登りました。
イメージ 8


暗闇のため途中写真は省略して乙女峠に到着!
イメージ 9

御殿場の夜景/乙女峠より
イメージ 27


指導標は万全です
イメージ 10


長尾山へ
イメージ 11


展望のない長尾山
イメージ 12


ミズナラ樹林帯?
イメージ 13


クサリ柵
イメージ 14


展望が開ける
イメージ 15
駒ヶ岳・大涌谷・芦ノ湖展望
イメージ 16


金時山直下
イメージ 17

金時山(1212.4M・トイレあり)
 富士山は××でした(悲)
イメージ 18


金時山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 19






明神ヶ岳へ




矢倉沢峠までの激下りが「超もったいない!」
イメージ 20


金時神社分岐点
イメージ 21


これから目指す明神ヶ岳(矢印)ははるか彼方!
イメージ 28

展望岩
イメージ 22
展望岩より
イメージ 23
展望岩より
イメージ 24


季節外れに咲くマツムシソウ
イメージ 25


矢倉沢峠・うぐいす茶屋(トイレあり)
ここで、NOBUさん・ピロリン隊・テリアン隊と合流して総勢11名になる
イメージ 26



ハコネダケの登山道を進む
イメージ 29


晴れていれば、この辺から富士山が顔を見せ始めるのだが・・・
イメージ 30


だいぶ来たけれど、まだ全行程の2割くらいってところかも・・・
イメージ 31


火打石山(988.4M)案内板・明神ヶ岳まで40分/ここで全行程の3割クリアかも
イメージ 32



イメージ 33


途中ちょこっと急斜面あり!
イメージ 34


ぼやいても仕方ないが富士山が見えな~い!
イメージ 35



イメージ 36


本来なら絶景ビューポイントの場所だが・・・
イメージ 37


明神ヶ岳展望台
イメージ 38

明神ヶ岳(1169M)/ここに山頂標立つが正式な山頂は数分手前です。
イメージ 39


明神ヶ岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 40






明星ヶ岳へ




イメージ 41



イメージ 42


今年四月の縦走では飲み水不足のため、この分岐点で宮城野バス停へ下山となりました(´;ω;`)ウゥゥ
イメージ 43


金時山~明神ヶ岳~宮城野分岐点までの景色は過去記事でお楽しみください♪



明星ヶ岳まで15分
イメージ 44



イメージ 45


宮城野分岐点(塔ノ峰まで95分)
イメージ 46


明星ヶ岳(923.8M)・御嶽大神の碑
イメージ 47
この山で毎年8月10日に大文字焼きが行われるので別名・大文字山と呼ばれているとの記載あり
イメージ 48






塔ノ峰へ


イメージ 49


この石仏、下山中はただの石ころにしか見えないので踏みつけ注意!
イメージ 50



イメージ 51


季節外れの竜胆
イメージ 52


明星ヶ岳以降はひたすら下りと思いきや、何気にアップダウンが連続するので要注意!
イメージ 53


綺麗だ~♪
イメージ 54




イメージ 55



イメージ 56



イメージ 57



イメージ 58


林道出合い
イメージ 59

900㍍の車道歩きとなるが交通量が多いので要注意!
イメージ 60



塔ノ峰登山口
イメージ 61

イメージ 62


明星ヶ岳以降アップダウンの多さにさんざぼやいた登りもここが最後
イメージ 63



イメージ 64


フラット道となり
イメージ 65


塔ノ峰(566M)・阿弥陀寺まで30分
イメージ 66



序盤は緩い下りだがじきに等高線が密になるので慎重に!
イメージ 67



イメージ 68


竹林の先にお寺の屋根がみえる
イメージ 69


阿弥陀寺(トイレあり)
イメージ 70


塔ノ沢
イメージ 71


車道に出る
イメージ 72


国道1号
イメージ 73



イメージ 74


函嶺洞門前無料駐車場着(トイレあり)・皆さん、今日はお付き合いいただきありがとうございました♪
イメージ 75
イメージ 81
マップコード 57.222.480



イメージ 77

函嶺洞門前駐車場標高/117m 標高差/1095.4m 累積標高/1441m 総歩行距離/20682m



イメージ 78
箱根外輪山縦走GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール


来年は箱根外輪山一周に挑戦予定です! 計画倒れの可能性大だけれど・・・笑
イメージ 79



二代目魚がし御殿場店/おっくん隊と本日の〆夕食♪
イメージ 76
イメージ 80
マップコード 50.831.113




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
2018.12.1(土)
長野~足柄プラットパーク 250㌔ 3時間
足柄~金時神社駐車場 13㌔ 20分

2018.12.2(日)
金時神社無料駐車場発 4:48 
~ 乙女峠登山口 5:01 
~ 乙女峠 5:47-55
~ 長尾山 6:19
~ クサリ柵 6:31
金時山(1212.4M)7:06-26 
~ 金時神社分岐点 7:43 
~ 展望岩 7:54-57
~ 矢倉沢峠・うぐいす茶屋 8:03-16 
火打石山(988.4M)・明神ヶ岳まで40分 9:25-33
~ 明神ヶ岳まで25分 9:45 
明神ヶ岳(1169M)10:31 
~ 明神ヶ岳展望台 10:36-11:12
~ 宮城野分岐点 11:48 
~ 明星ヶ岳まで15分 12:12 
~ 宮城野分岐点(塔ノ峰まで95分)12:25
明星ヶ岳(923.8M)12:28-36 
~ 塔ノ峰まで70分 13:00 
~ 林道出合い 13:42
~ 900㍍林道歩き 
~ 塔ノ峰まで15分 13:55-14:03 
塔ノ峰(566M)14:16-24
~ 阿弥陀寺 14:57-15:07 
~ フォレストアドベンチャー 15:20
~ 箱根湯寮 15:23 
~ 国道1号出合い 15:28 
~ 函嶺洞門前無料駐車場着 15:32
(金時神社へ移動して金時神社にて解散)

★合計休憩時間=約2時間02分
★実動時間=約8時間42分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約10時間44分

《トイレ・有料含む》
金時神社無料駐車場・金時山・うぐいす茶屋・阿弥陀寺・函嶺洞門前駐車場


立ち寄り温泉 12/1
足柄浪漫館・あしがら湯 入浴料700円 TEL 0550.70.0268 泉質満足度★
























18.11.18 秩父・御嶽山

2018年11月18日(日)曇り
もろーさん40年振りシリーズで秩父御嶽山へ

イメージ 44


イメージ 1
秩父御嶽山の詳しい写真は下記HP版に掲載予定です (*^_^*)
ひらさんのHighトレッキング http://hirasan.canada2194.com/

☆コメント
もろーさんから40年振りシリーズに声をかけていただき、総勢8名で秩父御嶽山を楽しんできました♪

☆登山道の状況・危険度(中級以上限定)
指導標が整備されているうえ、ルートミスをしそうな箇所には通行止め表示付きロープが張られているので道迷いの心配はない。 
※落合ルートは土砂崩れのため通行禁止となっています。
危険箇所/杉ノ峠から山頂までは尾根筋歩きとなるが、林道横断以降の尾根は痩せているうえに左右の斜面が急峻なので「つまづき」などによる滑落に注意。


★メンバー
もろーさん・こうちさん・えいちゃん・いぬどしさん・abeちゃん・おっくん・でこちゃん・爺の8名



☆管理人HP




イメージ 48






道の駅大滝温泉から出発
イメージ 2
イメージ 49
マップコード 534.412.599


車道歩き
イメージ 3


普寛神社から御岳山登山口へ
イメージ 4


落合ルートは土砂崩落で通行止め
イメージ 5


先ずは林道歩きで杉ノ峠へ
イメージ 6


林道ショートカット道が二カ所ある
イメージ 7


これは木橋・1
イメージ 8


整備中で通行止林道に合流
イメージ 9



イメージ 10


ここから本格的登山道となる
イメージ 11



イメージ 12


杉ノ峠/強石(こわいし)ルート分岐点
イメージ 13


僅かな区間だが急登です!
イメージ 14


この指導標で右折して送電線鉄塔方面へ進む
イメージ 15


右側が秩父御嶽山
イメージ 16

奥秩父もみじ湖(滝沢ダム)
イメージ 17

送電線鉄塔
イメージ 18

送電線鉄塔横のベンチ&指導標あり
イメージ 19


反射板
イメージ 20


うんこらどっこいしょ!
イメージ 21


林道横断
イメージ 22


林道横断後は両サイド急峻な痩せ尾根につき「つまずき」などによる滑落注意!
イメージ 23



イメージ 24


あとチョットの頑張りで頂上到着
イメージ 25


三峰口分岐点
イメージ 26


秩父御嶽山(1080.4M)
イメージ 27



イメージ 28




イメージ 40



両神山方面展望
イメージ 51




秩父御嶽山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 29







三峯口へ下山


ルートミスしそうな場所にはこのようなロープが張られているので安心♪
イメージ 30



イメージ 31


古池分岐点
イメージ 32



イメージ 33


二番高岩(たかや)
イメージ 34

二番高岩(たかや)より
イメージ 35


即道の墓
イメージ 36






旧宿場・贄川(にえかわ)のかかし広場



家族でお散歩のつもりだけれど子供に嫌われたみたい・・・泣
イメージ 37


本物はだ~れ?
イメージ 38


叔父さん、 重すぎ~!
イメージ 39


かかし広場を楽しんだら少し戻って三峰口へ
イメージ 52


贄川(にえかわ)登山口&トイレ
イメージ 53



車道歩きで三峯口へ
イメージ 41


白川橋より
イメージ 42


車デポ地/秩父鉄道・三峰口有料駐車場(520円)に下山
イメージ 43
イメージ 50
マップコード 534.447.743




イメージ 45
三峯口駐車場標高/317m 標高差/763.4m 累積標高/1533m 総歩行距離/10025m



イメージ 46
GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール



イメージ 47

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
秩父鉄道三峰口有料駐車場で合流&車デポ~道の駅大滝温泉へ移動
道の駅大滝温泉発 6:55
~ 普寛神社 7:04
~ 落合登山口(トイレあり)7:08
~ 林道歩き
~ 御岳山登山口指導標 7:26
~ 木橋 7:28
~ 林道出合い 7:32
~ 御岳山登山口指導標 7:35
~ 木橋 7:36
~ 御岳山まで2.3㌔ 7:46
~ 杉ノ峠 8:07-14
~ 指導標 8:24
~ 旧・送電線鉄塔 8:26
~ 新・送電線鉄塔&ベンチ 8:27
~ 反射板 8:29
~ 林道横断 8:55
~ 途中休憩 9:05-15
~ トラロープ 9:17
~ クサリ 9:21
~ 三峰口分岐点 9:38
~ 秩父御嶽山(1080.4M)9:42-10:40
~ 秩父御嶽山発 10:40
~ 三峰口分岐点 10:42
~ 左下に御岳山トンネル 11:06
~ 古池分岐点 11:12
~ 二番高岩(たかや)12:09-14
~ 送電線鉄塔 12:18
~ 一番高岩(たかや)12:20-25
~ 即道の墓 12:27
~ かかし広場・三峯口まで900M 12:30-34
~ 贄川(にえかわ)登山口&トイレ 12:38-41
~ 秩父鉄道三峯口駐車場着 12:54

★合計休憩時間=約1時間32分
★実動時間=約4時間27分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約5時間59分

11/11 立ち寄り温泉
秩父川端温泉・梵の湯 am9:00-22:00 TEL 0494-62-0620 泉質満足度★★★


《移動行程》
2018.11.17(土)
長野~道の駅ちちぶ(車中泊)
※グーグルナビ設定 160㌔ 2時間30分
長野~道の駅大滝温泉
※グーグルナビ設定 180㌔ 2時間50分

18.11.11 真っ白けの飯縄山

2018.11.11(日)
ガッスガス真っ白けの飯縄山だった!

イメージ 1
コメント
後の祭りだが、もう1時間早く歩き始めていれば高妻山方面の展望はバッチリのハズだったのに早朝からの濃霧で自宅出発を遅らせたのが間違いだった(泣)


イメージ 23
一の鳥居駐車場標高/1131m 標高差/786.4m 累積標高/847m 総歩行距離/8237m








イメージ 24





一の鳥居駐車場/トイレあり
イメージ 2


一の鳥居苑地内から車道歩きで登山口へ向かう
イメージ 3


南R登山口
イメージ 4


ルート上には十三体+馬頭観音が祀られている
イメージ 5


出だしは青空だったが
イメージ 6



イメージ 7


駒つなぎの場
イメージ 8



上空の雲行きが怪しくなってきた
イメージ 9


イメージ 10


西・南R分岐点
※下山者に聞いたところ高妻山方面のみ展望良かったとのことだが・・・
イメージ 11


確かに戸隠・高妻方面は青空で期待できそう♪
イメージ 13


旧・奥宮
イメージ 12


お花畑もこの時期はさみしい状態に
イメージ 14
お花畑 2017.8.16撮影
イメージ 15


南峰の数メートル下にありながら一年中涸れることのない神の井戸
イメージ 16



奥宮
イメージ 17
奥宮横のコンコン様
イメージ 18


あちゃ~! 一面真っ白な飯縄山
イメージ 19


昼飯を食ってサッサと退散です(笑)
イメージ 20





下山編


イメージ 21


イメージ 22
今日はカメラが重く感じる一日であった!



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
一の鳥居駐車場発 8:30
~ 南R登山口 8:44
~ 第一石仏 8:56
~ 駒つなぎの場 9:33-40
~ 天狗の硯岩 9:59
~ 西・南R分岐点 10:23
~ 旧・奥宮 10:29
~ 神の井戸 10:31
~ 南峰・奥宮 10:33-35
~ 飯縄山(1917m)10:43-11:10
飯縄山発 11:10
~ 南峰 11:20
~ 旧・奥宮 11:22
~ 西・南R分岐点 11:27
~ 天狗の硯岩 11:43
~ 駒つなぎの場 11:55
~ 南R登山口 12:19
~ 一の鳥居駐車場着 12:30

★合計休憩時間=約36分
★実動時間=約3時間24分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約4時間



18.10.28 竜ヶ岳の羊は茶色い羊さんだった!

2018年10月28日(日)晴れ
竜ヶ岳の羊は茶色い羊さんだった!

イメージ 1

今回も超手抜きアップ
ではなくて、ホームページを先行掲載↓したので簡略掲載となりました
★管理人ホームページ 竜ヶ岳の赤い羊はどこへ? 


☆登山道の状況・危険度(初心者除く)
特に危険個所はないが、遠足尾根大日方分岐点~登山口までは激下りとなるので
「シロヤシオ開花時期以外」は金山尾根ルートでの下山をおススメします。
☆コメント
ここ竜ヶ岳はシロヤシオの白い花が咲いて「白い羊」の群れに、秋はシロヤシオの葉が真っ赤に色づき「赤い羊」の群れに見えることで有名なお山♪
今回は赤い羊さんに会いたくて山友さんと三人で来たけれど・・・
★メンバー
あーちゃん・パラさん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人29 パラさん.10 あーちゃん.1


イメージ 2
竜ヶ岳GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール


イメージ 3
有料駐車場標高/241m 標高差/858.3m 累積標高/1382m 総歩行距離/14589m




2018.10.27(土)
我が家お気に入りの刈谷PA・ハイウェイオアシスで車中泊
イメージ 4
刈谷ハイウェイオアシス・天然温泉かきつばた 入浴料820円
TEL 0566-35-5678 泉質満足度★★
イメージ 5





イメージ 44




2018.10.28(日)
宇賀渓駐車場/500円(入山料200円込み)トイレあり
イメージ 6
イメージ 45
マップコード 290.042.783



421号車道歩きで砂山入り口へ
イメージ 7


No190指導標/案内所分岐点
イメージ 8


砂山へ
イメージ 9


蛍石採掘跡を通過
イメージ 10


休憩所(尾根R・巻き道R分岐)
イメージ 11


展望が期待できる尾根ルートを選択
イメージ 12


伊勢湾方面
イメージ 13
指導標あるので心配なし!
イメージ 14


砂山
イメージ 15


砂山奥展望台 
※中道ルートを歩く予定だったが砂山ルートは展望が良いとの情報で迷わず変更
イメージ 16
竜ヶ岳全景
イメージ 17


長尾滝分岐点までの激下りをクリアして小峠へ向かう
イメージ 18


渡渉が数回あります
イメージ 19


小峠
イメージ 20


軽しか通行できない車道歩きで石榑(いしぐれ)峠へ
イメージ 21


石榑(いしぐれ)峠駐車場&登山口
※約10台駐車可 ※ここは竜ヶ岳まで75分の最短ルート登山口
イメージ 22


初っぱなからゲットな登り!
イメージ 23


重ね岩&竜ヶ岳方面
イメージ 24
重ね岩
イメージ 25


砂礫地帯 ※ここで小休止
イメージ 26


重ね岩 ※強風で岩頭に立てなかった(悲)
イメージ 27


重ね岩から最後の急登をガンバ!
イメージ 28


急登をクリアすれば別世界に♪
イメージ 29



イメージ 30


竜ヶ岳(1099.3M)
イメージ 31


竜ヶ岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 32



竜ヶ岳・赤い羊さんの群れはいずこに?
イメージ 33



※本来なら深紅の紅葉で赤い羊に見えるハズだったが今年は全ての木が落葉していました(残念)
イメージ 34






遠足尾根へ下山開始



下山開始 ※来年も来るからね~♪イメージ 35


金山尾根分岐点
イメージ 36



イメージ 37


金山尾根大日向分岐点
※5月に来たときは指導標左側踏み跡から矢印の大日向方面へ下ってしまいました。
イメージ 38
現在は大木が道を塞いで直進はできなくなっています


この激下りにはやられてしまい、ルートミスした大日向方面の方がズッと楽だった!
と、ぼやきっぱなしの爺でした(笑)
イメージ 39



イメージ 40


遠足尾根登山口
イメージ 41


有料駐車場から竜ヶ岳を望む
イメージ 43


5月に買い忘れた山ピンゲット♪
イメージ 42


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
有料駐車場発 6:11
~ 車道歩き
~ 林道入り口 6:40
~ No190 6:55
~ 蛍石採掘跡 7:04
~ No199 7:07
~ 休憩所(尾根R・巻き道R分岐)7:11
~ 砂山 7:26-30
~ 砂山奥展望台 7:42-47
~ 長尾滝分岐点 8:08
~ 小峠 8:23-27
~ 林道歩き
~ 石榑(いしぐれ)峠 8:46
~ 石榑峠登山口 8:47
~ 途中休憩 9:26-40
~ 重ね岩 9:52-10:01
竜ヶ岳(1099.3M)10:38-11:46
竜ヶ岳発 11:46
~ 静ヶ岳分岐点 12:07-11
~ 金山尾根分岐点 12:22
~ 遠足尾根・大日方分岐点 13:21
~ 遠足尾根登山口 13:51
~ 名水・竜の雫 14:00-04
~ 売店で山ピン購入・約4分
~ 駐車場着 14:15
※温泉で汗を流して長野着21:00

★合計休憩時間=約2時間22分
★実動時間=約5時間53分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約8時間15分


《移動行程》
2018.10.27(土)
長野~刈谷PA&ハイウェイオアシス(車中泊)
※グーグルナビ設定 295㌔ 3時間25分
2018.10.28(日)
刈谷PA~宇賀渓駐車場
※グーグルナビ設定 61㌔ 54分 

10/27(土) 立ち寄り温泉
刈谷ハイウェイオアシス・天然温泉かきつばた 入浴料820円
TEL 0566-35-5678 泉質満足度★★
10/28(日) 立ち寄り温泉
六石温泉・あじさいの湯  入浴料600円 
TEL 0594-72-2179 泉質満足度★

18.10.21 黒姫山周遊

2018年10月21日(日)晴れ
黒姫山ロングコース周遊

イメージ 1
黒姫山周遊ルートの詳しい写真は下記HP版に掲載予定 (*^_^*)
ひらさんのHighトレッキング


☆登山道の状況・危険度(中級者以上限定)
黒姫山山頂~小泉新道分岐点の黒姫乗越までは火山帯特有の大岩や根っ子道となるため足の置き場を確認しながらの下山となるため地図表記CTより多め(上りは特に問題なし)に見積りたい。
※七ツ池と峰ノ大池を見るだけなら山頂手前鞍部の峰ノ大池分岐点を下るのが得策!
新道分岐点から古池までは広葉樹林帯を下るので落ち葉に埋もれた浮石に注意したい。
☆コメント・1
山仲間4人で大橋登山口~新道分岐~しらたま平~黒姫山~黒姫乗越~七ツ池~峰ノ大池~しらたま平~新道分岐~古池~種池ルートで17㌔ちょいのロングコース&伝説の池&グッドタイミングの紅葉を楽しんできました♪
☆コメント・2
山友、松ちゃんから「当日は信濃町主催・黒姫山閉山祭があり駐車場に止められないか、混雑するので気をつけてください!」との事前情報で早めの集合とし事なきをえました(感謝)

★メンバー
おっくん・でこちゃん・荒井さん・爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人.43 おっくん.7 でこちゃん.2 






大橋駐車場に一番乗りで到着/トイレは高妻山登山口駐車場を利用
イメージ 2
イメージ 57
マップコード 1004.102.189



ゲートをくぐりり約30分の林道歩き
イメージ 3



イメージ 4


登山口
イメージ 5


新道分岐点
イメージ 6


きのこフェチのでこちゃん♪
イメージ 7

イメージ 8


下を見たり、上を向いたり大忙し(笑)
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


しなの木(丸太ベンチあり)
イメージ 12



イメージ 13


たまには振り向いて景色を楽しみましょう♪
イメージ 14


しらたま平
イメージ 15

右から地蔵山(こんもり)、乙妻山(尖り)、高妻山、五地蔵山(戸隠)
イメージ 16

唐松や五竜の奥に剱岳を望む
イメージ 17

眼下に古池
イメージ 18




イメージ 19



イメージ 21



山頂が近い
イメージ 20



イメージ 22


左から天狗原山、焼山、火打山(冠雪)
イメージ 23


山頂付近は足場が悪い
イメージ 24



イメージ 25


黒姫山 2053.4M
イメージ 26


左から、焼山、火打山、妙高山/妙高山にはmomo隊の他にFB友達が3名登っていました
イメージ 27



黒姫山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 28








黒姫乗越~七ツ池~大池~大池分岐点(上)へ





爺に物を持たせるのは危険かも・その1
イメージ 29



イメージ 30


表登山道分岐点
イメージ 31



イメージ 32


妙高&上越方面/尾根の縁をあるいている割に展望地はここだけでした
イメージ 33


足の置き場に難儀しました
イメージ 34


氷柱
イメージ 35


こんな場所ばっかりでCTを20分もオーバー(泣)
イメージ 36


黒姫乗越分岐点/七ツ池まで30分
イメージ 37


七ツ池へ
イメージ 38


七ツ池
イメージ 39


七ツ池
イメージ 40


黒姫伝説の峰ノ大池
イメージ 41


峰ノ大池でランチタイム
イメージ 42


峰ノ大池分岐点(上)へ
イメージ 43


ここも難儀な道だなぁ~!
イメージ 44


峰ノ大池分岐点(上)
イメージ 45







新道分岐点から古池&種池へ



イメージ 46



イメージ 47


四季を通して多くの撮影者が訪れる清流
イメージ 48



爺に物を持たせるのは危険かも・その2
イメージ 49



イメージ 50


古池
イメージ 51


種池
イメージ 52



イメージ 53


古池R登山口に下山、車道歩きで大橋駐車場まで戻ります。
イメージ 54



イメージ 55
大橋駐車場標高/1140m 標高差/587m 累積標高/1313m 総歩行距離/17269m



イメージ 56
黒姫山GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
高妻山登山口駐車場(トイレあり)集合5:40(乗合で大橋駐車場へ)
大橋駐車場発 6:00
~ 林道歩き約30分
~ 黒姫山登山口 6:34
~ 新道分岐点 7:08-16
~ しなの木(丸太ベンチ)7:50-55
~ しらたま平 8:47-9:03
~ 峰ノ大池分岐点(上)9:26
~ 黒姫山(2053.4M)9:43-56
黒姫山発 9:56
~ 表登山道分岐点 10:11
~ 黒姫乗越(小泉新道分岐点)10:57
~ 七ツ池 11:23-35
~ 峰ノ大池分岐点(下)11:38
~ 峰ノ大池(昼食)11:38-12:03
~ 峰ノ大池分岐点(下)12:04 
~ 峰ノ大池分岐点(上)12:32-40
~ しらたま平 13:02
~ しなの木(丸太ベンチ)13:32
~ 新道分岐点 14:09-22
~ 古池 15:29
~ 取水ゲート 15:42
~ 種池 15:54
~ 古池入り口駐車場 16:07
~ 車道歩き約6分
~ 大橋駐車場着 16:13 


★合計休憩時間=約1時間18分
★実動時間=約8時間55分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約10時間13分

18.10.7 那須岳敗退&家族旅行

2018年10月7日(日)曇り~小雨&超強風
那須岳紅葉狩り敗退

2018年10月14日(日)晴れ
新潟・岩室温泉家族旅行

イメージ 1
☆コメント
去年の紅葉狩りに参加できなかった山友おっくん隊をお誘いして那須岳を目指したが、中ノ茶屋跡以後の強風! 
峰ノ茶屋跡避難小屋では名物と笑えないほどの超強風&小雨で2時間様子見!
回復が見込めないため来年の再チャレンジを誓って下山に・・・(泣)
姥ヶ平で待つ山友ぴろりん隊との合流もかないませんでした(残念)
★メンバー
おっくん・でこちゃん・伊藤さん・爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人.11 おっくん.7



駐車場4時出発、朝日岳でご来光の予定だったが前夜の雨で出発を5時に変更
イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4


中ノ茶屋跡でご来光を待つ
イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 10



イメージ 8


ここまでは期待大だったが・・・
イメージ 9


この辺りから強風の洗礼が
イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13


この辺りで超強風に・・・!
イメージ 14


雲の動きがやばい!
イメージ 15


避難小屋で2時間待機したが回復を望めず強風体験をして下山(笑)
イメージ 16



イメージ 17


イメージ 18


峠の茶屋から撮影
イメージ 19


《移動行程》
2018.10.05(金)
長野発 14:00~上信越&北陸道・磐越自動車道会津若松IC下車~喜多方ラーメン・来夢~道の駅 ばんだい(車中泊)
※グーグルナビ設定 長野~八方台 320㌔ 4時間00分

2018.10.06(土)
道の駅ばんだい発 5:00~コンビニ立ち寄り朝食・八方台着 6:00
※グーグルナビ設定 八方台~那須・峠の茶屋駐車場 124㌔ 2時間00分 
那須向かいで立ち寄り温泉
押立温泉・住吉館 入浴料800円 TEL 0242-65-2221 泉質満足度★★★
磐越&東北自動車道・白河IC下車~白河ラーメン・太鼓のぼう~峠の茶屋(トイレあり)車中泊

2018.10.07(日)
強風のため那須岳紅葉狩りを諦めて帰路につく
※グーグルナビ設定 峠の茶屋~長野 304㌔ 4時間00分


イメージ 24



2018年10月14日(日)晴れ
新潟・岩室温泉「富士屋」家族旅行
イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22

弥彦神社参拝
イメージ 23


イメージ 25




18.10.6 磐梯山・紅葉狩り

2018年10月6日(土)晴れ
磐梯山紅葉狩り

イメージ 1

☆登山道の状況・危険度(中級者以上限定)
中ノ湯跡近辺の斜め傾斜木道歩き以外は特に危険箇所はない。
☆コメント
地元福島の山友あかりんごさん&数年前から磐梯山に登ってみたいと言っていた伊藤さんの3人で紅葉の磐梯山を楽しんできました♪
★メンバー
あかりんごさん・伊藤さん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人.37 伊藤さん.6 あかりんごさん.3





10/5 磐越自動車道会津若松IC下車~喜多方ラーメン・来夢(夕食)
イメージ 25
イメージ 26




イメージ 50




八方台駐車場(24時間トイレあり)
イメージ 2


登山口
イメージ 3



イメージ 4


石祠
イメージ 5


中ノ湯跡
イメージ 6


裏磐梯R分岐点
イメージ 7


ゴーロ道
イメージ 8


桧原湖展望/随所にこのような展望地あり♪
イメージ 9

イメージ 10


向かい側尾根の紅葉が素晴らしかった!
イメージ 11

イメージ 12



イメージ 13


お花畑分岐点
イメージ 14


弘法清水へ
イメージ 15


弘法清水で喉を潤す
イメージ 16




イメージ 18

写真はほんの一部ですが左から大日岳・飯豊山・大朝日・月山・西吾妻・安達太良山が一望できます
イメージ 17



山頂へ最後の胸突き八丁
イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21


山頂
イメージ 22


磐梯山(1819m)
イメージ 23



イメージ 24





磐梯山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 27




山頂でランチタイム/猪苗代湖・茶臼岳・女峰山・燧ヶ岳・平ヶ岳方面展望
イメージ 29
山頂でランチタイム/櫛ヶ峰(手前) 安達太良山方面(右)
イメージ 28
山頂でランチタイム/あかりんごさんがコーヒーを煎れてくれました♪
イメージ 30



下山編

イメージ 31

イメージ 32


お花畑へ下る
イメージ 33


櫛ヶ峰
イメージ 34


あかりんごさんのお友達とバッタリ!
イメージ 35


磐梯山/お花畑より
イメージ 36


磐梯山/お花畑より
イメージ 37



イメージ 38


中ノ湯跡
イメージ 39

イメージ 40



イメージ 48



イメージ 49

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
八方台駐車場(トイレあり)発 6:46
~ 石祠 6:52
~ 中ノ湯跡 7:13-16
~ 裏磐梯R分岐点 7:20
~ お花畑分岐点 8:26
~ 弘法清水 8:37-41
~ 磐梯山(1819m)9:10-10:03

磐梯山発 10:03
~ 弘法清水小屋 10:26-39
~ 花畑&裏磐梯R分岐点 10:42
~ お花畑分岐点 10:55
~ 裏磐梯R分岐点 11:45
~ 中ノ湯跡 11:49-54
~ 八方台駐車場着 12:22 

★合計休憩時間=約1時間20分
★実動時間=約6時間36分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約5時間16分




那須向かい・立ち寄り温泉
押立温泉・住吉館 入浴料800円 TEL 0242-65-2221 泉質満足度★★★
イメージ 41

イメージ 42
二種類の源泉/露天風呂は二種類混合温泉です
イメージ 43

イメージ 44




白河ラーメン・太鼓のぼう/夕食
イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47


《移動行程》
2018.10.05(金)
長野発 14:00~上信越&北陸道・磐越自動車道会津若松IC下車~喜多方ラーメン・来夢~道の駅 ばんだい(車中泊)
※グーグルナビ設定 長野~八方台 320㌔ 4時間00分

2018.10.06(土)
道の駅ばんだい発 5:00~コンビニ立ち寄り朝食・八方台着 6:00
※グーグルナビ設定 八方台~那須・峠の茶屋駐車場 124㌔ 2時間00分 
那須向かい・立ち寄り温泉
押立温泉・住吉館 入浴料800円 TEL 0242-65-2221 泉質満足度★★★
磐越&東北自動車道・白河IC下車~白河ラーメン・太鼓のぼう~峠の茶屋(トイレあり)車中泊

2018.10.07(日)
強風のため那須岳紅葉狩りを諦めて帰路につく
※グーグルナビ設定 峠の茶屋~長野 304㌔ 4時間00分






18.9.23 三ツ石山・紅葉狩り

2018年9月23日(日)曇り~晴れ
岩手県/三ツ石山・紅葉狩り

今回は超手抜きアップ❗❗
ではなくて、ホームページを先行掲載↓したので簡略掲載となりました。
★管理人ホームページ 三ツ石山紅葉狩り登山



イメージ 1
☆登山道の状況・危険度
特に危険箇所はないが、今回のように前日の雨(または雨中登山時)で
登山道が泥濘んでいる場合は上り下りともスリップで足を取られやすいので
慎重にあるきたい。
☆コメント
三ツ石山は岩手県で一番早く色づき、例年9月中旬~下旬に見頃を迎える山!
FB友達さんからいただいた紅葉情報と三連休中日が晴れマークだったので、
長野から10時間(高速利用&食事&休憩込み)かけて紅葉最前線を
存分に楽しんできました♪
★メンバー
ソロ登山




イメージ 32




9/22 網張り温泉スキー場リフトは雨で運休
イメージ 2
イメージ 31
マップコード 435.562.145



9/23 網張り温泉スキー場第一リフトから駐車場を臨む
トイレはリフト営業中のみ使用可 往復1600円
イメージ 3


展望台/リフト3本利用
イメージ 4


展望台より
イメージ 5


犬倉分岐点から大松倉山方面を望む
イメージ 6


あそこが大松倉山
イメージ 7


三ツ石山荘と三ツ石山
イメージ 8


三ツ石山荘避難小屋(トイレあり)
イメージ 9


三ツ石山へ
イメージ 10


振り返ると岩手山
イメージ 11


山頂手前の展望岩
イメージ 12



展望岩から山頂を望む
イメージ 13


三ツ石山(1466m)
イメージ 14


三ツ石山より
イメージ 15


三ツ石山より
イメージ 16


三ツ石山より
イメージ 17


三ツ石山より
イメージ 18


次に目指すは矢印の小畚山(こもっこやま)
イメージ 19


振り返って三ツ石山
イメージ 20


三ツ沼
イメージ 21


三ツ石覘標ノ台(てんびょうのだい) 強風と強風による寒さで本日はここまでとする(残念)
イメージ 22
来年は松川温泉からの周遊コースを予定




高低図
イメージ 23
三ツ石山荘標高/1280m 標高差/186m 累積標高/1218m 総歩行距離/13404m



GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール
イメージ 24


三ツ石山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 25






秋田県・道の駅象潟(車中泊)
イメージ 26
イメージ 30
マップコード 231.182.016


道の駅真向かいのお寿司屋さんで一人宴会♪
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む
2018.9.23(日)
網張展望第一リフト 7:00~第二リフト~第三リフト終点 7:35
※往復料金 1600円
第三リフト終点発 7:39 
~ 展望台 7:42 
~ 犬倉分岐点 7:48
~ 大松倉山まで1.1㌔ 8:30-32 
~ 大松倉山(1407m)8:47-49
~ 三ツ石山荘まで0.8㌔ 8:57 
~ 松川温泉分岐点 9:13 
~ 三ツ石山荘(トイレあり)9:14
~ 山頂手前展望岩 9:41-59 
~ 三ツ石山(1466m)10:03-19
~ 途中休憩 10:41-45 
~ 三ツ沼 10:56 
~ 三ツ石覘標ノ台(てんびょうのだい)11:05-11

三ツ石覘標ノ台発 11:11 
~ 三ツ沼 11:20 
~ 三ツ石山 11:46 
~ 三ツ石山荘 12:13
~ 松川温泉分岐点(昼食)12:15-30 
~ 三ツ石山荘まで0.8㌔ 12:50
~ 大松倉山 13:00 
~ 大松倉山まで1.1㌔ 13:14 
~ 犬倉分岐点 13:57
~ 展望台 14:02 
~ 第三リフト終点乗り場 14:05 
~ 第一リフト&駐車場着 14:45 

★合計休憩時間=約1時間04分
★実動時間=約5時間23分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約6時間27分


《移動行程》
2018.9.22(土)
長野発 7:15~磐越自動車道・東北自動車道
~網張温泉スキー場駐車場着 17:07(車中泊)
※グーグルナビ設定 666㌔ 7時間30分

2018.9.23(日)
網張温泉スキー場~秋田県・道の駅象潟(車中泊)
※グーグルナビ設定 166㌔ 2時間40分 

2018.9.24(月)
道の駅象潟 5時起床~自宅に戻る
※グーグルナビ設定 405㌔ 5時間20分

9/22 立ち寄り温泉
千年の名湯・綱張温泉館 入浴料600円 休暇村TEL 019-693-2211 
泉質満足度★★★
9/23 立ち寄り温泉
秋田・道の駅象潟(きさかた) ねむの丘展望温泉 90分・入浴料350円 
TEL 0184-32-5588 泉質満足度★★★

18.8.26 根子岳&小根子岳周遊

2018年8月26日(日)晴れ
根子岳&小根子岳
イメージ 1


☆コメント
土曜日に仲間三人で当ルートを歩く予定が天候不良で順延となり、本日は長野隊初参加のリンリンさんと二人で根子岳ハイキングを楽しんできました♪


☆登山道の状況・危険度
1.菅平牧場~根子岳~峰の原集会所の全ルート危険箇所なし。
1.小根子岳~小根子岳北の肩区間のみ笹が深いが登山道は明瞭。


★メンバー
リンリンさん・爺の2名

★掲載写真撮影者
管理人


☆根子岳~小根子~峰の原高原ルートの詳しい写真は下記HP版に掲載 (*^_^*)
ひらさんのHighトレッキング






イメージ 36







菅平高原牧場・根子岳登山口(トイレあり)/入山料1名200円
イメージ 2
イメージ 32
マップコード 516.434.179


マツムシソウ
イメージ 3


東屋展望台
イメージ 4
湯ノ丸山・烏帽子、奥に八ヶ岳展望/北アルプスは雲の中だった!
イメージ 5



イメージ 6


ハクサンフウロ
イメージ 7



四阿山で遭難者発生とのこと!
イメージ 33



山頂まであとちょっと!
イメージ 8


富士山展望♪
イメージ 9



根子岳山頂は学生さんんで大賑わい
イメージ 35



根子岳(2207m)  登頂証拠写真を撮って小根子岳へ移動
イメージ 10




根子岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 31






小根子岳(2127m)
イメージ 11


静かな小根子岳でランチタイム
イメージ 12


rinrinさん自家製プチトマト/甘くておいしかった~♪
イメージ 13

夏あかり
イメージ 14


rinrinさん、何やっているのかな~?
イメージ 15
答えはこれ「クロマメノキ」甘酸っぱくて美味しかった~♪
※爺の手ですがあしからず
イメージ 34



小根子岳北の肩展望
イメージ 16


ハナイカリ
イメージ 17


6月訪問時と比較して笹道が深くなったような・・・
イメージ 18


ザレ岩展望
イメージ 19


米子瀑布分岐点
イメージ 20


ザレ岩にて (*^^)v
イメージ 21




小根子岳北の肩/バックは四阿山と根子岳
イメージ 22


たまには爺も登場せねば(笑)
イメージ 23


峰の原高原ルート
イメージ 24


峰の原高原・根子岳登山口
イメージ 25
イメージ 26


峰ノ原高原集会所こもれびホール(トイレあり)駐車場
イメージ 27
イメージ 28
マップコード 516.492.022



イメージ 29
峰の原高原集会所駐車場標高/1481m 標高差/726m 累積標高/730m 総歩行距離/9718m





イメージ 30




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
峰ノ原高原集会所こもれびホール(トイレあり)駐車場集合 8:30 ※車デポ
菅平高原牧場登山口(トイレあり)発 8:45
~ 東屋展望台 9:05-09
~ 第一VP 9:26-28
~ 第二VP 9:47-49
~ 禰古岳八合目石柱 9:54
~ 根子岳まで0.5㌔ 10:10
根子岳(2207m)10:34-38
~ 峰の原高原分岐点 10:48
小根子岳(2127m)10:51-11:27
~ 米子瀑布分岐点 11:52
~ ザレ岩 11:54-59
小根子岳北の肩 12:03-14
~ 避難小屋 12:44
~ 料金小屋 13:23
~ 大笹街道分岐点 13:27
~ 根子岳登山口 13:31
~ 車道歩き
~ 峰の原高原集会所P着 13:38


★合計休憩時間=約1時間07分
★実動時間=約3時間46分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約4時間53分

18.8.18 戸隠山・蟻の塔渡り

2018.8.18(土)快晴
戸隠山・蟻の塔渡り

今回は超手抜きアップ❗❗
ではなくて、ホームページを先行掲載したので簡略掲載となりました。

イメージ 1
↑クリックで管理人ホームページ・戸隠山に進みます




☆コメント
山友Tanmaさんからお誘い頂き17年振りの戸隠山を楽しんできました♪
★メンバー
Tanmaさん・おっくん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人.4 おっくん.6 Tanmaさん.3 



☆戸隠・蟻の塔渡りルートの詳しい写真は下記HP版に掲載 (*^_^*)




イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9




イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12
奥社最低標高/1205m 標高差/701m 累積標高/1070m 総歩行距離/10040m



イメージ 13
GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール





イメージ 14
八方睨み&戸隠山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 15






おまけ写真/戸隠三十三窟のひとつ『西窟・さいくつ』
イメージ 16

見過ごしてしまいそうな場所に西窟がありますが興味ある方はぜひ挑戦してください(^_^)v
イメージ 17




終わり







18.8.11 田子の浦~富士山日帰り登山下見山行

2018年8月11日(土)曇り
田子の浦~村山古道~富士山日帰り登山の下見
※日帰り=28時間を予定
《田子の浦~村山浅間神社~富士山麓山の村~西臼塚駐車場》


イメージ 1
☆コメントその1
7月1日に下見で山友booさんが村山浅間神社まで歩かれたおり
「決行前にもう一度下見をするつもりだよ」と伺い2回目の下見山行に一緒させて頂きました。
当初は富士宮口新5合目までの下見を目論んでいましたが、深夜にも関わらず海岸線特有のジメジメした蒸し暑さと、山麓の村以後の食料不足というWパンチで車デポ地の西臼塚駐車場で終了となりました。
コメントその2
下見とはいえ、booさんに迷惑をかけずに第一関門の村山浅間神社まで歩くことができるのか・・・?
神社まで歩けたとしてもそれ以降の体力的不安や、水、食料などの心配をしつつも新5合目までは残り5時間の地点まで歩け、本番に向けて用意するものなどを自身で体験することができました♪


★メンバー
booさん・爺の2名

★掲載写真撮影者
管理人




イメージ 61





吉原駅前コイン駐車場発 00:42
午前零時過ぎというのに海沿いの街特有の湿気でカメラレンズが毎回毎回曇る
イメージ 2
イメージ 60
マップコード 72.204.831


駅構内高架橋で田子の浦海岸へ
イメージ 3


イメージ 4


富士山登山ルート3776と、我々が歩く予定の村山古道は全く別物です
イメージ 5

田子の浦・富士塚
他県・他所に多数ある富士塚は富士山登山の代用ですが、この富士塚だけは目的が違います。
※下記文献を参照
イメージ 6



イメージ 7

イメージ 8


田子の浦海岸の海水でお清め
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


名勝・左富士 2:00
イメージ 12


平家越 2:09
イメージ 13



イメージ 14


booさん、この段階で6リットル近くの水を持参!
イメージ 15


広見公園(トイレ・自販)3:31-45 ※公園の水道で頭をジャブジャブ(笑)
イメージ 16



イメージ 17


市街地をクリアすると茶畑田園風景に
イメージ 18



イメージ 19


社員用に設置されている自販も貴重な存在
イメージ 20


標柱の横には村山浅間神社までの距離が記載されている
イメージ 21
イメージ 22


ひなん場で富士山を眺めながら朝食タイム♪ 5:15-37
イメージ 23


道しるべ・/村山道 5:52 
※他の指導標石は全て左で、右と刻まれているのはここだけ!
イメージ 24
イメージ 64


田園地帯の迷い易い場所にはこのような手作りの指導石が置かれています(感謝)
イメージ 25


目指すはあの山頂! 来月だけどね~(笑)
イメージ 26


村山ジャンボ/登山者用宿泊設備あり
イメージ 27


村山浅間神社(トイレ・自販)6:34-7:16
イメージ 28


村山浅間神社観光案内所&トイレ/真向かいに山本商店(営業していません)の自販
イメージ 29
イメージ 30


石畳その① 7:18
イメージ 31


石畳を歩くも良し! 林道を歩くも良し!
イメージ 32


石畳その② 7:28
イメージ 33


馬頭観音&チェーンゲート 7:42
イメージ 34
イメージ 35


林道を進んでしまい六辻への登山口を見落としてしまいました(汗) 下図参照

イメージ 36



rokutuzimap





六辻に出ました
イメージ 38


村山浅間神社以降は樹林帯歩きとなり、たまに空を見られるのは林道に出たときだけです!
イメージ 39



イメージ 40


しの字杉 8:29
イメージ 41



イメージ 42


北井久保林道出合い 8:49
イメージ 43


札打場跡の大欅(ベンチ) 9:03
イメージ 44
イメージ 45



イメージ 46


天照教林道出合い 9:44-51
※皆さん別々のグループで、田子の浦~富士山を目指している強者達です。
イメージ 47


第二目標の富士山麓山の村へ
イメージ 48


吊り橋の下を通過
イメージ 49


この溝道を突き当たったら右手の補助ロープで平地に出る
イメージ 50


富士山麓山の村管理事務所(トイレ・自販)10:19-35
浅間神社から富士山麓山の村まで3時間30分で歩ければ予定通りです♪
(注)2019年10月末日で富士山麓山の村は閉鎖されるためトイレ使用不可になります。
イメージ 51
イメージ 52


緑陰広場から村山古道へ
イメージ 53


大淵林道まで倒木の多い溝道歩きとなる
イメージ 54


倒木オブジェ 10:58
イメージ 55


浅間神社からず~っとこんな感じの樹林帯歩きでウンザリ!
※booさん、この段階でザックの中には水4リットルが・・・、 爺ビックリポンでした!
イメージ 56


大淵林道 11:08
イメージ 57


西臼塚駐車場 11:21
※トイレは富士スカイラインを南に50メートルほど下った反対車線側の西臼塚駐車場にあります。
イメージ 58
イメージ 59
マップコード 72.776.250




イメージ 62
田子の浦海岸/海抜ゼロm 標高差/1248m 累積標高/1372m 総歩行距離/30483m




立ち寄り寿司処
魚がし鮨 青島店 TEL 0545-54-1980
イメージ 63





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間含む》
2018.8.10(金)
道の駅朝霧高原で仮眠3時間 22時起床&食事
西臼塚駐車場 23:20 booさんと合流&車デポ 吉原駅前コイン駐車場へ移動
2018.8.11(土)
吉原駅前コイン駐車場発 00:42
~ 田子の浦・富士塚 00:55-58
田子の浦海岸(トイレあり)1:18
~ 田子の浦・富士塚 1:30
~ 吉原駅 1:38
~ 吉原宿跡 1:57
~ 左富士神社 1:58
~ 名勝・左富士 2:00
~ 平家越 2:09
~ コンビニ休憩 2:41-58(ここまででパンツまで汗でびっしょりに)
~ 広見公園(トイレ・自販)3:31-45
~ 道しるべ辻畑 4:06
~ 車道行き止まり 4:12
~ 釈迦堂 4:29
~ 途中休憩 4:33-40
~ 道しるべ横山 4:46
~ 三社氏神社 4:50
~ 道しるべ大峰 4:54
~ 阿部運輸第二事務所(自販あり)5:06
~ 道しるべ・村山浅間まで4.4㌔ 5:10
~ ひなん場(朝食)5:15-37
~ 道しるべ・村山浅間まで3.5キロ 5:46
~ 道しるべ・右/村山道 5:52
~ 東見付 6:31
村山浅間神社(トイレ・自販)6:34-7:16
~ 石畳その① 7:18
~ 石畳その② 7:28
~ 馬頭観音&チェーンゲート 7:42
~ 林道を進むルートミス・六辻に合流 8:07
~ しの字杉 8:29
~ 北井久保林道出合い 8:49
~ 札打場跡の大欅(ベンチ)9:03
天照教林道出合い 9:44-51
~ 吉原林道出合い 10:07
~ 吊り橋の下を通過 10:10
~ 溝道突当たり・補助ロープ使用 10:12
~ 緑陰広場(ベンチ多数)10:15
富士山麓・山の村管理事務所(トイレ・自販)10:19-35
~ 緑陰広場 10:37
~ 馬頭観音 10:50
~ 倒木オブジェ 10:58
~ 登山道右手にヒメシャラの木が1本 11:06
~ 大淵林道 11:08
~ 西臼塚駐車場着 11:21

 


★合計休憩時間=約2時間05分
★実動時間=約8時間35分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約10時間40分

立ち寄り温泉
富嶽温泉・花の湯 入浴料1000円(土日祝・1時間)
TEL 0544-28-1126


立ち寄り寿司処
魚がし鮨 青島店
TEL 0545-54-1980



18.8.5 飯縄山&瑪瑙山

2018.8.5(日)曇り
飯縄山&瑪瑙山に超熟年隊が挑む?

イメージ 1

☆コメント
根橋さん(82歳)、岡埜さん(73歳)、管理人(69歳)超熟年トリオ(3人で220歳越え)&見守り隊長の伊藤さん(年齢?)4名で飯縄山&瑪瑙山を楽しんできました。 ※3名とも数え年で年齢表記


☆登山道の状況・危険度
特に危険箇所はないが飯縄山に初めて登られる方にアドバイス
1.南R登山口~駒繋の場までは緩い登りなので等間隔に祀られている石仏を眺めながら準備運動くらいの気持ちで歩きましょう。
1.駒繋の場~飯縄山南峰(奥宮)までが本格山登り区間となり、最終の第十三・虚空蔵菩薩を通過 し、頭上が開けた辺りで振り返れば北アルプスや戸隠連峰を望むことができるので闇雲に山頂を目指すのではなく、振り返り!振り返り!景色を楽しみながら歩くことをおすすめします。
1.飯縄山山頂では360°大パノラマを堪能してください♪
  

★メンバー
根橋さん・岡埜さん・伊藤さん・爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人 伊藤さん
★根橋さんのHP





イメージ 32


一の鳥居駐車場(トイレあり) 7:53
イメージ 2
イメージ 33
マップコード 54.420.847


指導標が新しくなったような?
イメージ 3


南登山道・登山口 8:11
イメージ 4


奥宮一の鳥居
イメージ 5


十三石仏/第一・不動明王 8:24
イメージ 6


第二・釈迦如来 8:31
イメージ 7


第五・地蔵菩薩 8:41
イメージ 8


曇り空なのに蒸し暑くて汗ダクダク!
イメージ 9


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:01-14 軽食タイム(*^_^*)
イメージ 10

イメージ 11


シモツケ
イメージ 12


水場/個人的には煮沸飲用をおすすめします
イメージ 13
※昔はここに千日太夫屋敷跡の入り口があったはずなのだが・・・
日本の神様辞典・やおよろず 飯縄権現&民間信仰


イメージ 14


天狗の硯岩
イメージ 15


マツムシソウ
イメージ 16


タムラソウ
イメージ 17


振り返れば北アルプス大展望を楽しめるハズだったが(泣)
イメージ 18


西・南ルート分岐点 10:14
イメージ 19


西ルート上部はゴーロ道
イメージ 20


ミヤマシシウド
イメージ 21


ミヤマナデシコ
イメージ 22


旧奥宮跡・石祠に武田菱の紋あり
イメージ 23


ヤナギラン花畑/去年と比べてはいけないが・・・ 
イメージ 24


目がまわる~~(笑)
イメージ 63



飯縄山南峰
イメージ 25


飯縄大明神・飯縄山南峰 10:34-42
イメージ 26


飯縄山を目指す根橋さん、岡埜さん(前方のこんもりは南峰)
イメージ 27


飯縄山 10:52-11:24
イメージ 28


飯縄山 1917M  左から岡埜さん・根橋さん・伊藤さん・爺
イメージ 29

お話をする機会が多かった素敵な親娘さんと記念撮影♪
〔無断掲載のため不都合な場合はお手数でもご一報ください〕
イメージ 30


飯縄山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上で右クリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 31







瑪瑙山へ

霊仙寺山分岐点で左に折れて瑪瑙山へ
イメージ 34



イメージ 35


振り返れば飯縄山
イメージ 36


目指す瑪瑙山は鞍部まで激下りしてからの登り返しとなる(泣)
イメージ 37


ウメバチソウ
イメージ 38


鞍部からの激登り!
イメージ 39


休まずに頑張れば鞍部から15分ほどで瑪瑙山に立てますよ~
イメージ 40


振り返れば飯縄山(左)と南峰(右)
イメージ 41


瑪瑙山(1748M)12:22-39
イメージ 42



イメージ 43


戸隠スキー場を下る
イメージ 44


ヤナギラン群生♪
イメージ 45



イメージ 46



イメージ 47


コバギボウシ群生♪
イメージ 48


キンミズヒキ
イメージ 49


スキーだったら下まで5分もかからないコースだけどね~(笑)
イメージ 50


本日初の高妻山展望
イメージ 51

イメージ 52


中社スキー場分岐指導標7番 13:12
イメージ 53


熊が出そうな樹林帯を8番指導標まで約30分ほど下る
イメージ 54


中社スキー場分岐指導標8番 13:39
イメージ 55


用水路に沿って中社ゲレンデへ向かう
イメージ 56


シラヒゲソウ
イメージ 57


中社ゲレンデを下る
イメージ 58


神告の湯正面駐車場着 14:09
イメージ 59
イメージ 60
マップコード 382.866.431




イメージ 61
一の鳥居駐車場標高/1131m 標高差/786.4m 累積標高/933m 総歩行距離/10148m
※GPS機器は距離が短く記録されるため実距離ではありません





イメージ 62
GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
長野発 6:40~ 神告の湯近くの駐車場にデポ 7:30 ~ 一の鳥居駐車場へ移動
一の鳥居駐車場(トイレあり)発 7:53
~ 南ルート登山口 8:11 
~ 奥宮一の鳥居 8:15  
~ 第一・不動明王 8:24   
~ 第二・釈迦如来 8:31   
~ 第三・文殊菩薩 8:34 
~ 第四・普賢菩薩 8:37
~ 第五・地蔵菩薩 8:41
~ 第六・弥勒菩薩 8:44
~ 第七・薬師如来 8:47
~ 第八・観音菩薩 8:51
~ 第九・勢至菩薩 8:54
~ 第十・阿弥陀如来 8:58
~ 馬頭観音 9:01
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:01-14
~ 第十二・大日如来 9:27
~ 水場 9:30
~ 天狗の硯岩 9:37 
~ 第十三・虚空蔵菩薩 9:41
~ 展望休憩 9:54-10:02 
~ 西・南ルート分岐点 10:14
~ 旧奥宮 10:23-25
~ 神の井戸 10:28
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 10:34-42 
~ 飯縄山山頂着(1917M)10:52-11:24 
飯縄山山頂発 11:24
~ 霊仙寺山分岐点 11:26
~ GPS電池交換 11:41-44
~ 瑪瑙山(1748M)12:22-39 
~ 中社スキー場分岐指導標7番 13:12
~ 中社スキー場分岐指導標8番 13:39
~ 神告の湯正面駐車場着 14:09

★合計休憩時間=約1時間25分
★実動時間=約4時間50分 ※撮影時間含む
★合計所要時間=約6時間15分

18.7.22 平ヶ岳・鷹ノ巣ルート日帰り登山 

2018.7.22(日)晴れ-曇り-晴れ
平ヶ岳・鷹ノ巣ルート日帰り登山

イメージ 1


☆コメントその1
山友あかりんごさんの過去記事に山頂で咲く「白花・タテヤマリンドウ」の記載があったので咲いている場所を教えていただき平ヶ岳を歩いてきました♪
白花の結果は・・・?

☆コメントその2
平ヶ岳は日帰り最難関の100名山と呼ばれているようだが、個人的には黒戸から甲斐駒、早月から剱岳、富士山ゼロ合目からの日帰り登山、他にもロングコースの日帰りを山友さんと経験していたのでコース的厳しさは感じなかったが・・・
※早朝登山にも関わらずサウナ風呂状態の蒸し暑さ!
※池ノ岳以降の下山では強烈な西日が背中や頭に照りつけるので、休憩と水分補給をこまめにとらないと熱中症のリスク大!
〈飲み水は最低でも3リットル持てば安心〉
★陽を遮る樹林帯が少ないので夏に登る山ではないことを実感しました(笑)



☆メンバー
ソロ登山


☆平ヶ岳・鷹ノ巣ルートの詳しい写真は下記ホームページ版をご笑覧ください。
ひらさんのHighトレッキング
http://hirasan.canada2194.com/hiragatake.html








イメージ 19




鷹ノ巣ルート登山口駐車場 約20台
イメージ 2
イメージ 20
マップコード 855.120.082


鷹ノ巣ルート登山口
イメージ 3


イメージ 4




am3:50 ヘッデン装着で出発
※早朝発なら涼しいだろうと思っていたが大間違いで、姫ノ池まで極上の蒸し暑さに何回引き返そうと思ったことか(笑)
イメージ 5



登山口から約10分の水場(沢)に架かる橋を通過
イメージ 6


平ヶ岳まで10.5㌔指導標
イメージ 7
しばらく樹林帯歩きとなるが暗闇のため写真は省略します


登山口から約30分、この辺りから痩せ尾根歩きとなりますよ~(^O^)v
イメージ 8


痩せ尾根突入♪ 道幅が広いので安心だが、左右切れ落ちているので慎重に歩を進めたい。
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


つ~づく つ~づく どこまで続く
イメージ 12



痩せ尾根では下り専用と思われるお助けロープ地点が多数あります
イメージ 13


あのてっぴねまで登れば痩せ尾根歩きは終了♪
イメージ 14



※下山時撮影 痩せ尾根全景
イメージ 15



痩せ尾根終了後は尾根の縁を歩くようになる ※時々樹林帯歩きもあるイメージ 16


台倉山(1695m)7:32 山頂標識無し/燧ヶ岳方面の展望良
イメージ 17


第一水場/台倉清水のベンチ
イメージ 18


この写真は、第二水場「白沢清水」を通過後の木道です
イメージ 21


平ヶ岳手前の池ノ岳を視野に捉える(^O^)v
この先から池ノ岳まで本日最後の胸突き八丁が待っているのでマイペースで頑張りましょう!
イメージ 22


胸突き八丁がはじまりますよ~!  
写真ではわかりにくいので、ここを体験した貴方の言葉をお待ちしています(笑)
イメージ 23


高度を稼ぐごとに平ヶ岳(左)の見え方が変わります。
イメージ 24


胸突き八丁 全景 
※この胸突き八丁はザレ道なので下山時はスリップ要注意区間です
イメージ 25


池ノ岳手前展望地より平ヶ岳展望 am 9:49 
イメージ 26


池ノ岳・姫ノ池 9:53-10:01
鷹ノ巣ルートからの登山者は15名ほどだったのに、この登山者の多さはなんだ~?
イメージ 27


姫ノ池湿原
イメージ 28


玉子石分岐点(姫ノ池側)10:03
イメージ 29


タテヤマリンドウがたくさん咲いています♪
※白花を見つけられたらいいな~
イメージ 30


一部灌木地帯を通過
イメージ 31


名前のごとく大平原の平ヶ岳全景
イメージ 32


平ヶ岳三角点入り口のベンチ
イメージ 33


平ヶ岳三角点・山頂標 10:31-48
イメージ 34
※いつもは虫除けもかねてブルーの冷感肌着を愛用しているが登山口から10分で脱ぐ羽目に・・・


平ヶ岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 35







平ヶ岳地図上最高点へ向かう




平ヶ岳・地図上の最高点(2141m)10:51
※山頂標は無くこの先通行止めになっています
イメージ 36

イメージ 37






三角点まで戻り玉子石へ向かう


三角点付近の池塘
※降雪量が少なかったか? 異常気象による高温のせいか? 大半の池が涸れていました(ノД`)
イメージ 38


ワタスゲ
イメージ 39


チングルマ
イメージ 40



玉子石分岐点(平ヶ岳側)11:08  玉子石まで1㌔
イメージ 41


テン泊予定者でしょうか、この水場にビール冷やしてありました。
イメージ 42


本来なら残雪地帯なんですが、雪は跡形もなく溶けてハクサンコザクラ群生地になっていました。
イメージ 43
※目当ての「白花・タテヤマリンドウ」はこの辺で咲いているはずなので、二往復三往復したけれど見つけられませんでした(残念)


玉子池へ
イメージ 44


キンコウカ咲き誇る木道&玉子石から戻ってきた登山者
イメージ 45



玉子石
イメージ 46
☆登山後記
姫ノ池や山頂では登山者の多さにビックリしたが大半はプリンスルート利用者で、下山時刻の制約から11時以降は鷹ノ巣Rからの登山者だけで静かな山頂を楽しめるのが嬉しい♪






おまけ写真

下山時撮影の燧ヶ岳 ※山友あかりんごさんが登っていたとのこと
イメージ 47




GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール
イメージ 48




イメージ 49
鷹ノ巣R登山口標高/837m 標高差/1304m 累積標高/2068m 総歩行距離/22821m



山ピンは清四郎小屋で買えます/情報提供・MIZUOさん
イメージ 52





イメージ 53
昔、新潟の夏山で水不足に陥り、水場とは名ばかりのドブ水を口にしてから
簡易浄水器を持ち歩くようにしているが今回も使用機会がなかった(笑)





《行程&所要時間・花&風景撮影時間を含むコースタイム》
鷹ノ巣R登山口発 3:50
~ 水場(沢)4:01
~ 平ヶ岳まで10.5㌔ 4:05
~ 前坂(1197m)4:52-55
~ 途中休憩 5:57-6:03
~ 下台倉山(1604m)6:17
~ 軽食休憩 6:35-50
~ 台倉山(1695m)7:32
~ 台倉清水(ベンチ)7:41
~ 途中休憩 7:59-8:07
~ 白沢清水(ベンチ)8:33
~ 途中休憩 8:55-9:00
~ 池ノ岳手前展望地 9:49
~ 池ノ岳・姫ノ池 9:53-10:01
~ 玉子石分岐点(姫ノ池側)10:03
~ 玉子石分岐点(平ヶ岳側)10:10
~ 平ヶ岳三角点・山頂標 10:31-48
~ 平ヶ岳最高点(2141m)10:51
平ヶ岳最高点発 10:51
~ 平ヶ岳三角点 10:54
~ 玉子石分岐点(平ヶ岳側)11:08
~ 沢(水場と勘違い)11:12-16
~ 水場 11:17
~ 玉子石分岐点(水場上) 11:20-23
~ 玉子石 11:37-42
~ 玉子石分岐点(水場上)11:55
~ 玉子石分岐点(姫ノ池側)12:00
~ 姫ノ池 12:01-05
~ 白沢清水 12:45
~ 台倉清水 13:12-23
~ 台倉山 13:33
~ 途中休憩 14:09-15
~ 下台倉山 14:24
~ 前坂 15:22
~ 平ヶ岳まで10.5㌔ 15:47
~ 水場(沢)15:50-55
~ 登山口着 16:02

★合計休憩時間=1時間40分
★実働時間=10時間33分
★合計所要時間=12時間13分






最後に
この奥只見湖に沿った樹海ラインの運転が疲れるんだよね~
イメージ 51


18.7.1 八経ヶ岳オオヤマレンゲ花旅

2018年7月1日(日)霧雨~雨
八経ヶ岳・オオヤマレンゲ花旅


イメージ 1
☆コメント
6月27日の八経ヶ岳ヤマレコによると「咲いている花もあるが蕾多し」とのことだったので、この土日が見頃かもと予想して出かけてみたものの見事に大はずれ!!
咲いている花はごく僅かで、未だ大半が蕾状態にガックリ(泣)
情報が発達した時代とはいえ「当たるも八卦当たらぬも八卦」が山の花旅!
僅かでも咲いている花を見られたので結果オーライとしておこう (^O^)v

☆登山道の状況・危険度
登り行程では特に危険箇所はないが下山時の注意点を記載します。
1.雨天時、弥山小屋からの長い木階段でのスリップに注意
1.聖宝ノ宿跡~弁天の森、平坦部分は踏み跡が多いので正規ルートを外さないよう注意
1.行者還岳分岐点以降の尾根は何気に急坂下りなうえ、根っ子・ガレ場が多いので足元に注意

★メンバー
ソロ登山







イメージ 38




行者還トンネル西口有料駐車場(1000円)
イメージ 2
イメージ 39
マップコード 439.082.235


行者還トンネル西口有料駐車場&弥山登山口
イメージ 3


この橋の西側にも有料駐車場あります
イメージ 4


最初は平坦道
イメージ 5


この木橋から本格登山道が始まる
イメージ 6



根っ子道、ガレ場、ゴーロ道の激登りが行者還岳分岐点(出合い)まで続く
イメージ 7




イメージ 8



行者還岳分岐点(出合い)
イメージ 9



分岐点~弁天の森~聖宝ノ宿跡までは緩い登り(アップダウンあり)で距離を稼ぐことができる♪
イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12



弁天の森/三角点あり
イメージ 13



弁天の森~聖宝ノ宿跡までは比較的平坦道の為、あちこちに踏み跡があるので要注意!
イメージ 14



バイケイソウ群生地
イメージ 15


イメージ 16




聖宝ノ宿跡
イメージ 17



こんな場所もあるが・・・
イメージ 18



聖宝ノ宿跡~弥山小屋までは登山道保護の木道歩きが大半となる
イメージ 19



ゴーロ道は抉れる心配がないので自然のまま(笑)
イメージ 20


当ルートで唯一の鉄階段/この階段を登ったら弥山小屋が近い(^O^)v
イメージ 21



鉄階段以降の木道は谷側に傾斜があるので要注意!
イメージ 22


ガスガスの弥山小屋・裏手のベンチで軽食をとり大峯山へ
イメージ 53




オオヤマレンゲ咲いていてくれるかなぁ~
イメージ 23






《オオヤマレンゲ・大山蓮華》
モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の低木
樹高は1-3m程度。
葉は互生し直径5-10 cmの芳香のある白い半球状の花を下向きに咲かせる。
雄しべは、わずかに紅色を帯びた白色。
開花時期は5-7月。
花の寿命は4-5日程度。
和名は奈良県南部の大峰山に自生していて、ハスの花(蓮華)に似た白い花を咲かせることに由来する。
別名が「ミヤマレンゲ」(深山蓮華)。
分布/関東北部以西(谷川岳周辺がその北東限)の本州・四国、九州・屋久島と国外の中国中南部とに分布。
標高1,000-2,000mの山地の林内などに自生している。
奈良県の八経ヶ岳と明星ヶ岳周辺に自生地があり、1928年(昭和3年)2月7日に国の天然記念物に指定された。
長野県上松町の町の花と奈良県天川村の村の花である。 ウィキペディアより転載
イメージ 24
オオヤマレンゲ植生保護柵
イメージ 25


赤矢印・枯れ花  青矢印・蕾   緑○・開花
イメージ 26
群生地の大半は上記写真状態で蕾ばかりで開花している花は極々僅かでした (ノД`)



イメージ 27




イメージ 28




イメージ 29




イメージ 30




イメージ 31




イメージ 32




イメージ 33





イメージ 34




イメージ 35





イメージ 36




イメージ 37
オオヤマレンゲ終わり










八経ヶ岳(大峯山へ)
イメージ 40




大峯山(八経ヶ岳・1915M)
イメージ 41


今年初のカッパ(レインジャケット)着用
イメージ 42




大峯山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 49



明星ヶ岳まで予定していたが、この天気なのでパス!(大峯山から明星ヶ岳方面)
イメージ 43



がんちゃんと出会い♪
イメージ 44


弥山小屋前にて
イメージ 45




弥山(1895M)
イメージ 46
イメージ 47




弥山小屋まで戻ったら雨降りに、パンを1個食べて早めの下山モード!
イメージ 48







イメージ 50
行者還トンネル西口駐車場標高/1112m 標高差/802.9m 累積標高/1295m 総歩行距離/10998m
※GPS機器は距離が短く記録されるため実距離ではありません





ヤマレコ&GPSデータ  ※地図/標高→マップ機能をスクロール
イメージ 51



行者還トンネル西口有料駐車場にて、大峯山・弥山・八経ヶ岳のピンを販売 各500円
※弥山小屋販売ピン=各600円
イメージ 52





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
グーグルナビ設定 427㌔ 所要時間 6時間20分
6/30(土)道の駅 杉の湯 川上(車中泊)
7/01(日)道の駅起床&朝食 4:00

行者還トンネル西口有料駐車場(1000円)発 6:03
~ 弥山登山口 6:04
~ 木橋 6:08
~ 行者還岳分岐点(出合い)7:03
~ 弁天の森 7:29
~ 聖宝ノ宿跡 8:04
~ 鉄階段 8:52
~ 弥山小屋 8:56-9:10
オオヤマレンゲ撮影
大峯山(八経ヶ岳・1915M)9:50-58
~ がんちゃんと出会い 約9分
オオヤマレンゲ撮影
~ 弥山小屋 10:39
弥山(1895M)10:43
~ 弥山小屋 10:47-11:00
~ 聖宝ノ宿跡 11:34
~ 弁天の森 11:59
~ 行者還岳分岐点(出合い)12:17-22
~ 木橋 12:54
~ 弥山登山口 12:58
~ トンネル西口P着 12:59 
☆長野市自宅着22:30
★合計休憩時間=約48分
★実動時間=約6時間08分
★合計所要時間=約6時間56分

立ち寄り温泉
6/30
杉の湯  入浴料700円 TEL 0746-52-0006 泉質満足度★
7/01
中荘温泉 入浴料700円(クーポン割引あり) TEL 0746-32-0501 泉質満足度★


18.6.24 小根子岳~根子岳 変則馬蹄形歩き

2018年6月24日(日)晴れ
小根子岳~根子岳・未知のルートを歩く
イメージ 1
☆コメント
この日曜日は天気予報が芳しくなかったのに、お天道さまの気まぐれで晴れマークに・・・(なんだかね~)
急遽、山予定を組み入れ伊藤さんと二人で根子岳へ!
今回は今まで歩いたことのないルートを選択し、峰の原高原~避難小屋~小根子岳北の肩~小根子岳(ここまでが初ルート)~峰の原R分岐点~根子岳~峰の原R分岐点~避難小屋~峰の原高原の変則馬蹄形を歩いてきました。
避難小屋~北の肩~小根子岳間は北アルプスの展望が良いうえ、登山道の整備が完璧で快適な山歩きを楽しむことができました♪




★メンバー
伊藤さん・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人.40 伊藤さん.5


☆小根子岳&根子岳の詳しい写真は下記ホームページ版をご笑覧ください。
ひらさんのHighトレッキング


イメージ 50




峰の原こもれびホール駐車場(トイレ・登山届けBOXあり)
イメージ 2
イメージ 49
マップコード 516-492-022


水洗トイレ/トイレ建物の裏側敷地に自販あり
イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



こもれび広場の見晴台
イメージ 6
見晴台より
イメージ 7



約10分の車道歩き/ペンション街
イメージ 8


登山口指導標が籔に隠れているので見落とし注意
イメージ 9



イメージ 10



木橋を渡る
イメージ 11



大笹街道分岐点
イメージ 12



牧場入山協力金料金所 200円
イメージ 13


牧場の柵に沿って登る
イメージ 14


ヤマオダマキ
イメージ 15


北アルプス展望
イメージ 16


伊藤さんはなにを撮しているのでしょう?
イメージ 17


避難小屋
イメージ 18


小根子岳北の肩へ向かう
イメージ 19


レンゲツツジのお出迎え♪
イメージ 20


北アルプス&北信五岳を展望
イメージ 21


このルートはツマトリソウ・ゴゼンタチバナ・ハクサンチドリなどの花道ですよ~(^O^)v
イメージ 22



ツマトリソウ
イメージ 23



イメージ 24


僅かな区間だが樹林帯歩きも
イメージ 25



ゴゼンタチバナ
イメージ 26



マイヅルソウ
イメージ 27



ハクサンチドリ
イメージ 28



爽やかな高原の風が吹いています♪
イメージ 29


小根子岳分岐点(ザレ岩)
イメージ 30



小根子岳北の肩
イメージ 31


志賀高原方面/右下はNHK真田丸OPで使われた米子大瀑布
イメージ 32



左から四阿山・根子岳・小根子岳/小根子岳北の肩より
イメージ 33




ザレ岩にて
イメージ 34



小根子岳へ向かう
イメージ 35



イメージ 36



イメージ 37





振り向けば、小根子岳北の肩
イメージ 38




イメージ 39



小根子岳(2127m)
イメージ 40



イメージ 41



槍ヶ岳/小根子岳より
イメージ 42



峰の原高原R分岐点
イメージ 43




イメージ 44



根子岳(2207m)
イメージ 45





根子岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解の画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 51



小根子岳~根子岳高低図
イメージ 46
峰の原こもれびホール駐車場/1481m 標高差/726m 累積標高/815m 総歩行距離/11853m
※GPS機器は距離が短く記録されるため実距離ではありません




ヤマレコ&GPSデータ ※地図/標高→マップ機能をスクロール
イメージ 47


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
長野発7:00~峰の原こもれびホール駐車場(トイレ・登山届けBOXあり)着 7:50

こもれびホールP発 8:11
~ 車道歩き
~ 登山口(根子岳マデ4.1㌔)8:23
~ 木橋 8:25
~ 大笹街道分岐点 8:28
~ 石仏 8:31
~ 牧場入山協力金料金所 8:36
~ 避難小屋マデ0.5㌔ 9:28
~ 避難小屋 9:35-45
~ 小根子岳分岐点(ザレ岩)10:55
~ 小根子岳北の肩 10:58-11:10
~ ザレ岩 11:12-19
~ 小根子岳マデ0.5㌔ 11:32
~ 小根子岳(2127m)11:50-12:07
~ 峰の原R分岐点 12:11
~ 根子岳(2207m)12:28-13:09


根子岳発 13:09
~ 峰の原R分岐点 13:21
~ 通行止め標識 13:34
~ エスケープルート利用
~ 避難小屋マデ0.1㌔ 14:00
~ 避難小屋 14:03-07
~ 牧場入山協力金料金所 14:39
~ 大笹街道分岐点 14:45
~ 登山口 14:49
~ 車道歩き
~ こもれびホールP着 14:58


★合計休憩時間=約1時間30分
★合計所要時間=約6時間48分



イメージ 48
峰の原高原~小根子岳~根子岳の詳しい写真は上記HPに掲載します




18.6.17 瑞牆山/梵字・カンマンボロン

2018年6月17日(日)晴れ
瑞牆山/梵字・カンマンボロン

イメージ 1


☆コメント
7年前から瑞牆山のカンマンボロンを見たい!見たい!と思って、GPSデータを紙地図に落としていたが計画倒れのまま現在に・・・(汗)
山友NOBUさんが去年カンマンボロンを見られていたので花旅の狭間利用でガイド役をお願いしたところ快諾頂け、7年越しの消化不良事項をクリアすることができました(感謝)



★メンバー
NOBUさん・もろーさん・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・レンレンさん・爺の7名
★掲載写真撮影者
管理人.22  レンレンさん.7  Tanmaさん.6  でこちゃん.3  おっくん.3  もろーさん.1


☆管理人ヤマレコ/GPSデータ添付


☆瑞牆山カンマンボロンの詳しい写真は下記ホームページ版をご笑覧ください。
ひらさんのHighトレッキング








イメージ 46








みずがき山自然公園駐車場/24時間トイレあり
イメージ 2
イメージ 43
マップコード 537.834.184



車道を10分ほど歩く/富士見平小屋登山口
イメージ 3



カンマンボロンのパノラマRは登山口指導標無し
イメージ 4


富士見平小屋方面・クリンソウ群生地に寄り道
イメージ 5


クリンソウ群生地/残念ながら残り花が数株でした
イメージ 6


クリンソウ
イメージ 7


パノラマRまで戻り、カンマンボロンへ
イメージ 8


大ヤスリ岩の基部に至るまでの間、指導標は3箇所しかないので赤テープ&岩場マーカーを見逃さないようあるきたい。
イメージ 9


ミツバツツジ
イメージ 10



なかなか登り応えありまっせ!
イメージ 11


ルートを外れカンマンボロンへ
イメージ 12





《梵字・カンマンボロン》
イメージ 17






イメージ 16






イメージ 14






イメージ 15
☆カンマンボロンとは
瑞牆山中の岩峰の中に、洞ヶ岩という洞窟のある岩峰があります。
この洞窟は奥行約5メートル・幅15メートル・高さ40メートルの大きい洞窟です。
その奥に約7メートルの花崗岩の岩盤があり、これに梵字が刻まれています。
字は『カンマンボロン』と読むといわれている。
それは大日如来・不動明王の意であるといわれています。
昔、弘法大師が霊場選定のために来て、この山の姿を愛しここを霊場とし梵字を刻まれました。
しかし霊場とするには、八百八谷を要したが増富の地では、谷数が不足するためこの地を去っていきました。
今も山中に大日岩があり、その背後に不動明王をお祭りしています。
 (増富小学校のHPより)




イメージ 45





イメージ 44




カンマンボロン談義中♪
イメージ 13
※カンマンボロンから大ヤスリ岩基部までの詳しい写真はホームページに掲載します。




イメージ 47





 瑞牆山(2230.2M)から八ヶ岳展望
イメージ 18



↑撮影中のTanmaさん
イメージ 48





八ヶ岳
イメージ 19




大ヤスリ岩/ロッククライマーが休んでいます
イメージ 20




飛び降り自殺を考え中の爺ではないですよ~(笑)
イメージ 22




富士山
イメージ 21




瑞牆山(みずがきやま)2230.2M
イメージ 23


瑞牆山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 31






弘法岩・西のテラス(矢印)へむかいます
イメージ 24


イワカガミ群生
イメージ 25


イメージ 26



西のテラス・弘法岩にアタック! NOBUさん(^O^)v
イメージ 27



西のテラスより
イメージ 28




爺、高いところ! 尖ったところ! 大好き(笑) /西のテラスより
イメージ 29
イメージ 30
※西のテラス~不動滝ルートの詳しい写真はホームページに掲載します。







番外編


イメージ 32
こら! こら! 運動会の玉転がしとは違うぜよ-
イメージ 33



オカメインコ
イメージ 34




夫婦岩
イメージ 35



イチヨウラン/一葉蘭
イメージ 36




獲物狙うトノサマガエル
イメージ 38



目が可愛いクジラ♪
イメージ 39




不動滝
イメージ 37




イメージ 42
瑞牆山パノラマR~瑞牆山~不動滝Rの詳しい写真は上記HPに掲載します



瑞牆山高低図
イメージ 40
自然公園駐車場標高/1482m 標高差/748.2m 累積標高/1005m 総歩行距離/10825m




瑞牆山鳥瞰図
イメージ 41




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
長野発4:00~みずがき山自然公園駐車場(トイレあり)着6:10

みずがき山自然公園P発 6:41
~ 富士見平小屋登山口 6:49
~ パノラマR登山口(指導標無し)6:51
~ クリンソウ群生地立ち寄り 6:57-7:07
~ パノラマR登山口(指導標無し)7:13
カンマンボロン 7:57-8:15
~ 途中休憩 8:41-50
~ 富士見小屋R出合い(大ヤスリ岩基部)10:05-09
~ 不動滝R分岐点 10:32
瑞牆山(2230.2M)10:40-11:39


瑞牆山発 11:39
~ 弘法岩・西のテラス 11:50-12:10
~ 不動滝R分岐点 12:18
~ 弁天岩案内板 13:02
~ 王冠岩案内板 13:11
~ ししくい坂 13:29
~ 夫婦岩 13:41
~ 不動滝 13:56-14:07
~ 林道終点駐車場 15:10
~ 芝生公園入り口 15:16
~ みずがき山自然公園P着 15:46


★合計休憩時間=約1時間57分 ※撮影時間含まず
★全所要時間=約9時間05分



18.6.3 八ヶ岳・横岳ツクモグサ花旅

2018年6月3日(日)晴れ
八ヶ岳・横岳ツクモグサ花旅


イメージ 1

☆コメント
山友Tanmaさん企画・ツクモグサ花旅に参加させていただきました。
例年にくらべて10日以上も早い開花情報でしたがドンピシャ満開のツクモグサを楽しむことができました♪
これも前日(土曜日)に杣添尾根から赤岳に登って開花状況を確認してくださった
Tanmaさんのお陰と感謝しております。

★メンバー
Tanmさん・こうちさん・えいちゃん・NOBUさん・おっくん・でこちゃん
・レンレンさん・ギフチョウさん・爺の9名
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・こうちさん・レンレンさん



☆管理人HP・八ヶ岳の花特集



新設・桜平駐車場(トイレあり)
イメージ 2
水洗トイレ
イメージ 3
イメージ 61
桜平入り口マップコード 218.651.379
ここから桜平駐車場まで約25分



桜平登山口(ゲート)4:50
イメージ 4


夏沢鉱泉 5:19-22
イメージ 5



イメージ 6


カモシカ君
イメージ 7



イメージ 8



オーレン小屋 6:08-15
イメージ 9



ヒュッテ夏沢 6:38-48
桜平登山口からここまでは緩い登りなので足慣らしに最適ルート(^O^)v
イメージ 10


硫黄岳へ本格的登りとなるが、展望抜群なためあちらこちらで足が止まる(笑)
イメージ 11


このルートは展望が良い♪
西天狗岳・東天狗岳/眼下にヒュッテ夏沢
イメージ 12



爆裂火口の縁を登り込む
イメージ 13



登り応え十分ながらこの展望を楽しめれば愚痴も出ません(笑)
イメージ 14



ケルン前方が硫黄岳山頂(三角点は別の箇所)
イメージ 15


硫黄岳山頂から赤岳・阿弥陀岳展望
イメージ 16





イメージ 17




硫黄岳(2760m)7:47-8:03
イメージ 18
↑下山時撮影


硫黄岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 19








横岳へ


先ずは下に見える硫黄岳山荘まで下る
イメージ 20


硫黄岳山荘 8:21-32
イメージ 21




横岳へ登り返す!
イメージ 22



振り返れば・・・
硫黄岳&硫黄岳山荘展望
イメージ 25



目指す横岳をズーム撮影
イメージ 23



植生保護フェンス
イメージ 24


富士山&八ヶ岳の峰々
イメージ 26



イメージ 27


御小屋尾根と原村・富士見町方面展望
イメージ 28





横岳標柱(2829m)9:27  補足:登山地図は奥ノ院が横岳山頂と表記されています
イメージ 29
↑下山時撮影


赤岳・阿弥陀岳/横岳より
イメージ 30



横岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 31








ツクモグサ花畑へ



富士山&三叉峰
イメージ 32




イメージ 33


今日のゴール(花畑)矢印地点までは先が長~い(;´Д`)
イメージ 59



絶景♪
イメージ 34



三叉峰(杣添尾根分岐点)
イメージ 35


この辺から目的地まで、ミヤマダイコンソウ・オヤマノエンドウ・ツクモグサなどの花道になる♪
イメージ 36


本日のゴール地点
日ノ岳横のツクモグサ群生地で仲間が待機中
イメージ 37



ツクモグサ撮影会を終えて石尊峰で昼食
イメージ 38






ツクモグサ特集




ツクモグサの分布と生育環境
日本固有の高山植物で、高山帯の岩礫地・稜線沿いの風衝草地に生える。
分布地は北海道の利尻島・ポロヌプリ山・大雪山群・芦別岳・日高山脈北部、本州の白馬岳・八ヶ岳に限られる。
絶滅危惧IB類の絶滅危惧種であり、数百個体が現存すると推定されている。
ツクモグサの特徴
高山植物の中でも開花が最も早く6月上旬ごろから咲き始め、花茎の高さは5cm、花後の茎高は15cmほどになる。
花は約3.5cm、上を向いた漏斗状の6枚の萼片が花弁状になり、緑色がかったクリーム色を呈する。
萼片は晴れた日には開き、外側は白色の毛で覆われる。
葉は掌状に細かく深裂し、はじめ白色の毛をまとうがのちに脱落し緑色となる。Wikipediaより抜粋

イメージ 39


イメージ 40



イメージ 41




イメージ 42



イメージ 60




イメージ 43



イメージ 44




イメージ 45




イメージ 46



イメージ 47




イメージ 48




イメージ 49




オヤマノエンドウ
イメージ 50




イメージ 51



イメージ 52



イメージ 53




イメージ 54





イメージ 55
ツクモグサ 終わり







横岳高低図
イメージ 56
桜平新設駐車場標高/1845m 標高差/984m 累積標高/1584m 総歩行距離/16415m


桜平駐車場~硫黄岳~横岳~ツクモグサ花畑ルートMAP
イメージ 57
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された
承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。《使用ソフト・GARMIN MapSource》


グーグルアース・硫黄岳&横岳鳥瞰図
イメージ 58



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
岳麗公園駐車場集合 4:00~新設・桜平駐車場(トイレあり)着  4:30

新設・桜平駐車場(トイレあり)発 4:39
~ 桜平登山口(ゲート)4:50
~ 夏沢鉱泉 5:19-22
~ オーレン小屋 6:08-15
~ ヒュッテ夏沢 6:38-48
~ 硫黄岳(2760m)7:47-8:03
~ 硫黄岳山荘 8:21-32
~ 途中休憩 5分
~ 横岳標柱(2829m)9:27
~ 奥ノ院(2829m)9:38
~ 三叉峰 9:48-54
~ 石尊峰 10:08
~ 鉾岳 10:29
~ 日ノ岳の横(ツクモグサ花畑)10:37-47

ツクモグサ花畑発 10:47
~ 鉾岳 10:53
~ 石尊峰(昼食)11:05-45
~ 三叉峰 11:57
~ 奥ノ院 12:04
~ 横岳標柱(2829m)12:10-16
~ 硫黄岳山荘 12:53-13:00
~ 硫黄岳(2760m)13:25-30
~ ヒュッテ夏沢 14:14
~ オーレン小屋 14:37-48
~ 夏沢鉱泉 15:21-28
~ 桜平登山口(ゲート)15:51
~ 新設・桜平駐車場 16:01




18.5.27 中西山&奥東山 花旅

2018年5月27日(日)晴れ
鬼無里・中西山&奥東山シラネアオイ花旅


イメージ 1

☆コメント
フラワートレッキング隊の仲間と鬼無里・中西山で花旅(ついでに山菜採り)を楽しんできました♪

★メンバー
Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・伊藤さん・雪ちゃん・レンレンさん・爺の7名
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・れんれんさん


☆中西山コース解説はHP版の過去記事参照
ひらさんのHighトレッキング・HP版
http://hirasan.canada2194.com/







奥裾花自然園駐車場着(要入園料・トイレあり)
TOPシーズンは駐車場~自然園行きバスが運行されている
イメージ 2
イメージ 61
マップコード 535.419.220



中西山登山口がある自然園まで約1時間の車道歩き
イメージ 3




イメージ 4
戸隠連峰
イメージ 5



奥裾花自然園/トイレあり
イメージ 6

30番指導標・中西山登山口
イメージ 7



32番/33番指導標
イメージ 8


32番指導標を通過すると早々と撮影会がはじまりました~(^O^)v
イメージ 9



イメージ 10


ツバメオモト
イメージ 11




ツバメオモト
イメージ 12



ニリンソウ群生地
イメージ 13



イメージ 14




サンカヨウ群生地
イメージ 15



サンカヨウ
イメージ 16




爺は変な恰好をしてなにを撮しているのでしょう?
イメージ 17



イメージ 18



水場
イメージ 19



水場通過後は稜線まで激登りになるが花道が続くので苦にならないですよ~(笑)
イメージ 20



フラワーロード♪
イメージ 59


中西山・堂津岳分岐点(稜線) 高妻山を望む
イメージ 21









中西山へ


中西山へ向かう前にしばし山菜採りを楽しむ
イメージ 22


イメージ 23
コシアブラは天ぷらになりました(^O^)v
イメージ 60


中西山へ
イメージ 24


左から乙妻山・高妻山・戸隠連峰
イメージ 25



イメージ 26


中西山(1740.8m)
イメージ 27


中西山&奥東山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 54


中西山から乙妻山・高妻山を望む
イメージ 28



残雪地帯その1で雪遊び♪
イメージ 29
イメージ 30



シラネアオイ現る!
イメージ 31


奥東山へ
イメージ 32


イワカガミ
イメージ 33




イメージ 34

中央から雨飾山・天狗原山・焼山
イメージ 35



シラネアオイ・ロード♪
イメージ 36


イメージ 37



イメージ 38

イメージ 39



残雪地帯その2/またまた雪遊び中(笑)
イメージ 40


焼山・火打山
イメージ 41


ち~とっも前に進めません(笑)
イメージ 42



イメージ 43



イメージ 44


左前方の尖りが奥東山
イメージ 45


北アルプスをバックに
イメージ 46



ムラサキヤシオ
イメージ 47




イメージ 48


前回訪問時と比べて崩落地帯が増えているので、あと数年で東山方面へ行かれなくなる可能性大!
イメージ 49



左から天狗原山・焼山・火打山・妙高山・乙妻山・高妻山
イメージ 50



前回訪問時はここにシラネアオイは咲いていなかったような・・・
イメージ 51



イメージ 52






左から爺ヶ岳・鹿島槍・五竜岳・唐松岳・杓子岳・白馬岳
イメージ 53

中西山&奥東山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 55




中西山高低図
イメージ 56
奥裾花自然園駐車場標高/1140m 標高差/690m 累積標高/1067m 総歩行距離/12462m


中西山鳥瞰図
イメージ 57


シラネアオイ(白根葵)
イメージ 58





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00~奥裾花自然園駐車場着(要入園料・トイレあり) 7:10

奥裾花自然園駐車場発 7:20
~ 林道歩き
~ 自然園(トイレあり)8:11-14
~ 30番指導標・中西山登山口 8:15
~ 31番指導標 8:20
~ 32番・33番指導標 8:30
~ 水場 9:14-24
~ 中西・堂津岳分岐点(稜線)9:52
~ 山菜採り&花撮影
~ 中西山(1740.8m)10:59-11:03
~ 残雪その① 11:05-08
~ 残雪その② 11:47-12:00
~ 奥東山(昼食)12:42-13:15
奥東山 13:15
~ 中西山 14:11
~ 中西・堂津岳分岐点(稜線)14:32
~ 水場 14:48-15:03
~ 32番・33番指導標 15:28
~ 自然園 15:37-46
~ 林道歩き
~ 奥裾花社 16:14
~ 奥裾花自然園駐車場着 16:31

 





18.5.26 根子岳&四阿山花旅

2018.5.26(土)晴れ
根子岳・四阿山ムラサキヤシオ花旅


イメージ 1


☆コメント
今日は鬼無里の中西山花旅を予定していたが仲間との予定が合わず明日に順延、
明日の根子岳&四阿山を繰り上げ、ソロでのんびりゆっくり楽しんできました♪
☆メンバー
ソロ



根子岳&四阿山登山口(トイレあり)
イメージ 2
イメージ 32
マップコード 516.434.178




牧場柵横から根子岳へ
イメージ 3



北信五岳展望
イメージ 4



レンゲツツジは蕾状態! 開花は6月2日以降と思われる。
イメージ 5



フデリンドウ
イメージ 6



東屋・展望台
イメージ 7



ダケカンバ樹林帯
イメージ 8



咲いていると思いもしなかったムラサキヤシオとの出会いでちっとも前に進めませんでした(笑)
イメージ 9



ダケカンバ樹林帯
イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13




根子岳(2207m)
イメージ 14





四阿山へ



四阿山全景
イメージ 15


イワナシ
イメージ 16



根子岳方面/大すき間(鞍部)より
イメージ 17



大すき間(鞍部)から四阿山を望む
イメージ 18



四阿山マデ1.5キロ/ここから四阿山名物・激登りが始まるよ~(^O^)v
イメージ 19



イメージ 20



貴方もこの激登りを体験(楽しんで)して下さい(笑)
イメージ 21



激登りクリア (^O^)v
イメージ 22


中四阿・根子岳分岐点
イメージ 23


四阿山が近づく
イメージ 24


鳥居峠分岐点・山頂マデ約10分
イメージ 25



 四阿山(2354m)
イメージ 26



ミヤマキンバイと思われるが、こんなに早く咲くかな~?
イメージ 27



北アルプスと根子岳全景
イメージ 28






中四阿経由で牧場へ下山



中四阿・根子岳分岐点で軽食タイム
イメージ 29


このガレ場は慎重に下りたい
イメージ 30



峰桜
イメージ 31


中四阿
イメージ 33



四阿山/稜線で振り返る
イメージ 34


ズミ
イメージ 35



ムラサキヤシオ
イメージ 36


笹道
イメージ 37



ダケカンバ樹林帯
イメージ 38


ダケカンバ&ムラサキヤシオ
イメージ 39



限りなく藪漕ぎ/ダボス牧場マデ1.2キロ
イメージ 40



ムラサキヤシオ
イメージ 41



イワカガミ
イメージ 42



ダボス牧場マデ0.8キロ
イメージ 43


エンレイソウ
イメージ 44


クルマバソウ
イメージ 45



大明神沢の丸太橋
イメージ 46



ツマトリソウ
イメージ 47



ムラサキヤシオ
イメージ 48



牧場から根子岳と四阿山を望む
イメージ 49



イメージ 50



根子岳&四阿山登山口(トイレあり)
イメージ 51





イメージ 52
登山口標高/1590M 標高差/764M 累積標高/1090m  総歩行距離/10291M



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
菅平牧場駐車場(1名200円)
根子岳登山口(トイレあり)発 8:13 
~ 東屋・展望台 8:34
~ 第1VP 9:01
~ 根子岳マデ0.8キロ 9:13
~ 第2VP 9:25 
~ 禰固岳八合目石標 9:29
~ 根子岳マデ0.5キロ 9:41 
根子岳(2207m)10:00-20
~ 大すき間(鞍部)10:48 
~ 四阿山マデ1.5キロ 10:50
~ 四阿山マデ1.3キロ 11:05 
~ 中四阿・根子岳分岐点 11:26
~ 鳥居峠分岐点 11:37 
四阿山(2354m)11:45-51

四阿山発 11:51 
~ 中四阿・根子岳分岐点(軽食) 12:04-18 
~ ダボス牧場マデ2.9キロ 12:46
~ 四阿高原分岐点 12:56 
~ ダボス牧場マデ1.8キロ 13:17
~ ダボス牧場マデ1.2キロ 13:36
~ ダボス牧場マデ0.8キロ 13:58
~ 大明神沢 14:01
~ 中四阿経由・四阿山登山口 14:20 
~ 根子岳登山口 14:27






18.5.19 アシタカツツジ花旅

2018年5月19日(土)濃霧~晴れ
愛鷹山固有種・アシタカツツジ花旅




イメージ 1
☆コメント
この時期定番になりつつあるアシタカツツジ花旅♪
今年も山友NOBUさんに案内していただき、愛鷹山袴腰山位牌岳周遊コースで
満開のアシタカツツジとトウゴクミツバツツジを楽しんできました(^O^)v
☆アシタカツツジ(葉っぱ5枚)とトウゴクミツバツツジ(葉っぱ3枚)の見分け方は
下記URLあしたかやまハイキングガイドのホームページ参照

★メンバー
NOBUさん・こうちさん・えいちゃん・おっくん・爺の5名
★掲載写真撮影者
管理人・おっくん・こうちさん





水神社駐車場発 6:58
イメージ 2


つるべ落としの滝登山口 7:24/帰りルートはここに下山
イメージ 3



いっぷく峠登山口 7:42/梯子が新しくなっていました
イメージ 4




愛鷹山登山口 7:48/愛鷹山登山口
イメージ 5
土砂崩落で林道を約1時間歩くルートの選択も可
イメージ 6
ここまで1時間近く林道を歩いてきたので愛鷹山へ向かいます/山頂マデ約1時間
イメージ 7


崩落地点通過
イメージ 8



ここから愛鷹山へ本格登山道となる
イメージ 9


幻想的だが蒸し暑くサウナ状態で汗びっしょり!!
イメージ 10



イメージ 11



袴腰山分岐点 8:58-9:01
イメージ 12

イメージ 13




イメージ 14



アシタカツツジ第一号♪
イメージ 15

イメージ 16


ガッス!ガッス! だったのが一転して青空に
イメージ 17


爺いつものポーズ(^O^)v
イメージ 18


愛鷹明神奥宮参拝
イメージ 19



愛鷹山(1187.5m)9:14-40
イメージ 20



愛鷹山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 21







袴腰山へ


袴腰山分岐点通過
イメージ 22


枯れ木ながら次世代の生命をはぐくんでいます
イメージ 23


馬場平(1203m)10:16
イメージ 24


ミツバツツジが満開
イメージ 25


袴腰山(1248m)10:55-11:06
イメージ 26





位牌岳へ


イメージ 27


アシタカツツジ花道が始まりました
イメージ 28




イメージ 29



色が濃いアシタカツツジは遠目からでも見分けがつくが・・・
イメージ 30



ピンク色のアシタカツツジは葉っぱを確認するまでミツバツツジと見分けが付きにくい(T_T)
イメージ 31



いっぷく峠 11:31
イメージ 32



ミツバツツジの絨毯
イメージ 33


アシタカツツジ撮影タイム
イメージ 34




イメージ 35




イメージ 36



しだれ桜風アシタカツツジ
イメージ 37



イメージ 38




イメージ 39




イメージ 40



イメージ 41



イメージ 42




イメージ 43




イメージ 44


再びミツバツツジの絨毯
イメージ 45



池ノ平分岐点 12:15
イメージ 46


アシタカツツジ(左)  トウゴクミツバツツジ(中央)
イメージ 47



イメージ 48


休憩適地/位牌岳は展望がないのでここまで戻ってランチタイムです♪
イメージ 49

雲海の先に駿河湾を臨む
イメージ 50



イメージ 51



イメージ 52



イメージ 53



イメージ 54




位牌岳(1457.5m)12:36-39/トウゴクミツバツツジ
イメージ 55

イメージ 56

位牌岳(1457.5m)12:36-39
イメージ 57



アシタカツツジ花旅ミッション終了 (^O^)v



イメージ 58


池ノ平分岐点から「つるべ落としの滝」へ下山
イメージ 59


水神社-愛鷹山-袴腰山-位牌岳高低図
イメージ 60
水神社駐車場標高/526m 標高差/931m 累積標高/1344.8m 総歩行距離/14438m



水神社-愛鷹山-袴腰山-位牌岳鳥瞰図
イメージ 61






魚がし鮨グループ・流れ鮨三島店 TEL 055-987-9383 am11:00-22:00
イメージ 62



イメージ 63




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2018.5.18(金)
中央道双葉SAで車中泊

2018.5.19(土)
双葉SA/3:30起床&朝食
水神社駐車場発 6:58
~ 林道ゲート 7:17
~ つるべ落としの滝登山口 7:24
~ いっぷく峠登山口 7:42
~ 愛鷹山登山口 7:48
~ 途中休憩 8:15-21
~ 袴腰山分岐点 8:58-9:01
愛鷹山(1187.5m)9:14-40
~ 袴腰山分岐点 9:48
~ 途中休憩 10:05-10
馬場平(1203m)10:16
袴腰山(1248m)10:55-11:06
~ いっぷく峠 11:31
~ 池ノ平分岐点 12:15
位牌岳(1457.5m)12:36-39
~ 休憩適地で昼食 12:50-13:27
~ 池ノ平分岐点 13:37
~ つるべ落としの滝分岐点 13:42
~ つるべ落としの滝 14:54-58
~ 五輪ノ塔入り口 15:06
~ 板状節理 15:12
~ 千帳岩 15:23
~ つるべ落としの滝登山口 15:36
水神社駐車場着 15:59


長野着 22:10









18.5.12 竜ヶ岳・白い羊

2018年5月12日(土)晴れ  
竜ヶ岳(鈴鹿セブンM)・白い羊さん達に会いに行ってきました♪
そして下山では痛恨のルートミス!


イメージ 1
☆鈴鹿セブンマウンテンとは
鈴鹿山脈の藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、雨乞岳、鎌ヶ岳、入道岳の7山。
☆コメント
去年の紅葉時期に竜ヶ岳名物「赤い羊」を眺めに行く予定だったがタイミング合わず断念。
今年の赤い羊再訪下見を兼ねて「白い羊」さんに会ってきました(^O^)v
ルートは山友「こうち隊・momo隊」のブログ記事を参考に金山尾根から登って遠足尾根下山を選択。
特に難易度の高いルートではないが遠足尾根下山中、支尾根に右折するべき所を先行者につられて
主尾根を直進して途中でルートミスに気づく大チョンボ!


★メンバー
ソロ登山


宇賀渓無料駐車場/台数限りあり
イメージ 2

イメージ 57
トイレがある宇賀渓有料駐車場のマップコード
290.042.783


要入山料200円
イメージ 3


有料駐車場横で入山料を支払ってから商店街を抜ける/竜ヶ岳案内板あり
イメージ 4


白滝丸太橋まで林道を歩く
イメージ 5


名水・竜の雫
イメージ 6


遠足尾根登山口/本来ならここに下りてくるハズだったが・・・
イメージ 7


白滝丸太橋/ここから登山道となる
イメージ 8


丸太橋
イメージ 9


白滝
イメージ 10



イメージ 11


魚止滝に寄り道
イメージ 12


魚止滝
イメージ 13


金山尾根登山口(長尾滝分岐点)
イメージ 14


尾根筋をひたすら遠足尾根分岐点の稜線まで登り込む
イメージ 15


広葉樹が多いので秋も楽しみ♪
イメージ 16


稜線が近づくとこんなガレ場が出現
イメージ 17


そして竜ヶ岳大展望♪
イメージ 18


そしてシロヤシオ群生が現れち~っとも前に進めなくなる(笑)
イメージ 19




イメージ 20




イメージ 21




イメージ 22



こんなにワシャワシャ咲いているので被写体選びに超難儀
イメージ 23


遠足・金山尾根分岐点
イメージ 24


竜ヶ岳全景
イメージ 25



竜ヶ岳へ
イメージ 26


竜ヶ岳(1099.6m)9:04-11:06
イメージ 27



イメージ 28



イメージ 29



白い羊さんがいっぱい♪
イメージ 30



ちょっとアップで(^O^)v
イメージ 31



山頂でがんちゃんに声をかけられた時はビックリ!
爺FB友達の射場さん・楠さんとは初対面でしたが山頂で楽しい時間を過ごさせていただきました♪

イメージ 32



イメージ 58



イメージ 59



竜ヶ岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 54








下山編



イメージ 33




イメージ 34



イメージ 35


静ヶ岳方面
イメージ 36


がんちゃん隊とは静ヶ岳分岐点でお別れ
イメージ 37


爺は相変わらずシロヤシオ撮影に大忙し(笑)
イメージ 38



イメージ 39




イメージ 40




イメージ 41




イメージ 42


やっと遠足・金山尾根分岐点到着
イメージ 43


遠足尾根展望
イメージ 44



イメージ 45


尾根左斜面はシロヤシオの大群生地でした
イメージ 46


振り返れば竜ヶ岳の頭が・・・
イメージ 47


イワカガミ
イメージ 48




イメージ 49



写真タイムスタンプとGPS軌跡を照合するとこの先に右折箇所があったと思われる
イメージ 50


この写真は先行する登山者を抜いた後に撮したものですが下から登山者2名が登ってきました。
いま思うに、この2名はGPS確認していたので間違いに気づいて登り返してきたのかも・・・
イメージ 51


踏み跡?を迷わずグングン下ってしまった爺でした
イメージ 52


ヤバイ箇所が現れたら迷わず引き返す事を頭にいれて微かな踏み跡を辿ったらここに下山できました
イメージ 53
《今回のルートミスは自分の準備不足が招いた結果なので自戒をこめて反省点を記載》
1.ルート記載した1/25000地図を今回は持参しなかった!
1.県別登山地図は持参したが下山ルートを頭に入れてなかった!
1.上記2点が一番の間違いだが、もう一つの原因は小用をたしたかったのに登山者が多すぎて
早く登山口まで戻りたい!の気持ちで頭がいっぱいいっぱいだったことかも・・・(T_T)


イメージ 55

イメージ 56




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2018.5.11(金)
長野発~名神尾張一宮PAで深夜割り調整で仮眠
グーグルナビ /長野~宇賀渓無料駐車場 327キロ 所要時間 4時間15分
2018.5.12(土)
尾張一宮PA起床 am3:30&朝食
宇賀渓無料駐車場発 5:56(トイレは宇賀渓有料駐車場利用)
~ 宇賀渓観光案内所で入山料200円支払う
~ 自由テント村吊り橋&トイレ 6:07
~ 名水・竜の雫 6:17
~ 遠足尾根登山口 6:23
~ 東屋 6:24
~ 白滝の丸太橋 6:25
~ 魚止滝分岐 6:31
~ 魚止滝 6:32
~ 魚止滝分岐 6:34
~ 金山尾根登山口(長尾滝分岐点)6:42
~ 遠足尾根分岐点 8:25
~ 静ヶ岳分岐点 8:44
竜ヶ岳(1099.6m)9:04-11:06

竜ヶ岳発 11:06
~ 静ヶ岳分岐点 11:23
~ 遠足・金山R分岐点 11:46
~ コース途中で支尾根(遠足尾根登山口)に下る箇所をロスト
~ ロスト確認時間が早かったので引き返し念頭に踏み跡を辿って主尾根を下る
~ 宇賀渓橋のたもとに下山 13:34
~ 無料駐車場着 13:43(山ピンを買い忘れた!)



立ち寄り温泉
六石温泉・あじさいの湯 入浴料600円 TEL 0594-72-2179 泉質満足度★

自宅到着 21:00







18.5.5 虫倉山

2018年5月5日(金)晴れ 信州百名山・虫倉山
イメージ 1
☆コメント
当初は黒姫山を予定していたが季節外れの低気圧来襲で天候を読めず、
標高の高い黒姫山をあきらめ飯縄山か虫倉山のどちらかに予定を変更。
長野隊山女子・黒ちゃんに相談したところ虫倉山に決定!
2014年の神城断層地震で虫倉山頂の一部が崩れ落ちて以来の訪問。

そして今回の楽しみは、FB友達が3日に登った記事に「ヤマシャクヤク」
の写真があったのでこれをゲットすることであったが・・・



ルート解説はホームページ過去記事を参照してください。
ひらさんのHighトレッキング・HP版
http://hirasan.canada2194.com/


★メンバー
黒ちゃん・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人






不動滝手前の駐車スペース

2019年よりこのスペースは駐車不可になりました

イメージ 2

イメージ 45
マップコード 382.496.371
不動滝ルート車道入り口




イメージ 3



イメージ 4


不動滝登山口
イメージ 5
イメージ 6


ヒトリシズカ
イメージ 7


ヤマタツナミソウ
イメージ 8


先ずは沢沿いを進みます
イメージ 9



イメージ 10


ネコノメソウ
イメージ 11



ラショウモンカズラ
イメージ 12


エンレイソウ/色違い3種
イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15




イメージ 16



イメージ 17



ラショウモンカズラ
イメージ 18


広葉樹が多いので紅葉の時期も楽しめそう♪
イメージ 19


金倉坂
イメージ 20



高福寺R分岐点
イメージ 21



旧・二本記ルート分岐点
イメージ 22
イメージ 23



地震で倒壊した東屋が再建されました♪
イメージ 24

北アルプスの峰々
イメージ 25


武田菱の五竜岳
イメージ 26



山頂へ続く稜線
イメージ 27


高妻山(中央) 妙高山(右側雪の山)
イメージ 28


高妻山・妙高山・今日登る予定だった黒姫山
イメージ 29



イワカガミ
イメージ 30



フデリンドウ
イメージ 31



イメージ 32




イワカガミ
イメージ 33


「一服むしくら」位置から山頂方面
イメージ 34




2014年の神城断層地震で虫倉山頂の一部が崩れ落ちている
イメージ 35



北アルプス
イメージ 36


武田菱がクッキリ!
イメージ 37


虫倉山(1378M)
FBでは鼻の下が伸びた写真だったが・・・笑
イメージ 38





虫倉山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 39






一服むしくら
イメージ 40


イメージ 41



イメージ 42



イメージ 43



ヤマシャクヤクは見つけられなかったけれど、山友ヒロちゃんから咲いている場所を教えてもらったので来年が楽しみです(^O^)v


虫倉山鳥瞰図
イメージ 44


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発9:00~不動滝P着9:45
※トイレと広い駐車場は不動滝の先にあり

不動滝P発 9:59
~ 不動滝登山口 10:03
~ クサリ 10:16
~ 金倉坂 10:42
~ 高福寺R分岐点 10:49
~ 東屋 10:57-11:08
~ 虫倉山(1378M)11:31-39

虫倉山発 11:39
~ 一服むしくら展望地 11:41-12:05
~ 東屋 12:20
~ 高福寺R分岐点 12:24
~ 金倉坂 12:29
~ 不動滝登山口 12:47
~ 不動滝P着 12:50




18.5.4 太郎山花旅

2018.5.4(金)曇り
上田市民の山・太郎山 花旅

イメージ 1


☆コメント
太郎山は隠れ花の名山?
それとも爺が知らなかっただけ?
今日はTanmaさん・おっくん・爺の3人で湯ノ丸山~烏帽子岳を予定していたが地蔵峠で前泊したTanmaさんから雪が降ってきた~!
との情報がはいり、標高が低く寒波の影響を受けにくい上田市民の山「太郎山」に爺の独断で予定変更しました。
あまりお手軽な山なので山友さんストレス溜まるかもと心配したが、山頂で富士山を見ることができたり、ヒトリシズカ・ニリンソウ・エンレイソウなどの群生地があり、おもいがけず満足な太郎山となりました(笑)


ルート解説はホームページ過去記事を参照してください。
ひらさんのHighトレッキング・HP版
http://hirasan.canada2194.com/

★メンバー
Tanmaさん・おっくん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人・おっくん・Tanmaさん




太郎山・表参道登山口/駐車台数が限られるので要注意
イメージ 2

イメージ 29
マップコード 516.001.267

太郎山・表参道登山口
イメージ 3


太郎山神社まで等間隔で丁石標が設置されている/全部で二十三丁石と思われる
イメージ 4


いつもの花撮影タイムがはじまりました
イメージ 5


ピンぼけですが「ギンラン」と思われる
イメージ 6



フデリンドウ
イメージ 7



ウツギ
イメージ 8



イメージ 9


十二丁丁石
イメージ 10



石の大鳥居
イメージ 11



新緑が眩しい♪
イメージ 12


牛伏コース(白蛇神社)分岐点
イメージ 13


裏参道分岐点の大鳥居/トイレあり
イメージ 14


太郎山神社&ちびっこ鳥居
イメージ 15


この鳥居をくぐれれば厄除けになるらしい/おっくん挑戦中
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18



Tanmaさん
イメージ 19

イメージ 20



爺/昔はお腹がつかえたけれど今回はスムーズに・・・笑
イメージ 21



大鳥居横の広場
イメージ 22
上田市全景 ※富士山が写っているけれど見つけることができますか?
イメージ 23



答え
イメージ 24




広場から太郎山へ
イメージ 25


山頂はトレラン大会の旗で大賑わい
イメージ 26


太郎山山頂より
イメージ 27


太郎山(1164.3m)
イメージ 28


太郎山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 30











大鳥居まで戻り裏参道へ




イメージ 31



今日登っているハズだった烏帽子岳が見える
イメージ 32
イメージ 33


「刀の刃」 「血染めの躑躅」 そそられますね~♪
イメージ 34



イカリソウ
イメージ 35


ヒトリシズカ
イメージ 36



イメージ 37



イメージ 38


ニリンソウ群生地
イメージ 39




イメージ 40



エンレイソウも群生していました♪
イメージ 58





イメージ 41



イカリソウ
イメージ 42



ヒトリシズカ/ニリンソウに囲まれて嬉しそうですね♪
イメージ 43



ヒトリシズカ・ニリンソウ・エンレイソウの競演
イメージ 44



山吹
イメージ 45


チゴユリ
イメージ 46



ニリンソウ
イメージ 47




イメージ 48




金明水
イメージ 49
イメージ 50

イカリソウ群生
イメージ 51



イメージ 52


裏参道登山口(林道出合い)
イメージ 53


車道を約30分歩いて表参道登山口へ戻る
イメージ 54



大山祇神社
イメージ 55




イメージ 56



表参道登山口に到着
イメージ 57



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
表参道登山口発 8:50
~ 六丁石 9:06
~ 八丁石 9:27
~ 石の鳥居 9:35
~ 十五丁石 9:41
~ 十九丁石 9:55
~ 二十二丁石(牛伏R分岐点)10:11
~ 大鳥居(トイレあり)10:15
~ 太郎山神社 10:24
~ 太郎山(1164.3m)10:40-54


太郎山発 10:54
~ 大鳥居(トイレ)11:01
~ 裏参道へ
~ 裏参道登山口・林道出合い 12:25
~ 大山祇神社 12:38
~ 表参道登山口P着 12:54


※下山後は上田市内でお蕎麦(大西蕎麦)を食べて解散。


18.4.22 金時山-明神ヶ岳縦走

2018年4月22日(日)晴れ・極暑
金時山~明神ヶ岳縦走

《掲載写真全て拡大可》イメージ 1
☆コメント
静岡まできて単発山歩きで帰るのはもったいない!
と言う訳で、山友もろーさんに去年からガイドをお願いしていた金時山-明神ケ岳を歩いてきました。


当初は金時神社~金時山~明神ヶ岳~明星ヶ岳~宮城野バス停下山で縦走予定だったが・・・

今日は平地で気温が高いことは承知していたが、箱根の山は大丈夫だろうと飲み水を昨日の八紘嶺と同じ1㍑にしたのが間違いの元!
明神ヶ岳まで行ったところで全員が水不足に陥る大失敗(ノД`)
予定通り明星ヶ岳経由で下山した場合は2時間30分!
明神ヶ岳からエスケープルート利用で宮城野まで1時間45分!
残りの水でプラス45分は無謀と判断し明星ヶ岳は次回の楽しみとしました。


 
★メンバー
NOBUさん・もろーさん・Tanmaさん・爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・もろーさん






金時神社無料駐車場(約15-17台・トイレ有り)  ※付近に500円有料駐車場あり
イメージ 2

イメージ 46
マップコード 57.360.890


公時神社で山行安全祈願
イメージ 3



ケルンではなく単なる石積み遊びです(笑)
イメージ 4



イメージ 5



林道出合い
イメージ 6


金時神社奥の院
イメージ 7


杉並木
イメージ 8


根っ子道
イメージ 9


大涌谷方面
イメージ 10



イメージ 11
惚け老人がボケを撮影中! なぜか写真までボケています(笑)
イメージ 12


すみれロード♪
イメージ 13


金時山(1212m)
イメージ 14

金時山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 18


愉快な仲間達(笑)
イメージ 15



イメージ 16


イメージ 17










明神ヶ岳へ


金時山山頂~うぐいす茶屋までの激下りはもったいな~い(ノД`)イメージ 19



うぐいす茶屋
イメージ 20



イメージ 21


下3枚/金時山左側の尾根上から少しずつ頭を出し始める富士山
イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24




火打石岳案内板
イメージ 25



明神ヶ岳全景・遠いなぁ~!
イメージ 26


金時山の真後ろに富士山♪  景色最高!
イメージ 27


明神ヶ岳・北の肩より
イメージ 28


でかすぎて手のひらに乗せきれませんでした(笑)
イメージ 29


金時山~ここまで歩いたルートを一望できる \(^O^)/イメージ 30



登山者で大賑わいの明神ヶ岳
イメージ 31


明神ヶ岳(1169m)
イメージ 32


明神ヶ岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 33





宮城野バス停下山編




宮城野バス停エスケープルート分岐点
イメージ 34



イメージ 35


別荘地横を歩く
イメージ 36


生き返った~!
イメージ 37


宮城野バス停(トイレ有り) /道の反対側にセブンイレブンあり
イメージ 38



金時山コイワザクラ
イメージ 39




イメージ 40



イメージ 41




温泉で汗を流した後は、いつものここ♪
イメージ 42

イメージ 43

イメージ 46
マップコード 50.831.082





金時山~明神ヶ岳鳥瞰図
イメージ 44

金時山~明神ヶ岳高低図
イメージ 45


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》

金時神社無料駐車場(トイレあり)6:14
~ 公時神社 6:20
~ 金時手鞠石 6:29
~ 車道出合い 6:38
~ 金時神社奥の院 6:41
~ 金時宿り石 6:51
~ 明神ヶ岳分岐点 7:33
金時山(1212m)7:57-8:31
~ 明神ヶ岳分岐点 8:49
~ うぐいす茶屋 9:13
~ 明神ヶ岳マデ75分 9:51
~ 火打石岳案内板(軽食)10:49-11:00
~ 明神ヶ岳マデ10分 12:00
明神ヶ岳(1169m)12:12-52
~ 明星ヶ岳まで80分 13:06
~ 石碑 13:07
~ 宮城野分岐点(明星まで50分)13:37
~ 砂防堰堤 14:00
~ バス停まで20分(別荘地入り口)14:05
~ 自販水分補給 5分
~ 宮城野バス停(トイレあり)14:43

※御殿場アウトレット行きバスに乗車480円

立ち寄り温泉
ごてんば市・温泉会館 定休日・月曜日 TEL 0550-83-3303
泉質満足度★★

18.4.21 八紘嶺・花旅

2018年4月21日(土曜日)晴れ
八紘嶺・キバナハナネコノメ花旅


イメージ 1
☆コメント
この花は白花ネコノメソウの変種で東海地方(静岡・愛知・岐阜・長野)で見ることができるが、我が地元長野県では絶滅危惧種に指定されており存在場所すら確認できなかった。
今回はこの花に精通している山友NOBUさんに案内していただき、キバナ花旅を楽しんできました♪


★メンバー
NOBUさん・もろーさん・こうちさん・えいちゃん・Tanmaさん・レンレンさん・爺の7名
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・こうち隊・もろーさん




真富士の里で車中泊&翌朝集合場所
イメージ 22

イメージ 23
マップコード 483-194-397





駐車場を出発
イメージ 2


八紘嶺登山口
イメージ 3


旧歩道
イメージ 4


旧歩道
イメージ 5


安倍峠
イメージ 6


八紘嶺の前衛峰/八紘嶺はこの真裏になるため視認できません
イメージ 7


安倍峠駐車場(トイレあり)
イメージ 8


40㍍ほど頑張りましょう
イメージ 10


前方の前衛峰を直登しないで左側を巻く
イメージ 11



左巻き道
イメージ 35



梅ヶ島温泉分岐点(下山時は梅ヶ島温泉方面へ下る)
イメージ 9



イメージ 12


富士見台
イメージ 38




イメージ 24



爺お決まりポーズ/富士見台より
イメージ 25



チョコッとガレ場あるけれど問題なし!
イメージ 26





イメージ 27



地獄覗き(仮称)
イメージ 39

地獄覗き(仮称)より
イメージ 13


相変わらず遊びまくりのFT隊♪
イメージ 14



イメージ 15



八紘嶺
イメージ 28



赤石岳展望/八紘嶺より
イメージ 17

八紘嶺(1918m)
イメージ 16


八紘嶺パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 18












《キバナハナネコノメ》
イメージ 29




イメージ 30




イメージ 31




イメージ 32




イメージ 33




イメージ 34










立ち寄り温泉
梅ヶ島新田温泉・黄金の湯 入浴料700円(1時間券・400円) TEL 054-269-2615
休館日/月曜日  泉質満足度★★★
イメージ 36



三保の松原

イメージ 37


イメージ 19


魚がし鮨 静岡鳥坂店 TEL 054-349-3031
イメージ 20

イメージ 21



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2018.4.20(金)
ナビ設定/長野~真富士の里(車中泊) 261㌔ 所要時間 5時間
2018.4.21(土)
真富士の里~安倍奥駐車場 約1時間15分

駐車場発 7:43
~ 八紘嶺登山口 7:44
~ 旧歩道入り口 7:57
~ 安倍峠 9:13-16
~ 安倍峠駐車場(トイレあり)9:29-38
~ 梅ヶ島温泉分岐点 10:03
~ 富士見台 10:15-25
~ 途中休憩 5分
~ 地獄覗き(仮称)11:09-19
~ 八紘嶺(1918m)12:00-37


八紘嶺発 12:37
~ 富士見台 13:47
~ 梅ヶ島温泉分岐点 13:57
~ 八紘嶺登山口 14:14
~ 駐車場着 14:17


新東名・駿河湾沼津SAで車中泊





18.4.14 三ツ岩岳花旅/烏帽子岳

2018.4.14(土)晴れ
三ツ岩岳花旅&烏帽子岳

イメージ 1
最近はヒカゲツツジ&シロヤシオ花旅が続いておりアカヤシオは2011年を最後に
7年ぶりの企画でした。
山友おっくん・山浦さんの二人はアカヤシオ初見参!
ピンク色に染まる山肌に満足していただけたのではないでしょうか(^O^)v
そして、今回も嬉しい出会い(HP参照)がありました♪


三ツ岩岳アカヤシオ花旅はホームページでご笑覧下さい

烏帽子岳の激登り!激下り!はホームページでご笑覧下さい


メンバー 
Tanmaさん・おっくん・山浦さん・abeちゃん・爺の5名



三ツ岩岳MAP
イメージ 2
三ツ岩岳からのパノラマ図解
イメージ 3



烏帽子岳大仁田ルートMAP
イメージ 4

烏帽子岳からのパノラマ図解
イメージ 5







18.4.8 坪山・ヒカゲツツジ花旅

2018年4月8日(日)晴れ
坪山・ヒカゲツツジ花旅



イメージ 1


開花は14日頃と予想していたがギッチョンチョンで今日がドンピシャ!
飯縄山の予定を前夜に変更して
Tanmaさんの坪山計画にチャッカリ便乗が大正解でした(笑)



《4月8日現在のヒカゲツツジ情報》
※ヒカゲツツジは西尾根&東尾根とも満開。
※ミツバツツジは西尾根&東尾根とも満開。
※イワウチワは大半が散っており残り花を数株残すのみ。
※イワカガミは蕾も確認できなかったので来週以降の開花と思われる。
※路肩駐車場は今年から有料(500円)になりました。



★メンバー
Tanmaさん・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん




飯尾地籍の路肩駐車場(有料500円)
イメージ 2

イメージ 3
マップコード 348.436.376

イメージ 4




橋を渡り公園へ
イメージ 5


公園のトイレ横を通過
イメージ 6



東・西尾根R分岐点
イメージ 7


西尾根ルート編

イメージ 8



ミツバツツジは満開
イメージ 9




↓最初のヒカゲツツジ群生地は既に散っておりガックリ!
気持ちは花旅諦めモードに・・・(´・ω・`)

イメージ 11


諦めモードのまま5分ほど登ると・・・
イメージ 12


なんと! なんと! 
今が盛りとばかりに咲き誇っていました
イメージ 13



ヒカゲツツジ
イメージ 10



またしてもカメラダイヤル設定ミスでこんな写真に(汗)
ミツバツツジ&ヒカゲツツジ

イメージ 14


ヒカゲツツジ
イメージ 15





14日が見頃と考えていた爺の予想は大ハズレ! 
嬉しい誤算となりました~(^O^)v
イメージ 16




イメージ 17



イワウチワは大半が散っており残り花を数株残すのみ (T_T)
イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20



ヒカゲツツジ
イメージ 21




イメージ 22




イメージ 23




イメージ 24




イメージ 25




イメージ 26



山頂直下まで咲いています♪
イメージ 27




イメージ 28



坪山 1102.7M
イメージ 29




イメージ 30




下山・東尾根ルート編

東ルートで死亡事故が起きてから注意プレートが設置される
イメージ 31


東尾根のヒカゲツツジ
イメージ 32




イメージ 33



イメージ 34




イメージ 35



イメージ 36




イメージ 37



イメージ 38




イメージ 39




イメージ 40



東・西尾根R分岐点
イメージ 41



里で咲くミツバツツジと桜の競演
イメージ 43




飯尾地籍の風景
イメージ 42




イメージ 44



坪山鳥瞰図
イメージ 45



坪山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用 http://meizan.jp/
イメージ 46
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。






《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発3:00~梓川SAで朝食~登山口駐車場着7:25
駐車場発 7:36 
~ トイレ立ち寄り
~ 東・西R分岐点 7:58
~ 木橋 8:00
坪山(1102.7M)9:49-10:21
~ 東尾根ルート下山
~ 東・西R分岐点 11:35
~ 駐車場着 11:53



帰路・八ヶ岳PAでお気に入りの天ぷら蕎麦を注文 1000円
イメージ 47





18.3.31 角田山・カタクリ&雪割草花旅

2018.3.31(土)晴れ
角田山(かくだやま)・カタクリ&雪割草花旅


イメージ 1

山友・こうち隊、北村ご夫妻(こうちさんの親戚)、オカノさん、爺の6人で「花の名山・角田山」を楽しんできました♪

爺は先週に続き2回目の角田山ですが、先週のカタクリ群生地は疎らにしか咲いていないうえ山頂はタップリの残雪!
カタクリの見頃は4月5日頃と踏んでいたが予想以上に開花が進んでおり花旅の難しさを実感しました。

※この日は二組のFB仲間が角田山を訪れており、偶然の出会い!も楽しみだったが微妙に時間が前後してしまい山頂でのハイタッチはかないませんでした(残念)


★メンバー
こうちさん、えいちゃん、北村ご夫妻、オカノさん、爺の6名 
★掲載写真撮影者
管理人・こうちさん・えいちゃん・はたぼー


《雪割草について》
正式には「サクラソウ科」の花を指すようだが、地域によってはミスミソウ・ニリンソウ・スハマソウなど「7科10種類」ほどが雪割草と呼ばれている。
角田山の雪割草はオオミスミソウで、青、紫、赤、ピンク、白色など彩りゆたかです。








角田浜海水浴場駐車場(トイレあり)を出発
イメージ 2

イメージ 49
マップコード 190.429.780


桜尾根登山口
イメージ 3



先週の雪割草撮影は望遠レンズ、今回はマクロレンズで撮影しました(^O^)v
イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7


イメージ 8



イメージ 9




イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12




イメージ 13




イメージ 14




イメージ 15





イメージ 16




イメージ 17





イメージ 18




白花カタクリ♪
イメージ 19



先週は疎らにしか咲いていなかった群生地も・・・
イメージ 20
ピンク一色に♪
イメージ 21



人気の山だけあって今日も大勢の登山者が・・・
イメージ 22



先週は山頂に30センチほどあった残雪も・・・
イメージ 23
たった1週間でこの変わりようにビックリポン!
イメージ 24


ランチタイム♪
イメージ 25









灯台尾根・カタクリロード下山編

腹がすいて駄々をこねる爺  ではないですよ~(笑)
イメージ 26


カタクリのように大きな花はマクロレンズ向きでないことを悟りました! 
白花カタクリ三姉妹/こうちさん撮影
イメージ 27




えいちゃん・おかのさん/カタクリロードにて
イメージ 28



北村ご夫妻/カタクリロードにて
イメージ 29





イメージ 30




微笑ましいツーショットは愛を語らっているのでしょうか 
イメージ 31





爺だけお尻をむけて、いつもの決めポーズ!
イメージ 32


佐渡島
イメージ 33
佐渡島・金北山
イメージ 34



灯台尾根でも雪割草が咲いていますよ~♪
イメージ 35




イメージ 36




イメージ 37




イメージ 38




角田岬灯台
イメージ 39
北村ご夫妻もこの景色に大満足♪
イメージ 40





イメージ 41


判官舟隠しへ
イメージ 42




イメージ 43


角田山Googleアース鳥瞰図
イメージ 44



観音堂からのパノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用 http://meizan.jp/
イメージ 45






下山後は


源泉掛け流し天然温泉・多宝温泉だいろの湯
TEL 0256-82-1126 入浴料800円(タオル・バスタオル付き)
泉質満足度★★★
イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 50
マップコード 190.220.059




《行程&所要時間・花撮影タイム含む》
長野発5:00~角田浜駐車場着8:30
駐車場発 8:45
~桜尾根登山口 8:49
~石仏 11:04
~浦浜・灯台R分岐 11:18
~角田山(481.7M) 11:28ー12:35

角田山発 12:35
~三望平 12:50
~灯台R分岐 12:54
~角田岬灯台 14:57
~判官舟隠し
~駐車場着 15:06







18.3.25 角田山・雪割草花旅

2018.3.25(日曜日)高曇り
角田山(かくだやま)・雪割草花旅



イメージ 1


フラワートレッキング隊メンバーと雪割草花旅を楽しんできました♪
登山口から山頂まで雪割草群生地が続くため
通常コースタイム1時間30分のところ、
あっちでパチリ! 
こっちでパチリ! 
結果山頂到着に4時間30分もかかってしまったが、仲間各々で530枚以上撮しているので1枚当たり撮影時間を30秒と見積もればこのCTは納得(笑)
※余談ですが、家内と一緒に登っていたら「あんたは同じ花を何回撮れば気が済むの!」と、声がかかること間違いナシです(笑)

★メンバー
Tanmaさん、おっくん、でこちゃん、爺の4名 
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん






角田浜海水浴場駐車場(公衆トイレあり)を出発
イメージ 2

イメージ 51
マップコード 190.429.780


桜尾根登山口(私有地につき注意)
イメージ 3


登山口から山頂手前の浦浜・灯台尾根分岐点まで雪割草花道となる
イメージ 4


《雪割草について》
正式には「サクラソウ科」の花を指すようだが、地域によってはミスミソウ・ニリンソウ・スハマソウなど「7科10種類」ほどが雪割草と呼ばれている。
イメージ 5



オオミスミソウは赤色・ピンク・紫・青・白など様々な色や形を楽しめます♪
イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8



でこちゃん デジイチ・マクロ撮影中
イメージ 9


爺はRX10・望遠で撮影中
イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12




イメージ 13



この時期の角田山は団体さんで混みあうが、今日も30名以上の団体が数組も訪れ大賑わいでした。
イメージ 14




イメージ 15




イメージ 16




イメージ 17




イメージ 18




イメージ 19



斜面に色とりどりの雪割草が群生しているため全然前に進めませ~ん!
イメージ 20




イメージ 21




イメージ 22




イメージ 23




イメージ 24




イメージ 25



カタクリもチラホラと咲いていました
イメージ 26



セリバオーレン
イメージ 27




イメージ 28




イメージ 29




イメージ 30




イメージ 31
爺これを撮影中
イメージ 32



山頂マデあとチョットなんですが・・・
花の誘惑に負けてしまいます(笑)
イメージ 33



キクザキイチゲ
イメージ 34



オオミスミソウ(雪割草)
イメージ 35



角田山山頂は残雪多し!
イメージ 36



角田山(かくだやま)481.7M
イメージ 37



角田山・観音堂からのパノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 38








これより灯台尾根下山編




Tanmaさん寝転がってカタクリ撮影中
31日ころはカタクリロードになっているかも・・・
イメージ 39



おっくんは雪割草撮影中かも??
灯台尾根も花が多くて下山に時間がかかりそうです(笑)
イメージ 40




イメージ 41



カタクリ群生
イメージ 42




イメージ 43



キクザキイチゲ
イメージ 44



雪割草
イメージ 45



爺決めポーズにお付き合いのTanmaさん (^O^)v
イメージ 46



角田岬灯台
イメージ 47
角田山花旅・終わり



下山後はここで汗を流す&夕食の海鮮
※天然温泉源泉掛け流し・多宝温泉だいろの湯(食事処あり) TEL 0256-82-1126
入浴料800円(タオル付き) am10:00~pm22:00 年中無休 管理人泉質満足度★★★
http://www.daironoyu.com/


イメージ 48


イメージ 50

イメージ 49
マップコード 190.220.059



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
3/24(土) 長野から約3時間・道の駅国上(温泉・夕食&車中泊)
3/25(日) 角田浜駐車場集合(トイレあり)7:40

駐車場発 7:57
~桜尾根登山口 8:02
~石仏 12:19
~浦浜・灯台R分岐 12:32
~角田山(481.7M) 12:35-13:06
角田山発 13:06
~三望平 13:20
~灯台R分岐 13:24
~角田灯台 15:32
~判官舟隠し
~駐車場着 15:42


18.3.23 髻山セリバオーレン花旅

2018.3.23(金)曇り
髻山(もとどりやま)セリバオーレンを求めて!



イメージ 1
髻山のセリバオーレン群生地はブログでヒットするが
肝心の場所が書かれていない(悲)
去年は長野市側ルートから探索に向かったが見事にスカ!
今年は牟礼ルートから探索と思っていたらブロ友さん(はたぼー)から
第1群生地情報が届き苦労することなくゲットすることができました♪
持つべきは友達ですね~(感謝)
そして、もう1ケ所の群生地も発見できたので
来年の楽しみが増えました~ヽ(^0^)ノ


★メンバー
山浦プロカメラマン・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人・山浦さん

2017.3.30セリバオーレンを求めて髻山へ
https://blogs.yahoo.co.jp/mikio3540/43227032.html




群生地探検のため長靴で出動!
イメージ 2


平出地籍から探索開始
イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5


倒木が多く登山道は荒れ放題
イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8
池と言うより泥沼?
イメージ 9


目的はセリバオーレンなので福寿草はさら~っと(笑)
イメージ 10


イメージ 11


髻山(もとどりやま)744M
※髻山からのパノラマ図解は最下段に掲載
イメージ 12

イメージ 13


爺お決まりポーズ
イメージ 14







セリバオーレン第1群生地


可憐な花々の姿をお楽しみ下さい♪
イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23



イメージ 24



イメージ 25



イメージ 26



イメージ 27



イメージ 28



イメージ 29



イメージ 30



イメージ 31



イメージ 32



イメージ 33



イメージ 34







セリバオーレン第2群生地
陽当たりのよい斜面のせいか第1群生地より開花が進んでいて見頃は過ぎていました。
来年が楽しみな群生地です
イメージ 35



髻山からのパノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 36



終わり





18.3.17 大ドッケ福寿草花旅

2018.3.17(土曜)晴
大ドッケ福寿草花旅&嬉しい出会いがありました♪

イメージ 1
もろーさん企画に便乗し大ドッケ・福寿草大群生地へ行ってきました♪
この群生地は秘密の場所になっているようで検索しても詳しいルートMAP記事は数件しか見当たりません。

※私も秘密派(踏み荒らしを避けたいので)なので今回は写真のみとさせていただきます。
秘密の場所とはいえ山雑誌にここが紹介されたのを機にツアーも組まれているようですが、沢に至るまでのルートが荒れているうえ、沢を詰める急登ゴーロ道は初心者の方には難易度の高いルート(登山道ではないので指導標もありません)であるということを心に留めてご笑覧ください.。

★メンバー
もろーさん、Tanmaさん、おっくん、でんさん夫妻、めぐみさん(初参加)、爺の7名
★掲載写真撮影者
管理人


★重複写真多数のため先行掲載したホームページで秘密の花園をお楽しみ下さい。
《大ドッケ・福寿草花旅&嬉しい出会い♪》


イメージ 2


イメージ 3

爺の目印(木製マグカップ)が役立ち、高崎の荻原ご夫妻から「ホームページ見てますよ~!」と声を掛けていただきました♪ 《詳しくはHPに記載》
イメージ 4



ナビ設定/長野~道の駅 181㌔ 所要時間3時間
上里SA車中泊~道の駅ちちぶ集合 6時30分
大日堂駐車場発 7:17 
~ 福寿草群生地 10:48(爺は胃炎の体調不良で11:18着)-12:48
~ 大ドッケ 13:44 
~ 大日堂P着 16:00







18.3.11 飯綱山スノーハイク

2018.3.11(日)快晴
飯縄山スノーハイキング&動画


イメージ 1


去年9月末に足の骨折で手術、術後はリハビリに励んでいた山友でこちゃん!
2月から軽い山で足慣らしを再開していたが、今日の飯縄山SH如何によっては本格的山歩きは先延ばしになる可能性も・・・
結果はご覧のように足に異常を感じず歩き通せましたが、事情が事情だけに途中撤退も視野に無理無茶はせずノンビリゆっくり歩きで飯縄山を楽しんできました♪






★メンバー
おっくん、でこちゃん、山浦さん、レンレンさん、爺の5名 
★掲載写真撮影者
管理人・山浦さん・レンレンさん・おっくん隊





一の鳥居苑地駐車場(トイレあり)
イメージ 2

イメージ 39
マップコード 54.420.850


別荘地から南ルート登山口へ向かう
イメージ 3


南ルート登山口
イメージ 4


奥宮一の鳥居
イメージ 5


飯綱山南峰を望む
イメージ 6


面白い足跡発見(笑)
イメージ 7


駒つなぎの場 ※ここより冬道ルートの激登りになる
イメージ 8


飯綱山名物・冬限定激登りルートをゆく!
イメージ 9


その2
イメージ 10



イメージ 11


13石仏をクリアすると灌木が雪に埋もれた森林限界となり大展望を楽しめる♪
イメージ 12


戸隠連峰&高妻山 大展望!
イメージ 13


南峰
イメージ 14


南峰から本峰への稜線より
イメージ 15


ここの稜線も冬季限定(雪で灌木が埋もれる)のビューポイント♪
イメージ 16


爺定番ポーズ(*^▽^*)
イメージ 17



男同士でなにやってんだか~?
イメージ 18

イメージ 19
実は↓これを作っていました(笑)
イメージ 20


動画をご笑覧ください(音量注意)



飯綱山 1917M
イメージ 21



イメージ 22


戸隠スキー場から爺の友人・雪ちゃん、伊藤さん
イメージ 23


仲良し~♪
イメージ 24


飯綱山 1917M
イメージ 25







下山編




雪ちゃん、伊藤さんは別尾根をBCで下山
イメージ 26


南峰・奥宮
イメージ 27


シリセードにグッドな斜面(^O^)v
イメージ 28



イメージ 29



イメージ 30



イメージ 31



イメージ 32
シリセードをやり過ぎて変色(;´Д`)
イメージ 33



駒つなぎ以降はヒップソリで下山
イメージ 34


駒つなぎ~奥宮一の鳥居まで連続ヒップソリができました(^O^)v
イメージ 35


イメージ 36

満足♪満足♪大満足の飯綱山でした 
イメージ 37





パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 38



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発6:00~駐車場着 6:40


一の鳥居苑地駐車場(トイレあり)発 6:56
~ 南ルート登山口 7:17
~ 奥宮一の鳥居 7:22
~ 第1石仏 7:31
~ 第2石仏 7:44
~ 第3石仏 7:50
~ 第4石仏 7:58-8:02
~ 第5石仏 8:05
~ 第6石仏 8:13
~ 第7石仏 8:18
~ 第8石仏 8:24
~ 第9石仏 8:29
~ 第10石仏 8:35
~ 馬頭観音 8:37
~ 第11石仏・駒つなぎの場 8:39-59(アイゼン装着他)
~ 天狗の硯岩 9:24-34
~ 第13石仏 9:36
~ 展望を楽しみながらユックリ登る
~ 南峰・奥宮 10:38
~ 稜線でゴロゴロ遊び(25分)
~ 飯縄山(1917m)11:10-12:13

飯縄山発 12:13
~ 南峰 12:24-34
~ 天狗の硯岩 13:05
~ 第11石仏・駒つなぎの場 13:23-32
~ 奥宮一の鳥居 14:12
~ 南R登山口 14:18
~ 駐車場着 14:37  


☆合計休憩時間:2時間04分
☆実働時間:5時間37分
☆合計所要時間:7時間41分


下山後は豊野りんごの湯でマッタリ(*^▽^*)
入浴料410円 
http://t-ringo.com/

18.2.24 北横岳スノーハイク

2018.2.24(土)晴れ~曇り 山頂は超暴風!
北横岳スノーハイキング&ヒップソリ♪



イメージ 1

福島県、愛知県、埼玉県、都内、長野隊、総勢11名の山仲間と
八ヶ岳の雪山を童心にかえって楽しんできましたヽ(^0^)ノ



★メンバー
あかりんごさん、SAさん、こうちさん、えいちゃん、パラさん、momoさん、
Tanmaさん、おっくん、Kanaちゃん(初参加)、レンレンさん、爺の11名 
★掲載写真撮影者
管理人・こうちさん・Tanmaさん・おっくん・パラさん








北横岳ヒップソリ動画(5分10秒・音量注意)





Tanmaさんは去年と同じく、RW山麓駅P登山口から山頂駅を目指して歩いています!
イメージ 2

うちらはRW利用でびゅ~ん!
イメージ 3


Tanmaさん おはようございま~す。
イメージ 5


今日は雪山&ヒップソリ初体験のkanaちゃんが参加してくれました♪
イメージ 4


人数が多いので二班に分かれて出発!
イメージ 6



坪庭
イメージ 7




イメージ 8


樹林帯展望地で休憩
イメージ 9

イメージ 10

赤岳方面は雲の中でした(ノД`)
イメージ 11




イメージ 12


山頂へGO!
イメージ 13



イメージ 14


南峰が近くからは容赦ない超暴風の洗礼を受ける!
イメージ 23



北横岳 2480M
イメージ 15


イメージ 26



イメージ 16

貴方はだ~れ? 編(笑)
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


記念写真/パラさん撮影
イメージ 22





北横岳パノラマ図解
イメージ 41








下山編


《超暴風》 写真では風の凄さを表せないのが残念!イメージ 24



イメージ 25


RW山頂駅まで下山
イメージ 31


山頂駅2階の休憩室でランチタイム♪
イメージ 32

イメージ 33


ヒップソリ下山編

いよいよヒップソリの出番ですヽ(^0^)ノ
イメージ 34


イメージ 35

イメージ 40



イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38


イメージ 39





 
踏み抜き注意編イメージ 27


イメージ 28



イメージ 29


イメージ 30





イメージ 42


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00~RW駐車場着 8:05
RW始発 8:40(片道1000円)で山頂駅へ


RW山頂駅発 9:08
~ 途中休憩 9:33ー40
~ 北横ヒュッテ 9:58
~ 北横岳(2480M)10:29-38
北横岳発10:38
~ 北横ヒュッテ 10:51-56
~ 坪庭で撮影会 6分
~ RW山頂駅休憩室 11:41-12:20
~ 冬道ルートをヒップソリで下山
~ RW山麓駅駐車場着 13:32

※標高差/712m
※総歩行距離/7000m
☆合計休憩時間:67分
☆実働時間:3時間19分
☆合計所要時間:4時間26分




18.2.25 黒斑山SH&シリセード

2018.2.25(日)高曇り
黒斑山スノーハイキング&シリセード

イメージ 1


昨日の北横岳スノーハイク(県内外の山仲間総勢11名)に引き続き、連チャン可能な5名の山友さんと浅間山外輪山・黒斑山でスノーハイキング&シリセードを楽しんできました♪ ※北横岳SHは近日中アップ予定です。


★メンバー

Tanmaさん、あかりんごさん、SAさん、レンレンさん、爺の5名

★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・レンレンさん





黒斑山スノーハイク動画



高峰高原ホテルからの八ヶ岳大展望
イメージ 3



高峰高原ホテル駐車場(ホテルのトイレ使用可)
イメージ 2

イメージ 4
マップコード 85-866-142



黒斑山登山口(表ルートのピストン)
イメージ 5



イメージ 6


車坂山の展望地より
イメージ 7


車坂山からの激下り
イメージ 8
激下りはシリセードで
イメージ 9
激下りは本日初のシリセードで♪
イメージ 10


展望地から雲海に浮かぶ八ヶ岳を望む
イメージ 11


休憩&展望適地
イメージ 12


今日は全員ツボ足で山頂制覇 (^O^)v
イメージ 13


槍ガ鞘(やりがさや)
イメージ 14

槍ガ鞘からのパノラマ図解
イメージ 15


トーミの頭へ
イメージ 16

イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19


浅間山外輪山・Jバンド方面
イメージ 34




黒斑山・2404M
イメージ 20

イメージ 21








下山編


下山はシリセードでびゅ~ん!
イメージ 22


雪山のお約束事♪
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

爺なんか手に持っているぞ~!  これもお約束事なのだぁ~(笑)
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30



無事に下山♪ 
イメージ 31

黒斑山高低図
イメージ 32


黒斑山鳥瞰図
イメージ 33




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発6:30~高峰高原ホテルP着7:35
※高峰高原ホテルのトイレ使用可


表ルート登山口発 8:11
~槍ガ鞘 9:35ー40
~トーミの頭 9:53ー10:00
~黒斑山(2404M)10:18ー53
~槍ガ鞘 11:14
~表R登山口着 12:21

★高峰高原ホテルの温泉(500円)で汗を流して解散


※標高差/433m
※累積標高/748m
※総歩行距離/5926m
☆合計休憩時間:47分
☆実働時間:3時間23分
☆合計所要時間:4時間10分

18.2.10 四阿山スノーハイク

2018-2-10(土)快晴
四阿山スノーハイキング

イメージ 1



今日は東京&埼玉の山友さんと雪の四阿山を楽しんできました♪
午後の天気予報が芳しくなかったので、あずまや高原ホテル下の登山者専用駐車場を6時に出発、サラサラの雪と北アルプスの大展望に恵まれたうえ、四阿山一番乗りを果たすことができましたヽ(^0^)ノ
下山は大人3人童心にかえってヒップソリでビューン!でした(笑)



★メンバー
Tanmaさん、おっくん、爺の3名 
★掲載写真撮影者
管理人・おっくん・Tanmaさん




あずまや高原ホテル下の無料駐車場
(注)冬季は除雪した処理雪があり駐車台数が限られる
(注)ホテルのトイレ使用可・200円
イメージ 2

イメージ 3
マップコード 341.001.516



別荘地の車道から牧場入り口へ向かう
イメージ 4



イメージ 5

ゲート脇を抜けて牧場へ
イメージ 6


牧場入り口/左奥に根子岳・手前に中四阿
イメージ 7


地面がみえる場所もあり去年より雪は少なそう!
イメージ 8



太陽が昇る
イメージ 9



北アルプス大展望♪
イメージ 10


中四阿分岐点で休憩
イメージ 11




エネルギー充填したので頑張って登りましょう(^O^)v
イメージ 12


純体重70㌔+αのせいか?
あちらこちらで落とし穴作成中の爺(;´Д`)
イメージ 13



急斜面手前でチェーンスパイク装着
イメージ 14



眺めは最高♪
イメージ 15




天気が良すぎて、花旅と同じくらい撮影タイムが多くなる(笑)
イメージ 16


湯の丸山・烏帽子岳
イメージ 17


森林限界? 爺体力の限界?
イメージ 18



イメージ 19



戸隠連峰と高妻山(手前は飯縄山・霊仙寺山)
イメージ 20






ミニスノモン
イメージ 21



スノモンと言うより、ゾンビ君だよね~笑
イメージ 22



四阿山が視界に入る♪
イメージ 23



爺はここでも落とし穴制作中(笑)
イメージ 24


最後の急坂をファイト!
イメージ 25


気持ちよさそうに見えるけれど、吹き上げの風が強いだわさぁ~!
イメージ 26



四阿山 2354M
イメージ 29



手前は根子岳・奥に戸隠連峰、高妻山、火打山、妙高山(頭だけ)、妙高の手前は黒姫山
イメージ 27



岩菅山・横手山方面展望
イメージ 28


四阿山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 30






下山編


根子岳分岐点で早ランチタイム
イメージ 31


青空に向かって爺なにをやっているのでしょう?
言葉に出して言えない事なので三人だけの秘密です(笑)
イメージ 32



下山はヒップソリでびゅ~ん! ですよ~(^O^)v
イメージ 33

びゅう~ん! と、下まで行くはずがコースアウトの連続でした(;´Д`)
イメージ 34



おっくん
イメージ 35


Tanamさん
イメージ 36




牧場マデ下りてきました
イメージ 37
終わり


四阿山Googleアース鳥瞰図
イメージ 38


〆は足の裏やお尻が真っ黒になる千古温泉でした (^O^)v
イメージ 39



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 4:30~駐車場着 5:30
あずまや高原ホテル下の登山者用駐車場発 6:00
~ ゲート 6:12
~ 牧場入り口 6:26-32
~ 中四阿分岐点 7:35
~ 休憩 7:37-47
~ アイゼン装着 8:18-23
~ 根子岳分岐点 9:18
~ 四阿山(2354m)9:35-50


四阿山発 9:50
~ 根子岳分岐(昼食)10:05-30
~ 中四阿分岐点 11:30
~ ゲート 12:19
~ 駐車場着 12:28



※標高差/911m
※累積標高/990m
※総歩行距離/10914m

☆合計休憩時間:61分
☆実働時間:5時間27分
☆合計所要時間:6時間28分


18.2.9 雪の飯縄山(平日登山)

2018-2-9(金) 快晴
雪の飯縄山へ


イメージ 20




家庭の事情で平日登山はあきらめていましたが、青空の誘惑に負けて強行スケジュールで飯縄山へ!
サラサラ雪のため「駒つなぎ」から上部の冬道激登り区間ではアイゼンが効かず難儀しました(T_T)



★メンバー

ソロ登山




バードラインから飯縄山を望む
イメージ 21



イメージ 22

イメージ 23

マップコード 54.420.850



駐車場から南ルート登山口へ向かう
イメージ 24



この写真は南R登山口から来た道を振り返ったものだが、この大量の木材は何に使うのでしょう??
イメージ 25



南登山道・登山口
イメージ 26



奥宮一の鳥居
イメージ 1


第1石仏
イメージ 2


「駒つなぎの場」までツボ足で大丈夫でした
イメージ 3


飯縄山南峰まで先は長~い! 第5石仏より
イメージ 4



第11石仏・駒つなぎの場 ※これより冬道の激登りとなる (ノД`)
イメージ 5


写真では激登りの雰囲気が伝わりにくいですが・・・
イメージ 6



第13石仏 ※ここから山頂まで冬季限定の森林限界となりますよ~♪
イメージ 7



灌木が雪に埋もれて北アルプスなどの展望が楽しめます♪
イメージ 8

①北アルプス
イメージ 9

②槍ヶ岳
イメージ 10

③八ヶ岳
イメージ 11

④浅間山
イメージ 12







飯縄山南峰・奥宮
イメージ 13

本峰への稜線も灌木が雪に埋もれるため冬季限定で素晴らしい展望を楽しめる♪
イメージ 14

左から高妻山・焼山・火打山・妙高(妙高の手前は黒姫山)
イメージ 15







飯縄山・1917m
イメージ 16



イメージ 19




飯縄山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 17


飯縄山Googleアース鳥瞰図
イメージ 18




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》

一の鳥居苑地駐車場(トイレあり)発 10:00
~ 南ルート登山口 10:17
~ 奥宮一の鳥居 10:22
~ 第1石仏 10:37-41
~ 第3石仏 10:50
~ 第5石仏 10:57
~ 第7石仏 11:07
~ 第9石仏 11:14
~ 第11石仏・駒つなぎの場 11:24-45(アイゼン装着他)
~ 第13石仏 12:15-22
~ 南峰・奥宮 13:11
~ 飯縄山(1917m)13:26-46

飯縄山発 13:46
~ 南峰 13:57
~ 第11石仏・駒つなぎの場 14:27-34
~ 南R登山口 14:59
~ 駐車場着 15:15  




※標高差/786m
※累積標高/862m
※総歩行距離/7796m

☆合計休憩時間:58分
☆実働時間:4時間17分
☆合計所要時間:5時間15分



スーパーカンジキ・止め紐の緩み対策

スーパーカンジキ
ストラップ(止め紐)の緩み対策

10年前からスーパーカンジキを愛用していますとFBに載せたところ、
「山友ふたさん」からストラップが緩んで具合が悪いんだよね~!
とのコメントが届きました。
当初は私も同じ経験をし、次のような方法で「緩み対策」をしました。

※他にも対策方法あるかもしれませんが、これからスーパーカンジキ購入を検討されている方の参考になれば幸いです



《写真すべて拡大可》
イメージ 1
軽量コンパクト!丈夫!安い!
体重70㌔+ザック重量を足してもカンジキの役割発揮されるので雪山の必需品でザックに入れています。
イメージ 2


イメージ 3




★物によっては止め金具の形状が違う場合もあるようです
イメージ 4

★止め金具の形状が違う物もあるようです

イメージ 5


前後2箇所の止め金具部分(購入時はコの字形)をペンチでつぶします
イメージ 6


前後2箇所の止め金具部分(購入時はコの字形)をペンチでつぶします
イメージ 8


たったこれだけのことでストラップの緩みが解消できました♪
イメージ 7


あまりつぶし過ぎるとストラップを通せなくなるので注意して下さいね(笑)
イメージ 9




イメージ 10



余分なストラップは内側を通してギュッ! で完了です。
イメージ 11


山と渓谷・2018年2月号に特集記事が載っていました
イメージ 13
イメージ 12














18.1.28 根子岳スノーハイク&ヒップソリ動画

2018.1.28(日)晴れ~中盤以降は横殴りの強風
根子岳スノーハイク&ヒップソリ動画

イメージ 1


15日から咳風邪と咳によるぎっくり腰+介護母に風邪をうつしてしまい親子で2週間の自宅療養!
食っちゃ寝るの2週間でお腹はデップリ!!
反比例するように足の筋肉は細々(ヤバ~イ!)

今日のスノーハイクでは伊藤さん、レンレンさんに付いて行くことができず筋力の衰えを実感した1日でしたσ(^◇^;)
☆明日からジム通いで筋力復活に励まねば・・・


★メンバー
伊藤さん・レンレンさん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人・伊藤さん・れんれんさん



奥ダボス駐車場/トイレあり
イメージ 2

イメージ 39
奥ダボス入り口マップコード 516.402.770



菅平奥ダボススキー場 8:30~
第一トリプルリフト券 片道300円+保証金100円
イメージ 3



奥ダボス第一トリプルリフト終点/スノートレッキング登山口
イメージ 4



キャットツアー/降雪量が少ないため避難小屋まで・1名1000円
イメージ 5


根子岳全景
イメージ 6


北アルプス展望
イメージ 7




バックカントリーエリア/ここまではツボ足で来ることができました
イメージ 8


ここでスーパーカンジキ装着
イメージ 9


爺&レンレンさん=スーパーカンジキ
イメージ 10



伊藤さんはBCです
イメージ 11




下山で使うヒップソリ・背中でぶ~らぶら
イメージ 12



伊藤さん快調
イメージ 13



レンレンさん超元気! 爺はピッチがあがらずはるか後方(;´Д`)
イメージ 14



鈍足ながら頑張っている爺です(笑)
イメージ 15



後ろを振り向く元気無かったけれど、良い眺めだったんですね~♪
イメージ 16




イメージ 17



頑張っても!頑張っても! 仲間に追いつけない爺です(汗)
イメージ 18



伊藤さん・レンレンさんは 遙か彼方に!
朝イチは青空だったのが、一転して横殴りの強風に!
イメージ 19




イメージ 20



根子岳直下はカンジキが役に立たないズボズボの深雪に悪戦苦闘
イメージ 21

イメージ 22



根子岳
イメージ 23


根子岳/横殴りの強風で長居は無用の山頂でした(ノД`)
イメージ 24





下山編



樹林帯で小休止
イメージ 25




スノーモンスターはイマイチでした(残念)
イメージ 26





イメージ 27






イメージ 28






イメージ 29






イメージ 30





雪が柔らかすぎてヒップソリは××
イメージ 31




奥ダボス第1トリプルリフト終点まで下山
イメージ 32




ゲレンデをヒップソリで大暴走中のレンレンさん(笑)
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37



ヒップソリの連写写真をサイレント動画風に編集しました♪



根子岳スノーハイク鳥瞰図
イメージ 38


《行程&所要時間・休憩含む》
長野発 7:00~コンビニ立ち寄り~奥ダボスP(トイレあり)7:50

菅平奥ダボススキー場 8:30~
第一トリプルリフト券 片道300円+保証金100円

トリプルリフト終点発 8:58 
~ 避難小屋 9:40 
~ 根子岳 11:26-30 
~ 奥ダボスP着13:13






18.1.14 仏果山シモバシラ花旅

2018年1月14日(日)晴れ
氷の芸術/仏果山のシモバシラ

イメージ 1


一昨年から気になっていた仏果山のシモバシラ!
昨日、山友もろーさんが写真付きで送ってくれた開花情報を見て
「いてもたってもいられなくなり」夕方には家を飛び出していました(笑)
※昨日咲いていたからといって今日咲いているとは限らないうえ、
今年に入って3日、10日、今日と既に3回目なので家内は「また行くの!」と、
なかば呆れ顔に・・・σ(^◇^;)

現地で山友こうちさん、Tanmaさんと合流しシモバシラを楽しんできました♪


長野市~現地往復距離510キロ/中央道談合坂SAで仮眠して現地へ向かう
出発6時10分~下山10時31分

★掲載写真撮影者/管理人・.こうちさん・Tanmaさん





シモバシラ(シソ科の植物名)の花
イメージ 2


イメージ 3




群生密度が濃すぎて手前で咲く花しか撮影できませんでした(ノД`)
イメージ 4




43枚掲載
ひとつととして同じ形のものがない氷の芸術作品をお楽しみ下さい♪

イメージ 5






イメージ 6





イメージ 7





イメージ 8







イメージ 9







イメージ 10







イメージ 11








イメージ 12







イメージ 13





イメージ 14






イメージ 15









イメージ 17









イメージ 16







イメージ 53










イメージ 18









イメージ 19








イメージ 20









イメージ 21









イメージ 22









イメージ 23








イメージ 24








イメージ 25








イメージ 26








イメージ 27








イメージ 28








イメージ 29







イメージ 54








イメージ 30







イメージ 31





イメージ 32




イメージ 33







イメージ 34










イメージ 35










イメージ 36









イメージ 37










イメージ 38








イメージ 39









イメージ 40








イメージ 41









イメージ 42










イメージ 43







イメージ 44







イメージ 45
シモバシラの華・終わり







愛川ふれあいの村駐車場を出発
※駐車場は6時開門/トイレ近くのコンビニ利用か下段もろーさんのコメント参照

イメージ 46


御来光タイム
イメージ 47



仏果山展望台
イメージ 48




イメージ 49


江ノ島方面
イメージ 50



仏果山
イメージ 55




下山
イメージ 51

イメージ 52
愛川ふれあいの村・第2駐車場
マップコード 251.437.158













18.1.7 景信山~高尾山シモバシラ花旅

2018.1.7(日)晴れ
景信山~高尾山シモバシラ花旅・Part2
《氷の芸術シモバシラの花をメインに掲載》

前回3日のシモバシラ花探索は空振りに終わり今年2回目の挑戦!
群生地のひとつが全滅で今回もダメだったかと諦めかけたところ、
別の群生地で僅かながら開花を見ることができました。(*^▽^)/★*☆♪


《掲載写真すべて拡大可》
イメージ 1
★メンバー
こうちさん・えいちゃん・もろーさん・Tanmaさん・おっくん・あかりんごさん・Sさん・
レンレンさん・Yukaちゃん・山浦さん・爺の11名

★掲載写真撮影者
管理人・おっくん・山浦プロカメラマン・Tanmaさん








シモバシラ(植物名)の茎に咲く氷の芸術作品をお楽しみ下さい♪

イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8




イメージ 9





イメージ 10





イメージ 11





イメージ 12





イメージ 13





イメージ 14





イメージ 15





イメージ 16
シモバシラの華・終わり






小仏&景信山駐車場を出発
イメージ 17


景信山登山口
イメージ 18



景信山より
イメージ 19



ご来光タイム
イメージ 20




イメージ 21



小仏峠展望台より
イメージ 22




イメージ 23



シモバシラの花撮影中!
イメージ 24


紅葉台にて
イメージ 25



三色団子&天狗焼きゲットだぜ~(^O^)v
イメージ 26



イメージ 27



イメージ 33




イメージ 28



琵琶滝道で下山
イメージ 29



イメージ 30



高低図
イメージ 31
高尾山口駐車場標高/190m 標高差/537m 累積標高/712m 総歩行距離/11783m



鳥瞰図
イメージ 32

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 1:00~高坂SAで朝食
~高尾山口駐車場着 4:35
~仲間と合流 5:00
~合流後乗り合いで小仏&景信山登山口駐車場へ


小仏・景信山駐車場発 5:15
~ 景信山登山口 5:19
~ 小仏バス停分岐 5:59
~ 景信山(727M)6:19-7:20
~ 小仏峠 7:46
~ 小仏城山 8:50-9:00
~ 紅葉台 10:18-33
~ 高尾山 10:41
~ 薬王院 11:12
~ 三色団子&天狗焼き 11:48-12:18
~ 琵琶滝道入り口 12:20
~ 琵琶滝 12:44
~ 高尾山口駐車場着 13:09









18.1.3 高尾山シモバシラ観察&薬王院初詣




イメージ 1

2018.1.3(水) 晴れ 
高尾山シモバシラ花旅&薬王院初詣


元旦早々、原因不明の軽いぎっくり腰(年末年始恒例行事になりつつあります・笑)になってしまい状況によっては途中撤退か登山中止を頭に入れて高尾山へ・・

何とか歩き通せたものの、
肝心のシモバシラは気温が暖かすぎてスカ!&残念賞でした(泣)
〔毎年3日にシモバシラ観察をしてきましたが見られる確率が低いため来年以降は中止〕


ケーブルカー乗り場
イメージ 2


稲荷山R登山口
イメージ 3


イメージ 4

撮影に耐えられるシモバシラはこれだけでした(ノД`)
イメージ 5


高尾山
イメージ 6

小仏城山
イメージ 7


イメージ 8

ご来光タイム
イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

薬王院で山友ももさん・寛ちゃん夫妻と合流
※沢山のお土産をいただきありがとうございます♪
イメージ 12

ケーブルカーで下山
イメージ 13

小仏城山シモバシラ群生地まで足をのばしたが本日は残念賞でした
イメージ 14


1/2 長野発 15:00~嵐山PA車中泊
1/3 嵐山PA 1時30分起床・高坂SAで朝食


駐車場発 3:39
~ 稲荷山R登山口 3:45
~ 稲荷山 4:16ー20
~ 高尾山下分岐点 4:50
~ トイレ 4:57
~ 高尾山 5:00-15
~ 一丁平 5:42
~ 小仏城山 6:03-7:12
~ シモバシラ観察しながら下山
~ 薬王院 8:50-9:15
~ ケーブルカー利用
~ 駐車場着 10:01
RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ