小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

トレッキング・2017

謹賀新年

イメージ 1


謹賀新年 2018年
今年も歳に負けず頑張って遊びまくりますのでお付き合い宜しくお願いいたします♪






17.12.10 高尾山天空宴会動画

2017.12.10(日)
高尾山一丁平・天空宴会動画


山仲間総勢15名(年齢差最大52)が高尾山に集結!
※鍋器財担ぎ上げ&ガッツリ歩く派6名は高尾山稲荷山ルートを8時出発
※食材担ぎ上げ派9名は10時発のバス利用で最短ルートを選択


《写真はすべて拡大可》
イメージ 1
年の差52コンビ(^O^)v
管理人は薄化粧・おね~モードが病み付きになりそう(笑)



 天空宴会動画をお楽しみ下さい
右下のYouTubeマークをクリックすると全画面モードで視聴可




上記動画の写真を抜粋して掲載/すべて拡大可
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


一丁平展望台横のベンチで宴会準備
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


珍しくお疲れモードのmomoさんと対面♪
イメージ 13



イメージ 14






17.11.12 両神山八丁峠往復・鎖ワールド

2017年11月12日(日) 晴れ
両神山・八丁峠クサリワールド埼玉県小鹿野町

年初の両神山、先週の裏妙義山に続き今年度の鎖ワールド第3弾!
山仲間6人で両神山・八丁峠からの鎖場(28ヶ所×2)を往復で楽しんできました♪
鎖ワールドを楽しみにしていた山女子!
遠方の仲間と久しぶりの再会を楽しみにしていたブロ友登山隊!
10人以上の大Gでワイワイガヤガヤと鎖場を楽しむはずだったが・・・
諸々の事情で参加できなかったみなさんへ
来年予定の「八海山クサリワールド」への参加をお待ちしておりま~す♪


※掲載写真すべて拡大可
イメージ 1
★メンバー
こうちさん・えいちゃん・もろーさん・ぴろりんパパさん・ぴろりんさん・爺の6名
★掲載写真撮影者
管理人・こうちさん・ぴろりん隊・もろーさん





八丁隧道登山口&駐車場/ペパー持ち込みトイレあり
イメージ 2

イメージ 46

マップコード 534-730-423


初っぱなから急登でございます(;´Д`)   /右下に駐車場が見える
イメージ 3


手始めは軽めのクサリ場(八丁峠までの鎖場は28箇所にカウントされていません)
イメージ 4


28×2のクサリワールドを楽しむ前の滑落だったら悲しいですね
イメージ 5

岩場が濡れているときは要注意かも・・・
イメージ 6


八丁峠(上落合登山口ルート合流点)
イメージ 7


八丁峠ベンチ/風の通り道のせいか寒い!
※ここから山頂まで28箇所の鎖場を通過、我々はピストンなので56箇所の鎖場を楽しみます♪
イメージ 8


両神山まで2.2㌔
イメージ 9


下って~!
イメージ 10


登って~!
イメージ 11



イメージ 12


ぴろりんさん がんばっています(^O^)v
イメージ 13


あの矢印地点岩場へ行くのだ~♪
イメージ 14

下り鎖場
イメージ 15


先ほどの矢印地点鎖場
イメージ 16


↑この鎖場上部がここ↓ 龍頭神社奥社
イメージ 17


龍頭神社奥社のミニ・ナイフリッジ
イメージ 18


下って~!
イメージ 19


上って~!  ふぅ~~~(ため息出ちゃいますね)
イメージ 20


東岳~♪
イメージ 21
風も止みお天道さまの恩恵を受ける♪
イメージ 22


東岳以降はこれといった難所もなく両神山に到着できる。
※山頂へ最終の鎖場
イメージ 23


毎度の事ながら、狭い山頂は足の置き場もないほど大混雑(ノД`)
イメージ 24


山頂から霊峰富士
イメージ 25


イメージ 26


山頂から八ヶ岳を望む
イメージ 27


両神山(りょうかみさん)1723.3m
イメージ 28






下山編(復路)

激混みの山頂休憩を避けて東岳でランチタイム♪
イメージ 29


手前に八丁峠と赤岩尾根・最奥に八ヶ岳展望/東岳より
イメージ 30





鎖場&岩場は下るほうが難易度が高くなります
イメージ 31
同じ鎖場を下から撮影↑・上から撮影↓
イメージ 32


この岩尾根を登り返さなければならないのです(^O^)v
イメージ 33


西岳
イメージ 34


行蔵峠
イメージ 35






八丁峠を通過し八丁隧道登山口へ


最後尾はコース途中で知り合いになった迎(むかえ)さん
イメージ 36

こちらも気を抜けない登山道が続く
イメージ 37

眼下に駐車場が見える♪
イメージ 38

埼玉在住・おっくん夫妻が出迎えてくれました♪
イメージ 39


イメージ 40
END







両神山高低図
イメージ 41
八丁隧道登山口駐車場標高/1218m 標高差/505.3m 累積標高/1249m 総歩行距離/7352m


両神山ルートMAP
イメージ 42
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像)数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》


両神山鳥瞰図
イメージ 43

東岳からのパノラマ図解
イメージ 44

両神山からのパノラマ図解
イメージ 45
パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2017.11.11(土)
長野発 12:10~道の駅両神温泉薬師の湯 15:47(車中泊)

2017.11.12(日)
両神温泉薬師の湯集合 5:00~八丁隧道登山口駐車場(トイレあり)着 6:00

八丁隧道登山口発 6:11
~ 山の神R分岐点 6:55
~ 八丁峠 7:03-11
~ 両神山まで2.2㌔ 7:18
~ 行蔵峠 7:56-59
~ 西岳(東岳まで0.8㌔)8:07-11
~ 龍頭神社奥社 8:34
~ 東岳 9:07-20
~ 両神山(1723.3m)9:58-10:07

両神山発 10:07
~ 東岳 10:49-11:39(昼食)
~ 龍頭神社奥社 12:18
~ 西岳 12:50-13:03
~ 行蔵峠 13:13
~ 両神山まで2.2㌔ 13:57
~ 八丁峠 14:04-11
~ 八丁隧道登山口着 14:57


☆往路休憩:約37分
☆復路休憩:約70分
★合計休憩時間=約1時間47分
★実動時間=約6時間59分
★合計所要時間=約8時間46分


立ち寄り温泉
道の駅・両神温泉薬師の湯 入浴料600円 TEL 0494-79-1533 泉質満足度★








17.11.04 裏妙義山(丁須の頭)・鎖ワールド

2017年11月4日(土)晴れ
裏妙義山(丁須の頭)周遊 群馬県安中市

4年ぶりに訪れた裏妙義山では、三方境からの下山中にルートミスの大チョンボをしたものの、怪我もなく山仲間とアドベンチャールートを楽しんできました♪


イメージ 1
★メンバー
おっくん・山浦さん・レンレンさん・Yukaちゃん・爺の5名
★掲載写真撮影者
管理人・山浦プロカメラマン・おっくん・レンレンさん







2017.3月閉館・国民宿舎裏妙義/駐車場敷地内のトイレは使用可
イメージ 2

マップコード 292.508.377

登山口までは車道を歩く
イメージ 3

丁須の頭(籠沢R)登山口
イメージ 4

籠沢(こもりさわ)
イメージ 5

場所によっては沢を離れるが大半は沢のゴーロ道歩きとなる
イメージ 6

籠沢のコルまで特別危険な箇所もないので、以後は現場写真をお楽しみ下さい♪
イメージ 22


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10

鎖慣れしていない人にとってここが第一関門で、ここを一人で登れないときは引き返しましょう! と、登山地図に書いてあるらしい(汗)
イメージ 11

誰が一番の力持ち?
イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14

またやってらぁ~(笑)
イメージ 15


イメージ 16
↑下から撮影・上から撮影↓
イメージ 17

コース途中で強烈な獣臭(多分熊!)があり、笛を吹きながら登る場面も・・・
イメージ 18


イメージ 19

籠沢のコル(御岳R分岐点)が近い
イメージ 20

籠沢のコルより撮影
イメージ 21


籠沢のコルを通過すれば丁須の頭まであとチョット!
イメージ 23
↑管理人が立つ場所より展望を楽しむ♪
イメージ 24

イメージ 25


鍵沢ルート分岐点のクサリ場
イメージ 26
↑下から撮影・上から撮影↓
イメージ 27


丁須の頭
イメージ 28


イメージ 29

管理人は先行して展望岩より丁須の頭にいる仲間を撮影
イメージ 30
丁須の頭
イメージ 34


展望岩はこんな場所です
イメージ 31

ちょっと遊んでみました(笑)
イメージ 32




展望岩に立つ仲間達
イメージ 33

これから向かう赤岩&烏帽子岩を望む/展望岩より
イメージ 35


本日のハイライト/20㍍のチムニーを降りる♪
イメージ 36

おっくん、降下中♪
イメージ 37


楽しくて♪ 楽しくて♪
イメージ 38


チムニー以降、風穴尾根までの稜線歩きはアップダウンの連続に・・・
イメージ 39


以後はアドベンチャールート写真をお楽しみ下さい♪
イメージ 40


イメージ 41


イメージ 42

イメージ 43


イメージ 44



イメージ 45


イメージ 46


ハート岩でハートマーク演出中/山女子は芸達者でござる(笑)
イメージ 47


烏帽子岩・赤岩・丁須の頭展望
イメージ 48


ホラー映画撮影中ではございませんので悪しからず
イメージ 49
イメージ 50



イメージ 51
三方境分岐点で昼食/ここで裏妙義アドベンチャールートは終了です
イメージ 52




三方境登山口へ




山友mizuoさんがやっていた遊びをパクりました(笑)
イメージ 53

イメージ 54





イメージ 55





イメージ 56





イメージ 58




イメージ 57


三方境登山口に到着
イメージ 59

車道歩きで駐車場へ戻る
イメージ 60

お疲れ様でした~
イメージ 61




裏妙義山鳥瞰図
イメージ 62


イメージ 63
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》

裏妙義山高低図
イメージ 64
国民宿舎駐車場標高/440m 標高差/596m 累積標高/1036m 総歩行距離/8898m


丁須の頭からのパノラマ図解/DDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 65





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発5:00~横川SAでトイレタイム~旧・国民宿舎裏妙義駐車場(トイレあり)着 6:15

国民宿舎裏妙義駐車場発 6:31
~ 丁須の頭登山口 6:37
~ 休憩 7:21-26
~ 休憩 7:53-57
~ 籠沢(こもりさわ)のコル・御岳R分岐点 8:38
~ 鍵沢R分岐点 8:46
丁須の頭 8:53-58
~ 展望岩 9:00-16
~ チムニー 9:26-36
~ 赤岩で休憩 10:18-33
~ 三方境分岐点 11:25-44
風穴沢を下るルートミス 12:03-20
~ 馬頭観音 12:57
~ 三方境登山口 13:19
~ 国民宿舎裏妙義P着 13:29



★合計休憩時間=約1時間31分
★実動時間=約5時間26分
★合計所要時間=約6時間57分


17.10.28 火打山は雪山だった

2017年10月28日(土)曇り新潟県妙高市
火打山で今シーズン初の雪山体験♪

イメージ 1



今回は伊藤さんの企画に参加させていただきました。
初顔合わせのTA夫妻とMIさんの超健脚についていくのが大変で!大変で!
鈍足を自覚しているだけに、あまり遅れては申し訳ないとの気持ちが強かったせいか今年初の足攣りに・・・(;´Д`)

急がば回れと同じく、急がばマイペースが山歩きの基本かもしれませんね~(反省)



★メンバー
伊藤さん・TA夫妻・MIさん・爺の5名
★掲載写真撮影者
管理人・伊藤さん




※掲載写真はすべて拡大可



笹ヶ峰登山口駐車場(トイレ有り) AM7:04出発
イメージ 2

イメージ 35
マップコード 469.099.743

紅葉が綺麗な登山道だがすっかり冬準備になっている
イメージ 3


黒沢橋まで7割方木道が敷かれている
イメージ 4


山頂マデ約9キロの道程
イメージ 5


黒沢橋
イメージ 6

ここの紅葉も見事なのだが
イメージ 7


12曲がりの急登が始まる
イメージ 8
イメージ 9

残雪現れる
イメージ 10


12曲がり終点
イメージ 11


北アルプス展望
イメージ 12


12曲がり以降も富士見平まで急登が続きまっせ! (*^▽^*)
イメージ 13

富士見平(黒沢池分岐点)
イメージ 14

富士見平以降は雪山モードに突入
イメージ 15


左から、焼山・影火打・火打山  まだまだ先が長い!
イメージ 16


イメージ 17

やっと9/5
イメージ 18


火打山♪  右側に高谷池ヒュッテが見える
イメージ 19


高谷池ヒュッテ(トイレあり)
イメージ 20


前方に頭だけ出ているのが目指す火打山
イメージ 21


イメージ 22


天狗の庭
イメージ 23

天狗の庭・初夏 2003.7.3撮影
イメージ 28



イメージ 24


展望地にて
イメージ 25



槍ヶ岳展望
イメージ 26


最奥に八ヶ岳・手前に飯縄山
イメージ 27



超健脚、TA奥様・MIさん・TAさん
イメージ 29


青息吐息の爺でござんす (ノД`)
イメージ 30


ライチョウ平を通過、火打山山頂は目前だが見た目以上に遠いんだよなぁ~(;´Д`)
イメージ 31


超健脚組は遙か彼方
イメージ 32

火打山 2461.8m
イメージ 33


北アルプス展望/山頂より
イメージ 34








下山編



高谷池ヒュッテまで下るだけでも大変だぁ~(;´Д`)
イメージ 36


この際だから遊んでしまいましょう♪
イメージ 37


天狗の庭
イメージ 38


矢印の雪形・お魚に見えませんか?
イメージ 39


高谷池ヒュッテで遅いランチタイム
イメージ 40

TA奥様も遊び心がタップリです
イメージ 41

イメージ 42


雪解けが進み帰りはこんな状態で靴は泥だらけに
イメージ 43


16時以降、雨が降り出し木道歩きが大幅ペースダウン
イメージ 44

PM17:24 登山口に下山
イメージ 45





火打山鳥瞰図
イメージ 46


火打山ルートMAP
イメージ 47
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》


火打山高低図
イメージ 48
登山口標高/1310m 標高差/1151.8m 累積標高/1507m 総歩行距離/17549m






火打山からのパノラマ図解/DDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 49




※所要時間やルート規制など登山地図今昔物語
イメージ 50
1989年版 所要時間=4時間10分 山友もろーさんから頂いた地図


イメージ 51
1999年版 所要時間=4時間15分 管理人初期使用

イメージ 52
2003年版 所要時間=4時間35分 ※焼山入山禁止処置で一時的にルート消滅 管理人後期使用

イメージ 53
2015年版 所要時間=5時間5分 ※2006年焼山入山規制解除
山友パラさんから2015年版画像を送って頂きました♪




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 5:30~高速利用~笹ヶ峰駐車場(トイレあり)着 6:50

登山口発 7:04
~ 9/1㌔(以後㌔省略)7:24
~ 9/2 7:52
~ 黒沢橋 7:55
~ 12曲り12/1 8:09
~ 12曲り12/6 8:17
~ 12曲り12/12 8:26-36
~ 9/3 8/39
~ 9/4 9/20
~ 富士見平 9:32-52
~ 9/5 10:14
~ 高谷池ヒュッテ(トイレあり)10:38-11:03
~ 9/6 11:07
~ 天狗の庭 11:27
~ 9/7 11:37
~ ライチョウ平 12:12
~ 9/8 12:26
火打山(2461.8m)13:01-13:10
 

火打山発 13:10
~ 9/8 13:30
~ ライチョウ平 13:37
~ 9/7 13:54
~ 天狗の庭 14:05
~ 9/6 14:18
~ 高谷池ヒュッテ(昼食)14:21-55
~ 9/5 15:14
~ 富士見平 15:32
~ 9/4 15:38
~ 9/3 16:15
~ 12曲り12/12 16:16
~ 12曲り12/6 16:23
~ 12曲り12/1 16:29
~ 黒沢橋 16:39-42
~ 9/2 16:45
~ 9/1 17:06
~ 登山口着 17:24



☆往路休憩:約64分
☆復路休憩:約34分
★合計休憩時間=約1時間41分
★実動時間=約8時間39分
★合計所要時間=約10時間20分

立ち寄り温泉
苗名の湯  入浴料450円 TEL 0255-86-6565 泉質満足度★★★







17.10.08 那須岳

2017年10月8日(日) ガス-小雨-晴れ-ガス
那須岳・紅葉狩り

イメージ 39







長野隊山女子レンレンさん・Yukaちゃん・山友Tanmaさん・爺の4人で三本槍岳へ!
三本槍の帰り、朝日の肩で福島の山友あかりんごさん・NODAさんと合流!
総勢6名で那須岳の紅葉を楽しんできました♪

※今回の那須岳を楽しみにしていながら、諸事情で参加出来なかった山友おっくん・でこちゃん!
来年は那須岳+αで計画するのでお楽しみに~(^O^)v




★メンバー
Tanmaさん・レンレンさん・Yukaちゃん・爺・あかりんごさん・NODAさん
★掲載写真撮影者
管理人・レンレンさん・Tanmaさん







AM5時に仲間と合流
峠の茶屋第一駐車場(トイレあり)は昨夜11時頃には満車状態でした(゜д゜)
イメージ 1

イメージ 5
マップコード 548.747.855
場内の出入り口は一方通行なので要注意


那須岳登山口(鳥居あり)
イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

AM5:25   中ノ茶屋跡で御来光タイム
イメージ 6


朝日岳/中ノ茶屋跡より
イメージ 7

AM5:35 御来光
イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


峰ノ茶屋跡避難小屋
イメージ 11

那須岳名物「人が吹き飛ばされるほどの強風」の片鱗を体験(笑)
イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


朝日の肩/ガスガス+小雨模様となり20分ほど様子見待機
※全国的に晴れマークだったハズだったので天気図を何回もチェックしてしまいました(笑)
イメージ 15


女神二人の祈りが通じた?
薄日が差し始めたので三本槍岳へ向かう(^O^)v
イメージ 16

1900m峰通過
イメージ 17


イメージ 18


北温泉分岐
イメージ 19


泥んこ道
イメージ 20

三本槍岳/青空だぁ~
イメージ 21


三本槍岳より
イメージ 22


最奥右から安達太良山・東吾妻山・西吾妻山/旭岳(手前中央の尖り山)
イメージ 23

燧山・平ヶ岳方面展望
イメージ 24

三本槍岳 1917M
イメージ 25






鏡ケ沼展望台方面へ向かう


イメージ 26


地図表記の鏡ケ沼展望台はもう少し下った場所です
イメージ 27

鏡ケ沼
イメージ 28


ケルンに注目してください
イメージ 29

Tanmaさんと二人で頑張りました(笑)
イメージ 30







三本槍岳~朝日の肩経由で峰ノ茶屋跡まで戻る


朝日岳・茶臼岳方面展望
イメージ 31


朝日の肩まで何回も登り返しがあるけれど景色に癒やされますね~
イメージ 32


熊見曽根
イメージ 33

ワンダホ~~
イメージ 34


イメージ 35

熊見曽根より
イメージ 36







朝日の肩をクリアして峰ノ茶屋跡へ
イメージ 37


AM10:31 上り下りとも大渋滞
※ここを下っている時、あかりんごさん・NODAさんと合流
イメージ 38








姥ケ平&ひょうたん池へ



姥ケ坂
イメージ 40


姥ケ平へ
イメージ 41


姥ケ平にて
イメージ 42


イメージ 43





イメージ 44



ひょうたん池より
イメージ 45








姥ケ平でランチタイム
※あかりんごさん手作りのシフォンケーキ美味しかった~ 
※ワインまで頂いてしまいました
イメージ 46

イメージ 47

伊藤さんモードのTanmaさん  削除依頼きてしまうかも(笑)
イメージ 48



姥ケ平にお別れ
イメージ 49


山友の皆さん、今日は楽しい1日をありがとうございました
イメージ 50
お終い




那須岳鳥瞰図
イメージ 51


那須岳ルートMAP
イメージ 52
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》


那須岳高低図
イメージ 53
峠の茶屋駐車場標高/1470m 標高差/446.9m 累積標高/1220m 総歩行距離/14990m



三本槍岳からのパノラマ図解/パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
イメージ 54






《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2017.10.7(土)
長野発 10:40~途中SAで昼食~板室温泉 15:10(入浴)~コンビニ~峠の茶屋P着 17:30
立ち寄り温泉
板室健康の湯・グリーングリーン 入浴料500円 TEL0287-69-0232 泉質満足度★

2017.10.8(日)
峠の茶屋無料駐車場(トイレあり)発 5:05
~ 登山口 5:10
~ 中ノ茶屋跡 5:25-39
~ 峰ノ茶屋跡(避難小屋) 5:59
~ 朝日の肩 6:27-50
~ 熊見曽根 6:59
~ 1900m峰 7:05
~ 清水平 7:20
~ 北温泉分岐 7:32
三本槍岳(1917m)8:04-18
~ 甲子山分岐 8:27
~ 鏡ケ沼展望地 8:29-43
三本槍岳 8:56
~ 北温泉分岐 9:25
~ 清水平 9:36
~ 1900m峰 9:54
~ 熊見曽根 10:01-05
~ 朝日の肩 10:19
~ 下山中あかりんごさん・NODAさんと合流
峰ノ茶屋跡 11:04
~ 姥ケ坂 11:33
姥ケ平 11:57-12:00
~ ひょうたん池 12:12
~ 姥ケ平(昼食)12:25-13:15
~ 姥ケ坂 13:37
~ 牛ケ首 13:38-42
~ 峰ノ茶屋跡 14:12
~ 登山口 14:44
峠の茶屋駐車場着 14:48


★合計休憩時間=約1時間49分
★実動時間=約7時間54分
★合計所要時間=約9時間43分


帰宅するのに那須温泉街通過と高速道の大渋滞で自宅まで3時間40分のところ、6時間30分もかかってしまいました(泣)












17.10.01 棒ノ嶺ダイジェスト版

2017.10.01(日)晴れ
棒ノ嶺(棒ノ折山)

ホームページを先行掲載したため当ブログはダイジェスト版です。
HPには詳しい写真のほか、コースタイム・コース解説なども記載しましたのでご笑覧下さい。




山友いぬどしさんには下山口に車デポの手配とルートガイドまでやっていただき、もろーさん(30年ぶりシリーズ第1弾?)、よしださん、爺の4人で奥多摩山系の4山を歩いてきました♪


★メンバー
いぬどしさん・もろーさん・よしださん・爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人・もろーさん



管理人HP
《棒ノ嶺&岩茸石山》






藤懸の滝
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


天狗の滝
イメージ 4


イメージ 5

 白孔雀の滝
イメージ 6


亀甲白熊(キッコウハグマ)
イメージ 7

色味が珍しいトリカブト
イメージ 8


岩茸石イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11

棒ノ嶺
イメージ 12







イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16

岩茸石山
イメージ 17









イメージ 18

高水山
イメージ 19


常福院不動堂
イメージ 20

水場
イメージ 21


イメージ 22
新旧混在・合目石標
イメージ 23


?????
イメージ 24


イメージ 25





イメージ 26

もろーさんから頂いた古~い地図・その1
イメージ 27

もろーさんから頂いた古~い地図・その2
イメージ 28

2009年版 ※上二つの地図と見比べれば時代の流れを感じますね
イメージ 29





イメージ 30
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像)
数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》




17.9.18 根子岳

2017年9月18日(火)曇り 根子岳

この三連休は台風と秋雨前線にやられちゃいましたね~!
長野隊山女子は五竜岳テント泊予定が
爺は日帰り海から富士山の予定が
テント泊にしろ、海富士にしろ、1ヶ月も前から準備をしていたのに・・・(泣)

※連休最終日の天気予報は台風一過定番の晴れマークに
連休中悶々としていた憂さ晴らしをここでするしかない!(笑) ということになり、
長野隊山女子と爺の3人で長野市近郊「花の名山・根子岳」へ行ってきました♪



★メンバー
レンレンさん・Yukaちゃん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人・レンレンさん・Yukaちゃん


イメージ 1

イメージ 2
菅平牧場登山者駐車場マップコード 516.434.178


イメージ 3

可愛い小熊さんのイラスト・お母さんのいないときに遭ってみたいかも(笑)
イメージ 4


イメージ 5

秋の花・松虫草(マツムシソウ)
イメージ 6


東屋展望台
イメージ 7

裏太郎ゲレンデ/拡大可
イメージ 8
東屋展望台より
イメージ 9
東屋展望台より根子岳を望む
イメージ 10



イメージ 11


イメージ 12


リンドウ
イメージ 13


第1VP
イメージ 14


イメージ 15


禰固岳八合目石標
イメージ 16


足元は秋の気配が・・・
イメージ 17


梅鉢草(ウメバチソウ)
イメージ 18


マツムシソウ
イメージ 19


リンドウ
イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


北アルプスは雲の中/拡大可
イメージ 24



イメージ 25

信州産リンゴ ・ シナノピッコロ
イメージ 26




四阿山方面の展望岩へ

拡大可
イメージ 27


拡大可
イメージ 28


拡大可
イメージ 29


拡大可
イメージ 30



拡大可
イメージ 32


四阿山が顔を出した♪ 拡大可
イメージ 34



四阿山方面をバックにランチタイムの長野隊山女子/拡大可
イメージ 31


根子岳をバックにランチタイムの爺/拡大可
イメージ 33





拡大可
イメージ 35


拡大可
イメージ 36
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》


拡大可
イメージ 37


パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用/拡大可
イメージ 38




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 9:00~菅平牧場駐車場(1名200円)着 9:50

根子岳登山口(トイレあり)発 10:07  
~ 東屋・展望台 10:29-34
~ 第1VP 10:59
~ 根子岳マデ0.8キロ 11:05
~ 第2VP 11:18
~ 禰固岳八合目石標 11:23
~ 根子岳マデ0.5キロ 11:40
~ 根子岳(2207M)12:01-29
~ 岩場展望台 12:37-13:04


岩場展望台 13:04
~ 根子岳 13:13
~ 根子岳マデ0.5キロ 13:26
~ 第1VP 13:51
~ 東屋・展望台 10:07-15
~ 根子岳登山口着 14:32



★合計休憩時間=約1時間07分
★実動時間=約3時間18分
★合計所要時間=約4時間25分








17.9.10 飯縄山

2017.9.10(日)晴れ~曇り 
もろーさん、28年振りに飯縄山へ



今日のミッションは28年前のもろーさん(右)を撮ったこの現場を探せ!!  
なのだ~
イメージ 1


★メンバー
もろーさん、レンレンさん、Yukaちゃん、爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人・もろーさん・レンレンさん・Yukaちゃん





一の鳥居苑地管理事務所&駐車場(24時間トイレ)
イメージ 2

イメージ 52
マップコード 54.420.850


別荘地車道を15分ほど歩く
※レンレンさんはテン泊に備え2㍑ペット3本他を持ち込み特訓中です

イメージ 3


南ルート登山口
イメージ 4


第一・不動明王
イメージ 5


花碇(ハナイカリ)
イメージ 11


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)
イメージ 6


曙草(アケボノソウ)
イメージ 12


鳥兜(トリカブト)
イメージ 13

天狗の硯岩
イメージ 7


樹林帯を抜けた~♪  拡大可
イメージ 8


まだまだ急登がつづく!
イメージ 9


本日のミッション
この場所を探せ! 目当ての山を確認することができました♪ 拡大可
イメージ 10


白山風露(ハクサンフウロ)
イメージ 14

蔓藤袴(ツルフジバカマ)
イメージ 15

高妻山(右)は雲の中/拡大可
※レンレンさんは先週登った高妻山を見るのも楽しみのひとつだったのに(残念)
イメージ 16


鳥居(旧奥宮跡)
イメージ 17


飯縄大明神・飯縄山南峰
イメージ 18


飯縄山へ
イメージ 19


もろーさん 一番乗り♪
イメージ 20


飯縄山 1917.4M
イメージ 21




イメージ 22
28年前はこんな指導標(赤矢印)もあったんですね~♪
イメージ 23






下山編


長野隊重鎮の岡埜さんとバッタリ!
※体調が芳しくなく5ヶ月ほど山から遠ざかっていて久しぶりの再会でした♪

イメージ 24


神の井戸
※山頂直下にありながら一年中枯れることがない不思議な井戸です(飲用不可)

イメージ 25

南峰直下のお花畑
イメージ 26


雄山火口(オヤマボクチ)
※山菜のヤマゴボウと呼ばれ、北信では「蕎麦のつなぎ」に使うお蕎麦屋さんもあります
イメージ 27

高嶺撫子(タカネナデシコ)
イメージ 28

白山風露(ハクサンフウロ)
イメージ 29


ゴーロ道を慎重に下る
イメージ 30


南・西R分岐点
※今日はトレランの大会が行われており西ルートを下るのに難儀しました。

イメージ 31


石仏
イメージ 32


泥濘は大勢のトレラン選手が駆け上がるためグチャグチャ道になっている(ノД`)
イメージ 33


松虫草(マツムシソウ)
イメージ 34


この場所を探せ! ミッションの場所は近いか?
イメージ 35


爺はミッションの事を忘れたかの如く花撮影中(笑)
イメージ 36


釣鐘人参(ツリガネニンジン)
※小型コンデジ操作に慣れていないためイメージと違う撮影に・・・(T_T)
イメージ 37


イメージ 38
トレラン選手が10人! 20人!と続けざまに登ってくるので待機時間が長くなったが、選手のマナーが良く「迷惑をかけてゴメンなさい」と声がけの選手が多く好感が持てた。
イメージ 39
↑トレラン選手が抜けるのを待っていたこの場所↓ ミッションの場所に似ていませんか?  拡大可
イメージ 40


28年前の写真(赤線ともろーさんの顔の位置に注目)/拡大可
イメージ 41



Yukaちゃん撮影
イメージ 51
※上の写真を写したYukaちゃんの真後ろから爺が撮影/拡大可
イメージ 42
原本写真の赤線と比べると、撮影者の立ち位置か? ズーム操作加減での微妙なズレはあるものの、ここと断定して良いだろう(^O^)v



スッキリ~♪ スッキリ~♪
ミッション終了 (^O^)v
イメージ 43


グチャグチャ道を慎重に下る
イメージ 44


萱ノ宮
イメージ 45


西ルート登山口に下山
イメージ 46
イメージ 53



レンレンさん・Yukaちゃん この場所を探せ!探検隊に参加いただきありがとうございました♪






飯縄山鳥瞰図/拡大可
イメージ 47


飯縄山MAP/拡大可
イメージ 48
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》

飯縄山高低図/拡大可
イメージ 49
一の鳥居苑地駐車場標高/1113m 標高差/786.4m 累積標高/846m 総歩行距離/8373m

飯縄山パノラマ図解/拡大可
イメージ 50
パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
一の鳥居駐車場集合・5時~下山口の西ルート登山口・車デポ

一の鳥居管理事務所P発 5:50
~ 南ルート登山口 6:09
~ 奥宮一の鳥居 6:14   
~ 第一・不動明王 6:23
~ 第二・釈迦如来 6:33   
~ 第三・文殊菩薩 6:37
~ 第四・普賢菩薩 6:41
~ 第五・地蔵菩薩 6:45
~ 第六・弥勒菩薩 6:49
~ 第七・薬師如来 6:54
~ 第八・観音菩薩 6:58
~ 第九・勢至菩薩 7:02
~ 第十・阿弥陀如来 7:08
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)7:13-24
~ 第十二・大日如来 7:37
~ 天狗の硯岩 7:52-57 
~ 第十三・虚空蔵菩薩 8:00
~ 南・西R分岐点 8:35
~ 鳥居(旧奥宮跡)8:43
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 8:51
~ 飯縄山山頂着 9:05-52


 飯縄山山頂発 9:52
~ 岡埜さんとバッタリ 9:57-10:03
~ 飯縄南峰 10:06
~ 神の井戸 10:11
~ 鳥居(旧奥宮跡)10:16
~ 南・西R分岐点 10:23
~ 石仏 10:25
~ 本日のミッション現場 10:45-57
~ 萱ノ宮 11:40
~ 西ルート登山口 12:09



★合計休憩時間=約1時間21分
★実動時間=約4時間58分
★合計所要時間=約6時間19分






17.9.3 赤岳・真教寺尾根~県界尾根周遊

2017.9.3(日)晴れ-曇り
赤岳・真教寺尾根-県界尾根ダイジェスト版

古~いTV番組の話ですが、ウッチャンナンチャンの赤岳登頂部(最下段参照)
と同じルートで赤岳を楽しんできました(笑)


長野県に住んでいると何時でも登れるからと「後回しにしてしまう山やルート」が多くなってしまいがち(汗)
この真教寺尾根もそのひとつでしたが、ここを何回も歩かれている
NOBUさん・Tanmaさんにガイドを
お願いして仲間と真教寺尾根~赤岳~県界尾根を歩いてきました♪ 
    

★メンバー 
もろーさん・NOBUさん・Tanmaさん・いぬどしさん・おっくん・でこちゃん
・レンレンさん・爺の8名
★掲載写真撮影者 
管理人・おっくん・Tanmaさん・レンレンさん・もろーさん



管理人・ホームページ
《真教寺尾根~赤岳~県界尾根周遊》

登山口の拡大MAPと各コース要所要所の写真と解説をメインにした
ホームページを先行掲載しました。



赤岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1

拡大可
イメージ 2

拡大可
イメージ 3

拡大可
イメージ 4

拡大可
イメージ 5

高低図/拡大可
イメージ 6
路肩駐車標高/1665M  標高差/1234.2M  累積標高/1390M  総歩行距離/11298M



県界尾根登山口(路駐)を出発
イメージ 7


真教寺尾根指導標で左折
イメージ 8


数年前まで笹藪漕ぎだった場所も綺麗に刈り払われていました
イメージ 9


賽ノ河原
イメージ 10























賽ノ河原より/拡大可
イメージ 11























真教寺尾根と赤岳・賽ノ河原より/拡大可
イメージ 12



















































拡大可
イメージ 13

















イメージ 14



拡大可イメージ 15


拡大可イメージ 16


拡大可イメージ 17


赤岳全景♪/拡大可イメージ 18


牛首山~ここまで/拡大可イメージ 19


天狗尾根/拡大可イメージ 20



拡大可
イメージ 21



渋滞箇所/拡大可イメージ 22


バリルートの天狗尾根/拡大可イメージ 23


拡大可イメージ 24


拡大可イメージ 25


拡大可イメージ 26


阿弥陀岳/拡大可イメージ 27


拡大可イメージ 28


赤岳山頂/拡大可イメージ 29


拡大可イメージ 30



拡大可
イメージ 31


拡大可イメージ 32

昭和20年代トリオ
イメージ 33










県界尾根を下山

山歩きは童心にかえって楽しまなくちゃねー(笑)
イメージ 34

イメージ 35




なにに見えますか?/拡大可イメージ 36



貴方はなにに見えますか?/拡大可イメージ 37


下山(^O^)v
イメージ 38

ホームページに本行程を詳しく記載したので、当ブログは簡単掲載となりました(゜゜)(。。)ペコッ







出会った花々


松虫草(マツムシソウ)
イメージ 39

梅鉢草(ウメバチソウ)
イメージ 40

高嶺撫子(タカネナデシコ)
イメージ 41


梅鉢草(ウメバチソウ)イメージ 42

くす玉爪草(クスダマツメグサ)
イメージ 43

深山
捩摺(ミヤマモジズリ)
イメージ 44

曙草(アケボノソウ)
イメージ 45


曙草(アケボノソウ)
イメージ 46




★ウッチャンナンチャンのウンナリ!!の企画

1997年7月25日初登場以来、約2年にもわたってドーバー海峡のリレー横断を目的に行なわれていた。
放送回数全43回。
1997年、内村、ウド、勝俣、有野の4人(+マネージャー千秋)をメンバーとしてスタート。
リレーに必要な人数(6人)を満たすため、濱口、藤崎を勧誘、入部させた。堀部は「鬼教官」として見守っていた。専用練習場で実力を高め、国内の大会出場・予行演習などを繰り広げたが、あまりに過酷な活動に勝俣(のちに「鬼コーチ」として登場)、有野、藤崎が脱落。
その後、新入部員を応募したところ、猿岩石・TIM・島崎俊郎・オセロの中島知子が応募。入部テストととして、面接と部員が普段の練習メニューとしている100m泳10本+200m泳5本+1km泳を実施したところ、レッド吉田と中島のみ泳ぎ切った。泳ぎ切れなかった猿岩石の2人・ゴルゴ松本・島崎俊郎がその場で入部を辞退することを表明、レッド吉田と中島も後日入部を辞退することを表明した。 参加メンバーが足りず出場が危ぶまれたが、堀部が「鬼部員」に転身、さらに元テニスプレイヤーの神尾米、日本テレビアナウンサーの藤井貴彦が参加した。

最終的に1999年8月31日「内村、濱口、神尾、藤井、堀部、ウド」(横断時のリレー順)の6人(+マネージャー千秋)で16時間37分を掛けドーバー海峡の横断に成功しチャネルスイマーとなる(England/France - One Way 260組目)。 横断達成記念に堀部圭亮デザインのオリジナルリングを作成。内村は滅多にアクセサリーを付けないがこのリングだけは左薬指に付けており、ファンに混乱を呼んだ。
出典 ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画 - Wikipedia
★マッターホルン(→赤岳)登頂部
マッターホルン登頂を目指し、ウッチャンを中心に結成。結局、マッターホルンは難易度が高すぎて赤岳となったが、その魂はイッテQのイモトアヤコに引き継がれたと言って良いでしょうね。
★マッターホルン(→赤岳)登頂部
2000年に放送。全17回。ドーバー海峡横断部のメンバーで今度はマッターホルンの登頂を目標とし山岳登山の訓練を行っていた。しかし退部を賭けたテストとして行った赤岳を誰も時間内に登りきることなく棄権。登山への挫折感の中、新たに赤岳登頂部を結成。目標を赤岳に定め無事達成できたものの、それ以後マッターホルンへの夢を再び持つことはなく終了した。
出典 ウッチャンナンチャンのウリナリ!!の企画 - Wikipedia


2017.9.2(土)
長野発 15:30 ~ 美しの森県営無料駐車場着 17:30(車中泊)
2017.9.3(日)
美しの森県営無料駐車場(トイレあり)集合 4:00
※集合後乗り合いで登山口へ向かう


県界尾根登山口発 4:31 
~ 真教寺尾根指導標 4:55 
~ 指導標 5:11
~ 賽ノ河原 5:29-40 
~ 休憩 6:08-22 
~ 牛首山マデ5分 7:05
~ 牛首山(2280.3m)7:08-18 
~ 扇山(2320m)7:33 
~ 休憩 8:12-24
~ 真教寺尾根分岐点(赤岳マデ15分)10:25 
~ 文三郎分岐点 10:41
~ 赤岳(2899.2m)10:47-11:27


赤岳発 11:27 
~ 県界尾根分岐(赤岳頂上小屋トイレタイム)11:31-51
~ 10/9指導標 12:12 
~ 休憩 13:11-18 
~ 10/5・大天狗 2430m(小天狗まで50分)13:31
~ 10/4指導標 13:55 
~ 大ナギ頂 14:17
~ 文字不明石碑 14:20 
~ 休憩 14:22-32 
~ 石碑 14:37 
~ 小天狗(2178m)14:39
~ 10/3指導標分岐点(登山口まで40分)14:40 
~ 10/2指導標 15:16 
~ 登山道入り口(スキー場まで40分)15:18
~ 真教寺尾根入り口 15:34 
~ 県界尾根登山口着 16:04

 


17.8.27 高妻山

2017年8月27日(日)曇り~晴れ
修行の山・高妻山

過去3回の高妻山は山頂で食事が喉を通らないほどのバテバテに・・・(;´Д`)
故に、爺にとって大鬼門の山となったわけですが、今回は来月予定している「海から富士山」の訓練と、可能なら「大鬼門の克服」を願って4度目の挑戦とあいなりました(笑)





★メンバー

カブさん・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・レンレンさん・ギフチョウさん(初参加)・爺の7名
★掲載写真撮影者
管理人・おっくん夫妻・Tanmaさん





管理人・過去ホームページ
高妻山(弥勒尾根新道)
(ルート解説・ルートMAPあり)

 




高妻山登山者専用駐車場(トイレあり)
イメージ 1

イメージ 45
カーナビ用マップコード 1004.041.846




トイレ(24時間使用可)
イメージ 2


駐車場を出発
イメージ 3


戸隠キャンプ場内を通過
イメージ 4


キャンプ場&戸隠牧場内を通過
イメージ 5


高妻山・一不動R登山口第一ゲート
イメージ 6



このゲート、横幅が広い人・お腹の大きい人は通りにくいです(笑)
イメージ 7



一不動から連続するアップダウンを体験できないのは残念かと思いますが、
雨の日は弥勒尾根新道をおすすめします。

イメージ 8


牧場内を通過
イメージ 9
今夏の数回に及ぶ戸隠・鬼無里地区豪雨災害の影響で大洞沢沿いの一不動(いちふどう)ルートが流出してしまいました。
山岳会や戸隠地区皆さんの努力により、できうる限りの整備と迷わないよう随所に指導標が設置されていますが降雨時の当ルート使用は控えるのがベストかと思われます。
★高妻山&戸隠山登山で一不動ルートを考えている方は沢の写真を参照してください。
★高妻山登山ルートは当ルート以外に弥勒尾根ルートがあります。
★降雨時の奥社~戸隠山~一不動ルートは避けて戸隠山ピストンをおすすめします。
イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16


ナメ滝のクサリ場
イメージ 17


不動滝横のクサリ場
イメージ 18



一不動(いちふどう)避難小屋(携帯トイレブースあり)
イメージ 19


一不動から試練のアップダウン始まり~始まり~(笑)
イメージ 20


二釈迦
イメージ 21


戸隠牧場と飯縄山
イメージ 22


三文殊
イメージ 23


三文殊を通過すると高妻山に至るアップダウンを視認できる/拡大可
イメージ 24



イメージ 25


五地蔵岳 1998M
イメージ 26


六弥勒(弥勒尾根新道分岐点) ※帰路は弥勒新道を利用します
イメージ 27


目指す高妻山(右奥)は雲の中/拡大可
イメージ 28


右手に妙高山の頭が/拡大可
イメージ 29


あれが目指す高妻山♪ /拡大可
イメージ 30


まだまだアップダウンが続きまっせ~(ノД`)
イメージ 31


こうち隊が登っていた白馬岳展望(^O^)v  /拡大可
イメージ 32


こうち隊が白馬岳から撮してくれた高妻山と御来光/拡大可
イメージ 33
御来光の真下の山が我々の目指した高妻山です(^O^)v
こうち隊・ブログ


九勢至
イメージ 34


九勢至から高妻山を望む/拡大可
イメージ 35


修行の山と呼ばれる由縁は歩いた人のみ知る事ですが、山頂に向けて最後の難関に挑戦中です/拡大可
イメージ 36


昔はこんなお助けロープなかったけどね~/拡大可
イメージ 37



イメージ 38


難関をクリアした喜びで笑顔!笑顔!です♪
イメージ 39


雲海に浮かぶ鹿島槍ヶ岳・大汝山・五竜岳・唐松岳・不帰ノ嶮・白馬三山/拡大可
イメージ 40


山頂マデあとチョット!
イメージ 41



十阿弥陀
イメージ 42



拡大可
イメージ 43


高妻山 2353M
イメージ 44
4回目にして食事が喉を通ったけれど鬼門克服は定かでないため5回目の挑戦に乞うご期待(笑)









六弥勒分岐点より弥勒尾根新道下山編



六弥勒分岐点
爺のような年寄りは口癖で昔は!昔は!と言いますが・・・
この弥勒新道ができるまでは、一不動までさらなるアップダウンを繰りかえして帰路についており、修行の山と呼ばれる本来の意味は一不動ルートのピストンにあったのではないでしょうか(爺の独り言)

イメージ 46


眼下に見える戸隠牧場まで下ります
イメージ 47


激下りとなるので慎重に下りましょう
イメージ 48


青空なら展望抜群の場所なのだが・・・/拡大可
イメージ 49


昔はこんなお助けロープなかったけどね~   /拡大可
イメージ 50



イメージ 51



イメージ 52


弥勒尾根新道登山口の沢に到着♪
イメージ 53
弥勒尾根新道登山口
イメージ 54

お疲れ様でした~♪
牧場内から戸隠キャンプ場へ向かう
イメージ 55
お終い



拡大可
イメージ 56

拡大可
イメージ 57
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像)
数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》


拡大可
イメージ 58
駐車場標高/1180m 標高差/1180m 累積標高/1561m 総歩行距離/14290m


高妻山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 59



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
高妻山登山者専用駐車場(トイレあり)集合 4:50

駐車場発 5:04
~ 戸隠牧場第1ゲート・一不動登山口 5:26
~ 第2ゲート 5:34
~ ナメ滝クサリ 6:35
~ 不動滝横のクサリ 6:48
~ 氷清水 6:55
~ 一不動避難小屋 7:14-33
~ 一不動 7:34
~ 二釈迦 7:46
~ 三文殊 8:01
~ 四普賢 8:22
~ 五地蔵 8:45
~ 五地蔵岳(1998m)8:56
~ 六弥勒(弥勒尾根分岐)9:01
~ 七薬師 9:09
~ 八観音 9:45
~ 休憩 9:50-10:01
~ 九勢至 10:09
~ 休憩 11:04-13
~ 十阿弥陀 11:19
~ 高妻山(2353m)11:26~12:18


高妻山発 12:18
~ 十阿弥陀 12:23
~ 九勢至 13:19
~ 八観音 13:34
~ 七薬師 14:09-16
~ 六弥勒・弥勒尾根分岐 14:21-30
~ 弥勒尾根を下山
~ 牧場まで90分 15:29
~ ブナ仙人(牧場まで40分)16:14
~ 弥勒尾根登山口 16:44
~ 一不動登山口 16:54
~ トイレ休憩 10分
~ 駐車場着 17:29









17.8.20 三ノ沢岳(宝剣岳は途中撤退)

2017年8月20日(日)晴れ~ガスガス
三ノ沢岳(宝剣岳は途中撤退)

週末の度に天気が悪くて爺はストレスで脳みそパンパン!
久しぶりの山歩きを黒ちゃんと二人で楽しんできました♪


管理人ホームページ 2013.7.21
隠れ花の名山・三ノ沢岳

(ルート解説・ルートMAPあり)
 

★メンバー
黒ちゃん・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人・黒ちゃん



am5:20 菅の台バスセンター切符売り場は長蛇の列
イメージ 1

イメージ 2
マップコード 143.857.699


ほぼ満車
イメージ 3


黒ちゃんに場所取りしてもらったが、それでもこんなに長~い行列が・・・(;´Д`)
イメージ 4







RW千畳敷駅より/拡大可
イメージ 5



RW千畳敷駅より/拡大可
イメージ 6



イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


極楽平(空木岳分岐)
イメージ 10


宝剣岳と木曽駒方面(宝剣岳・三ノ沢分岐点より) 拡大可
イメージ 11


三ノ沢岳(宝剣岳・三ノ沢分岐点より) 拡大可
イメージ 12


空木岳への稜線(宝剣岳・三ノ沢分岐点より) 拡大可
イメージ 13



三ノ沢岳へ/拡大可
イメージ 14



三ノ沢岳へは一度大きく下り込む/拡大可
イメージ 15


帰りの登り返しは取りあえず考えないことにしましょう/拡大可
イメージ 16


帰りのことより、先ずは前方のアップダウンをクリアせねば・・・   /拡大可
イメージ 17


灌木が行く手を阻む
イメージ 18



下ってきた道を振り返るのはやめましょう(笑)
イメージ 19



度胸試し岩?  /拡大可
イメージ 20


ケルンまで来れば山頂マデあと僅かだよ~ (^O^)v
イメージ 21



右手前のピークは偽ピーク
イメージ 22


トップシーズンはこの巻き道から山頂マデお花畑になります♪ 2013年記事参照
イメージ 23


偽ピークから山頂方面展望
イメージ 24


トップシーズンはこの巻き道から山頂マデお花畑になります♪ 2013年記事参照
イメージ 25



イメージ 26


チングルマ群生♪
イメージ 27



イメージ 28


三ノ沢岳 2846.5m
イメージ 29





三ノ沢下山&宝剣岳撤退編



ガスガス
イメージ 30



宝剣岳分岐(ケルン)まで戻ってきました
イメージ 31



風が強いのでキャップはザックに収納
イメージ 32


宝剣まで100㍍地点まで来たがガスガスと強風のため撤退/拡大可
イメージ 33


撤退編1
イメージ 34


撤退編2
イメージ 35


RW千畳敷駅着 13:34着
毎度の事ながら今回もRW乗車まで2時間30分待ちでした(;´Д`)
イメージ 36


拡大可
イメージ 37
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像)
数値地図50000(地図画像) 数値地図25000 (地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)
に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。《使用ソフト・カシミール3D》




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 3:30~菅の台駐車場(600円)着 5:15(バス&RW往復料金3900円)

RW千畳敷駅発 7:57
~ 極楽平(空木岳分岐)8:22
~ 宝剣岳・三ノ沢分岐 8:32-46
~ 鉄錆び指導標 9:11
~ ケルン 10:02
三ノ沢岳 10:23-11:00


三ノ沢岳発 11:00
~ ケルン 11:17
~ 鉄錆び指導標 11:59-12:06
~ 宝剣岳分岐(ケルン)12:32-40
~ 宝剣手前100㍍でガスと強風で撤退 12:57
~ 宝剣岳・三ノ沢分岐 13:08
~ 極楽平(空木岳分岐)13:15
~ RW千畳敷駅着 13:34


RW乗車まで2時間30分待ちで帰路につく







17.8.21 戸隠・紫錦唐松

2017.8.21(月)
戸隠・紫錦唐松(シキンカラマツ)花旅

※2016年8月に山友で花博士でんさんからシキンカラマツなる花があることを教えていただき、検索したところ菅平と戸隠の記事がヒット!
戸隠の花に詳しい山ガール・松ちゃんに確認したところ、なんとなんと写真付きで返信が・・・(ビックリ)

※今年は他の花旅とかぶり訪問時期を逃したと諦めていたところ、
まだ咲いていますよ~ とのありがたい情報が・・・♪♪
これは行くっきゃないと、介護母DSの短い時間を利用してシキンカラマツ撮影会を楽しんできました(^O^)v



☆すべて拡大可
イメージ 7




イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5




イメージ 6








17.8.6 飯縄山花旅

2017年8月6日(日)曇り
飯縄山(いいづなやま)花旅

長野市民の山「飯縄山」、伊賀忍者・甲賀忍者など忍者&忍術の発祥(飯縄法)の山、そして誰もが知る飯縄大権現(高尾山薬王院の本尊)など歴史ある飯縄山を山友さんと歩いてきました♪
 

★メンバー
伊藤さん・黒ちゃん・爺の3名
★掲載写真撮影者
管理人・黒ちゃん




一の鳥居管理事務所駐車場で咲いていました♪
小葉擬宝珠(コバギボウシ)
イメージ 4



大葉擬宝珠(オオバギボウシ)
イメージ 5





一の鳥居管理事務所駐車場(更衣室・トイレあり)
イメージ 1

イメージ 47
マップコード 54.420.847




南ルート登山口 ※この登山口は駐車禁止区域です
イメージ 2



奥宮一の鳥居
イメージ 3


第一・不動明王
イメージ 6


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)で小休止
イメージ 7
伊藤さん、黒ちゃん
イメージ 8

伊藤さんはオニギリ
イメージ 9

爺は定番「八海山の甘酒」でエネルギー補給
イメージ 10


玉川杜鵑(タマガワホトトギス)
イメージ 48



麝香草(ジャコウソウ)
イメージ 11


クサリ場
イメージ 12


※写真では伝わりませんが、今日の山歩きは極上の蒸し風呂状態でした(;´Д`)


天狗の硯岩  
イメージ 13


第十三・虚空蔵菩薩
イメージ 14


小鬼百合
イメージ 15

第十三・虚空蔵菩薩を通過後は徐々に花の種類が多くなる
イメージ 16


白山風露(ハクサンフウロ)   拡大可
イメージ 17


丸葉萩(マルバハギ)
イメージ 18


南・西R分岐点
イメージ 19


九蓋草(クガイソウ)
イメージ 20


拡大可
イメージ 21


白山女郎花(ハクサンオミナエシ)  かも?
イメージ 22



拡大可
イメージ 23



白山風露(ハクサンフウロ)・黄花の山苧環(キバナノヤマオダマキ)    拡大可
イメージ 24



鳥居(旧奥宮跡)
イメージ 25


柳蘭(ヤナギラン)・下野草(シモツケソウ)    拡大可
イメージ 26


釣鐘人参(ツリガネニンジン)   拡大可
イメージ 27


飯縄大明神・飯縄山南峰
イメージ 28


飯縄山本峰へ/拡大可
イメージ 29


糊空木(ノリウツギ)
イメージ 30



笹が深い
イメージ 31



飯縄山(いいづなやま)
イメージ 32





下山編




南峰直下「神の井戸」近辺のお花畑   /拡大可
イメージ 33



拡大可
イメージ 34


南峰直下2㍍くらいの場所にありながら1年中枯れることのない「神の井戸}
イメージ 35


拡大可
イメージ 36




柳蘭(ヤナギラン)と下野草(シモツケソウ)     拡大可
イメージ 37



拡大可
イメージ 38


拡大可
イメージ 40



拡大可
イメージ 39



拡大可
イメージ 41



拡大可
イメージ 42



下山・大満足の花旅でした♪
イメージ 43




2007.8.15 飯縄山・花旅
旧花旅と見比べて下さい



南峰お花畑拡大図/拡大可
イメージ 44



高低図/拡大可
イメージ 45



飯縄山鳥瞰図/拡大可
イメージ 46






《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 7:30 ~ 一の鳥居駐車場(トイレあり)8:00
一の鳥居管理事務所P発 8:12
~ 南ルート登山口 8:28
~ 奥宮一の鳥居 8:32  
~ 第一・不動明王 8:41   
~ 第二・釈迦如来 8:50   
~ 第三・文殊菩薩 8:53 
~ 第四・普賢菩薩 8:57
~ 第五・地蔵菩薩 9:00
~ 第六・弥勒菩薩 9:07
~ 第七・薬師如来 9:10
~ 第八・観音菩薩 9:14
~ 第九・勢至菩薩 9:17
~ 第十・阿弥陀如来 9:23
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:27-41
~ 第十二・大日如来 9:54
~ 天狗の硯岩 10:04-06
~ 第十三・虚空蔵菩薩 10:10
~ 南・西R分岐点 10:43
~ 鳥居(旧奥宮跡) 11:07
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 11:19-22
~ 飯縄山山頂着 11:33-12:04

~飯縄山山頂発 12:04
~ 飯縄南峰 12:13
~ 神の井戸 12:16
~ 鳥居(旧奥宮跡) 12:20
~ 南・西R分岐点 12:27
~ 第十三・虚空蔵菩薩 12:42
~ 天狗の硯岩 12:44
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)13:00
~ 第九・勢至菩薩 13:07
~ 第七・薬師如来 13:11
~ 第五・地蔵菩薩 13:15
~ 第三・文殊菩薩 13:20
~ 第一・不動明王 13:26
~ 南ルート登山口 13:34
~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 13:49

★合計休憩時間=約49分
★実動時間=約4時間48分
★合計所要時間=約5時間37分

17.7.22 八方尾根花旅&唐松岳

2017年7月22日(土)晴れ~曇り
八方尾根&唐松岳花旅


今日はフラワートレッキング隊おっくんと二人で八方尾根の固有種・ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)に会いに行ってきました♪

この花は自然研究路で見る事もできるが、登山道で咲いている小さな花を探し当ててこそが花旅の醍醐味!
目当ての花以外でも雪割草やハッポウウスユキソウ・ワタスゲ・キヌガサソウ・シラネアオイ・サンカヨウ・チングルマ・タカネバラ・ミヤマクワガタ、そして山頂付近で咲く黒百合やコマクサなどが咲き誇り、花の宝庫と呼ぶに相応しい八方尾根を脇目も振らずひたすら山頂を目指す登山者に「お先にどうぞ」と道を譲りノンビリゆっくりの花旅を楽しんできました(^O^)v



★メンバー
おっくん・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人






黒菱ゲレンデ無料駐車場(約70台)・左側の建物内のトイレ使用可/拡大可
イメージ 1

イメージ 2
カーナビ・マップコード 535.097.674


黒菱ラインリフト乗り場・リフト往復料金 1120円
イメージ 3



ニッコウキスゲ咲き誇る鎌池湿原とグラートクワッド乗り場
イメージ 4


グラートクワッド乗り場
イメージ 5
イメージ 6


八方池山荘登山口より/拡大可
イメージ 7


白馬岳方面/拡大可
イメージ 8


尾根道直登ルートを選択・五竜岳は雲の中/拡大可
イメージ 9


八方山ケルン
イメージ 10


キバナノカワラマツバ(黄花河原松葉)
イメージ 11


八方尾根の固有種・ハッポウタカネセンブリ(八方高嶺千振)
とても小さな花で目を凝らして探さないと素通りしてしまいそうです(;´Д`)
※おっくんが見つけてくれました(感謝)
イメージ 12


ハッポウタカネセンブリ(クローズアップフィルター使用)  拡大可
イメージ 13



北アルプス北部に分布するタカネセンブリの蛇紋岩変種で、名のとおり八方尾根に生息する固有種。
花は小さいので見つけにくいが、自然研究路沿いに多数生育している。
花は1cmほどの淡青紫色で濃い紫色の斑点があり、とても可愛らしい。

白馬植物手帳より引用イメージ 14


ハッポウタカネセンブリ(クローズアップフィルター使用)  拡大可
イメージ 15


ハッポウウスユキソウ(八方薄雪草)
イメージ 16



イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
イメージ 17


ミヤマムラサキ(深山紫)
イメージ 18


八方池/拡大可
イメージ 19



チシマギキョウ(千島桔梗)
イメージ 20


八方尾根の固有種・ハッポウタカネセンブリ /拡大可
イメージ 21


お互い、ち~っとも前に進めませんね~(笑)
イメージ 22


オオサクラソウ(大桜草)   /拡大可
イメージ 23



ベニバナイチゴと思われる
イメージ 24


シラネアオイ(白根葵)
イメージ 25


サンカヨウ(山荷葉)
イメージ 26


ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
イメージ 27



キヌガサソウ(衣笠草)
イメージ 28


扇雪渓
イメージ 29


扇雪渓で小休止
おっくんから頂いた「秩父純米あま酒」 美味しかった~♪
イメージ 30


丸山ケルンへ向かう
イメージ 31


今年は残雪が多い
イメージ 32


チングルマ(稚児車)&イワカガミ(岩鏡) /拡大可
イメージ 33


丸山ケルン /拡大可
イメージ 34


唐松岳と不帰ノ嶮/拡大可
イメージ 35


拡大可
イメージ 36


拡大可
イメージ 37


唐松山荘が近い
イメージ 38


ミヤマクワガタ(深山鍬形)  /拡大可
イメージ 39


唐松山荘
イメージ 40


唐松山荘を通過/拡大可
イメージ 41


コマクサ群生
イメージ 42


コマクサ(駒草)  /拡大可
イメージ 43


唐松岳 2696.4m
イメージ 44


五竜岳方面/拡大可
イメージ 45





下山編



1時間遅れで黒菱を出発した坂口&細井&伊藤隊10名と出会う
イメージ 46

細井さんと会話が弾む(おっくん撮影)
イメージ 47


クモマスミレ(雲間菫)
イメージ 48


下山でも花撮影を楽しむ♪
イメージ 49


ハクサンフウロ(白山風露)
イメージ 50


ハクサンイチゲ(白山一華)
イメージ 51


クロユリ(黒百合)
イメージ 52


オオヒョウタンボク(大瓢箪木)
イメージ 53


クモマミミナグサ(雲間耳菜草)   /拡大可
イメージ 54


ホソバツメグサ(細葉爪草)  /拡大可
イメージ 55


ミヤマムラサキ(深山紫)   /拡大可
イメージ 56


第2ケルン&トイレ・下りは右側遊歩道を利用
イメージ 57


遊歩道で下山 /拡大可
イメージ 58


お花畑♪   /拡大可
イメージ 59


ユキワリソウ(雪割草・サクラソウ科)    /拡大可
別種のミスミソウやスハマソウも雪割草と呼ばれています。
イメージ 60



イメージ 61


タテヤマウツボグサ(立山靫草)   /拡大可
イメージ 62


トキソウ(朱鷺草)
イメージ 64



ハッポウタカネセンブリ(遊歩道ルートには解説板が設置されていました)  /拡大可
イメージ 63



八方池山荘登山口(トイレあり)
イメージ 65


唐松岳からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 66

八方山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 67
パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用


八方尾根&唐松岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 68


唐松岳高低図 ※標高はGPS計測値/拡大可
イメージ 69
八方池山荘登山口標高/1835m 標高差/861.4m 累積標高/995m 総歩行距離/11204m


八方尾根や白馬にお出かけの際は是非ご持参ください(^O^)v
イメージ 70




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 4:00~コンビニ立ち寄り~黒菱無料駐車場着(トイレあり)5:25
黒菱ライン・リフト往復料金 1120円
黒菱ペアリフト乗車 5:41~グラートクワッド乗車 5:59
八方池山荘登山口(トイレあり)発 6:12
~ 八方山ケルン 6:31
~ トイレ&第2ケルン 6:45
~ 八方池第3ケルン 7:10
~ 扇雪渓 8:15-24
~ 丸山ケルン 8:45
~ 唐松山荘(トイレあり)9:35
唐松岳(2696.4M)9:55-10:23

唐松岳発 10:23
~ 細井&伊藤隊10名と出会い 10:26-31
~ 唐松山荘 10:43
~ 丸山ケルン 11:26
~ 扇雪渓 11:38
~ 八方池 12:17
~ 八方池上部で休憩 12:23-31
~ 八方ケルン 12:38
~ トイレ&第2ケルン 12:42
~ 八方池山荘登山口 13:17

 ※リフト利用黒菱無料駐車場着 13:40

☆往路休憩:約10分
☆復路休憩:約41分
※山頂休憩時間は復路計算
★合計休憩時間=約51分
★実動時間=約6時間14分
★合計所要時間=約7時間05分


立ち寄り温泉
八方塩の道温泉・倉下の湯 入浴料600円
TEL 0261-72-7989 泉質満足度★★★



17.7.9 富士山のんびり日帰り登山

2017.7.9(日)晴れ
富士山弾丸登山改め亀登山(笑)
(富士宮R-お鉢巡り-御殿場R-プリンスR-宝永山-富士宮口)

FT(フラワートレッキング)隊の仲間と開山日前の空いている時期を狙って富士宮口5合目から富士山日帰り登山に挑戦!
富士山弾丸登山については様々な問題点を指摘されていますが、FT隊は登山口駐車場で5時間待機し高度順応、そして各小屋毎に20分近い休憩をいれて「弾丸」というよりノンビリユックリの「亀登山」で富士山を楽しんできました
(^O^)v






★メンバー
おっくん・でこちゃん・レンレンさん・爺の4名
★掲載写真撮影者
管理人・おっくん




富士山鳥瞰図
イメージ 1


高低図
イメージ 2
富士宮5合目駐車場標高/2382m 標高差/1393.6m 累積標高/1600m 総歩行距離/14271m



我々の出発に合わせて山友カブさんが駆けつけてくれました♪
夕方までの仕事だったカブさんは仮眠して明朝5時から登山開始とのことでした。
イメージ 3



富士宮5合目駐車場 ※ここに駐車できるのは開山前の7月9日までです。
イメージ 4

2017.7.8(土)
富士宮5合目登山口 PM22:59
《深夜登山を考えている方へ》
暗闇では上部からの落石に反応できないリスクを頭に入れて計画して下さいね
イメージ 5

2017.7.9(日) am1:19-41
元祖7合目・山口山荘 ヘッデンがいらないくらい明るいお月様♪
イメージ 6


8合目・池田館上部より撮影/拡大可
イメージ 7


am3:39-4:09
イメージ 8

イメージ 9





万年雪山荘上の鳥居をくぐって山頂を目指す
イメージ 10


おっくん、でこちゃん、レンレンさん、 元気ですね~♪
イメージ 11


am4:27  東斜面の空が朝焼けに/拡大可
イメージ 12


御殿場方面/拡大可
イメージ 13



イメージ 14
山頂での御来光は間に合わなかったけれど胸突山荘では影富士を見ることができました(^O^)v
イメージ 15


この鳥居をくぐれば山頂マデあとチョット!
イメージ 16




富士山本宮・浅間大社奥宮で安全祈願 am5:31-33

イメージ 17


火口縁で休憩後、富士山最高峰の剣ケ峰を目指す/拡大可
イメージ 18



こちら側から登った人だけが味わえる、本日の最大難所でございます(笑)
イメージ 47



開山前だというのに長い行列が・・・
※因みにTOPシーズンは1時間以上の待ち時間になります(;´Д`)

イメージ 19


14分待ちで最高峰をゲット (^O^)v      / 拡大可
イメージ 51




富士山(剣ケ峰・3775.6M)からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 20
パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用






お鉢巡り開始
イメージ 21


お鉢巡り中にまたまた影富士を見ることができました(^O^)v /拡大可
イメージ 22



お鉢巡り/拡大可
イメージ 23


吉田ルートの下山専用道が閉鎖中の為、すれ違い待機の下山者で大渋滞
イメージ 48
イメージ 49




吉田&須走ルート側の公衆トイレ 300円
イメージ 24


剣ケ峰をバックに/拡大可
イメージ 25


朝食タイム♪ am7:17-8:07
イメージ 50



お鉢巡り再開
イメージ 26


御殿場ルート分岐点が近づき間もなくお鉢巡り終了
イメージ 27


御殿場ルート分岐点・下山はここを下り宝永山を目指す
イメージ 28


御殿場登山口は各ルートと同じ5合目ながら標高差2335.6Mを登り込まなければならい。
イメージ 29


眼下に宝永山/拡大可
イメージ 30



おっくん、大砂走を一気に下る!
イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33


大砂走・女子隊
イメージ 34
拡大可
イメージ 35
FT隊山女子・でこちゃん、レンレンさん、大砂走を楽しむ♪
イメージ 36





富士宮R分岐点より/拡大可
イメージ 37


拡大可
イメージ 38


宝永山 2693m
イメージ 39



でこちゃん、レンレンさん、砂埃を上げながら走り去る後ろ姿が凄く楽しそうですね~♪
イメージ 40

イメージ 42

イメージ 41





宝永山をバックに/拡大可
イメージ 43


富士宮5合目駐車場まで戻ってきました am11:57
イメージ 44

イメージ 45
マップコード 689.013.013



御殿場のお寿司屋さんでお疲れ様会(^O^)v
イメージ 46






2017.7.8(土)
ナビ設定
長野~富士宮5合目駐車場 280㌔ 約4時間


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2017.7.8(土)
5合目駐車場発 22:58
~ 5合目・登山口 22:59
~ 公衆トイレ(100円)23:02
~ 6合目・雲海荘 23:18-25
日付が7月9日(日)になる
~ 新7合目・御来光山荘 0:18-37
~ 元祖7合目・山口山荘 1:19-41
~ 途中休憩 2:09-17
~ 8合目・池田館 2:32-58
~ 9合目・万年雪山荘 3:39-4:09
~ 9合5勺・胸突山荘 4:39-47
~ 途中休憩 5:08-11
~ 富士山本宮・浅間大社奥宮(安全祈願)5:31-33
~ 火口縁で休憩 5:35-55
富士山(剣ケ峰・3775.6M)6:07-21

~ お鉢巡り
~ 久須志神社(吉田R)7:01
~ 公衆トイレ(300円)7:06-12
~ 朝食 7:17-8:07
~ 御殿場R分岐点 8:25
~ 赤岩8合館 9:18-23
~ 7合5勺・砂走館 9:41-10:01
~ 大砂走 10:11
~ プリンスR(宝永山分岐点)10:25
~ 富士宮R分岐点 10:32
宝永山(2693M)10:39-47
~ 宝永山第1火口 11:13-17
~ 第1火口縁分岐点 11:26
~ 6合目・雲海荘 11:40
~ 公衆トイレ 11:50-55
~ 5合目駐車場着 11:57

 
☆剣ケ峰までの休憩時間=約2時間21分
剣ケ峰以降の休憩時間=約1時間51分
★合計休憩時間=約4時間12分
★実動時間=約8時間47分
★合計所要時間=約12時間59分


立ち寄り温泉
須走温泉・天恵 入浴料1500円 TEL 0550-75-2681 泉質満足度★


17.7.2 八経ヶ岳オオヤマレンゲ開花情報

2017.7.2(日)曇り
奈良県 大峰山山系
八経ヶ岳・オオヤマレンゲ開花情報




オオヤマレンゲ自生地は害鳥獣防護柵が設置されている
イメージ 1


別名・森の貴婦人(天女花とも呼ばれています)
イメージ 8





イメージ 2



国の天然記念物に指定されています
イメージ 3





イメージ 4



ぜ~んぶ オオヤマレンゲ植生です♪
蕾が多数あり見頃は7月7日~11日頃と思われる。
イメージ 5
オオヤマレンゲ(大山蓮華)モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の低木
樹高は1-3m程度。
葉は互生し直径5-10 cmの芳香のある白い半球状の花を下向きに咲かせる。
雄しべは、わずかに紅色を帯びた白色。
開花時期は5-7月。
花の寿命は4-5日程度。
和名は奈良県南部の大峰山に自生していて、ハスの花(蓮華)に似た白い花を咲かせることに由来する。
別名が「ミヤマレンゲ」(深山蓮華)。
分布/関東北部以西(谷川岳周辺がその北東限)の本州・四国、九州・屋久島と国外の中国中南部とに分布。
標高1,000-2,000mの山地の林内などに自生している。
奈良県の八経ヶ岳と明星ヶ岳周辺に自生地があり、1928年(昭和3年)2月7日に国の天然記念物に指定された。
長野県上松町の町の花と奈良県天川村の村の花である。ウィキペディアより転載

弥山小屋にて購入600円
イメージ 6


鉄山~弥山バリルート鳥瞰図
イメージ 7


山友がんちゃんに案内していただいた
「鉄山~弥山バリルート&オオヤマレンゲ花旅」
ホームページにアップしました。






17.6.24 平標山&仙ノ倉山花旅

2017年6月24日(土)曇り
花の名山・平標山&仙ノ倉山花旅

目当てのハクサンコザクラは枯れ花が多くイマイチであったが、
初訪問のTanmaさん・おっくん・レンレンさん達には花の名山と呼ばれる
一端を垣間見て頂けたと思うので今回はこれで結果オーライとしたい(笑)




管理人ホームページ
2013.6.23 平標山&仙ノ倉山花旅
(ルート解説・ルートMAPあり)


 

★メンバー

Tanmaさん・細井さん・おっくん・レンレンさん・爺の5名
★掲載写真撮影者
管理人・おっくん・レンレンさん・Tanmaさん



松手山~平標山~仙ノ倉山ルートMAP
イメージ 1
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された
承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。《使用ソフト・GARMIN MapSource》


松手山~平標山~仙ノ倉山鳥瞰図 
イメージ 2


高低図
イメージ 3
有料駐車場標高/970m 標高差/1056.2m 累積標高/1423m 総歩行距離/14762m





平標山有料駐車場・1台600円
イメージ 4

イメージ 5
マップコード 554.514.219


平標山有料駐車場のトイレ・24時間使用可
イメージ 6


松手山・平標山登山口
イメージ 7



松手山まで急登が続くのでノンビリユックリ歩きましょう
イメージ 8


第1休憩ポイントの鉄塔が見える
イメージ 9


第1休憩ポイントの鉄塔
イメージ 10


松手山へ
イメージ 11


松手山 1613.6m 
イメージ 12


松手山以降は展望の良い尾根歩きとなる♪  拡大可
イメージ 13


拡大可
イメージ 14


振り返れば・・・  拡大可
イメージ 15


拡大可
イメージ 16


ハクサンイチゲ花畑拡大可
イメージ 17


拡大可
イメージ 51




平標山 1983.7m  拡大可
イメージ 18


仙ノ倉山方面はガッス!ガス! 鞍部のお花畑へ向かいます(^O^)v
イメージ 19


撮影タイムがはじまりました♪  拡大可
イメージ 20



ハクサンコザクラ&ミヤマキンポウゲ /拡大可

イメージ 21



ハクサンイチゲ/拡大可
イメージ 22



ミヤマキンポウゲ/拡大可
イメージ 23


拡大可
イメージ 24



拡大可
イメージ 25



拡大可
イメージ 26



拡大可
イメージ 27



鞍部のベンチで軽食タイム
イメージ 28

一瞬ガスが抜けてベンチから仙ノ倉山方面を望む/拡大可
イメージ 29



拡大可
イメージ 30




イメージ 31




拡大可
イメージ 32




拡大可
イメージ 33




ハクサンコザクラ&チングルマ/拡大可
イメージ 34



拡大可
イメージ 35
※花がイマイチと言いながら、平標山~仙ノ倉までのCT・50分のところ倍以上かかってしまいました(笑)




仙ノ倉山 2026.2m
イメージ 36



仙ノ倉山パノラマ図解/拡大可
イメージ 42
パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用


平標山へ戻る




カメラを向けると自然に体が反応しちゃうみたいです(笑)
イメージ 37



帰りも撮影タイムになってしまうのは性でしょうか・・・  拡大可
イメージ 38



拡大可
イメージ 39



午前中到着時は貸し切りだった平標山がこの賑わいに・・・
イメージ 40


平標山の家へ下る/拡大可
イメージ 41


湿原のワタスゲ
イメージ 43


平標山の家・美味しい水あり♪ トイレ・100円
イメージ 44




平元新道の写真は省略します



平元新道登山口まで下山
イメージ 45
イメージ 46


長~い林道歩き
イメージ 47


林道ゲート
イメージ 48

爺のお約束事?
イメージ 49


無事に下山♪  皆さんお疲れ様でした。
イメージ 50







2017.6.23(金)
長野発 22:15~道の駅・みつまた着 00:15(車中泊)

2017.6.24(土)
道の駅起床&朝食 4:00~道の駅発 4:50~有料駐車場着 5:00

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
有料駐車場発 5:12
~ 松手山登山口 5:18
~ 鉄塔で休憩 6:16-24
松手山(1613.6m)7:00-07
~ 一ノ肩 8:14
平標山(1983.7m)8:39-42
~ ベンチ 9:15-43
仙ノ倉山(2026.2m)10:47-11:20

仙ノ倉山発 11:20
~ 平標山 12:11-15
~ 平標山の家(トイレ有り)12:54-13:18
~ 平元新道登山口 14:00
~ ゲート 14:29-34
~ 沢に下る 14:36
~ 有料駐車場着 14:59

★合計休憩時間=約1時間57分
★実動時間=約7時間50分
★合計所要時間=約9時間47分


立ち寄り温泉
三俣共同浴場・街道の湯 入浴料600円 TEL 025-788-9229 泉質満足度★

17.6.17 八ヶ岳ツクモグサ花旅

2017年6月17日(土)晴れ
硫黄岳・横岳・三叉峰・ツクモグサ花旅

当初は鬼無里の中西山で花旅&山菜採りを予定するも土砂崩れ通行止めで八ヶ岳花旅に変更。
Tanma隊の5名が杣添尾根から赤岳を目指す話を聞いていたので、我々は桜平から硫黄・横岳経由で向かい三叉峰でTanma隊に合流プランを計画。
そして前夜、こうち隊から美濃戸-地蔵の頭経由で三叉峰へ向かうとの連絡があり、三者三様のルートながら共に同じ頂(三叉峰)を目指して八ヶ岳山域を歩く様を想像するだけで楽しさが倍増でした (^O^)v




管理人ホームページ
2012.6.24 横岳・硫黄岳ツクモグサ・ウルップソウ花旅
(ルート解説・花写真あり)


★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー
爺・山浦プロカメラマンの2名
★掲載写真撮影者
管理人・山浦プロカメラマン・こうちさん・Tanmaさん・おっくん



ルートMAP
(新駐車場トイレ新設にともない登山口先の簡易トイレは撤去されました)
イメージ 1
桜平・新駐車場標高/1845m 標高差/984m 累積標高/1431m 総歩行距離/16693m

桜平~硫黄岳~横岳鳥瞰図
イメージ 2


硫黄岳・横岳・三叉峰高低図
イメージ 3
桜平・新駐車場標高/1845m 標高差/984m 累積標高/1431m 総歩行距離/16693m



桜平登山口に駐車場が新設されました/約40台・トイレあり
イメージ 4

イメージ 9
桜平入り口マップコード 218.651.379
ここから桜平駐車場まで約25分





桜平登山口まで約10分です
イメージ 5


桜平登山口
イメージ 6


夏沢鉱泉へ
イメージ 7


夏沢鉱泉
イメージ 8


夏沢鉱泉より北アルプス展望/拡大可
イメージ 10


オーレン小屋へ
イメージ 11


オーレン小屋
イメージ 12


夏沢峠へ
イメージ 13


夏沢峠&硫黄岳/拡大可
イメージ 14


夏沢峠より/拡大可
イメージ 15


硫黄岳へ
イメージ 16



硫黄岳へ
イメージ 17



硫黄岳中腹からの大展望/拡大可
イメージ 18


硫黄岳 2760m
イメージ 19


硫黄岳爆裂火口/拡大可
イメージ 20



横岳・赤岳方面・硫黄岳より/拡大可
イメージ 21


硫黄岳山荘
イメージ 22


硫黄岳山荘が小さく見える
帰りの登り返しを考えるとウンザリ・・・  /拡大可

イメージ 23


横岳へ
イメージ 24


展望はナイスだが合流地点の三叉峰は三つ目のピーク! 
まだ遠いなぁ~(ノД`)   拡大可

イメージ 25


横岳ピーク/拡大可
イメージ 26


横岳 2829m
イメージ 27


三叉峰へ/拡大可
イメージ 28



三叉峰へ/拡大可
イメージ 29


杣添からのTanma隊
イメージ 30
三叉峰 2825m
イメージ 31
Tanma隊の皆さん、残雪のなかお疲れ様でした
イメージ 32
LINEを見る限りではこうち隊も到着していてもよい時間だが・・・?




長野隊はツクモグサ花畑へ先発





花畑手前でこうち隊と合流♪
イメージ 33


地蔵手前のツクモグサ花畑より赤岳展望
イメージ 34
長野隊はここでUターンです









八ヶ岳の花々

花の写真はすべて拡大可



ミヤマキンバイ
イメージ 35



オヤマノエンドウ
イメージ 36




イメージ 37


ツクモグサ
イメージ 38



イメージ 39



イメージ 40




イメージ 41



イメージ 42


ウルップソウ
イメージ 43






地蔵手前お花畑より下山編


Tanma隊・こうち隊合流
イメージ 44


長野隊は赤岳へ向かうTanma隊とここでお別れ
イメージ 45


こうち隊と再び合流してランチタイム♪
イメージ 46


横岳へ/拡大可
イメージ 47


横岳
イメージ 48


横岳山頂からアドベンチャールートを下る/拡大可
イメージ 49

イメージ 50


拡大可
イメージ 51


硫黄岳より/拡大可
イメージ 52


赤岩ノ頭経由で下山/拡大可
イメージ 53


峰の松目コル分岐点
イメージ 55



イメージ 54
雪を見るとつい・・・
イメージ 56
雪玉でクールダウン中の爺! お見苦しいアップでゴメンなさい
イメージ 57


オーレン小屋テン場まで戻ってきました
イメージ 58
END






2017.6.16(金)
長野発20:00~諏訪湖SA着21:00(車中泊)
2017.6.17(土)
諏訪湖SA起床&朝食3:15~SA発4:00~桜平・新駐車場着4:40


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
桜平・新駐車場発 (トイレあり)4:54
~ 桜平登山口 5:05
~ 夏沢鉱泉 5:31-34
~ オーレン小屋 6:15-26
~ 夏沢峠 6:47-53
硫黄岳(2760m)7:46-56
~ 硫黄岳山荘 8:16
横岳(2829m)9:07-09
三叉峰(2825m)9:23-47
~ 地蔵手前の花畑 10:19-25

地蔵手前の花畑発 10:25
~ こうち隊とランチ 10:42-11:22
~ 三叉峰 11:28
~ 横岳 11:49
~ 硫黄岳山荘 12:25
~ 硫黄岳 12:47-13:14
~ 赤岩ノ頭 13:28
~ 赤岩ノ頭山頂 13:31
~ 峰の松目コル分岐点 13:56
~ 赤岩ノ頭分岐点 14:11
~ オーレン小屋 14:20-40
~ 夏沢鉱泉 15:10
~ 登山口 15:34
~ 桜平・新駐車場着 15:44


★合計休憩時間=約2時間29分
★実動時間=約8時間21分
★合計所要時間=約10時間50分


立ち寄り温泉
諏訪湖SA下り線の温泉 入浴料590円  泉質満足度★



17.5.27 天城山縦走/祝FT隊結成

2017.5.27(土)晴れ
祝! フラワートレッキング隊

山友「がんちゃん」のブログタイトルをお借りして、
花撮影に何時間かかろうが
コースタイムが倍になろうが、
愚痴や文句の出ない花大好き山屋&山女子の集まり
「フラワー・トレッキング隊」を結成しました(^O^)v


結成第1弾
天城山縦走&アマギシャクナゲ花旅




管理人・ホームページ
①天城山縦走&アマギシャクナゲ花旅
②天城山縦走 天城高原GC~天城隧道

↑先行掲載したホームページ本編で登山風景写真・ルートMAP・コースタイムなどをご覧下さい。

管理人・おまけホームページ
2014.5.24 天城山アマギシャクナゲ花旅



★メンバー/こうちさん・もろーさん・NOBUさん・Tanmaさん・おっくん・爺の6名
イメージ 1
掲載写真はすべて拡大可

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 8

イメージ 6


イメージ 7
水生地下駐車場標高/606m 標高差/799.3m 累積標高/1216m 総歩行距離/18825m




2017年5月26日(金)
ナビ設定/長野~道の駅天城越え 310㌔ 5時間40分

2017年5月27日(土)
水生駐車場に車デポ 5:10~天城高原GC駐車場着 6:00


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
天城高原GC駐車場(トイレあり)発 6:38 
~ 縦走路入り口 6:40 
~ 四辻分岐点(万三郎岳まで3.6㌔)7:00 
~ 万三郎岳まで2.9㌔ 7:23 
~ 万三郎岳まで2.4㌔ 7:44 
~ この先通行止め・展望良 7:52-56 
~ 万二郎岳(1299M)8:00-08 
~ 万三郎岳まで1.7㌔ 8:24
~ 馬の背 8:29 
~ アセビのトンネル 8:40 
~ 万三郎岳まで1.2㌔ 8:50 
~ 石楠立(はなだて)9:01
~ 万三郎岳まで0.7㌔ 9:22 
~ 万三郎岳まで0.2㌔ 10:02 
~ 万三郎岳(1405.3M)10:25-28

万三郎岳発 10:28 
~ 軽食休憩 10:35-55
~ 万三郎岳下分岐点・八丁池まで6.0㌔ 10:56
~ 片瀬峠(八丁池まで5.4㌔)11:12 
~ 小岳(1360M)・八丁池まで5.3㌔ 11:24
~ 八丁池まで5.1㌔(蛇ブナ分岐)11:28 
~ 蛇ブナ 11:31 
~ 八丁池まで5.1㌔(蛇ブナ分岐)11:34
~ 戸塚峠(天城峠まで9.7㌔・八丁池まで4.0㌔)11:59 
~ 天城峠まで9.1㌔ 12:09 
~ 白田峠(天城峠まで8.1㌔) 12:27 
~ 天城峠まで7.7㌔ 12:35 
~ 天城峠まで7.2㌔ 12:42 
~ 天城峠まで7.0㌔ 12:46
~ 天城峠まで6.0㌔ 13:02 
~ 八丁池(天城峠まで5.7㌔・天城トンネルまで6.2㌔)13:07-36
~ 天城峠まで5.6㌔ 13:39 
~ 天城峠まで5.5㌔ 13:45 
~ 見晴台入り口(トイレあり)13:48
~ 見晴台 13:50-58 
~ 見晴台入り口(トイレあり)14:00 
~ 八丁池口バス停分岐(天城峠まで5.3㌔)14:02
~ 天城峠まで4.9㌔ 14:12 
~ 寒天駐車場分岐点(天城峠まで4.5㌔)14:18 
~ 大見分岐点 14:24 
~ わさび田跡(天城峠まで2.5㌔)14:55
~ 天城峠まで2.3㌔ 15:00 
~ 天城峠まで2.2㌔ 15:03 
~ 向峠(天城峠まで1.3㌔)15:15 
~ 天城峠まで1.1㌔ 15:18
~ 天城峠まで0.6㌔ 15:30 
~ 天城峠まで0.4㌔ 15:36 
~ 天城峠(天城トンネルまで0.4㌔)15:44-46
~ 天城隧道(旧天城トンネル)トイレ・駐車場あり 15:58-16:01 
~ 伊豆山稜線歩道起終点 16:11 
~ 車道歩き
~ 水生地下駐車場着 16:15

ここでNOBUさんとお別れし天城登山口へ車回収移動

★合計休憩時間=約1時間16分
★実動時間=約8時間21分
★合計所要時間=約9時間37分





17.6.3 根子岳-四阿山 新緑の山旅

2017年6月3日(土)晴れ
根子岳&四阿山・新緑とムラサキヤシオの山旅

伊藤さんとは1/28飯縄山以来なので約4ヶ月振り、
長野隊山女子・黒ちゃんとは実に一昨年の根子-四阿花旅以来2年振り、
そして四阿山は2ヶ月振りの爺と3名で、登山道を真っ赤に染めるレンゲツツジには少し早かった新緑の根子岳&四阿山を楽しんできました。





 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者
管理人・伊藤さん・黒ちゃん







根子岳~四阿山鳥瞰図
イメージ 1



カシミール3Dより
イメージ 54




根子岳~四阿山高低図
イメージ 2
駐車場標高/1590M 標高差/764M 累積標高/1114M 総歩行距離/10446M



イメージ 3

イメージ 4
菅平牧場登山者駐車場マップコード 516.434.178


レンゲツツジは蕾 見頃は10日以降と思われる
イメージ 5



雲海に浮かぶ北信五岳/拡大可
イメージ 6


黒姫・妙高をズーム
イメージ 7


東屋展望台より
イメージ 8


ムラサキヤシオ発見♪
イメージ 9

イメージ 10



第1ビューポイント
イメージ 11

北アルプス槍ヶ岳方面・第1VPより/拡大可
イメージ 12



ダケカンバの新緑が目に優しい♪
イメージ 13



ムラサキヤシオ(花言葉・貴婦人)      /拡大可
イメージ 14



第2VP
イメージ 15

乗鞍岳/拡大可
イメージ 16



拡大可
イメージ 17


森林限界を通過中
イメージ 18


拡大可
イメージ 19




根子岳山頂が近い
イメージ 20


根子岳 2207m 拡大可
イメージ 21
↑の写真 右上にも彩雲の下端が写っている/彩雲♪   拡大可
イメージ 22


根子岳からのパノラマ図解/拡大可

イメージ 53







四阿山へ


四阿山全景/拡大可
イメージ 23


昔の話だが、この岩場でリンネソウを発見したときは嬉しかったなぁ~
イメージ 24


拡大可
イメージ 25


拡大可
イメージ 26


拡大可
イメージ 27


ショウジョウバカマ
イメージ 28


大すき間(鞍部) ここを通過すると四阿山への激登りが始まるよ~(;´Д`)
イメージ 29


激登り開始 (^O^)v
イメージ 30


真新しい倒木の枝をかき分けて・・・   拡大可
イメージ 31


激登り! 写真で伝わるかなぁ~?     /拡大可
イメージ 32


根子岳・中四阿分岐点/休憩適地
イメージ 33


雲がかかる四阿山
イメージ 34


まだ残雪多し
イメージ 35


浅間山 四阿山長野県側山頂より/拡大可
イメージ 36

四阿山 2354m /拡大可
イメージ 37







菅平ダボス牧場へ下山



根子岳・中四阿分岐点でランチタイム
イメージ 38


四阿高原ホテル分岐点(上)
イメージ 39



ダボス牧場登山口マデ2.9㌔
イメージ 40



浅間山/拡大可
イメージ 41



ムラサキヤシオ/根子岳ルートより株数が多く点在♪    拡大可
イメージ 42







イメージ 52






イメージ 43


登山道を真っ赤に染めるレンゲツツジは蕾! 蕾! 蕾!
イメージ 44



イワカガミ群生地/拡大可
イメージ 45


エンレイソウ
イメージ 46



大明神沢の丸太橋
イメージ 47


クルマバソウ
イメージ 48



イメージ 49


イメージ 50


根子岳登山口に下山
イメージ 51




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 7:05~菅平牧場駐車場(1名200円)着 8:05

根子岳登山口(トイレあり)発 8:20  
~ 東屋・展望台 8:46-53
~ 第1VP 9:12-14
~ 根子岳マデ0.8キロ 9:21
~ 第2VP 9:34-36
~ 禰固岳八合目石標 9:37
~ 根子岳マデ0.5キロ 9:53
根子岳(2207M)10:17-43
~ 大すき間(鞍部)11:12
~ 四阿山マデ1.3キロ 11:30
~ 根子岳・中四阿分岐点 11:49
~ 鳥居峠分岐点 11:59
四阿山(2354M)12:07-15

四阿山発 12:15
~ 根子岳・中四阿分岐点(昼食) 12:29-55
~ 四阿高原分岐点(上)13:03
~ ダボス牧場登山口マデ2.9㌔ 13:20
~ 四阿高原分岐(下)13:35
~ ダボス牧場登山口マデ1.8㌔ 13:52
~ ダボス牧場登山口マデ1.2㌔ 14:09
~ 菅平牧場マデ0.8㌔ 14:30
~ 大明神沢の丸太橋 14:33
~ 四阿山登山口 14:45
~ 根子岳登山口着 14:51


★合計休憩時間=約1時間06分
★実動時間=約5時間25分
★合計所要時間=約6時間31分




17.5.21 陣馬天空宴会&高尾山~陣馬山縦走

2017年5月21日(日)晴れ
陣馬天空宴会&高尾山~陣馬山縦走
こうち隊・booさん隊共同企画・陣馬山天空宴会を大勢のブロ友さんと楽しんできました♪


★メンバー
こうちさん・えいちゃん・booさん・まり-さん・ぴろりんさん・シェルパパパさん
・ぐっち-ファミリ-(3名)・カブさん・Tanmaさん・トレの兄さん・おぐりん・爺の14名


★掲載写真撮影者
管理人・こうちさん・Tanmaさん








高尾山~陣馬山鳥瞰図
イメージ 1




高尾山~陣馬山高低図
イメージ 2
高尾山口駐車場標高/187m 標高差/670m 累積標高/1217m 総歩行距離/17710m


仮眠チョンボで予定より1時間遅れの出発 (;´Д`)
JR高尾山駅集合8時の仲間と一緒に歩くことも考えたが、行かれる所まで行ってみることに・・・
イメージ 3
am4:28



イメージ 4



am5:05 稲荷山(東屋) 
高尾山詣で、こんなに明るい時に歩くのは久しぶりのことで戸惑いが・・・笑
イメージ 5



イメージ 6


山頂直下の分岐点
イメージ 7


富士山は霞の中/高尾山展望台より
イメージ 8


am5:41 高尾山 599m
イメージ 9



キンラン発見 ♪     陣馬下山時にはギンランと出会いましたよ~(^O^)v
イメージ 10



am6:27-40 小仏城山 670.3m 
イメージ 11


小仏峠で山仲間のカブさん家族にご挨拶
イメージ 12



景信山 開店前の時間は静かなものですね~
イメージ 13


ここもイマイチの富士山でした
イメージ 14


景信山 727.1m
イメージ 15


陣馬まで4.0㌔
イメージ 16



イメージ 17


堂所山への急坂
イメージ 18


am8:26 堂所山 733m
イメージ 19



日射しがキツ~い!
イメージ 20
↑この辺を歩いているときに、仲間の皆さんは陣馬高原下バス停を出発。 
イメージ 21
am8:44


am8:49 陣馬まで2.5㌔
イメージ 22


明王峠
イメージ 23


先がみえてきたのでノンビリと歩く
イメージ 24



ジュウニヒトエ
イメージ 25


着いた~♪
イメージ 26


陣馬山 857mイメージ 27


ビールにするか、氷にするか、 さんざ迷ったうえでこれになりました(笑)
イメージ 28


仲間と合流できました (^O^)v
イメージ 29




booさん・ブログ
天空宴会IN富士見茶屋

こうちさん・ブログ
天空宴会は盛況♪♪

ぴろりん隊・ブログ
準備中

カブさん・ブログ
陣馬山

Tanmaさん・ブログ
陣馬山天空宴会

トレの兄さん・ブログ
天空宴会@陣馬山



陣馬天空宴会が始まりますよ~♪
イメージ 30
何をさておき先ずはこれでしょう(笑)
イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35
こうちさん、booさん、毎回毎回大荷物の歩荷ありがとうございます。
前回はギックリ腰! 今回は単独縦走! 全く役立たずの爺でゴメンなさい。

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39
ご馳走がイッパイ♪
お腹もイッパイ♪
もうなにも食べられませ~ん!








天空宴会終了後、記念撮影
イメージ 40


PM 13:01 下山開始
イメージ 41



ギンランめっけ♪  今日は金さん・銀さんそろい踏みです(^O^)v
イメージ 42


コゴメウツギ 
素通りしがちですが、よ~く眺めると可愛い花を咲かせています
イメージ 43


マルバウツギ
イメージ 44

イメージ 45



イメージ 46


イメージ 47


和田バス停に到着
イメージ 48

イメージ 49

イメージ 50
ブロ友の皆さん、楽しい1日をありがとうございました♪






2017年5月20日(土)
位牌岳・アシタカツツジ花旅

2017年5月21日(日)

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
東名足柄SA起床&朝食 1:30~高尾山口駐車場着 3:00
駐車場3時30分出発予定が眠気に負けてしまい大幅遅れに・・・(汗)

高尾山口駐車場発 4:28
~ 稲荷山R登山口4:33
~ 旭稲荷 4:37
稲荷山(東屋)5:05-08
~ 6号路分岐 5:28
~ 高尾山直下分岐 5:37
高尾山(599M)5:43
~ もみじ台分岐 5:49
~ 一丁平 6:08-11
小仏城山(670.3M)6:27-40
~ 小仏峠 6:56
景信山(727.1M)7:27-35
~ 陣馬まで4.2㌔ 7:59
~ 陣馬まで3.8㌔ 8:07
堂所山(733M)8:26
~ 陣馬まで2.5㌔ 8:49
明王峠 9:00-14
~ 陣馬まで0.4㌔ 9:37
陣馬山(857M)9:46-13:01(天空宴会)

陣馬山発 13:01
~ 和田まで1.8㌔ 13:14
~ 和田バス停まで0.8㌔ 13:51
~ 観光協会トイレタイム 13:58-14:04
~ 和田バス停着 14:16

和田バス停~JR藤野駅~高尾駅着15:29
Tanmaさん、駐車場まで送っていただきありがとうございました。
        

★合計休憩時間=約4時間1分
★実動時間=約5時間47分
★合計所要時間=約9時間48分


17.5.20 位牌岳・花旅

2017.5.20(土)晴れ
今年もNOBUさんにガイドをお願いして仲間と位牌岳アシタカツツジ花旅を楽しんできました♪




管理人ホームページ
先行掲載したHPでルートMAP・ルート解説・山行中の写真などをお楽しみ下さい。
位牌岳・アシタカツツジ花旅



★メンバー
NOBUさん・もろーさん・こうちさん・えいちゃん・でこちゃん・Yukaちゃん・Tanmaさん・爺の8名

★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・こうちさん・もろーさん



位牌岳高低図/拡大可
イメージ 1
水神社駐車場標高/526m 標高差/931.5m 累積標高/1065m 総歩行距離/12786m



位牌岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 2


水神社駐車場
イメージ 3



イメージ 4


ゲート
イメージ 5


つるべ落としの滝登山口/去年の花旅ではここに下山しました
イメージ 6


いっぷく峠登山口のアルミ梯子
イメージ 7



これはヤマツツジ
イメージ 8



アシタカツツジの蕾/拡大可
今年は開花時期が遅く見頃は5月28~31日頃と思われる
イメージ 9


アシタカツツジ/拡大可
イメージ 10


アシタカツツジ/拡大可
イメージ 11
アシタカツツジの見分け方/葉が5枚


トウゴクミツバツツジがドンピシャのピークでした♪  /拡大可
イメージ 12


トウゴクミツバツツジ/拡大可
イメージ 13



アシタカツツジの蕾/拡大可
これが満開になったらと思うと・・・
イメージ 14


トウゴクミツバツツジですよ~♪  拡大可
イメージ 15


コイワカガミ/拡大可
イメージ 16


コイワザクラ/拡大可
イメージ 17


位牌岳/拡大可
イメージ 18





池ノ平ルート下山編


拡大可
イメージ 19



拡大可
イメージ 20


池ノ平展望台/拡大可
イメージ 21
掲載後記
アシタカツツジは開花が遅れていたが、トウゴクミツバツツジ・コイワカガミ・コイワザクラなど沢山の花達と出会うことができ大満足の花旅でした♪
この企画&ガイドをして頂いたNOBUさんありがとうございました(感謝)



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
水神社駐車場発 6:53 
~ ゲート 7:17 
~ つるべ落としの滝登山口 7:24
~ いっぷく峠登山口(アルミ梯子)7:47 
~ 位牌岳分岐まで1時間10分 8:19
~ 樹林帯入り口で休憩 8:35-43 
~ いっぷく峠 9:49-59 
~ つるべ落としの滝分岐点 10:38
~ 位牌岳(1457.5m)10:55-11:01
~ 位牌岳下部の台地で昼食 11:06-48 
~ つるべ落としの滝分岐点 11:57
~ 池ノ平・つるべ落とし分岐点 12:07 
~ 池ノ平まで2時間 12:33 
~ つるべ落としの滝(下)分岐点 13:32
~ 池ノ平展望台 13:37-50 
~ 林道近道急坂 14:00 
~ 池ノ平登山道近道入り口・林道出合い 14:09
~ ゲート 14:18 
~ 水神社駐車場 14:34


★合計休憩時間=約1時間19分
★実動時間=約6時間19分
★合計所要時間=約7時間38




管理人ホームページ
先行掲載したHPでルートMAP・ルート解説・山行中の写真などをご確認下さい。



17.5.14 大菩薩嶺縦走

2017年5月14日(日)曇り 
大菩薩嶺登山地図から消えた富士見新道を歩く!
山友もろーさん、40年ぶりシリーズに参加させて頂きました♪
40年前に歩かれたルートをできる限り忠実にトレースしたいので、現在は登山地図から消滅した富士見新道から大菩薩嶺を目指しました。


★メンバー/もろーさん・Tanmaさん・NOBUさん・おっくん・でこちゃん・爺の6名
★掲載写真撮影者/でこちゃん



先行掲載したホームページ本編で登山風景写真・ルート解説・ルートMAP・コースタイムなどをご覧下さい。
《大菩薩嶺~小金沢山~牛奥ノ雁ケ腹摺山縦走》




イメージ 1




イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5



イメージ 6


イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9


イメージ 10



イメージ 11







先行掲載したホームページ本編で登山風景写真・ルート解説・ルートMAP・コースタイムなどをご覧下さい。
《大菩薩嶺~小金沢山~牛奥ノ雁ケ腹摺山縦走》










17.4.30 両神山 鎖ワールド

2017年4月30日(日)晴れ 
奥秩父の名峰・両神山


昨日の坂戸山(新潟県六日町)下山後、奥秩父の道の駅「大滝温泉」で車中泊。
小田原、東京、埼玉の山仲間、そして長野隊山女子&爺の七名で両神山鎖ワールドを楽しんできました♪

 

★メンバー/もろーさん・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・レンレンさん・Yukaちゃん・爺の7名
★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん・おっくん・レンレンさん







道の駅・大滝温泉 
GW中ということもあってキャンプ気分の家族が夜中まで騒がしく熟睡できませんでした (ノД`)
イメージ 1


上落合橋駐車場/トイレなし
イメージ 2


当初は299号から八丁隧道登山口~鎖ワールド~日向大谷を予定するが、おっくんから頂いた通行止め情報で急遽予定を変更(当日慌てる羽目にならず感謝です)
イメージ 3


イメージ 4

沢沿いを登る
イメージ 5




イメージ 6
Tanmaさんに八丁峠までの概略を聞かれたとき、ここのイメージしか残っていなかった自分にガックリでした。
イメージ 7


イメージ 8


八丁峠ベンチ
イメージ 9





鎖ワールドに突入!
全員、鎖に頼らない三点支持登山で頑張ります。




鎖初体験のでこちゃん、前をもろーさん・後ろをTanmaさんに指導&サポートしていただきました。
イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12


赤岳・横岳・硫黄岳/拡大可
イメージ 13



蓼科山/拡大可
イメージ 14



イメージ 15


イメージ 16



鎖初挑戦のでこちゃん、 鎖を使わず三点支持で奮闘中!    /拡大可
イメージ 17


Yukaちゃんも三点支持だけで頑張っています (^O^)v   /拡大可
イメージ 18


でこちゃん 三点支持を実践中!
イメージ 19


行蔵峠
イメージ 20


Tanmaさん全員無事通過するまで頑張ってね~(*^▽^*)
イメージ 21




対面の鎖場直登シーンを観察中です
イメージ 22
これ↓  /拡大可
イメージ 23
ズームしてみました  /拡大可
イメージ 24





上三枚目写真山女子が座っていた斜面を降ります/拡大可イメージ 25
↑と↓れ、同じ場所です/拡大可
イメージ 26



先ほど眺めていた直登鎖場に到着・山女子は鎖場の楽しさにハマったみたいですね~  /拡大可
イメージ 27


拡大可
イメージ 28


拡大可
イメージ 29
鎖場を連なって登るのはいかがなものかとお叱りを受けそうですが、今日は鎖に頼ることなく、三点支持で登る事を主題としたためこのような写真となりました。  /拡大可
イメージ 30

拡大可
イメージ 31


イメージ 32


ミニナイフリッジ/拡大可
イメージ 33
高い場所からミニナイフリッジをみれば・・・/拡大可
イメージ 34



鎖ワールド終盤/拡大可
イメージ 35


イメージ 36


もろーさん、Tanmaさん指導で三点支持(掴む石の安全度も確認しています)方法上達中のでこちゃん!
次回の鎖ワールドも楽しみですね♪  /拡大可
イメージ 37



唯一鎖確保地点・上から撮影/拡大可
イメージ 38

唯一鎖確保地点・下から撮影/拡大可
イメージ 39




数々の鎖場を無事にクリアして東岳に到着(^O^)v
イメージ 40

高さ慣れしたせいかレンレンさん凄い場所に座っていますよ~  /拡大可
イメージ 41



東岳以降はワープ走行で両神山に到着(^O^)v
イメージ 42







おまけ写真
イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45
三人が真剣に撮しているものは何でしょう?



イメージ 46
答えはハナネコノメソウでした♪
イメージ 47


稜線上で楽しみにしていたアカヤシオは蕾だらけで残念賞でした
イメージ 48
上落合橋で咲くアカヤシオ



下山後はパンケーキ好きの爺のために、おっくん夫妻が事前リサーチしてくれた「秩父ミューズパーク・MAPLEBASE」で至福のひとときを・・・(笑)  /拡大可
イメージ 49
拡大可
イメージ 50
拡大可
イメージ 51






《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》

2017.4.29(土)
ナビ設定/坂戸山P~道の駅・大滝温泉 181㌔ 3時間15分
立ち寄り温泉/秩父温泉・梵の湯
道の駅・大滝温泉 就寝19:00


2017.4.30(日)
大滝温泉で仲間と合流 4:50
大滝温泉発 4:57~上落合駐車場着 5:35


上落合八丁登山口発 5:48
~ 八丁峠まで0.9㌔ 6:07
~ 八丁峠まで0.4㌔ 6:28
~ 八丁峠 6:41-50
~ 両神山まで2.2㌔ 6:58
~ 行蔵峠 7:49
~ 西岳 8:01
~ 龍頭神社奥社 8:38
~ 東岳 9:20-50
~ 御嶽講石碑 10:23-30
~ 両神山 10:32-50
~ 上落合駐車場着 12:42




17.4.29 坂戸山イワウチワ花旅

2017年4月29日(土)晴れ・下山後雷雨
坂戸山イワウチワ花旅



越後三山登山地図の端っこに小さく載っている坂戸山!
六日町市民の山として家族連れで賑わう坂戸山は長尾正景や上杉景勝の居城跡として有名ですが、実は知る人ぞ知る花の名山なのです。
南魚沼市の天気予報が芳しくなかったので、下仁田の三ッ岩岳アカヤシオ花旅に振り替えるか散々迷いましたがイワウチワに軍配(笑)
自宅を早発ちして薬師尾根登山口を8時に出発、三合目から山頂手前までイワウチワ群生地が続き、CT60分が約2時間もかかったと書けば満足度がわかっていただけることでしょう。(笑)
下山に使った城坂コースは下調べなしの行き当たりばったりだったが・・・
カタクリ花道が延々と続き超ラッキーな山歩きを楽しむことができました (^O^)v  



☆今回もホームページを先行掲載しました
山行写真・ルート解説・ルート地図・コースタイムなどの詳細はHPでご確認下さい。
花の名山・坂戸山イワウチワ花旅



登山者用駐車場MAP/拡大可
イメージ 1


約25台駐車可/トイレなし
イメージ 2


鳥坂神社駐車場(トイレあり)は満車/拡大可
イメージ 3


薬師尾根登山口
イメージ 4



イメージ 5



坂戸薬師堂
イメージ 6



桜並木
イメージ 7


鳥居
イメージ 8


三合目
イメージ 9
イメージ 10

三合目から山頂直下まで階段が続く(;´Д`)
イメージ 11



そして、同じく三合目から山頂直下までイワウチワ群生地が続く♪  拡大可
イメージ 12



拡大可
イメージ 13



拡大可
イメージ 14



拡大可
イメージ 15


拡大可
イメージ 16


拡大可
イメージ 17


拡大可
イメージ 18



拡大可
イメージ 19



坂戸山/拡大可
イメージ 20


坂戸山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 21



大城へ向かう途中のカタクリ花道/拡大可
イメージ 22


大城/拡大可
イメージ 23















下山後は翌日の両神山鎖ワールドに備え、埼玉県の車中泊予定地「道の駅・大滝温泉」へ移動




梵の湯で汗を流す
イメージ 24


道の駅・大滝温泉で車中泊
イメージ 25



☆今回もホームページを先行掲載しました
山行写真・ルート解説・ルート地図・コースタイムなどの詳細はHPでご確認下さい。
花の名山・坂戸山イワウチワ花旅





17.4.22 納古山・西尾根花旅

2017.4.22(土)晴れ
納古山(岐阜県・のこやま)花旅

先行掲載したホームページで納古山花旅の詳細をご笑覧下さい。
《納古山・西尾根ヒカゲツツジ&アカヤシオ花旅》




愛知の山友マダラさんからお誘い頂いた16日の納古山花旅には個人的都合で参加出来なかったが、ヒカゲツツジとアカヤシオをセットで楽しめると伺い六日遅れで決行!
場所が岐阜だけに山仲間の参加はないものと思っていたら・・・
名古屋在住の息子さんに会うのでグッドタイミングだったと、東京から「こうちさん・えいちゃん」、そして、こうちさんのお声がけで三重在住「がんちゃん」も参加してくださいました。
花旅の趣味こそ同じですが、がんちゃんは爺と同い年で六甲全山縦走大会に何回も出場している強者です。

※去年のTanmaさんと歩いた六甲縦走では頂いた情報に助けられ宝塚まで歩き通すことができました。








イメージ 1



拡大可
イメージ 2


拡大可
イメージ 3


拡大可
イメージ 4


拡大可
イメージ 5


拡大可
イメージ 6


拡大可
イメージ 7


拡大可
イメージ 8




イメージ 9





イメージ 10






先行掲載したホームページで納古山花旅の詳細をご笑覧下さい。







17.4.15 坪山ヒカゲツツジ開花情報

2017.4.15(土)晴れ 
坪山ヒカゲツツジ開花情報

ヒカゲツツジ 六分咲き/20~23日が満開と思われる
イワウチワ 5~6株開花・蕾多し
ミツバツツジ 陽当たりの良い場所で一部開花・蕾多し
イワカガミ  蕾もなく開花時期不明





管理人ホームページ
坪山ヒカゲツツジ花旅

☆掲載写真撮影者/管理人・おっくん



ヒカゲツツジ・蕾多し
イメージ 1


イメージ 2


イワウチワ/数株のみ開花・蕾多し
イメージ 11



ヒカゲツツジ・蕾多し
イメージ 3



西ルートの中間地点・ヒカゲツツジ群生地で六分咲き♪
イメージ 4


西ルートの中間地点・ヒカゲツツジ群生地で六分咲き♪
イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7


西ルートの中間地点・ヒカゲツツジ群生地で六分咲き♪
イメージ 8
ネット情報が進んだ現在でも満開にタイミングを合わせての訪問は至難の業!
去年の大はずれ!(汗) と、比較すれば今年は上出来の花旅となり、今週末の坪山再訪を回避することができました(笑)






2008.4.15 撮影/西ルートの中間地点・ヒカゲツツジ群生地/拡大可
イメージ 9


2008.4.15 撮影/西ルート ミツバツツジ&ヒカゲツツジの競演/拡大可
イメージ 10


2008.4.15 撮影/イワウチワ群生地/拡大可
イメージ 12



17.4.8 花の名山・角田山

2017.4.8(土)曇り一時小雨
角田山・花旅
雪割草とカタクリの競演を楽しむ♪




雪割草のピークは過ぎていたけれど桜尾根&灯台尾根で残り花を楽しむことができました。
カタクリはドンピシャ!
桜尾根では一目1万本の大群生!(決してオーバーな表現ではないです)、灯台尾根ではカタクリ花道を楽しんできました(^O^)v
白花カタクリ情報/桜尾根で1輪、灯台尾根で5輪確認
白いカタクリは「幸福を呼び込む花」との事でした♪(ブロ友さん談)







★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/こうち隊・Tanmaさん・おっくん・レンレンさん・ゆうこりん・爺の7名
★掲載写真撮影者/管理人・こうちさん・えいちゃん・Tanmaさん・おっくん・レンレンさん・ゆうこりん


角田山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1


角田山高低図/拡大可
イメージ 2






角田浜駐車場(トイレあり)を出発
イメージ 3


車道歩きで桜尾根登山口着
イメージ 4


登山道に入るなり雪割草残り花の撮影会が始まる(*^▽^*)
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


ピークを過ぎているので、アップに耐えられる花探しがひと苦労です/拡大可
イメージ 8



イメージ 9



花の多さに大満足の山女子トリオ♪
イメージ 10



イメージ 11


イメージ 12


拡大可
イメージ 13




イメージ 14
マンウォッチング?
イメージ 15



拡大可
イメージ 16



桜尾根コース中盤以降は一目10000本のカタクリ群生地となる♪    拡大可
イメージ 17



イメージ 18
イメージ 19



イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23




白花カタクリ情報/桜尾根で1輪、灯台尾根で5輪確認
白いカタクリは「幸福を呼び込む」との事です♪(ブロ友さん談)     /拡大可
イメージ 24
おっくんが白花めっけ



最後の急坂をガンバ!
イメージ 25


灯台・桜尾根分岐点を通過すると木道歩きになり5分ほどで山頂に着く
イメージ 26


角田山・481.7m
イメージ 27



山頂で咲く雪割草
イメージ 28


イメージ 29


グーグルアース記載の観音堂・展望地(角田山東の肩)でランチタイム/拡大可
イメージ 30

イメージ 31



展望地より粟が岳方面(中央右寄り)  拡大可
イメージ 32
観音堂からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 33








灯台尾根編



三望平を通過
イメージ 34


爺はなにを撮しているのでしょ-?
イメージ 35


答え
こうち隊、ご夫婦で仲良くスッテンコロリの証拠写真でした~ (*^▽^*)
イメージ 36




泥んこ道を下るので、ゆうこりんは超慎重モードに・・・笑
イメージ 37


泥んこ道が終わると、いよいよカタクリ花道が始まります♪
イメージ 38



イメージ 39


拡大可
イメージ 40




白花カタクリ情報/桜尾根で1輪、灯台尾根で5輪確認
白いカタクリは「幸福を呼び込む」との事です♪(ブロ友さん談)
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 45
えいちゃんが白花めっけ



拡大可
イメージ 43



イメージ 44



拡大可
イメージ 46








イメージ 47
イメージ 48






角田山初参戦のこうち隊・この笑顔は満足満足大満足の証かもですね(^O^)v
イメージ 49





灯台尾根でも雪割草残り花を楽しむことができました♪   拡大可
イメージ 50


白い雪割草は「雄しべの色」に注目してください/拡大可
イメージ 52



拡大可
イメージ 53



拡大可
イメージ 51



拡大可
イメージ 54



イメージ 55


拡大可
イメージ 56



イメージ 59
花旅END






これ以降は景色を楽しみながらの下山となります/拡大可
イメージ 57


角田岬灯台/拡大可
イメージ 58
終わり





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野須坂東IC発 5:30~ 角田浜駐車場(トイレ有り)着 7:37

角田浜駐車場発 7:55
~ 桜尾根登山口 8:04
~ 石仏 10:28
~ 灯台・桜尾根分岐点 10:44
~ 角田山・481.7m着 10:47
~ 観音堂展望地 11:00-39(昼食)

~ 観音堂展望地発 11:39
~ 角田山山頂 11:49
~ 灯台・桜尾根分岐点 11:52
~ 三望平 12:02
~ 灯台R分岐点 12:08
~ 角田浜灯台 14:00
~ 判官舟隠し 14:07
~ 角田浜駐車場着 14:16


立ち寄り温泉
ふれあいパーク・てまりの湯  TEL 0256.97.1755 入浴料500円 


16:30 寺泊漁港で早夕飯して解散
イメージ 60

イメージ 61










17.3.30 セリバオーレンを求めて髻山へ

2017.3.30(木)晴れ
セリバオーレン群生地を求めて髻山へ

ブログチェックで長野市の髻山(もとどりやま)にセリバオーレン群生地があることを知り訪れてみたけれど結果は不発に!
来年は牟礼ルートをチェック予定なのでお楽しみに・・・(笑)





今回はチョコッとお出かけのため掲載写真は僅かです。

2010.7.3 三登山&髻山を参照して下さい(^O^)v


髻山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/478M 標高差/266.5M 累計標高/370M 所要時間/1時間21分


駐車場
イメージ 2


登山口へ/拡大可
イメージ 3

登山口・髻山マデ1870m
イメージ 4




イメージ 5





イメージ 6


髻山マデ770m
イメージ 7



髻山マデ610m
イメージ 8



髻山マデ380m
イメージ 9


観音清水/拡大可
イメージ 10

イメージ 11





観音清水からは木段に
イメージ 12


髻山マデ 220m(八方峠分岐点)
イメージ 13


残雪が多い
イメージ 14


今日は長靴&ジーパンで山爺スタイル (^O^)v
イメージ 15


そこが山頂
イメージ 16


髻山(もとどりやま)山頂 744.5m   拡大可
イメージ 17

拡大可
イメージ 18


ここ髻山には全国で48点しかない貴重な天測点が設置されています♪ 拡大可
イメージ 19

拡大可
イメージ 20

イメージ 21


髻山より/拡大可
イメージ 22

髻山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 23


拡大可
イメージ 24
ここに至るまでのルート上はもちろんのこと、山頂近辺もぐる~っと見回したがセリバオーレン群生地は見つかりませんでした(ノД`)



林道コースで下山




堀切/拡大可
イメージ 25

イメージ 26



林道はあっちこっち倒木だらけで難儀しました (;´Д`)
イメージ 27




吉村砂防ダム
イメージ 28


駐車場に到着/拡大可
イメージ 29

駐車場発 13:06
~ 登山口・
髻山マデ1870m 13:08
~ 髻山マデ770m 13:24
~ 髻山マデ610m 13:26
~ 髻山マデ380m 13:30
~ 観音清水 13:31
~ 髻山マデ 220m(八方峠分岐点)13:34
~ 牟礼R分岐点 13:39
~ 髻山山頂 13:40-48

~ 山頂発 13:48
~ 髻山マデ 220m(八方峠分岐点)13:51
~ 堀切 13:52
~ 三登山&八方峠分岐点 13:53
~ 林道歩き ~
~ 吉村砂防ダム 14:18
~ 駐車場着 14:27





17.3.25 仙人ヶ岳・ハナネコノメ花旅

3/25(土)晴れ
2017年花旅第二弾 
ブロ友さんと歩く、仙人ヶ岳花旅



★メンバー/でんさん夫妻・Tanmaさん・おっくん夫妻・レンレンさん・爺の7名
★掲載写真撮影者/管理人・おっくん夫妻・Tanmaさん・れんれんさん







管理人ホームページ

2017.3.25
仙人ヶ岳・ハナネコノメ花旅
※ルート写真&解説&CT・ルートMAP・パノラマ図解あり





仙人ヶ岳・ハナネコノメ特集

仙人ヶ岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1


仙人ヶ岳高低図/拡大可
イメージ 2
小俣北町駐車場標高/206m 標高差/456.9m 累積標高/868m 総歩行距離/9795m


岩切登山口
イメージ 3


ハナネコノメ撮影タイム♪


イメージ 6



拡大可
イメージ 7


拡大可
イメージ 8


拡大可
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11
拡大可
イメージ 12



拡大可
イメージ 13


拡大可
イメージ 14


拡大可
イメージ 15



イメージ 16
拡大可
イメージ 17




イメージ 18



イメージ 19


イメージ 20
ユリワサビ/拡大可
イメージ 21



イメージ 22



拡大可
イメージ 23



拡大可
イメージ 24



拡大可
イメージ 25


スミレ/拡大可
イメージ 26




拡大可
イメージ 27
アップで! /拡大可
イメージ 28



ハナネコノメ編マンウォッチング・最高におもろいで賞/拡大可
イメージ 29
拡大可
イメージ 30



拡大可
イメージ 31



拡大可
イメージ 32



拡大可
イメージ 33



拡大可
イメージ 34
ハナネコノメ特集・終わり





2017.3.25 仙人ヶ岳の写真

※ルート写真&解説&CT・ルートMAP・パノラマ図解あり








万葉自然公園・かたくりの里/拡大可イメージ 4

でんさんのブロ友・熊鷹さんに案内していただきました♪
イメージ 5



拡大可
イメージ 35



拡大可
イメージ 36



イメージ 37



イメージ 38


白花♪  拡大可
イメージ 39



拡大可
イメージ 40



拡大可
イメージ 41



イメージ 42


イメージ 43


イメージ 44

イメージ 45
かたくりの里編マンウォッチング・最高におもろいで賞(笑)  拡大可
イメージ 46






イメージ 47
イメージ 48

イメージ 49



熊鷹さん、ありがとうございました♪
イメージ 50



本日の〆は「麵屋ようすけ」の青竹手打ちラーメン&餃子
イメージ 51
TEL 0283.85.9221







17.3.18-20 猿山岬雪割草花旅&金沢観光

2017年花旅第一弾 
猿山岬ユキワリソウ花旅&金沢観光
骨休めの時間がない家内は連休でのドライブや観光が唯一の息抜き時間!
11月の連休以来、約4ヶ月振りに家内とドライブを楽しんできました(^O^)v


《爺の週間スケジュール》
介護母DS通所日の5時間は自由時間
土・日家内の言葉に甘えて山三昧(;´Д`)

《家内の週間スケジュール》
月~金=6時起床~夜の8時頃まで勤務・帰宅後介護母の入浴介助
土・日=介護母の世話
※年数回の連休時のみ介護母をショートステー骨休めができる♪




石川県・猿山岬 雪割草案内板/拡大可
(注)2017.3.18現在AーHーG区間倒木で通行止
イメージ 1


3/17 道の駅・ころ柿の里しか(温泉あり) 車中泊 泉質満足度★★★
3/18 娑婆捨駐車場
イメージ 2



前方の建物はトイレと管理棟
イメージ 3


保全協力金 300円を支払って猿山灯台へ
イメージ 4



イメージ 5


猿山灯台
イメージ 6


雪割草/拡大可
イメージ 7



拡大可
イメージ 8



拡大可
イメージ 9



拡大可
イメージ 10



拡大可
イメージ 11
雪割草の写真、管理人HPにたくさん掲載したので見て下さいね~(^O^)v




猿山岬の雪割草やコース図は下記HP参照













拡大可
イメージ 22

拡大可
イメージ 12




イメージ 13

拡大可
イメージ 14




トトロ岩?  /拡大可
イメージ 15





3/18
金沢駅/拡大可
イメージ 16



金沢100番街
イメージ 17

去年の横浜観光以来こいつにハマった爺です/拡大可
イメージ 18


「天然温泉・湯来楽」で入浴&晩ご飯 泉質満足度★★★

道の駅・内灘サンセットパークで車中泊







3/19
早朝の近江町市場 /拡大可
イメージ 19

いきいき亭で朝食
イメージ 20




イメージ 21





拡大可
イメージ 23

拡大可
イメージ 24



主計町茶屋街/拡大可
イメージ 25






ひがし茶屋街
イメージ 26



イメージ 27


拡大可
イメージ 28



イメージ 29

イメージ 30

昼食?(笑)    拡大可
イメージ 31





金沢城趾/拡大可
イメージ 32


拡大可
イメージ 33





長町武家屋敷
イメージ 34



3/19
金沢観光終了後は富山市駅前散策&回転寿司で遅ランチ
毎度おなじみの「海王温泉」&「道の駅・カモンパーク新湊」で車中泊

3/20 帰宅










17.3.12 四阿山スノーハイキング

2017年3月12日(日)晴れ
四阿山スノーハイキング
快晴の四阿山でブロ友さんとヒップソリを楽しむ♪

飯縄に続き当山も二週連続のTanamaさんにガイドをお願いして、今冬から雪山歩き挑戦中の「おっくん隊」「レンレンさん」と爺の5人で雪山ハイキングを楽しんできました(^O^)v




 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/Tanmaさん・おっくん隊・レンレンさん・爺の5名
★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん・れんれんさん・おっくん隊





四阿山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1



四阿山スノーハイク・ルートMAP/拡大可
イメージ 54




四阿山高低図/拡大可
イメージ 2
登山口駐車場標高/1443m 標高差/911m 累積標高/988m 総歩行距離/12012m



あずまや高原ホテル下の無料駐車場(トイレなし)
(注)冬季は除雪した処理雪があり駐車台数が限られる
(注)ホテルのトイレ使用可・200円

イメージ 3

イメージ 4
カーナビ・マップコード 341.001.516



あずまや高原ホテルの真横が登山口
イメージ 5


牧場ゲート
イメージ 6
イメージ 7


牧場樹林帯を進む
イメージ 8



放牧地に出れば一面の銀世界♪
左奥から根子岳・中四阿・目指す四阿山方面(中央) /拡大可
イメージ 9




放牧地を少~し上って大展望を楽しむ
イメージ 10

浅間山/拡大可
イメージ 11

中央アルプス・北アルプス展望/拡大可
イメージ 12



イメージ 13



時間経過と共に・・・
イメージ 14
明るさが増して北アルプスがクッキリ (^O^)v/拡大可
イメージ 15


放牧地内のダケカンバ林に入る
イメージ 16


放牧地最上段より望む高妻山/拡大可
イメージ 17


ここから登山モードに
イメージ 18


登山モードと言いながら景色が良い場所では道草モードに・・・笑  /拡大可
イメージ 19





ここからほんの気持ちだけ?急坂になりまっせ!
イメージ 20
ガイド役Tanmaさんからアイゼン装着の提案あるも全員ツボ足に挑戦!
イメージ 21





小腹がすいたので展望地で軽食タイム 9:18-32
イメージ 22

下の3枚=軽食タイム地より撮影
イメージ 23


槍方面/拡大可
イメージ 24
山座同定は山頂からのパノラマ図解参照

鹿島槍・五竜方面/拡大可
イメージ 25










下山時はここでもヒップソリを楽しむ(^O^)v
イメージ 26


このガレ場を通過するとほんの気持ちだけ急坂区間が終わりになるよ~
イメージ 27


急坂区間終了! 四阿・鳥居峠的岩分岐点(石祠あり) 9:41 
イメージ 28

四阿・鳥居峠的岩分岐点より/拡大可
イメージ 29



↑四阿・鳥居峠的岩分岐点を通過すれば四阿山まであとチョット!
イメージ 30



イメージ 31
根子岳分岐点に到着/喜びのポーズ?
イメージ 32




イメージ 33
摩訶不思議なな雪庇?を眺めながら
イメージ 34



山頂が見える (^O^)v
イメージ 35



拡大可
イメージ 36


Tanmaさん、カメハメ波ポーズ(笑)  /拡大可
イメージ 37







イメージ 38




イメージ 39





イメージ 40




山頂マデあとチョット
イメージ 41




イメージ 42



最後の急坂をファイトでございます(;´Д`)
イメージ 43






四阿山(2354m)10:32 到着
イメージ 44

拡大可
イメージ 45

Tanmaさ-ん、真っ黒日焼けで輪郭しか写っていないよ~笑  /拡大可
イメージ 46



標柱てっぺんの左右は日本海ですよ~♪ /拡大可
イメージ 47


拡大可
イメージ 48



四阿山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 49







ヒップソリで下山編






スライドショー&動画編・5分55秒







おまけ写真???/2枚とも拡大可
イメージ 50


二人はなにをやってるのかな~?  答えはこちらのページにあります(笑)
イメージ 51



山行後記
良き仲間に恵まれ北横岳・飯縄山・四阿山などの雪山ハイクでは「童心に帰りっぱなし」の楽しい日々を過ごすことができました(感謝)
来週からは花旅シリーズになりますが、これからも鈍足爺とのお付き合い宜しくお願いいたします。







《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発4:50-須坂経由-駐車場着5:50
※ゆきむら夢工房で待ち合わせしたTanmaさん・おっくん隊と合流
※トイレは「あずまや高原ホテル」利用料金・200円


駐車場発 6:25
~ 登山口 6:29
~ 牧場ゲート 6:39
~ 牧場 6:54
~ ダケカンバ林で小休止 7:41-46
~ 休憩 8:35-38
~ 展望地で軽食 9:18-32
~ 四阿・鳥居峠的岩分岐点 9:41-43
~ 根子岳分岐点 10:01-05
~ 四阿山(2354m)10:32-57
~ 四阿山発 10:57
~ 根子岳分岐(昼食)11:14-12:00
~ 里宮分岐点(石碑あり)13:14
~ 牧場ゲート 14:31
~ 登山口 14:38
~ 駐車場着 14:42

☆往路休憩:約28分
☆復路休憩:約71分
★合計休憩時間=約1時間39分
※山頂休憩は復路計算
★実動時間=約6時間38分
★合計所要時間=約8時間17分





下山後は上田市の「おおにし蕎麦」で蕎麦三昧のハズだったが、リサーチ不足(14時閉店)で東御市「湯楽里館」で入浴&食事に変更と相成りました(;´Д`)
立ち寄り温泉
湯楽里館 入浴料500円 TEL 0268-63-4126 泉質満足度★
地ビールだよ~(^O^)v
イメージ 52

イメージ 53




17.3.10 フルーツ・リュスティック

フルーツ・リュスティック
(ドライフルーツ入り田舎パン)

西友長野日詰店のパン工房で販売 TEL 026.222.4011


山屋にオススメ
登山用携行食・登山用非常食に最適な田舎パン!
★このタイプの田舎パンは有名デパートや街のパン屋さんでも製造販売されているが、「食感がパサパサで水なしでは食べられない」「味がイマイチ」「冬山など寒い場所ではカチコチに固くなる」「田舎パンなのに味の日持ちが悪い」などなどイマイチの部分が・・(ノД`)
西友の回し者ではありませんが、上記欠点をすべて克服した管理人イチオシの田舎パンなので機会があったらご試食ください(^O^)v



三枚とも拡大可
イメージ 2



(注)焼き上がりは11時過ぎです
イメージ 3



定価93円/税込み・1個100円 
イメージ 1







17.3.4 今週もブロ友さんと飯縄山へ

2017年3月4日(土)晴
今週もブロ友さんと飯縄山へ

二週連続参加のTanamaさん、飯縄山二回目のmizuoさん、爺の3名で飯縄山を楽しんで下山後は・・・
戸隠で厄払いを済ませたmomoさん・Paraさんと合流し、定番お蕎麦やさんの梯子と松代温泉で一日を締めくくりました(^O^)v


 

★メンバー/mizuoさん・Tanmaさん・爺の3名
★掲載写真撮影者/管理人・mizuoさん






一の鳥居苑地管理事務所駐車場(トイレ有り9
イメージ 1


別荘地を歩いて登山口へ
イメージ 2


南R登山口
イメージ 3


奥宮一の鳥居
イメージ 4


第五・地蔵菩薩
本人は「森の妖精」だと言ってますが、巷では地縛霊ではないかとの噂が・・・笑
イメージ 5




イメージ 6


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場) 冬道の激登りに備えエネルギー補給中!※伊藤さんの代役?
イメージ 7



冬道・1
イメージ 8

冬道・2
イメージ 9

冬道・3
イメージ 10


イメージ 11
爺も激登りルートを頑張っていますよ~(笑)
イメージ 12


第十三石仏を通過し森林限界に飛び出せばこんな素晴らしいご褒美が♪ 拡大可
イメージ 13


拡大可
イメージ 14
景色を楽しみながら南峰を目指す/拡大可
イメージ 15


momo隊との合流に時間的余裕があったので景色を楽しみながらノンビリ進む/拡大可
イメージ 16

南峰到着/拡大可
イメージ 17



飯縄大明神・飯縄山南峰 10:19-35
イメージ 18


毎年・毎週・毎日?石仏や奥宮の除雪をしているボランティアの方と会話が弾む
イメージ 19


イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23


下の3枚は改めて書き込む必要はないですね(^O^)v
イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26






飯縄山本峰へ





イメージ 27


イメージ 28

拡大可
イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31

飯縄山 1917.4M
イメージ 32


AM10:53-12:28 ポカポカ陽気に誘われ1時間30分 ノンビリ・マッタリしましたよ~♪
イメージ 33

イメージ 34


イメージ 35




下山編

アイゼン装着
イメージ 36


下山前に記念撮影/拡大可
イメージ 37


南峰にて/拡大可
イメージ 38


拡大可
イメージ 39




イメージ 40
樹林帯で尻セードを楽しむ♪
イメージ 41



無事に下山(^O^)v
イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44




イメージ 45
爺クールダウン中
イメージ 46




〆は戸隠でmomo隊と合流して蕎麦のハシゴ編


うずら家/拡大可
イメージ 47
Tanmaさん、大盛りざるそば2枚分の大権現をぺろっと食べる (゜д゜)
イメージ 48


よつかど蕎麦店・そば饅頭
イメージ 49

よつかど蕎麦店・ざるそば&大ざる
イメージ 50


飯縄山山行後記
今日はブロ友カブさんと登る予定だったがケガで参加出来なくなってしまいました。
この景色を見るとさぞ悔しいことと思いますが、飯縄山は逃げないのでケガが治ったら遊びにきてくださいね。 




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00 ~ 一の鳥居駐車場(トイレあり)6:45
※長野でmizuoさんと合流 ※Tanmaさんは現地駐車場で車中泊

一の鳥居管理事務所P発 7:06
~ 南ルート登山口 7:27
~ 奥宮一の鳥居 7:33  
~ 第一・不動明王 7:43   
~ 第二・釈迦如来 7:52   
~ 第三・文殊菩薩 7:58 
~ 第四・普賢菩薩 8:02
~ 第五・地蔵菩薩 8:06-09
~ 第六・弥勒菩薩 8:13
~ 第七・薬師如来 8:17
~ 第八・観音菩薩 8:21
~ 第九・勢至菩薩 8:25
~ 第十・阿弥陀如来 8:32
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)8:35-50
~ 冬道直登 ~
~ 天狗の硯岩 9:12
~ 第十三・虚空蔵菩薩 9:16
~ 休憩・撮影会 9:22-34
~ 休憩・撮影会 9:58-10:07
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 10:19-35
~ 飯縄山山頂着 10:53-12:28

~ 飯縄山山頂発 12:28
~ 飯縄南峰 12:39
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)13:13-19(アイゼン外す)
~ 第九・勢至菩薩 13:24
~ 第七・薬師如来 13:27
~ 第五・地蔵菩薩 13:31
~ 第三・文殊菩薩 13:35
~ 第一・不動明王 13:39
~ 奥宮一の鳥居 13:43
~ 南ルート登山口 13:47
~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 14:03


★合計休憩時間=約2時間30
★実動時間=約4時間27分
★合計所要時間=約6時間57分






17.2.26 ブロ友さんと雪の飯縄山・瑪瑙山へ

2017.2.26(日)曇り
ブロ友さんと飯縄山&瑪瑙山を楽しむ♪



 
★メンバー/こうちさん・えいちゃん・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・山浦さん・レンレンさん・爺の8名
★掲載写真撮影者/管理人・山浦プロカメラマン・Tanmaさん・こうちさん



飯縄山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1



ルートMAP/拡大可
イメージ 2



飯縄山・瑪瑙山高低図/拡大可
イメージ 3
一の鳥居駐車場標高/1113m 標高差/786.4m 累積標高/997m 総歩行距離/8644m


前日の25日、こうち隊、Tanmaさんは根子岳山スキーコースを堪能♪  拡大可
イメージ 4
翌日の曇天と比べ、根子岳ブルーが羨ましいですね(笑)
イメージ 5







2017.2.26 ブロ友さんと雪の飯縄山・瑪瑙山へ

下山予定の戸隠スキー場に車をデポし一の鳥居駐車場を出発
イメージ 6


今回は雪山初体験の山浦さん・レンレンさんが参戦
イメージ 7



イメージ 8


南ルート登山口
イメージ 9


青空が広がりアルプスもクッキリ! 期待大ですね~~♪
イメージ 10


登山口から第11石仏がある駒つなぎの場まではツボ足で大丈夫です。
イメージ 11


駒つなぎの場/これより冬道の激急登が始まる(;´Д`)
イメージ 12
ここでアイゼン装着を考えたが、アイスバーンではなかったので雪山初体験の山浦さん・レンレンさんにはキックステップの経験をしてもらうことに、仮にスリップダウンしても最後尾に経験豊富なこうち隊が控えていたので安心です(^O^)v

★まずは強靱な肉体の持ち主、Tanamaさんが先頭でステップを切ってくれました(感謝)
イメージ 13


Tanmaさんの努力でこんな激登りもツボ足で登ることができました♪
イメージ 14



急坂クリア後はゆとりが生まれブランコ遊びも・・・笑
イメージ 15


登りはじめは青空だったのに!
イメージ 16


女子隊の元気に曇り空もなんのその!
イメージ 17
女子隊に元気をわけてもらい南峰までガンバ!イメージ 18



青空が~~~
余談ですが、爺の足が長~く見えるこのアングルはナイスですね~(笑)
イメージ 19


南峰まであとチョット/拡大可
イメージ 20


南峰到着
イメージ 21


南峰でオチャラケポーズ
イメージ 22


拡大可
イメージ 24


拡大可
イメージ 25


拡大可
イメージ 26



山浦さん、体力持て余しぎみ・・・?
イメージ 27



曇天ながら無風状態の南峰でランチタイム
イメージ 23




曇天の飯縄山へ/拡大可
イメージ 28


イメージ 29


青空の下でここからの景色を見たかったなぁ~(ノД`)
イメージ 30



イメージ 31

イメージ 32


飯縄山 1917.4M
イメージ 33









瑪瑙山へ


曇天ながら無風状態のまま安定していたため予定通り瑪瑙山ルートで下山開始
イメージ 34


イメージ 35



拡大可
イメージ 36


振り返れば飯縄山/拡大可
イメージ 37



爺はなにをやってんだかね~(;´Д`)
イメージ 38



ミニナイフリッジ? /拡大可
※問題なく通過できるが南斜面(左側)の歩行は××
イメージ 39



ミニリッジをクリアすると岩場となり前方に瑪瑙山を確認できる/拡大可
イメージ 40


若干アイスバーン気味な雪面を慎重に下山
イメージ 41



鞍部付近まで下山、以後は危険箇所がないので雪山遊びが始まりました(笑)
イメージ 42


イメージ 43



雪のキャンバス
イメージ 44
えいちゃん、レンレンさんは何を描いたのでしょう? 
4枚すべて拡大可
イメージ 45

???
イメージ 46

答え
イメージ 47






雪遊び第一弾を終えて瑪瑙山へ
こちらの急登はこうちさん、えいちゃん、がステップを切ってくれました。
イメージ 48


拡大可
イメージ 49


全員怪我も無く瑪瑙山に到着♪
イメージ 50
あとは戸隠スキー場のゲレンデを下るだけです。
ゲレンデ内はスキーヤーに迷惑がかからぬようコース脇を歩くのが大原則ですが、天気が悪かったせいか下山コースはほぼ貸し切り状態・・・
ゲレンデの隅っこで尻セードを楽しませてもらいました((゜゜)(。。)ペコッ

イメージ 51
↓楽しかったひとコマひとコマを動画に編集しました(^O^)v
《動画編・4分24秒》
飯縄山&瑪瑙山・童心にかえって雪遊び♪










下山後は蕎麦のハシゴ
蕎麦の実
イメージ 52


横大門
イメージ 53


イメージ 54
横大門はお蕎麦を注文すると「蕎麦団子が2個」サービスで付いてきます♪
イメージ 55




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00~戸隠スキー場に車デポ


一の鳥居駐車場(トイレあり)発 7:36
~ 南ルート登山口 7:54
~ 一の鳥居 7:58
~ 第一・不動明王 8:08-13   
~ 第二・釈迦如来 8:21
~ 第三・文殊菩薩 8:25
~ 第四・普賢菩薩 8:28  
~ 第五・地蔵菩薩 8:32
~ 第六・弥勒菩薩 8:37
~ 第七・薬師如来 8:41
~ 第八・観音菩薩 8:45
~ 第九・勢至菩薩 8:50
~ 第十・阿弥陀如来 8:57
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:01-14
~ 第十三・虚空蔵菩薩 9:41
~ 休 憩 9:45-57
~ 休 憩 10:12-19  
~ 西・南ルート分岐点 10:26-32  
~ 旧奥宮の鳥居 10:41-48
~ 飯縄山南峰 10:51-11:35(昼食)
~ 飯縄山山頂着 11:44-51
~ 飯縄山発 11:51
~ 休 憩 12:40-44
~ 瑪瑙山(めのうやま)13:17-24
~ 戸隠スキー場ゲレンデを下る
~ 戸隠スキー場駐車場着 14:23




★休憩時間:約1時間51分
★実動時間:約4時間56分
★合計所要時間:約6時間47分


17.2.26 飯縄山・童心にかえって雪遊び♪

2017.2.26(日)曇り~雪
《動画編・4分24秒》
飯縄山&瑪瑙山・童心にかえって雪遊び♪









スライドショー・ファイルは山浦さん撮影
動画ファイルはTanmaさん撮影





17.2.26 飯縄山&瑪瑙山・予告編

2017.2.26(日)曇り
ブロ友さんと飯縄山&瑪瑙山へ・予告編

★メンバー/こうちさん・えいちゃん・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・山浦さん
・レンレンさん・爺の8名
★掲載写真撮影者/管理人・山浦プロカメラマン・Tanmaさん・こうちさん


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3
↑画像3枚拡大可


ブロ友さんと飯縄山&瑪瑙山はブログアップの前に「スライドシュー&動画」を予定しています。
只今編集中につき2016.5.8 飯縄山・瑪瑙山の動画をお楽しみ下さい♪






 


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00~戸隠スキー場に車デポ

一の鳥居駐車場(トイレあり)発 7:36
~ 南ルート登山口 7:54
~ 一の鳥居 7:58
~ 第一・不動明王 8:08-13   
~ 第二・釈迦如来 8:21
~ 第三・文殊菩薩 8:25
~ 第四・普賢菩薩 8:28  
~ 第五・地蔵菩薩 8:32
~ 第六・弥勒菩薩 8:37
~ 第七・薬師如来 8:41
~ 第八・観音菩薩 8:45
~ 第九・勢至菩薩 8:50
~ 第十・阿弥陀如来 8:57
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:01-14
~ 第十三・虚空蔵菩薩 9:41
~ 休 憩 9:45-57
~ 休 憩 10:12-19  
~ 西・南ルート分岐点 10:26-32  
~ 旧奥宮の鳥居 10:41-48
飯縄山南峰 10:51-11:35(昼食)
飯縄山山頂着 11:44-51
~ 休 憩 12:40-44
瑪瑙山(めのうやま)13:17-24
~ 戸隠スキー場ゲレンデを下る
~ 戸隠スキー場駐車場着 14:23



★休憩時間:約1時間51分
★実動時間:約4時間56分
★合計所要時間:約6時間47分



17.2.19 皆野アルプス縦走

2017年2月19日(日)晴れ
またしても雪の飯縄山は順延に・・・( ノД`)シクシク…

プチアルプスシリーズ第13弾
飯縄山を予定していたメンバーと秩父の皆野アルプスを歩く
皆野アルプスは展望の良さ! 痩せ尾根(稜線)歩き! アップダウンの多さ! などなど、プチアルプスの名に恥じぬ楽しい山でした♪


秩父在住のおっくん夫妻にはガイドや地図手配までお願いしたうえ、弟さんのワンボックスで大渕登山口(駐車場所無し)まで送っていただくなど至れり尽くせりのお世話をありがとうございました。




 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/おっくん・でこちゃん・mizuoさん・Tanmaさん・山浦さん・爺の6名
★掲載写真撮影者/管理人・mizuoさん・Tanmaさん・山浦プロカメラマン・おっくん



皆野アルプス鳥瞰図
イメージ 1


皆野アルプス高低図
イメージ 2
大渕登山口標高/163m 標高差/490m 累積標高/1046m 総歩行距離/7035m




皆野町観光協会・ハイキングマップDLサイト
上記サイトからも皆野アルプスMAPをダウンロードできますが、A4用紙二枚にプリントして持ち歩けるよう二分割しました。
★拡大表示後、地図上で右クリックして「画像を保存」を選択(保存場所は任意のフォルダ)してから印刷して下さい。
イメージ 3
皆野アルプスMAP ↑拡大可↓
イメージ 4



下山口・秩父華厳の滝駐車場(トイレあり)に全員の車をデポ/拡大可
イメージ 5

イメージ 7
カーナビ・マップコード 150-575-586





大渕登山口は駐車場がないため華厳の滝駐車場からここまで弟さんの車で送って頂きました♪
イメージ 6

イメージ 8
カーナビ・マップコード 150-520-854



大渕登山口を出発
イメージ 9


社で縦走安全祈願
イメージ 10


入山者カウンター
イメージ 11



イメージ 12
里山特有の初っぱなから急登に・・・(;´Д`)
イメージ 13


昨夜の雪が残る
イメージ 14


前原山 347m
イメージ 15






前原岩稜へ


イメージ 16
カメラを向けられとツイツイ・・・(笑)
イメージ 17



下りでおちゃらけても、上りは真剣そのもの(^O^)v
イメージ 18


前原岩稜
イメージ 19


前原岩稜より/拡大可
イメージ 20


前原岩稜より/拡大可
※山名は下記パノラマ図解参照
イメージ 21


前原岩稜パノラマ図解/拡大可
イメージ 22









男体拝へ





イメージ 23


要所要所に指導標が立つ
イメージ 24



イメージ 25
おっくん隊にもの、オチャラケ病が伝染したようですね~(*^▽^*)
イメージ 26


やたらめったらアップダウンが多い! 高低図参照
イメージ 27


なんの写真だかわからないですね~
爺のオチャラケ写真です (^O^)v
イメージ 28



男体拝
イメージ 29


男体拝からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 30






猿岩~破風山へ


破風山マデ 1.1㌔  猿岩マデ 0.6㌔
イメージ 31


激登りにウンザリ
イメージ 32



猿岩/拡大可
※岩頭まで登る場合は自己責任で
イメージ 33

猿岩を降りるときに丸印の箇所で山浦さんにアクシデント発生! 
幸い怪我も無く最後まで全員で楽しく歩き通すことができました (^O^)v
イメージ 60






破風山手前の樹林帯・写真中央左寄りに東屋が見える
イメージ 34


破風山(はっぷざん)626.5m
イメージ 35


破風山(はっぷざん)でランチタイム♪
イメージ 37



外秩父七峰方面・破風山より/拡大可
イメージ 36


破風山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 38







札立峠~如金さま~武蔵展望台~天狗山へ


イメージ 39


札立峠
イメージ 40



如金さま(ニョキンさま)
イメージ 41


痩せ稜線を歩く/拡大可
イメージ 59



武蔵展望台
イメージ 42


武蔵展望台からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 43



頭のない石仏
イメージ 44


天狗山を視認/拡大可
イメージ 45


下りで使った鎖場/拡大可
イメージ 46


またしても激登り
イメージ 47


天狗山
イメージ 48







秩父華厳の滝駐車場へ下山


イメージ 49



以下の写真に解説はいりませんよね~((*^▽^*)
イメージ 50
Tanmaさん挑戦中 ※なにを挑戦しているかは下の写真を順に見ればわかると思います(^O^)v


イメージ 51
でこちゃん挑戦中


イメージ 52
mizuoさん挑戦中


イメージ 53
爺、山浦さんの助太刀で挑戦中


イメージ 54
おっくん挑戦中




平板3枚(1枚欠落)橋
イメージ 55




イメージ 56


華厳の滝駐車場に到着(^O^)v
イメージ 57






秩父華厳の滝にて
イメージ 58






《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2/18(土)
ナビ設定・長野~皆野町役場 172㌔ 2時間40分
長野発 16:00~道の駅はなぞの 18:17(車中泊・後発の山浦さんと合流)


2/19(日)
皆野町役場集合 6:50~下山口、華厳の滝駐車場に全員の車をデポ 7:12
※弟さんの車で大渕登山口まで送っていただく。 (ありがとうございました)


大渕登山口発 7:38
~ 神社 7:39
~ 入山者カウンター 7:41
前原山(347m)8:03-14
前原岩稜 8:32-37
~ 長生荘バス停分岐 8:42
~ 二級基準点 9:17
男体拝 9:23-31
~ 風戸入り口バス停分岐(破風山まで1.1㌔・猿岩まで0.6㌔)9:36
猿岩 9:53-10:10
~ 東屋 10:18
破風山(625.5m)10:23-11:12(昼食)
~ 野巻分岐点 11:19
~ 札立峠 11:23
~ 富士山浅間大神石碑 11:34
如金さま 11:38
鞍掛山(629.2m)11:40-46
~ クサリ① 11:50
武蔵展望台 11:51
~ クサリ② 11:57
大前山(653m)12:02-06
~ 頭のない石仏 12:07-08
~ クサリ③ 12:12
~ 大前近道分岐・上 12:14
天狗山(祠)12:20-29
~ 小峰山分岐(小峰山方面踏み跡不明瞭)12:30
~ 大前近道分岐・下 12:48
~ 集落内指導標① 12:51
~ 集落内指導標② 12:53
~ 平板3枚(1枚欠落)橋 13:06
~ 丸太橋 13:14
~ 木橋 13:16
~ 車道歩き
~ 秩父華厳の滝駐車場(トイレあり)13:20


★合計休憩時間=約1時間49分
★実動時間=約3時間57分
★合計所要時間=約5時間42分


立ち寄り温泉
秩父川端温泉・梵の湯  
入浴料880円(平日は安い) TEL 0494-62-0620 泉質満足度★★★

17.2.12 北横岳スノーハイク

2017.2.12(日)晴れ
初参加おっくん夫妻&ブロ友さんと北横岳へ
当初は三連チャンで飯縄山の予定だったが雪マークのため予定変更し、雪の北横岳を童心にかえって楽しんできました♪





管理人ホームページ
2007.8.11 北横岳・三ッ岳・雨池山・縞枯山


★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/こうちさん・えいちゃん・おっくん・でこちゃん・Tanmaさん・爺の6名
★掲載写真撮影者/管理人・こうちさん・Tanmaさん



北横岳鳥瞰図
イメージ 2

イメージ 1
北横岳RW駐車場マップコード 218.831.708



北横岳高低図
イメージ 59
北横RW駐車場標高/1768m 標高差/712m 累積標高/500m 総歩行距離/7829m



北横岳RW山頂駅より(レストラン・トイレあり)

イメージ 3



北横岳RW山頂駅より/拡大可
イメージ 7




イメージ 4
北横RW始発 8:40に乗車(片道1000円)、山頂駅で登山口から登ったTanmaさんと合流
イメージ 5


左から・えいちゃん、でこちゃん、おっくん
イメージ 6


北横岳スノーハイクの始まり♪
イメージ 8


先ずは坪庭へ
イメージ 9


今回が初参加・おっくん
イメージ 10


今回が初参加・でこちゃん
イメージ 11


ちびっこモンスター /拡大可
イメージ 12
坪庭にて


兄弟モンスター/拡大可
イメージ 13
坪庭にて



坪庭通過後は本格的登山道になる
イメージ 14



拡大可
イメージ 15


たまに雪がバサバサっと頭に落ちてきまっせ(*^▽^*)
イメージ 16


北横岳ヒュッテ(トイレあり)  ここまでくれば山頂マデあとチョット!
イメージ 17


最後の急坂を頑張れば・・・
イメージ 18


南峰手前で視界が一気に開ける♪   拡大可
イメージ 19


北横岳南峰・三角点あり  ※南峰からの景色は下山時写真で掲載します
イメージ 20


本峰へ向かう/拡大可
イメージ 21



拡大可
イメージ 22



北横岳・2480m
イメージ 24



北横岳山頂より/拡大可
イメージ 23



北横岳からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 60






本峰~南峰~北横岳ヒュッテ~三ッ岩下山編


北横・南峰にて
イメージ 25


北横・南峰にて
イメージ 26


北横・南峰より/拡大可
イメージ 27


北横・南峰より/拡大可
イメージ 28



北横岳ヒュッテ 11:04-24(仲間は七ッ池へ向かう)
※ここで休憩中に「勤労者山岳連盟・まみくとい山の会」の方と楽しくお話しさせていただきました♪

イメージ 29
爺以外の仲間は七ッ池を楽しむ
イメージ 30


三ッ岳分岐点
イメージ 31
イメージ 32


前方の尖り岩が三ッ岳Ⅲ峰/拡大可
イメージ 33
拡大可
イメージ 34



拡大可
イメージ 35



イメージ 36



三ッ岳Ⅲ峰/拡大可
イメージ 37


怖いもの知らずのTanmaさん (*^▽^*)  拡大可
イメージ 38


へっぴり腰の爺 (;´Д`)
イメージ 39


三ッ岳Ⅲ峰
イメージ 40







三ッ岳Ⅲ峰~三ッ岳分岐点~RW山頂駅~RW駐車場下山編



この写真では分かり難いですが・・・
イメージ 41
踏み跡を外したこうちさん、ズボッと腰までハマってしまいました(笑)
イメージ 42



三ッ岳Ⅲ峰直下から北横岳展望/拡大可
イメージ 43


途中の無風地帯でランチタイム
イメージ 44
爺は濃厚とん汁
イメージ 45



北横RW山頂駅まで戻ってきました(アイゼンを外す)
イメージ 46


冬期登山道で駐車場まで下山
イメージ 47





以後は童心にかえって雪と遊ぶ写真をお楽しみ下さい(^O^)v


イメージ 48




イメージ 50



イメージ 49



イメージ 51



イメージ 52



イメージ 53




イメージ 54



イメージ 55



イメージ 56



イメージ 57


楽しかったですね~
皆さん今日はお付き合いいただきありがとうございました
イメージ 58



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00~北横RW駐車場(トイレあり)着 8:00
北横RW始発 8:40に乗車(片道1000円)、山頂駅で登山口から登ったTanmaさんと合流

北横RW山頂駅発 9:16
~ 第2休憩所 9:26-29
~ 休憩 9:47-52
~ 三ッ岳分岐 10:00
~ 北横岳ヒュッテ 10:04-12
~ 北横南峰(三角点)10:25-26
~ 北横岳(2480m)10:30-43
~ 北横南峰 10:48-53
~ 北横岳ヒュッテ 11:04-24(仲間は七ッ池へ向かう)
~ 三ッ岳分岐 11:28
~ 三ッ岳三峰 11:45-53
~ ランチタイム 12:03-34
~ 三ッ岳分岐 12:46
~ 第2休憩所 13:03
~ 北横RW山頂駅 13:10-23(アイゼン外す)
~ 冬期登山道を尻セード楽しみながら下山    
~ 北横RW駐車場着 14:16    



★合計休憩時間=約1時間44分
★実動時間=約3時間16分
★合計所要時間=約5時間



17.2.4 今週も飯縄山へ

2017年2月4日(土)晴
今週も飯縄山へ


天気に恵まれ北アルプス大展望を楽しみながら4時間かけてユックリ登山♪
山頂では360°大パノラマ!
そして風ひとつ無いポカポカ陽気に誘われ2時間の大休憩♪
過去登山とはひと味も二味も違う飯縄山を満喫してきました(^O^)v






★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/ソロ登山
★掲載写真撮影者/管理人




一の鳥居管理事務所駐車場
イメージ 1



別荘地から望む飯縄山南峰/拡大可
イメージ 2



飯縄山南峰・南R登山口手前より/拡大可
イメージ 3


南R登山口
イメージ 4


奥宮一の鳥居
イメージ 5



第五・地蔵菩薩
イメージ 6
第五・地蔵菩薩より飯縄山南峰を望む/拡大可
イメージ 7



第六・弥勒菩薩より/拡大可
イメージ 8



第七・薬師如来
イメージ 9
第七・薬師如来より/拡大可
イメージ 10



馬頭観音
イメージ 11
ここまでは足慣らしです・馬頭観音より/拡大可
イメージ 12
※赤ラインが駒つなぎの場/これより上部は冬道の急登となる




イメージ 14
第十一・阿閃如来(駒つなぎの場・アイゼン装着)
イメージ 13
今年初アイゼンで大チョンボ!
ここまで書けば「あれをやったな~!」と、皆さんはピーンときたことでしょ~(;゚Д゚)

そうなんです、歩き始め一歩目で見事に大転倒してしまいました!

載せるのも恥ずかしい転倒原因写真です(笑)
イメージ 15



転倒が平坦地で良かったと気分一新して直登コースに挑む/拡大可
イメージ 16



拡大可
イメージ 17


拡大可
イメージ 18



第十三・虚空蔵菩薩
イメージ 19



拡大可
イメージ 20
第十三・虚空蔵菩薩を通過後、ここをひと頑張りすれば視界が一気に開ける ↓   拡大可
イメージ 21
第1VPより/拡大可
イメージ 22


第1VP通過し森林限界に飛び出せば展望を思う存分楽しめる♪  拡大可
イメージ 23
こんな感じに・・・    拡大可
イメージ 24



飯縄山南峰/拡大可
イメージ 25


北アルプス/拡大可
イメージ 26


八ヶ岳/拡大可
イメージ 27


槍/拡大可
イメージ 28



五竜・武田菱/拡大可
イメージ 29


近そうで遠い飯縄山南峰/拡大可
イメージ 30
この場所は平坦に見えるけどそこそこ斜度があります  拡大可
イメージ 31
 左から根子岳・浅間山・ブロ友カブさんが登っている湯の丸山を展望


拡大可
イメージ 32


旧奥宮の鳥居
イメージ 33


飯縄山南峰より/拡大可
イメージ 34


飯縄山南峰より/拡大可
イメージ 35


南峰より飯縄山本峰を望む/拡大可
イメージ 36


左から高妻山・焼山・火打山・妙高・妙高の手前に黒姫山/拡大可
イメージ 37


本峰へ向かう/拡大可
イメージ 38


雪庇崩壊/拡大可
イメージ 39


拡大可
イメージ 40


スケッチを楽しむ登山者
イメージ 41


飯縄山 1917.4m
イメージ 42



南峰と北アルプス/拡大可
イメージ 43


北アルプス/拡大可
イメージ 44


戸隠連峰・高妻・火打/拡大可
イメージ 45


焼山・火打山・妙高山・黒姫山/拡大可
イメージ 46


富士山・八ヶ岳/拡大可
イメージ 47



飯縄山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 48


ランチタイム♪
イメージ 49



飯縄山鳥瞰図/拡大可
イメージ 50
一の鳥居P標高/1131M 標高差/786.4M 上り累計/849M 総歩行距離/8040M


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:15 ~ 一の鳥居駐車場(トイレあり)6:56

一の鳥居管理事務所P発 7:14
~ 南ルート登山口 7:34
~ 奥宮一の鳥居 7:38  
~ 第一・不動明王 7:48   
~ 第二・釈迦如来 7:57-8:03   
~ 第三・文殊菩薩 8:06 
~ 第四・普賢菩薩 8:10
~ 第五・地蔵菩薩 8:14
~ 第六・弥勒菩薩 8:19
~ 第七・薬師如来 8:22
~ 第八・観音菩薩 8:28
~ 第九・勢至菩薩 8:31
~ 第十・阿弥陀如来 8:37
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)8:41-58(アイゼン装着)
~ 冬道直登 ~
~ 天狗の硯岩 9:23-27
~ 第十三・虚空蔵菩薩 9:31
~ 西・南ルート分岐点 10:18
~ 旧奥宮 10:26-34
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 10:37-52
~ 飯縄山山頂着 11:11-13:00

飯縄山山頂発 13:00
~ 飯縄南峰 13:11-27
~ 旧奥宮 13:29
~ 第十三・虚空蔵菩薩 13:47
~ 天狗の硯岩 13:49
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)14:00-10
~ 第九・勢至菩薩 14:14
~ 第七・薬師如来 14:20
~ 第五・地蔵菩薩 14:23
~ 第三・文殊菩薩 14:27
~ 第一・不動明王 14:33
~ 奥宮一の鳥居 14:37
~ 南ルート登山口 14:40
~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 14:53


☆往路休憩:約49分
☆復路休憩:約2時間14分
★合計休憩時間=約3時間03分
※山頂休憩時間は復路計算
★実動時間=約4時間36分
★合計所要時間=約7時間39分

17.1.28 病み上がりで飯縄山へ

2017年1月28日(土)曇-晴
病み上がりでの飯縄山はキツかった~(>o<) 

風邪で(インフルではありません)7日間寝込んだ後の雪山歩き!
ツボ足で登れる雪質だったがキックステップの体力がなく
あっちでズルッ! こっちでズルッ!
駒つなぎでアイゼンをはめておけばと思うも後の祭りであった(ノД`)


 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/伊藤さん・管理人
★掲載写真撮影者/管理人・伊藤さん

飯縄山鳥瞰図
イメージ 1


飯縄山高低図
イメージ 2
一の鳥居P標高/1131M 標高差/786.4M 上り累計/849M 総歩行距離/7839M




一の鳥居管理事務所駐車場(トイレあり)
イメージ 3

イメージ 4
マップコード 54.420.850


車道歩きで登山口へ
イメージ 5



南ルート登山口
イメージ 6


奥宮一の鳥居
イメージ 7


第一・不動明王
イメージ 8


駒つなぎまではツボ足で大丈夫
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場) 
ここから冬道の直登になるのでアイゼン装着をお薦めします
イメージ 12


伊藤さん、気合いがはいっているね~♪
イメージ 13


冬道直登! モデルは三河からお越しの皆さん  /拡大可
イメージ 14


ガンガンのっぼていく伊藤さん(上の写真と同じ場所から撮影) 拡大可
イメージ 15



三河隊の皆さんも気合いがはいっていますね~   /拡大可
イメージ 16



三河隊/赤いスパッツの女性は雪山初体験とのことでした
イメージ 17


第十三・虚空蔵菩薩
イメージ 18


赤いスパッツの女性
雪山初体験といいながらハイペースで登っていきます(スゴ~イ)
イメージ 19


急登場所の写真はすべて三河隊の皆さんです
イメージ 20


上空はガスったり・・・
イメージ 21


晴れたり・・・   イメージ 22

またガスって・・・
イメージ 23


下界は雲の中
イメージ 25




拡大可
イメージ 24



爺、くたびれています (;´Д`)
イメージ 26



あとひと頑張りで南峰/拡大可
イメージ 27


旧奥宮跡の鳥居
イメージ 28


飯縄山南峰より/拡大可
イメージ 29



飯縄山南峰・奥宮/拡大可
イメージ 30


本峰へ向かう/拡大可
イメージ 31



イメージ 32



イメージ 33


飯縄山山頂より/拡大可
イメージ 34

↑のパノラマ図解/拡大可
イメージ 35








下山編


一瞬の浅間山/拡大可
イメージ 36



一瞬だけの浅間山/拡大可
イメージ 37




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 7:10 ~ 一の鳥居駐車場(トイレあり)8:10

一の鳥居管理事務所P発 8:22
~ 南ルート登山口 8:39
~ 奥宮一の鳥居 8:45  
~ 第一・不動明王 8:55   
~ 第二・釈迦如来 9:06  
~ 第三・文殊菩薩 9:10 
~ 第四・普賢菩薩 9:13
~ 第五・地蔵菩薩 9:17
~ 第六・弥勒菩薩 9:21
~ 第七・薬師如来 9:25 
~ 第八・観音菩薩 9:29
~ 第九・勢至菩薩 9:32 
~ 第十・阿弥陀如来 9:38
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:42-53
~ 冬道直登 ~
~ 天狗の硯岩 10:17  
~ 第十三・虚空蔵菩薩 10:22
~ 西・南ルート分岐点 10:56-11:01
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 11:13
~ 飯縄山山頂着 11:30-51


 飯縄山山頂発 11:51
~ 飯縄南峰 12:06
~ 西・南ルート分岐点 12:13
~ 第十三・虚空蔵菩薩 12:25
~ 天狗の硯岩 12:27
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)12:42
~ 第九・勢至菩薩 12:46
~ 第七・薬師如来 12:50
~ 第五・地蔵菩薩 12:56
~ 第三・文殊菩薩 13:02
~ 第一・不動明王 13:08
~ 奥宮一の鳥居 13:13
~ 南ルート登山口 13:16
~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 13:34

☆往路休憩:約16分
☆復路休憩:約21分
★合計休憩時間=約37分
※山頂休憩時間は復路計算
★実動時間=約4時間35分
★合計所要時間=約5時間12分


17.1.7 氷の芸術シモバシラの華特集(HP編)



ホームページに「シモバシラの華特集」をアップしましたので、お時間のあるときに訪問宜しくお願いいたします


2017.1.7
氷の芸術シモバシラの華・高尾山-景信山















17.1.7 高尾山~景信山 氷の華・シモバシラ花旅

2017.1.7(土)晴れ
高尾山~景信山 氷の華・シモバシラ花旅


この三連休で八王子の気温が氷点下になり、かつ晴れている日を狙ってシモバシラ花旅を企画
小田原からもろーさん、埼玉からおっくん夫妻、山浦さん、爺、長野隊山女子レンレンさん・ゆうこりん・Yukaちゃん、総勢8名の予定だったが、体調不良と日程合わずなどのため長野隊3名で高尾山-景信山を歩いてきました♪

山浦さん、Yukaちゃん共に高尾山は初見参!
当然の如く、シモバシラの華と出合えれば初対面!
3日のシモバシラ下見山行は不発に終わったが本日の結果は如何に・・・?



★メンバー/山浦さん・Yukaちゃん・後半合流こうち隊・爺の5名
※こうち隊は酉年に合わせ大月の鶴ヶ鳥屋山に登る予定でしたが時間のやりくりがつかず、
長野隊に合流すべく日影登山口から小仏城山経由で登ってきてくださいました。

★掲載写真撮影者/管理人・こうちさん




こうち隊・ヤマレコ
今年のシモバシラは?





高尾山-小仏城山-景信山ルートMAP/拡大可
イメージ 1


高尾山~景信山鳥瞰図/拡大可
イメージ 2



高尾山-小仏城山-景信山高低図/拡大可
イメージ 3
高尾山口駐車場標高/187m 標高差/540.1m 累積標高/1228m 総歩行距離/17362m



高尾山口有料駐車場 AM 4:07出発
イメージ 4

イメージ 55
マップコード 23.167.507






イメージ 5


3日と同じ稲荷山ルート登山口
イメージ 6



イメージ 7


稲荷山(東屋あり)展望台 AM 4:49
イメージ 8


稲荷山(東屋あり)展望台より/拡大可
イメージ 9


6号路分岐点(ベンチあり)
イメージ 10


5号路分岐点
イメージ 11


高尾山(トイレあり) AM 5:54
イメージ 12


高尾山より/拡大可
イメージ 13




小仏城山へ


一丁平園地(トイレあり) AM 6:44  疲れたぶりっ子の山浦さん(笑) 
イメージ 14


AM 6:51 小仏城山でのご来光を目指し皆で頑張ったが間に合いませんでした(ノД`)   拡大可
イメージ 15


AM 7:06 小仏城山にて/拡大可
イメージ 16


小仏城山にて/拡大可
イメージ 17


AM 7:06 小仏城山(茶屋・トイレあり)
イメージ 18






景信山へ


旧茶屋跡? 石祠・ベンチあり
イメージ 19

旧茶屋跡? 石祠・ベンチありより/拡大可
イメージ 20


小仏峠 AM 7:52
イメージ 21


景信山が近づく
イメージ 22


景信山
イメージ 23


景信山より/拡大可
イメージ 24


景信山(茶屋・トイレあり) AM 8:42-9:08
イメージ 25




高尾山へ戻る



景信山下山途中で日影登山口から登ってこられたブロ友こうち隊と合流♪
新年のご挨拶をすませ一緒に高尾山薬王院へむかいます。
イメージ 26


まずは小仏城山へ
イメージ 27


山浦さん まだ体力が有り余っているって感じですね~
イメージ 28



小仏城山
イメージ 30

名物のナメコ汁でエネルギー充填
イメージ 31

小仏城山にて
イメージ 29






もみじ台~高尾山へ


シモバシラ撮影中 (^O^)v
イメージ 32


もみじ台へ・試練のロング階段
イメージ 33


もみじ台 AM 11:14
イメージ 34




イメージ 35
↑本日最後の試練! 高尾山への石段 ↓ (;´Д`)
イメージ 36


AM 11:25 本日二度目の高尾山をゲット (^O^)v
イメージ 37


あれれ・・・、こんなに明るくなってしまったけれどシモバシラの華はどうだったの? ですよね~
お待たせしてすみませんでした。
株数が少ないながらも無事ゲットすることができました♪


シモバシラの華・すべて拡大可
イメージ 47




イメージ 48




イメージ 49




イメージ 50




イメージ 51




イメージ 52




イメージ 53




ホームページ
氷の芸術シモバシラの華特集in高尾山-景信山

イメージ 54












リフト乗り場に向けて下山


イメージ 38


こうち隊とはここでお別れ 
イメージ 39


銭洗辯天にて ☆お金持ちは誰かなぁ~(*^_^*)
イメージ 40

長時間待ちだったら諦めるつもりだった天狗焼きだったが・・・
なんと! なんと! 薬王院でお別れしたはずの「こうち夫妻」が長野隊の為に並んでいてくれたのです~(嬉しい! ありがとうございます)
イメージ 41

イメージ 42
こうちさん ありがとうございました♪



そして、次回訪問が不確定な山浦さん・Yukaちゃんに・・・(笑)
イメージ 43


リフトで下山
イメージ 44

ケーブルカー乗り場前広場
イメージ 45

PM 13:01 予定時刻通りに下山しました (^O^)v
イメージ 46



2017.1.6(金)
長野発18:00~上里SAで夕食~高坂SAで車中泊 21:05
2017.1.7(土)
高坂SA・起床&朝食 2:00(単独運転で参加のYukaちゃんと合流し3時出発)~高尾山口駐車場(トイレあり)着 3:50


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
駐車場発 4:07
~ 稲荷山R登山口 4:14
~ 旭稲荷 4:20
~ 稲荷山(東屋)4:49-5:01
~ 6号路分岐(ベンチ)5:22
~ 5号路分岐(ベンチ)5:33-37
~ トイレ・水道 5:51
高尾山(599m・トイレあり)5:54-6:10
~ 一丁平(トイレあり)6:44
~ 展望台・東屋 6:46
~ ご来光タイム 6:51-57
小仏城山(670.3m・トイレあり)7:06-31
~ ベンチ&石祠 7:48
~ 小仏峠 7:52
景信山(727.1m・トイレあり)8:42-9:08

景信山発 9:08(下山途中でこうち隊と合流)
~ 小仏峠 9:35
~ ベンチ・石祠 9:40
~ 小仏城山 9:57-10:31
~ 一丁平 10:52
~ 紅葉台階段 11:04
~ 紅葉台 11:14
~ 高尾山 11:25
~ 薬王院 11:42-47
~ 銭洗辯天 11:51-54
~ 名物・天狗焼き 12:11-25
~ 名物・団子 12:26-34
~ リフト乗り場 12:38
~ ケーブル駅 12:54
~ 駐車場着 13:01


☆往路休憩:約53分
☆復路休憩:約89分
★合計休憩時間=約2時間22分
※山頂休憩時間は復路計算
★実動時間=約6時間32分
★合計所要時間=約8時間54分





17.1.3 高尾山-城山 氷の花シモバシラ下見&初詣登山

2017.1.3(火)晴れ
高尾山・城山 氷の華シモバシラ下見&初詣登山

今年もシモバシラの華を見たさに高尾山にきましたよ~(笑)
しか~し、朝の四時なのに冷気を全く感じない(;´Д`)
山頂に着けば冷え込んでいるだろうとの期待もむなしく、一丁平付近は既に泥濘(ぬかるみ)はじめているではないか・・・
この段階でシモバシラは諦めて城山でのご来光GETと、もも夫妻とランデブー&初詣、そして天狗焼き食べるゾ~に気持ちをチェ~ンジ(笑)


小仏城山には所沢からの男性二人がおられ、話を伺うと毎年ご来光目的で前夜から城山に登り、テント泊でなく「重ね着」だけで深夜の寒さをしのいでいるとの話にビックリ仰天!
世の中には凄い人達がいるもんですね~!


さらに、お二人から爺の地元「冬の飯縄山も訪れてみたい」との嬉しい言葉にニンマリ!!
楽しいひとときをありがとうございました♪



★メンバー/ソロ登山
★掲載写真撮影者/管理人



高尾山・シモバシラの華 参考ページ
イメージ 3





イメージ 1




イメージ 2
高尾山口駐車場標高/187m 標高差/483.3m 累積標高/851m 総歩行距離/13677m




高尾山口駐車場(トイレあり)平日最大800円 土日際最大1000円
AM4:00 この時間は疎らですが7時30分頃には満車との事でした
イメージ 4

イメージ 5
カーナビ・マップコード 23.167.507

京王高尾山口駅
イメージ 6


ケーブルカー乗り場
イメージ 7


AM 4:06 ケーブルカー駅真横・稲荷山コース登山口
イメージ 8


旭稲荷で山行安全祈願
イメージ 9


AM 4:41 稲荷山展望台・東屋より /拡大可
イメージ 10

拡大可
イメージ 11



このルート階段が多いんです(;´Д`)
イメージ 12


6号路分岐(ベンチ)
イメージ 13



AM 5:13  5号路分岐(ベンチ)
正面階段を200㍍ほど頑張れば高尾山山頂だが1.5億円トイレ方面へ巻きます
イメージ 14


3.6号路分岐
イメージ 15



1.5億円トイレ
イメージ 16


AM 5:33 高尾山
イメージ 17

高尾山より/拡大可
イメージ 18






小仏城山へ向かいます



一丁平のトイレ
イメージ 19


展望台東屋でコーヒータイム♪   AM 6:12-32
イメージ 20


小仏城山へ最後の階段を上る
イメージ 21


小仏城山(トイレあり)  AM6:45-7:54
イメージ 22


拡大可
イメージ 23



AM 6:58 ご来光タイム♪ 拡大可
イメージ 24


拡大可
イメージ 25


拡大可
イメージ 26


紅富士/拡大可
イメージ 27


後ろ姿ですが所沢からのお二人/拡大可
イメージ 28




シモバシラの穴場まで行ったが影も形もなかったので景信山はパスして引き返す事に決定!




引き返し中に一株だけめっけ!
イメージ 29


もみじ台
イメージ 30

もみじ台より/拡大可
イメージ 31



高尾山で千葉の山友・もも夫妻と新年のご挨拶 ※美味しい最中ありがとうございました♪
イメージ 32


江ノ島・高尾山より/拡大可
イメージ 33


薬王院(お寺です)で初詣
イメージ 34


本日の〆は天狗焼き・この段階で20分待ち
イメージ 35
1人12個限定ながら現場は大忙しでした
イメージ 36

イメージ 37
爺が買い終わった時は長蛇の列に・・・    ここまで並んだら爺は買うのを諦めますね(笑)
イメージ 38


いつもだとケーブルかリフトで下山するが2017年初登りなので1号路で下山 (^O^)v
イメージ 39

ケーブル駅入り口
イメージ 40


京王高尾山口駅
イメージ 41


下山・当然の如く満車でした
イメージ 42





2017.1.2(月)
長野発14:20~事故渋滞のため寄居PAで車中泊 17:00
2017.1.3(火)
寄居PA発 2:00~高坂SAで朝食~高尾山口駐車場(トイレあり)着 3:40


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
駐車場発 4:00
~ 稲荷山R登山口 4:06
~ 旭稲荷 4:12
~ 稲荷山(東屋)4:40-43
~ 6号路分岐(ベンチ)5:03
~ 5号路分岐(ベンチ)5:13
~ 3.6号路分岐 5:16
~ トイレ・水道 5:20-29
高尾山(599M・トイレあり)5:33-42
~ 一丁平(トイレあり)6:09
~ 展望台・東屋 6:12-32
小仏城山(670.3M・トイレあり)6:45-7:54

小仏城山発 7:54
~ 一丁平 8:20
~ 紅葉台階段 8:29
~ 紅葉台 8:41-9:06
~ 高尾山・ももご夫妻と新年のご挨拶 9:10-20
~ 薬王院 9:35
~ 天狗焼き 9:50-11
~ 1号路で下山
~ ケーブル駅入り口 10:30
~ 駐車場着 10:35



☆往路休憩:約41分
☆復路休憩:約125分
★合計休憩時間=約2時間46分
※山頂休憩時間は復路計算
★実動時間=約3時間49分
★合計所要時間=約6時間35分


RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ