小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

トレッキング・2015

12/30 登り納めは長野市民の山・飯縄山へ

2015.12.30(水)
年末なのに、なぜか夏道ルートの飯縄山へ

今年の登り納めで「長野市民の山・飯縄山」をTanmaさん、伊藤さん、爺の三人で歩いてきました。
ブロ友・Tanmaさんは都会在住ながら1年を通して20回以上八ヶ岳に登る強者(通称・八ヶ岳の修験者)、そして先日の外秩父七峰縦走ハイクで40キロを歩き通した仲間同士 です(^O^)v




★飯縄山南R~西R解説

★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん



飯縄山・南R~西R鳥瞰図
イメージ 1


飯縄山南~西ルート高低図
イメージ 2
一の鳥居P標高/1131M 標高差/786.4M 上り累計/902.7M 総歩行距離/8245M



一の鳥居駐車場(トイレ24時間使用可)
イメージ 3
イメージ 5
マップコード 54.420.850


南ルート登山口へ向かう/それにしても雪が少ない!
イメージ 4



車道はアイスバーンで歩きにくい
イメージ 6


南ルート登山口で伊藤さんと合流
※積雪期は除雪した雪置き場になるので駐車不可
イメージ 7


一の鳥居
イメージ 8


旧一の鳥居&第一石仏・不動明王
イメージ 9



雪の少なさにビックリ! もしかしたら今日は夏道ルートかも・・・ 
イメージ 10


第五・地蔵菩薩
イメージ 11


この青空で山頂からの展望を楽しみにしていたのだが
イメージ 12


伊藤さんは何を撮しているんでしょう?
イメージ 13


被写体は宿り木でした(*^▽^*)
イメージ 14


宿り木の花
イメージ 15


宿り木の実
イメージ 16


ゴーロ道
イメージ 17


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)
例年だと夏道の雪崩地帯を避けるためここから尾根筋を直登するのだが・・・
イメージ 18


斜面に雪が全くないので雪崩の心配無し!
やはり夏ルート歩きでした (^O^)v
イメージ 19


AM 10:04 この時間までアルプスも見えていたのに 
イメージ 20


冬ルートでは見ることのできない12番石仏
イメージ 21


凍り付いたゴーロ道は始末が悪い
イメージ 22


少し冬山らしくなってきた・・・?
イメージ 23


冬道の直登尾根に合流
イメージ 24



ガスガスに・・・(ノД`)
イメージ 25


キックステップで急斜面を登る
イメージ 26


天気が良い時の景色をイメージしています
イメージ 27


Tanmaさんには こんな景色を見てもらいたかったぁ-! 
(2015年3月撮影)
イメージ 48


西ルート分岐点
イメージ 28


ひと頑張りで南峰だ
イメージ 29


南峰直下の鳥居&石祠地帯
イメージ 30


飯縄神社/南峰
イメージ 31



イメージ 32


飯縄山へ向かう
ガスが晴れるのを期待して南峰で1時間ちかく待機したのだが残念無念!
イメージ 33


Tanmaさん 山頂一番乗り
イメージ 34


飯縄山 1917.4M
イメージ 35


飯縄山パノラマ図解
イメージ 36
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用




西ルート下山編



南・西R分岐点で伊藤さんとお別れ
イメージ 37


伊藤さん、今年もたくさんお世話になりありがとうございました♪
来年もヨロシクね~(^O^)v
イメージ 38


西ルートは踏み跡が少なく手探り下山
イメージ 39


Tanmaさん 踏み抜きの図(やらせですが・・・笑)
イメージ 40


ここも展望抜群の場所なのだが
イメージ 41


な~んも見えん! 
イメージ 42



Tanmaさんの意外な一面をみました(笑)
イメージ 43


萱の宮
イメージ 44


萱の宮通過後は平坦道になる
イメージ 45


車デポ地・西ルート登山口に下山
イメージ 46
イメージ 47
マップコード 382.867.094




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 7:00 ~ 西ルート登山口に車をデポ ~ 一の鳥居駐車場 8:10

一の鳥居管理事務所(トイレ有り)P発 8:20
~ 南ルート登山口(伊藤さんと合流)8:35-40
~ 奥宮一の鳥居 8:47 
~ 第一・不動明王 8:57  
~ 第二・釈迦如来 9:07
~ 第三・文殊菩薩 9:12  
~ 第四・普賢菩薩(気づかず通過)
~ 第五・地蔵菩薩 9:18 
~ 第六・弥勒菩薩 9:25  
~ 第七・薬師如来 9:28  
~ 第八・観音菩薩 9:32
~ 第九・勢至菩薩 9:38  
~ 第十・阿弥陀如来 9:44
~ 馬頭観音 9:47 
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)9:48-10:01
~ 第十二・大日如来 10:16  
~ 天狗の硯岩 10:25-30  
~ 第十三・虚空蔵菩薩 10:32 
~ 西・南ルート分岐点 11:01  
~ 鳥居・石祠 11:12-15 
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 11:17-12:10(昼食)
~ 飯縄山山頂着 12:20-28

飯縄山発 12:28
~ 南峰 12:39
~ 西・南ルート分岐点 12:48(伊藤さんと別れて西登山道へ)
~ 萱の宮 13:38
~ 西R登山口着 14:03

戸隠中社・神告げ温泉で汗を流す
戸隠宝光社・よつかど蕎麦店


12/28 22年前発行の登山ガイドブック

長野隊の重鎮オカノさんから22年前発行の登山ガイドブックをいただきました♪
22年前といえば爺が44才!
あの頃は今より若かったなぁ~(^O^)v


















12/23 初冬の黒斑山ハイク

2015.12.23(水)
初冬の黒斑山ハイク
山友mizuoさんからお誘いいただき初冬の黒斑山を歩いてきました。

《メンバー》
MIZUOさん、YAMAOさん、いぬどしさん、爺の4名

★掲載写真撮影者/管理人・MIZUOさん・長野県出身の山女子さん





黒斑山鳥瞰図
イメージ 1


黒斑山/表コース~中コース・ルートMAP
イメージ 2
高峰高原ホテルP標高/1976M 標高差/428M 総歩行距離/5656M 




高峰高原ホテル駐車場(フロントに声をかければトイレかりられます)
イメージ 3

イメージ 4
マップコード 85.866.142



黒斑山登山口 AM 9:25  
イメージ 5



雪が少ないためアイゼン不要
イメージ 6



富士山の頭だけがかろうじて見える♪ AM 9:45 
イメージ 7


雪が少ないので笹道も歩きやすい
イメージ 8


表コース唯一の注意ケ所は車坂山の下り! 
積雪期は尻セードを楽しめる場所だが、今回はツルテカなため慎重に!慎重に!
イメージ 9


車坂山を下った鞍部以降が本格的登りとなるイメージ 10


八ヶ岳/拡大可
イメージ 11


ガレ場展望適地で一本
イメージ 12



まずは槍ヶ鞘を目指す
イメージ 13


いぬどしさん
イメージ 14


YAMAOさん
イメージ 15


チョット雪が多くなってきたが壺足でOK
イメージ 16


槍ヶ鞘に到着
数分前まで雲に隠れていたが徐々に顔を出し始める浅間山
イメージ 17


槍ヶ鞘(やりがさや)より
イメージ 18



トーミの頭&浅間山・中コース分岐点付近より
イメージ 19



トーミの頭へ
イメージ 20


トーミの頭へ
イメージ 21


トーミの頭
イメージ 22



トーミの頭より
イメージ 23



トーミの頭より
イメージ 24



残すは黒斑山のみ
イメージ 25


黒斑山へ
イメージ 26


黒斑山・2404M 浅間山は雲の中に・・・(ノД`)
イメージ 27


黒斑山・2404M 
イメージ 28



中コース利用で下山


中コース分岐点
イメージ 29


こちらも壺足でOK
イメージ 30


爺、雪を食べている図ですが 解説を入れてもなんだかねぇ-!  ですね(笑)
イメージ 31


中コースは谷間樹林帯なので風の影響を受けずに歩くことができる
イメージ 32


中コース唯一の急斜面(地図上の危険マーク地帯かな?)
イメージ 33
ここで、mizuoさん・いぬどしさん アイゼン装着
イメージ 34



mizuoさんの声かけで山女子Gと合同パフォーマンス実現!/拡大可
イメージ 35
拡大可
イメージ 36
拡大可
イメージ 37
拡大可
イメージ 38
長野県出身・山女子グループの皆さん ありがとう!
のりのりパフォーマンス楽しかったですよ~(^O^)v
何処かの山でバッタリ!! の、楽しみが増えました~♪


長野県出身の山女子さん撮影/拡大可
イメージ 41


長野県出身の山女子さん撮影
おぉ- 爺のアップもありました♪(感謝)
イメージ 42


長野県出身の山女子さん撮影/拡大可
イメージ 43




登山口到着 PM 13:41
イメージ 39


高峰高原ホテルで来年の外秩父七峰縦走を打ち合わせ中! なんてね(笑)
イメージ 40




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 7:00~高峰高原ホテル駐車場着 8:40

駐車場発 9:24 
~ 登山口 9:25
~ 車坂山 9:44-46
~ ガレ場展望適地 10:08-18 
~ 避難シェルター 10:48
~ 槍ヶ鞘(やりがさや)10:51-11:00 
~ トーミの頭 11:12-16
~ 警報鉄塔 11:31-40 
~ 黒斑山 11:42-12:21(昼食)

黒斑山発 12:21 
~ トーミの頭 12:32 
~ 中コース分岐点から中コースへ 12:41
~ 途中アイゼン装着 13:02-15 
~ 登山口 13:41 
~ 駐車場着 13:43




12/13 外秩父七峰縦走コンクラーベ

2015.12.13(日)

《山友booさん企画》
外秩父七峰縦走コンクラーベ
爺・満66才記念登山

今年4月の飯能アルプス・14時間山行で「年内ロング山行は終わり!」と宣言したはずなのに・・・
性懲りもなく全行程約42キロ・所要時間約15時間の外秩父七峰縦走に挑戦してきました (^O^)v

メンバー/booさん、こうちさん、Tanmaさん、爺の4名 
サポート/mizuoさん(感謝)

ブロ友登山隊仲間・Tanmaさんと初顔合わせ
40キロ行程の苦楽を供にしたせいか、昔からの仲間気分で紹介文を入れ忘れてしまいました(;´Д`)
こうちさんの同僚で夏山冬山をこなすオールラウンダー!
健脚強者!
笑顔が素敵で気さくな男性!
そして超イケメン独身男性! 
花嫁募集中!との事
※長野隊山女子合同登山の企画ってナイスアイディア?





★掲載写真撮影者/管理人・booさん・こうちさん・Tanmaさん




イメージ 1
小川町駅~二本木峠CT=12時間25分   二本木峠~寄居駅CT=3時間


グーグルアース・外秩父七峰鳥瞰図
イメージ 2




イメージ 3



GPS標高未修正だったため小川町駅標高が低く表示されています
イメージ 4
小川町駅標高/91M 標高差/785M 上り累積/2247M 総歩行距離/39954M


AM6:00 小川町駅を出発
イメージ 5
イメージ 6
マップコード 91.796.561


指導標が設置されているので町中歩きも安心
イメージ 7


八幡神社で山行安全祈願
イメージ 8



まだヘッデン頼り
イメージ 9



AM6:37 ここで一度集落から外れる
イメージ 10




イメージ 11



AM6:50
イメージ 12


北向不動手前の登山届けBOX(5台駐車可)
イメージ 13


北向不動&不動瀧
イメージ 14


ちょこっと根っこ道
イメージ 15



石尊山 7:25-30
イメージ 16



官ノ倉山(浅間神社)7:39-40
イメージ 17


官ノ倉山パノラマ図解
イメージ 53
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用


A14標(庚申塔あり)
イメージ 18


再び集落に出る!
ここから和紙の里までの区間・登山地図にCT表記なし(所要時間約30分)
イメージ 19


A17標・和紙の里まで車道を歩く
イメージ 20


和紙の里 8:36-49/休憩舎・自販・トイレあり
イメージ 21


建物の間からハイキング道へ
イメージ 22


「介護支援みどうの杜」から林道を延々と歩く!
イメージ 23


約1時間の長~い林道歩きさえなければもっと楽ちんなんだがね~ (;´Д`)
イメージ 24


9:47 B9標で長い林道歩きが終わる
イメージ 25



イメージ 26




また車道歩き!  日和田山に似た雰囲気の集落
イメージ 27


笠山・堂平山登山口 10:18
ここからは何回も林道を横切りながら笠山を目指すことになる
イメージ 51


コース中で爺的に一番きつかった笠山への上り!  (;´Д`)
イメージ 28


笠山へ
イメージ 29


笠山 11:31
イメージ 30



笠山最高点の笠山神社(休憩)11:35-50
イメージ 31





途中省略



堂平山(天文台・休憩舎・トイレあり) 12:43-13:13(昼食)
天気が良ければ展望適地なのだが・・・
イメージ 32

堂平山パノラマ図解
イメージ 49
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用



途中省略




木階段上部の鉄塔地点が剣ヶ峰(剣ヶ峰石碑あり)
イメージ 33



白石峠・E1標 13:44
イメージ 34


大霧山へ/下から撮影
イメージ 35



上から撮影/この階段は上に行くほど歩きにくくなりまっせ!
イメージ 36



大霧山へ
イメージ 37


激下り地点のパイプ手すり
イメージ 38


定峰峠(茶屋・トイレ)14:44-15:02
イメージ 39



mizuoさんから差し入れがありました(感謝)
イメージ 40


PM15:02
七峰縦走を三回完歩しているmizuoさんからアドバイスをもらって出発


獅子岩
イメージ 41



大霧山 16:09-18
イメージ 42

大霧山パノラマ図解
イメージ 50
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用


途中省略


粥新田峠 16:36 /mizuoさん本日2回目のサポート(右側の車)
イメージ 43




秩父高原牧場(トイレ)16:58-17:01
 省略


本降りの中、二本木峠へ向かう
イメージ 44


二本木峠(アクシデント発生)17:27-18:25
イメージ 45
※ケガや体調不良等のアクシデントではありません(笑)



PM 18:25
残り2座は次回の楽しみとして林道利用で打出地籍の二本木登山口へ下山開始
イメージ 47




県道11号歩きで和紙の里着 20:26(タクシーで小川町駅まで戻る)
イメージ 46



完歩はできなかったものの、メンバーの表情から約40キロを歩き通した達成感が伝わりますよね~(^O^)v
イメージ 48

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2015.12.12(土)
長野発 14:20 ~ 嵐山小川IC下車 ~ 道の駅・おがわまち着 16:52(車中泊)

2015.12.13(日)
道の駅起床 4:00~コンビニで朝食~小川町役場駐車場 5:30(こうちさん・Tanmaさんと合流)~ 小川町駅でbooさんと合流

小川町駅発 6:01 
~ A3指導標 6:08 
~ 八幡神社 6:22(山行祈願)
~ 長福寺 6:32
~ 官ノ倉山入り口 6:38 
~ 馬頭尊 6:39 
~ 林道出合 6:40(集落歩き)
~ トイレ 6:50-55
~ 登山届けBOX(駐車5台可)7:00 
~ 北向不動 7:01-05 
~ A11標 7:15
石尊山 7:25-30 
官ノ倉山(浅間神社)7:39-40 
~ 東武竹沢駅分岐点 7:46
~ A14標(庚申塔あり)7:50 
~ A16標(集落に出る)8:03 
~ A17標(県道歩き)8:07
和紙の里(トイレ・自販あり)8:36-49 
~ 介護支援みどうの杜 8:55 
~ 長~い林道歩き ~ B9標 9:47
~ 馬頭尊 9:54 
~ B10標 10:00 
~ B11標 10:09 
~ 皆谷バス停分岐点 10:17
~ 笠山・堂平山登山口 10:18 
~ 萩平バス停分岐点 10:25 
~ C5標 10:38 
~ 二十二夜供養塔 10:49
~ C6標 10:53 
~ 途中休憩 11:25-29 
笠山 11:31 
笠山神社(休憩)11:35-50
~ C9標 11:53 
~ 七重峠・D1標 12:12 
堂平山(天文台・休憩舎・トイレ)12:43-13:13(昼食)
~ D3標 13:26 
剣ヶ峰(鉄塔・石碑あり)13:30-34 
白石峠・E1標 13:44
~ ベンチ 14:10-14
定峰峠(茶屋・トイレ)14:44-15:02 
~ 獅子岩 15:19 
~ G1標(旧定峰峠)15:33
~ G2標 15:46 
大霧山 16:09-18 
粥新田峠 16:36 
~ 彩の国ふれあい牧場(トイレ)16:58-17:01
二本木峠(アクシデント発生)17:27-18:25 
~ 残り2座は次回の楽しみとして林道利用で打出・二本木登山口へ下山 19:43 
県道11号歩きで和紙の里着 20:26(タクシーで小川町駅まで戻る)

立ち寄り温泉
嵐山渓谷温泉・平成楼 23時間営業 入浴料(2時間)650円 TEL 0493-62-1188 泉質満足度★

上里SAで一人宴会&車中泊・翌朝帰宅
  


★管理人HP
イメージ 52
外秩父七峰縦走その1・その2







11/7 小鹿野アルプス

2015.11.7(土)
プチアルプスシリーズ・No10
小鹿野(おがの)アルプス
(般若地籍-般若山-釜ノ沢五峰-竜神山)

ブロ友ゆうゆう隊の記事で小鹿野アルプスの名前を知り、記念すべきプチアルプス第10弾を山仲間(mizuoさん・yamaoさん・伊藤さん)4人で楽しんできました♪


2015.11.6(金)
長野発 21:00 ~ 上里SA(車中泊)23:00
ナビ設定/長野-長若山荘 130㌔ 所要時間:3時間


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2015.11.7(土)
上里SA起床・朝食 6:00-6:50発 ~ 車デポ地・長若山荘P着(500円)7:45
MIZUO隊合流 8:00 ~ 旧クアパレスおがの駐車場着(トイレあり)8:10
☆これよりA区間
旧クアパレス(バイクの森)おがの駐車場発(トイレあり)8:20
~ 東屋・32番札所まで2.3㌔ 8:28-30
~ 32番札所まで1.8㌔ 8:42
~ 32番札所まで1.4㌔(ベンチあり)8:51
~ 32番札所まで1.1㌔ 8:57
~ 32番札所まで0.8㌔(車道出合い)9:03
★ルート崩落の為車道歩きの表示あるが旧ルートを歩く
~ 石祠(指導標あり)9:12
~ 車道に出る 9:21
★以後は法性寺まで車道を歩く
~ 32番札所まで0.3㌔ 9:25
~ 法性寺門前(駐車場)9:32-38
☆これよりB区間
~ 法性寺境内散策(入山料300円)9:40-53
~ お船観音 10:24-27
~ 奥ノ院・大日如来 10:36-44
~ 柿の久保分岐点 10:51-53
~ 655番鉄塔 11:01
~ 656番鉄塔 11:13
~ 亀ヶ岳展望ピーク尾根 11:15-17
~ 亀ヶ岳展望台 11:18
~ 雨乞岩洞穴 11:24-26
~ 長若山荘 11:34-12:00(昼食)
☆これよりC区間
~ 釜の沢五峰登山口 12:01
~ 般若山分岐点 12:07
~ 一ノ峰 12:25-26
~ 二ノ峰 12:31
~ 三ノ峰 12:43
~ 四ノ峰 12:50
~ 五ノ峰 13:00
~ 303番鉄塔 13:05
~ 布沢峠 13:11
~ 国調図根三角点(展望良)13:17-37
~ 石祠 13:41
~ モミの巨木 13:44-46
~ 中ノ沢ノ頭(分岐点)14:01
~ 金精神社 13:53-55
~ 中ノ沢ノ頭(分岐点)14:01
~ 兎岩分岐点 14:08
~ 竜神山 14:12
~ 鉄塔 14:23-28
~ 賽ノ洞窟 14:32
~ 兎岩 14:44-49
~ キャンプ場・兎岩登山口 15:01-03
~ 長若山荘駐車場着 15:17

★当ブログは速報版のため一部省略しております
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/管理人・伊藤さん・MIZUOさん




小鹿野アルプス鳥瞰図
イメージ 1



ホームページ本編ではABC枠毎に詳しいルート図を作成します
イメージ 2


小鹿野アルプス高低図
アップダウンの連続で爺の疲れ具合をご理解いただけますよね~(笑)
イメージ 58
旧クアパレスおがの駐車場標高/256M 標高差/334M 上り累計/1027.6M 総歩行距離/10474M


これよりA区間


旧クアパレスおがの(バイクの森)駐車場
mizuo隊のyamaoさんとは2006.4.1の茅ヶ岳から10年振りの再会でした (^O^)v
イメージ 3
イメージ 4
マップコード 150.303.328


トイレ
イメージ 5


恐竜公園?
イメージ 6



いきなりロングな階段歩き (ノД`)
イメージ 7


階段は嫌いだ~!
イメージ 8


指導標は随所にあり
イメージ 9



車道出合い・旧登山道へ進む場合は自己責任で/拡大可
イメージ 59



旧登山道は随所で崩壊が進んでいるため車道歩きとなったようだ
イメージ 10


石祠
イメージ 11



ゆず畑に出る
イメージ 12


これ以後は法性寺まで車道を歩く
イメージ 60


法性寺まで車道歩き
イメージ 13



二百年の農家屋敷・宮本家
単純硫黄冷鉱泉をポリタンクに貯めていました。 
この泉質のまま入浴出来れば泉質満足度★★★
イメージ 14


法性寺駐車場
イメージ 15



法性寺山門
イメージ 16
イメージ 17
マップコード 150.272.180





これよりB区間


般若山法性寺
イメージ 18



石段を登る
イメージ 19



登山道が法性寺境内を通過するため協力金300円(1名)を収める
イメージ 20


風情ある境内
イメージ 21


観音堂・タフォニ/拡大可
イメージ 22



月光坂
イメージ 23


岩棚の石仏群/拡大可
イメージ 24



まずはお船観音へ
イメージ 25



お船
イメージ 26



お船観音
イメージ 27

お船観音からのパノラマ図解
イメージ 28




奥の院へ上る
イメージ 29



奥の院・大日如来
イメージ 30


奥の院から降りる
イメージ 31


亀ヶ岳展望地
(注)亀ヶ岳展望台はこの尾根を下った場所
イメージ 32
↑亀ヶ岳展望地からのパノラマ図解
イメージ 33


亀ヶ岳
イメージ 34



正規Rをショートカットし尾根筋をダイレクト下山するが民家手前で籔にはまる。イメージ 35


車デポ地・長若山荘への道に出る
イメージ 36






これよりC区間


釜の沢五峰登山口
ここを数百㍍進んだ場所に奥の院・般若山コース分岐点あり
イメージ 37
イメージ 38
長若山荘前マップコード 150.242.365



木橋
イメージ 39


五峰までは里山ならではの急登が続く!
イメージ 40


一の峰
イメージ 41



二の峰からの下り(鎖場)
イメージ 42



四の峰
イメージ 43



303番鉄塔付近は森林工事中
イメージ 44


国調図根三角点/森林が伐採されており展望が良い
イメージ 45
↑ここからのパノラマ図解
イメージ 46


イメージ 47



図根三角点をあとに中ノ沢ノ頭へ向かう
イメージ 48


モミの巨木&金精神社写真はHPで掲載します

竜神山・展望無し
イメージ 49



兎岩を目指す
イメージ 50


兎岩/拡大可
イメージ 51
↑兎岩からのパノラマ図解
イメージ 52


兎岩
イメージ 53


兎岩登山口キャンプ場
ここ近くの路肩空きスペースにに車をデポすることも可能
イメージ 54
イメージ 55
マップコード 150.211.677



車デポ地・長若山荘駐車場(500円)に戻る
イメージ 56

終わり

《下山後の行動》

立ち寄り温泉
秩父・西谷津温泉旅館「宮本の湯」 TEL 0494-75-2272 単純硫黄冷鉱泉 入浴料 700円
泉質満足度★

夕食・伊藤さん
小鹿野のワラジカツ丼店・東大門 TEL 0494-75-0424
※前歯4本歯抜け爺はかみ切れないので車中待機

冬桜ライトアップを見る予定だったがナビ設定ミスで断念 (ノД`)

上里SAで1時間休憩

爺・東部湯の丸SAでネギ味噌中辛ラーメン

長野着 22:30







管理人ホームページ
《ルート解説・ルートMAPなどを詳しく掲載》
イメージ 57

 








10/31 錦秋の西沢渓谷

2015.10.31(土)
長野女子隊を誘って西沢渓谷へ

2015.10.30(金)
長野発 20:30 ~ 甲府昭和IC下車 ~ 道の駅・花かげの郷まきおか 23:15(テント泊・車中泊)
☆ナビ設定
長野~西沢渓谷:199㌔・所要時間:3時間40分

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2015.10.31(土)
道の駅 5:00起床&朝食-5:50発 ~無料駐車場着 6:20

西沢渓谷無料駐車場(トイレあり)発 6:35
なれいの滝 6:50
~ トイレ・一方通行分岐点 6:52-54
~ 甲武信岳戸渡尾根登山口 6:58
~ 西沢渓谷入り口 7:04
~ 二俣吊り橋 7:09
~ 鶏冠山(とさかやま)登山口 7:12
大久保の滝 7:17
滝見台・三重の滝 7:22-29
フグ岩 7:34
人面洞 7:36
龍神の滝 7:40
恋糸の滝 7:44
貞泉の滝 7:49
母胎の渕 8:00
~ 途中休憩 8:03-13
カエル岩 8:17
~ 方杖橋 8:23
七ツ谷・五段の滝 8:26-39
不動の滝 8:43
~ 西沢渓谷終点・展望台 8:50-55
~ さわぐるみ橋 8:57
~ 五つ淵 9:01
~ ひこいっちゃんころばし 9:08
大展望台 9:19
大嶽山神社 9:45
~ カワズ池 9:54
~ トイレ・一方通行分岐点 10:03
~ 無料駐車場着 10:19

《帰路》
道の駅・ちちぶ(みそポテト・5本)
梵の湯で汗を流す
上里SAで休憩
佐久PA(神津牧場ソフトクリーム)
長野・くるまやラーメンで早夕食
自宅着 17:00


立ち寄り温泉
秩父川端温泉・梵の湯 休日3時間入浴料880円 TEL 0494-62-0620 年中無休/関東屈指の重層泉 AM9:00~22:00 
泉質満足度★★★

★掲載写真撮影者/管理人・すーさん



10/30(金)道の駅・花かげの郷まきおか 23:15(テント泊・車中泊)
翌日の食料は道の駅そばのコンビニ(6::00-23:00)で調達
イメージ 1
イメージ 13
マップコード 664.311.079



10/31(土)
道の駅 5:00起床&朝食- 5:50発 ~無料駐車場着 6:20
西沢渓谷無料駐車場(トイレあり)発 6:35
れんれんさん・すーさん・爺の3名で出発!
イメージ 2
イメージ 14
マップコード 534.061.873



これより車両進入不可
イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5



西沢渓谷一方通行分岐点・トイレあり
イメージ 52





イメージ 53



イメージ 54





イメージ 6



二俣吊り橋
イメージ 7


これより西沢渓谷(鶏冠山登山口)
イメージ 8



大久保の滝展望地
イメージ 9



大久保の滝
イメージ 10



滝見台・三重の滝
イメージ 11


滝見台・三重の滝
イメージ 12


景色と沢音を楽しみながら進む
イメージ 15


人面洞
イメージ 16



雨の日だと滑って沢にコロリンも。。。
イメージ 17



龍神の滝
イメージ 18



龍神の滝
イメージ 19


貞泉の滝
イメージ 20


貞泉の滝
イメージ 21



貞泉の滝
イメージ 22



なんの問題も無い安全ルートですが、スリリングな場所を歩いているように見えませんか?
イメージ 23



母胎の渕
イメージ 24



途中休憩
イメージ 25



渓谷美に感激中の長野女子隊
イメージ 26



カエル岩(どれが?とは聞かないで下さい)
イメージ 27


方杖橋 
イメージ 28



本日のメインイベントではなくて・・・
滝巡り大本命の「七ツ釜五段の滝」に到着 (^O^)v
イメージ 29


撮影場所によって微妙に見え方が変わります
イメージ 30




イメージ 31





イメージ 32



イメージ 33






イメージ 34



陽がさすと水の色がもっと綺麗になるのですがねぇ-
イメージ 35




イメージ 36


五段の滝・上部より
イメージ 37



最終の滝・不動の滝
イメージ 38




渓谷終点に向かう急登階段
イメージ 39








西沢渓谷終点・展望台&ベンチあり
イメージ 40



昭和28年、珪石運搬トロッコ森林軌道の名残
イメージ 41





イメージ 42



大展望台
イメージ 43



イメージ 44


大嶽山神社
イメージ 45



イメージ 46



鶏冠山

イメージ 47



トイレ・一方通行分岐点
イメージ 48



パンフレット記載の消費カロリーで盛り上がりましたよ~
イメージ 49
わずか10㌔ばかりの距離でこんなに消費できるわけがない!

西沢渓谷鳥瞰図
イメージ 50




イメージ 51
無料駐車場標高/1100M 標高差/290M 総歩行距離/10693M




終わり










10/24 阿弥陀岳(八ヶ岳)

2015.10.24(土)
孤高の名峰・阿弥陀岳 2805M

北の蓼科山から北横岳・天狗岳・硫黄岳・横岳・盟主の赤岳・権現岳を経て最南端に位置する編笠山までの八ヶ岳連峰内に存在しながら僅かに主脈から外れたゆえにか。。。? 目の前に聳える赤岳などと比べ登山者は滅法少ないが石仏や石碑が祀られた山頂からは八ヶ岳の峰々を隅々まで見渡すことができる名峰である。

2015.10.24(土)
長野発 3:30 ~ 諏訪南IC下車 ~ 美濃戸有料駐車場(1000円)着 6:00
※管理人ナビ設定ミス・山浦さんの突発的アクシデント・ダート道での超安全運転車による大渋滞などが重なり30分近くタイムロス (´;ω;`)

美濃戸・やまのこ村(トイレ100円)有料駐車場発 6:20 
~ 美濃戸山荘/北沢(赤岳鉱泉)・南沢(行者小屋)分岐点 6:27
~ 堰堤階段 6:28 
~ 鉄パイプ橋① 6:34
~ 鉄パイプ橋② 6:44 
~ ギザギザ大岩 7:03
~ 途中休憩 7:16-26 
~ 石碑(美濃戸・行者小屋まで各々40分)7:40 
~ 丸太橋 7:42
~ ヘリポート 8:29-39 
~ 行者小屋(トイレ・水あり)8:44-9:00 
~ 赤岳分岐点 9:10
~ 急登ロープ 9:53 
~ 中岳コル(鞍部)9:56-10:01 
~ 鉄梯子 10:04 
~ 阿弥陀岳山頂着 10:31-11:12(軽食)

阿弥陀岳発 11:12 
~ 鉄梯子 11:35 
~ 中岳のコル 11:38-44 
~ 急坂ロープ 11:45 
~ 赤岳分岐点 12:19-22 
~ 行者小屋 12:28-58(昼食)
~ ヘリポート 13:03 
~ 丸太橋 13:42 
~ 石碑(美濃戸・行者小屋まで各々40分)13:45
~ 途中休憩 13:50-57 
~ ギザギザ大岩 14:12 
~ 鉄パイプ橋② 14:30 
~ 鉄パイプ橋① 14:38
~ 堰堤階段 14:43 
~ 美濃戸山荘/北沢・南沢分岐点 14:45 
~ やまのこ村駐車場着 14:53

立ち寄り温泉
信州原村八ヶ岳温泉・もみの湯 入浴料500円
TEL 0266-74-2911 泉質満足度★★★

★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用

掲載写真撮影者/管理人・山浦プロカメラマン


阿弥陀岳鳥瞰図 
イメージ 1


高低図 
イメージ 32
やまのこ村駐車場標高/1675M 標高差/1130M 総歩行距離/12721M





美濃戸・やまのこ村(有料トイレ・水あり)
※ここに至る道路は凸凹が多いダート道につき運転注意
イメージ 2
イメージ 33
やまのこ村&赤岳山荘へ至るダート道の入口を表示
マップコード 218.531.436


有料駐車場・日帰り1000円
イメージ 35



美濃戸山荘(有料トイレ・水あり)
イメージ 36



美濃戸山荘/北沢R・南沢R分岐点
イメージ 3



北沢ルートは赤岳鉱泉へ・南沢ルートは行者小屋へ
イメージ 4



堰堤階段
イメージ 37




最初は歩きやすい登山道だが・・・
イメージ 5



第一鉄パイプ橋
イメージ 6


あちこちにホテイラン植生地が点在する♪
イメージ 7


第二鉄パイプ橋
ここを通過後は行者小屋までゴーロ道が連続するので足運びは慎重に!
イメージ 8



こんなゴーロ道が延々と続く 
イメージ 9



砂防堰堤を前方にみれば下段写真のギザギザ岩が近い
イメージ 10


ギザギザ岩(勝手に命名)  
イメージ 11



ゴーロ! ゴーロ! ゴ~ロゴロ!
イメージ 38





イメージ 39



石碑あり/美濃戸・行者小屋まで各々40分
イメージ 40




いつ倒れてくるか楽しみ♪  なんちゃって(笑)
イメージ 12



木漏れ日を浴びながら
イメージ 41



AM 8:26 やっと視界が開けたぁ-!
イメージ 14



ヘリポート
イメージ 13



行者小屋 有料トイレ・水あり
イメージ 15


霜だらけのベンチ
イメージ 42




軽く休憩後、キャンプ場を抜けて阿弥陀岳へ向かう
イメージ 16



行者小屋~阿弥陀岳拡大MAP
イメージ 49




赤岳分岐点(右・阿弥陀岳)
イメージ 17


涸れ沢を横断
イメージ 43



茅野の若者たちと抜きつ抜かれつの山歩きイメージ 18



同上
イメージ 19



ここまで登ると抜群の高度感に気分はルンルン (^-^)v 
イメージ 20


そして阿弥陀岳全景 
イメージ 21



ちょびっと急登ロープ
イメージ 22



中岳のコル
イメージ 44



中岳のコル(鞍部)に到着
イメージ 23


ジャンボ~♪  
イメージ 45




鉄梯子
イメージ 24



爺大好きな岩場その1
イメージ 46



爺大好きな岩場その2
イメージ 47


山浦さんガンバ!  
イメージ 25




阿弥陀岳 
イメージ 26


ガレ場急登につき落石に気をつかいながら慎重に登る 

イメージ 27



阿弥陀岳 2805M  お疲れ様でしたぁ~(   ・∀・)v
イメージ 48



ブロ友登山隊Tシャツ
イメージ 28


八ヶ岳の盟主・赤岳 
イメージ 29


阿弥陀岳からのパノラマ図解 
イメージ 31




イメージ 30






ホームページ本編で阿弥陀岳の詳しい情報を掲載いたします
イメージ 34
孤高の名峰・阿弥陀岳





10/18 秀麗富嶽十二景の大蔵高丸・ハマイバ丸

2015.10.18(日)
秀麗富嶽十二景/大蔵高丸・ハマイバ丸


当日はプチアルプスシリーズで富士急かせい駅~九鬼山~御前山~JR猿橋駅の通称・九鬼アルプスを縦走予定だったが、山友こうち隊が十二景狙いで大蔵高丸・ハマイバ丸(爺も未踏)へ行くと聞き、こうちさんプランにおんぶに抱っこ状態で便乗させてもらいました♪



2015.10.17(土)
長野発 16:50 ~ 双葉SA 19:10(車中泊)

2015.10.18(日)
双葉SA発 5:20 ~ 大月市ローソンで待ち合わせ 6:15 ~ 湯ノ沢ゲートに車デポ ~ 大峠駐車場着 6:50

大峠登山口発 7:00 
~ 赤岩ノ丸(1792m)7:32 
~ 牛奥ノ雁ヶ腹摺山分岐点 8:07
~ 黒岳(1987.5m)8:09 
~ 白谷ノ丸(1920m)8:25-37 
~ ケルン・小ピーク 8:41-9:00
~ 湯ノ沢峠 9:25 
~ 湯ノ沢峠のお花畑 9:32 
~ 大蔵高丸(1781m)9:57-10:02
~ ハマイバ丸(1752m)10:24-11:00(昼食)

ハマイバ丸発 11:00 
~ 大蔵高丸 11:23-27 
~ 湯ノ沢峠 11:53
~ 林道出合い 12:31 
~ 湯ノ沢ゲート着 12:44






★管理人HP・2010.12.26 九鬼山
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/管理人・こうちさん・えいちゃん



黒岳-大蔵高丸-ハマイバ丸鳥瞰図
イメージ 8



高低図
イメージ 9
大峠P標高/1550M 湯ノ沢G標高/1215M 大峠-黒岳標高差/437.5M 総歩行距離/11700M




大峠駐車場&登山口(登山地図にはトイレ・水ありと記載)
イメージ 1
イメージ 7
マップコード 348.360.080




登山口(この上部に東屋あり)
イメージ 2



赤岩ノ丸手前まで急登が続く
イメージ 3



黒岳までのコース中、唯一の富士山展望地
イメージ 4



赤岩ノ丸 1792m (注)ピーク手前に正規ルートあり
イメージ 5



赤岩ノ丸ピークを踏んだ場合は20㍍ほど下る
イメージ 6



そして上り返す!
イメージ 10



牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま)分岐点
イメージ 11



黒岳(1987.5m)  展望無し
イメージ 12



白谷ノ丸(しらやのまる)へ



落ち葉の絨毯
イメージ 13



白谷ノ丸(しらやのまる)より
イメージ 14



白谷ノ丸(しらやのまる)より 
イメージ 48




白谷ノ丸・1920M  
イメージ 50


白谷ノ丸パノラマ図解
イメージ 15




峠からたった90分!
来年は私たちが味わった感動を仲間と供に♪

白谷ノ丸全景写真を撮り忘れてしまい雰囲気を伝えられませんが、来年はここでテン泊し朝夕の景色を楽しみたいと考えています (^O^)v


イメージ 49



白谷ノ丸下の小ピーク寄り道♪



ケルンがある小ピークへ
イメージ 16




イメージ 17



ケルン&小ピークより
イメージ 18





大蔵高丸(おおくらたかまる)へ



湯ノ沢峠までは激下りです! スリップ&転倒注意
イメージ 19



笹トンネル
イメージ 20



湯ノ沢峠分岐点/甲州市側に徒歩3分避難小屋・トイレあり
イメージ 21


白谷ノ丸・黒岳全景
イメージ 22


害獣避けゲートが至る所に設置されている
イメージ 23




イメージ 24



枯れ笹
イメージ 25



大蔵高丸に向けて
イメージ 26



秀麗富嶽十二景3番/大蔵高丸(1781m)
イメージ 27


大蔵高丸・1781m 
イメージ 28


大蔵高丸パノラマ図解
イメージ 29





ハマイバ丸へ


雲海に浮かぶ蛭ヶ岳
イメージ 30



大蔵高丸~ハマイバ丸は片道30分
イメージ 31



害獣避けゲート
イメージ 32





イメージ 33



秀麗富嶽十二景3番 ハマイバ丸(1752m)
イメージ 34



ハマイバ丸(1752m)
イメージ 35


ハマイバ丸 パノラマ図解
イメージ 36



AM10:26 ハマ/イバ丸より 
イメージ 37



AM 10:40 ハマイバ丸より
イメージ 38





湯ノ沢峠まで戻り、湯の沢登山口(車デポ地)へ下る




僅かな距離だが幅が狭く片斜面なので谷側へのスリップ要注意
イメージ 39



イメージ 40


落ち葉が多いのでロスト注意
イメージ 41



イメージ 42


趣があり爺的には好きな登山道かも
イメージ 43


湯ノ沢ゲート
イメージ 44


湯ノ沢ゲート
イメージ 45

イメージ 46
マップコード 161.884.601



数年前、なんちゃんがここから牛奥ノ雁ヶ原摺山へ行った記事を読み、爺も何時かは行ってみたい!と思いながら機会を逃していた大峠ルートを歩くことができ来年は行動範囲が広がりそうです(笑)




管理人ホームページ
イメージ 47
2015.10.18(日)
秀麗富嶽十二景の大蔵高丸・ハマイバ丸









10/16 根子岳

2015.10.16(金)
根子岳 2207M

根子岳アップの前に・・・

三連休前日、バイク事故で(20代の頃なのでカミナリ族と呼ばれていた時代)折ってしまった前歯2本ブリッジ型差し歯(都合4本)が
イモ干しを噛んだ瞬間にポキッ!!
これはその時の証拠写真です(笑)
イメージ 1


★三連休は新潟へ「狐の夜祭り」を見に行く予定だったが、介護母のお泊まり施設が確保できずチョン!


★この連休は色々ありましたが家でウダウダ出来ない性分なもんで、直江津漁港近くにある「軍ちゃん」へ行ってきましたよ~ (^O^)v

軍ちゃん直江津店 025-525-3960/拡大可
イメージ 2



イメージ 3




イメージ 4



2015.10.16(金)
時間が空いたのでチョコッと根子岳へ

長野発 9:00 ~ 菅平牧場駐車場(1名200円・トイレあり)9:45
根子岳登山口発 9:53
~ 東屋・展望台
10:08
~ 根子岳まで1.5㌔ 10:21
~ 第一VP 10:26
~ 根子岳まで0.8㌔
10:30
~ 第二VP
10:40
~ 石碑
10:43
~ 根子岳まで0.5㌔
10:53
~ 根子岳 11:10-31

根子岳発 11:31
~ 根子岳まで0.5㌔ 11:42
~ 石碑 11:50
~ 第二VP 11:51
~ 根子岳まで0.8㌔ 11:57
~ 第一VP 12:00
~ 根子岳まで1.5㌔ 12:04
~ 東屋・展望台 12:11
~ 登山口着 12:25


根子岳鳥瞰図
イメージ 5

根子岳高低図
イメージ 6
駐車場標高/1595M 標高差/612M 総歩行距離/5225M



菅平牧場・根子岳登山口
イメージ 7
イメージ 33
マップコード 516.434.178



イメージ 8


登山口から東屋まで階段が続きまっせ!
イメージ 9


東屋・展望台
イメージ 10


左・浅間山 右・黒斑山
イメージ 11



根子岳まで1.5㌔
イメージ 12




イメージ 13





イメージ 14


第二VP(ビューポイント)
イメージ 15

第二VPからの展望
イメージ 16



石碑
イメージ 17


根子岳まで0.5㌔ (^O^)v
イメージ 18



イメージ 19


ガレ道になると山頂が近い
イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22
根子岳 2207M
イメージ 23





イメージ 24



御嶽山の噴煙
イメージ 26



槍ヶ岳
イメージ 25



双耳峰の鹿島槍
イメージ 27







下山編



イメージ 28



イメージ 29




イメージ 30









信州須坂 関谷温泉 湯っ蔵んど 026-248-6868
入浴料 600円  管理人泉質満足度 ★
イメージ 31
イメージ 32
マップコード 54.115.411




根子岳登山ルート解説
イメージ 34
2015.6.13 根子岳~四阿山






10/9 ブロ友手拭い1000座踏破記念PV

2015.10.9(金)
ブロ友手ぬぐい1000座踏破記念PV

※1000座挑戦立案&実行委員長
こうち隊=こうちさん

※1000座踏破プロジェクト・ビデオ制作
ゆうゆう隊=ゆうゆうさん


大きなサイズで見たい方は上記YouTube・ロゴをクリック!!
ビデオ制作者・ゆうゆうさんの動画サイトでご覧下さい♪


10/4 唐松岳

2015.10.4(日)
曇り&強風の唐松岳
尾根上の紅葉(下の樺・上の樺)を狙って長野隊重鎮・岡埜さん、古くからのアウトドア仲間・西澤くんの男衆三人で唐松岳へ行ってきました。
前日予報では晴れマークだったはずだが当日は雨-曇り-後晴れの予報に・・・
高いゴンドラリフトを使って途中撤退ではもったいないことと、黒菱林道中間に白馬三山を眺められる温泉施設ができたらしいとの岡埜さん情報で黒菱第三ペアリフト乗り場(無料駐車場・トイレあり)に予定変更。

八方池山荘を出発した頃は上空に青空もみえ期待したのも束の間、八方池が近づくと厚い雲と強風の洗礼が待っており70才と66才の爺ペアは弱腰に(笑)

曇り空はともかく、尾根上の強風はリスク大なので丸山ケルンで最終判断をすることとして進むも尾根直下の側面歩きが大半で吹き飛ばされることなく唐松山荘に到着
ここからは風を遮る物がない吹きさらしのなか唐松岳をゲットして素早く下山開始!

曇天・強風は相変わらずで体感温度は零度以下に?!
管理人は厚い皮下脂肪に守られ我慢できる範囲だったが、痩せている岡埜さんは寒い!寒い!の連発!
ならば、早く下山して温泉に入ろう! ということになり、山荘からは途中休憩無し。
New登山靴が誠に快適で、爺の後ろから軽快な靴音を響かせる岡埜さんにせかされて?(笑)の快速下山となりました。



補足資料
★八方ゴンドラ&リフト往復料金 2900円
駐車場代 500円~(無料Pもあり)
★八方尾根黒菱ライン・リフト往復料金 1120円
駐車場(トイレあり・約70台)・無料

長野発 5:45 ~ 黒菱平駐車場着 7:10
第三ペアリフト乗車 7:43 ~ 八方ロマンスリフト終点(八方池山荘)8:10

八方池山荘(トイレあり)発 8:15
~ 八方山ケルン(トイレあり)8:38
~ 息(やすむ)ケルン 8:40
~ 八方ケルン 8:45
~ 八方池ケルン 8:53
~ 途中休憩 8:58-9:09
~ 扇雪渓 9:48
~ 途中休憩 10:01-07
~ 丸山ケルン 10:12-15
~ 唐松山荘(有料トイレ)10:51
~ 唐松岳(2696.4M)11:07-15

唐松岳発 11:15
~ 唐松山荘 11:28-49(軽食)
~ 丸山ケルン 12:21
~ 扇雪渓 12:40
~ 八方池ケルン 13:12
~ 八方ケルン 13:18
~ 息ケルン 13:21
~ 八方山ケルン 13:27-30
~ 八方池山荘着 13:40


唐松岳鳥瞰図
イメージ 1




八方池山荘~唐松岳高低図
イメージ 2
八方池山荘標高/1830M 標高差/866.4M 総歩行距離/10891M



黒菱平無料駐車場(トイレあり・約70台) 
イメージ 3
イメージ 4
カフェテリア黒菱・黒菱平無料駐車場
マップコード535.097.675



黒菱第三リフト/チケット窓口が一つしか無く早朝は大混雑
イメージ 5



★八方尾根黒菱ライン・リフト往復料金 1120円
駐車場(トイレあり・約70台)・無料
イメージ 6



黒菱第三リフト
イメージ 7


グラートクワッド
イメージ 8



唐松岳のルート解説&ルートMAP
2013.8.7



登山開始

八方池への遊歩道
イメージ 9


八方山ケルン&トイレ地点
イメージ 10


八方ケルン&どす黒い雲がかかる唐松岳方面
イメージ 11



右下に八方池・ここから強風の洗礼を受ける!
イメージ 12



八方ケルンの強風でキャップ吹き飛ばされた岡埜さん
イメージ 13


西澤くんがフリース&ダウンを重ね着をするほど冷たい風が吹きささる!
イメージ 14


下の樺・北斜面
イメージ 46



下の樺へ
イメージ 15



下の樺/拡大可
イメージ 16


皮下脂肪の厚い爺は防寒着必要いないかも・・・ (^O^)v
イメージ 17


上の樺へ
イメージ 18


上の樺へ
イメージ 48
天気が良ければ色鮮やかな紅葉写真になるんですが・・・(残念)



上の樺
イメージ 19


扇雪渓
イメージ 20


寒風の中やせ我慢中の爺??
イメージ 21



丸山ケルン・2430M
イメージ 22


唐松岳方面
イメージ 23


ここから落石注意箇所に突入
イメージ 24



イメージ 25



イメージ 26


唐松山荘/やせ我慢もここまでで防寒着着用の爺、休憩無しで唐松岳を目指す!
イメージ 27


横殴りの風で前に進みにくいのだ!
イメージ 28



唐松岳 2696.4M
イメージ 29






下山編


山荘を風除けにしていたがあまりの寒さに爺のしわだらけおてては真っ赤か!
イメージ 30
コンビニのカップ豚汁で体をあたためて即下山開始! 



ガスガスの白馬岳方面/爺のポーズ特に意味はありません
イメージ 31


一峰尾根の紅葉
イメージ 32


五竜も厚い雲の中
イメージ 33



八方池&八方池ケルン 
イメージ 34





イメージ 47



振り向けば唐松方面に青空が・・・(;´Д`) 
イメージ 35


唐松方面
イメージ 36


八方山 2086M/ブロ友手拭い1000座登頂プロジェクト・999座目をゲット
イメージ 37
1000座ゲットはブロ友・いぬどしさんでした。
※いぬどしさん、1000座ゲットおめでとうございます♪



黒菱平に戻ってきました
イメージ 38
次の山行は鎮痛薬にさよならか。。。
今回も上り下りで薬の世話になったが、過去3回の足引き摺り下山とは違い
全く痛みを感じず下山することができました (^O^)v






温泉編

イメージ 39
黒菱林道のほぼ中間点にあります


イメージ 40

咲花ゲレンデからのリフトだと思うが?
イメージ 41


テラス
イメージ 42


温泉
イメージ 43


冬季休業
イメージ 44


二人に無許可で掲載/ 管理人泉質満足度★
イメージ 45




END





ブロ友手拭い1000座登頂プロジェクト

2015.1.4から始まった「ブロ友手拭い1000座登頂プロジェクト」は2015.10.4(日)いぬどし隊によって1000座達成されました♪
イメージ 1

長野隊は惜しくも999座目の登録でしたが沢山の仲間に協力いただけたことを心から感謝いたします。 




9/27 霧ヶ峰ハイキング

2015.9.27(日)
霧ヶ峰ハイキング
雪ちゃんから、知り合いの女性が登山を始めたいらしいので「無理のない山を選んでくれ!」との声がかかる。
登山靴や服装&持ち物など一からの準備となるが、このあたりのアドバイスはベテランの友にお任せして爺は山の選定に・・・

長野市近辺に2、3時間行程の軽い山はあるが膝痛持ち爺の下山時のリスクと、そして何よりも高いリスクは軽い山といっても、初心者にはけっこうキツイ山に感じられ登山が嫌いになってしまうことなので高低差の少ない霧ヶ峰を選んでみたがはたして結末は如何に???



霧ヶ峰5山ルートMAP
イメージ 1



高低図
イメージ 2
駐車場標高/1640M 最低標高地点/1630M 標高差/295M 総歩行距離/12438M


グーグルアース・霧ヶ峰鳥瞰図
イメージ 3



八島湿原登山口で記念撮影
イメージ 4
左から、れんれんさん、雪ちゃん、聡太君(14才)、なおちゃん




湿原はすっかり秋色に
イメージ 5



霧ヶ峰はガスガス&時々晴れ状態イメージ 6



なおちゃん、ぬかるみでスリップダウン初体験 (*^▽^*)
イメージ 7


近くに沢があって良かったね-♪
イメージ 8


ここから物見岩まで一気に高度を上げる!
イメージ 9


物見岩に到着
イメージ 10



余裕顔の聡太君&登山初挑戦なおちゃん 
なおちゃんは 怖い!怖い!と言いながらも頑張りました!
イメージ 11



れんれんさん&雪ちゃん
イメージ 12
みんなで岩遊びを楽しみました (^O^)v 



蝶々深山へ向かう
イメージ 13



蝶々深山
イメージ 14



車山(後ろのドーム)をバックに記念撮影
イメージ 15



曇り空だが視界は良好! 
イメージ 16



霧ヶ峰では、ここが一番キツ~イ場所かも・・・(;´Д`)
イメージ 17



イメージ 18


聡太君をのぞき、大人全員バテバテに・・・(笑)
イメージ 19
リフト山頂駅横の展望台でひと休み♪



車山・山頂
イメージ 20


車山・山頂
イメージ 21


車山・山頂
イメージ 22


車山・山頂でランチタイム
イメージ 23


吹き出し内にカラスの気持ちを入れてお楽しみ下さい(^O^)v  
イメージ 24




下山編



姫木平(殿城山)分岐点
イメージ 47



秋の彩り
イメージ 27


南の耳へ
イメージ 25




マツムシソウ
イメージ 26



所々で深い霧に包まれることもあり展望を期待していた爺にはガックリ状態だったが、女性陣は「幻想的な雰囲気が素敵♪」と大喜びで結果オーライのハイキングとなりました(笑) 
イメージ 28


ハクサンフウロ
イメージ 29



秋の彩り
イメージ 30


タカネナデシコ
イメージ 31


スマホで風景撮影中
イメージ 32


南の耳
イメージ 33


北の耳へ
イメージ 34


ノコギリソウ
イメージ 35



北の耳
イメージ 36




ゼブラ山へ


下3枚・同じ場所で撮影
イメージ 39



イメージ 37



南の耳と草紅葉
イメージ 38




ゼブラ山へ
イメージ 40




北の耳(左中央より)・南の耳(右) 
イメージ 41


ゼブラ山
イメージ 42
ゼブラ山
爺、短パンだけどずり下がっているのかな~?
足が短く見えるよね-??
イメージ 43


トリカブト
イメージ 44



湿原まで戻る
イメージ 45


お疲れ様でした~   
イメージ 46


写真END


初山歩きは楽しんでもらえたようだが
正念場はこれからの山行次第!
正真正銘の山ガール誕生となるか?
次回を乞うご期待ください




2015.9.27(日)
長野発 6:40 ~ 岡谷IC下車・木落し古道 ~ 八島湿原ビジターセンター駐車場着 8:30


《行程&所要時間・撮影タイム20-40分含む》 
八島ビジターセンター(トイレあり)発 9:11
~ 鹿避けゲート 9:33
~ ゼブラ山分岐点(トイレ)9:36
~ 物見岩 10:05-18
~ 蝶々深山(1836m)10:36-45
~ 車山乗越 11:03
~ 白樺湖分岐 11:05
~ 車山(1925m)11:25-12:04(昼食)

車山発 12:04
~ 白樺湖分岐 12:15
~ 車山乗越 12:18
~ 殿城山分岐点 12:29
~ 南の耳(1838m)13:04-10
~ 北の耳(1829m)13:25
~ ゼブラ山(1776m)13:53-14:15
~ ゼブラ山分岐点(トイレ)14:33
~ 鹿避けゲート 14:35
~ 湿原登山口 15:06-11
~ 八島ビジターセンター着 15:13









9/19-20 京都伏見・稲荷山周遊

2015.9.19(土)
ナイト・伏見稲荷大社

2015.9.20(日)
千本鳥居の霊山・稲荷山周遊


管理人ホームページ
イメージ 37



2015.9.19(土)
長野発 10:30 ~ 中央道~名神高速・多賀SAと大津SAで大休憩 ~ 伏見稲荷有料駐車場着 18:20

当初は大津SAで車中泊、翌早朝に伏見稲荷の計画だったが、SA休憩中に伏見稲荷を検索したら「夜の幻想的写真」が多数アップされており時間制限無しとのこと。。。
これは行くっきゃない! と、ライトアップ伏見稲荷を楽しんできました♪
夜の伏見稲荷を散策 18:30~19:30
有料道路経由、名神高速・桂川PA上り線で車中泊


稲荷駅前のコインP利用(19.20日両日)  下段MAP参照
イメージ 1


京阪・伏見稲荷駅
イメージ 2


お土産屋さん、露天は閉店していました
イメージ 3



イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6



イメージ 7



千本鳥居
イメージ 8


奥宮
イメージ 9










2015.9.20(日)
千本鳥居の霊山巡り・稲荷山(233M)

去年暮れの関西山歩きの〆登山はここ稲荷山の予定だったが、朝の9時段階で神社近辺の道路は大渋滞!
当然のごとく駐車場はどこもかしこも満車!満車!あえなく頓挫 (ノД`)

今回も同じ轍を踏まないよう早朝6時に現地入りしました (^O^)v











イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12



イメージ 13




イメージ 14




イメージ 15





イメージ 16




イメージ 17




イメージ 18




イメージ 19


貴方も記念?に10号鳥居いかがですか。。。
イメージ 20



イメージ 21




イメージ 22


三ノ峰
イメージ 23



一の峰/稲荷山山頂
イメージ 24




イメージ 36


山頂標識ゲット
イメージ 25









下山編



イメージ 26



イメージ 27


四ツ辻分岐点/京都一週トレイルルートで東福寺へ向かう
イメージ 28


市街地を歩く
イメージ 29


東福寺
イメージ 30


拡大可
イメージ 31



今年の京都旅はライトアップ紅葉巡りを計画中 (^O^)v  
ここも候補地の一つ
イメージ 32



イメージ 33


イメージ 34



イメージ 35



2015.9.19(土)
長野発 10:30 ~ 中央道~名神高速・多賀SAと大津SAで大休憩 
~ 伏見稲荷有料駐車場着 18:20
夜の伏見稲荷を散策 18:30~19:30
有料道路経由で名神高速・桂川PA上り線で車中泊


2015.9.20(日)
千本鳥居の霊山巡り・稲荷山(233M)

駐車場発 6:40
~ コンビニ立ち寄り
~ 伏見稲荷神社境内 6:53-7:00
~ 千本鳥居入り口 7:02 
~ 奥宮 7:11 
~ 三ツ辻 7:21 
~ 四ツ辻 7:27-37
~ 三ノ峰 7:39 
~ 間ノ峰 7:41 
~ 二ノ峰 7:45 
~ 稲荷山山頂・233M(一ノ峰)7:49-56
稲荷山発 7:56 
~ 長者社 8:09 
~ 薬力の滝(行場)8:13 
~ 四ツ辻 8:35-43
~ 東福寺 9:05-30 
~ 京阪電車・東福寺駅 9:39 
~ 稲荷駅まで5分・150円
~ 駐車場着 9:54



2015.9.19-22
SW京都・滋賀・福井・富山観光ドライブ編へ続く





9/13 神秘の山? 石尊山

2015.9.13(日)
石尊山(せきそんさん) 1667.4M


右足膝痛で登山ができなくなって40日ちかく・・・。リハビリの甲斐あってか痛みもやわらぎ、膝の様子見を兼ねて途中退散も可能な軽いお山(石尊山)へ行ってきました。
鎮痛薬を飲んで歩き始めるが右足着地でちょこっと力が加わるだけで膝にピリピリ感が・・・ 、そんな状況なので登り下りとも超亀足になりましたが仲間の気遣いに助けられ途中敗退することなく久しぶりの山歩きを楽しんできました (^-^)v


管理人ホームページ
イメージ 25






イメージ 6
駐車場標高/1024M  標高差/643.4M 総歩行距離/12705M


石尊山登山口駐車場
イメージ 1
イメージ 7
マップコード 292.605.757


4.5台駐車可
イメージ 2


登山口/軽井沢は別荘地でも熊が出るので要注意
イメージ 3


ほぼ一直線の登山道が「血の滝」まで延びる
イメージ 4


指導標あり
イメージ 5


きのこ
イメージ 8



キノコ
イメージ 9


血の滝・分岐点
イメージ 10


血の滝下流
イメージ 11


血の滝(赤滝)
イメージ 12


ひっつきむし(通称・ばか)
イメージ 13


ケルン
下段地図表記の旧分岐点へ向かう地点の目印として設置されたものだろうが
旧登山道は消滅していました。
イメージ 14


要注意箇所
山と高原地図の旧分岐点とは違う位置に新設された「新分岐点指導標」
イメージ 15
↑ この新設指導標もルートミスの一因に・・・  (;´Д`)

第二源泉
イメージ 19


地図読み間違えで通行止めの新北側Rへ向かうが、途中で気付き新分岐点まで戻る (;´д`)




正しいルートMAP
イメージ 16
今日の行程は下記「山と高原地図」を参考に反時計回りで計画

山と高原地図
平成27年度版は「源泉以北は立ち入り禁止」文字が追記されている。
イメージ 17



長野県山岳協会発行「信州ふるさと120山」より
よく眺めれば山と高原地図とルート表記が違うが、おはぐろ池の表記箇所が間違っているため同一ルートだと勘違いをしてしまう (;´д`)
イメージ 18
※ルート解説文は正しかったが「おはぐろ池」の地図表記だけ間違っていました




新分岐点左ルート
おはぐろ池/血の池辨財天神社(石祠)
イメージ 20


石尊平(鞍部)
イメージ 21



石尊山への登り
イメージ 22



振り返れば雄大な浅間山が・・♪
イメージ 23



石尊山 1667.4M
イメージ 24

長野発 6:00 ~コンビニ立ち寄り ~駐車場着 7:10

登山口発 7:20 
~ 営林署林道出合い・1130M地点 7:55 
~ 石尊山マデ約3㌔ 8:24
~ 石尊山マデ約2.3㌔ 8:53 
~ 赤滝(血の滝)分岐点 8:59 
~ 赤滝(血の滝)9:12ー9:22
~ 赤滝上部木橋 9:26 
~ 石尊山マデ約1.7㌔ (ベンチあり)9:30 
~ ケルン 9:43
~ 新分岐点標柱 9:47-10:03 
~ 第2源泉 10:05-08 
地図読み違えで通行止めの新北Rへ向かうが途中で気付き戻る
~ 新分岐点標柱 10:28 
~ おはぐろ池(血の池辨財天神社)10:29
~ 石尊平 11:00-04
~ 石尊山(1667.4M)11:13-12:03

石尊山発 12:03 
~ 石尊平 12:09 
~ 新分岐点標柱 12:24 
~ 石尊山マデ約1.7㌔ (ベンチあり)12:40
~ 赤滝上部木橋 12:43 
~ 石尊山マデ約3㌔ 13:09 
~ 登山口着 13:50





7/25 南アルプス・栗沢山&アサヨ峰

2015.7.25(土)
南アルプス・アサヨ峰&栗沢山

当初は空木岳のピストン、駒ヶ根RW利用で空木岳一泊二日周遊旅、そして雲取山のどれかを予定するも諸事情で順延に・・・
そこで思いついたのが紅葉シーズン山行にリストアップしていたアサヨ峰!
この山域は甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳くらいしか知らなかったが、ブロ友・こうち隊が紅葉の時期に登られた記事を読み、爺も何時か登ってみたいとリストアップしてありました。



管理人ホームページ
イメージ 43




栗沢山&アサヨ峰鳥瞰図
イメージ 1



ルートMAP
イメージ 2



高低図
イメージ 3
北沢峠標高/2036M 標高差/763.1M 総歩行距離/9197M




AM5:22 乗車券購入の長~い列
イメージ 4



AM 5:42 自動販売機が二台設置されておりスムーズに買えた
荷物代金込みで往復2680円也
イメージ 5






アサヨ峰に向けて北沢峠を出発!  ※トイレあり
イメージ 6


ここでスーパー林道(右)とお別れ
イメージ 7



長衛小屋テン場は大賑わい
イメージ 8



長衛小屋 ※トイレ&水あり
イメージ 9



長衛小屋前の橋を渡れば栗沢山直登分岐点
イメージ 10
栗沢山直登分岐点/仙水峠へ向かい下山はここに降りてくる
イメージ 11


まずは仙水小屋へ向かう
イメージ 12



イメージ 13



仙水小屋 ※水あり・トイレ無し
イメージ 14
仙水小屋 ※水あり・トイレ無し
イメージ 15



イメージ 16



V字谷になると仙水峠が近い
イメージ 17



仙水峠 ※栗沢山はこの岩尾根に取り付く
イメージ 18


写真では表せないけれどメツヤクチャ急登でっせ!
イメージ 19



イメージ 20



息も絶え絶えの爺 (;´Д`)
イメージ 21


甲斐駒
イメージ 22



伊藤さん早! 
イメージ 23



まだ山頂ではないが高いところに登りたがるお馬鹿さん
イメージ 24



多分あのてっぴねが栗沢山かも・・・
イメージ 25


栗沢山 2714M
イメージ 26


栗沢山より
イメージ 27



栗沢山より
イメージ 42




アサヨ峰へ
ASAYOMINE

ルートミス地点拡大MAP(ロスタイム約20分)
イメージ 28
写真のルートミス表示はアバウト記載イメージ 29



あのルートミスがなければと悔やみながら登る爺
イメージ 30


アサヨ峰が近い! 
イメージ 31



あと一歩!   
イメージ 32


アサヨ峰 2799.1M
イメージ 33


アサヨ峰 2799.1M  北岳をバックに♪
イメージ 34



鳳凰三山・富士山・北岳 
イメージ 35


アサヨ峰からのパノラマ図解   使用ソフト・DDS社「どこでもパノラマ5」
イメージ 36











栗沢山から長衛小屋へ下山編





拡大可
イメージ 37



灌木地帯
イメージ 38


灌木地帯を抜けると樹林帯歩きが長衛小屋まで続く
イメージ 39


落ち葉がクッションになり足に優しい登山道
イメージ 40


無事下山 (^O^)v  伊藤さんお付き合いいただきありがとうございました。
イメージ 41

2015.7.24(金)
長野発 21:30 ~ 道の駅・南アルプスむら長谷 23:30(仮眠)
★ナビ設定
長野~仙流荘バス停(トイレ・駐車場)140㌔ 所要時間 2時間30分

《行程&所要時間・撮影時間20-40分含む》
2015.7.25(土)
道の駅起床&朝食 4:20~仙流荘駐車場着 5:30~6時台のバスに乗車

北沢峠(トイレあり)発 7:20 
~ 仙水峠入り口 7:24 
~ 長衛小屋(水&トイレあり)7:29
~ 栗沢山直登分岐点 7:30 
~ 仙水小屋(トイレ無し・水あり)7:58-8:06
~ 仙水峠 8:34-36 
~ 休憩 9:09-23 
栗沢山(2714M)10:14-38
~ ルートミスで約20分ロス 
~ 休憩 11:39-47 
アサヨ峰(2799.1M)12:06-46(昼食)

アサヨ峰発 12:46 
栗沢山 13:42-50 
~ 栗沢山直登分岐点 15:05 
~ 長衛小屋 15:06-09 
~ 北沢峠着 15:19


信州高遠温泉・さくらの湯で汗を流して帰路につく
TEL 0265-94-3118 入浴料600円  泉質満足度★★★





7/12 白神山地・崩山

2015.7.12(日)
白神山地・崩山

八甲田山で知り合った華園さんから「大崩れから十二湖の眺めが素晴らしい♪」と教えていただき歩いてきました。
下山時のベンチでは白神山地巡視員の岩谷さんから、「白花シラネアオイ」・「崩山山頂で咲く座禅草」など崩山で咲く珍しい花々の写真をたくさん見させていただきました。
これらの花は5月GW限定とのことなので次回は白神岳とセットでの再訪か・・・?
岩谷さん、そのときはガイド宜しくお願いいたします (゜゜)(。。)ペコッ


管理人ホームページ
イメージ 35





キョロロ物産館有料駐車場/崩山登山者より青池観光客の車で賑わう
イメージ 1
イメージ 32
マップコード 559-223-373



イメージ 2


階段下がキョロロ物産館
イメージ 3


キョロロ物産館/昨日の夕方、軽食処がクローズでバックオーライする羽目に・・・
イメージ 4


キョロロ横は林道ゲート
イメージ 5


崩山は青池方面へ
イメージ 6


大崩れ全景
イメージ 7


青池横の崩山登山口/登山届けBOXあり   
イメージ 8


外来種を持ち込まないよう靴底をしっかりとゴシゴシ!
イメージ 9


うっそうとした様はまさに白神山地
イメージ 10


この看板から悪夢の急登が始まりまっせ!
イメージ 11


うんこらどっこい!
イメージ 12
★ソロ山行のため爺本人の写真は三脚セルフで撮影しています。


最初の急登はこのベンチまで、次の急登は大崩れから始まるよ~!
イメージ 13
大崩れ~山頂が0.9㌔なので、崩山マデ残り2㌔!  ベンチより
イメージ 14


大崩れまでは緩やかな登りとなる
イメージ 15



かがむとお腹がつかえる爺なのだ~ (;´Д`)
イメージ 16
★ソロ山行のため爺本人の写真は三脚セルフで撮影しています。



大崩れが近い!
イメージ 17



大崩れ
イメージ 18


大崩れを通過すると再度の急登が待っていまっせ-!
イメージ 19



崩山 940.2M 灌木に囲まれ展望は望めない/三角点あり
イメージ 21
この山頂で座禅草が咲くなんて普通は考えられない事だけれど・・・


山頂のベンチでひと休み
イメージ 20





下山編


大崩れ
イメージ 23


大崩れからの鳥瞰図
イメージ 22


白神山地巡視員の岩谷さん  
貴重な話をたくさん聞かせていただきました。
イメージ 24


登山口・無事に下山
下山途中で公務員の小川さんと知り合いました (^O^)v
イメージ 25


青池
イメージ 26





イメージ 27
キョロロ物産館標高/242M 標高差/698.2M 総歩行距離/7190M




《行程&所要時間・撮影時間20-40分含む》 
キョロロ有料駐車場(トイレあり)発6:16 
~ 青池分岐点 6:21 
~ 崩山登山口(青池)6:26-29
~ ベンチ(大崩れマデ1.1㌔)7:14-16 
~ 大崩れ(崩山マデ0.9㌔)7:53-57
~ 崩山・940.2M(ベンチあり)着 8:30-49(軽食)

崩山発 8:49 
~ 大崩れ 9:05-08 
~ ベンチ 9:26-9:49 
~ 登山口・青池散策 10:16-23
~ 青池分岐点 10:26
~ キョロロ駐車場着 10:29




帰宅編

道の駅・はちもり TEL 0185-78-2300
イメージ 28


チゴキ埼灯台
イメージ 29
イメージ 33
マップコード 922-294-368



道の駅・みねはま TEL 0185-76-4649
イメージ 30


秋田県特産・カナリアメロン お土産に4個購入
イメージ 31

★ナビ設定
キョロロ駐車場~日本海回り~長野市/590㌔ 所要時間/11時間

2015.7.12(日)
キョロロ駐車場発 11:05 
~ 新潟・道の駅朝日で入浴 18:00-30 
~ 北陸自動車道・大積PA着 20:08(残り141㌔・車中泊)

2015.7.13(月)
北陸自動車道・大積PA発 6:00
~長野帰宅 8:00





イメージ 34
総走行距離 1808キロ 
ガソリン総量 131㍑ 
岩木スカイライン・1800円 
高速代/往路・10710円(深夜割り) 
高速代/復路・150円 320円 1730円 3910円 
合計 6110円(土・日割)  
その他もろもろ費用
道の駅・9駅





7/11 竜飛岬と津軽半島道の駅巡り

2015.7.11(土)
竜飛岬観光&津軽半島道の駅巡り編
早池峰・栗駒・焼石岳辺りを登ろうと思っていたが、前日の八甲田山が海に近いこともあり観光&道の駅巡りに予定を変更。





AM 6:17 朝食抜きで前泊地「道の駅・ゆーさ浅虫」を出発!
TEL 017-737-5151
イメージ 1
イメージ 60
マップコード 99-808-713





道の駅・たいらだて「oh!だいば」 TEL 0174-31-2211
平舘灯台
イメージ 2
イメージ 61
マップコード 828-617-552



拡大可
イメージ 3




イメージ 16



ハマナスの実 ※ジャムにして食すと美味♪
イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6










イメージ 7



イメージ 8








高野崎
イメージ 9
イメージ 62
マップコード 828-786-674



イメージ 10



高野崎突端まで行かれますよ~♪  /拡大可
イメージ 11


高野崎より/拡大可
イメージ 12








イメージ 13
イメージ 63
マップコード 828-783-084


鋳釜崎/拡大可
イメージ 14



鋳釜崎/拡大可
イメージ 15







義経寺・義経伝説/拡大可
イメージ 64
イメージ 63
マップコード 517-712-511

義経寺/拡大可
イメージ 17







道の駅・みんまや竜飛岬 TEL 0174-38-2301
イメージ 18


拡大可
イメージ 19




イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22


青函トンネル・体験坑道に挑戦(所要時間40-50分)
イメージ 23


往路・後部座席よりトンネル上部/拡大可
イメージ 24



イメージ 25


この時間は見学者が二人きりだったので乗ることができました (^O^)v
イメージ 26



イメージ 27




イメージ 28




トンネル工事開始以前から将来の広軌型車両(現在の新幹線)走行を想定して工事が行われ、広軌レールを1本追加するだけで新幹線が走行できる仕組みになっている
イメージ 29




イメージ 30


復路・後部座席よりトンネル下部を撮影
イメージ 31



イメージ 65



竜飛岬編
イメージ 63
マップコード 1045-011-559



龍飛崎灯台
イメージ 32



イメージ 33



イメージ 34


車が通れない国道339号
イメージ 35

ごらんあれが竜飛岬・・・
スナックをやっていたころ店でよく歌ったなぁ-(*^▽^*)
イメージ 36







竜飛崎に別れを告げ道の駅巡りを再開
道の駅だけではなく見所では車を停車させます♪


イメージ 37




イメージ 38





道の駅・こどまり TEL 0173-27-9300
イメージ 39
イメージ 63
マップコード 517-518-055


2階レストランで朝食兼昼食 ウニ丼♪
イメージ 40







道の駅十三湖高原 TEL 0173-62-3556
イメージ 41
イメージ 63
マップコード 517-166-222


十三湖展望台/自分の足で上まで登るタイプです(笑)
イメージ 42



十三湖展望・展望台より
イメージ 43







志村けんTV番組で有名になったみたいですね-
イメージ 45

わさお君
イメージ 44






千畳敷海岸
イメージ 46
イメージ 63
マップコード 1011-036-777

千畳敷海岸
イメージ 47



千畳敷海岸
イメージ 48



千畳敷海岸
イメージ 49







道の駅・ふかうら TEL 0173-76-3660
イメージ 50
イメージ 63
マップコード 559-855-855







黄金﨑・不老ふ死温泉 TEL 0173-74-3500泉質満足度★★★
イメージ 51
イメージ 63
マップコード 1048-103-444

海岸の露天風呂(日帰り入浴・土日際は不可)
イメージ 52








イメージ 53



西浜街道の東屋より
イメージ 54



白神岳と明日登る予定の崩山全景
イメージ 55


コンビニは全くないので要注意
白神山地・崩山登山口&青池駐車場、森の物産館・キョロロで食事(夕飯)予定だったが閉店していたので「アオーネ白神十二湖」まで戻って夕食



アオーネ白神十二湖・温泉施設もある TEL 017377311
イメージ 56
イメージ 63
マップコード 559-189-607


イメージ 57



車中泊予定地まで戻らなければいけないのでビールはなしよ!(残念)
イメージ 58




崩山登山口駐車場は有料、ビジターセンター駐車場のトイレは夜間使用不可のため王池無料駐車場を利用しました。

車中泊地/王池駐車場(トイレあり・水なし)   ※崩山を下山後に撮影
イメージ 59
イメージ 63
マップコード 559-221-257 







2015.7.12(日)
白神山地・崩山に続く
























7/10 花の名山・八甲田山

2015.7.10(金)
花の名山・八甲田山(大岳・井戸岳・赤倉岳)

この日は早朝(3時過ぎ)、震度5の地震で目が覚めてしまいました。
揺れは凄かったけれど土砂崩れなどの災害はなく下山後の移動に差し障りがなくてひと安心。


管理人ホームページ
イメージ 59





八甲田山・鳥瞰図
イメージ 56



朝食「ペヤング焼きそば」を食べて出発!
※爺的にはUFO焼きそばがお気に入り
イメージ 57



酸ヶ湯公共無料駐車場(トイレあり)
※水は酸ヶ湯温泉前に湧き水あり
イメージ 1
イメージ 34
マップコード 704.522.557


酸ヶ湯薬師で山行の安全祈願


イメージ 2



八甲田山(大岳)登山口
イメージ 3



ゴーロ道が続く
イメージ 4



随所に指導標あり
イメージ 5




硫化水素臭プンプンの沢
イメージ 6
★ソロ山行のため爺本人の写真は三脚セルフで撮影



八甲田火山はまだ生きています
イメージ 7




昨日登った岩木山
イメージ 8




仙人岱&小岳
イメージ 9




仙人岱避難小屋&八甲田山
イメージ 10



仙人岱(せんにんたい)
イメージ 11



仙人岱・八甲田清水
イメージ 12




ヒナザクラ&八甲田山
イメージ 13
仙人岱は花の宝庫で前に進むことができませんでした (*⌒▽⌒*)



チングルマ&八甲田山
イメージ 14




花に満足したら目指せあの頂を!
イメージ 15
★ソロ山行のため爺本人の写真は三脚セルフで撮影



暑くもなく、寒くもなく、登山日和なんで本日は残雪クールダウン無しよ!
イメージ 16




南八甲田連峰
イメージ 58




山頂が近づくと火山帯特有のザレ道になるので慎重に登る
イメージ 17




岩木山ズーム♪
イメージ 18




山頂が近づいてくる
イメージ 19




八甲田山山頂/三角点・展望盤あり
イメージ 20
八甲田山(大岳) 1584.6M
イメージ 21
ブロ友手拭い1000座挑戦中



山頂より青森湾を望む
イメージ 22


八甲田山パノラマ図解  使用ソフト・DDS社「どこでもパノラマ3」
イメージ 33





大岳下山編
大岳避難小屋~井戸岳~赤倉岳~毛無岱~酸ヶ湯温泉






鞍部に大岳避難小屋・前方は井戸岳・赤倉岳の稜線
当初は避難小屋から毛無岱へ下る予定だったが・・・
イメージ 23



大岳避難小屋(トイレあり)
イメージ 24
八甲田山行では100名山を目指している青森在住の華園ご夫妻と知り合い、白神山地・崩山(12日山行)情報や、井戸岳~赤倉岳周遊のススメほか、地元の方ならではの貴重な情報をたくさんいただくことができました(長野に100名山か観光でお越しの際の再会が楽しみです・感謝)



井戸岳へ
イメージ 25
★ソロ山行のため爺本人の写真は三脚セルフで撮影


八甲田山全景・井戸岳途中より
イメージ 26




井戸岳噴火口
イメージ 27



井戸岳噴火口
イメージ 28




赤倉岳の祠
イメージ 29




赤倉岳の祠より
イメージ 30




赤倉断崖 (^。^;) 
イメージ 31



赤倉岳山頂標識が二カ所にあるためCTと高低図にはその1、その2と記載
イメージ 32
八甲田山を計画中のみなさん、大岳だけで下山はすごくもったいないです!
CTが50分ほど増えますが「歩いて良かった!」と思われること請け合いです。


景色が良いのはここまでで宮様コース分岐点まで樹林帯を下る
イメージ 35



樹林帯を下る
イメージ 36



宮様コース分岐点
イメージ 37



上毛無岱まで殆ど展望がない
イメージ 38




上毛無岱に到着  モデル・華園ご夫妻
イメージ 39



振り返れば歩いた稜線を一望できる
イメージ 40



上毛無岱ベンチ
イメージ 41



毛無岱(けなしたい)全景
イメージ 42




上の毛無岱全景写真はこんな急階段から撮しました
イメージ 43
急階段上部を撮影/但し書きいれなくても見ればわかりますね(笑)


《毛無岱湿原の写真は省略》


城ヶ倉温泉分岐点
イメージ 44



酸ヶ湯温泉と公共駐車場
イメージ 45


酸ヶ湯温泉下の登山口に下山
イメージ 46



酸ヶ湯温泉
イメージ 47




イメージ 48
駐車場標高/895M 標高差/689.6M 総歩行距離/12365M


《行程&所要時間・写真撮影20-40分含む》
酸ヶ湯公共無料駐車場発 6:21 
~ 酸ヶ湯神社 6:21 
~ 登山口 6:23 
~ 大岳マデ3.8㌔ 6:28
~ 大岳マデ3.0㌔ 6:49 
~ 大岳マデ2.0㌔ 7:17 
~ 大岳マデ1.9㌔ 7:27
~ 大岳マデ1.6㌔ 7:39 
~ 仙人岱 7:54 
~ 仙人岱避難小屋 7:57 
~ 仙人岱・八甲田清水 8:03
~ 小岳分岐点 8:07 
~ 鏡沼 8:54 
~ 祠 9:02 
~ 八甲田山・大岳(1584.6m)9:05-50

八甲田山発 9:50 
~ 大岳避難小屋・赤倉岳分岐点 10:03-11 
~ 井戸岳(1550m)10:36
~ 赤倉岳(その1)10:44 
~ 祠 10:46-51 
~ 赤倉岳(その2・1548m)11:04
~ 宮様コース分岐点 11:22 
~ 酸ヶ湯分岐点 11:50 
~ 上毛無岱ベンチ 11:59-12:19
~ 毛無岱ベンチ 12:32 
~ 酸ヶ湯マデ1.4㌔ 12:46 
~ 城ヶ倉温泉分岐点 12:53
~ 酸ヶ湯マデ0.5㌔ 12:58 
~ 酸ヶ湯温泉登山口 13:07-11 
~ 駐車場着 13:13



酸ヶ湯温泉1000人風呂(混浴)
イメージ 49
酸ヶ湯温泉 TEL 017-738-6400
1000人風呂&男女別内湯 1000円 どちらか片方のみは600円 
外来入浴は17時まで
泉質満足度 ★★★
イメージ 50




11日は崩山・森吉山・早池峰のどれか、12日は栗駒か焼石岳と考えていたが・・・
地図を眺めると八甲田山から陸奥湾までほんの僅かな距離なので明日は観光&道の駅巡りドライブに変更。
恐山がある下北半島もよし、竜飛岬がある津軽半島もよし、どちらを選択しても地理的に便利な青森市・道の駅「浅虫温泉」へ向かうことに決定!
道の駅・浅虫温泉(温泉施設・レストラン併設) TEL 017-752-3250
泉質満足度★
イメージ 51
イメージ 55
マップコード 99.808.713





イメージ 52



併設レストランで乾杯
イメージ 53


レストランからの展望
イメージ 54




2015.7.11(土)
津軽半島・道の駅巡りに続く




7/9 花の名山・岩木山(別名・津軽富士)

2015.7.8(水)
青森県・山旅 出発編

長野発 11:30~ 上信越道~北関東自動車道~東北自動車道・花輪SA着 20:15(残67㌔・車中泊)
★ナビ設定
長野~岩木山・百沢R登山口 800㌔ 所要時間 11時間30分
長梅雨に振り回されてストレス貯まりっぱなしは前項で書きましたが・・・
高気圧に覆われている青森県へ衝動買いならぬ「衝動思いつき」で行ってきました(^O^)v
下調べや事前準備の暇が無かったため、とりあえず「花の百名山・道の駅・東北地方の山地図」をバックに詰め込んでいざ出発!(笑)



イメージ 1




管理人ホームページ
イメージ 35






2015.7.9(木)
花の名山・岩木山 撤退編

東北自動車道・花輪SA発 4:40 ~ 大鰐弘前IC下車 ~ 百沢R登山口駐車場(トイレは桜林公園)着 6:30
イメージ 2
イメージ 29
マップコード 492.145.816


百沢R登山口
イメージ 3



ゲレンデ内を進む
イメージ 4



このカーブ手前の二又で草に埋もれた指導標を見落とした事が失敗の元だった(反省)
イメージ 5



ルートミスに気づかず砂防堤まできたが、登山口の指導標がなく藪をかき分けて踏み跡探し (;´Д`)
この段階でも間違ったことに気づいていない鈍感さに脱帽?(笑)
イメージ 6



旧登山道かな?
僅かな踏み跡をたよりに登り込むが、手入れがされていないため枝を払いのけるだけで体力が消耗する (ノД`)
イメージ 7


あとチョットで本ルートにたどり着けたが昨日の運転疲れもあり体力の限界だった! 
★この薄い踏み跡が何処に続いているのかピンク線と緑線で予想してみました。
イメージ 34
東北自動車道・花輪SA発 4:40~ 大鰐弘前IC下車~百沢R登山口駐車場(トイレは桜林公園)着 6:30
登山口駐車場発 7:18 
~ スキー場登山口 7:22 
~ 砂防堰堤 7:32 
~ 途中でルートミスに気づくが尾根上部で合流できそうだったので
登り込むも藪避けで体力消耗し撤退を決断 8:21
★予定になかった岩木山八合目からの登山に変更 (;´Д`)




2015.7.9(木)
花の名山・岩木山 八合目から登頂編♪


岩木山鳥瞰図
イメージ 8




イメージ 33
八合目駐車場/1252M 標高差/372.7M 総歩行距離/3073M




八合目駐車場(売店・トイレ)
イメージ 9
イメージ 30
マップコード 492.260.075


駐車場よりリフト終点(九合目)の鳥海山を望む
イメージ 10


まずはリフト山頂駅分岐点を目指す
イメージ 11


学校登山で賑わうリフト山頂駅分岐点/正面は鳥海山
イメージ 12



ここからは岩場の連続となる
イメージ 13



岩木山が姿を現す♪
イメージ 14



上の写真右下ガレ場をズーム撮影
イメージ 15



鵬鳴ヒュッテ(百沢R分岐点)
イメージ 16


鵬鳴ヒュッテより
ルートミスがなければ矢印地点から登ってくるはずだったが、、、 
イメージ 17


岩木山 1624.7M 
★ソロ山行のため爺本人の写真は三脚セルフで撮影
イメージ 18
ブロ友手拭い1000座挑戦中


岩木山神社
イメージ 19
爺みたいに山だけに偏らず、登山と観光をセットで楽しまれている三重の中嶋ご夫妻と知り合いました。




岩木山パノラマ図解  ※使用ソフト・DDS社「どこでもパノラマ3」
イメージ 20



今回目当ての花・ミチノクコザクラ
イメージ 21
《ミチノクコザクラ》
ハクサンコザクラの変種で、原種よりやや大きい岩木山固有種。
岩木山には「安寿と厨子王」の伝説があり、花は安寿姫のかんざしに例えられる。
山と渓谷社・花の百名山より抜粋


イメージ 22



イメージ 23

2015.7.9(水)
津軽岩木スカイライン・往復1800円 ~ 岩木山八合目(売店・トイレ)着 9:358
八合目登山口発 9:42 
~ リフト山頂駅分岐点 10:18-26 
~ 鵬鳴ヒュッテ(百沢R分岐点)10:40
~ 夢のカプセル 10:52 
~ 岩木山着 11:03-31

岩木山発 11:31 
~ 鵬鳴ヒュッテ(百沢R分岐点)11:42-12:05
~ リフト山頂駅分岐点 12:29-33 
~ 八合目駐車場着 12:47




(株)百沢温泉で汗を流す TEL 0172-83-2226
入浴料 300円 泉質満足度 ★★★
イメージ 24
イメージ 31
マップコード 492.146.065
(温泉名表示ありませんがこの場所です)


イメージ 25




★ナビ設定
岩木山~八甲田山登山口(酸ヶ湯温泉)公共無料駐車場 56㌔ 
所要時間 2時間
(注)酸ヶ湯近辺にコンビニはないので弘前市内で要事前準備



八甲田山登山口・酸ヶ湯公共無料駐車場(トイレあり)
イメージ 26
イメージ 32
マップコード 704.522.557

まんじゅうふかし
イメージ 27


じごく沼
イメージ 28




2015.7.10
青森県・山旅その2
八甲田山へ続く



青森県・山旅序章

2015.7.8(水)~13(月) 青森県・山旅
※8日と13日は移動日

長梅雨に振り回されてストレス貯まりっぱなしは前項で書きましたが・・・
高気圧に覆われている青森県へ衝動買いならぬ「衝動思いつき」で行ってきました(^O^)v

下調べや事前準備の暇が無かったため、とりあえず「花の百名山・道の駅・東北地方の山地図」をバックに詰め込んでいざ出発!(笑)



イメージ 1



7/9(木) 岩木山(花の名山)
下から歩き始めたがルートミスで八合目登山に変更
★三重県・中嶋ご夫妻との出会い
イメージ 3




7/10(金) 八甲田山(花の名山)
★青森県・華園ご夫妻との出会い
イメージ 4




7/11(土)
早池峰か焼石岳の予定だったが青森観光(道の駅めぐり)に変更
イメージ 5




7/12(日) 白神山地・崩山(隠れ花の名山)
青森の華園さんに教えていただきました♪
★白神山地巡視員&ガイドの岩谷さんとの出会い
★公務員・小川さんとの出会い
イメージ 6





7/13(月) 長野着 AM8:00 
イメージ 2
総走行距離 1808キロ
ガソリン総量 131㍑
岩木スカイライン・1800円
高速代/往路・10710円(深夜割り)
高速代/復路・150円 320円 1730円 3910円 合計 6110円(土・日割) 
その他もろもろ費用

山旅本編はブログ速報、ホームページの順にアップ予定です。


来年の花紀行スケジュール・5月6月編

2015.7.7(火)
来年の花旅予定表・5月6月編
今年行きそびれた花の山、ブロ友さん情報で新たに加えた花の山を予定表にしてみました(^O^)v


2016.5.2前後
ハナネコノメ(高尾山・3月末に訂正)

2016.5.8前後
ユキワリソウ(佐渡)

2016.5.24前後
シロヤシオ(竜ヶ岳・三重県)

2016.5.31前後
アカヤシオ(中倉山-オロ山)

2016.6.1前後
ヤマツツジ(甘利山-千頭星山・山梨県)
シロヤシオ(高原山・那須)

2016.6.5前後
カモメラン(三つ峠山)
ホテイラン(立場山)

2016.6.13前後
カモメラン(黒岳・御坂)

2016.6.15前後
ミヤマキリシマ(平治岳・九州)

2016.6.20前後
バンダイクワガタ(磐梯山)
オオヤマレンゲ(銀杏峰)
バイカツツジ・セッコク(高尾山)


皆さんからのオススメ花情報をお待ちしています。



6/30 霧ヶ峰ハイキング

2015.6.30(火)
家内の松本市研修会をこれ幸いと、送っていくよ!を口実に霧ヶ峰ハイキング(笑)

雲行きが怪しく、物見岩か蝶々深山辺りで引き返す羽目になることを覚悟して出発したが雨や雷に遭うことなく予定コースを歩くことができました。

歩ききれたといっても、雷雨になったとき全く逃げ場のない平原歩きのため写真や休憩もそこそこのせわしないハイキングでした (;´Д`)



管理人HP 2015.6.30



霧ヶ峰鳥瞰図
イメージ 1
駐車場標高/1640M 最低標高地点/1630M 標高差/295M 総歩行距離/12359M




イメージ 38



八島ビジターセンター駐車場・トイレあり
イメージ 2
イメージ 30
マップコード 468.139.105



トイレ横のトンネルを潜って八島湿原へ向かう
イメージ 3



奥霧ヶ峰・八島ヶ原湿原
イメージ 4



八島湿原遊歩道より
イメージ 5



当ルート最低標高地点・鎌ヶ池
イメージ 6


鹿避けゲート
イメージ 7


都会からの学校登山・70名ほどとすれ違う
イメージ 8


物見岩
イメージ 9



下山コースのゼブラ山(男女倉山)・物見岩より
イメージ 10



蝶々深山&車山方面・物見岩より
イメージ 11



コバイケイソウ群生
イメージ 12



蝶々深山
イメージ 13



蝶々深山・1836M ブロ友手拭い1000座挑戦中
イメージ 14



車山上空がヤバイ!! 
イメージ 15



ニッコウキスゲ・ハクサンフウロ
※ニッコウキスゲの開花はこれからです
イメージ 16



車山への階段・見ただけでやだくなる!!
イメージ 17



車山まであとひと頑張り!  リフト山頂駅より
イメージ 18


車山神社と蓼科山
イメージ 20



車山 1925M
イメージ 19

車山からのパノラマ図解  ※DDS社製・どこでもパノラマ使用
イメージ 37



下山編





車山乗越まで戻って、樺の丘方面へ向かう
イメージ 21



樺の丘
イメージ 22



殿城山分岐近辺より
イメージ 23



車山方面を振り返れば
イメージ 24



南の耳(1838M)と蓼科山
イメージ 25




北の耳へ向かう
イメージ 26



蓼科山
イメージ 27



北の耳・1829M
イメージ 28


北の耳からのパノラマ図解  ※DDS社製・どこでもパノラマ使用
イメージ 29




目指すは矢印・ゼブラ山(男女倉山)
イメージ 31



ゼブラ山が近づく
イメージ 32



ゼブラ山(男女倉山) 1776M
イメージ 33



今日歩いたコース・ゼブラ山より
イメージ 34


八島湿原全景・ゼブラ山より
イメージ 35





立ち寄り温泉
美ヶ原温泉・ふれあい山辺館・白糸の湯 入浴料 300円 TEL 0263-35-9076 泉質満足度 ★
イメージ 36


《行程&所要時間》
八島ビジターセンター(トイレあり)発 10:15
~ 奥霧小屋 10:38
~ 鹿避けゲート 10:41
~ ゼブラ山分岐点(トイレ)10:43
~ 物見岩 11:11
~ 蝶々深山(1836m)11:32-38
~ 車山乗越 11:53
~ 白樺湖分岐 11:55
~ 車山(1925m)12:11-30(昼食)

車山発 12:30
~ 白樺湖分岐 12:35
~ 車山乗越 12:37
~ 樺の丘 12:43
~ 南の耳(1838m)13:10-13
~ 北の耳(1829m)13:25-27
~ ゼブラ山(1776m)13:49-54
~ ゼブラ山分岐点(トイレ)14:07
~ 鹿避けゲート 14:09
~ 奥霧小屋 14:10
~ 八島ビジターセンター着 14:30

6/28 山の天気は・・・

6/28(日)
伊藤さんと針ノ木岳&蓮華岳日帰り登山予定だったが、天気予報(有料サイト・ヤマテン)が芳しくなく前夜に中止を決定!



中止にしたものの長野市内は朝から青空に(;´Д`)
イメージ 1


しかし、我が家から見る北アルプス山頂は厚い雲に覆われている。
下界と山の違いは明らかなので「無理に行かなくて正解」と思うことにしよう(笑)
イメージ 2






6/13 花の名山・根子岳&四阿山

2015.6.13(土)
プロカメラマンと歩く
花の名山・根子岳&四阿山

古くからの知人でカメラマンの「ヤマウラさん」が長野隊に仲間入り。
仕事で山に登る事は多いけれど、プライベートでも山を楽しみたい!!と、
ご参加いただく事となりました。

※ヤマウラさんの写真をメインにアップしました
★マークは管理人&黒チャン撮影


管理人HP




根子岳&四阿山鳥瞰図
イメージ 1



マークはレンゲツツジ花道
大きいマークはレンゲツツジ群生地 
イメージ 2




イメージ 3
登山口標高/1590M 標高差/764M 総歩行距離/10181M




★ 根子岳登山口(トイレ・自販あり) 牧場入場料・1名200円
イメージ 4
イメージ 50
マップコード 516.434.178




イメージ 5



レンゲツツジ
イメージ 6



菅平牧場
イメージ 7





イメージ 8



アズマギク
イメージ 9





イメージ 10




イメージ 11





イメージ 12





イメージ 13



展望台・東屋にて
イメージ 14




展望台より
イメージ 15



展望台・東屋
イメージ 16





イメージ 17





イメージ 18





イメージ 19



禰固岳(ねこだけ)八合目石標
イメージ 20


「もしかして、ひらさんですか?」と声をかけていただきました。
山友繋がりで、私のHPを見ていて下さったという中沢さんは
年齢が80歳との事でしたがとてもお若く見えてビックリ!!
爺はあと10年山登りを楽しめれば満足と思っていたけれど、中沢さんとの出会いで「最低でも15年は頑張るぞ!」に軌道修正となりました (^O^)v

イメージ 21
左から/中沢さん・管理人・ヤマウラさん


イメージ 22





イメージ 23



根子岳マデ0.5㌔
イメージ 24



根子岳 2207m 両手に花 
イメージ 25


★ ブロ友手拭い1000座挑戦中
イメージ 26


中沢さんと記念撮影  
イメージ 27





四阿山へ





イメージ 28



ムラサキヤシオ
イメージ 29



岩峰から四阿山を望む
イメージ 30



イメージ 31




イメージ 32





イメージ 33



大すき間
イメージ 34



★急登だぁ-!
イメージ 35



★急登をクリアすればこんな素晴らしいご褒美が♪
イメージ 36



★根子岳分岐点・休憩適地
イメージ 37



イメージ 38


★四阿山 2354M
イメージ 39



浅間山方面
イメージ 40







中四阿経由で下山





イメージ 41




イメージ 42





イメージ 43





イメージ 44





イメージ 45




イメージ 46



イメージ 51





イメージ 47




イメージ 48



★ 最初から最後までレンゲツツジに癒やされた楽しい花旅でした♪
イメージ 49




長野発 6:35 ~  菅平牧場駐車場(1名200円)着 7:30

《行程&所要時間・撮影時間20-40分含む》
登山口(トイレあり)発 7:51 
~ 東屋・展望台 8:15-21
~ 根子岳マデ1.5キロ 8:34 
~ VP 8:41-49
~ 根子岳マデ0.8キロ 8:54 
~ 禰固岳八合目石標 9:09-16
~ 根子岳マデ0.5キロ 9:28 
~ 根子岳(2207m)9:48-10:41
~ 大すき間(鞍部)11:11 
~ 四阿山マデ1.5キロ 11:14
~ 四阿山マデ1.3キロ 11:34 
~ 途中休憩 5分 
~ 根子岳分岐点 11:59-12:11
~ 鳥居峠分岐点 12:20 
~ 四阿山(2354m)12:29-13:14

四阿山発 13:14 
~ 根子岳分岐点 13:27 
~ 中四阿(2090m)13:57
~ 四阿高原分岐点 14:15 
~ 途中休憩 8分 
~ 大明神沢 15:16
~ 中四阿経由・四阿山登山口 15:27 
~ 牧場駐車場着 15:33




6/14 山登り10訓

昨日登った根子岳&四阿山トレッキングガイド裏側に「山登り10訓」なるものが書かれていました。

拡大可
イメージ 1

6/7 花の名山・平標山&仙ノ倉山

2015.6.7(日)
平標山&仙ノ倉山 花旅
ブロ友、ゆうゆう隊&こうち隊と一緒に花の名山を楽しんできました。

《ハクサンコザクラ他・開花状況》
ハクサンコザクラ全体の5割程度・見頃は今週末前後と思われる
ハクサンイチゲ/満開
ミヤマキンバイ/満開
チングルマ/満開
ハクサンチドリ3株ほど開花していたが今週末以降と思われる
オノエラン咲いている株は見つけられず今週末以降と思われる
ムラサキヤシオ/松手山以降で開花、今週いっぱいが限度と思われる
シャクナゲ/終了





2015.6.6(土)
道の駅・みつまた ブロ友さんと待ち合わせ&車中泊 
食事処ラストオーダー PM 16:30 
イメージ 1
イメージ 37
マップコード 554.813.588

みつまた街道の湯(食事処は無いので要注意) 
イメージ 2
コンビニ情報
「越後湯沢か群馬県側」が最終地のため要注意!!



平標山・仙ノ倉山鳥瞰図/拡大可
イメージ 3



拡大可
イメージ 4
有料駐車場標高/971M 標高差/1055.2M 総歩行距離/14518M






ルート解説・管理人HP


2015.6.7(日)
24時間使用可・有料駐車場(600円・トイレ・温泉施設割引券あり) 
イメージ 5
イメージ 38
マップコード 554.514.219

登山届けBOX
イメージ 6


松手山登山口
イメージ 7


初っぱなから急登 (;´Д`)
イメージ 8



イメージ 9


爺が大の苦手とする木階段の急登!
イメージ 10



鉄塔/休憩適地
イメージ 11


鉄塔からひと頑張りで松手山や平標山を望む
イメージ 12


松手山 1613.6M
イメージ 13


松手山 1613.6M
イメージ 39


松手山より/拡大可
イメージ 14


ムラサキヤシオ
イメージ 15


ハクサンイチゲ/拡大可
イメージ 16


平標山 1983.7M
イメージ 17


平標山 1983.7M
イメージ 40


平標山より/拡大可
イメージ 18


拡大可
イメージ 19



ハクサンコザクラ・ミヤマキンバイ・ハクサンイチゲのコラボ
イメージ 20



ハクサンコザクラは保護柵のずーっと奥で咲いているため望遠手ブレを連発、
三脚を持ってこなかった事を悔やむが後の祭りであった!
イメージ 21




ベンチ
イメージ 22



仙ノ倉までは先が長~い
イメージ 23


仙ノ倉山頂が見えてきた♪/拡大可
イメージ 24



仙ノ倉山 2026.2M
イメージ 41



仙の倉山 爺、完全ノックダウンの図  /拡大可
イメージ 42
仙ノ倉山 2026.2M
ブロ友・かずさんと偶然の出会いがありました (^O^)v

※こうち隊は、かずさんと今年4回目の出会い!
こんなに何回も偶然が重なるとはと、当人たちもビックリしておりました。
イメージ 43

かずさんのブログ




仙ノ倉山~平標山~山の家~林道歩き 下山編



かずさんと次の再会を楽しみに仙ノ倉山を後にする
イメージ 44




帰りも撮影タイム♪/拡大可
イメージ 25



拡大可
イメージ 26



拡大可
イメージ 27


CT大幅遅れで平標山に戻りました (;´Д`)
イメージ 36






「平標山の家」に向けて下山
イメージ 28


平標山の家・トイレ・水・ピンバッジあり
イメージ 29



林道に向けて下山中
イメージ 35



平標山の家登山口(平元新道登山口)
イメージ 30


長~い林道なので覚悟をきめて歩きましょう(笑)
イメージ 31


拡大可
イメージ 32



お疲れ様でした~
イメージ 33



駐車場は満杯
イメージ 34

2015.6.6(土)
道の駅・みつまた ブロ友さんと待ち合わせ&車中泊

2015.6.7(日)
道の駅・みつまた 起床&朝食 AM4:00 ~出発 4:45 ~ 登山口有料駐車場(600円・トイレ&登山届BOXあり)着 5:05

《行程&所要時間・写真撮影20-40分含む》
有料駐車場発 5:22 
~ 松手山登山口 5:25
~ 鉄塔(休憩適地)6:22-38
~ 松手山(1613.6m) 7:14-18
~ シャリバテ休憩 8:05-12
~ 大山祗 8:22
~ 平標山(1983.7m)8:45-9:10
~ ベンチ 9:29
~ 東芝ランプ(肩の小屋から10.5㌔)9:41
~ 仙ノ倉山(2026.2m)10:09-11:36(昼食)

仙ノ倉山発 11:36
~ 東芝ランプ(肩の小屋から10.5㌔)11:56
~ ベンチ 12:10
~ 平標山 12:25-29
~ 平標山の家(トイレあり)13:00-13:26
~ 平元新道登山口 13:59
~ 林道ゲート 14:26
~ 有料駐車場着 14:53

割引券利用「宿場の湯」で汗を流して解散 PM 16:00
長野帰宅 PM 19:00


《コンビニ情報》
「越後湯沢か群馬県側」が最終地のため要注意!!


《番外》
道の駅で福島情報を入手
またまた、行きたい場所が増えてしまいました(笑)
イメージ 45

拡大可
イメージ 46


新・我が家の良き友

新・我が家の良き友 到着♪

去年1月登録の中古車ですが、フル装備だったため自分で注文したのはカーテンのみのお買い得車をゲットしました。
NOAHと違い3列シートのため、シート下に物を積み込む事はできませんが「セレナ専用ベッドキット」を使えばご覧のようなフルフラットベッドになり、快適な車上生活をおくれること間違いなしです(笑)


拡大可
イメージ 1



拡大可
イメージ 4




Wベッドモード/拡大可
イメージ 2


シングルベッドモード/拡大可
イメージ 3




我が家の良き友

2015.6.1(月)
登山口や観光地での車中泊、東北遠征、四国遠征、近県の山旅に欠かせなかった我が家の良き友「TOYOTA・NOAH」と別れの日を迎えました。

イメージ 1




イメージ 2



イメージ 3


拡大可
イメージ 4



イメージ 5




5/27 鮫ヶ尾城趾・ササユリ花旅

2015.5.27(水)
鮫ヶ尾城趾(城山)・ササユリ花旅
鮫ヶ尾城趾の存在は長野隊の岡埜さんから教えていただきました。
ネット検索したところヒメサユリの姉妹花「ササユリの群生」も見られるとあり開花のタイミングを狙って行ってきました。


鬼ヶ面山・ヒメサユリ/拡大可
イメージ 1
《ササユリとヒメサユリの見分けかた》

★ヒメサユリは関東以北で分布し関西方面は分布無し
★ヒメサユリの葯はオレンジ色
★ササユリの葯は赤褐色
★ササユリの花はヒメサユリよりひとまわり大きい
★ササユリは花被片の先が反転する

鮫ヶ尾城趾・ササユリ/拡大可
イメージ 2








鮫ヶ尾城趾ルートMAP/拡大可
イメージ 3


高低図/拡大可
イメージ 4
駐車場標高/50M 標高差/140M 総歩行距離/2555M


拡大可
イメージ 5


斐太神社裏手駐車場

イメージ 6
イメージ 15
マップコード 126.193.079
スマホはPCモードで地図表示可




案内所の敷地/拡大可
イメージ 8



淡水魚の池へ下る
イメージ 7


淡水魚の池へ下る
イメージ 9


池の畔でササユリが咲く
イメージ 10


ササユリ/拡大可
イメージ 11


拡大可
イメージ 12


淡水魚の池
イメージ 13


池を回り込んで城趾方面へ向かう
イメージ 14


随所に指導標がたつ
イメージ 16



イメージ 17


斐太遺跡(八代山B地点)
イメージ 18
カタクリ群生地と思われる
イメージ 19


拡大可
イメージ 20



イメージ 21


拡大可
イメージ 22


拡大可
イメージ 23



イメージ 24


拡大可
イメージ 25


拡大可
イメージ 26



拡大可
イメージ 27


拡大可
イメージ 28


拡大可
イメージ 29



拡大可
イメージ 30


ちっとも前に進めませ-ん(笑)
イメージ 31


ちょこっと急坂
イメージ 32


E170曲輪(東一の丸)
イメージ 33


トラロープ・ちょびっと急坂
イメージ 34


北登山道分岐点
イメージ 35


N175曲輪(二の丸)
イメージ 36


N175曲輪(二の丸)/拡大可
イメージ 37



鮫ヶ尾城趾(さめがおじょうし) 拡大可
イメージ 38

鮫ヶ尾城趾(城山) 190M
イメージ 39


城山からのパノラマ図解/拡大可 DDS社・どこでもパノラマ使用
イメージ 40



拡大可
イメージ 41


拡大可
イメージ 42


拡大可
イメージ 43






北登山道下山編




イメージ 44



イメージ 45
景虎清水・飲用不可
イメージ 46


高速道トンネル(高架)下通過
イメージ 47


淡水魚の池分岐点
イメージ 48


総合案内所(自販・トイレ)
職員の方からお茶を入れていただきました。
イメージ 49



イメージ 50


斐太神社(ひだじんじゃ)
イメージ 51





2015.5.27(水)
行程&所要時間(撮影時間20-40分含む)
長野発 10:20 ~ 新井スマートIC下車 ~ 斐太神社裏手駐車場着 11:20
駐車場発 11:33
~ 淡水魚池 11:36-43
~ 斐太遺跡(八代山B地区)11:47
~ 大堀切6 11:58
~ 大堀切5 12:04
~ E170曲輪 12:12
~ 堀切6 12:13
~ トラロープ(急坂)12:13
~ 北登山道分岐点 12:15
~ N175曲輪 12:16
~ 鮫ヶ尾城趾(城山)12:19-29

鮫ヶ尾城趾発 12:29
~ 北登山道分岐点 12:30
~ 景虎清水(飲用不可)12:35
~ 高速道高架下通過 12:41
~ 淡水魚池分岐 12:42
~ 総合案内所(自販・トイレ)12:45-57
~ 斐太神社 13:04-08
~ 駐車場着 13:10


※石川雲蝶の作品を求めて三条燕へ向かう!
日本のミケランジェロ・石川雲蝶については、ネット仲間「どさんこさん」から教えていただきました。

イメージ 52




5/27 鮫ヶ尾城趾&日本のミケランジェロ・石川雲蝶 予告編

鮫ヶ尾城趾&日本のミケランジェロ・石川雲蝶 予告編

2015.5.27(水)
NHK大河ドラマ・天地人「上杉景虎・終焉の地」
鮫ヶ尾城趾・ササユリ花旅

拡大可
イメージ 1


ササユリ/拡大可
イメージ 2
ササユリ開花情報
今週イッパイが見頃と思われる

ササユリ/拡大可
イメージ 3
『姉妹花・ササユリ&ヒメサユリの違い』
★ヒメサユリは関東以北で分布し関西方面は分布無し
★ヒメサユリの葯はオレンジ色
★ササユリの葯は赤褐色
★ササユリの花はヒメサユリよりひとまわり大きい
★ササユリは花被片の先が反転する



ササユリ/拡大可
イメージ 4


ササユリ/拡大可
イメージ 5



イメージ 6



2015.5.27(水)
日本のミケランジェロ・石川雲蝶の作品を訪ねて・その1


イメージ 7


2015.5.28(木)
日本のミケランジェロ・石川雲蝶の作品を訪ねて・その2


イメージ 8


永林寺の天女/拡大可
イメージ 9

拡大可
イメージ 10
※撮影禁止の為、永林寺で購入した写真集をスキャン使用
※本編は近日中にアップ予定









5/17 霧雨の天城山花旅

2015年5月17日(日)
霧雨の天城山・東国三ツ葉躑躅花旅

《アマギシャクナゲ情報》
去年より1週間早い開花と思われるが、残念な事にシャクナゲの木に全く花芽が付いておらず
今年のアマギシャクナゲは期待できない状態であった。
天城山をホームグランドにしている方の言葉によれば「去年は30年に一度の当たり年」との事!
全ての花には「当たり年・外れ年」が周期的に訪れる為、今年は「30年に一度」の外れ年だったのかも・・・


管理人HP


拡大可
イメージ 1



拡大可
イメージ 2
駐車場標高/1050M   標高差/356M  総歩行距離/8713M



※今日は夕方六時帰宅が必須のため天城山周遊とする
天城山登山口駐車場(トイレあり) 
イメージ 3
イメージ 7
マップコード 488.423.247


天城山登山口
イメージ 4



昨日天気が良ければ縦走路を歩くはずだったが・・・/拡大可
イメージ 5


今日の日本上空は高気圧に覆われて晴れ! のはずだが・・・ ハテハテ?
イメージ 6


姫沙羅(ヒメシャラ)
イメージ 8



四辻
イメージ 9



イメージ 10



トウゴクミツバツツジ
イメージ 11



イメージ 12


万二郎岳
イメージ 13




万三郎岳へ

激下り
イメージ 14


幻想的ですね♪
イメージ 15




イメージ 16


馬の背
イメージ 17


アセビ(馬酔木)のトンネル
イメージ 18


コース外に一輪
イメージ 19



イメージ 20


ルートをかなり逸脱した地点でアマギシャクナゲをゲット!
イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23




イメージ 24



ごくごく希にたくさん咲いている木もあった (^O^)v
イメージ 25


去年一株に100咲いていたとすれば、
今年は1~3程度の咲き方と思われる。
イメージ 26


拡大可
イメージ 27


万三郎岳
イメージ 28




八丁池分岐点経由下山編


八丁池分岐点
イメージ 29


雨で濡れた木階段を慎重に下る
イメージ 30


拡大可
イメージ 31


拡大可
イメージ 32


拡大可
イメージ 33


涸沢分岐点通過
イメージ 34



イメージ 35



ヒメシャラ群生林
イメージ 36


AM 10:35 下山 
イメージ 37


青空が~~(;´Д`)
イメージ 38



魚がし寿司 御殿場流れ店(昼食)・帰路につく 
偶然飛び込んだお店がブロ友NOBUさんお勧めの寿司屋さんだった♪ 
イメージ 39
イメージ 40
マップコード 50.649.867




2015.5.15(金)
長野発 19:00 ~ 道の駅・伊豆のへそ 23:00(車中泊)

2015.5.16(土)
家内に車での送迎を頼み、旧天城トンネル~八丁池を経て天城山を縦走する予定だったが、朝からの雨で西伊豆ドライブに変更 (ノД`)
道の駅・伊東マリンタウン(車中泊)

2015.5.17(日)
行程&所要時間(撮影時間20-40分含む)
道の駅・伊東マリンタウン起床 4:00~伊東コンビニで朝食~登山口着 5:30

天城山駐車場・登山口発 5:54 
~ 四辻分岐点 6:10-13 
~ 万三郎岳マデ2.9㌔ 6:34 
~ 万三郎岳マデ2.3㌔ 6:53
万二郎岳(1299M) 7:02-07 
~ 万三郎岳マデ1.7㌔ 7:22 
~ 馬の背(1325M)7:25 
~ アセビのトンネル 7:30 
~ 万三郎岳マデ0.7㌔ 7:55 
万三郎岳(1405.3M)8:19-45(軽食) 

万三郎岳発 8:45 
~ 八丁池分岐点 8:49 
~ ゴルフ場マデ3.1㌔ 9:16 
~ 涸沢分岐 9:22 
~ ゴルフ場マデ2.4㌔ 9:45 
~ 石柱101地点 9:58 
~ ゴルフ場マデ1.0㌔ 10:16
~ 四辻分岐点 10:20 
~ 登山口・駐車場着 10:35

★魚がし寿司 御殿場流れ店(昼食)・帰路につく 
長野着 17:20

5/17 天城山・アマギシャクナゲ開花情報

2015年5月17日
天城山・アマギシャクナゲ開花情報

去年より1週間早い開花と思われるが、残念な事にシャクナゲの木に
全く花芽が付いておらず今年のアマギシャクナゲは期待できない状態であった。(ノД`)
天城山をホームグランドにしている方の言葉によれば「去年は30年に一度の当たり年」との事!
すべての花には「当たり年・外れ年」が周期的に訪れる為、
今年は「30年に一度」の外れ年だったのかも・・・



花芽は丸囲いの部分のみでした (ノД`)
イメージ 1
上の木をズーム撮影
イメージ 2



去年(2014.5.24)のアマギシャクナゲ
上段二枚と同じ場所で撮影
イメージ 3


イメージ 4


5/3 高社山(別名・髙井富士)

2015.5.3(日)
信州100名山・高社山(別名・髙井富士)

元同僚・近藤さんの山友G登山計画に便乗して12年振りの高社山を楽しんできました。
楽しんだとはいえ、行程はスッカリ忘れており急登箇所の多さにビックリ!!
そして西峰を目前に息も絶え絶え状態に陥った爺でした(;´Д`)


管理人HP

高社山(こうしゃさん)鳥瞰図
イメージ 1


高社山高低図
イメージ 43
駐車場標高/445M 標高差/906.5M 総歩行距離/9016M



高社山・赤岩ルートMAP
イメージ 46


谷厳寺(こくごんじ)拡大MAP
イメージ 45


登山口駐車場
イメージ 2
イメージ 42
登山口駐車場マップコード 54.749.267
スマホはPCモードで閲覧可


イメージ 3



赤岩ルート登山口
イメージ 4


墓地横の農道を進む
イメージ 5


墓地裏から登山道に入る
イメージ 6

イチリンソウ
イメージ 7


不動明王(谷厳寺延命水分岐点)
イメージ 8


谷厳寺の金箔仏像を見学
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


全部見終わったらこの階段をのぼって登山道に戻る
イメージ 12


登山道に合流 ※廃鉄塔あり
イメージ 13


釈迦如来
イメージ 14


チゴユリ
イメージ 15


電気柵/電気ビリビリ状態を模しておどける近ちゃん(笑)
イメージ 16


ヤマブキ一色の登山道
イメージ 17


ヒトリシズカ
イメージ 18


普賢菩薩・天狗の飛び石
イメージ 19

イメージ 20



薬師如来を通過した辺りから急登となり、ここ勢至菩薩からは激登りとなる!
イメージ 21


写真では激登りが表せない(残念)
イメージ 22


胴結場・如来石仏3体とベンチあり
イメージ 23



タムシバ
イメージ 44
別名を「ニオイコブシ」といい、花には芳香がある。早春に白い6弁花をに先立って咲かせる。
他に「カムシバ」の別名をもつ。こちらは「噛む柴」で、葉を噛むとキシリトールのような甘味がするためにこの名前がついた。これが転じて「タムシバ」となったといわれる。



急登が続く
イメージ 24


ショウジョウバカマ
イメージ 25


八幡神社
イメージ 26
木島平パラグライダー基地から飛び立つ
イメージ 27


北信五岳展望
イメージ 28



高杜神社奥社 ※豪雪で社が倒壊
イメージ 32




MAP石塔より
イメージ 29


高社山西峰への激登り ※ロープあり
イメージ 30


高社山西峰・御嶽神社
イメージ 31


高社山本峰全景
イメージ 33


馬場さん、カタクリを激写中
イメージ 34


カタクリ
イメージ 35


残雪が多い
イメージ 36


信州100名山・高社山(こうしゃさん)  ※高社山からのパノラマ図解あり
イメージ 37


高社山(別名・髙井富士) 1351.5M
イメージ 38
左から、爺・川上さん・武田さん・近藤さん・馬場さん



番外編



イメージ 39



イメージ 40


ブロ友手拭い1000座挑戦中
イメージ 41


《行程&所要時間・写真撮影時間20-40分含む》
谷厳寺・赤岩R登山口 9:12 
~ 不動明王 9:19 
~ 谷厳寺金箔大仏像見学 
~ 廃鉄塔 9:31
~ 釈迦如来 9:33 
~ 電気柵 9:41 
~ 文殊菩薩 9:45 
~ 普賢菩薩・天狗の飛び石 10:00
~ 地蔵菩薩 10:08 
~ 薬師如来 10:17 
~ 観音菩薩・ベンチ 10:27 
~ 休憩 10:34-42
~ 勢至菩薩 10:49
~ 胴結場・如来石仏3体 11:02-23 
~ 虚空蔵菩薩 11:29 
~ 休憩 11:36-48
~ 八幡神社 12:00-03 
~ 高杜神社奥社 12:08 
~ 石塔 12:10-15
~ 御嶽神社・高社山西峰 12:32-35 
~ 高社山 12:50-14:08(昼食)

高社山発 14:08 
~ 御嶽神社(尾根ルート探索後引き返す)14:21-40 
~ 高杜神社奥社 14:54
~ 八幡神社 15:00-07 
~ 虚空蔵菩薩 15:19 
~ 胴結場 15:24-39(馬場・武田隊は近道ルート選択)
~ 勢至菩薩 15:45 
~ 観音菩薩 15:52 
~ 薬師如来 15:58 
~ 地蔵菩薩 16:01
~ 普賢菩薩・天狗の飛び石 16:06 
~ 文殊菩薩 16:11 
~ 電気柵 16:13
~ 釈迦如来 16:18 
~ 不動明王 16:23 
~ 谷厳寺(こくごんじ)の名水・延命水 16:26-29
~ 駐車場着 16:32




4/29 両神山馬蹄形R・鎖ワールド&花旅

2015.4.29(水・祭日)
両神山馬蹄形R・鎖ワールド&花旅

参加者
サクラマスさん、いぬどしさん、管理人の3名

★山情報でお世話になっているブロ友・サクラマスさんとお会いすることができました。
的確な指示と後続者を気遣いながら早からず遅からずのペースで歩かれる様は
リーダーそのものの姿でした。
★いぬどしさん、昨年からの約束をやっと実行できました。
★りゅう君 今回は参加出来なくて残念だったけれど次回を楽しみに待っていて下さいね。




管理人ホームページ



両神山馬蹄形R鳥瞰図/拡大可
イメージ 1



上落合橋登山口を出発
イメージ 2



沢沿いに登り込む
イメージ 3


ガレ場の急登
イメージ 4


 八丁峠マデ 0.4km
イメージ 5


大岩
イメージ 6


コバイケーソウの群生地を通過すると八丁峠展望台直下の分岐点に出る
イメージ 7
展望台でひと休みして両神山へ向かう


アカヤシオはドンピシャのタイミングだった (^O^)v
イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10


鎖ワールドの始まり♪
イメージ 11




イメージ 12


行蔵峠
イメージ 13


西岳へ
イメージ 41


サクラマスさん、管理人(西岳)
イメージ 14


爺も仲間に入りたかった~(笑)
イメージ 15



イメージ 16



拡大可
イメージ 17



イメージ 18



いぬどしさん ほぼ垂直の壁に挑戦
イメージ 19



鎖を使わず三点支持で頑張っています (^O^)v
イメージ 20



イメージ 21


竜頭神社奥宮
イメージ 23

我々が降りた斜面を望む/拡大可
イメージ 22








竜頭神社奥宮 プチ・ナイフリッジ
イメージ 24


サクラマスさん曰く、やってはいけない鎖下降見本例との事です。
イメージ 25


いぬどしさんも悪い例で挑戦かな?
イメージ 26



これは登っている写真ですよ
イメージ 27



東岳のアカヤシオ
イメージ 28


イメージ 29



ヒメイチゲと思われるが間違っていたらゴメン!
イメージ 42


両神山頂肩へ最後の鎖場を登る・1
イメージ 30



両神山頂肩へ最後の鎖場を登る・2
イメージ 31



両神山の肩(八海山石碑)より/拡大可
イメージ 32


イメージ 33




現在、この馬蹄形R(作業道)は通行止めとなっており整備は一切行われていません。
自己責任のもと歩いてきましたが、前回(3年前)より土砂流出が進み年内に豪雨があると2カ所の谷筋通過点は決壊して完全に通行不能になると思われます。








イメージ 34



ハナネコノメ/拡大可
イメージ 35



拡大可
イメージ 36



イメージ 37



イメージ 38


なんとか無事に下山できました。
イメージ 39





2015.4.28(火)
長野発 11:40 ~ 秩父梵の湯 14:50-16:20 
~ 道の駅・両神薬師の湯(車中泊) 17:20 
風邪気味のため早目に就寝
2015.4.29(水)
道の駅・両神薬師の湯起床&朝食 4:00 ~ 道の駅発 5:00
~ 八丁トンネル6時集合後、上落合橋へ移動
※ナビ設定 長野~上落合橋 239㌔ 3時間50分

《行程表は撮影時間20-40分含む》
上落合橋P&八丁峠登山口発 6:23 
~ 八丁峠マデ 0.4km(大岩) 6:59
~ 八丁峠展望台(ベンチあり)7:12-23
~ 行蔵峠(両神山マデ1.9km)8:14-16 
~ 西岳 8:27-36
~ 竜頭神社奥宮 9:00 
~ 東岳手前で休憩 9:34-43 
~ 東岳 9:44-10:08
~ 八海山石碑 10:44-50 
~ 両神山(昼食)10:52-11:47
~ 両神山・梵天尾根作業道分岐点 11:50 
~ 作業道経由 ~ 上落合橋P着 13:18



道の駅「両神薬師の湯」で汗を流し解散
イメージ 40
マップコード 534.627.180









2015.5.2
穂高神社で車(中古車)のお祓い
イメージ 43


拡大可
イメージ 44






4/18 伊豆ケ岳-飯能アルプス完全制覇 その2

2015.4.18(土)
伊豆ケ岳-飯能アルプス完全制覇 その2

★メンバー
こうちさん、booさん、亀ちゃん、爺=4名
★正丸駅~大高山~伊豆ヶ岳~飯能アルプス~飯能駅
コースタイム/13時間33分


後半の天覚山以降はbooさんのガイドがなければ多峯主山・天覧山まで
たどり着けなかった可能性大でした。
そんな経験から飯能アルプス拡大地図(7部)を作成しましたので参考にしてください。


No.1 天目指峠-子ノ権現-するぎ
イメージ 1


No.2 するぎ-前坂-大高山指導標
イメージ 2


No.3 大高山指導標-大高山-天覚山
イメージ 62



No.4 天覚山-カマド山分岐点
イメージ 3


No.5 カマド山分岐点-貯水池
イメージ 4


No.6 貯水池-多峯主山-天覧山
イメージ 6


No.7 天覧山-飯能駅
イメージ 5








管理人ホームページ







子ノ権現・飯能アルプス入り口~飯能駅 編

飯能アルプスに突入
イメージ 7


これ以後は杉林歩きの連続となり一枚の写真使い回しも可能と思われる(笑)
イメージ 8


するぎ
イメージ 9


下って
イメージ 10


三角点 522.1M 地点から石灰石採石場を望む
イメージ 11


激下り
イメージ 12


墓地
イメージ 13


お地蔵様
イメージ 14


車道出合い※前坂方面は車道を100㍍ほど下る
イメージ 15


ランチタイム&お昼寝 (^O^)v
イメージ 16



前坂入り口
イメージ 17




前坂
イメージ 18


再度、車道出合い
イメージ 19


対面の大高山指導標に従う
イメージ 20


ガレ場
イメージ 21


大高山
イメージ 22


下っての写真ばかりだが、高低図を見てわかる通り、
この後には必ず激登りが待ち構えているのだよ!
イメージ 23


大岩を左に巻く
イメージ 24


登って!
イメージ 25



天覚山 13:47-14:09  パノラマ図解あり
※去年はここでタイムオーバーとなり吾野駅Rで下山 (ノД`)
イメージ 26
去年より1時間早く天覚山についたので飯能駅18時着が視野に入る♪


天覚山以降は未知の世界
イメージ 27


奥秩父鉄塔70番
イメージ 28


東峠(拡大地図No4参照)
イメージ 29


花粉症持ちには辛い杉林を息ゼイゼイしながら登り込む
イメージ 30




飯能グリーンCCのコースを横目に眺めながら進む
イメージ 31


カマド山分岐点
イメージ 32



代わり映えしない景色が続く
イメージ 33


久須美坂
イメージ 34


久須美分岐点
イメージ 35


祠(拡大地図No5参照)
イメージ 36



永田三角点のケルン(山頂標識は無い)
イメージ 37




多峯主山指導標に従って貯水池まで尾根筋を下る
イメージ 38


飯能アルプス永田尾根・銘板
イメージ 39



水が貯まっていなかったので、雨水対策の貯水池と思われる
イメージ 40


車道歩きで多峯主山登山口へ向かう
イメージ 41


多峯主山登山口 ※谷筋を登り込む
イメージ 42


谷筋を登り込む
イメージ 43


またしても下り! (;´Д`)
イメージ 44


多峯主山(とうのすやま)ロックオン!
イメージ 45



イメージ 46


多峯主山 17:13-27  パノラマ図解あり

イメージ 47


下るっていうことは・・・
イメージ 48



雨乞池
イメージ 49


まだ下るんですか~?
イメージ 50



見返り坂近辺の湿地帯
イメージ 63



天覧山登山口
イメージ 64



天覧山へ最後の登り!
イメージ 51


天覧山 18:00-07   パノラマ図解あり
イメージ 52


飯能市展望
イメージ 53


立派なトイレ(拡大地図No7参照)
イメージ 54


ツツジ満開
イメージ 55



中央公園前 18:17
イメージ 56



飯能駅に到着 18:39
※予定より40分遅れだが明るいうちに戻ることができました♪
イメージ 57

《山行後記》
この企画に参加いただいたブロ友、こうちさん・booさんは、
二週間前の4月4日に奥多摩三山(約27㌔の行程)を12時間弱で歩ききってしまう
強者だけに、爺の鈍足が一番の気がかりに・・・((;´Д`)
休憩回数も多くとってもらい、登り坂の度に爺のペースに合わせてもらうなどの
心遣いをいただき途中リタイアすることなく飯能アルプスを踏破することができました。

山行回数7回目、ロングコース初体験の亀ちゃん曰く「下りは苦手だけれど登りは大好き♪」
との感想に早くも強者の片鱗が・・・(恐)




ブロ友booさんはこんなイメージ
(魔神ブー)
イメージ 60
登山中のbooさんは話芸達者でこんな雰囲気だが・・・

こと山歩きになると大変身
なんとなんと、相方さんに誘われて翌日も高尾山・景信山を歩いたとさ!
まさに魔神ブーそのものなのだ~!
イメージ 61





拡大可
イメージ 58


拡大可
イメージ 59
正丸駅標高/300M 飯能駅標高/106M 標高差/744.9M 総歩行距離/26505M



015.4.17(金)
長野発 13:30 ~ 道の駅秩父 16:30 
西部秩父駅で亀ちゃん合流 23:18(夢庵で食事後仮眠)
2015.4.18(土)
道の駅秩父・起床 3:00 ~ コンビニで朝食 ~ 正丸駅・有料駐車場着 4:14
(booさん・こうちさんと合流)
※ナビ設定/長野-正丸駅 210㌔ 3時間

正丸駅発 4:37 ~ 安産地蔵 4:50 
~ 馬頭尊 5:03 ~ 実谷のふたまた 5:12
~ ふたご岩 5:22 ~ かめ岩 5:29 
大蔵山 5:44 五輪山 5:59-6:05
~ 男坂女坂 6:06 ~ 伊豆ヶ岳 6:34-48 
~ 山伏峠分岐点 6:50 ~ 古御岳 7:05-10
高畑山 7:36-41 中ノ沢ノ頭 7:57-8:03 
~ 天目指峠 8:20-23 ~ 休憩 8:35-45 
~ 愛宕社 9:09 ~ 子ノ権現(阿字山)9:15-59

~ 飯能アルプス入り口 10:01 ~ するぎ 10:16 
六ツ石ノ頭 10:33 ~ 休憩 10:48-54 
三角点( 522.1m)11:06 ~ 墓地 11:15 
~ お地蔵 11:17 ~ 車道出合い(昼食)11:22-45 
~ 前坂入り口指導標 11:50 ~ 前坂 12:01
~ 車道出合い・大高山指導標 12:13 ~ 大高山 12:34-40 
~ 大岩 12:53 ~ 天覚山 13:47-14:09 
~ 奥秩父鉄塔70番 14:23 ~ 車道出合い 14:27
~ 東峠(天覧山指導標)14:28 ~ 鉄塔 14:42 
~ カマド山分岐点 15:16 ~ 久須美坂(黄テープ)15:36 
~ 久須美分岐点 15:39 ~ 祠 15:42 
永田三角点(ケルン・277.5m)15:56-16:03 
~ 西武住宅地・丘の上公園指導標 16:10 
~ 貯水池 16:25 ~ 車道出合い(多峯主山指導標)16:26
~ 多峯主山登山口 16:30 ~ 雨乞池分岐点 17:07 
~ 天覧山分岐点 17:11 ~ 多峯主山 17:13-27 
~ 天覧山分岐点 17:29 ~ 黒田直邦の墓 17:31
~ 雨乞池 17:34 ~ みかえり坂 17:49 ~ 天覧山登山口 17:53
天覧山 18:00-07 ~ 中央公園入り口 18:17 
~ 飯能駅着 18:39

※正丸駅でbooさん、こうちさんとお別れ

秩父・梵の湯で汗を流す

上里SAで車中泊、翌朝の早朝帰宅






















4/18 伊豆ケ岳-飯能アルプス完全制覇 その1

2015.4.18(土)
去年、途中敗退した伊豆ヶ岳~飯能アルプスに正丸駅から再挑戦。

やっと、完全制覇!!

★メンバー
こうちさん、booさん、亀ちゃん、爺=4名
★正丸駅~大高山~伊豆ヶ岳~飯能アルプス~飯能駅
コースタイム/13時間33分





伊豆ヶ岳-子の権現-飯能アルプス鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
正丸駅標高/300M 飯能駅標高/106M 標高差/744.9M 総歩行距離/26505M


2015.4.17(金)
西武秩父駅で亀ちゃんと合流するため秩父市内を散策&食事

秩父 わへいそば  TEL 0494-24-9280
イメージ 3


爺好みの超粗挽きお蕎麦(大盛)
イメージ 50



B級グルメ 味噌ポテト/美味しくて病み付きになるかも(^O^)v
道の駅・ちちぶ  TEL 0494-21-2266
イメージ 4









2015.4.18(土)
前回の敗退原因を取り上げるとキリがないが、第1は爺の足が遅い事であるが、
第2は正丸駅出発が遅過ぎたことと思われる。
その反省を踏まえて今回は1時間早めに出発!
※正丸駅駐車場 24時間500円 トイレあり
イメージ 5
イメージ 49
正丸駅マップコード 91-367-275


早朝の薄明かりの中を伊豆ヶ岳に向けて出発
イメージ 6



花々で彩られる大蔵集落
イメージ 7



馬頭尊で山行の安全祈願
イメージ 8



元気プラザ方面に向かう
イメージ 9



ふたご岩を通過して亀岩へ
イメージ 10



W亀ちゃん
イメージ 11




こっちのルートは「泣き坂」の胸突き八丁がないので楽ちん (^O^)v
イメージ 12



大蔵山
イメージ 13



五輪山西斜面を巻いて男坂・女坂分岐点へ向かう
イメージ 14


男坂・女坂分岐点で50㍍ほどスイッチバック!
イメージ 15



五輪山
イメージ 16



男坂・女坂まで戻ったら当然のごとく男坂を選択 (^O^)v
イメージ 17



こうちさん 早~! 
イメージ 18



クサリ場初体験の亀ちゃん、飲み込みが早かったね♪
イメージ 19
↑ クサリ場と高いところは苦手と言いながら、クサリを使わず三点支持で
スイスイと登りこむbooさん↓
イメージ 20



アカヤシオがお出迎え
イメージ 21


花とおじさん♪
イメージ 22



岩場もなんなくクリアの亀ちゃん
イメージ 23



当ルートで最高の展望地
イメージ 24



伊豆ヶ岳    パノラマ図解あり
イメージ 25




イメージ 26



イメージ 27



山伏峠分岐点
イメージ 28



しりもち坂を慎重に下る
イメージ 29



そして登り返し! 
最終の天覧山までアップダウンが30回以上連続するので
体力温存を兼ねてノンビリ行きましょう
イメージ 30



高畑山
イメージ 31



ミツバツツジ
イメージ 32



中ノ沢の頭
イメージ 33



天目指峠(あまめざすとうげ)  東屋あり
イメージ 34



天目指峠~子の権現~するぎ
イメージ 35


このルートも三回目ともなれば、急登が頭にインプットされており
歩く気力が萎える (;´Д`)
イメージ 36



ベンチでひと休み
イメージ 37



これで何回目の登りだかね~~
イメージ 38


愛宕社
イメージ 39


伊豆ヶ岳展望 ※子の権現 手前の展望適地より
イメージ 40


子ノ権現 裏手
イメージ 41


春爛漫
イメージ 42



子の山(子ノ権現)
ここに至っても、まだ全行程の3割しか歩いていないのだ・・・(汗)
イメージ 43



二人はなにをやっているかって?
イメージ 44



決めポーズ
イメージ 45



イメージ 46




管理人HP




吾妻駅・浅見茶屋の指導標を目印に右折
イメージ 47




イメージ 48


伊豆ケ岳-飯能アルプス完全制覇
その2へ続く



伊豆ヶ岳-子の権現-飯能アルプス高低図
イメージ 2
正丸駅標高/300M 飯能駅標高/106M 標高差/744.9M 総歩行距離/26505M


015.4.17(金)
長野発 13:30 ~ 道の駅秩父 16:30 西部秩父駅で亀ちゃん合流 23:18
(夢庵で食事後仮眠)
2015.4.18(土)
道の駅秩父・起床 3:00 ~ コンビニで朝食 ~ 正丸駅・有料駐車場着 4:14
(booさん・こうちさんと合流)
※ナビ設定/長野-正丸駅 210㌔ 3時間

正丸駅発 4:37 ~ 安産地蔵 4:50 
~ 馬頭尊 5:03 ~ 実谷のふたまた 5:12
~ ふたご岩 5:22 ~ かめ岩 5:29 
大蔵山 5:44 五輪山 5:59-6:05
~ 男坂女坂 6:06 ~ 伊豆ヶ岳 6:34-48 
~ 山伏峠分岐点 6:50 ~ 古御岳 7:05-10
高畑山 7:36-41 中ノ沢ノ頭 7:57-8:03 
~ 天目指峠 8:20-23 ~ 休憩 8:35-45 
~ 愛宕社 9:09 ~ 子ノ権現(阿字山)9:15-59

~ 飯能アルプス入り口 10:01 ~ するぎ 10:16 
六ツ石ノ頭 10:33 ~ 休憩 10:48-54 
三角点( 522.1m)11:06 ~ 墓地 11:15 
~ お地蔵 11:17 ~ 車道出合い(昼食)11:22-45 
~ 前坂入り口指導標 11:50 ~ 前坂 12:01
~ 車道出合い・大高山指導標 12:13 ~ 大高山 12:34-40 
~ 大岩 12:53 ~ 天覚山 13:47-14:09 
~ 奥秩父鉄塔70番 14:23 ~ 車道出合い 14:27
~ 東峠(天覧山指導標)14:28 ~ 鉄塔 14:42 
~ カマド山分岐点 15:16 ~ 久須美坂(黄テープ)15:36 
~ 久須美分岐点 15:39 ~ 祠 15:42 
永田三角点(ケルン・277.5m)15:56-16:03 
~ 西武住宅地・丘の上公園指導標 16:10 
~ 貯水池 16:25 ~ 車道出合い(多峯主山指導標)16:26
~ 多峯主山登山口 16:30 ~ 雨乞池分岐点 17:07 
~ 天覧山分岐点 17:11 ~ 多峯主山 17:13-27 
~ 天覧山分岐点 17:29 ~ 黒田直邦の墓 17:31
~ 雨乞池 17:34 ~ みかえり坂 17:49 ~ 天覧山登山口 17:53
天覧山 18:00-07 ~ 中央公園入り口 18:17 
~ 飯能駅着 18:39








4/12 花の名山・角田山

2015.4.12(土)
花の名山・角田山



2011.6.4 鞍掛山
2013.10.13 栗駒山
2014.4.12 角田山」と、
超ニアミス続きだった静岡のネット仲間「どさんこさん」と8年ぶりの再会♪   
イメージ 1
伊藤さん・諏訪部さん・どさんこさん・ポニーさん・ろばさん・いわちゃん・爺(管理人)





角田山鳥瞰図
イメージ 2
角田浜P標高/5M 標高差/476.7M 総歩行距離/6459M



角田浜海水浴場駐車場(トイレあり)
イメージ 3

イメージ 4
スマホPCモードで表示可
マップコード 190.459.100


桜尾根登山口
雪割草を目当てに訪れたが開花ピークは3月末だったため期待薄かも・・・
イメージ 5



トキワイカリソウ
イメージ 6


ラッキー !  目当ての雪割草が咲いていました~(^O^)vイメージ 7


雪割草
イメージ 8


撮影に大忙しの伊藤さん
イメージ 9


ヒトリシズカ
イメージ 10


撮影に大忙しの爺(笑)
イメージ 11


雪割草
イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14


雪割草
イメージ 15


お互いちっとも前に進めませんなぁ-
イメージ 16




イメージ 17


この尾根両サイドはカタクリ大群生地だが枯れたカタクリばかりでした(残念)
イメージ 18



イメージ 19




イメージ 20




イメージ 21


すべて枯れています (ノД`)
イメージ 22



イメージ 23



イメージ 24


角田山 481.7M
イメージ 25


角田山
イメージ 26



角田山
イメージ 27
静岡県から来訪/どさんこさん山仲間紹介

諏訪部さん
(宴会部長&ピッケル収集家)



どさんこさん・ポニーさん・ろばさん

いわちゃん
(日本山岳会 静岡支部所属)










灯台ルート下山編




イメージ 28



別尾根を降りる皆さんとお別れ (^_^)ノ""""
イメージ 29




未来の山ガール&山男
イメージ 30


下りもこれでは思いやられるってか
イメージ 31



イメージ 32


本日お初のピンク系雪割草
イメージ 33



イメージ 34


雪割草
イメージ 35



佐渡もバッチリ!!   この写真には写っていませんが(笑)
イメージ 36


灯台尾根
イメージ 37



別尾根を下るdosanko隊
イメージ 38


灯台尾根を下る長野隊(いわちゃん撮影)
イメージ 39



イメージ 40


最高の眺め♪ 
イメージ 41



イメージ 42


70歳女性転倒による怪我救助要請で出動した救急隊
※女性4名・男性2名グループで下山中に顔面から転倒し額に10センチの裂傷
男性リーダーはオロオロするばかりで役に立たないため代理で救助要請
イメージ 43





帰路編


田ノ浦温泉 海華亭 かわい  TEL 0256.85.2222 入浴料500円  泉質満足度★★



イメージ 44
イメージ 47
マップコード 190.185.159


露天風呂
イメージ 45



内湯
イメージ 46






寺泊市場で遅い昼食
イメージ 48
イメージ 49
マップコード 58.813.451


イメージ 50






角田山・桜尾根~灯台尾根ルートMAP
イメージ 51


角田山高低図
イメージ 52
角田浜P標高/5M 標高差/476.7M 総歩行距離/6459M



長野発 5:40 ~ 角田浜駐車場(トイレあり)着 8:05
ナビ設定/ 199㌔・2時間40分

《行程&所要時間・写真撮影20-40分含む》
角田浜駐車場発 8:18 
~ 桜尾根登山口 8:23 
~ 灯台R分岐点 10:06 
~ 角田山着 10:12-11:09

角田山発 11:09
~ 浦浜R分岐点 11:26 
~ 70歳女性転倒による怪我救助要請他 12:35-50
~ 灯台 12:54 
~ 舟隠し 12:57-13:00 
~ 駐車場着 13:08










3/28 雪の飯縄山&瑪瑙山

2015.3.28(土)
飯縄山&瑪瑙山(めのうやま)

ブロ友登山隊冬山研修(幹事・MIZUOさん)が諸事情で中止になったのを受け、
4ヶ月振りの登山だというMIZUOさんをお誘いして雪の飯縄山&瑪瑙山を
楽しんできました。
参加者/MIZUOさん・伊藤さん・管理人
伊藤さんの行程/戸隠スキー場~瑪瑙山からスキーを担ぎ上げ~飯縄山~スキーで
飯縄スキー場へ下山
管理人&MIZUOさん行程/南登山口~飯縄山~瑪瑙山~戸隠スキー場を
ヒップソリで下山予定?





飯綱山1917.4m&瑪瑙山1748m鳥瞰図
イメージ 1


飯綱山&瑪瑙山高低図
イメージ 2
一の鳥居P標高/1131M  標高差/786.4M  総歩行距離/8876M




一の鳥居駐車場・トイレ有り
戸隠・瑪瑙山から登り始める伊藤さんに爺の車をお願いする (^O^)v

イメージ 3
イメージ 4
マップコード 54.42.878





イメージ 5


ヒップソリ&スノ-シューを担ぎ上げたものの・・・
イメージ 6



奥宮一の鳥居
イメージ 7



4ヶ月振りと思えない快調な歩きのMIZUOさん
イメージ 8



初飯綱山なので石仏は押さえておきましょ-
イメージ 9



駒つなぎ場
イメージ 10



駒つなぎ場~急登編




イメージ 11





イメージ 12


そして大展望


イメージ 13



北アルプス展望・西R分岐点より
イメージ 14



黄昏爺?  南峰にて
イメージ 16



南峰から飯縄山を望む
イメージ 15



本峰を目指して最後のひと頑張り
イメージ 17



MIZUOさん ファイト!
戸隠から登った伊藤さんが先着してカメラを構えているよ~♪
イメージ 18



お疲れさまでした
イメージ 19



飯縄山 1917.4m
イメージ 20




イメージ 38




ビール 美味しそうに飲んでるね~♪
イメージ 21



ラインに忙しいMIZUOさん
イメージ 22



山スキーで飯綱山を下る伊藤さんとお別れ


イメージ 23





雄大な景色を眺めながら瑪瑙山へ向かう

イメージ 24




イメージ 25


高妻山・火打山・黒姫山・妙高
イメージ 26




イメージ 27



ちょびっとポーズの爺
イメージ 28



瑪瑙山への急登/ザクザク雪で登りにくい
イメージ 29


瑪瑙山急登をアタック中のMIZUOさん/後ろは飯綱山
イメージ 30



スキーヤーで賑わう瑪瑙山山頂
イメージ 31


瑪瑙山頂標識撮せなかったのでGPS軌跡を記載
イメージ 33



山頂標識が雪に埋もれた瑪瑙山
イメージ 32
ブロ友手拭い1000座挑戦中


無雪期の瑪瑙山 1748m
イメージ 34
※雨でレンズが濡れた写真です



戸隠スキー場ゲレンデ内を下る!
ヒップソリはどうなったんでしょうね~?  詳しくはMIZUOさんのブログをお楽しみに・・・(笑)
イメージ 35



戸隠スキー場駐車場に到着
イメージ 36
イメージ 37
マップコード 1004.011.107





《行程&所要時間・写真撮影時間20-40分含む》
TUTAYA若里店発 7:00 ~ 飯綱スキー場車デポ ~  一の鳥居P 7:40 
~ 伊藤さん戸隠スキー場へ向かい車デポ

一の鳥居駐車場発 7:58 
~ 南登山口 8:17-28(アイゼン装着) 
~ 奥宮一の鳥居 8:32
~ 第1石仏 8:42 
~ 駒つなぎ場 9:25-37 
~ 西R分岐点 10:25 
~ 飯縄山南峰 10:44
~ 飯縄山 10:59-11:58(伊藤さんとハイタッチ)

飯縄山発 11:58 
~ 鞍部で休憩 12:35-45 
~ 瑪瑙山 12:59-13:10
~ 戸隠スキー場ゲレンデ下る
~ 戸隠スキー場P着 14:00

※戸隠中社 うずらや蕎麦店に立ち寄る
イメージ 39








3/26 三毳山(みかもやま)カタクリ花旅

2015.3.26 (木)
仙人ヶ岳(ハナネコノメ)・三毳山(カタクリ)花旅・2
《三毳山編》

※ルート解説は過去記事参照
管理人ホームページ


佐野市・万葉自然公園のカタクリが満開とのNHK情報を家内から受け、
仙人ヶ岳下山後「みかも山公園・かたくりの園」へ向かいました (^O^)v
仙人ヶ岳登山口駐車場発 11:50 ~ みかも山公園南口駐車場(トイレ・自販あり)着 12:50



三毳山鳥瞰図
イメージ 39


三毳山高低図
イメージ 1
南口駐車場標高/27M   標高差/202M   総歩行距離/6174M



みかも山公園=藤岡町  万葉自然公園=佐野市
イメージ 2





フラワートレイン専用道を登り込む
イメージ 3


三毳神社奥宮へ
イメージ 4


三毳神社奥宮
イメージ 5


ろーそく岩
イメージ 6



ハング&パラグライダーFエリア
イメージ 7


Fエリアより
イメージ 8



中岳 210M
イメージ 9


今回は、みかも山公園「かたくりの園」へ向かう※中岳から150m下る
イメージ 10


藤岡町・みかも山公園 かたくりの園
イメージ 11




拡大可
イメージ 12



拡大可
イメージ 13


こんなに群生していると何処を撮したらいいのか迷う!
イメージ 14




イメージ 15




イメージ 16




イメージ 17


拡大可
イメージ 18




イメージ 19


かたくり園を下ったら再度登り返す/拡大可
イメージ 20
 ↕  まだ先は長-い (;´Д`)
イメージ 21



山頂まで1000M
イメージ 22


この先の登りがキツイ!
イメージ 23


 三毳山(青竜ヶ岳)
イメージ 24


奥に赤城山、手前に仙人ヶ岳・鳴神山を望む
イメージ 25



イメージ 26



 三毳山(青竜ヶ岳)
イメージ 27


下山編


中岳を登り返す元気が無かったので東口駐車場側まで下る
イメージ 28



イメージ 29



フラワートレイン
イメージ 30





イメージ 33



イメージ 31




イメージ 32




イメージ 34


南口駐車場へのショートカット道を利用
イメージ 35


みかも山公園南口駐車場に戻る
イメージ 36
イメージ 37
みかも山公園南口駐車場・マップコード
64.465.215



2010.3.21 訪問時の佐野市・万葉自然公園鳥瞰図
イメージ 38



小俣北町駐車場発 11:50 ~ みかも山公園南口駐車場(トイレ・自販あり)着 12:50

駐車場発 12:56 
~ 三毳神社奥宮 13:19 
~ ロウソク岩 13:22
~ ハング・パラGエリア 13:23 
~ No.36標柱 13:23 
~ 中岳 13:28-31
~ かたくりの園 13:34-50 
~ No.41標柱(青竜ヶ岳へ1200M)13:53
~ みかもの関跡 13:58 
~ No.17標柱 14:07 
~ 三毳山(青竜ヶ岳)14:25-51

~ みかも関跡 15:09 
~ No.41標柱 15:11 
~ No.4標柱(南口Pまで1500M)15:14
~ No.23標柱(南口Pまで300M)15:37 
~ 南口駐車場着 15:42

  

南口P発 16:00 ~ 東部湯の丸SAで夕食と休憩2時間 ~ 長野着 20:25




3/26 仙人ヶ岳(ハナネコノメ)・三毳山(カタクリ)花旅・1

2015.3.26 (木)
仙人ヶ岳(ハナネコノメ)・三毳山(カタクリ)花旅・1
《仙人ヶ岳編》

ハナネコノメなる清楚可憐な花を知ったのは昨年同時期にブロ友・こうちさん、
booさん、NOBUさんの記事を読んだ時である。
長野県下でも咲いているらしいが検索してもヒットせず、
高尾山か御岳山訪問を考えていたところ、ひょんなキッカケでブロ友、
サクラマスさんから栃木の「仙人ヶ岳」、同じく、でんさんから群馬の
「鳴神山」で見られるとの嬉しい情報をいただきました。
仙人ヶ岳はアカヤシオの山として有名で、
今年の花旅にピックアップしていたことから、
下見山行(鳴神は咲き始めらしいので仙人で見られなかった時の押さえに)を
兼ねて行ってきました。
結果はご覧の通りで沢筋にかけて沢山のハナネコノメと出合え、
例のごとく花撮影に時間をとられ山頂まで約90分の行程が大オーバーに・・・(笑)



管理人ホームページ




仙人ヶ岳鳥瞰図
イメージ 1
駐車場標高/206M   標高差/456.9M    総歩行距離/7956M



登山口近くの駐車スペース※民家入り口なので停め方要注意
イメージ 2
イメージ 3
マップコード 34.889.586


駐車場所&登山口MAP
イメージ 4



登山口に設置されたルートMAP
イメージ 5


岩切登山口指導標
イメージ 6



鳥居
イメージ 7



林道終点まで進む
イメージ 8



林道終点/丸太橋・1を渡って登山道へ入る
イメージ 9




イメージ 10



こんな丸太橋が都合8箇所設置されている
イメージ 11



不動澤ノ滝&ちょこっと鎖場
イメージ 12


ハナネコノメ撮影会

イメージ 13



イメージ 14
※ネコノメソウ(猫の目草、学名:Chrysosplenium grayanum)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。★ハナネコノメは近縁種

http://primula.velvet.jp/index.html 徒然花鳥風月より抜粋
ネコノメソウ属の植物は、いずれも山地の湿った場所に生える。
 しかし、じっくり観察してみると種ごとに好みが微妙に異なっていることが分かる。
 中でもとりわけ水際に近い場所に多いのが、ここにあげたハナネコノメ。
水しぶきが常に かかるような渓流に面した岩場が彼らのお気に入りの場所である。
 他の植物の多くが眠りから覚めていない早春に、沢筋をその純白の四弁花で彩るさまは、 コンロンソウの仲間を彷彿とさせる。
なお、西日本に分布するシロバナネコノメは全体に毛が多いこと・萼裂片の先端が尖ること・ 雄蕊が比較的短く、長さが萼裂片と同程度であることなどでハナネコノメと異なるが遠目にはそっくりである。
とはいえ、両者は京都付近を境界として東西に住み分けているため、同定に困るような場面は まずない。
この他、東海地方に分布するキバナハナネコノメと紀伊半島に知られるキイハナネコノメも、本種と同じグループに属する種類である。
【生育地】 山地の渓流沿いの湿地や岩上
【生活史】 多年草
【分布】 本州(福島県~近畿地方)
【花期】 3~4月
【備考】 ハナネコノメ・キバナハナネコノメ・キイハナネコノメは シロバナネコノメの変種として扱われている。


イメージ 15




イメージ 16



拡大可
イメージ 17



マッチ棒の頭くらい小さな花でピンぼけ大増産でした/拡大可
イメージ 18





生不動尊
イメージ 19




イメージ 20


マンガン採掘抗跡
イメージ 21



ちょこっとトラロープ
イメージ 22


熊の分岐へ・胸突き八丁の看板
イメージ 23


熊ノ分岐点
僅かな距離だが本当にきつかった!!
イメージ 24



男体山・女峰山
イメージ 25



赤雪山分岐点
イメージ 26



痩せ稜線を抜けて仙人ヶ岳へ至る
イメージ 27



足利市で一番高い山・仙人ヶ岳 662.9M
千葉の船橋からのご夫婦(松田川ダム-赤雪山R選択)が先着していました。
イメージ 28


樹木に囲まれており展望はイマイチの山頂
イメージ 29



下山編




民家庭先でアカヤシオが咲いていた♪
イメージ 30



桜ですかね~?
イメージ 31



駐車スペースは満車状態
イメージ 32

2015.3.25(水)
長野発 21:00 ~ 藤岡HO着 22:30(車中泊)
2015.3.26(木)
藤岡HO起床 6:00 ~ 足利市内コンビニで朝食 ~ 小俣北町駐車場着(トイレ無し) 7:30
※ナビ設定/長野-小俣北町P・183キロ 2時間20分

駐車場発 7:48 
~ 岩切登山口 7:50 
~ 鳥居 7:53 
~ 林道終点/丸太橋① 8:01
~ 丸太橋② 8:04 
~ カタクリ群生地標識 8:05 
~ 杉林 8:10 
~ 不動澤の滝&鎖 8:14
~ 丸太橋③ 8:17 
~ トラロープ 8:45 
~ 丸太橋④ 8:48 
~ 丸太橋⑤ 8:53
~ 丸太橋⑥ 8:56 
~ 生不動尊 8:57 
~ マンガン採掘抗跡 9:01
~ 丸太橋⑦ 9:02 
~ 金網フェンス地点 9:06 
~ トラロープ 9:07
~ 丸太橋⑧ 9:09 
~ 熊ノ分岐へ・胸突き八丁 9:18 
~ 熊ノ分岐点 9:30
~ 赤雲山分岐点 9:49 
~ 仙人ヶ岳 9:54-10:21

仙人ヶ岳発 10:21 
~ 赤雲山分岐点 10:24 
~ 熊ノ分岐点 10:36
~ 熊の分岐胸突き八丁 10:41 
~ 金網フェンス 10:50 
~ 生不動尊 10:54 
~ 林道終点・丸太橋 11:22
~ 鳥居 11:29 
~ 駐車場着 11:33

小俣北町駐車場発 11:50 ~ みかも山公園南口駐車場(トイレ・自販あり)着 12:50
三毳山(カタクリ)花旅編へ続く






3/21 雪の黒斑山ハイキング

2015.3.21(土)
比較的安全度が高い雪山・黒斑山へ

長野隊・ゆうこりん&れんれんさんにもこの景色を見てもらいたかったのだが、
二人は調整がつかず東京から参加の亀ちゃんと
のんびりゆっくり歩きで雪の黒斑山を楽しんできました♪


拡大可
イメージ 2




拡大可
イメージ 1
車坂峠標高/1973M 標高差/431M 総歩行距離/5756M



高峰高原ホテル駐車場を利用
イメージ 3
イメージ 22
マップコード 85.866.142



車坂峠登山口/浅間山噴火警戒レベル・1
イメージ 4


車坂峠登山口
イメージ 5


雪山初体験の亀ちゃん
イメージ 6


槍ヶ鞘まではツボ足で雪山を体験
イメージ 7


露岩地帯(展望良)で一休み
イメージ 8



第一目標の槍ヶ鞘が近い/拡大可
イメージ 9



ツボ足に慣れ快調な歩みとなる (^O^)v
イメージ 10


シェルターが近づくとこんな素晴らしい景色がお出迎え♪  /拡大可
イメージ 11



槍ヶ鞘にて/ここから軽アイゼンを装着
イメージ 12


アイゼンの効き具合を確かめながら下る
イメージ 13


トーミノ頭より/拡大可
イメージ 14


浅間山をバックに爺恒例のポーズ・トーミノ頭より
イメージ 15


奈良からお越しの西浦(日本山岳協会公認・山岳指導員)さん
イメージ 16



樹林帯をぬって黒斑山へ向かう
イメージ 17


防災カメラと防災スピーカーの鉄塔
イメージ 18



黒斑山
イメージ 19



黒斑山
イメージ 20




ブロ友手拭い1000座挑戦中!
先ほどの西浦さんに撮していただきました。
イメージ 21

長野発 7:40~高峰高原ホテルP着 8:50
ホテル駐車場発 9:12 
~ 車坂峠登山口 9:13 
~ 車坂山(展望良)9:28
~ 露岩地帯(展望良)9:53-10:03 
~ 火山シェルター 10:34
~ 槍ヶ鞘 10:37-48 
~ トーミノ頭 10:56-11:15
~ 監視カメラ鉄塔 11:28 
~ 黒斑山 11:30-38

黒斑山発 11:38 
~ トーミノ頭 11:51-12:13(昼食) 
~ 槍ヶ鞘 12:23-30
~ 火山シェルター 12:32 
~ 車坂山 13:06-14 
~ 車坂登山口 13:23 
~ ホテル駐車場着 13:25

3/15 雪の飯縄山

2015.3.15(日) 
ブロ友・こうち隊と雪の飯縄山へ


この週末、ブロ友・こうち隊と一緒に飯縄山を予定するも天気予報がイマイチで中止に!

しか~し
天気予報が大外れ!!  
まさか、まさかの、ドピーカンに (^O^)v


沼津アルプスを歩いている「こうち隊」に長野の天気情報を送ったところ、
冬装備に準備をしなおして長野に向かうとの連絡が・・・



約13㌔とロングなうえアップダウンのきつい沼津アルプスを歩いた後での
この行動力と体力、こうち隊夫婦はやっぱりただ者ではありませんでした!!




拡大可
イメージ 1


一の鳥居管理事務所駐車場/トイレあり
イメージ 2
イメージ 20
マップコード 54.420.878


車道歩きで登山口へ向かう
イメージ 3



南登山口
イメージ 4


旧奥宮一の鳥居跡/13石仏由来
イメージ 5



山行の安全祈願/爺の場合は動脈瘤が破裂しませんように・・・  なんてね(笑)
イメージ 6


駒つなぎ場より撮影/ここから夏道ショートカットで急登になる
イメージ 7



急登場所と森林限界拡大MAP/拡大可
イメージ 8


トラロープ急登地点/見た目には急登に見えないけれど・・・
イメージ 9


あとちょっとで森林限界に到着
数ある飯綱山行で初めて富士山を見ることが出来ました (^O^)v
イメージ 10



拡大可
イメージ 11



森林限界より/拡大可
イメージ 12



南峰(1909m)から飯縄山(1917.4m)を望む
イメージ 13



吹きっさらしの南峰は強風のため体感温度が一気に下がる!
イメージ 22



雪煙舞い上がる南峰をあとにして本峰へ
イメージ 14



本峰へ/拡大可
イメージ 15



かろうじて頭だけ残った飯縄山山頂標柱
イメージ 16
イメージ 17



北信五岳をバックに
イメージ 18




この手拭いを拡げた事で・・・
イメージ 23
こうち隊のブロ友さんと偶然の出会いがありました♪



南峰(1909m)で恒例のポーズ (^O^)v
イメージ 19





★行程&所要時間(撮影・休憩時間30-40分含む)
長野発 7:00 ~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 7:30
駐車場発 7:39 
~ 南登山口 7:55-8:03(アイゼン装着) 
~ 第1石仏・旧奥宮一の鳥居跡 8:15
~ 駒つなぎの場・第11石仏 9:03-08 
~ 森林限界 9:53 
~ 飯縄山南峰 10:23-33
~ 飯縄山本峰 10:45-11:00 
~ 飯縄山南峰 11:13-57(昼食)
~ 駒つなぎの場 12:26-30 
~ 第1石仏 12:49 
~ 南登山口 12:57 
~ 駐車場着 13:12



最後の項で申し訳ありませんが、脳動脈瘤(3㍉)について沢山の皆さんから励ましや暖かい言葉を頂戴し本当にありがとうございました。
瘤が3㍉以下だとクモ膜下出血の割合は1000人に0.6%とかなり低い訳ですが万が一のため手術日が決まるまではこのようなカードをぶら下げて山歩きを楽しんでいます。
そこまでして山に行きたいの?と思われそうですが、爺の場合「家の中でジッとしていられない性分」なものでご理解のほど宜しくお願いいたします。笑

イメージ 21












ブロ友登山隊1000座プロジェクトPV

2015年
「ブロ友登山隊手拭い」
1000座登頂プロジェクト・PV

※1000座挑戦立案&実行委員長
こうち隊=こうちさん

※1000座挑戦プロジェクト・ビデオ制作
ゆうゆう隊=ゆうゆうさん




大きなサイズで見たい方は上記YouTube・ロゴをクリック!!
ビデオ制作者・ゆうゆうさんの動画サイトでご覧下さい♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★スマホはネットブラウザによって
上記動画が表示されない場合があります。
その時は下記URLをクリックしてホームページサイトで当動画をお楽しみ下さい。

イメージ 1
ブロ友登山隊手拭い1000座登頂プロジェクト挑戦中















2/14 筑波山&那珂湊魚市場

2015.2.14(土) 晴れ
筑波山&那珂湊魚市場

カブさん、伊藤さん、管理人の3人で蔵王スノーモンスター見学予定だったが現地天気が芳しくなく月末に順延。
延期とはいえ金曜日出発予定で伊藤さんが代休手配済みのため、伊藤さんと相談して天気の良い筑波山に予定変更!
カブさん、伊藤さん、管理人、かめちゃん(つくば駅で合流)の4名で一番低い百名山「筑波山」と那珂湊魚市場をセットで楽しんできました♪




管理人ホームページ


2/13(金) 北関東自動車道・壬生PA&道の駅・みぶ
ここのソフトクリーム美味しかった~♪
※伊藤さんが買ったアイスを味見させていただきました (^O^)v
 
イメージ 2




2/13(金) ビアスパークしもつま(温泉&食事) TEL 0269.30.5122 
入浴料 700円 ナトリウム・塩化物泉 泉質満足度 ★   地ビール満足度★★★
イメージ 1
イメージ 3
スマホはPCモードで閲覧可
マップコード 123.398.135


イメージ 4
車中泊地 道の駅・しもつま
マップコード 123.463.625





2/14(土) 筑波山/亀ちゃんお迎え時に撮影
イメージ 5


筑波山鳥瞰図/拡大可
イメージ 6
第3駐車場標高/247M  標高差/630M 総歩行距離/8323M


筑波山第3駐車場 500円
イメージ 7



筑波山行楽MAP/拡大可
イメージ 8



筑波山神社
イメージ 9


神社本殿東側から白雲橋R登山口へ向かう
イメージ 10


前方の鳥居が白雲橋R登山
イメージ 11


まずは石段歩き
イメージ 12


白蛇弁天
イメージ 13


この辺までは参道の雰囲気が・・・
イメージ 14


荒くれ道に突入
イメージ 15



イメージ 16


探求心旺盛な爺 (;´Д`)
イメージ 17


弁慶茶屋跡
イメージ 18



霞ヶ浦・弁慶茶屋跡より/拡大可
イメージ 19



イメージ 20


弁慶七戻り・弁慶の気持ちがよくわかる(笑)  /拡大可
イメージ 21



母の胎内くぐり
イメージ 22


イメージ 23


出船入船
イメージ 24


慎重に・・・
イメージ 25


北斗岩
イメージ 26


女体山まであとチョット!
イメージ 27



日本百名山・筑波山(女体山) 877M  ブロ友手拭い1000座挑戦中
イメージ 28





男体山へ





ガマ石
イメージ 29



御幸ヶ原(トイレ・茶屋)と男体山
イメージ 30


残雪は特に問題なし
イメージ 31



イメージ 32



男体山 871M
イメージ 33



男体山からは富士山とスカイツリーを見ることができました♪  /拡大可
イメージ 47








昼食編





御幸ヶ原・幸雲亭(昼食)
イメージ 34


爺は、つくばうどん&なめこ汁
イメージ 35


亀ちゃん バレンタインチョコありがとう(^O^)v
イメージ 36







御幸ヶ原ルート下山編





まだ昼前なので登ってくる登山者が多い
イメージ 37



仲良し姉妹とお父さん ※爺も負けていられないな~! 頑張るぞ~(^O^)v
イメージ 38
※写真3枚ありますので名刺表のQRコードから連絡お待ちしています。

筑波山神社に到着
イメージ 39


ガマの油売り・口上保存会による実演
イメージ 40







那珂湊(なかみなと)魚市場で海鮮打ち上げ(^O^)v





イメージ 41
イメージ 45
マップコード  47.026.504


うに丼/伊藤さん
イメージ 42



あんこう丼/カブさん
イメージ 43



海鮮丼/亀ちゃん&爺
イメージ 44









2015.2.13(金)
長野発 pm12:00 ~ 北関東自動車道 ~ ビアスパークしもつま(温泉&食事)
pm17:20-pm20:10 ~ 道の駅・しもつま(車中泊)pm20:30

2015.2.14(土)
道の駅・起床 4:30 ~ コンビニで朝食 ~ つくば駅で亀ちゃんと合流 6:30 ~ 筑波山第3駐車場・500円(トイレあり)着 7:00

駐車場発 7:23 ~ 筑波山神社 7:30-38 ~ 白雲橋R登山口 7:40 
~ 迎場R分岐点 7:48 ~ 白蛇弁天 7:54 ~ 女体山まで1.2km 8:35 
~ 弁慶茶屋跡 8:55-9:00 ~ 弁慶の七戻り 9:03-07 
~ 高天原 9:09-12 ~ 母の胎内くぐり 9:14-18 ~ 陰陽石 9:19 
~ 国割石 9:21 ~ 出船入船 9:27 ~ 裏面大黒 9:29
~ 北斗岩 9:36 ~ 屏風岩 9:46-48 ~ 大仏岩 9:51 
筑波山(女体山)10:00-12

筑波山発 10:12 ~ ガマ石 10:16 ~ 御幸ヶ原(トイレ・茶屋) 10:30 
男体山 10:44-55 ~ 御幸ヶ原・幸雲亭(昼食)11:00-39 
~ 男女川源流 11:58 ~ ケーブル出合い 12:15
~ 筑波山神社 12:44-57 ~ 駐車場着 13:11

下山後、那珂湊市場で海鮮打ち上げ(^O^)v 
PM 4:50 カブさん、亀ちゃんとお別れ




日帰り温泉に立ち寄る/阿字ヶ浦温泉・のぞみ TEL 029-265-5541
入浴料・1150円 泉質・ナトリウム塩化物強塩泉  泉質満足度・★★★

イメージ 46
マップコード 47.179.786





2015.2.14(土)
北関東自動車道・波志江PAで車中泊 pm20:20 

2015.2.15(日)
波志江PA起床&出発 am5:48 ~ 長野着 am8:00



















2/8 大幽洞窟の氷筍

2015.2.8(日) 
みなかみ町・大幽洞窟の氷筍
(おおゆうどうくつ・ひょうじゅん)
数年前から計画するも機会を逸して今頃に・・・(;´Д`)

高尾山初詣登山のとき「今年こそは大幽洞窟へ行くぞ!」とつぶやいた所、
同行のカブさんから声がかかり、長野隊の伊藤さんを誘い三人で行ってきました。


★今回の山行に際しては山友「だんべえさん」からアドバイスをいただきました。
〈1〉
深雪ラッセルはしんどいのでツアー客が歩いて踏み跡がついた翌日がベスト
〈2〉
上記条件を満たしたら、ツアー客で混み合う時間を避け早朝発か遅い時間に出発
※土曜日予報が晴れマークだったので条件〈1〉をクリア!
ブロ友カブさんと相談して、本日(日曜日)早朝出発で氷筍見学に決定 (^O^)v

☆こんな偶然が・・・
道の駅でシュラフにくるまりながらラインを開いたら黒斑山に登っていたはずの「ぴろりん隊」が、な~んと水上の道の駅・匠の里で車中泊中とのこと・・・?
理由は上越国際でスキーを楽しんでいた「ゆうゆう隊・terian隊」と合流して大幽洞窟・氷筍ツアーの予定と聞き二度ビックリ!!(笑)



管理人・HP





車中泊地/道の駅・みなかみ水紀行館 ※2月8日帰宅時に撮影
イメージ 39

イメージ 41
マップコード 554.356.376
イメージ 40







大幽洞窟鳥瞰図/拡大可
イメージ 1





大幽洞窟ルートMAP/拡大&印刷可
イメージ 42
林道終点P標高/1027M 大幽洞窟標高/1359M 標高差/332M 総歩行距離/4514M



林道終点駐車スペース
イメージ 3
イメージ 2
マップコード 540.581.722



基本的には宝台樹スキー場の駐車場利用だが時間帯によっては駐車可
イメージ 4



武尊山・大幽洞窟案内板
イメージ 5



拡大可
イメージ 6



イメージ 7


林道終点から
イメージ 8



谷川岳かな?/拡大可
イメージ 9




イメージ 10



夏は林道になると思われる
イメージ 11



ここから大幽洞窟へ
イメージ 12




イメージ 13


大幽沢に沿ってのぼり込む
イメージ 14



マークが無いので踏み跡のないラッセル時は地図読解力が必須!!
イメージ 15



ここを訪れたら必ずこれをやらなくちゃね-(笑)
イメージ 16



イメージ 17



なかなかの急登になってきたぞ-!!
イメージ 18



ショートカットルートをガンバ!!
イメージ 19



正面のイエローフォール擬きが大幽洞窟
イメージ 20




イメージ 21



本日一番乗りでのんびりゆっくり氷筍見学 (^O^)v /拡大可
イメージ 22
氷筍とは/Wikipediaより
−3度程度の洞窟内で発生する。
上から滴り落ちた雫が瞬時に凍りついたもので、タケノコのような形状をしていることから
この名で呼ばれる。
数千本単位で発生する。
氷筍は少しずつ滴り落ちた水が凍って形成される為ほぼ完全な単結晶となっている。
そのためよく滑る氷としてスケートリンクの氷に活用されている。
輪切りにした氷筍を敷き詰めてリンクとする。
1998-99年のシーズンに長野五輪スピードスケート会場のエムウエーブで製作された。
形成過程としては鍾乳洞の石筍と似ている。


イメージ 23



イメージ 24



ムーミン・ニョロニョロみたい/拡大可
イメージ 25




拡大可
イメージ 26



拡大可
イメージ 27


氷筍も良かったが天井で咲く霜の花に感激/拡大可
イメージ 28


拡大可
イメージ 29



イメージ 30





下山編


9:53 ゆうゆう隊・ぴろりん隊・terian隊  ^ー^)人(^ー^
イメージ 31


氷筍楽しんできてね~♪  /拡大可
イメージ 32


下山と同時に小雪が舞い始める
イメージ 33


2/7(土)
長野発 16:00 ~ 赤城SAで夕食 ~ 道の駅・みなかみ水紀行館着 19:30(車中泊)
2/8(日)晴れ~雪
道の駅・起床 5:00(朝食) ~ 道の駅発 6:00 ~ 宝台樹スキー場の林道終点P(約4台)着 6:25
林道終点P発 6:53 ~ 大幽沢&洞窟入口指導標 7:15-18 
~ 休憩 7:35-40 ~ 枯れた大木 7:50-55 ~ 大幽洞窟着 8:06-9:19
大幽洞窟発 9:19 ~ 枯れた大木 9:25-32 
~ 大幽沢&洞窟入口指導標 9:48 ~ ゆう・ぴろ・teri隊と出会う 9:53-10:02 ~ 林道終点着 10:14





テルマエロマエⅡのロケ地・宝川温泉「宝川山荘」 入浴料 1500円
イメージ 34

イメージ 35
マップコード 540.636.332



イメージ 36



イメージ 37


混浴露天風呂/拡大可
イメージ 38

宝川温泉・宝川山荘で入浴後帰路ににつく











2/4 雪の飯縄山

2015.2.4(水)
飯縄大権現の山・飯縄山(1917.4M)
★飯縄大権現については飯縄神社公式HP参照

ブロ友・こうち隊と合同登山(3月)の下見で歩いてきました(^O^)v



一の鳥居 駐車場(約30台) 水洗トイレあり/拡大可
イメージ 1
イメージ 9
マップコード 54.420.878


別荘地車道を歩く ※約1キロあるので足慣らしに丁度良いかも(笑)
イメージ 2


南ルート登山口
※昔はここに10台くらい停められたが現在は駐車禁止になっています
イメージ 3



南ルート登山口
イメージ 4



去年はアイゼンをつけずに駒つなぎまで歩いて超難儀したので迷わず装着 (^O^)v
イメージ 5


旧・奥宮一の鳥居跡
イメージ 6


山頂まで13体の石仏が祀られており、昔は雪に埋もれたままだったが数年前からボランティアの方がご覧のように掘り出してくれている(感謝)
イメージ 7



飯縄山南峰が見えた!
イメージ 8


駒つなぎの場
ここから夏道をショートカットし冬道の直登(激登り)となる
イメージ 10


夏道ショートカットルートは手強いので要注意!!
去年は6本爪軽アイゼンで登れたのに、今日は爪が効かずズリズリっと
後退の連続ばかりで滅茶苦茶くたびれた~((ノД`)
イメージ 11


ショートカットルート最終地点
イメージ 29



冬道MAP/拡大可
イメージ 30


森林限界が近づくと、やや緩やかな尾根歩きになる
イメージ 12



振り返れば槍 /拡大可
イメージ 13



南峰から眺める飯縄山本峰/拡大可
イメージ 31


本峰へ
イメージ 14



踏み跡を外すと膝上まで潜るので要注意
イメージ 15



ブロ友手ぬぐいが風にあおられて10秒タイマーでは間に合わなかった写真 (>o<)
イメージ 16



風向きを考慮して撮影 (^O^)v
ブロ友登山隊手拭い1000座挑戦!!  43座目
イメージ 17
ブロ友登山隊手拭い1000座挑戦!!公式HP






下山編



石仏掘り出しボランティアの方です(奥宮の屋根を除雪中)
雪が降れば必ず掘り出し(週2-3回)に来られるとの事でした (゜゜)(。。)ペコッ
イメージ 18



南峰からの北アルプス
イメージ 19


南峰から北アルプス&戸隠連峰展望/拡大可
イメージ 20


↑飯縄山南峰からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 21
★パンラマ図解はDDS社製・Dパノラマ5で作成


ほぼ等間隔で設置されているので歩く目安になる
イメージ 22


拡大可
イメージ 23


奥宮一の鳥居
イメージ 24



イメージ 25



駐車場に到着
イメージ 26



飯縄山高低図/拡大可
イメージ 27
駐車場標高/1131M  標高差/786.4M  総歩行距離/8061M


飯縄山鳥瞰図/拡大可
イメージ 28



★行程&所要時間
長野発 7:50 ~ 一の鳥居駐車場着 8:40
駐車場発 8:57 ~ 南ルート登山口 9:14-25(アイゼン装着)
~ 一の鳥居 9:31 ~ 旧一の鳥居跡 9:40 ~ 駒つなぎの場 10:30-40
~ トラロープ急登 ~ 南峰 11:58 ~ 飯縄山 12:10-37 
飯縄山発 12:37 ~ 南峰 12:48-53 ~ 駒つなぎの場 13:20 
~ 一の鳥居 13:53 ~ 南ルート登山口 13:56 ~ 駐車場着 14:09
















1/28 祝!日本山岳遺産登録・鍬ノ峰


祝!日本山岳遺産登録
長野県・大町市の鍬ノ峰(くわのみね)が日本山岳遺産に登録されました♪


管理人ホームページ







2015.1.28 信濃毎日新聞の記事/拡大可
イメージ 1





1/4 景信山&高尾山シモバシラの華ハイク

2015.1.4(日) 新年初登山は・・・
去年暮れから三連続の景信山~高尾山シモバシラの華ハイク (*^▽^*)
 
メンバー
こうちさん・えいちゃん・カブさん・かめちゃん・爺
※別ルートから
ぴろりんさん・ぴろりんパパ(下段ルートMAP参照)
 
☆momo&para隊
偶然を装って我々を驚かすつもりだったらしいが寝過ごしてしまう大チョンボ(笑)
次回ビックリ仰天ハイタッチ!待ってまっせ~(^O^)v
 
★小仏城山でブロ友さんとの出会い♪
Myuuさん・Larryさん

 
 
 
 
小仏駐車場-景信山-高尾山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
ルートMAP/拡大可
イメージ 2
景信山/727.1M 高尾山口P/190M 標高差/537M 総歩行距離/11244M(リフト移動分除く) 
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。    《使用データソフト GARMIN MapSource》
 
 
 
1/3(土) Uターン渋滞を避けるため午前中に高坂SA着(車中泊) 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
車中泊地・高坂SAより 
イメージ 5
 
 
 

 
管理人・HP 2015年初詣登山
 
 
 
 
 1/4(日) 小仏駐車場(約10-15台) トイレは下の小仏バス停が最終
イメージ 6
イメージ 44
マップコード 23.192.273
 
 
 
 
車道を100㍍ほど戻った場所に景信山登山口があるイメージ 7
 
 
景信山登山口 
イメージ 8
 
 
最初は階段歩きから始まるが、全体的に緩い尾根歩きで景信山山頂に立つことができる♪ 
イメージ 9
 
 
快適 
イメージ 10
 
 
小下沢R分岐点/休憩適地 
イメージ 11
 
 
都会の景色を眺めながらのんびりと登る 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
木段が表れれば景信山山頂まで残り数分 
イメージ 14
 
 
山頂直下のトイレ 
イメージ 15
 
 
景信山 
イメージ 16
 
 
景信山 727.1M 
イメージ 17
 
 
江ノ島が見える♪/拡大可
イメージ 18
 
 
リヤカーで荷揚げ 
イメージ 19
 
 
以後のシモバシラは撮影場所順に掲載
 
拡大可
イメージ 20
 
 
拡大可
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
拡大可
イメージ 23
 
 
 小仏峠
イメージ 24
 
 
 
先週より1.3倍はある大きなシモバシラで画面に納めるのが大変だった (;´Д`)
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
小仏城山
ブロ友・Myuuさんご夫妻と行き会うことができました♪ 
今年も初登りはやっぱりここ! 高尾山・小仏城山その1~
イメージ 46
 
 
 
 
小仏城山
イメージ 28
 
 
小仏城山より/拡大可
イメージ 29
 
 
拡大可
イメージ 30
 
 
拡大可
イメージ 31
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
イメージ 33
 
 
もみじ台分岐点 
イメージ 34
 
 
天候と気温次第なので仕方ないことだが、シモバシラ 大群生地は今回も全滅状態だった・・・(ノД`)
イメージ 35
 
 
 
溶ける~(ノД`)  /拡大可
イメージ 45
 
 
 
 
 
 
イメージ 36
 
 
 新設された高尾山標柱
イメージ 37
 
 
 
福徳弁財天 
イメージ 38
 
 
福徳弁財天/拡大可
イメージ 39
 
 
〆は当然 ここでしょう (^O^)v 
イメージ 40
 
 
イメージ 41
 
 
〆その2・くるみタレの三福団子 
イメージ 42
 
 
リフトで下山 片道480円 
イメージ 43
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1/3(土)
長野発 am8:30 ~ 高坂SA着 am10:30(車中泊)
Uターン渋滞を避けるため長野を早発ち!
※ナビ設定 長野-高尾山口 243㌔ 所要時間3時間10分
 
1/4(日) シモバシラ撮影時間30-50分含
高坂SA起床&朝食 am2:45-3:10 ~ 狭山PAで休憩 
~ 高尾山口P着 am5:20(車デポ)
JR高尾駅 am 6:15 かめチャンと合流後、こうちさんの車で小仏登山口駐車場へ
 
小仏駐車場発 6:40 ~ 景信山登山口 6:43 ~ 小下沢R分岐点 7:19
景信山(727.1m)7:35-55 ~ 小仏峠 8:23 ~ 小仏城山 9:07-32
~ もみじ台分岐点 10:10 ~ 高尾山分岐点 10:34 ~ 高尾山 10:46-54
~ 薬王院 11:10-35 ~ 天狗焼&団子 11:48-12:10
~ リフト山頂駅 12:16 ~ リフト山麓駅 12:32 
~ コーヒータイム 12:38-13:03 ~ 高尾山口駐車場着 13:08
※小仏登山口へ車を回収に向かう/長野帰宅 17:40

 
RSS
ギャラリー
  • 2020.謹賀新年
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ