小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

トレッキング・2014

謹賀新年

 
 
明けましておめでとうございます
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 

12/23 氷の芸術・シモバシラの華 

2014.12.23(火)
高尾山~陣馬山シモバシラの華ハイキングのHPをアップしたのでご笑覧ください。
 
 
 
 
2014.12.23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

12/23 高尾山~陣馬山・シモバシラの華ハイク

2014.12.23(火)
シモバシラの華を求めて高尾山~陣馬山縦走ハイク
 
長野隊山女子を誘ってみたが一昨日の今日では流石に無理みたいで
今回はブロ友男衆だけで歩いてきました。
★メンバー
こうちさん・booさん・初参加のNOBUさん・伊藤さん・爺
★ももさんご夫妻
和田峠駐車場から出発し景信山で10時に合流予定だったが、我々が予定より
1時間も早くついてしまいコース途中でのご挨拶となってしまいました。
 
 
 

 
ルート解説
 
 
 
高尾山口P~高尾山~陣馬山~陣馬高原下バス停ルートMAP/拡大可
イメージ 1
高尾山口P標高/190M 陣馬山/857M 標高差/667M 総歩行距離/19063M
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図50000(地図画像) 数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。  《使用データソフト カシミール3D》
 
 
 
am4:56 高尾山口有料駐車場(トイレあり)・終日1000円・平日800円
イメージ 2
イメージ 50
マップコード 23.167.507
 
 
 
 
am5:02 稲荷山ルート登山口イメージ 3
 
 
相変わらずと言ってはなんだが・・・
やっぱりbooさん、こうちさんは歩くのが速い (;´Д`)
イメージ 4
 
 
am5:37 稲荷山(東屋)より/拡大可
イメージ 5
 
 
 
am6:09 5号路分岐点(ベンチ有り)
イメージ 6
 
 
am6:15-54 高尾山・大見晴台
イメージ 7
 
 
 
am6:19 都会の息吹を感じる /拡大可
イメージ 8
 
 
 
am6:37 ご来光を迎える前にシモバシラの下見
イメージ 10
 
 
 
am6:47 ご来光/拡大可
イメージ 11
 
 
 
 
am6:48 紅富士/拡大可
イメージ 9
 
 
 
 
 もみじ台 ・ 一丁平へ
 
 
 
いつもはここからシモバシラを見ることができるが今回は全滅だった! 
イメージ 12
 
 
 
わたあめ?イメージ 13
 
 
 
拡大可
イメージ 14
 
 
 
蝶/拡大可
イメージ 15
 
 
うずまき/拡大可
イメージ 16
 
 
森の妖精/拡大可
イメージ 17
 
 
 
シモバシラを探しながら進む 
イメージ 18
 
 
am7:58 相模湾の輝き/拡大可
イメージ 19
 
 
 
 
 
高尾山でみられなかっただけに大感激♪ 
イメージ 20
 
 
 
お気に入りの一枚 (^O^)v 
イメージ 21
 
 
トータル19km・残り12km 
イメージ 22
 
 
am8:27 小仏峠
イメージ 23
 
 
小仏峠より 
イメージ 24
 
 
 
ナイスなおじさん (*^▽^*) 
イメージ 25
 
 
 
景信山直下にて 
イメージ 26
 
 
am8:56 景信山へラストスパート
イメージ 27
 
 
am9:05-35 景信山にて
イメージ 28
 
 
日本百名山・富士山/拡大可
イメージ 29
 
 
日本百名山・筑波山/拡大可
イメージ 30
 
 
 
ももさんご夫妻との合流を楽しみに、名物「なめこ汁」で休憩中 
イメージ 31
 
 
 
長野隊アイドルの伊藤さんは、山菜天ぷら&なめこうどん♪
イメージ 32
 
 
 
am9:35 携帯が圏外のため、ももさんと連絡がつかないまま出発
イメージ 33
 
 
am9:55 ももさんご夫妻に合流
イメージ 34
ももさんのご実家、四国の讃岐うどん・鳴門金時をお土産にいただきました♪ 
イメージ 52
 
 
booさんの友人・のぞむさんとバッタリ!!  写真提供・のぞむさん 
イメージ 35
 
 
 
 
am10:52-11:12 明王峠(みょうおうとうげ)
ももさん、金時芋を皆で美味しくいただきました♪
イメージ 36
 
 
 
イメージ 37
 
 
今年シロヤシオ花旅で訪れた檜洞丸/拡大可
イメージ 38
 
 
明王峠からのパノラマ図解/拡大可 ※DDS社・どこでもパノラマで作成
イメージ 39
 
 
 
am11:43 陣馬山が近い
イメージ 40
 
 
 足もとぐちゃぐちゃ (ノД`)
イメージ 41
 
 
am11:49-12:26 陣馬山 857M
イメージ 42
 
 
 
イメージ 43
 
 
booさんお友達の富士見小屋がお休みのため、清水茶屋でランチタイム 
イメージ 44
 
 
山菜そば
イメージ 45
 
 
記念撮影 
イメージ 46
 
 
 
12時26分・陣馬高原下バス停に向けて下山開始
バス停までのコースタイム60分・バス乗車タイムリミット59分
はたして13:25分に乗ることが出来るでしょうか・・・?
 
 
 
こうちさん、booさん、
あっ! というまに視界から消える(笑)
イメージ 47
 
 
pm12:56 新ハイキングコース登山口に到着
イメージ 53
 
 
車道を歩いて・・・ 
イメージ 48
 
 
 
pm13:14 陣馬高原下バス停に到着(トイレあり)
JR高尾山駅行きは毎時25分発の1本だけなので要注意
イメージ 49
 
イメージ 51
こうちさん、booさんの速歩先導でバス発車10分前に到着 (^O^)v
 
  
 
 
12/22(月)
長野発 20:00 ~ 高坂SA 22:00(仮眠)
12/23(火)
高坂SA起床&朝食 am2:40-3:10 ~ 高尾山口駐車場着 am4:00

駐車場発 4:56 ~ 稲荷山R登山口 5:02 ~ 旭稲荷 5:06
~ 稲荷山・東屋 5:36-51 ~ 5号路分岐点(ベンチ)6:09
高尾山 6:15-54 ~ 一丁平(トイレ・ベンチ)7:27-30
~ 小仏城山分岐点 7:47 ~ 日影沢R分岐点 7:59-8:07
~ 小仏峠 8:27 ~ 景信山(721.1m)9:05-35
~ 明王峠(トイレ・ベンチ)10:52-11:12 ~ 陣馬山(857m)11:49-12:26
~ 新ハイキングコース登山口 12:56 ~ 陣馬高原下バス停着 13:14
 
駐車場発 14:30 ~ 高坂SAで80分休憩 ~ 長野着 18:40
 
 
 
 
管理人ホームページは「シモバシラの華」を特集予定です。
 
 
 

12/21 高尾山・小仏城山ハイキング

2014.12.21(日)
高尾山&小仏城山ハイキング
 
当初は「シモバシラの華」を見ながら高尾山から陣馬山まで縦走する予定だったが、前日の天気予報がシモバシラのできる条件に適さなかったため目的を高尾山名物「天狗焼」を食べることに変更して高尾山&小仏城山ハイキングを楽しんできました(笑)
※23日(火)シモバシラの華縦走に再挑戦予定です (^O^)v
 
 
参加メンバー(5名)
こうちさん、えいちゃん、爺、れんれんさん、かめちゃん
 
 
 

 
 
有料駐車場(土日は終日1000円・平日800円)トイレ有り
イメージ 1
 
 
朝の六時
イメージ 2
 
 
 
ヘッデン無しで歩くことができる
イメージ 3
 
 
am6:50 稲荷山(東屋)
イメージ 4
 
 
稲荷山より
イメージ 5
 
 
 
 
筑波山/拡大可
イメージ 6
 
 
拡大可
イメージ 7
 
 
 
5号路分岐点
イメージ 8
 
 
5号路分岐点で休憩
イメージ 9
 
 
 
 
本日最初の試練 (;´Д`)
イメージ 10
 
 
高尾山・大見晴台イメージ 11
 
 
大見晴台より/拡大可
イメージ 12
 
 
 
 
前夜の雨と暖かさのWパンチでシモバシラは影も形も無~し (ノД`)
 
 
 
小仏城山へ向かう
イメージ 13
 
 
 
am9:00 小仏城山
早朝にもかかわらず商売熱心な小屋がオープンしていた♪
イメージ 15
 
 
当然、名物の「なめこ汁」を注文
イメージ 16
 
 
小仏城山より/拡大可
イメージ 14
 
 
 
小仏城山にて
イメージ 17
 
 
 
おいら、天狗さんになりてぇ~!
イメージ 18
 
 
一丁平・東屋&展望台
イメージ 19
 
 
 
富士山は雲の中! 
イメージ 20
 
 
 
高尾山の試練・その2
もみじ台への長~い階段 (ノД`)
イメージ 21
 
 
へばった~!
イメージ 22
 
 
 
 
高尾山の試練・その3
大見晴台への石段/若いかめちゃんは余裕の(^O^)v 
爺は・・・
こんな場所で年の差がでてしまうのだ(泣)
イメージ 23
 
 
 
えいちゃんも (^O^)v  
この爺の姿は哀れだねぇ-(笑)
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
薬王院へ
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
お金を清めて
イメージ 28
 
 
 
薬王院のお賽銭に使用/来年も良いことがありそうだ♪
イメージ 25
 
 
 
かめちゃん 厄除け開運祈願
イメージ 29
 
 
厄除け開運祈願
イメージ 30
 
 
 
 
本日のメインイベント♪
イメージ 31
天狗焼
イメージ 32
 
 
れんれんさんが皆の分を買ってくれました(感謝)
イメージ 33
 
 
 
2号路利用で琵琶滝へ下る
イメージ 34
 
 
 
今日の行程では、この2号路が一番登山道ぽかった!
イメージ 35
 
 琵琶滝
イメージ 36
 
 
 
岩屋大師
イメージ 37
 
 
 
車道を歩いて駐車場へ戻る
イメージ 38
 
 
 
イメージ 39
 
 
爺は自宅と細井家へのお土産で天狗焼をお持ち帰り~(^O^)v
イメージ 40
 
 
 
pm12:15 ケーブルカー駅で記念撮影(こうちさん撮影)
イメージ 41
 
 
12/21(日)
長野発 am00:00 ~ 横川SA・上里SA・高坂SA・狭山PAで小休止 ~ 高尾山口駐車場着 am5:40
 
駐車場発 6:05 ~ 稲荷山R登山口 6:15 ~ 旭稲荷 6:18 ~ 稲荷山(東屋)6:50-54 
~  5号路分岐点(ベンチ)7:29-34  高尾山(大見晴台)7:37-7:55
~  一丁平(トイレ・ベンチ)8:24-34 ~ 小仏城山 8:59-9:34(早昼食?)
~  もみじ台 10:13-18 ~ 高尾山 10:23-35 ~ 薬王院境内 10:48-11:24 
~  ケーブルカー高尾山駅前(天狗焼き)11:27-34 ~ 2号路入り口 11:36
~  琵琶瀧 11:55 ~ 6号路登山口 12:07 ~ 車道歩き ~  稲荷山R登山口 12:13
~  駐車場着 12:23 

※長野着 17:00

11/21 大文字山・京都五山送り火の山

2014.11.21(金)
大文字山・466M
山友(HP仲間)のマコトさんが出勤前の忙しい時間にも関わらず車中場所まで会いに来てくださいました♪
奥様のスミレさんからも我が家でくつろいで下さいとの暖かい言葉を頂戴しましたが諸々の事情でお邪魔できませんでした。
これに懲りず次回は宜しくお願いいたします。
 
 
当初は6時間かけて千日回峰の道・比叡山三塔めぐりを予定していたが、プチアルプスの疲れが残っていたので五山送り火の山・大文字山ハイキングコースに予定変更しました。
 
 
管理人HP
 
 
大文字山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
ウェスティン都ホテル標高/60M 標高差/406M 総歩行距離/9306M
 
拡大可
イメージ 2
 
 
 
都ホテル京都・24時までの終日最大1500円パーキングを利用/拡大可
イメージ 3
イメージ 49
マップコード 7.619.656
 
 
 
 
都ホテル~インクライン~日向大神宮入り口MAP/拡大可
イメージ 4
 
 
インクライントンネルをくぐる 
イメージ 5
 
 
この指導標を頼りに大文字山を目指す 
イメージ 6
 
 
インクライン 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 インクライン
イメージ 9
 
 
日向大神宮入り口の指導標 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
日向大神宮 
イメージ 12
 
 
日向大神宮 ・天の岩戸くぐり 
イメージ 13
 
 
 
日向大神宮  
イメージ 14
 
 
ここから大神宮境内を離れて登山道歩きとなる 
イメージ 15
 
 
 特に危険な場所はない
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
山頂に至るまで殆ど展望はない 
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
あれが大文字山? 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
これを登れば山頂だ♪ 
イメージ 24
イメージ 25
 
 
 
ベンチが置かれ広々とした山頂だが裏手の比叡山側は樹木に覆われ展望はない。
イメージ 26
 
 
 
大文字山 466M ※三角点&菱形基線測点あり 
イメージ 27
 
 
国土地理院・No29 菱形基線測点
イメージ 28
菱形基線(Rhombus Base Line)は地表面の水平方向の変動を調べるために設置され測点4点で菱形が形成されています。
菱形頂点の位置で各頂点間を対角線も含め6ヶ所を正確に測量し菱形の面積の変化、地表面の水平方向の変動を検出し測地学研究や地震の予知などにも利用されます。
大正時代初期には文部省測地学委員会により三鷹の天文台に一辺100メートルの菱形基線が、また第二次大戦後は地理調査所により長距離の菱形基線が15ヶ所に設置されました。
基線の測定には、このほかに放射基線(Radial Base Line)測点というのもあります。
これらは測地学上の大地の移動を観測するためで三角測量の際の基線測量とは目的が異なります。 
 
 
京都市内展望/拡大可
イメージ 29
 
 
 京都タワー
イメージ 30
 
 
 
 
火床へ
 
 
火床を経由して哲学の道方面へ下山開始 
イメージ 31
 
 
 
 
大文字・火床
★印の場所です♪/拡大可
イメージ 32
 
 
拡大可
イメージ 33
 
 
 大文字・火床
イメージ 34
 
 
 
大文字・火床/拡大可
イメージ 35
 
 
 
下山はこの火床に沿って下る
大文字・火床/拡大可
イメージ 36
 
 
 火床まで15分・山頂まで40分
イメージ 37
 
 
火床からは銀閣寺Rがメインなのか誰とも行き会わなかった。
イメージ 38
 
 
霊鑑寺R登山口
イメージ 39
 
 
 
霊鑑寺R登山口 ※左側の細い石段 
イメージ 40
 
 
哲学の道を歩く 
イメージ 41
 
 
哲学の道 
イメージ 42
 
 
 
イメージ 43
 
 
今日は平日なのに・・・
明日からの三連休はどうなるんだろう (;´Д`) 
イメージ 44
 
 
南禅寺 
イメージ 45
 
 
インクライン 
イメージ 46
 
 
 
都ホテルに到着 
イメージ 47
 
 
24時までの終日最大1500円パーキングを利用 
イメージ 48
 
 
 
《行程&所要時間》
ウェスティン都ホテル発 9:01 ~ インクライントンネル 9:10 
~「 東山30-2」9:10 ~「東山32」9:16 ~ 日向大神宮 9:28-43 
~「東山34」9:48 ~「東山35」9:52 ~「東山36」9:54 
~「東山37」9:56 ~「東山38」9:59 ~「東山39」10:00 
~「東山40」10:17 ~「東山41」10:30 ~「東山42」10:39 
~「東山43-1」10:45 ~「東山43-2」10:48 
~「東山44-1」10:55 ~「東山44-2」10:57 
~「東山45」11:02 ~ 大文字山(446M)11:06-27
 
大文字山発 11:27 ~ 火床 11:39-45 
~ 火床まで15分指導標 11:52 ~ 鹿ヶ谷貯水槽 12:01 
~ 霊鑑寺R登山口 12:02 ~ 都ホテルまで車道歩き
~ 霊鑑寺 12:11 ~ 若王子神社 12:31 ~ 南禅寺 12:43 
~ ウェスティン都ホテル着 13:02
※上記記載の「東山○○」は京都一周トレイルの指導標番号です。
 
 
下山後、本日の宿泊予定地「道の駅・ガレリアかめおか」を下見
イメージ 52
マップコード 52.653.401
 
 
 
《日帰り温泉》
京都亀岡・湯の花温泉「渓山閣」 TEL 0771-22-0250 am11:00-pm8:00
入浴料 1000円(平日・800円)
単純弱放射能温泉(低張性中性低温泉)  管理人泉質満足度★
イメージ 50
 
イメージ 51
マップコード 52.647.740
 

 

11/20 鞍馬山(牛若丸伝説)

2014.11.20(木)
牛若丸伝説の鞍馬山
 
管理人HP
 
 
鞍馬寺本尊/ウィキペディアより抜粋
京都の北に位置する鞍馬寺は、もともと毘沙門天(四天王のうち北方を守護する)を本尊とし、
併せて千手観世音を祀った寺院であった。
しかし、鞍馬弘教立教後の現在の鞍馬寺の信仰形態は独特のもので本尊についても若干の説明を要する。
鞍馬弘教立教後の寺の説明によると、鞍馬寺本殿金堂(本堂)の本尊は「尊天」であるとされる。
堂内には中央に毘沙門天、向かって右に千手観世音、左には護法魔王尊が安置され、
これらの三身を一体として「尊天」と称している。
「尊天」とは「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」であるとする。
また、毘沙門天を「光」の象徴にして「太陽の精霊」・千手観世音を「愛」の象徴にして
「月輪の精霊」・魔王尊を「力」の象徴にして「大地(地球)の霊王」としている。
鞍馬寺とは、どこにでも存在する「尊天」のパワーが特に多い場所にして、
そのパワーに包まれるための道場であるとしている。
「尊天」のひとり、「護法魔王尊」とは、650万年前金星から地球に降り立ったもので、
その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま年をとることのない
永遠の存在であるという。
本殿金堂の毘沙門天・千手観世音・護法魔王尊はいずれも秘仏であるが、
秘仏厨子の前に「お前立ち」と称する代わりの像が安置されている。
お前立ちの魔王尊像は背中に羽根をもち長いひげをたくわえた仙人のような姿で、鼻が高い。
光背は木の葉でできている。
多宝塔に安置の護法魔王尊像も同じような姿をしている。
このことから「鞍馬天狗」とはもともと護法魔王尊であったと思われる。
また16歳とされているわりに歳をとった姿をしている。
 
鞍馬寺境内鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
貴船口駅標高/200M 駐車場標高/240M 鞍馬寺最高標高/500M 標高差/300M 総歩行距離/5349M
 
 
拡大可
イメージ 2
 
 
土日際は要注意/拡大可
イメージ 3
イメージ 4
マップコード 479.108.275
 
 
 
先払いで500円投入 
イメージ 5
 
 
料金箱 
イメージ 6
 
 
駐車場 
イメージ 7
 
 
 
 
鞍馬寺入山はam9:00-pm16:30 愛山費200円
 
 
駐車場から仁王門入り口まで約2分
イメージ 8
 
 
 仁王門の紅葉
イメージ 9
 
 
まずは由岐神社へ向かう 
イメージ 10
 
 
鬼一法眼社 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
川上地蔵堂 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 お猿さんと一緒に仲良く使いましょう (*^▽^*)
イメージ 16
 
 
 
中門をくぐり九十九折参道へ 
イメージ 17
 
 
本殿金堂への石段 
イメージ 18
 
 
観光客で大賑わい 
イメージ 19
 
 
本殿金堂 
イメージ 20
 
 
奥の院へ向かう 
イメージ 21
 
 
 牛若丸・息つぎの水
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
山ザックは不釣り合いかも・・・(;´Д`) 
イメージ 24
 
 
 
イメージ 25
 
 
奥の院に向けて下り込む 
イメージ 26
 
 
奥の院魔王殿 
イメージ 27
 
 
下る! 下る! 
イメージ 28
 
 
西門/ 貴船側から鞍馬山への参拝口
イメージ 29
 
 
 貴船神社
イメージ 30
 
 
貴船神社から貴船口駅まで約2キロの車道歩き 
イメージ 31
 
 
貴船口駅 
イメージ 32
 
 
 
イメージ 33
 
 
 鞍馬駅
イメージ 34
 
 
《行程&所要時間》
駐車場発 9:18 ~ 山門 9:20 ~ ケーブル駅 9:26 ~ 鬼一法眼社 9:30
~ 由岐神社 9:32 ~ 川上地蔵堂 9:38 ~ 鞍馬寺本殿 9:58
~ 冬柏亭 10:03 ~ 義経息つぎの水 10:06 ~ 義経背比べ石 10:16
~ 大杉権現 10:16 ~ 不動堂 10:22 ~ 奥の院 10:30-38
~ 鞍馬寺西門 10:48 ~ 貴船神社 10:50-11:00 
~ 車道歩き ~ 貴船口駅 11:26
※貴船口駅発 11:28-鞍馬駅 11:31 乗車券210円 ~ 駐車場着 11:38

 
 
 
 
 
本日の車中泊地「道の駅・琵琶湖大橋米プラザ」へ向かう途中、京都大原三千院で道草♪
イメージ 35
 
 
 
イメージ 36
 
 
 
イメージ 37
 
イメージ 41
三千院に一番近い駐車場
マップコード 479.115.635
 
 
イメージ 38
 
 
 
 
 
本日の車中泊地「道の駅・琵琶湖大橋米プラザ」  TEL 077-572-0504
イメージ 39
 
イメージ 41
マップコード 616.126.620
 
 
スーパー銭湯 びわこ大橋・天然温泉みずほの湯 TEL 077-584-3726
am10:00-pm24:00  年中無休 入浴料 600円 管理人泉質満足度★★
イメージ 40
 イメージ 41
マップコード 616.069.445
 
 

11/19 播磨アルプス縦走

2014.11.19(水)
播磨アルプス(播磨富士・高御位山)
 
 
最初から最後まで胸躍らせてくれる播磨アルプスでした♪
播磨アルプスの素晴らしさを表せるのは言葉や写真ではなく
貴方に歩いて実感していただく事に尽きるとおもいます。
機会がありましたら騙されたと思って播磨アルプスに挑戦してください(^O^)v
 
管理人HP
 
 
 
 
拡大可
イメージ 1
 
 
拡大可
イメージ 42
 北池登山口標高/5M 標高差/294.8M 総歩行距離/9624M
 
 
 
拡大可
イメージ 2
 
 
北池登山口/北山鹿島神宮の大鳥居が目印
※駐車場所が見つからず、空き地を管理している会社に電話で許諾をうけました(感謝) 
イメージ 3
イメージ 4
マップコード 24.169.054
 
 
 
地蔵堂の裏側から尾根道に入る 
イメージ 5
 
 
最初のプチアルプス、右から北池山・北山奥山・中塚山の山並み
イメージ 6
 
 
左に目を移せば高御位山から後半のプチアルプスの山並み/拡大可
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
笹百合の時期に訪れてみたいものだが・・・ 
イメージ 9
 
 
標柱がないので?だが中塚山あたりかも・・・ 
イメージ 10
 
 
播磨富士・高御位山(たかみくらやま)と小高御位山(手前鉄塔)  /拡大可
イメージ 11
 
 
 
標高の低い場所でも展望が良い
イメージ 12
 
 
指導標も万全
イメージ 13
 
 
小高御位山の岩尾根
イメージ 14
 
 
小高御位山の岩尾根を上部から撮影/拡大可
イメージ 15
 
 
 
播磨富士・高御位山(たかみくらやま)  /拡大可
イメージ 16
 
 
岩尾根の連続がなんとも嬉しい♪ 
イメージ 17
 
 
隣の尾根・長尾ルートも楽しそうだ!! /拡大可
イメージ 18
 
 
長尾ルートをズーム撮影/拡大可
イメージ 19
 
 
 
長尾ルートをズーム撮影 
イメージ 20
 
 
 成井ルート分岐点の岩上に設置されたベンチ
イメージ 21
 
 
 高御位神社
イメージ 22
 
 
高御位山 299.8M  /拡大可
イメージ 23
 
 
 
 中所登山口へ下山編
 
 
 高御位山のトイレ横を通過
イメージ 24
 
 
まだまだ先は長いな~ 
イメージ 25
 
 
先は長いと思いながらもここまで来たよ-(^O^)v  /拡大可
イメージ 26
 
 
この岩稜線の展望は抜群 /拡大可 
イメージ 43
 
 
 
ソロ登山なので足下に注意しながら慎重に下る爺 
イメージ 27
 
 
 
 
反射板 
イメージ 29
 
 
 
 
姫路別所高校 
イメージ 28
 
 
立ち上がってシェ-ポーズを決めたかったが10秒セルフTではこれが限界だった (;´Д`) 
イメージ 45
 
 
 
 
百間岩を下る♪ /拡大可
イメージ 30
 
 
鹿島神宮分岐点 
イメージ 31
 
 
大谷山・大平山方面/地徳山より 
イメージ 32
 
 
まれにこんな樹林帯もあるよ 
イメージ 33
 
 
 
振り向けば/拡大可
イメージ 41
 
 
 
 
 住宅街が近づく
イメージ 34
 
 
 ここが一番わかりにくかった!!
イメージ 35
 
 
工場の裏手を回り込む 
イメージ 36
 
 
中所登山口に下山 (^O^)v 
イメージ 37
 
 
拡大可
イメージ 38
イメージ 39
マップコード 24.168.137
 
 
 
百間岩/拡大可
イメージ 40
 
《行程&所要時間》
北池登山口(地蔵堂)発 8:29 ~ 松尾山 8:33 ~ 北池山 8:58 
~ 北山奥山・辻R分岐点(183m)9:05 ~ 中塚山・鉄塔 9:14 
~ 小高御位山 9:48 ~ 成井R分岐点・ベンチ 10:14
高御位山(299.8m)10:18-58 
~ 長尾R分岐点 11:00 ~ 長尾奥山(分岐点)11:11
~ 市の池R分岐点 11:24 ~ 馬の背R分岐点 11:40 
~ 鷹の巣山(264.2m)11:53 ~ 反射板 12:09 ~ 鉄塔 12:16 
~ 百間岩 12:24 ~ 展望台 12:30 ~ 鹿島神宮分岐点 12:32 
~ 地徳山(194m)12:46 大谷山 13:00 ~ 大平山(155m)13:12
~ 豆崎R分岐点 13:15 ~ 中所登山口 13:26 ~ 車道歩き
~ 北池登山口着 13:48
※ 加古川温泉で汗を流した後は翌日の京都山歩きに備え名神高速・桂川PAで車中泊
 
 
《立ち寄り温泉情報》
加古川温泉・ぷくぷくの湯 TEL 079-456-2614 
am9:00~pm24:00(土日は朝風呂有り) 入浴料・550円 
泉質・ナトリウム・カルシウム塩化物温泉 管理人泉質満足度★★★ 
 
 
 
※次回はこの黄色ルートを歩いてみたい/拡大可
イメージ 44
 
 
 
 

11/18 小野アルプス縦走

関西の山旅&京都紅葉狩り行程
2014.11.17(月)-24(月)
11/17(月)兵庫県・小野市に向けて出発、三木SAで車中泊
11/18(火)小野アルプス縦走
11/19(水)播磨アルプス縦走
11/20(木)京都・鞍馬山
11/21(金)京都・大文字山 ※深夜・京都駅で家内と合流
11/22(土)京都紅葉狩り/南禅寺・銀閣寺・平安神宮・清水寺
11/23(日)京都紅葉狩り/渡月橋・宝厳院・天龍寺・醍醐寺 
※事故渋滞のため名神多賀SAで車中泊
11/24(月)帰宅
 
拡大可
イメージ 52
 
 
 
 
 
2014.11.17(月)
ナビ設定/長野-白雲谷温泉ゆぴか 距離/502キロ 所要時間/6時間
長野発 10:00 ~ 三木SA 17:10(車中泊)
※三木SA~白雲谷温泉ゆぴか 移動時間は15分 
※京滋バイパス大山崎Jctで名神高速に合流し損ね、京都縦貫道に入る大チョンボで
高速道深夜割りがフイに・・・(;´Д`)
 
 
 
管理人HP
 
 
 
プチアルプス第七弾/兵庫県・小野市
2014.11.18(火) 小野アルプス
 
小野アルプス鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
惣山標高/198.9M 来住西バス停標高/41M ゆぴか標高/60M 標高差/157.9M 総歩行距離/9497M
 
 
標高差は少ないが各ピークごとの急登にはウンザリ!!/拡大可
イメージ 2
 
 
 白雲谷温泉 ゆぴか 
AM10:-22:00 年中無休 入浴料 600円 泉質満足度★★
イメージ 3
 
イメージ 50
マップコード 31.846.009
 
 
ゆぴか駐車場/午前七時頃には入場可能と思われる  
イメージ 4
 
 
下山後、ゆぴか温泉で入手/拡大可
イメージ 51
 
 
 
 
登山口の横に水洗トイレが完備( 白い建物)
イメージ 5
 
 
AM 8:42 ゆぴか駐車場内/小野アルプス登山口 
イメージ 6
 
 
緊急連絡案内 
イメージ 7
 
 
緊急連絡通報ボード/紅山通過以降は通報ボードが極端に少なくなるので要注意 
イメージ 8
 
 
高山展望台 
イメージ 9
 
 
高山 127.1M 
イメージ 10
 
 
高山展望台下部の指導標 
イメージ 11
 
 
 この間の写真は省略しました
 
前山 135.8M NTT中継局 ※簡易トイレあり 
イメージ 12
 
 
ソロ登山は自分撮りに時間がかかってしまう(笑) 
イメージ 13
 
 
愛宕山 154.2M 
イメージ 14
 
 
整備が行きとどいている縦走路 
イメージ 15
 
 
安場山 156.6M 
イメージ 16
 
 
平日のせいか、なかなか登山者と行き会わない !
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
東コース入り口地点/車道で左折 
イメージ 19
 
 
100㍍ほど上部に中コース入り口がある 
イメージ 20
 
 
峠のお地蔵さま 
イメージ 21
 
 
中コース入り口 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
中コースは露岩地帯が多くなる 
イメージ 24
 
 
 
アンテナ山 171.6M 展望良♪ 
イメージ 25
 
 
 
 この間省略
 
 
 
当縦走路最高峰「惣山・200M」を経て小野見山から紅山展望 
イメージ 48
 
 
 
 
本日のハイライト・紅山の岩尾根/拡大可
イメージ 26
 
 
 
紅山へ急げ! 
イメージ 27
 
 
西林間広場 ※岩尾根が苦手な場合はここから右回りR選択も可能 
イメージ 28
 
 
爺は岩尾根登りコースを選択 (^O^)v 
イメージ 29
 
 
AM 11:23 紅山の岩尾根全景♪ /拡大可
イメージ 30
 
 
中間点上部は四つん這いで登る事に・・・(;´Д`)  /拡大可
イメージ 31
 
 
紅山 182.8M 
イメージ 33
 
 
神戸淡路鳴門大橋が見える/紅山より 
イメージ 32
 
 
 
 
惣山(中央)と紅山の岩尾根展望/拡大可
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
西紅山の夫婦岩 
イメージ 34
 
 
パワー充電中 (笑) 
イメージ 36
 
 
 
ちょいのま藪こぎ 
イメージ 37
 
 
岩山 163.8M 
イメージ 38
 
 
シダ類の道は蛇がニョロッと出てきそうで嫌いだ-!! 
イメージ 39
 
 
小野アルプス終着点・福甸峠(ふくでんとうげ)
イメージ 40
 
 
PM 12:50 小野アルプス終着点・福甸峠(ふくでんとうげ) 
イメージ 41
 
 
JR加古川線・小野町駅を目指して車道を歩く 
イメージ 42
 
 
 
PM 13:20 ふと目にとまったバス停を覗いて見たら・・・ 
イメージ 43
 
 
なんてラッキーなんでしょう♪  /拡大可
イメージ 44
 
 
このバスに乗って戻る/料金100円 
イメージ 45
 
2014.11.18(火)
三木SA~ゆぴか所要時間 15分
 
白雲谷温泉ゆぴか駐車場発 8:42 ~ 高山(127.1m)8:50 
~ 日光峠 9:03 ~ 前山・NTT中継局 9:11-35 
~ 愛宕山(154.2m)9:45 ~ 安場山(156.6m)9:57 
~ アザメ峠・縦走東コース入り口 10:10:13
~ 車道歩き・峠の地蔵 10:15 ~ 縦走中コース入り口 10:16 
~ 総山(168.4m)10:28 ~ アンテナ山(171.6m)10:43-48 
~ 惣山(198.9m)・展望デッキ分岐点 10:57 
~ 小野見山 10:59-11:03 ~ 惣山 11:05 
~ 西林間広場 11:14 ~ 紅山マデ400M 11:18 
~ 紅山(182.8m)11:40-56 ~ 夫婦岩 12:03 
~ 女池分岐点 12:13 ~ 岩山(163.8m)12:26 
~ 宮山(147.9m)12:42 ~ 福甸峠(ふくでんとうげ)登山口 12:52 
~ 車道歩き ~ 来住西バス停 13:20
~ 白雲谷温泉ゆぴか行きコミバス乗車(100円)13:35
 
コメント
高山、アンテナ山、小野見山、紅山、岩山以外は展望がない樹林帯歩きのため
コースに面白味を感じなかったが、紅山の岩尾根は別格で再訪があるなら
ここだけを周遊するコースで訪れてみたいものである(笑)
 
 
 
白雲谷温泉ゆぴか・レストランにて
イメージ 46
 
 
 
イメージ 47
 
 
ゆぴか駐車場で車中泊と決め込んで寝ていたら、23時頃ガードマンから
退出勧告を受け飲酒運転状態で近くのコンビニ駐車場へ避難する羽目に・・・(;´Д`)
 
 
 
 
関西山歩き参考ガイドブック
イメージ 49
 
 
 

10/25 尾白川(おじらがわ)渓谷トレッキング

2014.10.25(土)
意外に手強かった! 尾白川渓谷トレッキング
 
日向山ハイキング後はサントリー白州工場の見学を予定していたが
前々日の確認電話で既に予約がいっぱいとの事で断念(T-T)
仕方なく尾白川渓谷の散策に切り替えたものの、
事前リサーチ無しのぶっつけ本番が失敗の元 (;´Д`)
 
アップダウンが多いうえ、一歩間違えば谷筋への転落もありえる
超ゲットなルートにビックリ!!
こりゃ-、女子隊をとんでもないところに連れてきてしまったわい!
と後悔の念もあったが最終の神蛇滝を見たときに皆が「来て良かったね-」
と言ってくれたのに救われました。
 
 
 
 
拡大可
イメージ 1
 
甲斐駒黒戸尾根登山口駐車場(トイレあり)発 11:51 
~ 竹宇駒ヶ岳神社 11:57~ 吊り橋 11:59 
~ 尾白川渓谷入り口 12:01 ~ 千ヶ淵 12:05 
~ 三の滝 12:35 ~ 旭滝 12:45 ~ 百合ヶ淵 13:16 
~神蛇滝(じんじゃたき)13:27-34 
神蛇滝発 13:34 ~ 龍神平 13:59 ~ 吊り橋 14:13 
~ 駐車場着 14:23
 
 
 
甲斐駒黒戸尾根&日向山登山口駐車場 
イメージ 2
イメージ 3
マップコード 167.755.059
 
 
 
 
日向山のピン販売店
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
竹宇駒ヶ岳神社 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
黒戸尾根分岐点 
イメージ 9
 
 
リュック無し!水無し!食料無し!で向かったのは失敗だった! 
イメージ 10
 
 
アップダウンがやたらめったら多いので要注意 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
千ヶ淵 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
拡大可
イメージ 16
 
 
 
拡大可
イメージ 17
 
 
GPS不携帯、カメラ電池残量小などの事情でアップダウンの厳しさを
ご覧に入れられなくて残念 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
矢印を回り込んだ場所が旭滝なのだが・・・
ルートが見当たらなくて撮影を断念/拡大可
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
 
 
 神蛇滝(じんじゃたき) 
 
行程の厳しさに途中で引き返す案も出たが諦めずに来た甲斐がありました (^O^)v 
イメージ 27
 
 
拡大可
イメージ 28
 
 
 
拡大可
イメージ 29
 
 
 
 
拡大可
イメージ 30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
龍神平/ここで黒戸尾根登山道に合流 
イメージ 31
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
吊り橋まで戻ってきました♪ 
イメージ 33
 
 
 
駐車場に到着 お疲れ様でした。 
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日向山よりきつかったぞぉ~(;´Д`)
 
 
 
 
立ち寄り温泉情報
「甲斐駒ヶ岳温泉・尾白の湯」 入浴料 850円 ナトリウム・塩化物強泉
AM10:00~PM21:00 定休日・水曜 TEL 0551-35-2800
泉質満足度  管理人☆☆☆(露天風呂のみ)
 
 
 
 

10/25 日向山~尾白川渓谷

2014.10.25(土)
日向山(ひなたやま)&尾白川(おじらがわ)渓谷
 
 
ブロ友・いぬどし隊(4名)、長野隊山女子(れんれんさん・ゆうこりん)、伊藤さん、
爺の総勢8名で絶景の日向山を楽しんできました♪
 
管理人HP

 
 
★行程&所要時間(花&風景撮影合計時間20-50分含む
ナビ設定/長野-矢立石登山口 143キロ・120分
長野発 4:00-小淵沢IC下車-道の駅・白州(トイレ休憩)-矢立石登山口着 6:35
 
登山口発 6:52 ~ 炭焼き跡 6:55 ~ 2/10 7:13 
~ 丸太ベンチ 7:22-28 ~ 石仏 7:33 ~ 4/10 7:41 
~ 5/10 7:51 ~ 6/10 7:58 ~ 7/10 8:07 
~ 9/10・雨量計 8:21 ~ 三角点 8:26 
日向山着 8:30-9:36
 
日向山発 9:36 ~ 鞍掛山分岐点 9:38 ~ 鉄階段 10:12 
~ 錦滝・東屋 10:20-25 ~ ゲート 11:07 ~ 登山口着 11:11
 
 
 
 
 
日向山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
日向山ルートMAP/拡大可
イメージ 2
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された承認番号
(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。    《使用データソフト GARMIN MapSource》

 
拡大可
イメージ 3
登山口駐車場標高/1125M  標高差/534.6M  総歩行距離/6905M
 
 
矢立石登山口/6時半にして10台ほどの車が・・・ 
イメージ 4
イメージ 7
マップコード 167.755.456
 
 
 
いぬどし隊が先行出発 
イメージ 5
 
 
 
続いて長野隊 
イメージ 6
 
 
炭焼き釜跡 
イメージ 8
 
 
最後尾を伊藤リーダーにお願いして長野隊はのんびりゆっくり登山 
イメージ 9
 
 
この指導標を目安に! 
イメージ 10
 
 
いぬどし隊・ Sさん Nさん 
イメージ 11
 
 
 
石仏 
イメージ 12
 
 
 
落ち葉を踏みしめて 
イメージ 13
 
 
拡大可
イメージ 14
 
 
木々の隙間から富士山や鳳凰三山が望める♪ 
イメージ 15
 
 
 
展望のない日向山三角点 
イメージ 16
 
 
 
この樹林帯を抜けると信じられない景色が待っているよ-♪
イメージ 17
 
 
女子隊の歓声に管理人もニンマリ(笑) 
イメージ 18
 
 
 
拡大可
イメージ 19
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
拡大可
イメージ 23
 
 
甲斐駒・鞍掛山展望/拡大可
イメージ 24
 
 
拡大可
イメージ 25
 
 
早ランチタイムでくつろぐ「いぬどし隊」 
イメージ 26
 
 
錦滝に向けて下山開始 
イメージ 27
 
 
恐る恐る下る女子隊 
イメージ 28
 
 
鞍掛山分岐点に先着のいぬどし隊 
イメージ 29
 
 
鞍掛山分岐点/鞍掛山への記事は下段参照
イメージ 30
 
 
錦滝までは「登山道」となるので慎重に下る 
イメージ 31
 
 
 
イメージ 32
 
 
鉄階段をクリアすれば錦滝が近い 
イメージ 33
 
 
 
イメージ 34
 
 
錦滝の修行僧(笑)  いぬどし隊・Sさん、Nさん
イメージ 35
 
 
 
紅葉を愛でながら林道を歩く♪ 
イメージ 36
 
 
 
イメージ 37
 
 
 
イメージ 38
 
 
ゲート 
イメージ 39
 
 
路駐の車でビッシリ!! 
イメージ 40
 
 
甲斐駒・黒戸尾根登山口売店で購入 
イメージ 41
日向山・矢立石~錦滝登山ルート解説
矢立石ハイキングコース入り口と書かれた道標に従ってコナラの雑木林に入る。
尾根筋歩きの登山道脇には休憩用の丸太ベンチが随所に置かれて、
雑木林越しに八ヶ岳・富士山・甲斐駒ヶ岳を望むことができる。
10-8表示板を過ぎて緩く下った場所に雨量観測機(アメダス)が
設置されており、ここを上り返すと三等三角点分岐点に出る。  
右へ10㍍ほど入った場所に三角点が埋設されているが展望はない。
分岐点に戻り砂地の雑木林を抜けると、海岸線のような真っ白な砂浜と
奇岩群が目に飛び込んできて思わず
歓声が口をつく。 ここが「雁ヶ原」と呼ばれる場所で日向山山頂だ。
砂浜越しにの八ヶ岳や背後にそびえ立つ甲斐駒ヶ岳などの展望は素晴らしい。  
2007.5.3の解説文より
帰路は雁ヶ原の砂礫急斜面を鞍掛山方面に下って錦滝分岐点の標柱が立つ
鞍部で左に折れる。
ハイキングコースと書かれた指導標が随所にあり道迷いの心配はないが、
等高線の詰まり具合を見てわかる
とおり錦滝まで急斜面が続くので足元に気をつけたい。
錦滝からは長~い林道を歩いて登山口まで戻る。 mikio 
 
 
 
 
 
尾白川渓谷トレッキングへ続く

 

立ち寄り温泉情報
「甲斐駒ヶ岳温泉・尾白の湯」 入浴料 850円 ナトリウム・塩化物強泉
AM10:00~PM21:00 定休日・水曜 TEL 0551-35-2800
泉質満足度  管理人☆☆☆(露天風呂のみ)
 

 

10/18 岩菅山・裏岩菅山

2014.10.18(土)
岩菅山 2295M・裏岩菅山 2341M

ブロ友いぬどしさんと両神山を予定していたが親子で風邪を引かれたとのことで順延に・・・
飯田の風越山、木曽の糸瀬山、地元の岩菅山・四阿山などをリストアップしたところ、
伊藤さんからのリクエストで「岩菅山」に決定!
暑くもなく寒くもなく、山日和のなかを岩菅山から裏岩菅山まで足を伸ばしてきました♪

管理人HP
 
 
岩菅山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/1650M  標高差/691M  総歩行距離/17882M
 
 
岩菅山・裏岩菅山ルートMAP/拡大可
イメージ 2
 
 
 
高天ヶ原スキー場駐車場 
リフト営業時間外はトイレ・水無し ※トイレは大沼池入り口で
イメージ 3
イメージ 4 
マップコード 341-826-307
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示
 
 
 
高天ヶ原スキー場ゲレンデ内へ
※8:40分頃からリフト運行あり
イメージ 6
 
 
 
ゲレンデ南側の高天ヶ原神社で山行安全祈願 
イメージ 5
 
 
写真で見るよりもずーっと急坂なのだ- (;´Д`) 
イメージ 7
 
 
高天ヶ原リフト終点 ※8:40分頃からリフト運行あり
イメージ 8
 
 
東館ゴンドラ終点方面へ向かう 
イメージ 9
 
 
高山植物園・2000㍍の湧き水
イメージ 10
 
 
高山植物園から寺小屋スキー場へ向かう 
イメージ 11
 
 
霜柱 
イメージ 12
 
 
寺小屋スキー場/またもやゲレンデがぁ- (;´Д`) 
イメージ 13
 
 
 
寺小屋リフト終点/岩菅山登山口 
イメージ 14
 
 
寺小屋山 2126M 
イメージ 15
 
 
金山沢の頭(赤石山分岐点)  2005.6.25 赤石山
イメージ 16
 
 
↑を通過するとUDは多いがノッキリ分岐点まで快適な稜線歩きになる/拡大可
イメージ 17
 岩菅山を望む/拡大可
イメージ 18
 
 
クマザサ道 
イメージ 19
 
 
管理人イチオシの稜線ルート♪
イメージ 20
 
 
時々だが笹の深い場所もある
イメージ 21
 
 
氷のオブジェ 
イメージ 22
 
 
 
岩菅山! 今から行くから待っていろよ- /拡大可
イメージ 23
 
 
ベンチが二つ置かれたノッキリ分岐点 
イメージ 24
 
 
 
 
イメージ 25
 ここが胸突き八丁! 
イメージ 26
 
 
岩菅山 2295M
イメージ 27
 
 
裏岩菅山へ/拡大可
イメージ 28
 
 
谷川岳主脈縦走を思い出させる風景 /拡大可
イメージ 41
 
 
北アルプス・焼額&奥志賀スキー場 
イメージ 29
 
 
裏岩菅山 2341M
イメージ 30
 
 
烏帽子岳の眼下が秋山郷なので苗場山が近い!
ブロ友・こうち隊が苗場山に・・・
イメージ 31
裏岩菅山山頂より/拡大可
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノッキリ分岐点から下山編
 
 
 
イメージ 33
 
 
ライタ沢 
イメージ 34
 
 
武右衛門沢
イメージ 35
 
 
小三郎小屋跡分岐点 
イメージ 36
 
 
上条用水路に沿って一ノ瀬スキー場を目指す 
イメージ 37
 
 
一ノ瀬スキー場 
イメージ 38
 
 
一ノ瀬スキー場から道路を歩いて高天ヶ原Pへ戻る 
イメージ 39
 
 
PM 16:27 駐車場到着♪ 
イメージ 40
 
★行程&所要時間(花&風景撮影合計時間20-50分含む)
長野発 6:10 ~ 高天ヶ原スキー場駐車場着 7:20
駐車場発 7:29 ~ 高天ヶ原神社 7:32-37 ~ ゲレンデ内を登る ~
高天ヶ原リフト終点 8:00-05 ~ 東館ゴンドラ終点直下の東屋 8:17 
~ 寺小屋リフト終点(岩菅山登山口)8:43-52 ~ 寺小屋山(2126M)9:00
~ 金山沢の頭(赤石山分岐点)9:12 ~ 標高2050M地点休憩 10:22-37 
~ ノッキリ分岐点 10:42 ~ 岩菅山着 11:20-39 ~ 石仏 11:47 
裏岩菅山着(昼食)12:24-13:10
 
裏岩菅山発 13:10 ~ 岩菅山 13:49-53 ~ ノッキリ分岐点 14:12-20
~ 岩菅山中間点指導標 14:42 ~ アライタ沢 15:10 ~ 武右衛門沢 15:16 
~ 水場 15:30 ~ 小三郎小屋跡(分岐点)15:33 
~ 一ノ瀬スキー場ゲレンデ出合い 16:08
 ~ 車道歩き ~ 高天ヶ原駐車場着 16:27
 
  
 

★立ち寄り温泉情報
山ノ内町「みやま温泉・わくわくの湯」 入浴料 500円 塩化物・硫黄塩温泉
AM10:00~PM20:30 定休日・水曜 TEL 0269-33-2260
泉質満足度  管理人☆
 
 
 

9/27 那須岳の紅葉

2014.9.27(土)-28(日)
ブロ友秋季オフ会in那須岳(三本槍岳&朝日岳)
※ 紅葉ピークは例年より10日も早かった!!
 
2014.9.26(金)
長野発 12:10 ~ 上河内SA(夕食) ~ 峠茶屋駐車場着 18:00
ナビ設定/ 304㌔ 所要時間・4時間
 
2014.9.27(土)
峠の茶屋駐車場発 6:16 ~ 中の茶屋跡 6:35-40 ~ 峰の茶屋跡(避難小屋)6:58-7:01
~ 恵比寿大黒 7:12 ~ 朝日岳の肩 7:34 ~ 熊見曽根 7:49 ~ 1900M峰 7:55
~ 清水平 8:08 ~ 北温泉分岐 8:18 ~ 三本槍岳(1916.9m) 8:43-9:14
 
三本槍岳発 9:14 ~ 北温泉分岐 9:40-45 ~ 1900M峰 10:06
~ 熊見曽根 10:13 ~ 朝日岳の肩 10:19 ~
朝日岳(1896m) 10:26-30
 
朝日岳発 10:30 ~ 朝日岳の肩 10:40-47 ~ 恵比寿大黒 11:00 ~ 峰の茶屋跡 11:09
~ 茶臼岳分岐 11:12 ~ 無間地獄 11:23 ~ 姥ヶ坂 11:28
姥ヶ平(ひょうたん池)11:42-12:41(昼食) ~ 牛ヶ首 13:04-16
~ 無間地獄 ~ 茶臼岳分岐 13:32 ~ 峰の茶屋跡 13:34-41
~ 中の茶屋跡 13:53 ~ 登山口 14:02-10 ~ 峠の茶屋駐車場着 14:13
 
★同じ日にルート違いで山友・なんちゃん&かずさんが那須岳を歩いていました♪
なんちゃんとは剱岳に続き連続ニアミスです(笑)
 
管理人HP・2014.9.27
 
 
那須岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
第1駐車場標高/1470M 標高差/446.9M 総歩行距離/14852M
 
 
9/27(土)峠の茶屋第1駐車場
前日24:00頃で20台くらい、当日am1:30で50台くらい、
am5:00でほぼ満車になりました
イメージ 2
イメージ 42
マップコード 548747855
 
 
 
 
 9/27(土) 駐車場で「こうち隊と合流」して三本槍岳に向けて出発
イメージ 3
 
 
登山届け記入中のこうちさん 
イメージ 4
 
 
 
山ノ神鳥居 
イメージ 5
 
 
朝日岳 
イメージ 6
 
 
 
峠の茶屋跡・避難小屋が見えてきた 
イメージ 7
 
 
峠の茶屋跡・避難小屋 
イメージ 8
 
 
 
この鞍部は強風地帯だが今日はガスガス (ノД`) 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
朝日岳(右)-三本槍岳(左)方面/拡大可
イメージ 11
 
 
「朝日岳の肩」が近い 
イメージ 12
 
 
熊見曽根東端から1900M峰への稜線:朝日岳の肩より撮影/拡大可
イメージ 13
 
 
熊見曽根東端 ※三斗小屋温泉分岐点
イメージ 14
 
 
1900M峰手前の稜線/拡大可
イメージ 15
 
 
am8:04 清水平はガスガス 
イメージ 16
 
 
am8:05 清水平
イメージ 17
 
 
 
am8:18 北温泉分岐点 
イメージ 18
 
 
 
三本槍岳を望む 
イメージ 39
 
 
 
 
三本槍岳に向かって登山道が延びる
イメージ 19
 
 
大峠分岐点方面の山肌/拡大可
イメージ 20
 
 
 am8:40
イメージ 21
 
 
am8:43 三本槍岳
イメージ 40
 
 
am8:43 朝日岳方面:三本槍岳より/拡大可
イメージ 22
 
 
旭岳・鏡ヶ沼展望所方面の山肌:三本槍岳山頂より/拡大可
イメージ 23
 
 
三本槍岳より/拡大可
イメージ 37
 
 
 
朝日岳望遠(momoさん、palaさん、写っているかな~?)三本槍岳より/拡大可
イメージ 24
 
 
am8:43-9:14 三本槍岳 1916.9M 
イメージ 25
 
 
 
三本槍岳からのパノラマ図解/拡大可イメージ 41
 
 
 
 
 朝日岳へ向けて下山
 
 
 
 
朝日岳方面/拡大可
イメージ 36
 
 
 
am10:26 朝日岳 1896M 
イメージ 26
 
 
三本槍岳方面:朝日岳より/拡大可
イメージ 27
 
 
★今回は三本槍岳をメインに掲載しましたので、朝日岳・茶臼岳・
姥ヶ平の写真は過去記事をご笑覧下さい。
 
 
 
 
 
 
 
無間地獄 
イメージ 28
 
 
 
無間地獄
イメージ 29
 
 
am11:28 姥ヶ坂より姥ヶ平を見下ろす
イメージ 30
 
 
拡大可
イメージ 31
 
 
姥ヶ平より/拡大可
イメージ 32
 
 
姥ヶ平より/拡大可
イメージ 33
※ 紅葉ピークは例年より10日も早かった!! 
 
三本槍 岳をパスして朝日岳より先行していたmomo隊に合流
イメージ 34
 
 
 
ひょうたん池より 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2014.9.27(土)-28(日)
ブロ友秋季オフ会in那須高原
参加G・お山の行程
幹事・ぴろりん隊(2名)
三本槍岳
8時発/中の大倉山~三本槍
 
ゆうゆう隊(3名)
ブロ友登山隊 4th秋のオフ会in那須その1~
8時発/中の大倉山~三本槍岳
 
Terian隊(2名)
紅葉の那須、三本槍岳登山&ブロ友オフ会その1~
8時発/中の大倉山~三本槍岳
 
カブさん
那須・三本槍岳
9時半発/中の大倉山~三本槍岳
 
チョコ隊(3名)
ご報告! ブロ友登山隊オフ会in那須♪
9時半発/中の大倉山~三本槍岳
※ あかりんごさん・ブログ
紅葉盛りの三本槍とブロ友キャンプ会
 
momo隊(2名) 
2014秋ブロ友オフ会in那須その1~
7時発/峠茶屋P-朝日岳-姥ヶ平
 
こうち隊(2名)
那須岳紅葉巡り・秋季オフ会その1~
6時発/峠茶屋-三本槍岳-朝日岳-姥ヶ平
 
爺(管理人)
6時発/峠茶屋-三本槍岳-朝日岳-姥ヶ平
 
るびるび隊(2名)
テント泊参加
 
mizuoさん
ブロ友オフ会キャンプin休暇村那須
テント泊参加
 
akiさん
那須岳・秋 紅葉レポ
翌日曜日・爺は初面識のため御挨拶させていただきました。
タイムリーな紅葉情報をお知らせ頂いたうえ、お土産まで頂戴して本当にありがとうございました。
 
 
 
9/28(日)記念撮影  写真提供:palaさん 
イメージ 38
 
 
 
 
 
 
 
 

9/27-28 ブロ友秋季オフ会in那須高原

このたびの御嶽山噴火により亡くなられた方々のご冥福を祈り、
被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます
 
 
2014.9.27(土)-28(日)
ブロ友秋季オフ会in那須高原
 
参加G・お山の行程
幹事・ぴろりん隊(2名)
三本槍岳
8時発/中の大倉山~三本槍
 
ゆうゆう隊(3名)
ブロ友登山隊 4th秋のオフ会in那須その1~
8時発/中の大倉山~三本槍岳
 
Terian隊(2名)
紅葉の那須、三本槍岳登山&ブロ友オフ会その1~
8時発/中の大倉山~三本槍岳
 
カブさん
那須・三本槍岳
9時半発/中の大倉山~三本槍岳
 
チョコ隊(3名)
ご報告! ブロ友登山隊オフ会in那須♪
9時半発/中の大倉山~三本槍岳
 
※ あかりんごさん・ブログ
紅葉盛りの三本槍とブロ友キャンプ会
 
momo隊(2名) 
2014秋ブロ友オフ会in那須その1~
7時発/峠茶屋P-朝日岳-姥ヶ平
 
こうち隊(2名)
那須岳紅葉巡り・秋季オフ会その1~
6時発/峠茶屋-三本槍岳-朝日岳-姥ヶ平
 
爺(管理人)
6時発/峠茶屋-三本槍岳-朝日岳-姥ヶ平
 
るびるび隊(2名)
テント泊参加
 
mizuoさん
ブロ友オフ会キャンプin休暇村那須
テント泊参加
 
akiさん
那須岳・秋 紅葉レポ
翌日曜日・爺は初面識のため御挨拶させていただきました。
タイムリーな紅葉情報をお知らせ頂いたうえ、お土産まで頂戴して本当にありがとうございました。
 
 
 
三本槍岳を目指す/拡大可
イメージ 1
 
 
三本槍岳山頂より/拡大可
イメージ 2
 
 
北温泉分岐点で伝言メッセージ?/拡大可
イメージ 3
 
 
拡大可
イメージ 4
 
 
拡大可
イメージ 5
 
 
撮影/mizuoさん  拡大可
イメージ 6
 
那須高原・キャンプの模様はブロ友サイトでお楽しみください (^O^)v
 
 
 
 
 

9/14 剱岳・早月尾根日帰り

2014.9.14(日)
剱岳・早月尾根日帰り計画

★参加メンバー
伊藤リーダー
管理人
朋ちゃん(長野隊健脚女性トリオ)
すーさん(長野隊初参加、超ロングコースを難なくこなすスーパーガール)
★NTTドコモ
馬場島P~早月尾根~剱岳・全ルート通話可能
 
★コメント
斜度によってばらつきはあるが、管理人は標高差300㍍を登る
平均所要時間が1時間なのでそれを元に計算し、
馬場島駐車場 午前零時発
~早月小屋 5:00-6:00頃 
~剱岳山頂着 9:00-10:00頃
~馬場島P着 16:00-17:00頃の日帰りプランで仲間と
ワイワイガヤガヤ楽しみながら登る予定だったが・・・
 
伊藤リーダーと女性2名は前日発のテント泊となり、管理人のみ当初計画で実行し
早月小屋で先発隊と5時-6時に合流するチョ-淋しいプランに計画変更 (ToT)
 
深夜の涼しさも手伝って快適な登りだったが、1200㍍辺りから胸が
ムカムカして気持ち悪さが先行!
これはまずいと横になって休むが吐き気はいっこうに治まらず
指を口に入れての強制執行(笑)
これで吐き気は治まったものの、栄養補給のカロリーメートすら食べては
吐き戻す悪循環で身体はシャリバテ状態に・・・・(泣)
 
5時の定時連絡で「朋チャン」と「すーさん」が先行して剱岳を目指し、
小屋で待機の伊藤さんと管理人が後追いの形式に変更するが
合流予定時刻を大オーバーして6時49分に小屋着。
 
ドコモ携帯を持っていない伊藤さんとは連絡の術が無く、
大変な心配をおかけした事をこの場を借りてお詫びいたします。
 
以後は伊藤リーダーによる力強い引率で予定時刻より
1時間30分遅れで無事に山頂に立つことができました。
 
管理人HP 2014.9.14
 
 

 
 
 
先行する女性隊&伊藤リーダー 出発準備中 
イメージ 1
 
イメージ 44
登山届け提出・馬場島荘 マップコード 899-516-298
スマホ&iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
馬場島駐車場拡大図/拡大可
イメージ 45
 
 
 
 
 
 
管理人(爺)はお見送り 
イメージ 2
 
 
馬場島荘上部のキャンプ場付近に路駐(トイレ有り) 
ここに駐車できれば早月尾根登山口が近い
イメージ 3
 
 
 
 
 
pm 12:10 先発隊が早月尾根登山口を出発 
イメージ 4
 
 
 
テント泊組・伊藤リーダー&女性隊の行動&所要時間
2014.9.13(土曜日)
馬場島駐車場発 pm12:00 ~ 早月小屋着 pm18:58(テント泊)
2014.9.14(日曜日)
起床 am4:00 ~ 山荘発 5:00 ~ 剱岳山頂着 am9:09-10:18
~ 下山時合流 am10:52-11:00 ~ 早月小屋着 pm14:19
2014.9.15(月曜日)
早月小屋発 am5:22 ~ 馬場島登山口着 am10:34
 
 
 
 
 
 
早月尾根ルートMAP/拡大可
イメージ 5
この地図は国土地理院長の承認を得て同院発行の数値地図20000(地図画像)数値地図50000(地図画像)
数値地図50000(地図画像) 数値地図25000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)
に基づき作成された承認番号(平18総使第543号)を転載したものです。使用データソフト カシミール3D》 
 
 
剱岳・早月尾根鳥瞰図/拡大可
イメージ 6
馬場島駐車場標高/760M 早月尾根登山口標高/770M 標高差/2239M 総歩行距離/16747M
 
 
剱岳パノラマ図解/拡大可
イメージ 7
 
 
 
2014.9.14(日) 標高770M地点
山頂まで8.3㌔/早月尾根登山口・午前零時出発 (^O^)v
イメージ 8
 
 
am 0:33 標高1000M地点
イメージ 9
 
 
am 0:33 標高1000M地点
イメージ 10
 
 
am 0:48  真夜中の大木は不気味・・・
イメージ 11
 
 
am 1:38 標高1200M地点
この辺から体調不良(吐き気)で大幅ペースダウンに・・・(ToT)
イメージ 46
 
 
am 2:31 標高1400M地点
振り返れば富山方面の夜景が素晴らしかったが撮す元気全く無し (;゜ロ゜)
イメージ 47
 
 
 
am 3:01 標高1600M
剱岳山頂まで標高差200㍍毎に設置されており、標高の正確さにはバラツキがあるものの
歩く目安となりありがたい。
イメージ 12
1200㍍辺りから胸がムカムカして気持ち悪さが先行!
吐き気はいっこうに治まらず
指を口に入れての強制執行地点です(笑)
 
 
am 4:45 標高1800M
ここまで来るのに105分もかかってしまった (;゜ロ゜)
イメージ 13
 
 
am 4:53 管理人の大幅遅れで、女子隊のみ先行出発準備中 (゜゜)(。。)ペコッイメージ 14
 
 
am 5:49 標高2000M地点
小屋に着いていなければいけない時間なのに...(;゜ロ゜)
イメージ 15
 
 
 
am 5:57 管理人と定時連絡中のスーさん
イメージ 16
 
 
 
 
am 6:45 シャリバテでヘロヘロ状態の管理人(伊藤さん撮影)
伊藤さん心配おかけしてすみませんでした。 
イメージ 17
 
 
am 6:46 早月小屋エリアに到着(伊藤さん撮影)
イメージ 18
 
 
 
am 7:07
20分程休憩して早月小屋を出発 
イメージ 19
 
 
am 7:22 猫又山・毛勝山 展望 
イメージ 20
 
 
am 7:48 奧大日岳
時間差はあるが、ブロ友・こうち隊が奧大日岳を目指していました♪
イメージ 22
 
 
 
 
am 8:16 拡大可
イメージ 21
 
 
上下の写真撮影箇所からのパノラマ図解  
イメージ 23
 
 
am 8:16 劔御前・室堂平・薬師岳 展望/拡大可
イメージ 24
 
 
am 8:56 標高2600M
イメージ 25
 
 
am 9:09 女子隊 剱岳制覇
 
 
 
 
am 9:47 標高2800Mまであと一踏ん張り
イメージ 26
 
 
am 10:10 これが最後の指導標♪
イメージ 27
 
 
am 10:10 剱岳山頂が視野に入ってきた (^O^)v 
イメージ 28
 
 
am 10:40 拡大可
山頂が近づいたとはいえ爺の足は止まり気味・・・
イメージ 29
 
 
am 10:47 鎖に頼らなければ問題なく通過可能 ※但しスリップに注意
イメージ 30
 
 
 
am 10:50 下山中の女子隊と合流
イメージ 31
am 10:50 下山中の女子隊と合流
補足/先行した女性陣には最後まで追いつけなかったが、女性二人ということもあり
行く先々でたまたま一緒になった登山者から手取り足取りのアドバイスを
受けることができて楽しかったとの事!
女性だけ先行させたのは褒められる事でないが難所経験豊富な「すーさん」
に参加していただいたお陰と感謝いたします。
 
 
 
 
女子隊と別れて山頂を目指す
イメージ 32
 
 
am 11:04 ガスがわき出てきた~(ToT) 
イメージ 33
 
 
am 11:14 分岐点
イメージ 34
 
 
ガスガスの山頂
イメージ 35
 
 
am 11:23
女子隊に遅れる事、2時間14分で山頂制覇 (^O^)vイメージ 36
 
 
剱岳山頂 2999M 
イメージ 37
 
 
ブロ友・こうち隊が歩いている立山三山&室堂方面もガスガス
イメージ 38
 
 
 
 
 
下山編
 
 
pm 14:38 早月小屋でピンとジュース購入(合計1000円)
イメージ 48
 
 
明るい内に下山したい一心で写真撮影無し(笑) 
 
 
 
pm 17:46 標高1000M地点
イメージ 39
 pm 17:46 標高1000M地点
イメージ 40
 
 
pm 18:13 明るい内に戻ることができました♪
イメージ 41
 
 
 
行程&所要時間(撮影・休憩時間含む)
ナビ設定/長野-立山IC-馬場島駐車場 距離・210㌔ 所要時間・3時間
 
2014.9.13(土曜日)
長野発 8:30 ~ 立山IC下車 ~ 馬場島P着 11:30
 
2014.9.14(日曜日)
馬場島P発(13日) pm23:52 ~ 早月尾根登山口 am00:00 
~ 1000M am00:33 ~ 1200M am1:38 ~ 1400M am2:31 
~ 1600M am3:01 ~ 休憩&ゲーの強制執行 ~1800M am4:45 
~ 三角点 am5:15 ~ 2000M am5:49 ~ 早月小屋 am6:49-7:07 
~ 2400M am7:53-8:05 ~ 2600M am8:56-9:06 
~ 2800M am10:10-25 ~ 下山女性隊合流 am10:52-56
~ 前剱分岐点 am11:14 ~ 剱岳・2999M am11:23-57
 
剱岳発 am11:57 ~ 分岐点 pm12:07 ~ 2800M pm12:44-54
~ 2600M pm13:36-46 ~ 2400M pm14:17 ~ 早月小屋 pm14:38-57
~ 2000M pm15:26 ~ 三角点 pm15:47 ~ 1800M pm16:01
~ 1600M pm16:27 ~ 1400M pm16:43-48 ~ 1200M pm17:17
~ 1000M pm17:46 ~ 登山口 pm18:13 ~ 馬場島P着 pm18:16
 
《往路時間/11時間30分 復路時間/6時間20分 休憩込み合計=17時間50分》
 
 
 
 
 
 
9/14(日) pm 16:03 女子隊&伊藤リーダーは剱岳下山後再テント泊
 
 
 
 
 
 
am 5:25 早月小屋・剱岳展望台地より/拡大可
イメージ 42
 
 
お名前を聞き忘れたけれど福岡からお越しの男性から「ミヤマキリシマ」の穴場情報を頂きました♪
イメージ 43
 
 
 
テント泊組・伊藤リーダー&女性隊・行動&所要時間
2014.9.13(土曜日)
馬場島駐車場発 pm12:00 ~ 早月小屋着 pm18:58(テント泊)
2014.9.14(日曜日)
起床 am4:00 ~ 山荘発 5:00 ~ 剱岳山頂着 am9:09-10:18
~ 下山時合流 am10:52-11:00 ~ 早月小屋着 pm14:19
2014.9.15(月曜日)
早月小屋発 am5:22 ~ 馬場島登山口着 am10:34
 
 
 
 
 
立ち寄り温泉情報
つるぎふれあい館 アルプスの湯 TEL 076-473-9333
AM 10:00-PM 21:00(20:30受付まで)  
休館日・月曜 入浴料・610円
泉質満足度
内湯 ★  露天風呂+人工炭酸泉 ★★  露天風呂 ★★★
 
 
 
 
 

8/20 燕岳

2014.8.20(水) 燕岳
長野隊・黒ちゃん立案、伊藤さん監修の計画に便乗して7年ぶり4回目の燕岳へ行ってきました (^O^)v
 
メンバー紹介
黒ちゃん
木下さん(黒ちゃん友人)
伊藤さん
管理人

初登場・木下さんプロフィール
趣味/マラソン・登山 他
出会い/2012.9.29 浅間山-黒斑山外輪山周遊で偶然の出会い
ソロ登山記録
★車坂峠 AM11:30発-黒斑山-Jバンド-浅間山-草すべり
-車坂峠 PM17:00着
★扇沢-爺ヶ岳-鹿島槍ヶ岳の日帰りピストン
★猿倉 AM4:40発-白馬-白馬乗鞍-白馬駅 PM2:00着の日帰り登山など超人的記録多数あり
 
行程及び所要時間(花撮影20-30分・休憩タイム含む)
長野発 AM4:00 ~ 安曇野IC下車 ~ 市営駐車場着(簡易トイレあり)AM5:40
 
駐車場発 5:53 ~ 中房温泉登山口(トイレあり)6:02-10
~ 第1ベンチ(水場)6:43-47 ~ 第2ベンチ 7:12-17
~ 第3ベンチ 7:51-8:02 ~ 富士見ベンチ 8:36-47
~ 合戦小屋(トイレあり)9:18-43 ~ 合戦ノ頭(2489M)10:04-11
~ 燕山荘分岐 10:55 ~ 燕岳(2762.9M)11:34-12:15
 
燕岳発 12:15 ~ 燕山荘(トイレあり)12:44-13:18
~ 合戦ノ頭 13:46 ~ 合戦小屋 13:58-14:17
~ 富士見ベンチ 14:37-43 ~ 第3ベンチ 15:05-12
~ 第2ベンチ 15:31 ~ 第1ベンチ 15:45-49
~ 登山口 16:10-24 ~ 駐車場着 16:32
 
立ち寄り温泉情報
有明温泉 有明荘 TEL 0263-84-6511
営業期間4月末~11月末 休館日(第2火曜)
入浴料 620円 AM10:00-17:00 単純硫黄泉 
管理人泉質満足度 ★★
 
 
燕岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/1390M 標高差/1372.9M 総歩行距離/14198M
 
 
第1駐車場(簡易トイレあり)
イメージ 2
 
 
道路はお猿さんの糞(ふん)と温泉の硫黄臭で独特な臭いが・・・
イメージ 3
 
 
 道路はお猿さんの糞(ふん)と温泉の硫黄臭で独特な臭いが・・・
イメージ 4
 
 
中房温泉・登山口(トイレあり) 
イメージ 5
 
 
北アルプス三大急登/合戦尾根に取り付く 
イメージ 6
北アルプス三大急登
烏帽子岳のブナ立尾根/鹿島槍ヶ岳の赤岩尾根/燕岳の合戦尾根 
 
 
第1ベンチ(水場あり) 
イメージ 7
 
 
第2ベンチ 
イメージ 8
 
 
第3ベンチ・燕岳~大天井~常念岳縦走の若者と談笑中 
イメージ 11
 
 
がんばんべぇ-! 
イメージ 9
 
 
富士見ベンチにて/拡大可
イメージ 10
 
 
お疲れモードの爺(若者に付いていく大変さを実感中なのだぁ)
イメージ 12
 
 
みんな元気だな~(;´Д`) 
イメージ 13
 
 
 
合戦小屋 
イメージ 16
 
 
波田町のスイカ 800円也 
イメージ 14
 
 
ここのスイカを食べたいがだけに頑張った爺なのだぁ-(^O^)v 
イメージ 15
 
 
合戦ノ頭(三角点あり) 2489M
イメージ 17
 
 
おーい 爺をおいていかないでくれ~! 
イメージ 18
 
 
燕山荘が視界に入ったぁ~(^O^)v 
イメージ 19
 
 
タテヤマリンドウ 
イメージ 20
 
 
トリカブト&コウゾリナ 
イメージ 21
 
 
大天井(燕山荘)分岐点 
イメージ 22
 
 
拡大可
イメージ 24
 
槍方面は真っ黒な雲に覆われていたので燕岳山頂へ急ぐ/拡大可
イメージ 23
 
 
燕岳 2762.9M 
イメージ 25
 
 
王様の椅子? 
イメージ 26
 
 
女王様の椅子?
イメージ 27
 
 
燕岳/記念撮影イメージ 28
 
 
 
 
 
 
下山編
 
 
 
 
めがね岩
イメージ 29
 
 
ローソク岩? イメージ 30
 
 
名物・イルカ岩
イメージ 31
 
 
ホテル並設備を誇る燕山荘
イメージ 32
 
 
 
合戦小屋からピストン輸送中のヘリ
イメージ 33
 
 
若いお父さん?と可愛いお嬢さんと思ったら・・・
途中で意気投合したホヤホヤの山友とのこと。
家族は遙か後方らしい(笑)イメージ 34
 
 
本日2回目のスイカ♪
イメージ 35
 
 
下山 PM16:10 この絵笑えますよね- 
伊藤さんと爺の傾き加減に注目してくださ-い。  拡大可
イメージ 36
 
 
おしまい
 
管理人ホームページ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

8/15 東篭ノ登山&池ノ平湿原

2014.8.15(金曜日)
東篭ノ登山(かごのとやま)&池の平湿原ハイキング
 
足慣らし程度のお山に行きたい!
という「ゆうこりん」の要請を受け、多少の曇り空でも山歩きが楽しめる
東・西・篭ノ登山~水ノ塔山を選択したが・・・
多少の曇り空どころか、ガス!ガス!&強風のWパンチで
東篭ノ登山以降は敗退となりました(ノД`)
 
 
 
長野発 AM 5:30 ~ 東部湯の丸IC下車 ~ 湯の丸牧場P着(トイレ有り) AM 6:15
※林道ゲート開通まで時間調整
ゲート発 AM 6:50 ~ 池ノ平湿原有料駐車場着(トイレ有り) AM 7:00
 
登山口発 7:10 ~ 東篭ノ登山 7:48-55 ~ 登山口着 8:39
※以後は池ノ平湿原ハイク
 
 
 
 
篭ノ登山&池ノ平湿原MAP/拡大可
イメージ 1
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。《使用データソフト GARMIN MapSource》
 
 
 
池ノ平湿原有料駐車場(トイレ有り) 500円  
湯の丸高原林道の開通期間は5月上旬から11月下旬まで・午前7時~午後5時のみ通行可
イメージ 2
イメージ 4
マップコード 85893186
スマホ&iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
イメージ 3
 
 
拡大可
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
ヤナギラン 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
笹の花
67年に一度、120年に一度の開花というのは地域を選ばず全国共通みたいですね-
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
コキンレイカ 
イメージ 16
 
 
マツムシソウ 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
東篭ノ登山 2227m 
70㌔超の爺でも吹き飛ばされそうな強風が (;´Д`)
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 池ノ平湿原編
 
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
ワレモコウ&ヤナギラン 
イメージ 22
 
 
吾亦紅 
イメージ 23
 
 
 
イメージ 24
 
 
マツムシソウ 
イメージ 25
 
 
ノアザミ・ツリガネニンジン・ハクサンフウロ・ワレモコウ/拡大可
イメージ 26
 
 
ノアザミ・ワレモコウ 
イメージ 27
 
 
 
ヤナギラン・ノアザミ
イメージ 28
 
 
 
鏡池
イメージ 29
 
 
コマクサ 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
マツムシソウ・コキンレイカ・ツリガネニンジン/拡大可
イメージ 32
 
 
ヤナギラン・ワレモコウ/拡大可
 
イメージ 33
 
 
AM 10:18  こんな天気でも観光客の車が次々と入ってくる (゜Д゜)
イメージ 34
 
 
 
イメージ 35
 
 
 アトリエ・ド・フロマージュ本店でチーズケーキを買って帰路につく♪
 
 
 
 
 

思い通りにはならないものですね-

8月は天気に恵まれず7月の谷川岳を最後に山行回数はゼロ!!
今月は折立-雲の平-水晶-双六-黒部五郎-薬師-折立の周遊ルートで北アルプス花旅(幕営6日間)を予定していたが今週も水曜日から雨マーク!
 
雨に泣かされ、残る予備日は9月第1週のみに・・・(ノД`)
 
 
食料6日分準備済みなのだが・・・
イメージ 1

 
 
 
8月11日 AM3:09は今年2回目のスーパームーン(大きさで14%増し・明るさ30%増し)でしたね♪
この写真は長野市から満月4時間前に撮したものですが見応えがありました (^O^)v
8/10 PM 22:11 拡大可
イメージ 2
 
 
8/10 PM 22:50  拡大可
イメージ 3
 
 
8/10 PM 22:51(オート撮影は眩しい!)  拡大可
イメージ 4
 
 
8/10 PM 22:52 拡大可
イメージ 5
 
 
8/10 PM 22:52  拡大可
イメージ 6
 
 
 
次回(今年3回目)のスーパームーンは9月9日だそうです。
 
 

7/26-27 谷川連峰主脈を避難小屋泊で縦走 その2

2014.7.26(土)-27(日)
西黒尾根-谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山-松手山R・避難小屋泊縦走その2
《大障子避難小屋-万太郎山-平標山登山口編》
 
 

前夜の台風なみに吹き荒れる強風に小屋泊滞留も覚悟したが
朝方には青空が顔を出し仲間一同ひと安心♪
小屋で知りあったshuetsuさんは今日中に岩手に帰るとのことで4時に出発。
我々は5時出発を予定していたが早めに準備が完了したので、
前日お世話になったkitazumeご夫妻にお礼を言って4時半に出発。

《出発前のうっかりで~~》
スパッツを付けずに歩き始めたため足元はまたたく間に
びしょ濡れになり靴の中まで水浸しに状態・・・ (;゜ロ゜)
★肩の小屋~平標山ルートは笹原なので早朝登山をする方は朝露対策でスパッツ装着をお忘れなく!

 

shuetsuさんのヤマレコ
 
 
 
 
拡大可
イメージ 39
谷川岳RW6F標高/750M 谷川岳/1977M 仙ノ倉岳/2026.2M 標高差/1276.2M 総歩行距離/23273M
 
 
 
kitazumeご夫妻と記念撮影
イメージ 1
 
 
 
大障子ノ頭を目指して出発 
イメージ 2
 
 
AM 4:58 万太郎山全景・大障子ノ頭手前より/拡大可
イメージ 3
 
 
 
AM 4:59 大障子ノ頭
イメージ 4
 
 
AM 5:07 朝陽を浴びるabeちゃん・大障子ノ頭より  /拡大可
イメージ 5
 
 
万太郎山、遠~い!
イメージ 6
 
 
マツダランプ指導標/肩の小屋から4000M
イメージ 7
《コース途中のマツダランプ・東芝ランプ指導標》
昭和25年11月 肩の小屋から平標山を目指した「東芝山岳会」と
「三井鉱山山岳会」の2パーティーが誤った指導標により遭難し
5人が疲労凍死するという痛ましい出来事が・・・
この遭難を機に東芝が資金提供し、東芝の旧ランプ商標「マツダランプ」
と「東芝ランプ」の指導標が設置される。
 
 
 
 
朝露で濡れた露岩地帯も多いのでスリップに注意 
イメージ 8
 
 
大草原? 
 
イメージ 9
 
 
 
この笹原を尻セードで滑り降りたら気持ちよさそ-♪ /拡大可
イメージ 10
下りた後はどうすべー? 
 
 
 
朝焼けに酔いしれる管理人 
 
イメージ 11
 
 
 
足元に注目/ズボンはびしょ濡れ登山靴の中は既にプール状態 (;´Д`)
イメージ 12
 
 
AM 5:59 万太郎山北の肩・吾策新道分岐点
イメージ 13
 
 
AM 6:05-36 万太郎山
イメージ 14
 
 
 
万太郎山からのパノラマ図解/拡大可     ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 15
 
 
 
AM 6:27 矢印=万太郎山のブロッケン現象が・・・/拡大可
イメージ 16
 
 
 
万太郎山よりルート確認
イメージ 17
 
 
 
痩せ稜線を慎重に歩く
イメージ 18
 
 
ニッコウキスゲロード♪
イメージ 19
 
 
AM 6:56 伊藤さんが立っている場所でブロッケン現象が・・・(^O^)v
イメージ 20
 
 
 
 
ブロッケン現象/拡大可
イメージ 21
 
 
 
AM 6:57 /拡大可
イメージ 22
 
 
AM 6:58 拡大可
イメージ 23
 
 
 
AM 7:03 ヤバ-イ! 仙ノ倉山方面に雲が湧き上がってきた /拡大可
イメージ 24
 
 
越路避難小屋が見える
イメージ 25
 
 
 
AM 7:45 越路避難小屋 
平標山ノ家を3時に出発した若者と情報交換・爺はソックスを絞って!絞って!(笑)
イメージ 26
 
 
クルマユリ撮影中
イメージ 27
 
 
 
なかなかスリリングなルートですな~
イメージ 28
 
 
AM 9:30 エビス大黒ノ頭
イメージ 29
 
 
 
ニッコウキスゲ
イメージ 30
 
 
AM 10:58 仙ノ倉山
イメージ 31
 
 
 
肩の小屋から10000M(東芝ランプ指導標については上段のマツダランプ参照)
イメージ 32
 
 
AM 11:47-PM 12:06 平標山
イメージ 33
 
 
 
ミヤマシャジン
イメージ 34
 
 
 
シモツケソウ・ハクサンフウロ
イメージ 35
 
 
脇目もふらずひたすら歩く・・・ 
イメージ 36
 
 
PM 14:31 松手山・平標山登山口
イメージ 37
 
イメージ 38
平標山登山口有料駐車場
マップコード 554514219
 
 
 
《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20-60分含む》
2014.7.25(金)
長野発 21:00 ~ 道の駅・南魚沼 23:00(仮眠)
ナビ設定A/長野-十日町-平標登山口P-谷川岳RW 167㌔ 4時間
ナビ設定B/長野-十日町-平標登山口P 121㌔ 2時間40分

 
2014.7.26(土)
道の駅・起床&出発 AM 4:00 ~ コンビニで朝食 ~ 平標山登山口P 5:10
~ 土合駅でabeちゃんと合流 ~ 谷川岳RW1F駐車場着 AM 6:20
 
谷川岳RW6F発 6:49 ~ 西黒尾根登山口 7:02 ~ 鉄塔 7:25 
~ L字ぶなの木 7:46 ~ 谷川岳マデ3時間 8:03-20 
~ 尾根上 9:49-10:05 ~ ラクダのコブ(背 )10:39-55
~ 巌剛新道分岐点 10:59 ~ 《途中休憩》11:23-36 
~ 氷河の跡 12:20-25 ~ 四の沢の頭 12:55 
~ 天神尾根R分岐点 13:03 ~ 谷川岳トマノ耳(1963m)13:08
谷川岳オキノ耳(1977m)13:28-48(昼食) 
肩の小屋(トイレ有り)14:05-20 ~ 中ゴー尾根分岐点 14:41-50 
~ 肩の小屋から1000M 14:59 ~ オジカ沢ノ頭(1890m)15:41
~ オジカ沢避難小屋 15:43 ~ 肩の小屋より2500M 16:17 
小障子ノ頭(1730m)16:26 ~ 大障子避難小屋 16:42(水場往復20分)
 
2014.7.27(日)
大障子避難小屋起床&朝食 AM 3:30 
大障子避難小屋発 4:35 ~ 大障子ノ頭(1800m)4:59-5:07 
~ 肩の小屋から4000M 5:16 ~ 吾策新道分岐点 5:59 
万太郎山(1954m)6:05-36 ~ 越路避難小屋 7:17-27
~ 毛渡乗越分岐点 7:45-50 ~ エビス大黒ノ頭(1888m)9:29-37
~ エビス避難小屋 10:03 ~ 仙ノ倉山(2026.2m)10:58 
~ 肩の小屋より10000M 11:14  ~ 平標山(1984m)11:47-12:06 
~ 大山祗 12:24 ~ 松手山(1614m)13:04-17 ~ 鉄塔 13:40-46 
~ 登山口 14:31 ~ 平標山登山口有料駐車場着 14:36

担ぎ上げ水/麦茶2.5㍑・水2㍑=4.5㍑
肩の小屋/水購入 500㍉
大障子避難小屋の水場/1㍑
残った水/500㍉
使用した水合計=5.5㍑
 
 
 
立ち寄り温泉情報
水上温泉 ふれあい交流館 入浴料 550円 AM 10:00-21:00 
カルシウム ナトリウム 硫酸塩 塩化物温泉
定休(第1・3火曜) TEL 0278-72-8885
泉質満足度 ★
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/26-27 谷川連峰主脈を避難小屋泊で縦走 その1

2014.7.26(土)-27(日)
西黒尾根-谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山-松手山R・避難小屋泊で縦走・その1
《西黒尾根-谷川岳-大障子避難小屋編》
 

公共交通機関を利用する場合は別として、当ルートをマイカーで訪れて歩く場合は
車回収が限りなく不可能なため、車二台で行って登山口と下山口にデポするか、
仲間と打ち合わせて中間点でキーの交換をするランデブー方式がベストと思われる。
 
今回は伊藤さん、abeちゃん、爺の3人で谷川岳主脈縦走&避難小屋お泊まり
体験をしてきました。
避難小屋泊という事が頭にあり登山口発を7時としたのが大間違いで、
西黒尾根の樹林帯は「地獄のサウナ風呂」状態
尾根上に出ても谷川岳とは思えないクソ暑さの大歓迎
これらに容赦なく体力が奪われていくのを感じて爺だけ引き返して車で
待っていようかとか、RWを利用するべきだったかなどと弱気心が
頭の中をぐーるぐる (ノД`)
暑いのは皆同じハズだが足が前に進まないのは爺だけみたい・・・
そんなこんなでCT4時間のところをプラス2時間の悪戦苦闘を演じてしまい
仲間に迷惑をかけてしまいました。(反省)

大障子避難小屋では前橋のkitazumeご夫妻、
岩手からソロ登山のshuetsuさんと楽しい一時を過ごすことができました♪
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
山友・abeちゃんのHP
管理人HP
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんと、なんと、同じ日にブロ友・Myuuさんが谷川岳に・・・
2014.7.26 お花畑に癒されて・・・谷川岳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 

 
 
 
印避難小屋泊、谷川連峰主脈鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
谷川岳RW6F標高/750M 谷川岳/1977M 仙ノ倉岳/2026.2M 標高差/1276.2M 総歩行距離/23273M 
 
 
 
谷川RW有料駐車場・1F駐車場のみ24時間開放されている(トイレ有り) 
イメージ 2
イメージ 43
マップコード 554625025
谷川岳RW駅TEL 0278-72-3575
 
 
エレベーターで6Fまで上がるとRW駅の正面に出る(営業時間中のみ) 
イメージ 3
 
 
 
AM 6:50 RWを横目に西黒尾根登山口へ向かう 
イメージ 4
 
 
登山指導センターで登山届け提出(センター前に水場有り) 
イメージ 5
 
 
AM 7:02 西黒尾根登山口・山頂まで3.7㌔の行程だ 
イメージ 6
 
 
鉄塔 
イメージ 7
 
 
 
AM 7:28 蒸し暑い! 早朝から歩きだせば快適だったかも・・・ 
イメージ 8
 
 
L字ぶなの木 
イメージ 9
 
 
ちょこっとガレ場 
イメージ 10
 
 
AM 9:49 樹林帯は抜けたものの、やたらめったら暑い! 
イメージ 11
 
 
AM 10:05 RW山頂駅が見える/RWにすれば良かったかな~ (;´Д`)
イメージ 12
 
 
クサリ場・1 とっかかりが多いので三点支持で登れる
イメージ 14
 
ラクダのコブ/拡大可
イメージ 13
 
 
クサリ場・2 この上がラクダのコブ 
イメージ 15
 
 
谷川岳展望・ラクダのコブ(背)より/拡大可
イメージ 16
 
 
イブキジャコウソウ 
イメージ 17
 
 
 
メタボチェックルート? 
イメージ 18
 
 
AM 11:38 ラクダのコブ(中央左)を見下ろす/拡大可
イメージ 19
 
 
左上ガスの中にザンゲ岩が顔を出す/拡大可
イメージ 20
 
 
ミヤマシャジン 
イメージ 21
 
 
AM 12:20 氷河の跡/拡大可
イメージ 22
 
 
さんざっぱら仲間に迷惑をかけておきながら余裕ポーズをかます管理人(笑) 
イメージ 23
 
 
 
天神尾根Rの指導標が近づく♪ 
イメージ 24
 
 
PM 13:04 天神尾根Rに合流するなり渋滞がはじまる・・・(゜Д゜) 
イメージ 25
 
 
PM 13:08 谷川岳トマノ耳 1963M
ガスガスで展望ゼロ((ノД`) 伊藤さん晴れた日に再チャレンジしようね(^O^)v
イメージ 26
 
 
PM 13:28 渋滞に輪をかけて大渋滞だった谷川岳オキノ耳(1977M)に到着
イメージ 27
 
 
PM 14:05 肩の小屋(トイレ有り・水&山バッジ販売) 
イメージ 28
 
 
PM 14:20 肩の小屋・正面ベンチ(トイレ側)前より万太郎山方面へ向けて出発 
イメージ 29
 
 
拡大可
イメージ 30
 
 
標高はそれほど高くないのに谷が深い/拡大可
イメージ 31
 
 
オジカ沢ノ頭(中央最奧)・手前鞍部の指導標=中ゴー尾根分岐点/拡大可
イメージ 32
 
 
PM 14:58 肩の小屋から1000㍍地点よりオジカ沢ノ頭を望む/拡大可
イメージ 33
 
 
PM 15:30 ちょこっとクサリ場 
イメージ 34
 
 
 
PM 15:32 あなどれない稜線歩き/拡大可
イメージ 44
 
 
PM 15:41 オジカ沢ノ頭(1890m) 
イメージ 35
 
 
オジカ沢避難小屋・避難小屋特集参照
協議の結果、雷の心配はないと判断して大障子避難小屋まで足を延ばすことにイメージ 36
 
 
まずは大きく下って笹原の先に見える小障子ノ頭を目指す/拡大可
イメージ 37
 
 
 
PM 16:25 小障子ノ頭(1730m)まであとチョット! 
イメージ 38
 
 
小障子ノ頭より/拡大可
万太郎山は雲の中、大障子避難小屋が豆粒くらいで視認できるイメージ 39
 
 
PM 16:32 矢印=大障子避難小屋
イメージ 40
 
 
PM 16:37 大障子避難小屋が近づく♪
イメージ 41
 
 
PM 16:42 大障子避難小屋(往復20分で水場あり) 
避難小屋特集参照   携帯・DOCOMO通話可
イメージ 42
 
谷川連峰主脈縦走2日目・その2へ続く
 
 
 
《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20-60分含む》
2014.7.25(金)
長野発 21:00 ~ 道の駅・南魚沼 23:00(仮眠)
ナビ設定A/長野-十日町-平標登山口P-谷川岳RW 167㌔ 4時間
ナビ設定B/長野-十日町-平標登山口P 121㌔ 2時間40分
 
2014.7.26(土)
道の駅・起床&出発 AM 4:00 ~ コンビニで朝食 ~ 平標山登山口P 5:10
~ 土合駅でabeちゃんと合流 ~ 谷川岳RW1F駐車場着 AM 6:20
 
谷川岳RW6F発 6:49 ~ 西黒尾根登山口 7:02 ~ 鉄塔 7:25 
~ L字ぶなの木 7:46 ~ 谷川岳マデ3時間 8:03-20 
~ 尾根上 9:49-10:05 ~ ラクダのコブ(背 )10:39-55
~ 巌剛新道分岐点 10:59 ~ 《途中休憩》11:23-36 
~ 氷河の跡 12:20-25 ~ 四の沢の頭 12:55 
~ 天神尾根R分岐点 13:03 ~ 谷川岳トマノ耳(1963m)13:08
谷川岳オキノ耳(1977m)13:28-48(昼食) 
肩の小屋(トイレ有り)14:05-20 ~ 中ゴー尾根分岐点 14:41-50 
~ 肩の小屋から1000M 14:59 ~ オジカ沢ノ頭(1890m)15:41
~ オジカ沢避難小屋 15:43 ~ 肩の小屋より2500M 16:17 
小障子ノ頭(1730m)16:26 ~ 大障子避難小屋 16:42(水場往復20分)
 
2014.7.27(日)
大障子避難小屋起床&朝食 AM 3:30 
大障子避難小屋発 4:35 ~ 大障子ノ頭(1800m)4:59-5:07 
~ 肩の小屋から4000M 5:16 ~ 吾策新道分岐点 5:59 
万太郎山(1954m)6:05-36 ~ 越路避難小屋 7:17-27
~ 毛渡乗越分岐点 7:45-50 ~ エビス大黒ノ頭(1888m)9:29-37
~ エビス避難小屋 10:03 ~ 仙ノ倉山(2026.2m)10:58 
~ 肩の小屋より10000M 11:14  ~ 平標山(1984m)11:47-12:06 
~ 大山祗 12:24 ~ 松手山(1614m)13:04-17 ~ 鉄塔 13:40-46 
~ 登山口 14:31 ~ 平標山登山口有料駐車場着 14:36

 
担ぎ上げ水/麦茶2.5㍑・水2㍑=4.5㍑
肩の小屋/水購入 500㍉
大障子避難小屋の水場/1㍑
残った水/500㍉
使用した水合計=5.5㍑
 
 

7/26-27 谷川岳~平標山・避難小屋特集

2014.7.26(土)-27(日)
谷川岳~平標山・避難小屋特集
7/26(土) 西黒尾根~谷川岳~大障子避難小屋泊
7/27(日) 大障子避難小屋発~仙ノ倉山~平標山~松手山
 
7月20日の「羽田空港&東京タワー」編をちょいっと後回しにして、
谷川岳-平標山縦走路に点在する避難小屋を特集しました。
 
 
谷川岳P-西黒尾根-谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山-松手山-元橋・鳥瞰図
イメージ 1
避難小屋A=オジカ沢避難小屋
避難小屋B=大障子避難小屋・DoCoMo圏内(水場あり)
避難小屋C=越路避難小屋
避難小屋D=エビス避難小屋
 
 
7/26(土) PM15:41 オジカ沢の頭 
イメージ 2
 
 
 
オジカ沢の頭・西斜面に建つオジカ沢避難小屋/拡大可
イメージ 3
 
 
 
 
避難小屋A=オジカ沢避難小屋 
イメージ 4
 
 
敷板がドーム形状にカーブしているため寝にくい欠点が/拡大可
イメージ 5
 
 
写真では大きく見えるが入口の敷板がコの字(靴置き場)に切られているため4人が限度か・・・
イメージ 6
 
 
 
 
 
小障子ノ頭を通過すると大障子避難小屋を視認できる/拡大可
イメージ 7
 
7/26(土)PM 16:40 (宿泊地)
避難小屋B=大障子避難小屋(水場あり)
イメージ 8
 
 
 
イメージ 22
 
 
 避難小屋快適さはコース中で1番か・・・/拡大可
イメージ 9
物置棚が設けられているので室内はフル活用できる。
とはいえ、互い違いに寝ても7人くらいが限度と思われる。
DoCoMo通話ができました♪
水場は往復20分、標高差100M(距離で150㍍くらい)は下るので要注意 
 
 
 
 
 
 
 7/27(日) AM 6:07 万太郎山
イメージ 10
 
 
矢印=万太郎山のブロッケン現象/拡大可
イメージ 11
頑張って手を振るも立ち位置が悪く我々の影は現れなかった・・・(ノД`) 
 
 
AM 6:56 この稜線歩きでブロッケン現象に遭遇  
イメージ 12
 
 
三人がバッチリと♪/拡大可
イメージ 13
 
 
センターは誰かな?(笑)  
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
越路避難小屋/拡大可
イメージ 15
 
 
7/27(日)AM 7:24 避難小屋C=越路避難小屋
平標山ノ家を3時に出発して谷川岳を目指す若者と談笑
イメージ 16
爺は水浸しになった靴下をギューっとお絞り中(笑)
 
地図には7人とあるが快適な人数は4-5人と思われる
イメージ 17
敷板がフラットなので大障子避難小屋に次ぐ快適か・・・ 
 
 
 
 
 
 
エビス大黒ノ頭・縁起の良いことがおこりそうな名前だ♪
イメージ 18
 
 
 
 
 
避難小屋D=エビス避難小屋/拡大可
イメージ 19
 
 
 
地図には5人とあるが、入口がコの字に切られているため2人か3人が限度とおもわれる。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
7/27(日) AM 11:50 平標山に到着 (^O^)v 
イメージ 21
 
 
 
避難小屋トイレ事情
谷川岳にはトイレが併設されている避難小屋もあるようだが、
等ルート避難小屋にトイレはありません。
各自携帯トイレを持参するか、最悪でもスコップ持参で穴掘り
&埋め戻し処理が最低条件と思われます。
 
当ルート避難小屋情報
★鉄板製・かまぼこ型タイプ
★空気窓がないため夏は高温多湿になる
★トイレ無し
★大障子避難小屋(水場あり) 
 
 
 
 
 
 

7/4-7 東北の名湯・秘湯巡り

2014.7.4(金)-7(月)
東北の名湯&秘湯巡り特集
※下記、東北山巡りの下山後に立ち寄った温泉の特集
(注)入浴中のお客様がいる露天風呂等は写真掲載なし
 
東北の名峰巡り行程
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海回りで帰路につく
 
 
 
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平下山後
 
 
秋田県・源泉秘湯の宿「蒸ノ湯・ふけのゆ」 入浴料 600円 
源泉掛け流し・単純酸性泉
AM8:00~PM5:00 11月~4月休業 
TEL 0186-31-2131 
泉質満足度 管理人☆☆☆
イメージ 1
イメージ 10
マップコード 657218045
iPhone・スマホはPCモードで地図表示可
 
イメージ 2
 
 
露天風呂に入る時はフロントまで・・・(^O^)v
イメージ 3
 
 
拡大可
イメージ 4
 
 
男性専用露天風呂/拡大可
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
女性専用露天風呂
イメージ 7
 
 
 
 
 
岩手県・松川温泉「松川荘」 入浴料 500円 
源泉掛け流し・単純硫化水素泉
AM7:00~PM6:00 定休日・無し 
TEL 0195-78-2255
泉質満足度 管理人☆☆☆
 
イメージ 8
イメージ 9
マップコード 435741194
 
 
拡大可
イメージ 11
 
 
拡大可
イメージ 12
 
 
 
松川荘 内湯
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
敷地内には松川地熱発電所の配管が・・・ 
イメージ 15
 
 
 岩手山・松川(姥倉山)コース駐車場も兼ねている
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山下山後
 
 
 
滝沢・相の沢温泉「日帰り温泉・お山の湯」 入浴料 500円 
低張性弱アルカリ温泉
AM10:00~PM9:00 定休日・第4火曜 
TEL 019-680-2588
泉質満足度 管理人☆ 
イメージ 17
イメージ 18
マップコード 249151762
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山下山後
 
 
道の駅・雫石あねっこ
温泉施設併設だが機械故障で沸かし湯だった(残念) 
イメージ 20
イメージ 21
マップコード 435135251
 
 
 
入浴料 520円 源泉掛け流し硫黄温泉
AM9:00~PM7:00 定休日・木曜(5-10月は無休) 
TEL 0187-46-2101
泉質満足度 管理人☆☆☆ 
イメージ 22
イメージ 23
マップコード 435392005
 
 
イメージ 24

 
イメージ 25
 
 
食事もできる 
イメージ 26
 
 
内湯 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
露天風呂 
イメージ 29
 
 
 
 
 
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳下山後
 
 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
「黒湯温泉」 TEL 0187-46-2214 入浴料500円 
営業期間 4月中旬-11月中旬 単純硫化水素泉/酸性硫黄泉
泉質満足度 管理人☆☆☆
イメージ 32
イメージ 33
マップコード 435457810
 
 
 
イメージ 34
 
 
 
イメージ 35
 
 
男女別内湯&露天風呂 
イメージ 36
 
 
内湯 
イメージ 37
 
 
露天風呂 
イメージ 38
 
 
 
混浴風呂/男女別露天風呂とは泉質が違うとのこと 
イメージ 39
 
 
混浴風呂/拡大可
イメージ 40
 
 
 
 
 
金の湯・銀の湯「妙乃湯」 TEL 0187-46-2740 
金の湯・弱酸性鉄泉  銀の湯・ナトリウム炭酸水素塩泉
入浴料 720円 10:00~15:00(火曜定休)
泉質満足度 管理人☆☆☆
イメージ 41
イメージ 42
マップコード 435486092
 
金の湯・弱酸性鉄泉 /拡大可
イメージ 43
 
 
「大釜温泉」 TEL 0187-46-2438  
入浴料 500円 9:00~16:30
酸性含砒素ナトリウム塩化物硫酸塩泉
泉質満足度 管理人☆☆☆
★自動販売機の温度設定がよろしくないので利用しない方が無難
イメージ 44
イメージ 45
マップコード 435485179
 
 
 
 内湯
イメージ 46
 
 
露天風呂/拡大可
イメージ 47
 
 
 
 
 
 
道の駅・岩城  温泉施設併設(岩城温泉・港の湯)
TEL 0184-73-3789 入浴料(3時間)300円
ナトリウム・塩化物強泉
泉質満足度 管理人☆☆
イメージ 48
イメージ 49
マップコード 494426776
 
イメージ 50
 
 
露天風呂からはこんな夕陽が見られるらしい 
イメージ 51
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/7 秋田駒ヶ岳・東北の名峰その4

2014.7.7(月)
秋田駒ヶ岳(男女岳・おなめだけ)ヒナザクラ花旅
 
2010.7.17の鳥海山で初めて出会ったヒナザクラ♪
その時は花名が分からなくて帰宅後に調べたところ
唯一白い花を咲かせる
サクラソウの仲間と判明 (^O^)v
これはちゃんと咲いているところを見てみたいと計画するが、
開花のピークは梅雨時期らしく思うに任せないまま今日に・・・
去年暮れのリタイアを機に今年こそはと梅雨の切れ間を狙って
ヒナザクラ花旅&東北の名峰巡りとなりました。
当初はここ秋田駒ヶ岳で出会う予定だったヒナザクラと思いがけずも
初日の八幡平でいとも簡単に出会ってしまいましたが湿原のハイキングコースではなく、
自分の足で苦労して登った登山道脇で咲くヒナザクラを見つけた時の
感動を再び皆さんと分かち合えればと思います。
 
東北の名峰・行程表
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく
 
管理人HP
 
 
 
秋田駒ヶ岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
八合目P標高/1300M 最低標高地点/1249M 標高差/388M 総歩行距離/11405M
 
 
秋田駒ヶ岳(男女岳)パノラマ図解/拡大可  ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2

2014.7.7(月)
八合目小屋駐車場(トイレ・水あり)起床&朝食 3:30
 
八合目登山口発 4:49 ~ 片倉岳展望台(赤土の広場)5:22-29
~ 阿弥陀池西畔分岐点 6:23 ~ 阿弥陀池避難小屋(トイレ有り)6:29-38
男女岳(おなめだけ・1637M)6:55-7:09 ~ 阿弥陀池避難小屋 7:17-27
~ 阿弥陀池西畔分岐点 7:38 ~ 横岳(馬の背)分岐点 7:46
男岳(1623M)8:05-19 ~ 横岳(馬の背)分岐点 8:39
~ 阿弥陀池避難小屋分岐点 9:07 ~ 横岳(1582.7M)9:11-30
焼森(1551M)9:43-47 ~ 湯森山マデ1.3㌔ 10:04
~ 笹森山分岐点(展望良・ベンチ)10:28-44 ~ 湯森山(1471M)10:45-47
~ 笹森山分岐点 10:48 ~ 国民休暇村R分近点 11:09
~ 八合目小屋分岐点 11:14 ~ 笹森山(1414M)11:20
~ 八合目小屋分岐点 11:26 ~ 渡渉 11:49 
八合目小屋着 12:00 ※花撮影時間 45~60分を含む
 
 
 
 
秋田駒ヶ岳・八合目小屋(トイレ・水・24時間可) 拡大可
※マイカー規制解除時間 PM5:30~AM:5:30  
イメージ 3
マップコード 435337727
 
 
AM 4:49 八合目登山口
イメージ 4
 
 
旧硫黄鉱山跡/浄土平コース入口だがトラロープで閉鎖中だった 
イメージ 5
 
 
男女岳の北側山腹を巻いて登山道が延びる
イメージ 6
 
 
AM 5:15 岩手山を望む/拡大可
イメージ 7
 
 
 AM 5:22 片倉岳展望台(赤土の広場)より
イメージ 8
 
 
 シャクナゲ
イメージ 9
 
 
オノエラン 
イメージ 10
 
 
 
男女岳(おなめだけ) 
イメージ 11
 
 
 コミヤマハンショウヅル
イメージ 12
 
 
ミヤマダイコンソウ ・男岳方面
イメージ 13
 
 
田沢湖が見える
イメージ 14
 
 
秋田駒ヶ岳の主峰・男女岳(おなめだけ)  阿弥陀池より 
イメージ 15
 
 
阿弥陀池・馬の背
男女岳登山道より撮影/拡大可
イメージ 16
 
 
 
男女岳(おなめだけ・1637M) より岩手山を望む/拡大可
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 阿弥陀池から男岳へ向かう
 
 
チングルマ 
イメージ 18
 
 
 
イワカガミ 
イメージ 19
 
 
 
ミヤマダイコンソウ 
イメージ 20
 
 
 
キバナノコマノツメ&イワカガミの競演 
イメージ 21
 
 
ヒナザクラ 
イメージ 22
 
 
 
ヒナザクラ/拡大可
登山道で出会う花は感動もひとしお♪
イメージ 23
 
 
 
エゾツツジ 
イメージ 24
 
 
 
男岳が近い
イメージ 25
 
 
 
馬の背・小岳・眼下に花の宝庫ムーミン谷/拡大可
イメージ 26
 
 
 
男岳 1623M 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
横岳~焼森~湯森山~笹森山~8合目避難小屋へ 
 
 
 
馬の背/拡大可
 
イメージ 28
 
 
 
馬の背 通過中 
イメージ 29
 
 
眼下はムーミン谷と呼ばれる花の宝庫 
横長根の大焼砂と小岳/拡大可
イメージ 30
 
 
 
横岳 1582.7M 
イメージ 31
 
 
 
前方に見える焼森(1551M)を目指す 
イメージ 32
 
 
 
焼森(1551M)より/拡大可
イメージ 33
 
 
 
珍しい~♪  シロバナハクサンチドリ
イメージ 34
 
 
 
湯森山 1471M  展望は無い 
イメージ 35
 
 
 
笹森山へ向かう/拡大可
 
イメージ 36
 
 
 
 
笹森山とシャクナゲ 
 
イメージ 37
 
 
 
笹森山 1414M 
イメージ 38
 
 
秋田駒ヶ岳&ニッコウキスゲ 
イメージ 39
 
 
 
コース最後の〆はヒナザクラ ♪
イメージ 40
ヒナザクラ/ウィキペディアより抜粋
分布と生育環境[編集] 
日本特産。本州の東北地方に分布し、西吾妻山を南限、八甲田山を北限とする。
多雪地の亜高山帯の湿原、雪田草原、湿った草地に生育する。
鳥海山を基準標本産地とする。
早池峰山、岩木山には分布しない。 
 
 
八合目小屋に到着
管理人のお姉さんが「お疲れ様-」と声をかけてくれる (^O^)v 
イメージ 41
 
 
秋田駒ヶ岳 終わり
 
 
 
 
 
 
12:55分発の定期バス後方について麓まで下りる。
マイカー規制時間内に八合目駐車場から麓に下りる場合は受付で
事前申請し定期バスの後方に付いて通行する。
イメージ 42
 
 
 
定期バスと別れて乳頭温泉郷へ 
イメージ 43
 
 
 
乳頭温泉郷・黒湯 
イメージ 44
 
 
 
乳頭温泉郷・黒湯  混浴露天風呂/深い意味はないけど残念(笑)
イメージ 45
 
 
 
乳頭温泉郷・妙乃湯 
イメージ 46
乳頭温泉郷・妙乃湯
イメージ 47
 
 
乳頭温泉郷・大釜温泉
イメージ 48
 
 
乳頭温泉郷・大釜温泉
イメージ 49
 
 
 
 
帰宅時に台風の影響を受けそうだったので早池峰をパスして帰路につく 
 
2014.7.7(月)
乳頭温泉発 15:10 ~ 田沢湖 ~R46(道の駅・協和 16:30)
~ 秋田自動車道・岩城IC下車 ~ 道の駅・岩城 17:00(車中泊) 
イメージ 50
道の駅・岩城  温泉施設併設
イメージ 54
マップコード 494426776
 
道の駅・レストラン 
イメージ 51
 
 
道の駅・レストランより
イメージ 52
 
 
道の駅・レストラン 刺身定食♪
イメージ 53
 
 
 


2014.7.8(火)
ナビ設定/道の駅・岩城 ~道の駅・おおうち立ち寄り~ 自宅 383㌔ 所要時間 7時間30分
道の駅・岩城発 6:30 ~ 長野自宅着 14:30
 
★5日間の経費(食事代・ピンバッジ・入浴代など雑費は除く)
ガソリン代 20814円 /走行距離 1440km /高速代 16910円

特別編
東北名湯巡り写真集へ続く


 

7/6 姫神山・東北の名峰その3

2014.7.6(日)
姫神山(ひめかみさん)・東北の名峰その3
姫神山はブロ友ゆうゆうさんが学校登山をした思い出の山。
岩手山と対峙して景色の良い山なので時間があったら是非と
勧められていたので登ってきました。
 
 
★姫神山は、岩手山、早池峰とともに北奥羽の三霊山として、かつては山岳信仰の中心だった。
男神を祀る岩手山に対し、姫神山は女神を祀るなど、岩手山を語るうえで欠かせない山である。
また、石川啄木が生まれ育った渋民の山としても名高い。
朝日新聞発行・週刊日本百名山より抜粋
 
 
管理人HP
 
 
 
姫神山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/510M 標高差/613.7M 総歩行距離/5981M

 
姫神山からのパノラマ図解/拡大可  ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2
 
 
 
2014.7.6(日)
※ナビ設定/道の駅にしね ~ 一本杉R登山口 所要時間・50分
 
駐車場(トイレ内に登山届けBOX)発 7:01 ~ 一本杉R登山口 7:06
~ 一本杉 7:15 ~ ざんげ坂 7:21 ~ 5合目 7:33-37
~ 6合目 7:46 ~ 8合目 8:03-05 ~ 頂上マデ500M 8:13
~ 岩場R分岐点 8:38 ~ 姫神山(1123.7M)8:46-9:13
 
姫神山発 9:13 ~ こわ坂ルート ~ 頂上マデ300M 9:24
~ 何の木③ 9:35 ~ 頂上マデ980M 9:42 ~ 何の木② 9:48
~ 何の木① 9:51 ~ こわ坂登山口 10:03 ~ 車道歩き ~
一本杉駐車場着 10:23

 
 
 
200名山ということもあってか車道に案内板 
イメージ 3
 
 
 
一本杉コースは左へ 
イメージ 4
 
 
 上の写真・拡大図
イメージ 5
 
 
ナイスな看板 
イメージ 6
 
 
 
一本杉キャンプ場駐車場(トイレ有り) 
イメージ 7
イメージ 45
マップコード 249388013
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
 
 
拡大可
イメージ 8
 
 
 
AM 7:01
一本杉駐車場 ※トイレ内に登山届けBOXあり 
イメージ 9
 
 
キャンプ場内を登り込む 
イメージ 10
 
 
一本杉コース登山口 
イメージ 11
 
 
一本杉
イメージ 12
 
 
ざんげ坂 
イメージ 13
 
 
名前の通り「ざんげ」したくなるほどの急階段が5合目まで続く (;´Д`) 
イメージ 14

 
 
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
 
 
 5合目
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
またかよ~!  (`へ´)フンッ。 
イメージ 19
 
 
8合目 
イメージ 20
 
 
見たまんま (*^o^*) 
イメージ 21
 
 
 
階段より好きだな~(^O^)v 
イメージ 22
 
 
 
左・楽ちんコース/右・岩!岩!岩!コース  ※山頂直下の分岐点 
イメージ 23
 
 
もちろん岩!コースを選択  (*^▽^*) 
イメージ 24
 
 
姫神山全景  ※姫神大権現が祀られている
イメージ 25
 
 
姫神山 1123.7M 
イメージ 26
 
 
昨日登った岩手山を望む/拡大可
イメージ 27
 
 
 
 
 こわ坂コース下山編
 
 
指導標あり 
イメージ 28
 
 
人気がなく熊が出ないかビクビクしながら樹林帯を下る (;´Д`) 
イメージ 29
 
 
樹林帯を抜けると町が視界に 
イメージ 30
 
 
そして岩手山も♪
イメージ 31
 
 
こわ坂R登山口 
イメージ 32
 
 
ここから一本杉Pまで車道を歩く 
イメージ 33
 
 
AM 10:23 
登り始めは五台ほどだった駐車場が満車状態に・・・ 
イメージ 34
 
姫神山・終わり
 
 
 
 
★下山後、秋田駒ヶ岳方へ向かう
ナビ設定/一本杉駐車場 ~ アルパこまくさ(マイカー規制中の駐車場)89㌔ 所要時間・2時間
ナビ設定/アルパこまくさ ~ 八合目小屋 8.4㌔ 所要時間・1時間
※マイカー規制解除時間 PM5:30~AM:5:00
 
 
 
 
雫石経由で田沢湖高原温泉へ向かう 
イメージ 35
 
 
道の駅・雫石あねっこ ※温泉施設併設だが機械故障で沸かし湯だった
イメージ 36
イメージ 44
マップコード 435135339
 
 
 
 
田沢湖高原温泉・アルパこまくさ 
※マイカー規制中・定期バス発着所
イメージ 37
イメージ 43
マップコード 435392005
 
 
田沢湖高原温泉・アルパこまくさ 
マイカー規制中・定期バス発着所&無料駐車場 
イメージ 38
 
 
田沢湖高原温泉・アルパこまくさ
イメージ 46
 
 
 田沢湖高原温泉・アルパこまくさ
イメージ 39
 
 
 
 
 
※マイカー規制解除時間 PM5:30~AM:5:30
ただし八合目駐車場が満車になり次第規制開始となるので要注意
★秋田駒ヶ岳・八合目小屋へ向かう
ナビ設定/アルパこまくさ ~ 8合目避難小屋 8.4㌔ 所要時間・1時間

 
 
 
 
八合目小屋(トイレ・水あり)駐車場 
イメージ 40
イメージ 42
マップコード 435337727
 
PM 19:01
八合目小屋駐車場より
イメージ 41
 
 
 
 
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく
 
 
 
 
東北の名峰その4(最終章)
秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅へ続く
 
 
 

7/5 岩手山・東北の名峰その2

2014.7.5(土) 岩手山/東北の名峰その2
北奥羽三霊山・岩手山(南部富士)お鉢巡り
 
 

前夜の大雨で諦めかけたが、明るくなるとともに雲の切れ間から
山頂が見えるほどに回復 (^O^)v
朝飯支度中の4時過ぎに新潟や長野ナンバーの大型バスが
次々と入ってきて人気の程を実感!
団体さんの後を歩くのが苦手な管理人、「早く出発してくれよ-!」
の願い
むなしくほぼ同時刻の出発に・・・ (;゜ロ゜)
 
 
 

 
管理人HP
 
 
 
岩手山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/612M 標高差/1426.7M 総歩行距離/12895M
 
 
 
岩手山からのパノラマ図解  ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2
 
 
2014.7.5(土)
岩手山馬返し駐車場(トイレ・水あり)・起床&朝食 4:00
 
馬返し駐車場発 5:05 ~ 馬返し登山口(トイレ・水・登山届けBOXあり)5:10
~ 改め所 5:22 ~ 0.5合目 5:38 ~ 以後は全て旧道を歩く ~ 桶の淵 5:42
~ 新・旧1合目 5:51-57 ~ 豆腐岩 6:04 ~ 2合目 6:13
~ 2.5合目 6:22 ~ 3合目 6:38 ~ 休憩 6:47-58
~ 4合目 7:08 ~ 5合目 7:35-46 ~ 団体ご一行様渋滞 ~ 7合目 8:45
8合目避難小屋&トイレ 8:55-9:33 ~ 9合目・不動平 9:57 
~ お鉢取り付き 10:21-27
岩手山(薬師岳・2038.1M) 10:51-11:05
 
岩手山発 11:05 ~ お鉢取り付き 11:37 ~ 不動平 11:49
~ 8合目避難小屋(昼食)12:03-28 ~ 7合目 12:34
~ 5合目 13:13 ~ 4合目 13:30 ~ 以後は全て新道を歩く ~
~ 新道4合目 13:34 ~ 新道3合目 13:43 ~ 2.5合目 13:52 
~ 豆腐岩 14:03 ~ 新・旧1合目 14:07 ~ 改め所 14:26 
~ 登山口 14:35-42 ~ 馬返しP着 14:45
 
滝沢・相ノ沢温泉(日帰り施設) お山の湯で汗を流す
道の駅・にしね(車中泊) 
 
 
 
 
 
 
AM 4:10 馬返し駐車場
早朝から長野ナンバーと新潟ナンバーの大型バスが訪れる
イメージ 3
マップコード 249275580
 
 
駐車場トイレ
※駐車場から3分ほど上にある登山口&キャンプ場に併設されているトイレのほうが綺麗
イメージ 4
 
 
AM 4:33
長野ナンバーから26名、新潟ナンバーから28名の登山者が準備を始めている
イメージ 5
 
 
AM 4:33 岩手山山頂部が雲の切れ間から顔を出す (^O^)v
イメージ 6
 
 
 
AM 5:05 駐車場出発
イメージ 7
 
 
岩手山・馬返しルート登山口へ向かう
イメージ 8
 
 
馬返しR登山口(トイレ・水・登山届けBOXあり) 
イメージ 9
 
 
鬼又清水
イメージ 10
 
 
馬返しR登山口 
イメージ 11
 
 
自衛隊演習場に沿って登山道が延びる 
イメージ 12
 
 
 
出発をずらしたのに新潟組に追いついてしまった- (ノД`) 
イメージ 13
 
 
桶の淵(こがのふち) 
イメージ 14
 
 
新・旧1合目
新潟組は4合目まで新道を行くと聞き、爺は迷わず旧道を選択
イメージ 15
 
 
豆腐岩を過ぎるまで木階段が続く 
イメージ 16
 
 
階段が終わるとザレ道に・・・ 
イメージ 17
 
 
AM 6:13
2合目より北奥羽三霊山・姫神山を望む/拡大可
イメージ 18
 
 
旧道だけあって道が深く抉れている(笑) 
イメージ 19
 
 
 ちょこっとガレ場
イメージ 20
 
 
長野県人同士・偶然の出会い
※佐久市からこられたKさんと記念撮影
イメージ 21
 
 
長野県人会?でくつろぎすぎてしまい、4合目には新潟組が・・・(;´Д`)
 
イメージ 22
 
 
 
人数が多すぎて抜くのも面倒くさいので最後尾からノンビリと歩くことに決定!
イメージ 23
 
 
7合目 
イメージ 24
 
 
8合目避難小屋&トイレ(右) ※水場は枯れていることがあるので要注意 
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
避難小屋で山バッジと登頂証明手ぬぐいをゲット (^O^)v
イメージ 27
まだ山頂に登っていないけど記念品は売り切れる前に買っておこう!
イメージ 28
 
 
天気がこんなんなので小屋前のベンチで大休憩 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
晴れる、晴れないは時の運!
そろそろ山頂を目指してみるべ-(*^O^*)
 
 
 
 
 
何を撮したのかわからないって? 
イメージ 30
 
 
↑のアップ写真・富士登山なみの大行列/拡大可
イメージ 31
 
 
 シラネアオイ
イメージ 32
 
 
ハクサンチドリ ※秋田駒では白花をゲットしたのでお楽しみに♪ 
イメージ 33
 
 
9合目・不動平 
イメージ 34
 
 
 
ここでようやく岩手山が顔を出し始める/拡大可
イメージ 35
 
 
タカネスミレ 
イメージ 36
 
 
お鉢巡り取り付き地点で記念撮影 
イメージ 37
 
 
お鉢取り付き地点より岩手山(薬師岳)山頂を望む/拡大可
イメージ 38
 
 
お鉢巡り所要時間は60分らしい
イメージ 39
 
 
 
山頂まで200㍍ 
イメージ 40
 
 
近づいてきた~♪ 
イメージ 41
 
 
山頂全景 
イメージ 42
 
 
岩手山 2038.1M 
イメージ 43
 
 
 
火口縁ではコマクサの群生を見る事ができる♪ 
イメージ 44
 
 
お鉢巡りの途中で山頂を見上げる
イメージ 45
 
 
火口縁ではタカネスミレの群生も見る事ができる♪ 
イメージ 46
 
 
山頂を目指す人々/拡大可
イメージ 47
 
岩手山おわり
 
 
 
 
 
爺的には上りで旧道を使い、下山は新道利用がオススメかな~
滝沢・相ノ沢温泉「お山の湯」で汗を流す
道の駅・にしね(車中泊)
 
 
 
 
PM 14:45 駐車場に下山 車! 車! 車! 
イメージ 48
 
 
滝沢・相ノ沢温泉「お山の湯」で汗を流す 
イメージ 49
イメージ 52
マップコード 249151762
 
 
道の駅・にしね(車中泊) 
イメージ 50
マップコード 249462158
 
 
道の駅レストランは19:30まで営業しているが、ラーメン・定食のみで
「お酒のつまみがないため」このような事態に・・・(*^O^*)  
イメージ 51
 
 
 
 
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく
 
 
 
 
東北の名峰その3・姫神山(ひめかみやま)へ続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/4 八幡平・東北の名峰その1

2014.7.4(金)
八幡平/東北の名峰・その1
 
 
2010.7.17の鳥海山で初めて出会ったヒナザクラ♪
その時は花名が分からなくて帰宅後に調べたところ、
唯一白い花を咲かせるサクラソウの仲間と判明 (^O^)v
これはちゃんと咲いているところを見てみたいと計画するが、
開花のピークは梅雨時期らしく思うに任せないまま今日に・・・
去年暮れのリタイアを機に今年こそはと梅雨の切れ間を狙って
ヒナザクラ花旅&東北の名峰巡りとなりました。
 
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発 
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく 
管理人HP
 
 
拡大可
イメージ 1
 
 

2014.7.3(木)
ナビ設定/長野~八幡平 694㌔ 所要時間・8時間30分
長野発 12:00 ~ 上河内SA 15:00-15:30 
~ 安達太良SA 16:45-17:00 ~ 鶴栄PA 18:44-50 
~ 前沢SA 20:00-20 ~ 岩手山SA 21:22(車中泊)
 
2014.7.4(金)
ナビ設定/岩手山SA~八幡平 32㌔ 所要時間・50分
岩手山SA起床・食事 5:00 ~ SA発 5:50 ~ 松尾八幡平IC下車
~ 八幡平無料P着 6:30 
 

八幡平無料駐車場発 8:47 ~ 登山道入口 8:49 ~ 鏡沼分岐点 8:53 
~ 八幡沼園地トイレ 8:59 ~ 源太分かれ 9:50 ~ 避難小屋・トイレ 10:10
~ 湖沼展望デッキ 10:17 ~ 八幡平山頂 10:25 
~ 蒸の湯R分岐 10:28 ~ めがね沼 10:33 ~ 鏡沼 10:38
~ 鏡沼分岐点 10:43 ~ 登山口 10:46-50 ~ 無料P着 10:55
※上記タイムは花撮影時間40~60分を含みます。
 
 
 
八幡平鳥瞰図
イメージ 2 無料駐車場標高/1520M 標高差/93.5M 総歩行距離/4671M
 
八幡平パノラマ図解 ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 3
(注)山頂は展望がありません 
 
 
前泊地・岩手山SA  AM 5時起床&朝食
イメージ 4
 
 
松尾八幡平IC下車後、早朝はコンビニ&ガソリンスタンドとも
営業していないので要注意
御在所/早朝&深夜移動の場合はここが最終トイレ
イメージ 5
 
 
源太岩 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
見返峠・県境 
イメージ 8
 
 
見返峠レストハウス・営業時間外はトイレ使用不可
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 日本百名山・八幡平
 
 
見返峠手前の無料駐車場/トイレ無し
初日は岩手山を予定したが天気がイマイチで八幡平に変更!
駐車場で天候回復待ちすること2時間 (^O^)v
イメージ 10
イメージ 42
マップコード 657103704
 
 
旧レストハウス横に登山道あり
イメージ 11
 
 
登山道入口 
イメージ 12
 
 
直進すると登山口ルートに合流 
イメージ 13
 
 
山頂付近は全コースが石畳か木道で保護されている
イメージ 14
 
 
鏡沼分岐点 
イメージ 15
 
 
八幡沼園地トイレ 
イメージ 16
 
 
園地トイレ前の展望台より/拡大可
イメージ 17
 
 
シラネアオイ 
イメージ 18
 
 
八幡沼と池塘
イメージ 19
 
 
ヒナザクラ大群生/拡大可
イメージ 20
ヒナザクラ/素人植物図鑑より抜粋
青森県の八甲田山を北限として、福島県の吾妻連峰までの亜高山帯~高山帯の湿った
草地に大群落をなして咲く、東北の高山を代表するサクラソウ。
他のサクラソウに比べて花が小さいので「ヒナ」の名を冠する。
残雪の消えたところから順に咲いていくので花期は長く、
雪解けの遅いところでは九月でも開花を見ることがある。
北海道のエゾコザクラと東北南部以西のハクサンコザクラという
二つの紅紫色のサクラソウに挟まれて白く清楚な花を咲かせる。
ただし岩木山と早池峰には生育を見ず、代わりに数は少ないがそれぞれ
ミチノクコザクラ、ヒメコザクラが生育する。
 
 
この天気では行動時間の短い八幡平に予定変更して正解だった (^O^)v
イメージ 50
 
 
 前方には雪渓も・・・
イメージ 21
 
 
 足元ではヒナザクラが・・・
イメージ 22
 
 
ヒナザクラ/拡大可
イメージ 23
 
 
池糖で咲くイワショウブ
イメージ 24
 
 
池糖 
イメージ 25
 
 
避難小屋・陵雲荘&トイレ 
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
湖沼展望デッキより八幡沼を望む/拡大可
イメージ 28
 
 
山頂へ向かう 
イメージ 29
 
 
八幡平 1613.5M 
イメージ 30
 
 
メガネ沼・鏡沼方面へ向かう 
イメージ 31
 
 
鏡沼 
イメージ 32
 
 
 八幡平登山口/レストハウス(左)・パークサービスセンター(右)
イメージ 33
 
 
出発時は数台だったが大型バスも停まっている 
イメージ 34
 
 
 
 
下山後は温泉で汗を流し岩手山馬返し駐車場へ向かう
 
 
 
 
源泉・秘湯の宿 蒸ノ湯(ふけのゆ)  ※温泉特集を組むため写真のみ
イメージ 35
イメージ 45
マップコード 657218045
 
 
 
源泉・秘湯の宿 蒸ノ湯(ふけのゆ)  露天風呂イメージ 36
 
 
 
松川温泉・松川荘  ※温泉特集を組むため写真のみ
イメージ 37
イメージ 46
マップコード 435741193
 
 
 
松川温泉・松川荘 露天風呂 
イメージ 38
 
 
 
松川地熱発電所見学 
イメージ 48
イメージ 49
マップコード 435741305
 
 
 
特別天然記念物/岩手山・焼走り溶岩流 
 
 
 
 
イメージ 39
イメージ 47
マップコード 249426724
 
 
 
道の駅・にしね (昼食兼夜食) 
イメージ 40
イメージ 44
マップコード 249462158
 
 
 
PM16:00 岩手山 馬返し登山口駐車場(トイレ有り)で車中泊
※正規登山口は5分ほど上部のキャンプ場内(水・トイレ有り)です。
イメージ 41
イメージ 43
マップコード 249275580
 
 
 
 
 
 
 2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山へ続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

6/28 浅草岳ヒメサユリ開花速報&姫小百合オフ会

2014.6.28(土曜日)
六十里越登山口-鬼ヶ面山-浅草岳ヒメサユリ開花速報
★南岳~鬼ヶ面山~北岳までの登山道がヒメサユリ花道となっており蕾状態も多数有り
★開花期間 最盛期は7月3日近辺で7月7日頃が見頃の限度かも・・・
 
 
 
 
2012年・守門岳ヒメサユリ登山の折に長野隊顧問のOKANOさんから
「浅草岳のヒメサユリは凄い!」との情報をいただき、
翌年に登山計画を立てるも雨降りで中止に・・・(泣)
今回は晴れ男・晴れ女仲間のパワーか? 
出だしから怪しい雲行きだったにも関わらず下山するまで持ちこたえてくれ
大満足のヒメサユリ花旅となりました♪
★ルート選択にあたってはブログ仲間・MICHIHOさんの
「もっと花を訪ねて何度でも・・・」サイトを参考にさせていただきました。
 
《管理人より一言》
右膝痛をかばいすぎたせいか登山口を間近にして左足首に強烈な傷みが・・・
立っていることができないほどの傷みで皆さんにご心配とご迷惑をおかけしたこと、
この場を借りてお詫びいたします。

浅草岳ヒメサユリオフ会参加者
シゲさん・HP 群馬県
浅草岳(鬼が面山縦走コース)
 
abeちゃん・HP 埼玉県

カブさん・ブログ 千葉県
ヒメサユリ&浅草岳

ゆうゆう隊 千葉県
※参加予定だったが仕事の都合でキャンセルに(残念)
 
かずさん・ブログ 群馬県
ヒメサユリ咲く鬼ヶ面山へ その1~ 
※2時間遅れの出発で予定が鬼ヶ面山までのため残念ながら合流できず
 
管理人・HP 長野県
 
 
★爺のブロ友・カブさん、サクラマスさんの友人
「季節を感じて♪」でんさんとニアミス
浅草岳~六十里越峠コース
 
 
鬼ヶ面山-浅草岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 17
 
 
 
 
六十里越登山口~浅草岳高低図/拡大可
イメージ 1
 駐車場標高/746M 標高差/839.5M 総歩行距離/15767M
 

浅草岳パノラマ図解
イメージ 2

 
 
車中泊地/道の駅・いりひろせ(トイレ・水あり)
イメージ 18
イメージ 19
マップコード 512682277
 
 
六十里越駐車場/約20台/トイレ無し
イメージ 20
イメージ 16
マップコード 785760829
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
 
 
 
浅草岳登山口
イメージ 3
 
 
 
田子倉湖方面/拡大可
イメージ 4
 
 
 マイクロ中継局
イメージ 5
 
 
 
南岳 1354M 
イメージ 6
 
 
鬼が面山・浅草岳方面/拡大可
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
ヒメサユリ撮影会が始まる (^O^)v 
イメージ 9
 
 
ヒメサユリと浅草岳
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
ヒメサユリと浅草岳/拡大可
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
ここまでが浅草岳ヒメサユリ開花速報でした
 
6月30日・ヒメサユリ花旅続編を追加
 
 
 カブさん LINE仲間に送る写真を撮影中♪
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
ちっとも前に進むことができませ~ん(笑) 
イメージ 23
 
 
 
イメージ 24
 
 
CTより1時間遅れで「鬼が面山」に到着
花好きメンバーなのでこの程度の遅れは全く問題無~し (*^o^*) 
イメージ 25
 
 
鬼ヶ面山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 46
 
 
 
かなりやばそうな雲行きに・・・ 
イメージ 26
 
 
な-んて、天気のことなんか気にせず相変わらずの撮影会が続く (^O^)v 
イメージ 27
 
 
 
蕾も多いので今週いっぱいは楽しめそう♪ 
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 
 
高低図通りの強烈なアップダウンが連続しまっせ!
イメージ 30
 
 
 
上りきったぞう! と、思う間もなく今度は強烈な下りが・・・ 
イメージ 31
 
 
 
この写真でわかってもらえるかな~? 
 
イメージ 32
 
 
 
ARIさんと出会う ♪
イメージ 33
 
 
 
前岳直下のムジナ沢分岐点 
イメージ 34
 
 
前岳の雪渓 
イメージ 35
 
 
 
浅草岳手前のワタスゲ湿原 
イメージ 36
 
 
浅草岳手前のワタスゲ湿原 
イメージ 37
 
 
 
日本300名山・浅草岳  1585.5M 
イメージ 38
 
 
山頂でも沢山咲いていました 
イメージ 39
※山頂に至るまでの稜線上にはオノエラン・ツバメオモト・アカモノ・ミツバオウレン・イワカガミ・シラネアオイなどが咲き誇っていましたが今回はヒメサユリをメインに掲載しました。 
 
 
 
 
下山編
 
 
東面の岩壁に沿って歩くので要注意/拡大可
イメージ 40
 
 
上の写真、矢印地点を歩く男性をアップで撮影/拡大可
イメージ 41
 
 
 
鬼が面山~浅草岳への痩せ稜線/拡大可
イメージ 42
 
 
 
東側斜面転落注意
イメージ 43
 
 
浅草岳にお別れ/拡大可
イメージ 44
 
 
 
ムジナ沢登山口の浅草山荘・大白川の喜楽荘で販売(守門岳もあり)
イメージ 45
 
終わり
 
 
《行程&所要時間》
6/27(金)
長野発 20:30 ~ 上信越・北陸・関越小出IC ~ 道の駅・いりひろせ着 23:16(仮眠)
★ナビ設定 長野~六十里越駐車場 151㌔ 所要時間 4時間10分 
※高速利用時 230㌔・3時間20分
6/28(土)
道の駅・いりひろせ起床&朝食 3:15 ~ 道の駅発 4:00 ~ 六十里越駐車場着 4:30
 
駐車場発 4:43 ~ 浅草岳登山口 4:45 ~ 沢 5:03 
~ 六十里越(分岐点)5:09 ~ 高圧線鉄塔 5:12 ~ 休憩 5:25-35 
マイクロ中継局 5:44-6:10 ~ 吹峠分岐点 6:28 
南岳(1354M)7:16-20 鬼が面山(1465.1M)8:05-26
北岳の東 8:57-9:00 ~ 休憩 9:20-26 
ムジナ沢カッチ(1452M)9:46-58 ~ 休憩 10:14-18 
~ ARIさんと出会う 10:35-40 ~ 前岳(1568M)10:54-11:03
浅草岳(1585.5M)11:21-30
 
浅草岳湿原で昼食 11:34-12:04 ~ 前岳 12:16 
~ ムジナ沢カッチ 12:55-13:01 ~ 北岳の東 13:34-46 
~ 鬼が面山 14:14-29 ~ 南岳 14:58-15:02
管理人左足首痛で休憩 10分 ~ 吹峠分岐点 15:41 
~ マイクロ中継局 15:55 ~ 高圧線鉄塔 16:13 
~ 六十里越(分岐点)16:16-21 ~ 沢 16:27
~ 浅草岳登山口 16:41 ~ 駐車場着 16:43
 
下山後、小千谷市・道の駅「ちぢみの里おぢや」で温泉&宴会&車中泊
6/29(日)
道の駅「ちぢみの里おぢや」発 7:00 ~ 
野沢温泉 9:00「真湯と大湯」に入浴し帰路につく
  
補足情報
※R252/コンビニ情報
セブンイレブン広神押切店 025-792-5277
セブンイレブン魚沼広神下田店 025-799-2677(最終地点)
 
※道の駅&温泉情報
小出ICの近く/道の駅・ゆのたに 025-792-7300
道の駅近くの温泉/ゆ~パ-ク薬師 025-792-5554
営業時間 10:00-22:00
 
登山口の近く/道の駅・いりひろせ 025-796-2500
道の駅近くの温泉/寿和温泉 025-796-3033
営業時間 10:00-20:00
 
 

5/31 檜洞丸シロヤシオ花旅 その2

2014.5.31(土)
檜洞丸(ひのきぼらまる)シロヤシオ花旅 その2
犬越路~檜洞丸~ツツジ新道編
 
山頂を間近にして花撮影回数が多くなったうえ、
爺恒例の「足攣り」が二回もおきてしまい、
ツツジ新道から登っているブロ友「momoさん・Palaさん」との
山頂ハイタッチはまぼろしと消えるか?・・・
 
 
 
momo隊・ブログ
2014.5.31 西丹沢・檜洞丸 その1~
管理人HP
 
 
 
コメント後記
西丹沢自然教室を起点に檜洞丸へ登るにはツツジ新道からが最短コースではあるが
等高線が混み合った急登が山頂まで続くので体力配分が大変と思われる。
管理人が利用した用木沢出合~犬越路~熊笹ノ峰を経由するルートは
高低図を見てわかるとおり犬越路まで残り500㍍区間だけが急登で、
以後は緩いアップダウンの連続はあるが展望の素晴らしい
稜線歩きとなるのでお薦めである。
ただし、稜線は痩せているので景色に目を奪われず慎重に歩を進めたい。
 
 
 
 
心地よい風が吹く犬越路に別れを告げ檜洞丸へ出発 
イメージ 48
 
 
犬越路からボラまで3.7㌔ 
イメージ 49
 
 
 
紅葉の時期にも訪れてみたい 
イメージ 1
 
 
土砂崩落地(通過注意) 
イメージ 2
 
 
ボラまで3.2㌔ 
イメージ 3
 
 
 
熊笹の花・撮影中
爺が生きている間に見られるのはこれが最初で最後か・・・ 
イメージ 4
笹(竹)の花  wikipediaより抜粋
★竹は種類によるが、前述のように67年から120年に1度花を咲かせ、結実し枯れる。
花が咲くと竹が枯れ、根で繋がった1個体の竹は枯れる。
★竹の花がつける実は野鼠の餌となり野鼠の大量発生を引き起こすことが知られている。
この現象はインドでmautamと呼ばれ、壊滅的な農業被害が発生している。
このことから「竹の花は不吉の前兆」とする民間伝承が生まれた。
イメージ 5
 
 
犬越路からの稜線歩きでは富士山を眺めながら歩くことができる
イメージ 6
 
 
 
熊笹地帯を通過/花粉症持ちにはここが一番辛かった! 
イメージ 7
 
 
小笄・1228M(ここうげ)からの大展望
イメージ 8
 
 
目指す大笄(おおこうげ)方面/ 小笄(ここうげ)より
イメージ 9
 
 
クサリ場・危険度(上りの場合・低) 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
岩場からの大展望★印=犬越路
イメージ 12
 
 
この鉄梯子を登れば台地状の大笄尾根歩きとなる 
イメージ 13
 
 
拡大可
イメージ 14
 
 
 
シロヤシオ撮影回数が多くなり到着予定時間大オーバーかも・・・(;゜ロ゜)
イメージ 15
 
 
シロヤシオ
イメージ 16
 
 
 
大笄まで標高差30㍍地点は先程までの稜線歩きとは別世界 
イメージ 17
 
 
シロヤシオ&トウゴクミツバツツジの競演 
イメージ 18
 
 
ヤタ尾根分岐点(檜洞丸まで1.1㌔ ) 
イメージ 19
 
 
ヤタ尾根分岐点(檜洞丸まで1.1㌔ ) 
イメージ 20
 
 
木階段を登った台地が熊笹ノ峰(1523M) 
この木階段上部で1回目の足攣りが・・・(ノД`) 
イメージ 21
 
 
熊笹ノ峰(1523M)より檜洞丸を望む
イメージ 22
 
 
檜洞丸のアップ/爺が大の苦手とする階段だらけだ~ (゜´Д`゜) 
イメージ 23
 
 
トウゴクミツバツツジ 
イメージ 24
 
 
シロヤシオ 
イメージ 25
 
 
シロヤシオ 
イメージ 26
 
 
同じ花なのに、あっちでパチリ! こっちでパチリ!
ちっとも前に進めないぞ~(笑) 
イメージ 27
 
 
コバイケイソウ大群落  目前の木段で2回目の足痙攣が・・・(痛い-!)
伊藤さんには迷惑をかけたが10分ほどの休憩で復活♪
イメージ 28
 
 
ボラ山頂へ最後の階段だが3回目の足攣りとなるか・・・(笑)イメージ 29
 
 
遊び心 
イメージ 30
 
 
 
余裕に見える爺だが、足攣りがおきないかビクビク状態なのだ~(笑)
イメージ 31
 
 
 遊び心がナイス
イメージ 32
 
 
足攣り後遺症でラストスパートはできないが残り100㍍だぜ- (^O^)v 
イメージ 33
 
 
↑残り100㍍地点で振り返ると↓  
イメージ 34
 
 
 
檜洞丸1601M
ブロ友のmomoさん、Palaさんと山頂ハイタッチができました(^O^)v 
イメージ 50
 
^ー^)人(^ー^
 
 
 
 
 
どこからこんなに人が?と思うほど大賑わいの山頂
イメージ 35
 
 
小屋マデ下りればトイレも使える 
イメージ 36
 
 
 
 
 ツツジ新道下山編
 
 
 
自然教室まで5.3㌔の激下り 
イメージ 37
 
 
 
イメージ 38
 
 
ツツジ新道のシロヤシオは木が大きい 
イメージ 39
 
 
これだけのシロヤシオを見る事ができるのは登山者だけの特権か・・・ 
イメージ 40
 
 
ガレ場を慎重に下る 
イメージ 41
 
 
 
イメージ 42
 
 
ゴーラ沢出合/爺は何する人ぞ?  答えはHPで・・・ 
イメージ 43
 
 
ゴーラ沢 渡渉 
イメージ 44
 
 
自然教室分岐点 
イメージ 45
 
 
 
イメージ 46
 
 
ツツジ新道登山口に到着 
イメージ 47
momoさん、Palaさん、お付き合い頂きありがとうございました♪ 
 
 
 
 
行程&所要時間(花撮影時間20-60分含む)
5/30(金)
長野発 21:00 ~ 谷村PA着 23:30(車中仮眠)
※ナビ設定 長野~西丹沢自然教室 274㌔ 所要時間・約4時間
5/31(土)
谷村PA起床 3:00 ~ PA発 3:30 ~ コンビニで朝食 ~
西丹沢自然教室(トイレ・水あり)駐車場着 5:00
 
自然教室発 5:16 ~ ツツジ新道登山口 5:24 
~ 車道歩き ~ 用木沢出合(犬越路まで2.5㌔)5:43 
~ 鉄橋 5:48 ~ 犬越路まで2.1㌔ 5:59
~ 犬越路まで0.8㌔ 6:26 ~ 犬越路まで0.6㌔ 6:34 
~ 犬越路まで0.5㌔ 6:38
犬越路・檜洞丸まで3.7㌔(避難小屋・トイレ)7:08-30 
~ 土砂崩落地帯 7:38 ~ 檜洞丸まで3.2㌔ 7:45 
小笄(ここうげ)8:32-40 ~ 木階段① 9:31 
大笄(おおこうげ)9:45 ~ ヤタ尾根分岐点(檜洞丸まで1.1㌔ )9:47 
~ 木階段② 9:48 ~ 足攣り休憩 9:49-56
熊笹ノ峰 10:01
~ 木階段③ 10:24 ~ 足攣り休憩7分
~ 木階段④ 10:45 ~ 檜洞丸まで0.1㌔ 10:47 
檜洞丸(1601M) 10:51-11:49(昼食)
 
檜洞丸(自然教室まで5.3㌔)発 11:49 ~ 石棚分岐点 12:08 
~ 自然教室まで4.5㌔ 12:20 ~ 鉄梯子 12:28 
~ 休憩 12:29-44~ 展望園地 13:02 
~ 自然教室まで3.5㌔ 13:03 
~ 自然教室まで3.3㌔ 13:08-21 
~ ゴーラ沢出合 13:50-14:00
~ 自然教室まで2.2㌔ 14:06 
~ 自然教室まで1.5㌔(本道分岐点)14:18
~ 自然教室まで1.0㌔ 14:28 
~ 自然教室まで0.6㌔ 14:37 ~ ツツジ新道登山口 14:39
~ 西丹沢自然教室(駐車場)着 14:51
 
 
立ち寄り温泉 
中川温泉 ・ぶなの湯 大人700円(2時間) TEL 0465-78-3090
管理人泉質満足度 ★
 
双葉SAで夜食&仮眠 長野自宅着 23:20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/31 檜洞丸シロヤシオ花旅 その1

2014.5.31(土)
檜洞丸(ひのきぼらまる)シロヤシオ花旅 その1
西丹沢自然教室~犬越路(いぬこえじ)編
 
 
ブロ友仲間からお誘い頂いた檜洞丸だったが、天城山とかぶってしまい
行くことができなかったので週遅れの檜洞丸シロヤシオを伊藤さんと
二人で楽しんで来ました♪
 
 

 
 
自然教室~犬越路~檜洞丸~ツツジ新道鳥瞰図
イメージ 1
 
 
拡大可
イメージ 2
西丹沢自然教室標高/545M 標高差/1056M 総歩行距離/14142M
 
 
西丹沢自然教室駐車場 
イメージ 3
イメージ 4
マップコード 732187208
スマホ・iPhoneはPCモードで表示可
 
 
西丹沢自然教室(トイレ・水あり) 
イメージ 5
 
 
東沢出合の山の神
イメージ 6
 
 
ツツジ新道登山口 
イメージ 7
 
 
先週のブロ友登山隊とは逆回りの用木沢・犬越路ルートを選択 
イメージ 8
 
 
用木沢出合まで車道を歩く 
イメージ 9
 
 
白石沢に沿ってキャンプ場が多数点在 
イメージ 10
 
 
車両ゲート手前が用木沢出合 
イメージ 11
 
 
用木沢出合・犬越路まで2.5㌔ 
イメージ 12
 
 
用木沢に沿って歩く 
イメージ 13
 
 
砂防堰堤手前の鉄橋を渡って対岸(左岸)へ 
イメージ 14
 
 
木橋を渡って右岸へ戻る 
イメージ 15
 
 
広葉樹林帯の歩きやすい登山道が続く 
イメージ 16
 
 
犬越路まで2.1㌔ 
イメージ 17
 
 
沢沿いの爽やかな風が心地よい♪ 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
快適な登山道 
イメージ 23
 
 
 犬越路まで0.8㌔
イメージ 24
 
 
沢に沿った緩い登りのため歩数が進む 
イメージ 25
 
 
犬越路まで0.5㌔ 
ここから犬越路まで胸突き八丁の登りとなる!
イメージ 26
 
 
ガレ場を登る 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
あとチョットで犬越路、ファイト! 
イメージ 29
 
 
 熊笹道を抜けると・・・
イメージ 30
 
 
 犬越路(いぬこえじ) 1060M
イメージ 31
 
 
拡大可
イメージ 32
 
 
犬越路避難小屋・トイレあり 
イメージ 33
 
 
 
イメージ 34
 
 
目指す檜洞丸・犬越路より
イメージ 35
 
 
小田原からみえた男性お二人(大室山周遊)と花撮影の話題ではずむ♪ 
イメージ 36
 
 
 
 
 
檜洞丸シロヤシオ花旅 その2へ続く
 
 
行程&所要時間(花撮影時間20-60分含む)
5/30(金)
長野発 21:00 ~ 谷村PA着 23:30(車中仮眠)
※ナビ設定 長野~西丹沢自然教室 274㌔ 所要時間・約4時間
5/31(土)
谷村PA起床 3:00 ~ PA発 3:30 ~ コンビニで朝食 ~
西丹沢自然教室(トイレ・水あり)駐車場着 5:00
 
自然教室発 5:16 ~ ツツジ新道登山口 5:24 
~ 車道歩き ~ 用木沢出合(犬越路まで2.5㌔)5:43 
~ 鉄橋 5:48 ~ 犬越路まで2.1㌔ 5:59
~ 犬越路まで0.8㌔ 6:26 ~ 犬越路まで0.6㌔ 6:34 
~ 犬越路まで0.5㌔ 6:38 
犬越路・檜洞丸まで3.7㌔(避難小屋・トイレ)7:08-30 
~ 土砂崩落地帯 7:38 ~ 檜洞丸まで3.2㌔ 7:45 
小笄(ここうげ)8:32-40 ~ 木階段① 9:31 
大笄(おおこうげ)9:45 ~ ヤタ尾根分岐点(檜洞丸まで1.1㌔ )9:47 
~ 木階段② 9:48 ~ 足攣り休憩 9:49-56 
~ 熊笹ノ峰(1523M)10:01
~ 木階段③ 10:24 ~ 足攣り休憩 7分
~ 木階段④ 10:45 ~ 檜洞丸まで0.1㌔ 10:47 
檜洞丸(1601M) 10:51-11:49(昼食)
 
檜洞丸(自然教室まで5.3㌔)発 11:49 ~ 石棚分岐点 12:08 
~ 自然教室まで4.5㌔ 12:20 ~ 鉄梯子 12:28 
~ 休憩 12:29-44~ 展望園地 13:02 
~ 自然教室まで3.5㌔ 13:03 
~ 自然教室まで3.3㌔ 13:08-21 
~ ゴーラ沢出合 13:50-14:00
~ 自然教室まで2.2㌔ 14:06 
~ 自然教室まで1.5㌔(本道分岐点)14:18
~ 自然教室まで1.0㌔ 14:28 
~ 自然教室まで0.6㌔ 14:37 
~ ツツジ新道登山口 14:39
~ 西丹沢自然教室(駐車場)着 14:51
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/24 天城山(日本百名山) アマギシャクナゲ花旅

2014.5.24(土曜)
天城山アマギシャクナゲ花旅
 ブロ友仲間より「檜洞丸」シロヤシオ花旅のお誘いを受けていたが、
山友「ももさん」から天城山情報を頂いていたのでボラ丸は翌週として
花の天城山を家内と二人で楽しんで来ました。
 
 
管理人・天城山履歴 
2011.6.11 天城山花旅は雨で中止
2012.4.29 天城山登山
管理人HP
2014.5.24 天城山・アマギシャクナゲ花旅
 
 
 
《山友達の「ももさん」から頂いた天城山花情報を抜粋で掲載》
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2014.5.18(日)
ひらさん おはようございます。
昨日 天城山に行ってきました。
「トウゴクミツバツツジ」は見頃でまだ「つぼみ」の木もありました。
「アセビ」は咲いていましたが、終わりのような感じです。
「アマギシャクナゲ」は丁度咲き始めたころでした。
今週末はひらさんが来るのを待って、一番美しいところを見せてくれると思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ ももさん、貴重な情報をありがとうございます。
アマギシャクナゲは正にドンピシャの開花!
期待せずに出掛けたトウゴクミツバツツジもまだまだ盛りと咲き誇り、
二つの花の見事なまでの競演に出会え、長野から5時間かけて訪れた甲斐がありました♪
 
天城山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
 
天城山登山口駐車場・トイレ・水あり 
イメージ 2
イメージ 39
マップコード 488423246
 
 
 
駐車場から徒歩2分/天城山登山口 
イメージ 3
 
 
砂防堰堤 
イメージ 4
 
 
四辻分岐点 
イメージ 5
 
 
トウゴクミツバツツジ 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
トウゴクミツバツツジ 
イメージ 8
 
 
万三郎岳まで2.9㌔地点
随所に指導標が設けられているので安心して歩くことができる 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
トウゴクミツバツツジ/拡大可
イメージ 13
 
 
万二郎岳(1299M) 
イメージ 14
 
 
この咲き方は「すご~い!」の一言しか思い浮かばない・・・ 
イメージ 15
 
 
トウゴクミツバツツジ 
イメージ 16
 
 
トウゴクミツバツツジのトンネル/拡大可
イメージ 17
 
 
富士山展望岩場/爺お薦めのビューポイント 
イメージ 18
 
 
富士山展望岩場より/拡大可
イメージ 19
 
 
これから目指す万三郎方面/富士山展望岩場より 
イメージ 20
 
 
イメージ 21
 
 
イメージ 22
 
 
アセビのトンネル 
イメージ 23
 
 
アマギシャクナゲ群生地に突入/拡大可
イメージ 24
 
 
 アマギシャクナゲ
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
トウゴクミツバツツジ 
イメージ 27
 
 
石楠立(はなだて) 
ここからアマギシャクナゲ大群生地となり山頂到着時間が大オーバーに・・・(笑)
イメージ 28
 
 
アマギシャクナゲ・トウゴクミツバツツジの競演
イメージ 29
 
 
アマギシャクナゲ/拡大可
イメージ 30
 
 
拡大可
イメージ 31
 
 
拡大可
イメージ 32
 
 
 根っ子道
イメージ 33
 
 
 
花とおじさん ? 
イメージ 34
 
 
 
イメージ 35
 
 
 
イメージ 36
 
 
白花 
イメージ 37
 
 
万三郎岳 (1405.3M)
イメージ 38
 
 
 
5/23(金)
長野発 21:00 ~ 伊豆市のコンビニで仮眠 am01:00
(次回は道の駅・伊豆のへそを予定)
★ナビ設定/長野-駐車場 328㌔ 所要時間 4時間50分
5/24(土)
コンビニ起床&朝食 am4:30 ~ 天城山駐車場着(トイレ・水有り) am5:50
《行程&所要時間・花撮影タイム含む》
天城山駐車場・登山口発 6:22 ~ 砂防堰堤 6:24 ~ 四辻分岐点 6:38 
~ 万三郎岳マデ3.3㌔ 6:49 ~ 万三郎岳マデ3.0㌔ 6:59 
~ 万三郎岳マデ2.9㌔ 7:00 ~ 万三郎岳マデ2.5㌔ 7:16
~ 万三郎岳マデ2.4㌔ 7:22 ~ 万三郎岳マデ2.3㌔ 7:28 
~ 熱川方面展望地 7:34-37 ~ 万二郎岳(1299M) 7:39-49 
~ 富士山展望岩場 7:54-57 ~ 万三郎岳マデ1.7㌔ 8:05
~ 馬の背(1325M)8:10 ~ アセビのトンネル 8:17 
~ 万三郎岳マデ1.2㌔ 8:28 ~ 石楠立(ハナダテ) 8:38 
~ 万三郎岳マデ0.7㌔ 8:59 ~ シャクナゲ撮影会 ~ 万三郎岳マデ0.2㌔ 9:45 
~万三郎岳(1405.3M) 9:56 ~ 万三郎岳下分岐点 10:03-23(昼食)
 
万三郎岳下分岐点(ゴルフ場マデ3.8㌔)発 10:23 
~ ゴルフ場マデ3.1㌔ 10:48 ~ 涸沢分岐 10:54 
~ ゴルフ場マデ2.7㌔ 10:59 ~ ゴルフ場マデ2.4㌔ 11:14
~ ゴルフ場マデ2.3㌔ 11:16 ~ 石柱101地点 11:28 
~ ゴルフ場マデ1.2㌔ 11:41 ~ ゴルフ場マデ1.0㌔ 11:46
~ ゴルフ場マデ0.8㌔ 11:50 ~ 四辻分岐点 11:51 
~ 登山口・駐車場着 12:05
 
下山後
熱海市・起雲閣を見学 ~ 伊東市・汐吹き岩見学 ~ 道の駅・伊東マリンタウン(温泉&宴会)で車中泊
 
5/25(日)
道の駅発 am5:30 ~ 沼津市場着 am6:30 /魚河岸・丸天で朝食後帰路につく 
 
 
 
熱海プチ観光&刺身三昧編へ続く
 
 
 
 

5/16-17 佐渡ドンデン山花旅敗退・その2

2014.5.16(金)-17(土)
佐渡・ドンデン山 花旅敗退・その2
 
 
天候の回復を期待して10時までドンデン山駐車場で待機するも、
濃霧と
人間が立っていられないほどの強風に阻まれ本日の山行はチョンに・・・(ノД`)
明日、晴れることを期待して佐渡周遊ドライブに変更 (^O^)v
 
 
5.16(金)
佐渡周遊ドライブ編
 
 
 
拡大可
イメージ 1
 
 
こんな青空を見ると狐に騙かされたかな-と思いそうですね (笑) 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
佐渡最北端/弾埼灯台
イメージ 36
 
 
 
映画「喜びも悲しみも幾年月」の像
イメージ 4
 
 
 
拡大可
イメージ 37
 
 
 
イメージ 5
 
 
二ツ亀 /灯台より
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
2匹の亀が海上にうずくまったように見えることからこの名前が付く/拡大可
イメージ 8
 
 
大野亀 
イメージ 9
 
 
 大野亀のパンフレット
イメージ 10
 
 
 
願 
イメージ 11
 
 
「願」地籍の神社で明日の快晴祈願
イメージ 12
 
 
 
大野亀 
イメージ 13
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
拡大可
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
外海府からドンデン方面は冬季通行止め 
イメージ 19
 
 
ランチタイム
イメージ 40
 
 
金井温泉「金北の里」 TEL 0259-63-6511  
イメージ 20
 
 
この道の駅で車中泊予定だったが、夜のお酒&食事場所に遠すぎるため街中駐車場に変更
イメージ 21
 
 
佐渡の名湯「新穂潟上温泉」 TEL 0259-22-4126 
イメージ 22
ドライブ編終了
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
イメージ 38
 
 
街中の格安駐車場(トイレ有り)で車中泊 
イメージ 24
 
 
 
イメージ 25
 
イメージ 39
 
 
味処・天國で至福の一時♪ 
イメージ 26
 
 
 
 
 
5/17(土曜日)
午前7時、天候の回復を期待してドンデン山へ向かうがアオネバ登山口で雨降りに・・・
帰りのフェリーは16:15で確保してあったが山頂の雲行きは悪くなる一方なので
早い便に予定変更して帰路につく (゜´Д`゜)
 
 
am8:34 ときわ丸/拡大可
イメージ 27
 
 
am 9:01  ときわ丸船内(爺の車は先頭に並ぶ)
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
ときわ丸・二等客室/前日の「おけさ丸」と比較すると格段の差が・・・ 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
ときわ丸後部デッキ・ドンデン山方面には真っ黒な雲が・・・/拡大可
イメージ 32
 
 
 
イメージ 33
 
 
 
イメージ 34
 
 
新潟港に入港 am11:24
イメージ 35
 
 
 
 おしまい
 
 
 
予備日まで天気が悪く「ドンデン山花旅」は来年へ持ち越しとなったが、
OKANOさんと佐渡ドライブを楽しんできました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/16-17 佐渡ドンデン山 花旅敗退・その1

2014.5.16(金)-17(土)
佐渡・ドンデン山 花旅敗退・その1
 
佐渡の和木山・ドンデン山・アオネバ・石花・金北山は花の山として有名で、
GW中は花を目当てに訪れる登山者達で山小屋はもちろんのこと
ホテルさえ満室になるほどである。
我々(管理人・OKANOさん・EMIちゃん)もGW中の花旅
(車中泊&テント泊)を予定していたが定員4名(高額なフェリー代がネックの為)
が集まらず中止に・・・
来年に順延も考えたが月内の花旅を諦めきれず、下記「平日シルバー割り」
を利用してOKANOさんと佐渡へ行ってきました♪
二日間にわたってご覧の通りの結果となってしまいましたが
来年の佐渡再訪記事をお楽しみに・・・(笑)
 
 
★週末限定ファミリー割り(最低三名以上乗車) 往復車両運賃10000円
★平日シルバー割り(要65才以上運転者同乗・帰路は土日もOK) 往復車両運賃10000円
☆事前予約制・新潟港-両津港車両代金・乗用車4M-5M以内・旅客運賃は別途
(新潟港-両津港車両往復・通常代金・34280円) (旅客代金片道・2510円)
 
 
シルバー割引切符 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
5/15(木曜日) 
長野発 16:00 ~ SA車中泊 ~ 翌朝コンビニで朝食後新潟港へ向かう 
★ナビ設定/長野-新潟港 211㌔ 所要時間・2時間40分
 
 
 
5/16(金曜日)
新潟港発 am6:00~両津港着 am8:30 佐渡汽船フェリーに乗船
イメージ 3
イメージ 21
マップコード 524007649
 
 
 
フェリー乗り場駐車場 
イメージ 4
 
 
おけさ丸船内 
イメージ 5
 
 
おけさ丸・二等船内 /毛布は100円
イメージ 6
 
 
おけさ丸船内 
イメージ 7
 
 
おけさ丸 
イメージ 8
 
 
 am7:04 おけさ丸より
イメージ 9
 
 
am8:00 佐渡が見えてきた-♪ 
イメージ 10
 
 
 
両津港からドンデン山駐車場までの所要時間は約30分
am8:36 ドンデン山へ直行! /佐渡汽船・両津港ターミナル
イメージ 11
 
 
am8:49 アオネバ登山口(バイオトイレ有・駐車2台)
イメージ 12
イメージ 20
マップコード 752121882
 
完全舗装路だが道幅が狭いので要注意 
イメージ 13
 
 
 
両津湾方面
イメージ 14
 
 
am9:08 ドンデン山荘
イメージ 15
 
 
 
ドンデン山荘横のドンデン高原登山口 
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
ドンデン山駐車場&ドンデン花ライナー終点(トイレはドンデン山荘で)
10時まで待機したが濃霧と強風で山歩きを断念(泣)
イメージ 19
イメージ 22
マップコード 752 182 160
 
 
夕方のTVニュースで佐渡は風速29.6 ㍍の強風だったとさ・・・(;´Д`)
 
 
佐渡花旅敗退・その2へ続く
 
 

5/10 赤城山山塊「鍋割山・荒山」アカヤシオ花旅

2014.5.10(土曜日)
赤城山山塊/鍋割山・荒山アカヤシオ花旅
 
ブロ友「かずさん」に案内していただき鍋割山・荒山へ
爺のカンでは、荒山山頂のアカヤシオは今週が満開と読んで訪問したが・・・
登ってみるまでわからない「花旅」の難しさを体験してきましたので、
その一部始終を写真でお楽しみ下さい (^O^)v

《参加者&ブログサイト》
★かずさん、HORIさん
かずさん・ブログ 
 
★こうちさん、えいちゃん
こうちさん・ブログ
2014.5.10 赤城山(鍋割山・荒山)
 
★爺、えみちゃん、黒ちゃん
管理人HP
 
 
☆アカヤシオ開花状況参考ブログ
ブロ友・サクラマスさん
2014.5.5 リハビリハイク赤城・鍋割山
☆ブロ友・かずさん
 
 
 
鍋割山-荒山MAP
使用データソフトカシミル3D 
  イメージ 1
姫百合P標高/1023M 鍋割山登山口標高/805M 標高差/766.9M 総歩行距離/9750M
(強風ブレ発生で距離多めに測定) 
 
 
 
荒山からのパノラマ図解 ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2
 
 
 
 
鍋割山登山口・路肩駐車 (トイレ無し)
イメージ 3
イメージ 40
マップコード 261301162
スマホ・iPhoneはPCモードで表示可
 
 
鍋割山登山口/鍋割山マデ約1.6㌔ 
イメージ 4
 
 
火山地帯特有の岩ゴロ道がつづく 
イメージ 5
 
 
目指す鍋割山/獅子ヶ鼻より  ※右のお山が高く見えるが実は・・・ 
イメージ 6
 
 
前橋市内を一望/天気が良ければ富士山も見える展望地だ(獅子ヶ鼻より)  
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
登り応え十分のガレ場登山道  
イメージ 9

 
 
息も絶え絶えの爺 (゜´Д`゜) 
イメージ 10
 
 
ガレ場が終われば鍋割山まであとチョットだが・・・
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
なんと、最後の最後で恐怖の階段登りが待っていたのである~~!
150段くらいまで数えていたけど途中で思考回路ゼロになり頓挫(笑) 
イメージ 13
 
 
長~い木段歩き終了 (^O^)v 
イメージ 14
 
 
鍋割山 1332M 
イメージ 15
 
 
鍋割山 1332M  
イメージ 16
 
 
 
 
 
荒山高原へ 
 
 
 
 
上州名物「かかあ天下と空っ風」の大元、横殴りの強風に悩まされた稜線歩き! 
イメージ 17
 
 
雪をかぶった大岩に顔を描くのがはやっているらしい・・・(笑) 
イメージ 18
 
 
人面岩直下の岩窟「東の神様」 
イメージ 19
 
 
岩窟「東の神様」  
イメージ 20
 
 
赤城山山塊展望/竈山(かまどやま)より 
イメージ 21
 
 
目指す荒山展望・火起山(ひおこしやま)より
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
本日初のアカヤシオ撮影会  
イメージ 24
 
 
荒山高原/荒山へ直登して東尾根経由でここに戻る
イメージ 25
 
 
 
 
荒山へ
 
 
歩きだしは緩やかな登山道だが・・・
イメージ 26
 
 
鍋割山のガレ場に負けず劣らずゲットな登山道が山頂までつづく (;´Д`) 
イメージ 27
 
 
荒山 1571.9M 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 東尾根から荒山高原へ
 
 
山頂直下のアカヤシオ樹林では大半が蕾状態だった(残念) 
イメージ 29
 
 
青空が似合う「アカヤシオ」 
イメージ 30
 
 
 
 
ひさし岩
イメージ 41
 
 
 
荒山高原ポイント⑬・東屋
イメージ 31
 
 
荒山高原まで戻ってきました♪
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
車デポ地・姫百合駐車場へ 
 
 
 
イメージ 33
 
 アカヤシオ
 
イメージ 34
 
 
 
イメージ 35
 
 
荒山風穴 
イメージ 36
 
 
 檜樹林帯を下る
イメージ 37
 
 
 
樹齢数百年・赤城の栗太郎
イメージ 42
 
 
 
姫百合駐車場(トイレ・自販有り)に下山 
イメージ 38
イメージ 39
マップコード 261363858
 
 
☆かずさんへ
お礼が最後になってしまいましたが、我々の為に下見登山(6日)まで
していただき本当にありがとうございました。
 
 
5/10(土曜日)
ナビ設定/長野~姫百合駐車場・170km 所要時間・150分
下山口&車デポ地・姫百合駐車場(トイレ有り)集合 7:30
~鍋割山登山口へ移動
 
行程&所要時間
鍋割山登山口発 7:49 ~ 獅子ヶ鼻 8:13-16 ~ 鍋割山ポイント⑥ 8:56
~ 前不動分岐点 9:12 ~ 約300段?の木階段 ~ 鍋割山(1332M) 9:23-47
~ サラサドウダン 9:54 ~ 冬季限定人面岩 9:58 
~ 岩窟「東の神様」を往復・約10分 ~ かまど山 10:18-20 
火起山 10:25-28 ~ 荒山高原 10:39-11:01 
~ 展望の広場 11:17 ~ 荒山(1571.9M) 11:56-12:44 
~ ひさし岩 13:03-10 ~ 荒山高原ポイント⑬・東屋 13:20 
~ 荒山高原ポイント⑦・東屋 13:49-52
荒山高原(姫百合Pマデ2.1㌔) 14:01-04 ~ 荒山風穴 14:21 
~ 四季の道分岐点 14:40 ~ 赤城・栗太郎 14:50 
~ 姫百合駐車場着 14:54
 
 
立ち寄り温泉
道の駅ふじみ・富士見温泉「見晴らしの湯」
TEL 027-230-5555 入浴料510円(3時間)
第1・3木曜定休 am10::00-pm21:00 
ナトリウム・カルシウム塩化温泉 管理人泉質満足度 ★★
 

5/3 甲武信ヶ岳/千曲川源流コース

2014.5.3(土曜日)
甲武信ヶ岳・2475M
 
GW後半は佐渡のお山を予定していたが天気予報が芳しくなく延期に・・・(泣)
ポカッと空いてしまったGWだったが、尼厳山でご一緒させてもらった
近藤さんの山計画に混ぜてもらい甲武信ヶ岳へ行ってきました。
近藤さんからは「ベテラン組と山経験の少ない組の混成チームなので
場合によっては途中で引き返す事もありますよ」と聞いていたけれど
全員で山頂からの景色を楽しむ事ができました♪
 
メンバー紹介
近藤さん・山崎さん・芦原さん・馬場さん・反町さん・中野さん・保谷さん・宏さん・爺の9名
 
 
管理人HP
 
 
 
 
甲武信ヶ岳鳥瞰図
イメージ 1
毛木平P標高/1464M 標高差/1011M 総歩行距離/17198M
 
拡大可
イメージ 2
 
 
 
長野県・川上村・毛木平駐車場(トイレ有り)
イメージ 3
 
イメージ 42
マップコード 665130053
 
 
 
出発前の記念撮影 
イメージ 4
 
 
 
登山口 
イメージ 5
 
 
冷え込みは感じるものの快適な歩き出し
イメージ 6
 
 
ハシリドコロ 
※地下茎はロート根と呼ばれる薬用になるが食べると中毒症状を起こし走り回ることから名前が付く
イメージ 7
 
 
これから残雪との悪戦苦闘が始まるとは知らず、爺はじめ皆さん余裕の
笑顔なのだ-(笑)
イメージ 8
 
 
この景色だったので残雪の「ザ」の字も頭に浮かばなかったが・・・ 
イメージ 9
 
 
慰霊碑通過後、残雪地帯に突入 
うっかり「アイゼン」を入れ忘れた爺であったが、全員が持ってこなかったと知り
非常事態発生!!  (;´Д`)
ルートは把握しているので残雪状況でリスクが高いと判断したときは引き返すこととし
「ツボ足」で前進
イメージ 10
 
 
ナメ滝 
イメージ 11
 
 
ナメ滝全景
イメージ 12
 
 
雪がどんどん深くなってくるが踏み固められており歩きやすい 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
とはいえ、足への負担がアイゼンの有る無しでは大きく違い
メンバーに疲労の色が・・・ 
イメージ 15
 
 
 
沢に切れ落ちている源流ルート最難関地点を無事通過
イメージ 16
↑前から・↓後から
イメージ 17
 
 
木橋も沢に滑り落ちることなくクリア 
イメージ 18
 
 
源流マデ900㍍ (^O^)v
イメージ 19
 
 
青空が眩しい 
イメージ 20
 
 
千曲川源流 
イメージ 21
 
 
中野さんが雪に埋まる源流を掘ってみたが・・・
イメージ 22
水が涸れていなければ美味しい源流の一滴を飲むことができる♪
イメージ 23
ガーミン山専ナビのMAP表記と日本地形図TOPO-10Mの誤表記を発見!!
ガーミン社日本総代理店いいよねっと制作による地図に誤表記があり修正を提言しました。
イメージ 43
 
 
 
ここから国師ヶ岳分岐点まで胸突き八丁の急登になるけど、
山頂はもう目の前なので気力でガンバ!!
イメージ 24
 
 
国師ヶ岳分岐点が見えてきた~♪
イメージ 25
 
 
国師ヶ岳分岐点
イメージ 26
 
 
樹林帯から甲武信ヶ岳山頂を目指す
イメージ 27
 
 
樹林帯終盤には展望適地が現れる
イメージ 28
 
 
ガレ場展望適地/ここまで来れば山頂は近い♪
イメージ 29
 
 
上記ガレ場より富士山・乾徳山の大展望
ブロ友「いぬどし」さんが乾徳山に登っているはずだが・・・
イメージ 30
 
 
富士山/ガレ場展望適地より
イメージ 31
 
 
 
山頂まであと5分、落に気をつけながらひと頑張り!
イメージ 32
↑上から尾根筋撮影・↓下から山頂方面撮影
イメージ 33
 
 
山頂全景
イメージ 34
 
 
甲武信ヶ岳 2475M/先発到着組で記念撮影 
イメージ 35
 
 
ランチタイム♪
イメージ 36
 
 
山頂より
イメージ 37
 
 
山頂より
イメージ 38
 
 
山頂より 
イメージ 39
 
 
 
 
 
これより下山風景
 
 
山頂で集合写真が撮れなかったのでガレ場で記念撮影
イメージ 40
 
 
慣れないツボ足歩きに苦しみながらも無事に下山することができました♪
カメラマン:馬場さん 
イメージ 41
 
  
 
 
 
ナビ設定
長野~佐久IC経由~毛木平駐車場(トイレ有)120㌔ 所要時間130分 
 
 
※写真提供:馬場さん※
 
 
 
行程・所要時間
毛木平駐車場発 6:47 ~ 三峯山大権現 6:51 ~ 十文字峠分岐点 6:56
~ 大山祇神社 7:13 ~ 岩壁の大穴 7:23 休憩 7:26-30 
~ 慰霊碑 7:37 ~ 休憩 7:58-8:05 ~ ナメ滝 8:50-9:01
休憩 9:23-29 ~ 源流マデ1.45km 9:33 ~ 源流マデ0.9km 9:55
休憩 10:00-06 ~ 源流マデ0.35km 10:25 
~ 千曲川源流 10:47-11:01 ~ 国師岳分岐点 11:20-33 
~ ガレ場展望良 11:43-51 ~ 甲武信ヶ岳 12:02-43(昼食)
 
甲武信ヶ岳発 12:43 ~ ガレ場展望良 12:53-13:10
~ 国師岳分岐点 13:21 ~ 千曲川源流 13:32-37
~ 源流マデ0.35km 13:48 ~ 休憩 14:05-13 ~ 源流マデ1.45km 14:32
休憩 14:35-43 ~ ナメ滝 14:59 ~ 休憩 15:32-44
~ 慰霊碑 16:00 ~ 岩壁の大穴 16:05 ~ 大山祇神社 16:12
~ 十文字峠分岐点 16:25 ~ 毛木平駐車場着 16:32
 
 
 
 
 
 

4/26 春季ブロ友オフ会&十二ヶ岳登山

2014.4.26(土曜日)
春季・ブロ友オフ会&十二ヶ岳登山写真掲載の前に・・・
MS社のブラウザIEの微弱性が指摘され、問題が解決されるまで
「他のブラウザに乗り替えるように」とのニュース報道が頻繁に流れていますよね。
爺のパソコンは大丈夫だろう! くらいの気持ちでいましたが「万が一」
ということもあるので「グーグル・Chrome」をインストールしたところ、
Ads by View password なる余計なソフト
(貴方のパソコンは危険ですよ!などと他のサイトへ誘導する)
まで入り込んでしまい、こいつを削除できるまで大仕事となってしまいました (汗)

削除までの顛末を書き込みますのご笑覧下さい。

1.プログラムファイルの中に「View password」のフォルダがみつかっ
たのでコントロールパネルからプログラムのアンイストールをするが削除で
きない! (3回ほど挑戦するがことごとく無駄骨に・・・)
2.ならば、該当ファイルをダイレクトに削除してしまえと「削除」操作を試みるも消えない!
3.最後の頼みはネット検索(笑) 
MS社のコメントに「セーフモード起動後のSM画面でプログラムのアンイストール」
との記述があり、これを
試したところ無事に削除することができました♪
※再起動時、画面が立ち上がる前にF8またはF2キーを押したまま起動させると
セーフモードになります。
皆さんも似たような経験をされたらお試し下さい。

2014.4.26(土曜日)
春季・ブロ友オフ会&十二ヶ岳登山

《参加者&ブログサイト
☆ぴろりん隊(ぴろりんさん・パパさん)

ゆうゆう隊 (ゆうゆうさん・ゆみっこさん・しかおさん
・カービーさん
・つぶあんさん・ポカリさん)

☆こうち隊(こうちさん・えいちゃん)

☆るびるび隊(るびるびさん・ひょんたくん)

☆MIZUO隊(mizuoさん)

☆momo隊(momoさん・Paraさん)

☆長野隊(爺)



4/26(土曜日)
田貫湖・ダイヤモンド富士撮影

AM 5:48.24秒
イメージ 1
イメージ 37
マップコード 312052193


AM 5:56.55秒 /拡大可
イメージ 2


AM 5:59.53秒
イメージ 3


AM 6:04.44秒 /拡大可
イメージ 4






節刀ヶ岳~十二ヶ岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 5
芦川地籍P標高/970M いずみの湯P標高/900M 標高差/766.4M 総歩行距離/8715M 


芦川地籍駐車場
イメージ 6
イメージ 38
マップコード 59174577


芦川地籍駐車場
イメージ 7


大石峠登山口・指導標には大石峠まで120分とある
イメージ 8


林道歩きが続く
イメージ 9


林道終点/大石峠入口指導標
イメージ 41


残雪が多い
イメージ 10


大石峠・1562M
イメージ 11


富士山・毛無山・十二ヶ岳展望/大石峠より
イメージ 12


金堀山までは比較的穏やかな稜線歩きが続く
イメージ 13


金堀山・1608M 展望は無い
イメージ 14


節刀ヶ岳への胸突き八丁
イメージ 15


大石峠・金山分岐点/爺がやたらめったらくたびれている絵
イメージ 16


本日の最高峰・節刀ヶ岳(1736.4M)で記念撮影
イメージ 17


富士山・十二ヶ岳(左)/節刀ヶ岳より
イメージ 18



イメージ 42
MIZUOさん定番
イメージ 43



西湖展望
イメージ 19


本日最大の難所? 
イメージ 20


十二ヶ岳・1683.3M
イメージ 21


桑留尾登山口への下りは斜度がキツイうえ、ザレ道なのでスリップ転倒に注意!
イメージ 22


たまに展望が開けた場所もあるが大半は樹林帯下りとなる
イメージ 23


まめ桜
イメージ 24


気の抜けない登山道が登山口まで延々と・・・(;´Д`)
イメージ 25


車デポ地・いずみの湯に到着 お疲れ様でした ^ー^)人(^ー^
イメージ 26
イメージ 39
マップコード 59022077






西湖湖畔キャンプ場
春季・ブロ友オフ会


コメントを入れなくても写真だけで楽しさが伝わりますよね・・・(^O^)v
イメージ 27
イメージ 40
マップコード 59024190




拡大可
イメージ 28


拡大可
イメージ 29



イメージ 30


オートキャンプ仕様で入場料が1名1000円は超お得♪
イメージ 31


ゆうゆう隊長によるカクテルパーティ-
イメージ 32



イメージ 33



イメージ 34





イメージ 35



イメージ 36
★このような素晴らしいオフ会を企画し、準備してくれた「ぴろりん隊」
に心から感謝
したいとおもいます。
本当にありがとうございました♪


4/25(金曜日)
田貫湖ダイヤモンド富士撮影のため「道の駅朝霧高原」車中泊出発
ナビ設定 長野~田貫湖/207㌔ 所要時間/3時間

4/26(土曜日)
ナビ設定 田貫湖~西湖湖畔キャンプ場/30㌔ 所要時間/40分

★桑留尾いずみの湯駐車場に車をデポ後、県道719号で芦川地籍の駐車場へ向かう
★最寄りのトイレは河口湖自然生活館のみ

芦川地籍駐車場発 8:35 ~ 県道歩き ~ 大石峠登山口(峠マデ120分) 8:36 
~ 林道歩き ~ 林道終点 9:01-04 ~ 水場分岐点 9:20-25
~ 大石峠(1562m) 10:01-10  ~ 金堀山(1608m) 10:35 
~ 金山・大石峠分岐点 11:13  ~ 節刀ヶ岳(1736.4m) 11:17-56(昼食)
 
節刀ヶ岳発 11:56 ~ 金山・大石峠分岐点 12:00
~ 金山(1686m) 12:08-13 ~ 鉄梯子を降りる 12:38
~ ロングロープを登る 12:42 ~ 十二ヶ岳(1683.3m) 12:57-13:07 
~ 桑留尾分岐点 13:09 ~ 文化洞トンネル方面分岐点 14:12
~ 桑留尾登山口 14:29 ~ 桑留尾いずみの湯駐車場着 14:31

写真提供/ぴろりん隊・こうち隊・MIZUOさん・ゆうゆう隊


4/20 安曇野・光城山の桜 その2

2014.4.20(日曜日)
安曇野市・光城山の桜/その2
 
現地駐車場MAP・光城山~長峰山トレッキングMAPは「その1」でご確認下さい。 ※その1と同じ写真も数枚ありますが悪しからず
 
 
 
光城山からのパノラマ図解イメージ 1

 
 
光城山ルートMAP/拡大可
イメージ 2
《使用データソフト GARMIN MapSource》
 
 
 
 
光城山の桜/長野自動車道・梓川IC近辺の車窓より
イメージ 3
 
 
光城山の桜/長野自動車道・梓川IC近辺の車窓より
イメージ 4
 
 
光城山駐車場・登山口(トイレ有り)
イメージ 5
 
 
 
登山口の桜・これで5分咲きらしい・・・/拡大可
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
拡大可
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
拡大可
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
拡大可
イメージ 14
山頂が近づくにつれ蕾状態の木が多くなる
イメージ 15
 
 
 
山頂手前の展望広場/前方に見えるのは避難小屋&トイレ
イメージ 16
 
 
 
天気が良ければ・・・
イメージ 17
北アルプス大展望のはずだが・・・(残念)
イメージ 18
 
 
光城山山頂・古峯神社
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
下山時撮影
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
イメージ 24
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
拡大可
イメージ 26
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
光城山・桜尾根全景/拡大可
イメージ 31
 
 
 
 
おしまい
 
 
 
 
 
 
 

4/20 安曇野・光城山(ひかるじょうやま) その1

2014.4.20(日曜日)
安曇野市・光城山の桜/その1
 
 
 
光城山は、かつて海野氏の一族である光氏が城を構えていた山です。
狼煙を使い連絡しあう役目があったと思われ、山頂には火の守り神を祀る
「古峯神社」があります。
春には1500本のソメイヨシノが、遊歩道に沿って標高差400メートルの
山の斜面を駆け上がります。
桜の回廊を抜け山頂に立つと、眼前に北アルプス、眼下にピンクの絨毯が広がります。
桜の見ごろは4月下旬。
 
 
 
光城山鳥瞰図
イメージ 1
 
 
 
光城山-長峰山トレッキングMAP
イメージ 20
 
 
 
拡大可
イメージ 2
 
 
光城山登山口(駐車場・トイレ有り) 拡大可
イメージ 3
イメージ 19
マップコード 158262104
スマホ・iPhoneはPCモードでMAP表示可 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
拡大可
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
山頂直下の休憩小屋&トイレ 
イメージ 12
 
 
光城山 
イメージ 13
 
 
 
 下山風景
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
拡大可
イメージ 16
 
 
 
安曇野・光城山の桜/YouTube ワイド版 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ写真・松本市内ロールケーキ店へ立ち寄る際に見つけた桜の穴場 スポット
 
 
弘法山古墳の桜/拡大可
イメージ 17
イメージ 18
マップコード 75763123
 
 
 
 
 
 

4/13 尼厳山(長野市の里山・あまかざりやま)

2014.4.13(日曜日)尼厳山 780.9m

元同僚・近藤さん山仲間に混ぜていただき、
長野の里山「尼厳山・あまかざりやま」を楽しんで来ました♪
 
 
管理人HP
 
 
尼厳山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
 
池田の宮R-長礼R・MAP/拡大可
イメージ 31
尚和寮跡駐車場標高/355M  標高差/425.9M  総歩行距離/4736M
 
 
 
 
尚和寮跡地駐車場/登山MAP&登山届けBOXあり 
イメージ 2
 
イメージ 30
マップコード 177836451
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
玉依比売命神社(池田の宮)で登山安全祈願 
イメージ 3
 
 
池田の宮R登山口 
イメージ 4
 
 
春なのに落ち葉を踏みしめる様は秋模様 
イメージ 5
 
 
 イノシシ除けゲート
イメージ 6
 
 
北尾根R分岐点
イメージ 7
 
 
石仏・1 
イメージ 8
 
 
石仏・2 
イメージ 9
 
 
長礼R分岐点 (下山はここから長礼ルートを歩く)
イメージ 10
 
 
石仏・3 
イメージ 11
 
 
鎖場 
イメージ 12
 
 
大岩ではこのポーズが決まり事 (*^▽^*) 
イメージ 13
 
 
ロッククライミングの岩頭にて/拡大可
イメージ 14
 
 
 ロッククライミングの岩頭にて/展望良♪ 但し転落に注意!
イメージ 15
 
 
ロッククライミングの岩頭にて/拡大可
イメージ 16
 
 
山頂が近い 
イメージ 17
 
 
780.9m 尼厳山山頂に到着! 
イメージ 18
 
 
記念撮影/背中向けてるおじさんは仲間ではないですよ・・・
イメージ 19
 
 
高妻山・飯綱山・妙高/拡大可
イメージ 20
 
 
ランチタイム♪ 
イメージ 21
 
 
30人近い大集団が訪れ山頂は大賑わい 
イメージ 22
 
 
立見岩より/拡大可
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 長礼ルートの下り
 
 
テレビ共同アンテナ塔
イメージ 24
 
 
加賀井温泉分岐点
イメージ 29
  
イノシシ除けゲートは左に10㍍地点 
イメージ 25
 
 
ミスリードで民家を下り田圃道に入ってしまったので正規ルートを破線で記載/拡大可
イメージ 32
 
 
ラッパ水仙
イメージ 26
 
 
プルーンの花 
イメージ 27
 
 
管理人ミスリードで田圃道を歩く仲間/尚和寮跡地駐車場より撮影 
イメージ 28
 
 
近藤さん、鹿嶋さん、山崎さん、芦原さん、馬場さん、
今日は楽しい1日をありがとうございました。
※写真提供・馬場さん(感謝)
 
 
 
スーパーツルヤ松代店集合 8:30
 
尚和寮跡地駐車場発 8:59 ~ 玉依比売命神社で登山安全祈願 9:09
~ 池田の宮R登山口 9:11 ~ イノシシ除けゲート 9:18 
~ 石碑 9:21-23 ~ 北尾根R分岐点 9:33-38
~ 石仏① 9:43 ~ 石仏② 9:51 ~ 長礼R分岐点 9:52-54
~ 石仏③ 9:59 ~ 大岩 10:05-09 
~ RC大岩・岩頭展望地① 10:14-21 
~ RC大岩・岩頭展望地② 10:25-29 ~ JA農業大学分岐点 10:37
~ 堀切で休憩 10:40-45 ~ 尼巌山着 10:48-12:05
 
尼厳山発 12:05 ~ 大岩 12:21 ~ 石仏③ 12:30
~ 池田の宮R分岐点 12:32 ~ テレビ共同アンテナ 12:34
~ 加賀井温泉分岐点 12:49 ~ イノシシ除けゲ-ト 12:51
~ 尚和寮跡地P着 13:05
 
 
 
 
 

4/12 花の名山・角田山(新潟県)

2014.4.12(土曜日) 角田山 
輪島・猿山岬の雪割草花旅に続き、第二弾雪割草花旅で新潟の角田山へ行ってきました♪
※第三弾雪割草花旅は佐渡のドンデン山を予定

 
開花情報(ピークは先週まで)
雪割草/僅かに残るのみ
カタクリ/変色も目立つが遠目から見る分には問題なし(アップ厳禁かな)
 
管理人HP
 
管理人HP
 
角田山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
海水浴場P標高/5M 標高差/476.7M 総歩行距離/6459M
 
 
 
角田浜海水浴場駐車場(トイレ有り)
イメージ 2
イメージ 28
マップコード 190459100
スマホ・iPhoneはPCモードで表示可
 
桜尾根R登山口
イメージ 3
 
 
しばらく急登が続く
イメージ 4
 
 
雪割草/猿山岬は白・赤が多かったが角田山は赤系が少なく白・青がメイン
イメージ 5
 
 
拡大可
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
長野隊顧問OKANOさん、去年からの新隊員YUUKORIN
イメージ 8
 
 
拡大可
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
平坦道にて 
イメージ 11
 
 
急登なれど足元のカタクリが疲れを癒してくれる
イメージ 12
 
 
短時間で登れるので花を楽しみながらノンビリと・・・
イメージ 13
 
 
桜尾根Rのカタクリ花道/右側が登山道
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
 
 
角田山山頂 481.7M
イメージ 17
OKANOさんは先週に引き続き連続で角田山訪問 
 
 
 
灯台尾根ルートで下山
 
 
 
灯台尾根Rもカタクリ大群生/今日の山行で白花カタクリを三株発見♪
イメージ 18
 
 
春の陽射しを浴びながら下山
イメージ 19
 
 
花のお山は撮影に忙しくて、お互いなかなか前に進めませんね~(笑)
イメージ 20
 
 
灯台Rのカタクリ花道
イメージ 21
 
 
花の後はこの大展望が持っていますよ~(^O^)v
イメージ 22
 
 
角田岬灯台&角田浜海水浴場
イメージ 23
 
 
山国育ちの信州人にとって海には特別な思い入れが・・・イメージ 24
 
 
判官舟隠し
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
判官舟隠し
イメージ 27
END
 
2014.4.12(土曜日)角田山
ナビ設定/長野 5:22 ~ 巻潟東IC下車 ~ 角田浜駐車場 7:50(199km) 
 
角田浜海水浴場P(トイレ有り)発 8:15 ~ 桜尾根R登山口 8:19
~ 途中休憩 9:09-15 ~ 石仏 9:41 ~ 灯台R分岐点 9:50
~ 角田山山頂着 9:53-10:09
 
角田山発 10:09 ~ 桜尾根R分岐点 9:50 ~ 三望小屋 10:24
~ 浦浜R分岐点 10:26 ~ 角田岬灯台 11:38-42
~ 判官舟隠し 11:44-48 ~ 角田浜海水浴場P着 11:55


寺泊のK○店2階にある「○○食事処」で昼食をとったが
会計時に厨房をみたら「くわえタバコ」の調理人が・・・
「くわえタバコ」で調理をするような店には金輪際行かないぞ!!
 
立ち寄り温泉情報
寺泊きんぱちの湯 TEL 0258-75-5888 入浴料 500円
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4/8 飯能アルプス編(伊豆ヶ岳・子ノ権現・大高山・天覚山)その2

2014.4.8(火曜日) 単独
プチアルプスシリーズ第六弾で飯能アルプスへ②
飯能アルプスは西武鉄道・飯能駅を起点に天覧山-多峯主山(とうのすやま)
-天覚山-大高山-前坂-子ノ権現(ねのごんげん)までの説と、
子ノ権現を経て伊豆ケ岳-正丸駅までとの説もある。 
 
伊豆ヶ岳~子ノ権現 トレラン1名・登山者2名とすれ違う
子ノ権現 大型バスで訪れた参拝者多数
子ノ権現~天覚山 単独登山者・トレランの各1名とすれ違う
 
★全ルートの90%が杉林で展望が無いうえ花粉症持ちには厳しいコース
★アップダウンが多いうえ、ザレた急坂が多いのでスリップ注意
★途中にアセビ樹林帯と椿樹林帯あり
★もう1時間早い出発と子ノ権現でユックリしすぎなければ多峯主山
(とうのすやま)までは行かれたかも・・・ 
 
飯能アルプス参考ページ
ブロ友・サクラマスさん
2014.3.17 ロングランの飯能アルプス
 
ブロ友・booさん
2013.4.28 飯能アルプス・その1-5
 
 
 
 
飯能アルプス鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
伊豆ヶ岳より子ノ権現へ
 
しりもち坂とは的を射た命名だ 
イメージ 2
 
 
ザレた急坂で登山靴のグリップが全く役にたたない (ノД`)
イメージ 3
 
 
下ったり! 登ったり! ふ~~ 
イメージ 4
 
 
古御岳 830M
イメージ 5
 
 
アセビ樹林帯 
イメージ 6
 
 
高畑山 695M  
イメージ 7
 
 
天目指峠・東屋 
イメージ 8
 
 
登り~! 
イメージ 9
 
 
子ノ権現 敷地内にて 
イメージ 10
 
 
アカヤシオが咲き誇る境内 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
ブロ友隊&長野隊の山行安全祈願草履絵馬(悪筆につき一部消去) 
イメージ 13
 
 
足の神様なので草履と下駄が祀られている 
イメージ 14
 
 
スルギ方面登山口拡大MAP/拡大可
イメージ 15
 
 
 スルギ方面はこの指導標横から尾根筋へ下りる
イメージ 16
 
 
杉! 杉! 杉!  
歩いても、歩いても、杉林のオンパレードにうんざり (`へ´)フンッ。 
イメージ 17
 
 
おっ! これは何者だ-?  カタツムリの親分かな~ 
イメージ 18
 
 
心癒される椿街道 
イメージ 19
 
 
 
イメージ 20
 
 
石灰石採掘場/唯一の展望地より
イメージ 21
 
 
 
 お地蔵様
イメージ 22
 
 
 ホームページのルート解説は「杉林をひたすら歩く」で終わりそうだ(笑)
イメージ 23
 
 
たまに車道歩きもあるけどね・・・ 
イメージ 24
 
 
前坂・指導標 
イメージ 25
 
 
前坂 
イメージ 26
 
 
車道を横切り大高山へ 
イメージ 27
 
 
小洒落た大高山標柱 493M 
イメージ 28
 
 
 椿街道もつかの間・・・
イメージ 29
 
 
あっというまに杉林に・・・ 
イメージ 30
 
 
PM 15:13 天覚山・445M 
この先、飯能駅まで3時間以上要するため飯能アルプス歩きはここで終了! 
イメージ 31
 
 
霞がかかり展望はイマイチ/天覚山より 
イメージ 32
 
 
拡大可 
子ノ権現以降は未知のルート、25000/1地図を四枚に分けて印刷したが
二枚しか使わなかった(残念)
イメージ 33
 
 
 
 
 
 
天覚山からエスケープルートで東吾野駅へ下る 
 
 
 
沢ルートを選択 
イメージ 34
 
 
 沢ルート/中間点では二本の倒木がルートをふさいでいた
イメージ 35
 
 
長尾坂配水場横を下る 
イメージ 36
 
 
東吾野駅に到着 
イメージ 37
イメージ 40
マップコード 91196649
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
 
 
正丸駅まで210円 
イメージ 38
 
 
 正丸駅で降りたのは爺だけだった (^O^)v
イメージ 39
 
 
 
 
4/7(月曜日)
ナビ設定/長野-正丸駅 194km・2時間40分
長野発 ~ 上里SA(車中泊)
4/8(火曜日)
ナビ設定/上里SA-正丸駅 所要時間 1時間10分 
コンビニ情報/秩父市に多数有り
 
 
正丸駅駐車場発(有料500円・トイレ有り) 5:42 ~ 安産地蔵 5:53 
~ 馬頭尊 6:06 ~ 実谷の二又分岐点 6:14 ~ 胸突き八丁(服岩) 6:27 
五輪山(780M) 6:58-7:01 ~ 男坂・女坂分岐点(下) 7:02 
男坂 ~ 男坂・女坂分岐点(上) 7:18 ~ 伊豆ケ岳(850.9M) 7:20-33
 
 
伊豆ケ岳(850.9M) 発 7:33 ~ しりもち坂 7:36 
古御山(830M) 7:51-54 ~ 高畑山(695M) 8:30 
中ノ沢ノ頭(622M) 8:48 ~ 天目指峠(休憩舎) 9:05 
~ ベンチ休憩 9:20-28 ~ 愛宕社 9:55 ~ 子ノ権現 10:02-47 
 
 
子ノ権現駐車場に立つ「吾妻駅・浅見茶屋方面」指導標横からスルギ方面ルートへ入る
10:58 ~ スルギ 11:14 ~ 六ツ石の頭(540M) 11:33-44
~ 堂平分岐点 11:53 ~ 途中休憩 12:14-17
三等三角点(522.1M) 12:20 ~ 墓地 12:29 ~ お地蔵様 12:32
~ 車道出合い(石祠2体) 12:36 ~ 車道歩き ~ 前坂への入口 12:41 
前坂 12:51-13:00 ~ 車道出合い(大高山入口指導標) 13:12 
大高山(493M) 13:35-44 ~ 大岩 13:57 ~ 途中休憩 14:47-51 
~ 東吾野駅分岐点 15:11 ~ 天覚山(445M) 15:13-24 
~ 東吾野駅分岐点まで戻る ~ 両峯神社跡(尾根R・沢R分岐点) 15:26
~ 沢ルート ~ 長尾坂配水場(車道出合い) 15:42 
~ 天覚山尾根R・沢R分岐点(下) 15:49 ~ 車道歩き
~ 天覚山登山口 15:56 ~ 東吾野駅着 16:04
 
東吾野駅発 16:05 ~ 正丸駅着 16:18(運賃・210円) 
 
立ち寄り温泉情報
秩父川端温泉・梵の湯 TEL 0494-62-0620 
管理人泉質満足度 ★★★ 
 
 
上里SAで車中泊し翌日早朝帰宅
 

4/8 飯能アルプス編(伊豆ケ岳-子ノ権現-天覚山) その1

2014.4.8(火曜日) 単独
プチアルプスシリーズ第六弾で飯能アルプスへ
飯能アルプスは西武鉄道・飯能駅を起点に天覧山-多峯主山(とうのすやま)
-天覚山-大高山-前坂-子ノ権現(ねのごんげん)までの説と、
子ノ権現を経て伊豆ケ岳-正丸駅までとの説もある。
管理人の感想としてはアルプスと命名するからには後者ではと・・・
その辺の議論は横に置くとして、登山地図を広げるとその距離とCTの長さにビックリ!
地図表記合計タイムは飯能駅~正丸駅ルートで13時間45分、
逆歩きの正丸駅~飯能駅ルートでさえ13時間のロングコースである。
要領の良い管理人は当然のことながら高い場所から低いところへ下りる後者を選択(笑)
正丸駅発は日の出時間の5時を予定していたが寝過ごしてしまい40分遅れに・・・
結果は写真を見てのお楽しみ♪
 
管理人HP
 
 
 
 
 
住宅街に入ればなんとかなるかと思ったが、天覚山着15:13と遅くなってしまい
エスケープルート利用で下山開始/拡大可
イメージ 20
 
 
 
地図ではあとちょっとだが、天覚山から3時間以上歩かなければ飯能駅に着かないのだ-
イメージ 1
 
 
拡大可
イメージ 21
正丸駅P標高/300M 東吾野駅標高/130M 標高差/720.9M 総歩行距離/18804M
 
 
正丸駅・有料駐車場(約15台・トイレ有り) 
イメージ 2
イメージ 19
マップコード 91367275
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
駐車場券売機/24時間・500円だったような・・・ 
イメージ 3
 
 
正丸駅構内・伊豆ヶ岳登山口(登山届けBOXあり )
イメージ 4
 
 
 急階段
イメージ 5
 
 
安産地蔵 
イメージ 6
 
 
馬頭尊/伊豆ヶ岳登山口 
イメージ 7
 
 
 まだ残雪が・・・
イメージ 8
 
 
伊豆ヶ岳・胸突き八丁 
イメージ 9
 
 
 まずは五輪山を目指す
イメージ 10
 
 
五輪山 780M 
イメージ 11
 
 
男坂・女坂分岐点 
イメージ 12
 
 
拡大可 
男坂・鎖が二本架けられているが雨降りでないかぎり三点確保で登れそうだ
イメージ 13
 
 
男坂の根っ子道/拡大可
イメージ 14
 
 
故 伊豆ヶ岳おば-さん追悼碑/仔ぐま山岳会 昭和40年3月 
イメージ 15
 
 
伊豆ヶ岳全景 
イメージ 16
 
 
伊豆ヶ岳 850.9M 
イメージ 17
 
 
記念撮影 
イメージ 18
 
 
飯能アルプス編その2/伊豆ケ岳-子ノ権現-天覚山編に続く
 
4/7(月曜日)
ナビ設定/長野-正丸駅 194km・2時間40分
長野発 ~ 上里SA(車中泊) 
 
 
4/8(火曜日)
ナビ設定/上里SA-正丸駅 所要時間 1時間10分 
コンビニ情報/秩父市に多数有り
 
正丸駅駐車場発(有料500円・トイレ有り) 5:42 ~ 安産地蔵 5:53 
~ 馬頭尊 6:06 ~ 実谷の二又分岐点 6:14 ~ 胸突き八丁(服岩) 6:27 
五輪山(780M) 6:58-7:01 ~ 男坂・女坂分岐点(下) 7:02 
男坂 ~ 男坂・女坂分岐点(上) 7:18 ~ 伊豆ケ岳(850.9M) 7:20-33
 
伊豆ケ岳(850.9M) 発 7:33 ~ しりもち坂 7:36 
古御山(830M) 7:51-54 ~ 高畑山(695M) 8:30 
中ノ沢ノ頭(622M) 8:48 ~ 天目指峠(休憩舎) 9:05 
~ ベンチ休憩 9:20-28 ~ 愛宕社 9:55 ~ 子ノ権現 10:02-47 
 
子ノ権現駐車場に立つ「吾妻駅・浅見茶屋方面」指導標横からスルギ方面ルートへ入る
10:58 ~ スルギ 11:14 ~ 六ツ石の頭(540M) 11:33-44
~ 堂平分岐点 11:53 ~ 途中休憩 12:14-17
三等三角点(522.1M) 12:20 ~ 墓地 12:29 ~ お地蔵様 12:32
~ 車道出合い(石祠2体) 12:36 ~ 車道歩き ~ 前坂への入口 12:41 
前坂 12:51-13:00 ~ 車道出合い(大高山入口指導標) 13:12 
大高山(493M) 13:35-44 ~ 大岩 13:57 ~ 途中休憩 14:47-51 
~ 東吾野駅分岐点 15:11 ~ 天覚山(445M) 15:13-24 
~ 東吾野駅分岐点まで戻る ~ 両峯神社跡(尾根R・沢R分岐点) 15:26
~ 沢ルート ~ 長尾坂配水場(車道出合い) 15:42 
~ 天覚山尾根R・沢R分岐点(下) 15:49 ~ 車道歩き
~ 天覚山登山口 15:56 ~ 東吾野駅着 16:04
 
東吾野駅発 16:05 ~ 正丸駅着 16:18(運賃・210円)  
上里SAで車中泊し翌日早朝帰宅
 
 

3/28 猿山岬・雪割草花旅&能登ドライブ

2014.3.27(木曜日)-28(金曜日) 
猿山岬・雪割草花旅&能登半島ドライブ(単独)
 
猿山岬の雪割草群生地は県内外からの見学者が多く、TOPシーズンは岬に通じる
道路が大渋滞を起こすほどの賑わいに・・・
大混雑の中では花の撮影もままならないため、退職人生を活用して
平日の早朝訪問を目指し出発!!
結果は写真でお楽しみ下さい♪
 
管理人HP
※ドライブ編には30年前訪問時の写真を二枚添付
 
管理人HP
 
 
 
 
3/27(木曜日)
山歩きにはまる前はドライブと全国温泉巡り(現在まで600湯以上制覇)が
趣味だった管理人、30年ほど前にアルカリ濃度の高さに惹かれ「ねぶた温泉」
を訪れた時は日帰り専門風な簡素な建物だったが・・・
輪島ねぶた温泉・海遊「能登の庄」となり立派な温泉宿になっていました。 
イメージ 1
正式名称・寝豚温泉  能登の庄 TEL 0768-22-0213 
入浴料700&800円(時間による)
泉質/pH10.5 高質天然アルカリ性温泉  管理人泉質満足度 ★★★
補足/伊豆・下田にある「観音温泉」もpH9.5
を誇るアルカリ性温泉で管理人おすすめの施設
 
能登の庄 浴室 
イメージ 2
イメージ 3
マップコード 283833575
iPhone・スマホはPCモードで地図表示可
 
 
 
3/27(木曜日)  道の駅・輪島ふらっと訪夢(車中泊地)
イメージ 4
イメージ 5
マップコード 283799335
 
道の駅・輪島ふらっと訪夢施設内  東京・アキバで有名なGOGOカレー♪
イメージ 6
 
 
30年前、朝市で魚を買って駐車場で海鮮バーベキューをやった思い出がよみがえる♪ 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
夕方の朝市通り 
イメージ 9
 
 
永井豪記念館 
 
イメージ 10
昼食難儀編/輪島で刺身三昧の遅昼食と思っていたら
何処のお店も開店が17:30~
天下の輪島との思い込みが間違いの元、春休みの観光シーズンなのに
商店街は閑散としており諦めの境地で開店を待つことに・・・
それにしても腹減ったぞ~~!!
 
 
 
 
 3/28(金曜日
コンビニ弁当で朝食をすませ猿山岬へ向かう 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
間垣の里 大沢・上大沢 
イメージ 13
 
 
細い真竹で作る「間垣」は、厳しい冬の海風から家屋を守る能登特有の垣根/ぶらり能登より抜粋
イメージ 50
 
 
 
 
 
猿山鳥瞰図/拡大可
イメージ 49
イメージ 11
マップコード 471852741
 
 
 
道の駅・輪島から約40-50分で猿山岬駐車場に到着  
イメージ 14
 
 
猿山岬駐車場 
イメージ 15
 
 
矢印が猿山登山口 
イメージ 16
 
 
猿山岬・雪割草開花情報
ピークは3月29-31日でギリギリ4月6日までが限度かも・・・ 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
ぶーさんのお鼻 
イメージ 19
 
 
レッドデータブック品種・雪割草(スハマソウ) /拡大可
イメージ 20
 
 
駐車場で2時間近く待機したが晴れる気配無し! 
イメージ 21
 
 
拡大可
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
猿山山頂 
イメージ 24
 
 
軽食タイム 
イメージ 25
 
 
 圧倒的に白花が多い
イメージ 26
 
 
圧倒的白花の中で咲く赤花につい見とれてしまう♪ 
イメージ 27
 
 
拡大可
イメージ 28
 
 
猿山岬灯台/拡大可
イメージ 29
 
 
娑婆捨峠・トイレと靴の洗い場 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
駐車場に到着 
イメージ 32
今週末予定の角田山雪割草花旅も期待が持てそうだ (^O^)v 
 
 
 
 
 
能登半島ドライブ編
 
 
 
 
AM 10:45  白米の千枚田 
イメージ 33
イメージ 34
マップコード 552615422
 
 
AM 11:53  能登半島最先端の灯台/禄剛崎灯台(狼煙の灯台) 
イメージ 35
イメージ 36
マップコード 913084698
 
 
 
PM 12:28  ランプのお宿 
イメージ 37
イメージ 38
マップコード 913056350
 
 
 
PM 13:31  見附島(別名・軍艦島)  /拡大可
イメージ 39
イメージ 40
マップコード 329524348
 
 
PM 13:38 
イメージ 41
能登丼=海鮮丼と思って注文したら・・・   
こんな品が出てきちゃいました!!
焦ってメニューを見直したら「能登牛ローストビーフ」って
書いてあるではないですか-(笑) 
イメージ 42
補足/輪島を通過後は食堂が少ないため、移動時間によっては
お昼を食いっぱぐれる事があるので要注意 
 
 
PM 17:19 本日の車中泊地 道の駅・カモンパーク新湊に到着 
イメージ 43
イメージ 44
マップコード 40580763
 
道の駅から歩いて5分の温泉施設で汗を流す
イメージ 45
入浴後は道の駅レストランで白エビ・お刺身・ビールで乾杯 (^O^)v 
 
 
 
3/29(土曜日)  コンビニ朝食で帰路につく 
イメージ 46
 
 
自宅への土産は「奧能登ビール・日本海倶楽部」
イメージ 47
 
 
拡大可
イメージ 48
 
 
ナビ設定/長野発 9:11 ~道の駅・輪島着 14:10(357㌔)
3/27(木曜日)
長野発 9:11 ~ 上信越道・北陸自動車道 入善PA 11:10-25 
~ 金沢高森IC下車
 ~ のと里山海道 高松SA 12:31-51 
~ 能登空港IC下車 ~ 輪島市・ねぶた温泉着 14:00-40
~ 道の駅・輪島 14:50(市内観光後・車中泊)
3/28(金曜日)
道の駅・輪島~猿山岬駐車場まで17㌔所要時間 40-50分
起床 5:00 ~ コンビニで朝食 ~ 猿山岬P着 6:00(濃霧のため待機)
猿山岬P発 7:34 ~ 登山口A 7:35 ~ H地点 8:11 
~ 猿山山頂 8:12 ~ G地点 8:22 ~ F地点 8:23 
~ G地点(軽食) 8:27-35 ~ D地点 8:59 ~ C地点 9:06 
~ B地点・猿山灯台 9:08-10 ~ 逢瀬の谷 9:14 
~ 娑婆捨峠(トイレ)9:27-31 ~ 駐車場着 9:32
 
能登半島ドライブ ~ 道の駅・能登空港発 15:20 
~ 能越自動車道・高岡IC下車  
~ 道の駅・新湊着 17:19(車中泊)
 
3/29(土曜日)
道の駅・新湊 ~ 帰宅
 
 
道の駅・8駅ゲット(通算254駅)
高松/輪島/千枚田PP/すず塩田村/狼煙/すずなり/桜峠/能登空港   
 

3/15 黒斑山スノートレッキング

2014.3.15(土曜日) 黒斑山スノートレッキング
ブロ友、いぬどしさん・りゅう君(小6)親子、
長野隊リーダー(輪番制)の細井さん、爺の四人で雪の黒斑山へ!!
 
細井さんによる、いぬどしさん親子の雪上研修を兼ねて・・・?
厳冬期富士山登頂を何回も経験している細井さんから踏み跡のない雪原の歩き方、
雪を溶かしてお湯を沸かすなどなど・・・
雪山の楽しみ方レクチャーを受けながら黒斑山を楽しんできました。
今回も浅間山の写真をメインに掲載しましたので撮影場所&撮影時間によって
刻々と表情を変える浅間山をお楽しみ下さい♪
 
管理人コメント欄が少ないので、長野隊・伊東さん、細井さん、
各リーダー山岳会所属時の恐るべき共通経歴を紹介させていただきます。
通年登山訓練で厳冬期の富士山登山・厳冬期の北アルプス登山
静岡県の海抜ゼロ㍍地点から富士山へ不眠不休登山
北信五岳一筆書き24時間登山 etc
 
 
いぬどしさんブログ
浅間山大展望・絶景雪の黒斑山その1~
 
管理人ブログ
2014.1.29 黒斑山(トーミノ頭)下調べ登山
 
黒斑山(トーミノ頭)からのパノラマ図解サイト
 
 
黒斑山&浅間山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
 
黒斑山表ルートMAP/拡大可
イメージ 2
 
 
拡大可
イメージ 3
高峰高原VS駐車場標高/1970M 標高差/434M 総歩行距離/6978M
 
 
高峰高原ビジターセンター駐車場(冬季は土・日のみ開館・トイレ使用も土日のみ可) 
イメージ 4
イメージ 44
マップコード 85866171
スマホ・iPhoneはPCモードで表示可
 
 
 
 
車坂峠・黒斑山登山口 
イメージ 5
 
 
この日の登山道は踏み固まっておりツボ足で山頂制覇 (^O^)v
イメージ 6
 
 
車坂山で展望を楽しむ 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 8
鞍部への下りでレクチャーを受ける「りゅう君」  
イメージ 9
 
 
MAP表記/ガレ場・展望良地点でひと休み
イメージ 10
 
 
左側は切れ落ちているので慎重に進む 
イメージ 11
 
 
AM 10:02.27秒  浅間山は雲の中だ~(゜´Д`゜)  
避難小屋直下より撮影 
イメージ 12
 
 
噴火避難小屋 
イメージ 13
 
 
AM 10:05.44秒 おっ!雲が流されているような・・・  槍ケ鞘より 
イメージ 14
 
 
AM 10:06.43秒   浅間山が顔を出した~(^O^)v  槍ケ鞘より
イメージ 15
 
 
AM 10:07.52秒  槍ケ鞘より /拡大可
イメージ 16
 
 
いぬどしさん親子・6本爪アイゼン装着中/槍ケ鞘にて 
イメージ 17
 
 
AM 10:27.43秒 中道ルート分岐点より/拡大可
イメージ 18
 
 
トーミノ頭へ向かう 
イメージ 19
 
 
AM 10:38.41秒  トーミノ頭より/拡大可
イメージ 20
 
 
黒斑山を目指す 
イメージ 21
 
 
 樹林帯歩き
イメージ 22
 
 
AM 11:09 黒斑山より 
イメージ 23
 
 
黒斑山山頂 2404M 
イメージ 24
 
 
 
 
 黒斑山山頂は混み合うため
蛇骨岳方面の展望適地へ移動
 
 
イメージ 25
 
 
AM 11:34 蛇骨岳ルート途中にて 
イメージ 26
 
 
蛇骨岳R中間点でランチタイム
イメージ 27
 
 
黄昏管理人 
イメージ 28
 
  
AM 11:55   蛇骨岳中間点の昼食場所より
イメージ 29
 
 
 
 
これより黒斑山経由で下山風景
 
 
 
黒斑山と富士山(下段の拡大写真参照) 
イメージ 30
 
 
拡大可
イメージ 31
 
 
浅間山大展望につられ「立ち止まり回数増」の管理人
イメージ 32
 
 
かたや、りゅう君は景色よりこんな事に夢中・・・(笑) 
イメージ 33
 
 
八ヶ岳全景/拡大可
イメージ 34
 
 
浅間山&トーミノ頭/拡大可
イメージ 35
 
 
 
イメージ 36
PM 13:29 中道ルート分岐点より 
イメージ 37
 
 
 
りゅう君 撃沈! 
イメージ 38
 
 
りゅう君 なにをやっていても楽しそうだね♪ 
イメージ 39
 
 
爺・尻セード中 (^O^)v 
イメージ 40
 
 
りゅう君 レジャーシートでそり遊び中!! 
イメージ 41
 
 
要注意! 踏み跡を外すと体重制限ありまっせ~(*^▽^*)
イメージ 42
 
 
童心に帰った?いぬどしさん、  〆は車山鞍部でソリ遊び♪
イメージ 43
 
 おしまい
 
 
 
 
 
3/15(土曜日)
長野発 7:00 ~ 小諸IC下車 ~ セーブオンで合流 7:45 
~ 高峰高原ビジターセンター(冬季は土日のみ開館・トイレ有)着 8:20
 
VS発 8:39 ~ 登山口 8:42 ~ 車坂山 8:56-9:03 
~ 鞍部 9:07 ~ ガレ場(展望良) 9:26-32 
~ 避難小屋 10:03 ~ 槍ケ鞘 10:05-23 
~ 中道R分岐点 10:28 ~ トーミノ頭 10:38-49 
~ 黒斑山 11:08-25 ~ 蛇骨岳手前(昼食) 11:39-12:16
蛇骨岳手前発 12:16 ~ 黒斑山 12:46-57 
~ トーミノ頭 13:12-15
 ~ 中道R分岐点 13:25-29 
~ 槍ケ鞘 13:34-42
 ~ ガレ場(展望良) 14:17 
~ 鞍部 14:37 ~ 車坂山 14:42-57(雪遊び) 
~ 登山口 15:06 ~ VS駐車場着 15:07
 
 
★当ブログで使用した地図(ルートMAP)は国土交通省・国土地理院長の承認を得て
同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された承認番号
(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。
《使用データソフト GARMIN MapSource》 
 

3/8 水ノ塔山(みずのとうやま)スノーハイク

2014.3.8(土曜日)
ミニオフ会・水ノ塔山スノーハイク
山友・シゲさん、abeちゃん、ブロ友・こうち隊、
爺の五人で水ノ塔山へ行ってきました。
abeちゃんリクエストの飯縄山を予定するも天気予報が芳しくなく、
雪山ベテランのシゲさんと相談して天気の良い水ノ塔山-東・西篭ノ登山
(かごのとやま)に予定変更。
アサマ2000スキー場からランプの宿で有名な高峰温泉を経由して
第1目標の水ノ塔山へ無事に着きましたが山頂では強風の洗礼が・・・(寒)
強風やら深雪やらで籠ノ登山はキャンセルしたものの下山では童心に帰って
バージンスノーを思う存分楽しんできました♪
 
 
  
 
山友・シゲさんのHP
水の塔山 オフ会
 
山友・abeちゃんのHP
 
ブロ友・こうちさんのブログ
水ノ塔山 スノーシューハイク前編・後編
 
管理人HP 
 
 
 
 
 
水ノ塔山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
 
 
拡大可
イメージ 39
スキー場P標高/1920M 標高差/282M 総歩行距離/5888M
 
 
 
水ノ塔山パノラマ図解/拡大可
イメージ 2
 
 
 
アサマ2000スキー場~水ノ塔山ルートMAP/拡大可
イメージ 3
 
 
水ノ塔山直下の要注意地点/拡大可
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
イメージ 38
マップコード 85866569
スマホ・iPhoneはPCモードで表示可
 
 
 
正面に水ノ塔山・左が篭ノ登山/ゲレンデ横・高峰温泉宿泊者送迎用キャット道を歩く 
イメージ 6
 
 
標高が高いせいかサラサラ雪でスキーの練習にはもってこいのゲレンデかも・・・
イメージ 7
 
 
高峰温泉宿泊者送迎キャット道 
イメージ 8
 
 
ランプのお宿・高峰温泉/ここでスノーシューを装着(爺はカンジキ) 
イメージ 9
 
 
高峰温泉・水ノ塔山登山口 
イメージ 10
 
 
水ノ塔山と篭ノ登山への稜線/うぐいす展望台より 
イメージ 11
 
 
鞍部もどきをクリアすると視界が開ける/拡大可
イメージ 12
 
 
この辺は裸地の為ラッセルはないが・・・ 
イメージ 13
 
 
 きたよ~! きたよ~!
シゲさんがラッセルしてくれた後を続くが、
サラサラ深雪がこんなに手強いとは・・・ (;´Д`)
イメージ 14
 
 
篭ノ登山を見ながらチョット一服かな~♪ 
イメージ 15
 
 
ガレ場では夏ルートのマーカーが見られる
イメージ 16
 
 
スノーシューもこんな斜面では二歩登って一歩下がる状態に・・・ 
イメージ 17
 
 
 青空は良いね~♪
イメージ 18
 
 
赤リボンを頼りに樹林帯をラッセル 
イメージ 19
 
 
カンジキを履いていてもキックステップでないと登れないのだ~! 
イメージ 20
 
 
シゲさん、abeちゃん 、早いな~!
イメージ 21
 
 
精も根も尽き果てて水ノ塔山に到着の爺であった~(゜´Д`゜) 
イメージ 22
 
 
深雪すぎて無理との判断で諦めた東篭ノ登山だが、爺は水ノ塔山まで
来られただけで大大満足! (^O^)v
イメージ 23
 
 
しっかり仲良しになったabeちゃん・えいちゃん 
イメージ 24
 
 
富士山 
イメージ 25
 
 
強風を避け樹木の陰で休憩
イメージ 26
 
 
 
 
 
 下山編
 
 
 
 えいちゃん、スキーポーズで下山開始
イメージ 27
 
 
 と、思いきや尻セードに・・・(裏話があるけどそれは内緒)
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 これがあるから雪山は侮れない  
イメージ 30
 
 
バージンスノーで雪遊び 
イメージ 31
 ↑バージンスノーに思い思いのシュプール?を描く ↓
イメージ 32
 
 
こうちさんは・・・
落とし穴作りに励む人かな~(^O^)v   
イメージ 33
 
 
 あそこまで行ってきたんだな~
イメージ 34
 
 
コースを外すと膝まで潜る 
イメージ 35
シゲさんへ
他に男衆が二人いながら不慣れな深雪では全く役たたずですみませんでした。 
 
 
 
 
 
あぐりの湯・駐車場より/拡大可
イメージ 36
イメージ 37
マップコード 85557505
スマホ・iPhoneはPCモードで表示可
 
 
  
 
《行程表》
長野発 6:15 ~ 小諸IC下車 ~ 高峰高原ビジターセンターP着 7:40
(合流後アサマ2000スキー場Pへ移動)
 
スキー場駐車場発 8:13 ~ 高峰温泉 8:37-50 ~ うぐいす展望台 9:06
~ 鞍部もどき 9:09 ~ 水ノ塔山 10:28-11:08
水ノ塔山発 11:08 ~ 高峰温泉 11:57 ~ スキー場駐車場着 12:42
 
 

★当ブログで使用した地図(ルートMAP)は国土交通省・国土地理院長の承認を得て
同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された承認番号
(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。
《使用データソフト GARMIN MapSource》 
 
 

2/11 八ヶ岳・北横岳

2014.2.11(火曜・祭日)
伊藤さん、西沢くん、爺の三人で雪の北横岳を楽しんできました(^O^)v
 
北横岳登山ルート解説   2007.5.27の解説より
八ヶ岳連峰には横岳が二つあり、北八ヶ岳にある横岳は「北横岳」と呼ばれている。
北八ヶ岳(ピラタス蓼科スキー場)ロープフェイ山頂駅に降りると、
「坪庭」と呼ばれるゴツゴツとした溶岩台地が前方に見え、
木道から溶岩台地への急な石段を上る。
坪庭は一方通行の遊歩道(一週約30分・北横岳登山口も兼ねる)で、
溶岩台地の中程に立つ横岳登山口道標に従って左折し
坪庭の北辺より横岳の南尾根へ登りこむ。
右下に坪庭の全景が見え始めると三ッ岳分岐点が近く、
分岐から4・5分で北横岳ヒュッテに着く。
ヒュッテには動植物をあしらったオリジナルのバンダナや
八ヶ岳を描いた手ぬぐいなどが置かれている。
時間があったら七ッ池(片道5分)へ足を延ばすのも良いだろう。
ヒュッテ前を直進してシラビソ樹林を抜けると一気に頭上が開け
広々した南峰(2472.5m)に出る。
ここから北にハイ松帯を横切って前方に見える小高い場所が
北横岳山頂(2480M)だ。
蓼科山を正面に浅間山・北アルプス・南アルプス・中央アルプス
・南八ヶ岳など360°大パノラマを楽しむ事ができる。 mikio
 
 
 
拡大可
イメージ 1
RW山頂駅標高/2237M 標高差/243M 総歩行距離/3820M
 
 
拡大可
イメージ 2
RW山頂駅標高/2237M 標高差/243M 総歩行距離/3820M
 
 
 
冬季はスキ-ヤ-&ボ-ダ-で大混雑の100人乗りRW 
往復乗車割引券は近隣のコンビニに設置/1800円→1620円  20分間隔で運行
イメージ 3
イメージ 4
マップコード 218831650
 
 
 
標高2237MのRW山頂駅から出発
イメージ 5
 
 
先ずは坪庭の台地を目指す
イメージ 6
 
 
坪庭溶岩台地
イメージ 7
 
 
北横岳分岐点(山頂まで60分の指導標あり)
イメージ 8
 
 
暑い!!
冬山の汗かきは大敵(身体を冷やす元凶)なので早めに対応 (^O^)v
イメージ 9
 
 
西沢くんはダウンを、爺はジャケットを脱いで軽装に (*^▽^*)
イメージ 10
 
 
青空の下、足どりも軽く出発進行!
イメージ 11
 
 
通年営業の北横岳ヒュッテ(トイレ有り)
イメージ 12
 
 
浅間山/北横岳ヒュッテより
イメージ 13
 
 
先ずは北横岳南峰へ
イメージ 14
 
 
ツボ足でトライ中の伊藤さん
イメージ 15
 
 
北横岳・南峰 2472.5M /拡大可
イメージ 16
 
 
蓼科山&北アルプス/南峰より撮影
イメージ 17
 
 
 
 
 
前方に見える北横岳(北峰)山頂までは約5分
イメージ 18
 
 
北横岳山頂 2480M
イメージ 19
 
 
浅間山&黒斑山(山友、だんべえさん・ゆうやけさんが登山中だった) 拡大可
イメージ 20
 
 
笑顔の素敵なお嬢さん/掲載許諾済み
イメージ 21
 
 
 
MIZUOさん伝授のイメージ 41  拡大可
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
これより下山編
 
 
爺の尻セード
イメージ 23
 
 
西沢くんの尻セード
イメージ 24
 
 
伊藤さんは足スキー
イメージ 25
 
 
坪庭で雪遊び中♪
北横岳・動画編で雪遊び模様をお楽しみ下さい
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 
 
伊藤さんを↑の仲間にと思ったが・・・
こんな時は妙に逃げ足の速い伊藤さんであった (*^▽^*)
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
北横岳・動画編で雪遊び模様をお楽しみ下さい
イメージ 32
 
 
RW山頂駅まで下山/最初から最後までツボ足だった二人
イメージ 33
 
 
爺は飯縄山の轍を踏まないように最初からアイゼン装着
イメージ 34
 
 
お疲れ様でした
イメージ 35
 
 
八ヶ岳RW山麓駅のレストランで昼食
イメージ 36
 
 
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
立ち寄り温泉情報
湯川温泉 河童の湯 TEL 0266-77-2929 
AM 7:00-PM 9:00 休館日・木曜
入浴料 400円 泉質・アルカリ性単純温泉  管理人泉質満足度 ★
イメージ 38
イメージ 39
マップコード 218732199
 
拡大可
イメージ 40
 
 
 
 
 
 
2014.2.11(火曜・祭日)
長野発 7:00 ~ 諏訪IC下車 ~北八ヶ岳RW駐車場着(トイレ有り) 9:00
北八ヶ岳RW山頂駅発 9:44 ~ 坪庭第1休憩所 9:49 
~ 北横岳分岐点 9:56 ~ 途中休憩 10:10-20 
~ 三ッ岳分岐点 10:27 ~ 北横岳ヒュッテ 10:32-45 
北横・南峰 10:57-11:04~ 北横岳 11:08-31
 
北横岳発 11:31 ~ 北横・南峰 11:34-37 
~ 北横岳ヒュッテ 11:45 ~ 坪庭で雪遊び 12:02-13 
~ RW山頂駅着 12:27
 

2/11 八ヶ岳・北横岳 動画編

2014.2.11(火曜日・祭日)
八ヶ岳・北横岳 動画編その1 童心にかえって♪
 
イメージ 1
(注) ↑ スマホはPCモードで閲覧可 
同じ動画です
 
(注) ↓ スマホは画面上部、別画面にて再生されるため要スクロール
 
 
 
 
2/11(火曜日・祭日)
八ヶ岳・北横岳 動画編その2  北横岳山頂より
 
イメージ 2
(注) ↑ スマホはPCモードで閲覧可
 
同じ動画です
(注) ↓スマホは画面上部、別画面にて再生されるため要スクロール 
 
 
北横岳・写真編は後日になります
 
 
 

1/29 黒斑山(トーミノ頭)下調べ登山

2014.1.29(水曜日) 黒斑山・トーミノ頭まで 
 
2月にブロ友・いぬどしさん親子と黒斑山登山計画があり、
軽アイゼン(6本爪)しか持ち合わせのないお二人でも
問題なく登れるか自身で体験してきました。
 
 
★行程
長野発 8:40 ~ 上信越道・小諸IC下車 ~ 車坂峠
(高峰高原ホテル駐車場)着 9:50
駐車場発 10:12 ~ 車坂峠登山口 10:14 ~ 車坂山 10:33 
~ ガレ場(展望良) 10:54-59 ~ 噴火避難シェルター 11:32 
~ 槍ケ鞘 11:35 ~ トーミノ頭 11:43-12:24(昼食)
トーミノ頭発 12:24 ~ 槍ケ鞘 12:31-39 
~ ガレ場(展望良) 13:03 ~ 車坂山 13:19
~ 車坂峠 13:30 ~ 駐車場着 13:33
 
 
 
 
車坂峠・高峰高原ホテル駐車場 TEL 0267-25-3000/拡大可
イメージ 1
イメージ 25
高峯高原ホテル入口MAP
マップコード 85866112
スマホ・iPhoneはPCモードで閲覧可
 
標高はGPS計測値/拡大可
イメージ 2
高峰高原P標高/1973M 標高差/347M 総歩行距離/5071M
 
道路に積雪がなく運転は楽だった(下山時撮影)
イメージ 3
 
 
爺愛用・ス-パ-カンジキ/拡大可
イメージ 4
※今回出番はなかったが新雪時は要必需品
 
車坂峠登山口
イメージ 5
 
 
雪面が締まっており歩きやすい
イメージ 6
 
 
富士山♪(車坂山より) /拡大可
イメージ 7
 
 
アサマ2000スキー場・最奧に北アルプス展望(ガレ場展望地より) 拡大可
イメージ 8
 
 
6本爪軽アイゼン
イメージ 9
 
 
踏み跡を外さなければ踏み抜きの心配はなかった (^O^)v
イメージ 10
 
 
八ヶ岳大展望/拡大可
イメージ 11
 
 
黒斑山山頂方面
イメージ 12
 
 
槍ケ鞘方面(鞍部の右)
イメージ 13
 
 
急登をひと頑張り!!
イメージ 14
 
 
浅間山(前掛山)が見えてきた~♪
イメージ 15
 
 
噴火時避難シェルター
イメージ 16
 
 
 
融雪が進み浅間山名物?「雪の縞模様」が消えかかっている (ノД`)
イメージ 17
 
 
トーミノ頭(2320M)と浅間山(2598M)/槍ケ鞘より
イメージ 18
 
 
トーミノ頭を目指す登山者(下山時要注意地点)イメージ 19
↑をアップで↓
イメージ 20
 
 
トーミノ頭・槍ケ鞘の鞍部より撮影/拡大可
イメージ 21
 
 
黒斑山とJバンド方面(トーミノ頭より)
イメージ 22
新雪だとラッセルを強いられるが、雪が締まっていて6本爪軽アイゼンで
問題なく登って来ることができた。(但し安全登山には10本爪以上をお薦めします)
 
 
 
 
トーミノ頭(2320M)より撮影
イメージ 23
 
 
 
拡大可 
イメージ 24
 
 
お 詫 び
ケラレ現象でお見苦しい写真ばかりですがご勘弁を・・・
 
 
 
 

1/25 湘南アルプス(湘南平・浅間山・高麗山)

2014.1.25(土曜日)
山友・伊藤さんとプチアルプスシリーズ第五弾・湘南アルプス
(湘南平・浅間山・八俵山・高麗山)を歩いて来ました。
※家内は車でお留守番
 
管理人HP 
 
 
 
 
地下道入口がわからず跨線橋まで行ってしまいました
イメージ 1
駐車場標高/2.7M 標高差/178.6M 総歩行距離/7763M
 
地下道入口拡大図/拡大可 
イメージ 37
今頃気がついたけど駐車場の横に「標高2.7m」の三角点が・・・
三角点ハンターではないが、こんな低いところにある三角点を見てみたかったな~(残念)  
  
 
大磯漁港有料駐車場(トイレ有り) 終日1000円 
★5000円札・1万円札は使用不可なので要注意
イメージ 2
イメージ 36
マップコード 15188371
 
 
 
駐車場前の西湘バイパス高架下を横切り国道1号線方面へ向かう 
イメージ 3
 
 
大磯町役場前を通過 
 
イメージ 4
 
 
信州とも縁が深い島崎藤村邸に立ち寄る
イメージ 5
 
 
拡大可
イメージ 6
 
 
島崎藤村邸 
イメージ 7
 
 
東海道本線下をくぐる地下道が見つからず跨線橋まで来てしまった (;´Д`) 
イメージ 8
 
 
東海道本線/跨線橋より 
イメージ 9
 
 
地下道からの道路に合流 / 1㌔ぐらい余分に歩いたかも。。。 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
住宅街歩きだが指導標が整備されている  
イメージ 12
 
 
民家横の石段から登山道が始まる 
イメージ 13
 
 
千葉の花嫁街道と雰囲気が似ているな~ 
イメージ 14
 
 
桜の名所・湘南平展望台/駐車場・トイレ有り 
イメージ 15
 
 
展望台より/拡大可
イメージ 16
 
 
前方の平塚TV中継局横から高麗山(こまやま)へ向かう
イメージ 17
 
 
浅間山(せんげんやま)マデ0.2㌔ 高麗山(こまやま)マデ1㌔ 
イメージ 18
 
 
シイの木が多い 
イメージ 19
 
 
イメージ 20
浅間山(せんげんやま)181.3M/一等三角点  
イメージ 21
 
 
彼岸花群生地では水仙が見頃だった 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
イメージ 24
 
 
このー木なんの木?気になる木 なんちゃって(笑) 
イメージ 25
 
 
八俵山方面へ進まないと高麗山へ行かれないので要注意
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
高麗山(こまやま) 167.3m 
イメージ 28
 
 
男坂を下って高来神社へ  / ファミリーハイカーが多かった
イメージ 29
 
 
高麗山と高来神社 
イメージ 30
 
 
大磯宿史跡・江戸見附 
イメージ 31
 
 
信号/三沢橋東 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
大磯港有料駐車場隣接「めしや・大磯港」 TEL 0463-62-1755
営業時間 AM 11:30-14:00 17:00-20:00
(LOは各30分前) 定休日・水曜 
イメージ 33
 
 
港御前
イメージ 34
 
 
10食限定刺身定食/拡大可
深海魚「あぶらぼうず」のお刺身(地元名おしつけ)もついていました♪イメージ 35
 
 
 
 
 
1/24(金曜日)
長野発 21:15 ~ 中央道・談合坂SA 24:00(車中泊)
1/25(土曜日)
談合坂SA起床&朝食 6:00 ~ 談合坂SA発 6:50 ~ 高尾山IC下車 ~
大磯漁港有料駐車場(トイレ有り)着 8:30
(注)現状では高尾山IC利用より相模湖ICで下車した方が渋滞回避率が高い
 
駐車場発 8:50 ~ 島崎藤村邸入口 9:04 ~ 島崎藤村邸 9:06-11
~ 跨線橋 9:18 ~ 地下道Rに合流 9:33 ~ 湘南平マデ1.2㌔ 9:35
~ 善兵衛池 9:42 ~ 湘南平マデ 0.7㌔ 9:43 
湘南平(展望台) 10:00-11 ~ 浅間山マデ0.2㌔ 10:15 
浅間山(181.3m)10:20-28 ~ 彼岸花群生地 10:34
~ 地獄沢分岐点 10:40 ~ 八俵山(160m) 10:45 
高麗山(167.3m) 10:52
~ 男坂・女坂分岐点(上) 10:59 ~ 高来神社 11:07 ~ 鳥居 11:13
~ 虚空蔵尊 11:16 ~ 化粧井戸 11:20 ~ 化粧坂の一里塚 11:22
~ 東海道本線地下道 11:25 ~ 江戸見附 11:29 ~ 信号・三沢橋東 11:32
~ 大磯漁港駐車場着 11:43
 
※鎌倉見学後、車中泊地「道の駅・伊東マリンタウン」へ向かう
 

14.1.7 飯縄南峰直下で撤退

2014.1.7(火曜日) 飯縄南峰直下で撤退
登山口発が11時と遅かったためタイムリミットを13:30として飯縄山へ
 
ツボ足で大丈夫だろうと歩き始めたのが失敗の元で「駒つなぎの場」まで大苦戦 (;´Д`)
教訓次回は登山口からアイゼンを付けるぞ!
結局の所、南峰まで10分(北峰だと25分)ほどの西登山道分岐点でタイムリミットに・・・
「これでもかというくらいの風が吹いていなければ」南峰くらいは踏みたかったが、
お山は逃げないので強風の証拠写真(動画)だけ撮って下山とあいなりました (*^▽^*)
 
 
 
 
飯縄山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
飯縄山南R登山口
イメージ 2
 
 
狛犬も寒そう-
イメージ 3
 
 
 
飯縄山(飯縄大権現)と関連が深い「大本山高尾山貫首」による筆/拡大可
イメージ 4
 
 
駒つなぎの場
イメージ 5
 
 
この登りで少々手こずってしまう (;´Д`)
イメージ 6
 
 
天狗の硯岩
※ソロ女性の方は山頂が強風と混雑の為ここで昼休みとのことでした
イメージ 7
 
 
山頂(南峰)が近づいてきたが強風の手荒な歓迎が・・・
イメージ 8
 
 
 
西登山道分岐点より南峰を望む
イメージ 9
 
 
西登山道分岐点
イメージ 10
 
 
西登山道分岐点より/拡大可
イメージ 11
 
 
強風証拠写真(動画) 西登山道分岐点より
 
 
 
 
 
 
スノーポケモンを撮りながらノンビリと下山 (^O^)v
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
アザラシ親子の木登り (お母さ~ん 待って~~!)   /拡大可
イメージ 13
 
 
 
あそこまで、ジャン~プ!!   
イメージ 14
 
 
 
幸せの白い鳩♪
イメージ 15
 
 
 
ラッコの木登り?  
イメージ 16
 
 
 
はぐれ雲がひと休み    
イメージ 17
 
 
 
おっとと-、落ちる~~!!
イメージ 18
 
 
 
 
 
1/7(火曜日)
飯縄山南R登山口発 10:56 ~ 旧一の鳥居 11:07 
~ 駒つなぎの場 12:04-34(昼食) ~ 天狗の硯岩 12:52 
~ 西登山道分岐点 13:27-30
 
西登山道分岐発 13:30 ~ 天狗の硯岩 13:44 ~ 駒つなぎの場 14:07 
~ 一の鳥居 14:37 ~ 登山口着 14:42    
 
 
 
 

1/2 筑波山ご来光登山

2014.1.2(木曜日) 筑波山ご来光登山
筑波山神社初詣を兼ねて毎年訪れているゆうゆう隊・筑波山御来光登山」
参加させていただきました。
 
ブロ友・ゆうゆう隊
初山行は、筑波山からご来光へ!  
 
管理人HP 2014.1.2
 
1/1(水曜日)
ナビ設定 長野発 13:00 ~ 筑波山P着 17:00(272㌔)
長野発 13:00 ~ 北関東自動車道・真岡IC下車 ~ 
道の駅・しもつま着 17:10(車中泊)
イメージ 1
道の駅・しもつま TEL 0296-30-5294
イメージ 2
マップコード 123463625
イメージ 3
1月1日(元旦)に営業している道の駅は珍しいですね。
※全ての食事処/ラストオーダー17:30 ・閉店18:00
↓ そば打ちめいじん亭      農産物直売所↓
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
和風レストラン  
イメージ 6
※観光物産館で地ビールを買い忘れたのが悔やまれる
★道の駅から15分の場所には天然温泉施設ビアスパークしもつま
あるので次回は温泉&地ビールを楽しみたい♪
 
 
 
1/2(木曜日)
道の駅・起床&朝食 2:00 ~ 道の駅発 2:50 ~ 筑波山有料駐車場着 3:20
 
 
筑波山鳥瞰図/拡大可
イメージ 7
駐車場標高/210M 標高差/667M 総歩行距離/7714M
 
これは便利!!
時間制限無し駐車場があるとは知らず、観光案内所横P(500円)利用だったが
次回はここに決まりだ~(^O^)v  
イメージ 8
 
イメージ 9
マップコード 123477072 
24時間駐車場
イメージ 10
 
 
am4:24 観光案内所横有料駐車場を出発 
イメージ 11
 
 
am4:36 筑波山神社で山行の安全祈願 
イメージ 12
 
 
am4:37 ケーブルカー駅横の御幸ヶ原コース登山口(御幸ヶ原マデ 2.1㌔) 
※筑波山頂上には筑波男大神・筑波女大神が祀られている
イメージ 13
 
 
まずは石階段からはじまるのだ~ (;´Д`) 
イメージ 14
 
 
am4:50 初っぱなからの急登で汗が噴き出す 
イメージ 15
 
 
am5:04&nb