小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

トレッキング・2010

12/26 秀麗富嶽十二景・第十番 九鬼山

2010.12.26 九鬼山

26日は長野を除いて、群馬・山梨方面の天気予報はピーカン!
とはいえ登りたい山も思いつかず、仲間の岡埜さんに相談したところ
この時期お勧めの山を10ほどピックアップしてくれたので、
その中から簡単に上れる九鬼山を選び双葉SAで車中前泊
6:30起床・朝食といつもの行動パターンで行ってきました。




九鬼山(くきやま)カシミールMAP
イメージ 1

日曜日だったので駐車場の片隅をお借りしました(ペコ)
イメージ 2

車中泊時もあまりの寒さに睡眠不足気味だったが、
この時間(8:30)でもマイナスとは・・・
落合橋・前方頭上はリニア実験線の高架橋
イメージ 3

R139・落合橋を渡ると九鬼山登山口の案内板がある
イメージ 4

九鬼山登山口・左:愛宕神社R 右:杉山新道R 
イメージ 5

愛宕神社
イメージ 6

里山と侮るべからず、初っぱなから急坂に・・・
イメージ 7

池の山R分岐点・富士山展望良
イメージ 8

富士山・池の山R分岐点より 
イメージ 9

結構坂なんですが下から撮した写真では急登に感じませんね~(^_^;)
イメージ 10

急坂登りの途中で天狗岩(富士山展望良)に立ち寄りました
イメージ 11

富士見平(杉山新道分岐点)
イメージ 12

九鬼山に到着
イメージ 13

富士山は富士見平まで戻らないと見られませんが、
滝子山-小金沢山-雲取山の展望が素晴らしい
イメージ 14

九鬼山からのパノラマ写真
イメージ 15

富士見平で小倉さんと記念撮影
イメージ 16

富士見平より
イメージ 17

リニア見晴台
イメージ 18

みゆき尾根/倒木が多いうえ、踏み跡不鮮明で下山時はロストの可能性大
イメージ 19

まさか?まさか!!熊撃ちおじさんに遭遇
下山中、3発の銃声が。こんなに近い場所でとは・・・
イメージ 20

熊に遭うこともなく、なんとか無事に杉山新道に合流 (^_^)v
訂正:みゆき尾根ルートは矢印より右側になります
イメージ 21






12/19 若穂太郎山(若穂保科から新ルートを歩く)

2010.12.19 若穂太郎山

先週の若穂太郎山(天王山コース)に続き若穂保科からの新ルート
(弾正岩や霜台城跡などの見どころを経て天王山コースに合流)で歩いてきました。
帰路は山新田・北尾根コースで蓮台寺まで降りたが、この「北尾根コース」は
尾根を一気に下るだけ!の事で、これを北尾根コースと呼べるなら
全ての尾根筋が「○○コース」になってしまうのではないかとの疑問も・・・




カシミールMAP・/赤実線・今回のルート 青実線・天王山R 青破線・馬背峠R
訂正:山新田登山口→北尾根口(ポスト有り)と読み替えてください 
イメージ 1

駐車場所の長野市若穂隣保館から見える登山口
隣保館MAP
http://www.mapion.co.jp/m/36.5876613888889_138.261995_10/
イメージ 2

県道34号を170mほど東上し保科川方面へ左折
イメージ 3

カーブミラーと植え込みの松を目印に左折
イメージ 4

ピンク矢印:新ルート登山口(立派な土蔵と土留めコンクリートが目印)
イメージ 5

急傾斜地崩壊危険区域・標柱1号杭も登山口の目印になる
イメージ 6

ピンク矢印:新ルート登山口
イメージ 7

途中で左折して広葉樹林帯へ:一枚下の写真参照
イメージ 8

左折地点/ピンクテープが目印
イメージ 9

支尾根に取り付く
イメージ 10

尾根を右に巻いて弾正岩(だんじょういわ)へ向かう
イメージ 11

弾正岩に立つ
イメージ 12

北アルプス展望:弾正岩より
イメージ 13

霜台城(そうたいじょう)の郭跡と思われる
イメージ 14

霜台城の名残か・・・
イメージ 15

霜台城跡と思われる
イメージ 16

霜台城の裏側(山手)には山城特有の堀切跡が何本も見られる
イメージ 17

木々の隙間からこんな景色も・・・
イメージ 18

上の写真は、こんなスタイルで撮影しました
イメージ 19

急斜面に作られたスイッチバック風ルート
イメージ 20

左斜面への転落に注意しながら歩く
イメージ 21

天王山コース合流地点/新ルートへ下る場合は左の赤テープをまたいで入る
イメージ 22

笹原地帯
イメージ 23

山頂に到着
イメージ 24

若穂太郎山にて
イメージ 25





12/11 若穂太郎山

2010.12.11 若穂太郎山

細井さん御一行に仲間入りさせていただき若穂太郎山へ行ってきました。
山慣れした男性陣と山ガールの中に入ってお荷物にならないかと
ドキドキしながらの参加でしたが、皆さんのウィットに富んだ会話に
(細井さんと伊藤さんが何組もいるような雰囲気?)
そんな心配もどこへやら・・・で久しぶりの若穂太郎山を楽しんできました。


2010.12.11 山ガール・ソスサシゼさんの若穂太郎山
http://zustam.naganoblog.jp/e623500.html
2006.11.3 の若穂太郎山
http://hirasan.canada2194.com/wakahotarou.html
2008.4.5 の若穂太郎山
http://hirasan.canada2194.com/wakahotarou2.html



カシミールMAP・赤ルート(今回)
来年は赤R~青Rを利用した周遊山行を計画します。管理人
イメージ 1

細井リーダーからの概要説明/駐車場にて
イメージ 2

駐車場横の登山口
イメージ 3

尾根に取り付く
イメージ 4

北アルプス・北信五岳の展望良! /功霊殿より
イメージ 5

東屋通過
イメージ 6

ハイキングコースとしては上級者向けの露岩地帯/一部迂回路あり
イメージ 7

その2
イメージ 8

城ノ峰城趾跡
イメージ 9

だるま岩
イメージ 10

カモシカ?イノシシ?の水遊び場・・・かな?
イメージ 11

前日の雪が残る
イメージ 12

こしき岩が見えてきた
イメージ 13

こしき岩/拡大可
イメージ 14

鉄塔通過
イメージ 15

残雪の急坂のぼり/上りより下山時が心配・・・
イメージ 16

山頂に到着!
イメージ 17

山頂からのパノラマ写真/拡大可
イメージ 18

リーダーの役得? ウ・ウ・ウラヤマシ~ナ~!
イメージ 19

記念撮影(管理人だけでかい態度でゴメンナサイ)
イメージ 20



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下は下山時のスナップ写真です
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27





12/5 大菩薩峠~小金沢山 編

2010.12.05
大菩薩嶺(日本100名山)~大菩薩峠~石丸峠~小金沢山(秀麗富嶽十二景)

前回(2005年)の山行では見ることの出来なかった富士山でしたが、
今回はご覧のような素晴らしい展望を得られたうえ、秀麗富嶽十二景のひとつ
「小金沢山」までクリアすることができました。ヽ(´▽`)/



☆秀麗富嶽十二景とは
大月市・秀麗富嶽十二景が選定され、平成4年に公布されました。
この十二景は大月市域の山頂から望む美しい富士山を市のシンボルとし、
併せてふるさとの自然をそのまま後世に伝えようと意図したものです。
カシミール登山MAP
イメージ 1

大菩薩峠
イメージ 2

大菩薩峠で軽食タイム
イメージ 3

介山荘横のトイレ前から樹林帯へ
イメージ 4

熊沢山の樹林帯を登りこむ
イメージ 5

大菩薩嶺から峠までの稜線歩きと比べれば、ここら辺りから登山らしくなる。
イメージ 6

熊沢山ピークを抜けると富士山が顔を出す
イメージ 7

そして眼下には石丸峠、稜線の先には目指す小金沢山を望む
イメージ 8

笹原を下る/マウンテンバイク御用達のコースらしい(下山時数台のMTBと遭遇)
イメージ 9

石丸峠/富士山が山の陰に入りはじめる
イメージ 10

左・牛ノ寝通り 直進・小金沢山
イメージ 11

振り向けば右奥に大菩薩・手前に熊沢山の笹原を望む
イメージ 12

奥多摩方面の眺めが素晴らしい/右・小金沢山
イメージ 13

狼平と小金沢山
イメージ 14

大菩薩湖&南アルプス大展望
イメージ 15

薮こぎ
イメージ 16

小金沢山の手前ピーク下を右に巻いて
イメージ 17

足場が悪いがここまでくれば山頂が近い・・・
イメージ 18

熊・・・! 鹿・・・! ?????
イメージ 19

秀麗富嶽十二景・第二番の小金沢山をゲット!
イメージ 20

秀麗富嶽に見とれる
イメージ 21

撮す!
イメージ 22

秀麗富嶽十二景の小金沢山を訪れた甲斐がありました
イメージ 23

丹沢・高尾山など奥多摩方面の山並み
イメージ 24






12/5 大菩薩嶺~大菩薩峠 編

2010.12.05
大菩薩嶺(日本100名山)~大菩薩峠~石丸峠~小金沢山(秀麗富嶽十二景)

前回(2005年)の山行では見ることの出来なかった富士山でしたが、
今回はご覧のような素晴らしい展望を得られたうえ、秀麗富嶽十二景のひとつ
「小金沢山」までクリアすることができました。ヽ(´▽`)/
2005.5.14
http://hirasan.canada2194.com/daibosatu.html



カシミールMAP
イメージ 1

笛吹川フルーツ公園で前泊
イメージ 2

新聞紙を広げて宴会モード
イメージ 3

大菩薩嶺/駐車場より
イメージ 4

ロッジ長兵衛
イメージ 5

まずは福ちゃん荘を目指す
イメージ 6

福ちゃん荘
イメージ 7

福ちゃん荘・青矢印/唐松尾根R ピンク矢印/大菩薩峠へ
イメージ 8

唐松尾根を歩く
イメージ 9

樹林帯を抜けススキ原に出れば富士山と南アルプス方面の眺めが良い
イメージ 10

上の写真○囲い地点より
イメージ 11

雷岩を通過して日本百名山の大菩薩嶺に到着/樹木に囲まれ展望はありません
イメージ 12

雷岩より
イメージ 13

大菩薩峠を目指して稜線を歩く
イメージ 14

途中の岩場にて
イメージ 15

アップ!
イメージ 16

賽ノ河原/旧大菩薩峠
イメージ 17

親不知ノ頭
イメージ 18

大菩薩峠と介山荘
イメージ 19

大菩薩峠より
イメージ 20

大菩薩峠にて
イメージ 21

10枚目の○囲い地点から撮したパノラマ写真
イメージ 22






11/13  瑞牆山(みずがきやま)&鷹見岩

2010.11.13 瑞牆山&鷹見岩へ

「鷹見岩」と書いてもピンとこない方が大半だと思いますが、
管理人も2007.9.9の金峰山(下段URL参照)山行時まで鷹見岩を知りませんでした。
同日、時間的余裕があったら立ち寄るつもりでいたが、生憎の悪天候で
鷹見岩どころか当初予定の瑞牆山まで断念する羽目に・・・(T_T)
http://hirasan.canada2194.com/kinpousan.html

ネット仲間ピカリさんのHPで「鷹見岩」からの展望が素晴らしい
事を改めて知って以来、温め続けていた今回の山行計画を
山仲間と共に実現する事に・・・・ ^ー^)人(^ー^


ホームページ本編(写真のみ)
http://hirasan.canada2194.com/mizugakitakami.html


グーグル鳥瞰図
イメージ 1

瑞牆山荘前登山口
イメージ 2

まずは富士見平小屋を目指して・・・
イメージ 3

富士見平小屋(トイレ・水・テン場あり)
イメージ 4

目指す瑞牆山全景・(左)大ヤスリ岩(中央)不明(右)山頂 
イメージ 5

桃太郎岩
イメージ 6

悪路を上り込む
イメージ 7

大岩くぐり
イメージ 8

大ヤスリ岩基部(ここまで来たら山頂まであと一頑張りだよ)
イメージ 9

岩ゴロ道
イメージ 10

富士山展望
イメージ 11

瑞牆山山頂で記念撮影
イメージ 12

山頂から富士山展望
イメージ 13



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
八ヶ岳展望(山頂隣の岩峰より撮影) 
イメージ 14

大ヤスリ岩を撫で撫でポーズ(笑)
イメージ 15

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

富士見平小屋から鷹見岩(金峰山)方面へ向かう
イメージ 16

鷹見岩分岐点
イメージ 17

シャクナゲ樹林帯を歩く
イメージ 18

鷹見岩に到着! 梯子の残骸を足がかりに岩頭へよじ登る
イメージ 19

富士山を挟んで記念撮影
イメージ 20

手のひらに富士山を~♪  ( ̄ロ ̄;)
イメージ 21

八ヶ岳&瑞牆山展望
イメージ 22

この下を歩くときは要注意! 
イメージ 23

鷹見岩から富士山展望
イメージ 24

南アルプス大パノラマ
イメージ 25





11/3 西沢渓谷  手ブレ写真特集だい!

2010.11.03 西沢渓谷

紅葉シーズンの大混雑を避けるため6:30から歩き始めたが、
皆考えることは一緒か?渓谷入り口が近づき道幅が狭くなるとともに
前も後ろも人!人!人!の列・・・、観光バスが大挙して訪れる
10:00以降の事を考えるとこれでも良しと考えるしかないのだろう。

さて肝心の渓谷写真は、三脚無しでスローシャッターに挑戦したツケで
大半が手ブレ状態!
そんなこんなで、今回はご覧のような手ブレ写真特集となりましたが
悪しからずで~す。笑


2003.5.24&2003.10.25の西沢渓谷
http://hirasan.canada2194.com/nishizawake.html



西沢渓谷MAP
イメージ 1

こんにゃく館・無料で駐車させてくれるよ・・・感謝
イメージ 2

ここより一周約10キロの歩きとなる
イメージ 3

前方トイレの建物(左横はネトリ橋)が周遊路の起点となるが、
混雑する紅葉シーズンは一方通行となる
イメージ 4

二俣吊り橋を渡ってここから渓谷歩きが始まる
イメージ 5

三重の滝
イメージ 6

三重の滝
イメージ 7

清流
イメージ 8

龍神の滝
イメージ 9

貞泉の滝
イメージ 10

貞泉の滝
イメージ 11

こんな場所を歩く
イメージ 12

年賀葉書に使いたかったが、これではね~
イメージ 13

清流VP
イメージ 14

方杖橋架け替え工事中で仮設橋を渡る
イメージ 15

七ツ釜五段の滝
イメージ 16

旧森林軌道(トロッコ道)に出る
イメージ 17






10/23  苗場山・秋山郷 小赤沢三合目より

2010.10.23 苗場山

伊藤さんから、日本100名山を目指している友人(K林さん)と
苗場山へ登るけど一緒にどうですか?とのお誘いに有り難く便乗させていただきました。
K林さんは足に障害をもっておられ、今回のような岩ゴロ道では大分難儀されていましたが、
息を切らしながらも弱音をはかず黙々と上られる姿を拝見して
見習わなければとの思いになりました。





グーグル鳥瞰図
イメージ 1

秋山郷 小赤沢三合目駐車場 トイレ有り
イメージ 2

登山口&登山届BOX
イメージ 3

根っこ道/上から伊藤さん、K林さん、細井さん
イメージ 4

岩ゴロ道
イメージ 5

霜柱道を撮す細井さん
イメージ 6

クサリ道
イメージ 7

坪庭に到着
イメージ 8

坪庭を歩く
イメージ 9

草黄葉は終わっていたがこれだけの景色を見られただけで最高の気分に
イメージ 10

先週ミセスハイジさんが歩かれた鳥甲山をアップで
イメージ 11

苗場山頂ヒュッテが近づく
イメージ 12

苗場山山頂/管理人
イメージ 13

鏡池(ひらさん命名) 
イメージ 14

帰路につく人々 
イメージ 15






10/16 紅葉の安達太良山を目指すはずだったが・・・

2010.10.16 安達太良山(午後)

背戸峨廊を歩いた後、高速道利用(所要時間2時間)で安達太良山へ向かうが、
駐車場手前2キロで大 渋滞に・・・
渋滞=紅葉グッドタイミング!と先読みすれば苦にもならないが、
道ばたで実るアケビを採りながら歩く人にも追い抜かれるほどのノロノロ状態 (~o~)
午後1時、なんとか駐車場に着いたものの当初予定より1時間遅れ・・・アセアセ
そのうえ、周辺は青空なのに安達太良山上空だけ「今にも雨が降り出しそうな
真っ黒な雲」に覆われる 始末!  
これでは紅葉も期待できないうえ、登山自体も危うい状態に・・・
ここでも当初予定コースを大幅修正して、まずは行かれるところまで行って
駄目だったら引き返す案で ご覧のような結果となりました。 


2006.9.22 安達太良山のホームページ
http://hirasan.canada2194.com/adatarayama.html


グーグル鳥瞰図
イメージ 1

駐車場発 13:07 ~ ゴンドラ山頂駅発 13:30
イメージ 2

14:18 山頂近くまで上ってきたが上空には真っ黒な雲が漂う
イメージ 3

14:20 当たり前だが登山者より下山者の方が多い! 
イメージ 4

14:26 記念撮影
イメージ 5

14:29 ここが本当の山頂だぜ~! それにしてもさぶい!!!
イメージ 6

14:44 沼の平
荷物込みで80キロの管理人がアオラアオラするほどの強風が襲う中で撮影
イメージ 7

その強風を撮したハズ?だけど・・・
イメージ 8

15:49 天気が良ければ最高の紅葉が見られたかも(薬師岳展望台より)
イメージ 9






10/16 背戸峨廊(せとがろう)滝巡り

2010.10.16(午前) 背戸峨廊(せとがろう)

前日のスケジュール変更で16日(土曜日)は背戸峨廊と安達太良山の
二箇所を歩くことになっていたがまたしても無情の雨が・・・
こんな時はダメ元で行動する事が一番と決め、夜も明けぬうちから
背戸峨廊に向けて出発!
これが結果オーライで、ご覧のような背戸峨廊滝巡りを
楽しむことができました。 (^_^)v



2008.8.21 背戸峨廊(せとがろう)
http://hirasan.canada2194.com/setogarou.html

夏井川渓谷・背戸峨廊(せとがろう)案内板
(注)トッカケの滝より上流へ行く場合は登山装備が必要
イメージ 1

駐車場・トイレ有り
イメージ 2

まずは足慣らしで
イメージ 3

川筋を歩く
イメージ 4

トッカケの滝(トッカケとはこの地方の方言で最初の場所・初めての事などを言う)
イメージ 5

トッカケの滝横に架かる超ロングなアルミ梯子を上る(@_@)
イメージ 6

前夜からの雨で滑りやすい岩肌を慎重に・・・
イメージ 7

この辺は落ちても心配はないが・・・(^-^)  
イメージ 8

上流へ
イメージ 9

片鞍滝
イメージ 10

垂直の鉄梯子 (*_*)
イメージ 11

竜の寝床・この滝の上部に至る巻き道が本コース一番の危険地帯
イメージ 12

三連の滝へ向かう
イメージ 13

背戸峨廊最終の滝・三連の滝(別名・未練の滝)
イメージ 14



背戸峨廊初体験の細井さん、伊藤さんにはことのほか喜んでいただき
お誘いした甲斐がありました。




10/11  紅葉まっただ中の御嶽山へ

2010.10.11 御嶽山

長野市内から登山口まで約3時間、近そうで遠い御嶽山!
そんなこんなで、管理人得意の「道の駅・三岳」で車中泊・・・
愛知からマダラさん、長野から細井さんに参加いただき、
ワイン・ビール・焼酎の大宴会?
管理人は飲み慣れないストレート焼酎で夜半まで頭がグ~ラグラ(笑)







グーグル鳥瞰図・三の池~女人堂(金剛堂)の間が紅葉最前線
イメージ 1

黒沢口六合目駐車場(トイレ有り)
イメージ 2

行場山荘・御嶽RW山頂駅分岐点
イメージ 3

紅葉前線期待大!
イメージ 4

女人堂(金剛堂)から御嶽山全景
イメージ 5

ここは何処? 明治不動かな~???
イメージ 6

まずは石室山荘を目指して一頑張り
イメージ 7

そして山頂へ
イメージ 8

御嶽山山頂/左から管理人・マダラさん・細井さん
イメージ 9

最奥から北アルプス・乗鞍岳・継子岳・摩利支天山・二の池(御嶽山山頂より)
イメージ 10

二の池で昼食/新品種のシナノピッコロ
(ゴールデンデリシャス+あかねの交雑)と御嶽山
イメージ 11

サイノ河原と摩利支天山
イメージ 12

三の池・サイノ河原避難小屋より撮影
イメージ 13

三の池・決して腐ることのない水で「御神水」と呼ばれている
イメージ 14

三の池から女人堂を目指すと、それはそれは見事な紅葉が♪
イメージ 15

紅葉その2
イメージ 16

崩落地・いまにも岩が落ちてきそうな場所を速やかに通過
イメージ 17

紅葉その3
イメージ 18

ガスで下が見えないのが幸い?
イメージ 19

紅葉その4
イメージ 20

女人堂に到着・細井さんの同僚&管理人のお客様Nご夫妻とバッタリ!
イメージ 21


当ルート及び紅葉情報はネット仲間の「かつとんさん」「ミセスハイジさん」から
いただきました。感謝




9/25-26 白馬岳敗退(管理人のみ)

2010.9.25-26 白馬岳敗退

ネット仲間「こばさん」のプランを拝借して白馬大池山荘テン場泊で翌日に
白馬岳ピストンを計画するも、稜線上の寒さに耐えられず管理人だけ
小蓮華岳手前で敗退(軌跡MAP参照)!
冬バージョンかそれに近い服装を持参しなかった事を後悔したが後の祭り!
写真もカメラ設定ミスで白飛びやらノイズやらでお恥ずかしい次第に(ノД`)

途中敗退MAP
イメージ 1

ゴンドラからみる白馬岳?
イメージ 2

栂池自然園入り口
イメージ 3

白馬乗鞍登山口
イメージ 4

まずは白馬乗鞍を目指して
イメージ 5

天狗原湿原から白馬乗鞍を望む
イメージ 6

岩ゴロな登山道
イメージ 7

その2
イメージ 8

白馬乗鞍山頂ケルン
イメージ 9

白馬大池を巻いて山荘を目指す
イメージ 10

白馬大池山荘が見えてきた!
イメージ 11

白馬大池山荘到着
イメージ 12

マイテント・所場代500円(まだ夕方前の時間なのに冷え込みがキツイ!)
イメージ 13

600円のワインで身体を暖めて・・・
イメージ 14

9/26 テン場を3:20分に出発し白馬岳を目指すも寒さで途中敗退!
撤退中に撮影した白馬大池 am5:16
イメージ 15

am5:16 雲の形が気に入りました(笑)
イメージ 16


一緒に登った竹内さんとアクティブママさんは白馬岳をゲットして
テント場帰着8:30でした。
ご来光目的でなければ5時頃出発しても余裕で戻れそうなので、
来年中には今回のお返しをしたいと考えています。




9/18 御坂毛無山~十二ヶ岳~金山~節刀ヶ岳~鬼ヶ岳

2010.9.18 十二ヶ岳

十二ヶ岳には5年もまえから登りたいと思っていたので、
岳人・秋山号で特集されたのを機に富士山の見える山パート6として
西湖の北に位置する御坂山塊の山々(毛無山~鬼ヶ岳)を歩いてきました。
河口湖近辺の天気予報は「快晴」、早朝の精進湖では富士山がクッキリと見え
今日の山行は期待大!!
と思いきや、毛無山山頂が近づくにつれ上空には厚い雲がモクモクと・・・( ̄ロ ̄;)



グーグル鳥瞰図
イメージ 1

文化洞トンネル東出口の駐車場所
建設会社資材置き場も兼ねているので平日駐車は要注意か・・・
イメージ 2

毛無山登山口/文化洞トンネル東出口の駐車場所内
イメージ 3

里山だけに初っぱなからキツイ登りが連続する
イメージ 4

樹林帯を抜けてススキ原になると毛無山山頂が近い
イメージ 5

毛無山山頂・1500.1m 
天気さえ良ければ富士山大展望の山頂だが・・・残念無念
ひと休みして十二ヶ岳方面へ向かう
イメージ 6

いずみの湯から伸びる十二ヶ岳尾根筋と西湖を展望
イメージ 7

五ヶ岳/十二ヶ岳までの稜線各ピークには1~12の標柱が立ちます
イメージ 8

長い補助ロープ/ピークを目指して登り込んでいる写真です(ピークから撮影)
イメージ 9

十一ヶ岳/数字の11でVサインではありませ~ん(笑)
イメージ 10

長い補助ロープ/鞍部まで一気に降りる写真です(鞍部から撮影)
イメージ 11

鞍部(谷)に架かる吊り橋
イメージ 12

クサリ場を上る
イメージ 13

十二ヶ岳山頂・1683m
イメージ 14

一瞬のシャッターチャンス!/十二ヶ岳山頂より
イメージ 15

金山を経由して節刀ヶ岳に到着・1736m
360°大パノラマが楽しめるので管理人お勧めの山です
イメージ 16

特徴ある十二ヶ岳の全容と河口湖方面
天気が良ければ富士山大大展望!の山/節刀ヶ岳山頂より
イメージ 17

十二ヶ岳と西湖・正面に富士山?/鬼ヶ岳向かいの稜線より
イメージ 18

鬼ヶ岳・1738m
イメージ 19

雪頭ヶ岳に向けて鉄梯子を下る
イメージ 20

雪頭ヶ岳のお花畑にて
イメージ 21

雪頭ヶ岳のお花畑から西湖を望む
イメージ 22

写真ではわかりませんが、まだ2時だというのにヘッデンを点けたくなるほど暗闇歩きでした
イメージ 23

漁眠荘前のバス停に到着/毛無山登山口まで330円でした(便数が少ないので要注意)
イメージ 24






9/12 木曾駒ヶ岳&宝剣岳アドベンチャールート?

2010.9.12 木曽駒ヶ岳・宝剣岳

土曜に仲間が唐松岳に登るとのことだったので、黒菱から先回りして山頂で
ビックリさせてやろう!なんて子供じみた事を考えていたが眼がさめたら
世の中明るくなってました。トホホ・・・
そんなこんなで土曜に登り損ねた鬱憤晴らしで木曾駒ヶ岳にやってきましたが、
木曾・伊那方面「快晴」の天気予報にも関わらず山頂だけご覧の有様に・・・(泣)


カシミール・ルートMAP
イメージ 1

7:29 RW山頂駅着  な~んも見えん!!
イメージ 2

8:26 1時間様子見をしたが相変わらずなので晴れ祈願をして出発 
イメージ 3

八丁坂/この天気にふてくされ気味の管理人
イメージ 4

風よけを着たり脱いだり忙しい
イメージ 5

駒ヶ岳巻き道分岐点/何年ぶりかにレインウェアー着用
イメージ 6

中岳が近い
イメージ 7

冬装備の登山者が多い中岳山頂/濃霧と強風の為ここで約30分待機
イメージ 8

頂上山荘キャンプ場
拭いても拭いても霧の水滴が眼鏡に付いてしまい管理人は視界ゼロ状態
イメージ 9

木曾駒ヶ岳山頂着
イメージ 10

神様に願いが届いたかのように、いきなり青空に! (^_^)v
イメージ 11

先ほどとはうってかわったこの笑顔
イメージ 12

馬の背(右の尾根)と木曾方面・数分の青空だったが登った甲斐がありました。
イメージ 13

宝剣山荘まで戻り宝剣岳へ向かう/宝剣岳直下のクサリ場
イメージ 14

宝剣岳
イメージ 15

ここが本当の宝剣岳山頂! 落ちないように気をつけてね~
イメージ 16

難所は極楽平向かいの方が多いので高所が苦手な向きは
宝剣山荘まで引き返すのがベストかも・・・
イメージ 17

とっかかりが多いので上りやすいが岩の下は切れ落ちているので慎重に
イメージ 18

上からみるとこんな感じだが晴れていたらブルブル状態かも(笑)
イメージ 19

三の沢分岐までくれば難関区間は終了
イメージ 20






9/4 千曲川源流を訪ねて&甲武信ヶ岳

2010.9.04 甲武信ヶ岳

友人のお母さんから千曲川源流へのガイド依頼があり、お引き受けついでに
甲武信岳も登ることにして、お母さん隊(3名)と山仲間(4名)の
総勢8人の大所帯で出発しました。


グーグル鳥瞰図
イメージ 1

毛木平駐車場・東屋に設置された高低図
イメージ 2

毛木平駐車場全景/下山時に登山口より撮影(7年前は未舗装だった)
イメージ 3

しゅっぱ~つ!
イメージ 4

大山祇神社で安全祈願/お賽銭を入れなくてゴメンナサイ・・・
イメージ 5

土石流災害慰霊碑
イメージ 6

沢音を聞きながら
イメージ 7

いたるところで清流が見られる
イメージ 8

「冷たくて美味しいよ」本当!?
イメージ 9

ナメ滝(滑滝)下流で休憩
イメージ 10

ナメ滝(7年前は道標や案内板が殆どなく、多分これがナメ滝だろうって感じでした)
イメージ 11

現在はこんなに立派な指導標が随所にあります
イメージ 12

先ほどの写真で!?だった方、私たちが身体を張って
試飲しましたから安心してください(笑)
イメージ 13

うま~い!
イメージ 14

清流をアップで!!
イメージ 15

千曲川源流を挟んで/お母さん隊
イメージ 16

千曲川源流記念碑で記念撮影
イメージ 17

ここが唯一の急坂
イメージ 18

山頂を間近にはしゃぐ管理人
イメージ 19

山頂が近い!
イメージ 20

甲武信岳山頂
イメージ 21





8/28 秀麗富嶽十二景の滝子山

2010.8.28 滝子山

天気は快晴! 秀麗富嶽十二景の滝子山で富士山展望!のはずだったが・・・


道証地蔵・滝子山登山口
イメージ 1

杉美林
イメージ 2

杉林と広葉樹が交互に現れる
イメージ 3

左下の深みで流れる沢音を聞きながら
イメージ 4

沢筋に合流
イメージ 5

水量が多い
イメージ 6

木橋を渡って対岸から上り込む
イメージ 7

モチケ滝で休憩
イメージ 8

水遊びをしたくなるような一枚岩
イメージ 9

廃屋を通過すると薮こぎに
イメージ 10

朝露でびしょ濡れ!
イメージ 11

薮を抜けると快適!快適!
イメージ 12

鎮西ケ池/白縫神社
イメージ 13

ここまで来ればあと一頑張りだ
イメージ 14

山頂直下の岩場
イメージ 15

滝子山山頂
イメージ 16

秀麗富嶽十二景の富士山見たさに1時間近く粘るが・・・(残念無念)
イメージ 17

こんな感じに見えるらしい
イメージ 18

グーグールアース鳥瞰図
イメージ 19


ホームページ本編

8/27 木曾御嶽山をリニューアル

イメージ 1


2003.8.23 御嶽山HPをリニューアルしました。
http://hirasan.canada2194.com/ontake.html



8/25 金山・天狗原山 リニューアル

イメージ 1


2005.7.23 に登った天狗原山&金山」をリニューアルUPしました。
http://hirasan.canada2194.com/kanayama.html

個人的には隠れた穴場にしておきたかった金山でしたが、残念(一面うれしさもありますが)
ながら山雑誌にこの山が紹介されてしまいました。
HPに載せておきながら「隠れた穴場」発言は相反するものがありますがご勘弁を・・・



8/14 鼻曲山のレンゲショウマ

2010.8.14 鼻曲山

ネット仲間のアキチャンに教えてもらった「クモマグサ」を見に
木曾御嶽山へ行く予定だったが台風一過にもかかわらず天気予報は雨雨雨(泣)
そんなこんなで、近県では唯一曇りマーク地帯の鼻曲山「レンゲショウマ花旅」に予定変更!
今が盛りと咲いていたレンゲショウマの一部を掲載しましたのでお楽しみ下さい。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

撮影に夢中で山頂にたどり着けない状態の管理人
イメージ 6

予定時間大幅遅れで山頂着!
イメージ 7






8/6 四国の霊山「石鎚山」へ

2010.8.6 石鎚山

紅葉の時期に訪れたかった石鎚山だったが四国まで来ればこの山を外すことはできず、
次回の下見を兼ねて登ってきました。
今回は香川県在住の斉藤さん、佐藤さん、佐藤さんの息子さんと知り合うご縁があり、
楽しい石鎚山山行になりました。この場をお借りして感謝申し上げます。




石鎚山ロープウェイ駅入り口
イメージ 1

石鎚山登山案内図
イメージ 2

石鎚山ロープウェイ(往復1900円) 山麓&山頂駅共に、00分・20分・40分運行
イメージ 3

山頂駅方面
イメージ 4

成就(じょうじゅ)まで20分
イメージ 5

石鎚神社成就社境内
イメージ 6

成就社境内の神門をくぐって石鎚山登山道へ
イメージ 7

試しのクサリはパスをして近道ルートへ
イメージ 8

夜明峠/高低図板も設置されている
イメージ 9

一ノ鎖・下から
イメージ 10

一ノ鎖・上から(ほぼ垂直の鎖場だ)
イメージ 11

二ノ鎖
イメージ 12

三ノ鎖
イメージ 13

石鎚神社頂上社
イメージ 14

目指す山頂はガスの中・・・(石鎚神社頂上社より)
イメージ 15

岩稜を矢印に沿ってピョン!ピョン!とお猿さんのように進む(迂回路もあるよ)
ここからは単独のため勇姿?をお見せできなくて残念
イメージ 16

ピョン!ピョン!ときて無事山頂に着きました。(笑)
イメージ 17






8/4  四国・剣山 「天然記念物・キレンゲショウマ」花旅

2010.8.04 剣山

キレンゲショウマの見頃は8月初旬からお盆頃までと雑誌に紹介されているのを読み、
お盆休みの前倒しで四国の剣山(つるぎさん)の花旅に出発!
ガスと小雨混じりの雲行きから山頂では+強風のおまけがついて、
山頂は行ってきたよ!程度のものとなってしまったが、
目的のキレンゲショウマはご覧のとおりでした。
蕾状態も多く15日頃までは十分楽しめると思います。



キレンゲショウマ解説板
イメージ 1

剣山観光登山リフト乗り場・駐車場
イメージ 2

観光登山リフト(往復1800円)
イメージ 3

剣山観光登山リフト山頂駅・大剣神社方面登山口
イメージ 4

大劔神社・お塔石
イメージ 5

頂上ヒュッテ
イメージ 6

小雨と強風の山頂では写真だけ撮って退散
イメージ 7

不動の岩屋に架かる「おくさり」 雨でスリップして降りるのに難儀しました。
イメージ 8

キレンゲショウマ/拡大可
イメージ 9

キレンゲショウマ
イメージ 10

キレンゲショウマ
イメージ 11

キレンゲショウマのお花畑/鹿の食害を防ぐため鉄柵に囲まれ上からしか撮せないのが残念
イメージ 12






7/31 7月最後の山は北横岳-大岳-双子池-ピラタスRW周遊

2010.7.31 北横岳

今回訪れた双子池では高山植物の「おさば草」が見られるので数年前からチェックするも、
なかなかタイミングが合わない! 
その代わりと言う訳ではないと思うが、その双子池で珍客との出会いが・・・(о^∇^о)




まずはグーグル鳥瞰図
イメージ 1

ピラタスRW山頂駅
イメージ 2

坪庭内・北横岳分岐点
イメージ 3

急斜面に取り付く
イメージ 4

尾道からのご一行様(60-70名)・遠路はるばるお越し頂きありがとうございます。
イメージ 5

北横岳ヒュッテ
イメージ 6

南峰はガスの中/鳥海山を思い出すな~(はやいもんで、あれから2週間が過ぎました)
イメージ 7

北峰も同じく・・・
イメージ 8

モデルは劔岳のTシャツがよく似合う佐藤さん
イメージ 9

七ツ池と北横ヒュッテ
イメージ 10

今回、この大岳を選んだ理由はこの岩!岩!岩!歩きを楽しみたかったからです。(^_^)v
イメージ 11

大岳分岐/ここを左に折れた「天狗の露地」近辺の岩場歩きも期待が持てそうですね。(笑)
イメージ 12

大岳山頂
イメージ 13

大岳山頂
イメージ 14

蓼科山/大岳山頂より
イメージ 15

「天狗の露地」が近づいて来ると・・・
イメージ 16

管理人はなにをやってんだかねぇ
イメージ 17

岩!岩!岩!
イメージ 18

岩!岩!岩!  その二
イメージ 19

双子池に到着
イメージ 20

オコジョとの出会い! 
イメージ 21

双子池
イメージ 22

落石注意といわれてもね~
イメージ 23

↓2008年の諏訪山で行き会った青年とバッタリ! 
バックも前回より一回り大きくなったような・・・
http://hirasan.canada2194.com/suwayama.html
イメージ 24


明日はキレンゲショウマを求めて四国の「剣山」へ、ついでに石鎚山も
のぼってきますんでホームページは帰宅後になりま~す。  ペコ




7/17 鳥海山その2 新山~七高山~伏拝岳~滝の小屋~登山口

2010.7.17 鳥海山その2・下山編


鳥海山(新山)直下の胎内くぐり 11:03
イメージ 1

鳥海山(新山)直下の胎内くぐり 
イメージ 2

雪渓を渡って矢印地点より外輪山に取り付く/ここで昼食(35分間)
イメージ 3

雪渓を渡る 11:39
イメージ 4

外輪山への取り付き(3枚目写真矢印地点) 11:44
イメージ 5

外輪山から七高山へ
イメージ 6

七高山全景
イメージ 7

夏ですね~
イメージ 8

七高山山頂/三角点有 12:04
イメージ 9

鳥海山(新山)全景・七高山より
イメージ 10

まずは伏拝岳を目指して下山開始
イメージ 11

眼下には鳥海湖が・・・  
イメージ 12

トンボ大軍団
イメージ 13

その2
イメージ 14

鳥海山(新山)・七高山全景
イメージ 15

チョウカイフスマとの出会い(白い花)
イメージ 16

伏拝岳 12:54
イメージ 17

日本海&下山する湯の台方面
イメージ 18

雪渓・小雪路
イメージ 19

雪渓・大雪路
イメージ 20

雪渓・心字雪の下部
イメージ 21

河原宿小屋(トイレ有) 14:38-15:00
イメージ 22

徒渉/前方の建物は滝の小屋
イメージ 23

前日の車デポ駐車場着 16:01  お疲れさまでした!
イメージ 24


おまけ写真
7/18 元滝伏流水
イメージ 25

童心に返って・・・
イメージ 26





7/17  鳥海山 その1

2010.7.17 鳥海山その1

細井さん、伊藤さん、家内の4人で秋田・山形の両県にまたがる
花の名峰「鳥海山」へ行ってきました。
場所が場所だけに長野からは超ロングドライブに・・・
《鳥海山山行計画内容》
16日(金)
有給休暇・am10:00発
夕方、鳥海公園青沢線終点(滝ノ小屋そば)駐車場に車デポ後、
鉾立登山口Pへ移動(車中&テント泊)
17日(土)
鉾立登山口~鳥海山(新山)~七高山~伏拝岳~湯の台道~滝ノ小屋~駐車場
18日(日)
雨天予備日・観光
19日(月)
ゆっくりのんびり帰省



グーグルアースMAP
イメージ 1

7/16 鳥海公園青沢線終点駐車場(トイレ有)に車をデポ、車中泊地の鉾立登山口へ向かう!
イメージ 2

7/17 鉾立登山口(トイレ有)駐車場にて am4:50
イメージ 3

鉾立登山口
イメージ 4

鉾立展望台より鳥海山全景
イメージ 5

先は長いぞ~~
イメージ 6

賽の河原
イメージ 7

ウムムム、雲行きが怪しくなってきたぞ~
イメージ 8

鳥ノ海御浜神社(トイレ有)・暫し天気回復状況の様子見 am6:56
イメージ 9

山の天気(ポイント予報)は晴れマーク! 小雨混じりの中を登山開始
イメージ 10

ガスの切れ間から鳥海湖が見えた (^_^)v
イメージ 11

なんも見えんぞ~~ (/_\;)
イメージ 12

七五三掛(分岐)手前の広場で休憩
イメージ 13

七五三掛方面
イメージ 14

七五三掛分岐点・我々はここを下って千蛇谷雪渓へ向かう
イメージ 15

雪渓手前で花を撮影中の細井さん
イメージ 16

ここから千蛇谷雪渓に取り付く
イメージ 17

天気も回復して眼下には日本海が見える
イメージ 18

ここを登りきれば・・・
イメージ 19

まずは第一目的地の大物忌神社(トイレ有)に到着 am10:12
イメージ 20

第二目的地の新山(鳥海山)を目指す am10:31
イメージ 21

大物忌神社横からの巻きルートもあるが最短の直登コースを選択
イメージ 22

上から見下ろすと、ひょえ~!って感じ  
イメージ 23

岩の隙間を下ったのちに・・・
イメージ 24

登り返すと・・・
イメージ 25

猫の額ほどの狭~い、鳥海山山頂に立てま~す。am10:55
イメージ 26


鳥海山~七高山~伏拝岳~湯の台道編 アップしました。




7/10  白砂山(堂岩山-白砂山-八間山)

2010.7.10 白砂山

2002年の山行は堂岩山(八間山分岐点)まで登ったところで雨となり断念した白砂山。
今回は雨が降り続いている中にもかかわらず、「翌日は晴れ予報」に楽天家の管理人は
仲間と共に前泊地「道の駅・六合」へ出発!  
長野発20:00~途中で夕食~道の駅着22:50 ビールで乾杯!
起床4:30~道の駅発5:20~峠の茶屋に車をデポ~白砂山登山口着6:00

白砂山登山口発6:38~堂岩山9:17
~白砂山着10:35-11:30(休憩時間合計75分)
白砂山11:30~堂岩山分岐12:36~八間山14:31-14:56
~コマクサ園立ち寄り~八間山登山口着 16:01(休憩時間合計45分)




白砂山ルートMAP
イメージ 1

前泊地「道の駅・六合」
イメージ 2

白砂山登山口
イメージ 3

上って・・・
イメージ 4

下って・・・
イメージ 5

また上る・・・ふ~!
イメージ 6

地蔵峠にて
イメージ 7

管理人が大の苦手な超段差/意味は言わなくてもも分かるってか~(泣)
イメージ 8

水場・テン場/野反湖方面の展望良
イメージ 9

堂岩山
イメージ 10

八間山分岐点/8年前はここで断念
イメージ 11

痩せ吊り尾根が白砂山まで延びる
イメージ 12

分岐点からは楽勝と思いきやアップダウンの連続で体力消耗! 
息も絶え絶えの管理人でしたぁ(左)
イメージ 13

白砂山山頂の風景
イメージ 14

山頂から八間山分岐点を目指す/先は長いな~、その1
イメージ 15

分岐から八間山(矢印)を目指す/先はながいぞ~、その2
イメージ 16

パノラマ写真
イメージ 17

八間山が視界に入る
イメージ 18

八間山/管理人・細井さん・竹内さん・伊藤さん
イメージ 19

野反湖をバックに
イメージ 20

終着駅・峠の茶屋が見えてきた
イメージ 21

野反湖
イメージ 22

コマクサ園にて/シロバナコマクサも咲いていました
イメージ 23

長旅お疲れ様でした。
イメージ 24


総評/アップダウンが多い行程で名もなき山を10個くらい登ったような気持ちになりました。




7/3 善光寺平を見下ろす三登山~髻山を縦走

2010.7.03 三登山・髻山

NAGANO・TREKKINGシリーズ第2弾! 三登山(みとやま)
・髻山(もとどりやま)へ
再来週に迫った鳥海山の足馴らしを兼ねて、約9キロに及ぶ山城R
~三登山縦走R~髻山Rのロングコース歩いてきました。
このブログでは枚数の都合で外しましたが髻山には国土地理院の一等三角点の他に
同地理院の「天側点」があり、これは現在の三角点測量方式に代わる以前のもので
全国48地点にしかない貴重な一つが設置されています。
詳しくはホームページ(本編)で掲載しますのでお楽しみに・・・



長野市作成のトレッキングMAP
イメージ 1

サラダパーク蚊里田(トイレ有り)
登山者専用駐車場は蚊里田神社前になりますのでご注意を・・・
イメージ 2

山城コース登山口 9:35
イメージ 3

林道に合流 10:02
イメージ 4

山城まで550m 10:03
イメージ 5

随所にこんな指導標が立つので安心
イメージ 6

五の郭(くるわ) 10:16
イメージ 7

若槻山城跡全景 10:24-27
イメージ 8

若槻山城跡
イメージ 9

若槻山城番所跡 10:45-57
イメージ 10

山頂稜線上には数多くの電波塔が建つので車窓からも簡単に三登山を視認できる
イメージ 11

三登山最高点・923.5M 11:43-12:21
イメージ 12

林業用道路造成中?で泥んこ道を歩く事が度々ある
イメージ 13

髻山を望む/先は長いな~ 12:40
イメージ 14

八方峠を目指して・・・  12:50
イメージ 15

八方峠の登山口 13:12
イメージ 16

林道終着点/髻山まで残すところ300M 13:37
イメージ 17

杉林を登り込む
イメージ 18

髻山山頂(城跡) 13:47-14:19
イメージ 19

小布施の雁田山がうっすらと見える
イメージ 20

髻山山頂(城跡)にて
イメージ 21


髻山登山口駐車場着 14:59





6/6 コウシンソウで有名な庚申山へ行ってきました。

2010.6.06 庚申山

仲間のだんべえさんに案内していただき、「コウシンソウ」・「庚申講」などで
有名な庚申山(猿田彦山神社本山跡)へ行ってきました。



庚申山鳥瞰図・ナビ不感地帯が多く途切れ途切れになっていますが悪しからず
イメージ 1

「国民宿舎かじか荘」上の登山者専用駐車場(約30台・トイレ無)
イメージ 2

一の鳥居まで約1時間の林道歩き/チャリを持って行けば大幅に時間短縮が可能
イメージ 3

庚申山&皇海山登山口/一の鳥居
イメージ 4

庚申七滝のひとつに寄り道
イメージ 5

新緑の中を歩く
イメージ 6

鏡岩
イメージ 7

庚申講本山・旧猿田彦神社跡
イメージ 8

庚申山荘・避難小屋形式のため食料などの販売物は無い(トイレ有)
イメージ 9

かなりバテ気味な管理人
イメージ 10

大幅ペースダウンで皆さんに迷惑をかけましたが
なんとかかんとか山頂にたどり着くことができました (-_-;)
イメージ 11

展望地まで足をのばして皇海山、日光白根山、日光男体山の大展望を楽しむ
イメージ 12

展望地からのパノラマ図解
イメージ 13

イメージ 14

こんな場所が至る所にあるよ~  ヽ(´▽`)/
イメージ 15

生々しい土砂崩れ跡を慎重に・・・ 
イメージ 16

胎内くぐり ?
イメージ 17

庚申山で発見されたコウシンソウ・ムシトリスミレ属
イメージ 18

コウシンソウはあまりにも小さい花で、だんべえさんに案内していただかなければ
絶対に見つけることが出来なかった事と思います。 
だんべさん ありがとうございました。
イメージ 19

コウシンソウ・被写体が小さすぎて手ブレ写真ばかりですが・・・
開花情報/例年より遅れており13-19日頃が見頃との事でした。
イメージ 20

ユキワリソウ
イメージ 21

山めぐりコースはこんな危険地帯が連続する
イメージ 22

めがね岩
イメージ 23

鬼のひげすり
イメージ 24

展望抜群
イメージ 25

スリルも抜群
イメージ 26

山めぐりコースはアップダウンが多くペース配分が難しい/バテバテの管理人
イメージ 27

シロヤシオ咲き乱れる尾根筋に出れば下るのみだが、
最後の長~い林道歩きを思うと足どりもついつい重くなる・・・
イメージ 28


山巡り分岐点辺りから体調不良に陥り大幅ペースダウンとなり、
皆さんに大変ご迷惑をおかけしたことをこの場を借りてお詫びいたします。



5/29 地附山・謙信物見の岩 再訪

2010.5.29 地附山

日向山・鞍掛山へ行く予定だったが山梨県方面の天気予報が芳しくなく中止。
中止にしたものの長野はそこそこの天気で家にいるのがもったいなくて・・・(笑)
「地附山は昔遊んだ懐かしい場所なので何時かいってみたい」と言っていた
家内と一緒に再訪してきました。

登山ルートや登山地図は5/22の「地附山・大峰城」編をご覧下さい。
http://hirasan.canada2194.com/jidukiyama.html



先週と同じく駒弓神社参道から
イメージ 1

駒弓神社
イメージ 2

金比羅宮
イメージ 3

新緑の登山道
イメージ 4

ネズミサシの木が多い(鋭い葉先でネズミを防ぐ)
うっかり触るとチョ~痛てーよ!
イメージ 5

展望台(地滑り災害地)
イメージ 6

展望台からのパノラマ写真
イメージ 7

展望台からのパノラマ図解
イメージ 8

六号古墳
イメージ 9

チゴユリ(六号古墳近くに群生)
イメージ 10

旧戸隠有料道路バードラインのオーバーブリッジより
イメージ 11

旧戸隠有料道路の残骸・・・
イメージ 12

旧戸隠有料道路の残骸・・・
イメージ 13

地附山山頂
イメージ 14

飯縄山/地附山山頂より
イメージ 15

遊園地跡の残骸(旧RW山頂駅近辺にて)
イメージ 16

スキー場TOPの機器残骸&指導標下に大峰遊歩道への接続道がある
ここ第一スキー場跡は小学生スキー教室ではチョイ上級向けコースで、
他に初心者用(短いコース)の第二スキー場もあったらしいが場所をご記憶の方はご一報下さい。
(長野市史によると大峰遊歩道側斜面らしいが・・・)
イメージ 17

謙信物見の岩(上部)
イメージ 18

ロッククライミングのメッカ
イメージ 19


貴方も一緒にこのスリル感を味わってください♪
イメージ 20

謙信物見の岩 パノラマ写真
イメージ 21

謙信物見の岩 パノラマ図解
イメージ 22

物見の岩基部
イメージ 23

物見の岩基部/岩井堂観音
イメージ 24

シャガ
イメージ 25

霊山寺境内・五輪塔群
イメージ 26


地附山鳥瞰図
イメージ 27

雲上殿下駐車場発 10:42 ~ 旧戸隠バードライン歩き 
~ 駒弓神社参道入り口 10:51 ~ 駒弓神社 10:55 
~ 堂童子お焚きあげ齋場 10:57 ~ 金比羅宮 11:07 
~ 展望台 11:23-27 ~ 前方後円墳 11:42 ~ 6号古墳 11:51 
~ オーバーブリッジ 11:59 ~ 桝形城跡 12:04-14 
~ 地附山山頂 12:28-33 ~ モトクロス練習場 12:37-41 
~ スキー場跡TOP 12:44 ~ 大峰遊歩道出合い 12:51 
~ 謙信物見の岩(上) 12:57-13:24(昼食) 
~ 岩井堂観音(物見岩基部) 13:31-38 ~ 霊山寺 13:43-49 
~ 雲上殿下駐車場着 13:56




5/22  地附山・大峰城 歴史道ロマンウォーク

2010.5.22 地附山・大峰城

善光寺裏が遊び場所だった家内の話では地附山にロープウェーやスキー場
・動物園があった時代から当ルートがあり子供達の絶好の遊び場だったらしい。
1985.7.26日、大規模地滑りにより老人ホームが埋まり多くのお年寄りが
亡くなられた場所ですが、現在は地滑り対策を施して「防災メモリアル地附山公園」と
なっています。
そして数年前から善光寺地区や上松地区ボランティア(年間動員数300人以上)の
皆様のご尽力によって、荒れに荒れていた前述のルートが「歴史道ロマンウォーク」
として見事に蘇りました。
スキー場から大峰遊歩道への接続道が分かり難い事を除けば、随所に指導標が立ち
長野市観光課制作のトレッキングMAPだけで十分ファミリー登山が楽しめるので
皆さんも挑戦してみませんか・・・

長野市観光課ホームページで長野市近郊の里山トレッキングMAPを入手できます。
https://www.city.nagano.nagano.jp/site/kanko-nagano/16216.html

ひとり言/大峰遊歩道合流後、謙信物見の岩を目指して下り始めたが
「ここまで来て大峰城をパスするのはちともったいない」と思い直しUターン決定!  
急坂ではあるが「遊歩道」と銘うつだけあって木階段等でしかっり整備された
歩きやすい道が大峰城まで延びていました。




グーグル鳥瞰図
イメージ 1

雲上殿直下の駐車スペース(トイレ有り)
イメージ 2

駒形嶽駒弓神社参道入り口(旧戸隠バードライン)
イメージ 3

駒形嶽駒弓神社鳥居
イメージ 4

駒形嶽駒弓神社/社殿は撞木作り妻入りで唐破風をつけて善光寺本堂を模している。
イメージ 5

金比羅宮
イメージ 6

新緑が眩しい
イメージ 7

展望地・地滑り災害跡地
イメージ 8

展望地から長野市内を望む
イメージ 9

地附山前方後円墳・長さ40M 高さ5M
イメージ 10

旧戸隠バードラインに架かる橋(観光課地図表記・オーバーブリッジ)
イメージ 11

桝形城跡
イメージ 12

旧戸隠バードラインを歩く(スキーやドライブで利用した道なので懐かしいな~)
イメージ 13

地附山山頂
イメージ 14

飯綱山・妙高山展望/地附山山頂より
イメージ 15

県警モトクロス練習場(昔のRW山頂駅と動物園だった場所かな~?)
イメージ 16

スキー場TOPの残骸(矢印辺りに大峰遊歩道へ下る踏み跡がある)
イメージ 17

大峰遊歩道に合流
イメージ 18

大峰城(旧・蝶の博物館)で昼食
イメージ 19

ロッククライミングのメッカ「謙信物見の岩」上部からの長野市内
イメージ 20

先輩から指導を受ける信州大学山岳部の皆さん
イメージ 21

岩井堂観音/物見岩の基部
イメージ 22

霊山寺/川中島戦士の首塚
イメージ 23





5/17 ネット仲間のシゲさんをお誘いしてイワウチワの柄山峠へ

2010.5.17 柄山峠

三角点を過ぎた辺りからイワウチワの群生地が始まるが、辛うじて咲いている所は
北側の急斜面のみ・・・、仕方なく踏み荒らしに気をつけながら急斜面を
慎重に下って撮影会を開始。
以下はその撮影風景をメインに掲載しました。

ルート図や登山風景は5/15山行ホームページにて掲載しております。
http://hirasan.canada2194.com/karayamatouge3.html





イノシシ捕獲檻横の指導標
イメージ 1

展望地から絶景のアルプスを望む
イメージ 2

いろり塾/展望地より
イメージ 3

イワウチワ大群生地/来年はだんべえさん、なんちゃん、abeちゃんを誘ってきたいけど、
この調子で全斜面に咲いていたらちっとも先に進めないかも・・・などと話が盛り上がる。
イメージ 4

写真では分からないが結構な急斜面での撮影会・矢印はザイル
イメージ 5

シゲさん提供/ネット仲間の皆さん鬼に笑われても来年の参加お待ちしていますよ~
イメージ 6

シゲさん提供
イメージ 7

優しさが伝わってくるような・・・
イメージ 8

踏み荒らさないように植生の隙間をぬって開花場所へ
イメージ 9

降りた甲斐がありました
イメージ 10

灌木が多いがまずまずの展望地/分岐点手前の鉄塔
イメージ 11

散らずに咲いていてくれてありがとう!
イメージ 12

駒休めの頭
イメージ 13

峠近くまで群生地が続いている
イメージ 14

こちらはイワカガミ
イメージ 15

峠手前の鉄塔
イメージ 16

アルプス大展望/峠手前の鉄塔より
イメージ 17

柄山峠/風切地蔵
イメージ 18

今回は御神酒(白馬錦)を持参
イメージ 19

野平地籍からアルプスを望む
イメージ 20

登山口~柄山峠 高低図
イメージ 21





5/15 イワウチワの下見で善光寺古道(柄山峠)へ

2010.5.15 柄山峠

ネット仲間「喫茶ぷぅ」さんから9日頃が見頃ですよ!
と貴重な情報を頂いていたのですが、管理人の都合で群馬のシゲさんを
お誘いできるのは17日のみ・・・(悲)
過去三回の山行は全てスカ!だったので、今回は初のイワウチワ下見山行をすることに・・・(笑)
結果はご覧の通りで管理人的には大満足の花旅でしたが、
来年こそはドンピシャ!の時期に来られることを願って帰路につきました。



柄山峠鳥瞰図
イメージ 1

こんな風景を楽しみながら登山口へ向かう
イメージ 2

柄山峠登山口/林道通行止め標識・カーブミラー・「いろり」案内板が目印
イメージ 3

4年前はこんなものも無く・・・
イメージ 4

もちろん、こんなものや赤テープも無く初っぱなから登山道探しの羽目に・・・
イメージ 5

第一展望地からの五龍岳
イメージ 6

グッドアイディアの超優れもの指導標
イメージ 7

風穴
イメージ 8

風穴を覗き込む細井さん
イメージ 9

三角点/伊藤さん
イメージ 10

イワウチワとの出会い
イメージ 11

頼むから月曜日まで咲いていておくれ・・・
イメージ 12

イメージ 13

花が萎れて花期が終わっている群生地
イメージ 14

こりゃ、なんじゃもんじゃ~~
イメージ 15

通行止め表示の分岐点
イメージ 16

足許にはイワウチワの群生地が・・・
イメージ 17

イワウチワ
イメージ 18

イメージ 19

駒休めの頭/昔の人はこの道を馬で往来したんですね~。
イメージ 20

管理人の根性みたいな・・・笑
イメージ 21

柄山峠/風切地蔵
イメージ 22





5/8 赤野田の御嶽講で使われた古の修験者道で奇妙山へ

2010.5.08 奇妙山

仲間の雪入さん(GWに当ルートで登攀)にガイド役をお願いして
古の修験者道から奇妙山へ!
ルート上の随所に石仏や石祠が祀られているが登山道と呼べるような踏み跡はどこにもなく、
山頂近辺の一部ルートを除き雪入さんの案内がなければ歩くことができなかった事を
皆で実感する山行であった。
杉林の中は目印となるものが殆どないので、このブログ(又はHP)の
地図を頼りに行きたいと思われた方も地元ガイドさん無しでの単独行動は避けてください。


グーグル奇妙山鳥瞰図
イメージ 1

赤野田神社上・つつじ山公園で軽トラックに乗り替え
イメージ 2

軽トラ荷台に乗って/林道仏師裏線
イメージ 3

路肩駐車
イメージ 4

コビッチョの馬頭観世音/左・まつしろ 右・やま道
イメージ 5

石祠
イメージ 6

不動滝
イメージ 7

滝上部には不動明王が祀られている
イメージ 8

踏み跡が全然ない・・・
イメージ 9

石仏その1
イメージ 10

石仏その2
イメージ 11

急斜面の細々した箇所を慎重に進む
イメージ 12

フデリンドウ(多分)
イメージ 13

尾根に出た~!
イメージ 14

天狗岩上部の白州大神
イメージ 15

山頂付近の平坦地
イメージ 16

奇妙山山頂
イメージ 17

北信五岳/奇妙山山頂より
イメージ 18

御嶽神社
イメージ 19

岩場を降りる
イメージ 20

神官像
イメージ 21

奇妙山の「ぼこだき岩」
イメージ 22

雪入さん、今日は従来の奇妙山とは違う一面に触れることができました。
連チャンにもかかわらず気持ちよくガイドを引き受けていただき本当にありがとうございました。




5/1 石川県能登半島/雪割草・花の名山「猿山」

2010.5.01 猿山

碁石ケ峰から雪割草で有名な「猿山」へ移動 娑婆捨峠駐車場着 10:40
雪割草の時期が過ぎているとはいえGWの真っ盛りなのでハイカーで賑やかと思いきや、
我々だけで「猿山」を独占状態。
ホームページ本編では「雪割草だけが花じゃぁないよ!」と言いたげにシロバナイカリソウ
・イチリンソウ・スミレなどが辺り一面を彩る様子を掲載しますのでお楽しみに。


グーグルアース・猿山鳥瞰図
イメージ 1

娑婆捨峠駐車場
イメージ 2

猿山登山口
イメージ 3

いきなり急階段
イメージ 4

何を撮しているかって?
イメージ 5

これや・・・(シロバナイカリソウ)
イメージ 6

こんなんとか・・・
イメージ 7

こんなんです。(イチリンソウ)
イメージ 8

またしても管理人苦手の木階段が・・・
イメージ 9

快適な稜線歩きになる
イメージ 10

新緑が目に優しく・・・
イメージ 11

猿山山頂/お決まりの物まねポーズ
イメージ 12

樹木の枝越しだが展望が素晴らしい
イメージ 13

木段を下って猿山岬灯台へ
イメージ 14

秋をみっけ!
イメージ 15

これはどうなってんの???
イメージ 16

猿山岬灯台
イメージ 17

谷越しに灯台を望む
イメージ 18

娑婆捨峠
イメージ 19

娑婆捨峠より
イメージ 20






5/1 能登半島・碁石ヶ峰 立山連峰を望める展望の山のはずだったが・・・

2010.5.01 碁石ヶ峰

富山県と石川県(能登半島)の里山歩きと、家内から提案があった金沢の
武家屋敷と近江町市場巡りをセットで楽しんできました。
4/30 
20:30発 北陸自動車道・有磯海SAで車中泊
5/01 
SA 5:30発(途中のマックで朝食) 原山峠着 7:00


↓碁石ヶ峰を護る会ホームページのURL
http://goishigamine2.web.fc2.com/


碁石ヶ峰グーグル鳥瞰図
イメージ 1

原山峠に駐車スペースはあるがぬかるんでいたので林道に路駐
イメージ 2

登山道入り口の石祠
イメージ 3

登山口
イメージ 4

緩い登りで稜線に出る
イメージ 5

少年の家オリエンテ-リングの標識が随所にある
イメージ 6

風力発電の風車を目指して・・・
イメージ 7

近づくとそのデカさに圧倒される
イメージ 8

風力発電施設を下って車道に出る
イメージ 9

東屋がある展望広場の桜が満開だった
イメージ 10

ここから数分の歩きで碁石ヶ峰山頂だ
イメージ 11

今年はこんな写真が多い
イメージ 12

碁石ヶ峰山頂
イメージ 13

立山連峰ほか大パノラマのはずだったが・・・
イメージ 14

展望は諦めて早々と車道に戻る
イメージ 15

少年自然の家を通過
イメージ 16

林道にでて前方にみえる愛車を目指す
イメージ 17





4/18 京ヶ倉ヒカゲツツジ情報&大姥山 

2010.4.18 京ヶ倉&大姥山

岐阜のネット仲間にヒカゲツツジと大展望の里山を歩きませんかとお誘いしたものの、
ヒカゲツツジは蕾状態が大半で開花時期に訪れる難しさを実感!



岐阜組6名・長野組4名で登山開始 8:00
イメージ 1

咲いているヒカゲツツジを仮押さえで撮影
イメージ 2

開花は今週末辺りと思われる
イメージ 3

ヒカゲツツジは残念だったが、北アルプス大展望を楽しんでいただくことができた。 (^_^)v
馬の背より撮影
イメージ 4

馬の背を慎重に・・・
イメージ 5

記念撮影
イメージ 6



長野組2名が抜けて総勢8名で大姥山へ
イメージ 7

京ヶ倉と比べて展望適地は少ないが痩せ尾根に架かるクサリ場がスリリング
イメージ 8

大姥神社奥社
イメージ 9

クサリ場が連続する・・・
イメージ 10

山頂でガッツポーズ!!
イメージ 11

記念撮影/長野県の里山歩きは如何だったでしょうか?
次回、皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています。
イメージ 12






群馬県中之条町/霊山・嵩山(たけやま)再訪 4/10

2010.4.10 霊山・嵩山

前回訪問時(2003.5.3)に撮った写真はメイン箇所の10数枚しかなく欲求不満状態、
火坂雅志著「真田三代」に度々登場する嵩山に興味を持った歴女ならぬ
歴男の竹内さんを誘って再訪することに。
ぐる~っとひと廻りして簡単に済ませるつもりだったが第一観音を撮して
先に進むと随所に観音巡りの標柱が立ち、これは制覇するしかない!
と観音巡りに予定を変更、32番33番には行き着けなかったが
嵩山33番観音巡りを存分に楽しんできました。


ホームページ本編
http://hirasan.canada2194.com/takeyama2.html

2003.5.3の嵩山
http://hirasan.canada2194.com/takeyama.htm


男岩に鯉のぼりを架ける準備中
イメージ 1

ワイヤーに鯉のぼりが吊される
イメージ 2

男岩/意味はそのまんま・・・(笑)
イメージ 3

表登山道入り口
イメージ 4

1番観音
イメージ 5

急斜面だが天狗の広場までの距離は短いのでひと頑張りだ
イメージ 6

展望台
イメージ 7

天狗の広場
イメージ 8

小天狗
イメージ 9

不動岩全景・小天狗より
イメージ 10

不動岩のアップ写真
イメージ 11

不動岩の上り
イメージ 12

不動岩から望む小天狗
イメージ 13

不動岩の下り
イメージ 14

胎内くぐり
イメージ 15

胎内くぐり後、鎖を頼りに急斜面を降りて14・15番へ
イメージ 16

弥勒穴へカニの横ばい
イメージ 17

20番観音/弥勒穴
イメージ 18

かつての順路コースだが落石危険で封鎖されている。
(マナー違反だが21-25観音を求めて・・・)
イメージ 19

御城の平
イメージ 20

大天狗(女岩)・嵩山山頂で三等三角点埋設
イメージ 21

鯉のぼり完成!
イメージ 22


グーグルアース鳥瞰図/観音巡りのため重複路が多く見にくいが悪しからず・・・
イメージ 23






姨捨伝説で有名な冠着山へ(上山田温泉新ルート) 4/4

2010.4.04 冠着山

かつては存在したであろうと思われるこのルートも約40分で登れる鳥居平コース
・坊城平コースがメインとなり、獣道・薮化の一途をたどることに・・・
そんな古の道を坂城在住の鳴海さんが何回も何回も足を運んで整備され、
2010年春「鳴海新道」として蘇りました。(感謝)


坊城平登山口近辺に車をデポ
上山田温泉・佐良志奈神社横の公衆トイレから登山開始 9:51
イメージ 1

林道歩き後、尾根に取り付く
イメージ 2

尾根歩きといっても展望は無い
イメージ 3

城跡で休憩 11:19-35
イメージ 4

第一展望台 11:40
イメージ 5

四阿山~蓼科方面の眺めが良い
イメージ 6

第二展望台にて 11:48-51
イメージ 7

第三展望台近くの鉄塔 12:03-13
イメージ 8

途中で昼食後、ひたすら尾根道を歩く!歩く! ふぅ~
イメージ 9

坊城平分岐点に立つこの指導標を信じて登ったばっかりに、
最後は引き返す羽目に・・・  13:39
イメージ 10

松代地震の時に上部が20m程崩れ落ちたと伝わる「ぼこだき岩」
イメージ 11

ザレ場を慎重に登り岩峰の基部まで行くが山頂へのルートは何処に?状態
ナビで確認すると山頂まで100mの地点にいるのだが・・  14:13
イメージ 12

無理をせず先ほどの坊城平分岐点まで引き返すことに・・・
イメージ 13

坊城平登山口からのルートに合流して山頂を目指すがスタミナ切れ状態での急登はきつかった!!
イメージ 14

西日が眩しい!なんて言ってられないくらい遅い時間にやっとこさ山頂着 15:23
イメージ 15

グーグルアース鳥瞰図
イメージ 16






栃木県・三毳山(みかもやま)ハイキング&カタクリの里へ 3/21

2010.3.21 三毳山(みかもやま)

道の駅みかも~南口広場~三毳神社奥宮~中岳~青竜ヶ岳(三毳山)
~カタクリの里~東口広場~南口広場の周遊ルートを歩いてきました。
カタクリとイチリンソウが咲き誇る様はとても見応えがあり、
まだ4・5日は充分楽しめそうなので取り急ぎ写真をアップしました。




ハイキングMAP
イメージ 1

南口広場フラワートレイン乗り場横が登山口
イメージ 2

ハイキングルート
イメージ 3

フラワートレイン
イメージ 4

三毳神社奥宮鳥居
イメージ 5

三毳神社奥宮
イメージ 6

黄砂/ハング・パラグライダー基地より
イメージ 7

何回かフラワートレインコースを横切って進む
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

青竜ヶ岳(三毳山)山頂
イメージ 11

黄砂避け・花粉避け? 今日はマスクがけの人が多かった
イメージ 12

鞍部を下ると・・・
イメージ 13

「カタクリの里」上部に到着
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

下るほどに観光客が多くなる・・・
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

この斜面を見納めに先ほどの鞍部までエンヤコラサと戻る(ふ~)






滝沢馬琴著「南総里見八犬伝」ゆかりの「富山」へ2/20

2010.2.20 富山(とみさん)

伊予ヶ岳から富山へのトレッキングルートもあるが横着をして
下山後は車で富山駐車場まで移動



富山中学前の富山駐車場(簡易トイレ有り)
イメージ 1

県道富山丸山線車道を東進
イメージ 2

福満寺前の富山遊歩道入り口
イメージ 3

福満寺仁王門(トイレ有り)
イメージ 4

墓地横を抜けて登山道へ入る
イメージ 5

一合目道標(この先二合目・三合目と続き4・5・6は何処に・・・?)
イメージ 6

階段の多さにうんざりする管理人
イメージ 7

七合目道標(4・5・6合目は何処に・・・?)
イメージ 8

南峰入り口の階段(北峰への分岐点でもある)
イメージ 9

南峰直下の観音堂
イメージ 10

富山南峰は展望無し
イメージ 11

地図には南峰山頂から鞍部までのルートが引かれているが
この地デジアンテナ工事の関係で南峰入り口階段まで戻る。
イメージ 12

伏姫籠窟分岐点(鞍部)
地デジアンテナ工事が終われば南峰から直でこの地点まで降りられる・・・?
イメージ 13

里見八犬士終焉の地
イメージ 14

富山北峰へ向かう
イメージ 15

富山北峰三角点
イメージ 16

富山北峰展望台広場
イメージ 17

展望台より
イメージ 18

伏姫籠窟入り口
イメージ 19

伏姫籠窟(この近くには八角の伏姫舞台もある)
イメージ 20





房総のマッターホルン 伊予ヶ岳 2/20

2010.2.20 伊予ヶ岳

3年前からの計画がやっとこさ実現♪
南房総の花旅と抱き合わせで房総のマッターホルンと呼ばれる「伊予ヶ岳」、
里見八犬伝ゆかりの山「富山」を登ってきました。


県道89号からの伊予ヶ岳
イメージ 1

平群天神社参道に設置された伊予ヶ岳解説版
イメージ 2

平群天神社・登山者専用駐車場(トイレ有り)
イメージ 3

平群天神社
イメージ 4

平群小学校横の伊予ヶ岳登山口
イメージ 5

正面に伊予ヶ岳が・・・
イメージ 6

整備された登山道
イメージ 7

イメージ 8

本日のハイライト・・・?
ロープ&鎖
イメージ 9

イメージ 10

伊予ヶ岳南峰/先端は人一人しか立てない
イメージ 11

イメージ 12

下山後に登る「富山全景」南峰より撮影
イメージ 13

伊予ヶ岳北峰/三角点
イメージ 14

北峰より南峰を撮影
イメージ 15

南峰に立つ管理人
イメージ 16





2010年初登りはミシュラン三つ星の山・高尾山へ 1/10

2010.1.10 高尾山

12月に右目レーザー治療を受けストップしていた山登りだったが、医師から「軽い山だったらOK」の許可がでたのでケーブルカーを使って超お手軽登山?の高尾山へ行ってきました。


前泊地・中央道談合坂SA(上り)のイルミネーション/クリックで拡大
イメージ 1

高尾山グーグルアース・ルートMAP
イメージ 2

京王高尾山口駅
イメージ 3

遊歩道からケーブルカー清滝駅へ向かう
イメージ 4

ケーブルカー清滝駅 am7:45
イメージ 5

ケーブルカー始発8:00に乗り込む 片道470円
イメージ 6

薬王院へ続く参道(石段) am8:17
イメージ 7

薬王院へ続く参道
イメージ 8

飯縄大権現・大小天狗像
飯縄山(長野市)にたいする山岳信仰が発祥とされ、一般に戦勝の神として信仰される
イメージ 9

薬王院
イメージ 10

奥の院
イメージ 11

高尾山山頂・ビジターセンター
イメージ 12

高尾山山頂展望台より
イメージ 13

もみじ台
イメージ 14

もみじ台からの富士山
イメージ 15

6号路を下山・家族連れや小学生登山者が多い
イメージ 16

登山者&参拝者で大賑わいのケーブルカー清滝駅 am11:00
イメージ 17





RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ