小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

トレッキング・2009

11/21 山梨県・足和田山(五湖台)へ

2009.11.21 足和田山

連休は金沢へ遊びに行く予定で観光雑誌を見て盛り上がっていたのに、
晴れマークだった天気予報が出発直前の確認では三日とも雨マークになっているではないか・・・
(あまりの変貌振り?に怒!怒!)
仕方なく土曜日晴れマークの山梨・静岡方面の山登りに予定を変更し、
足への負担が少なくハイキング程度で歩ける足和田山へ行ってきました。


霧に霞む「道の駅なるさわ」を出発 am6:25
イメージ 1

道の駅から一本木バス停(R139を約3キロ)を目指して歩く!歩く!
イメージ 2

電柵で囲まれた足和田山登山口 am7:02
イメージ 3

またしても階段が・・・(今年の山行は階段登りのオンパレードだ)
イメージ 4

山頂が近い
イメージ 5

足和田山(五湖台)山頂 am8:10
イメージ 6

富士山/展望台より
イメージ 7

三湖台を目指して
イメージ 8

三湖台/360°大パノラマが楽しめる am9:06
イメージ 9

富士山/三湖台より
イメージ 10

西湖・節刀ヶ岳(左)と十二ヶ岳(右)/三湖台より
イメージ 11

紅葉台展望台レストハウス am10:05
イメージ 12

富士山/展望台を200メートルほど下った台地より
イメージ 13

展望台へ続く車道に出る
イメージ 14

R139から駐車場所の道の駅へ am10:44
イメージ 15

国道を歩く
イメージ 16

道の駅なるさわ着 am11:07
イメージ 17

足和田山ルートMAP
イメージ 18

おまけ写真/ラ・ヴェルデュール木村屋河口湖店 河口湖プリンプレミアム 500円
青色卵をふんだんに使ったプリン 土・日販売で完全予約制(電話予約可)0555-73-1511
イメージ 19





11/15 大姥山(大町市生坂)再訪

2009.11.15 大姥山周遊

前回は大姥神社からのピストンだったが今回は参加者が多かったので
周遊ルートを選択するも、大姥神社側林道が土砂崩落通行止めの影響で
上上篭登山口からの山行に予定変更。
(注)上上篭登山口ルートは廃道になっている為、このページを見て出かける方は
自己責任で歩いてください。

上りは痩せ尾根に付けられた鎖場を楽しみ、下りでは思いがけずの紅葉に目を奪われ、
〆は日原食堂で新蕎麦を味わう贅沢な一日でした。 




上上篭地籍の登山口(廃道)
イメージ 1

廃道の為、案内文字は削除されている。
イメージ 2

途中ロストしたが手分けして廃道跡を探し出し竹藪へ突入
イメージ 3

大姥神社
イメージ 4

痩せ尾根の鎖場
イメージ 5

大穴分岐点
イメージ 6

大穴/大姥神社奥社
イメージ 7

あまりの大きさに目が(@_@)
イメージ 8

山頂直下の鎖場
イメージ 9

一頑張りで大姥山山頂だ
イメージ 10

姥山山頂・1003m/東屋が建つ
イメージ 11

長野市大岡地籍と聖山
イメージ 12

山姥の滝を目指して下山開始/この写真は三角点への上り風景です
イメージ 13

三角点/1006.1m
イメージ 14

大松の根元に石祠が
イメージ 15

快適な下山道
イメージ 16

目にも鮮やかな紅葉が・・・^ー^)人(^ー^
イメージ 17

下のベンチ/北アルプスは雲の中だった(T_T)
イメージ 18

六地蔵分岐点
イメージ 19

快適!快適!
イメージ 20

「山姥の滝」林道に合流
イメージ 21

「山姥の滝」で記念撮影
イメージ 22

グーグルアースMAP
イメージ 23





10/31 西伊豆/達磨山・金冠山ハイキング

2009.10.31  達磨山・金冠山

静岡・山梨車中泊ドライブ P2
アキレス腱炎症が治っていないので途中で歩けなくなった時のために楽ちんコースを選択!


ホームページ本編


伊東マリンタウンの朝日 am6:23
イメージ 1

柏峠から修善寺を目指す am6:48
イメージ 2

柏峠
イメージ 3

戸田峠P/達磨山登山口 am8:10
イメージ 4

達磨山まで2.2km
イメージ 5

足への負担が少ない快適なハイキングコース
イメージ 6

戸田港が見える
イメージ 7

快適なハイキングコースと思っていたら、またしても長~い階段歩きが山頂まで・・・トホホ
イメージ 8

小達磨山から達磨山を望む
イメージ 9

西伊豆スカイラインを横切って
イメージ 10

階段!階段!
イメージ 11

振り返ると富士山と金冠山がみえる
イメージ 12

達磨山山頂着 am9:03
イメージ 13

駐車場まで戻って金冠山へ am10:00
イメージ 14

イメージ 15

金冠山の目印・電波塔
イメージ 16

金冠山山頂より
イメージ 17

金冠山山頂 am10:14
イメージ 18






秋彩・五郎山 10/25

2009.10.25
岐阜のネット仲間と川上村の五郎山を一緒に登る予定だったが
アキレス腱炎症が治らずチョン!(泣)
仲間が送ってくれた秋彩に輝く唐松林の写真を掲載しました。



登山口までガイド・1
イメージ 1

登山口までガイド・2
イメージ 2

登山口で記念撮影/管理人はここでお別れ
イメージ 3

唐松林
イメージ 4

急斜面を一歩一歩頑張って・・・
イメージ 5

天気はイマイチでもこんな景色が見られれば登った甲斐が・・・
イメージ 6

管理人も一緒に写りたかったなー
イメージ 7


ここからは管理人が帰りに撮した林道の写真他です
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

季節外れの花が・・・(信濃川上駅)
イメージ 12


2009.6.7の五郎山はこちらから 
http://hirasan.canada2194.com/gorouyama0967.html










10/4 日光白根山へ

2009.10.04 日光白根山

「日曜日の天気は晴れ」の予報を信じて前泊で日光白根山へ!
昔は6・7時間の運転も苦にならなかったが最近は3時間がタイムリミット。
沼田市の温泉付き道の駅「白沢」で車中泊。
7:30始発-7:50ゴンドラ山頂駅に着くも一面乳白色の世界、
山頂に着く頃には晴れるだろうと楽天家丸出しでGO!GO!(笑)
時々のぞく青空に「読み通りだわい」と思ったのもつかの間、
山頂ではご覧のとおりの有様(泣)で早々と退散し五色沼~弥陀ヶ池
~血の池地獄~六地蔵を巡って13:10山頂駅に帰着。






登山者専用駐車場はここから2・3分上にあるのだが、
丸沼高原ロープウェイ駅前は登山者の車ばかりだった。
イメージ 1

大鳥居をくぐって
イメージ 2

二荒山神社
イメージ 3

シカの食害を防ぐシラネアオイ保護フェンス
イメージ 4

朝イチの登山者が多い
イメージ 5

観光客も多いせいか要所要所に「現地案内図」が設置されている
イメージ 6

この急登を登りきると・・・
イメージ 7

森林限界に出る
イメージ 8

期待にに反して山頂は雲の中だった
イメージ 9

途中からご一緒いただいた宇都宮の○村さんと記念撮影
68歳とは思えぬ健脚で、ついて行くのがやっとの管理人だった。
イメージ 10

山頂からの景色を諦め五色沼を目指して下る
イメージ 11

五色沼
イメージ 12

五色沼から見上げる日光白根山
イメージ 13

弥陀ヶ池
イメージ 14

六地蔵
イメージ 15

周遊ルートで山頂駅に下山
イメージ 16

13:10 抜けるような青空になっていた・・・トホホ
イメージ 17

グーグルアースMAP・ピンク実線はナビルート
イメージ 18










風吹大池(かざふきおおいけ)は紅葉真っ盛り!! 9/26

2009.9.26 風吹大池

朝3時起き~の集合4時で登山口着6:10 笹目尾根ルートで風吹大池へ!
登山地図行程が風吹山荘まで3時間半となっていたので早発ちしましたが、
途中で休憩をタップリとっても3時間以内で大池山荘に着く事ができるので
皆さんも如何でしょうか。
(ちなみに四駆のみ可の北野地籍ルートも表記は3時間ですがもっと早く着くとの
声がありました。)
細かい話は抜きにして、今が旬の風吹大池の写真をアップしますのでお楽しみ下さい。



登山口から50メートル上に路肩駐車
イメージ 1

バス停&登山口
イメージ 2

根っ子道の急坂
イメージ 3

笹目尾根の標柱・急登終わり地点/ここまで実時間40分
イメージ 4

黄葉トンネル
イメージ 5

水芭蕉湿原の泥道
イメージ 6

クロマメノキ摘みに夢中な管理人
イメージ 7

草黄葉
イメージ 8

風吹大池
イメージ 9

風吹大池
イメージ 10

風吹大池(クリックで拡大)
イメージ 11

小敷池(クリックで拡大)
イメージ 12

紅葉
イメージ 13

血の池/池ではなく風景写真に見えるって、いいえ間違いなく血の池の写真で~す。
ヒントは首を左右上下かな~?
イメージ 14

神ノ田圃
イメージ 15

科鉢池
イメージ 16

風吹大池
イメージ 17

グーグルアースMAP
イメージ 18









小楢山・こならやま(富士山の見える山P5・不発)9/21

2009.9.21 小楢山

富士山の見える山P5の最終日は山梨まで戻って小楢山へ
「おならやま」と読み間違えた罰があたってか?富士山展望は不発に・・・
(最後まで親父ギャグだね~苦笑)





ホームページ本編


金峰山登山口の大弛峠へ通じる焼山林道は完全舗装
イメージ 1

焼山林道
イメージ 2

焼山峠駐車場
イメージ 3

駐車場トイレ/水場無し
イメージ 4

焼山峠・登山MAP板
イメージ 5

小楢山登山口の子授地蔵
イメージ 6

登山者がいないので熊笛を吹きながら・・・
イメージ 7

新道分岐/旧道の方が歩きやすい
イメージ 8

的石
イメージ 9

山頂直下の一杯清水/清水と呼ぶほど綺麗な水ではなかった
イメージ 10

緩く登り込めば山頂が近い
イメージ 11

小楢山山頂
イメージ 12

もうひとつの展望地、幕岩を目指す
イメージ 13

幕岩の下部/鎖を使って岩頭に発つことができる
イメージ 14

幕岩/天気が良ければ小楢山より展望が良さそうだ
イメージ 15

幕岩岩頭
イメージ 16

甲府市恵林時方面がみえる
イメージ 17

グーグルアースMAP
イメージ 18









塔ノ岳(富士山の見える山P5) 9/20

2009.9.20 塔ノ岳

山頂からの富士山や江ノ島・相模湾・伊豆半島の眺めは素晴らしかったですが、
「塔ノ岳」=「階段」が合い言葉になるほど、山頂まで続く見事な?階段と、
嫌々登る管理人の姿もあわせて楽しみ下さい。(◎-◎;)





ホームページ本編
http://hirasan.canada2194.com/tounodake.html


6:11
登山口にある秦野戸川公園駐車場が8時開園のため林道脇の空きスペースに駐車
イメージ 1

大倉尾根に付けられた遭難対策プレート
No・0~45まで約100メートル間隔で設置されている
イメージ 2

登り始めの時間が早かったせいか、行き会った(走り去ったかな・・・)
登山者?は八割方トレランの人達ばかりだった
イメージ 3

パノラマ展望台分岐点
イメージ 4

さ~、お楽しみの階段歩きが始まるよ~~(/_\;)
イメージ 5

うんこら
イメージ 6

どっこいしょ
イメージ 7

もみじ並木になっている
イメージ 8

石道
イメージ 9

たまにフラット道がある
イメージ 10

またかい・・・
イメージ 11

石道
イメージ 12

どこまで続くんだろ~
イメージ 13

もう階段は飽きたよ~(T_T)
イメージ 14

馬鹿と煙はなんとかが好き・・・
イメージ 15

コメントの書きようがありましぇ~ん!
イメージ 16

花立山荘から見る富士山
イメージ 17

 ^^;
イメージ 18

ひょえ~、最後まで階段歩きだった!!
イメージ 19

山頂
イメージ 20

山頂より
イメージ 21

グーグルアースMAP
イメージ 22










レンゲショウマの御岳山経由で日ノ出山へ 9/19

2009.9.19 日の出山&御岳山


富士山の見える山シリーズ・P5の初日は秩父多摩甲斐国立公園の御岳山
(みたけさん)から日ノ出山へ。
ナビによれば自宅からケーブルカー滝本駅までは3時間ほどの行程だが、
3日間の長丁場なので関越道PAで車中泊して滝本駅へ向かう。
駅駐車場の開門は7:15からだが、早く着きすぎて困っていた長野ナンバーの
車を見てか?「中にお入り下さい」との親切な駅員さんの声が・・・(感謝)





ホームページ本編



ケーブルカー滝本駅駐車場 7:15分開門 駐車場代1000円
イメージ 1

ケーブルカー 始発7:30 往復1090円 
イメージ 2

始発だったので登山者もまばら
イメージ 3

神代ケヤキを撮影中の管理人
イメージ 4

国天然記念物・神代ケヤキ
イメージ 5

御嶽神社入り口
イメージ 6

神社だから仕方ないが、またしても階段が・・・
イメージ 7

翌日に歩く塔ノ岳の階段歩きと比較したら何のことはなかったのだが・・・
イメージ 8

関東随一の霊場 武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)
イメージ 9

これから登る日ノ出山を望む/武蔵御嶽神社より
イメージ 10

御嶽神社旧本殿
イメージ 11

指導標に従って日ノ出山へ
イメージ 12

平坦で歩きやすい登山道が続くせいかマウンテンバイク愛好者を多く見かける
イメージ 13

山頂直下東雲山荘横のトイレ
イメージ 14

日ノ出山山頂/天気が良ければ富士山はもとより東京タワーまで見えるらしい
富士山の見える山シリーズ・パート5の初日は不発に終わる
イメージ 15

グーグルアースMAP(クリックで拡大)
イメージ 16











9/6 志賀高原 石の湯から坊寺山へ

2009.9.06 坊寺山


天然記念物・石の湯ゲンジボタルで有名な志賀高原「石の湯」から坊寺山~
小坊寺山~リンドウ平を周遊。
途中、単独下山者からの「蛇があちこちにいた」とのひと言で登る意欲が半減!(笑)
小坊寺山へ行く予定だったが分岐点を見つけられずピストンになったとの情報も得られたので、
帰路ではナビ活用&人海戦術で分岐点を探し出すことができた。(感謝)


グーグルアース・ルートMAP
イメージ 1

小幕岩/駐車場より
イメージ 2

登山口/角間川を渡る
イメージ 3

ここより70mの沢登り
イメージ 4

この時期は涸れ沢か・・・
イメージ 5

地図&ナビでルート確認
イメージ 6

森の長老・その1
イメージ 7

登りでは分岐点を確認できないまま坊寺山(1840m)に到着
イメージ 8

志賀高原方面/山頂より
イメージ 9

記念撮影
イメージ 10


山頂から標高で約30m(約4分)下った辺りにある小坊寺山への分岐点を手分けして探す
イメージ 11

見つけたゾ~~!
木の根元に朽ちかけた標柱が立つもクマザサの背丈に負けて役立たず状態だった。
イメージ 12

藪こぎ1mで立派な登山道が現れる! 
刈り払われていないこの1m区間に何か訳があるのだろうか・・・?
イメージ 13

笹を払いのけながら小坊寺山を目指す
イメージ 14

小坊寺山(1826m)・標柱などは無い
イメージ 15

森の長老・その2
イメージ 16

森の長老・その3
イメージ 17

坊主すべり岩
おろし金みたいない岩はあったが、坊主が滑りそうな岩は何処に・・・?
イメージ 18

三角岩
イメージ 19

前方に見えるリンドウ平を目指して超藪こぎ!
イメージ 20

お疲れ様でした。リンドウ平でランチタイム
イメージ 21















8/23 唐沢鉱泉~天狗岳~黒百合ヒュッテ周遊ルート

2009.8.23 天狗岳

唐沢鉱泉Rが未踏だったことと、仲間のシゲさんが先週登られて新着情報が得られたことで
当ルートを歩いてきました。
当ブログでは東天狗~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉までの下山風景は容量の都合で省きましたが
下山行程中の約80%が岩場歩きの連続!! 登りより下りで我が身体はヘロヘロ状態に (T_T)
唐沢鉱泉の癒しの湯がなければ帰宅できなかったかも・・・
下りの写真はホームページに掲載しますのでお楽しみに。



左:唐沢鉱泉へ/右:桜平へ
イメージ 1

唐沢鉱泉登山者専用P・簡易トイレ有り
イメージ 2

唐沢鉱泉・入浴料700円 登山届けBOX(玄関横黄色の箱)
イメージ 3

西尾根登山口(しゃくなげ橋)
イメージ 4

変化に乏しいシラビソ樹林帯歩きが第一展望台まで続く
イメージ 5

枯尾の峰分岐点
イメージ 6

毎度おなじみの「どっこいしょポーズ」
イメージ 7

根っ子道
イメージ 8

第一展望台/諏訪市・茅野市街地と木曾御岳山方面
イメージ 9

第二展望台
イメージ 10

第二展望台から見る西天狗岳最後の急登(岩場)全景
イメージ 11

その拡大写真/岩場のマーキングが山頂まで続く
イメージ 12

その現場
イメージ 13

西天狗岳山頂・2646M
イメージ 14

管理人と東天狗岳/西天狗岳より
イメージ 15

東天狗を目指して鞍部へ
イメージ 16

東天狗岳山頂・2640M
イメージ 17

根石岳・赤岳・阿弥陀岳/東天狗より
イメージ 18

グーグルアースMAP
イメージ 19




















相馬山&伊香保森林公園 8/15

2009.8.15 相馬山

前から見たいと思っていた可憐な姿のイワタバコ
ネット仲間のシゲさんにご案内いただき予てからの念願がかないました。
実物がこんなに小さい花だとは知らず、家内と二人だけで行っていたら素通りしていたかも・・・
シゲさん、お盆の忙しい中ご案内いただきありがとうございました。


伊香保森林公園・オンマ谷風穴/ここだけ冷気が漂っていました
イメージ 1

タマガワホトトギス
イメージ 2

念願のイワタバコ
イメージ 3

星の妖精が降りてきました・・・
イメージ 4

妖精の隠れんぼ?
イメージ 5



松の沢(ゆうすげの径)に駐車(トイレ有り)し相馬山へ
正面は榛名山
イメージ 6

ゆうすげ
イメージ 7

ゆうすげ
イメージ 8

マツムシソウ
イメージ 9

ゆうすげの径
イメージ 10

磨墨峠(するすとうげ)より振り返って
イメージ 11

黒髪神社(相馬山)の参道石段
イメージ 12

ヤセオネ峠分岐点
イメージ 13

レンゲショウマが咲いていた
イメージ 14

鉄梯子
イメージ 15

修験の山によく似合う鉄の輪(鎖)
イメージ 16

黒髪山神社-相馬山山頂で記念撮影
イメージ 17

分岐まで戻り、ヤセオネ峠(大鳥居)に到着
イメージ 18

相馬山MAP
イメージ 19






















蓼科高原の八子ヶ峰(やしがみね)へ 8/14

2009.8.14 蓼科高原の八子ヶ峰


高崎の沼賀さん(山仲間です)から教えてもらった蓼科高原の八子ヶ峰へ
話を聞いて地図を見るまで何処にそんな山があるの???って感じで、まさに灯台元暗し状態!
駐車場からヒュッテ・アルビレオまでの約20分が唯一の上りで、ここから本峰まで
(約30分)は快適なハイキングコースになっています。
花はもちろんの事、天気が良ければ背後に八ヶ岳、左から中央アルプス・北アルプス
・浅間山の展望が楽しめるので「山はチョット」という方にもオススメです。
(水と雨具は必需品)


すずらん峠(八子ヶ峰方面駐車場)
道をはさんで反対側は蓼科山方面大駐車場です。
イメージ 1

愛車の横が登山口
イメージ 2

駐車場の片隅で咲いていました・・・
イメージ 3

ヒュッテを目指して
イメージ 4

ハイキングコース案内板
イメージ 5

ヒュッテの赤い屋根が見える
イメージ 6

ヒュッテ・アルビレオ ここまで約2、30分
イメージ 7

快適な草原(稜線)歩き
イメージ 8

東峰・1869M
イメージ 9

東峰の草原内より蓼科山を望む
イメージ 10

本峰を目指して・・・
イメージ 11

マツムシソウと本峰
イメージ 12

蓼科山・本峰より
イメージ 13

車山をバックに登頂記念
イメージ 14

トモエシオガマと思われる
イメージ 15

ハクサンフウロ
イメージ 16

マツムシソウ
イメージ 17

グーグルMAP
イメージ 18









浅間隠山 8/9

2009.8.09 浅間隠山

梅雨明け宣言後も続く長~い梅雨空に「いい加減にしてくれ~~~!」と、
わめきたくなるこの頃。
雨降り!曇り空!は絶対に登らない管理人だが、我慢も限界に近づいてくると
「雨が降らなければ・・・」と、妥協する軟弱者になってしまったようだ(苦笑)
前置きが長くなったが、そんなこんなで昨日は短時間行程の「浅間隠山」で
ストレスを発散してきました。(*^_^*)


駐車場&簡易トイレ
行き帰りとも人に行き会うことのない静かな浅間隠山でしたが
7年前と比べて植生の回復振り(笹原の藪こぎも含めて)にビックリ!
イメージ 1

駐車場から登山口へ向かう
イメージ 2

登山口
イメージ 3

ガラス細工風ソバナ
イメージ 4

分岐点
イメージ 5

数株のレンゲショウマを見つけましたが残念賞でした。(この状態だと開花はお盆頃かな?)
イメージ 6

急坂・強者、若者ライン? 「年寄りを侮るなよ」と、意地で若者ラインへ(笑) 
イメージ 7

地盤が脆いせいか深くえぐれた場所が多い
イメージ 8

そんな場所では上るのが大変(脚が短い管理人には超難所である)
イメージ 9

笹原の藪こぎでズボンはずぶ濡れに・・・
イメージ 10

浅間隠山ならぬ浅間隠れ山だ~!
イメージ 11


山頂近辺は色々な花が咲き乱れており登った甲斐がありました。
オダマキ
イメージ 12

ヤマユリ
イメージ 13

マツムシソウ
イメージ 14

アサギマダラ
イメージ 15

グーグルMAP
イメージ 16


鳳来寺山&鳳来山東照宮へ 7/19

2009.7.19 鳳来寺山


当初の予定(鳥海山)を変更して晴れマークの愛知方面へ車中泊ドライブに出かけました。
初日の訪問地は愛知県・新城市にある鳳来寺。
ここ鳳来寺山直下には日光・久能山とともに三東照宮と称される鳳来山東照宮があり、
鳳来寺山パークウェイ(有料)を利用すれば車で行くこともできます。

7/18 鳳来寺近辺を下見して道の駅「三河三石」で車中泊
イメージ 1

7/19 
鳳来寺表参道・かさすぎ土産店前の有料駐車場(トイレ有)400円 7:29発
イメージ 2

しばらく車道を歩く
イメージ 3

鳳来寺山表参道入り口 トイレ有り 7:47
イメージ 4

鳳来寺本殿まで1425段の石段上りとなる・・・今年はこんなのばっかりだ~(汗)
イメージ 5

かなりお気軽スタイルだけど大丈夫?
イメージ 6

ふう~ふう~何段上ったのかな~? もうダメかも!
イメージ 7

鳳来寺本殿が見えたぁ-(^_^)v 8:27(休憩後、奥ノ院と山頂を目指す)
イメージ 8

勝岳不動 9:01
イメージ 9

奥ノ院 9:12
イメージ 10

鳳来寺山山頂 9:28(食事タイム)
イメージ 11

巫女石・高座石 10:14
イメージ 12

鳳来山東照宮全景 10:38 撮影タイム
イメージ 13

鳳来寺本殿 10:57 休憩 ~ 駐車場着 12:00
イメージ 14

道の駅/川根温泉(静岡県)まで移動して温泉&ビールで大宴会? 車中泊
イメージ 15

鳳来寺山MAP
イメージ 16


平標山(谷川岳連峰・花の名山) 6/28

「明日も仕事だな~」と思いながら天気予報を見たら新潟・群馬方面は晴れマーク (^_^)v 
こりゃ~山へ行くきゃない!と、仕事から遊びに予定変更。
こんなことばっかやってるからノルマに追われる羽目になるんだよな~(苦笑)
ネット仲間(和たんさん)からの平標花情報が気になって登る山も大源太山から平標山に予定変更!
そんなこんなで下調べもせずに出かけた事が帰宅後の大後悔の元に・・・その話は後ほどホームページで。




平標山登山口駐車場料金表/普通車500円(1日)温泉割引券がついてくる。
イメージ 1

トイレ(水洗)横に登山届けBOX
イメージ 2

松手山R登山口
イメージ 3

長~い木階段が山頂近辺まで続く
イメージ 4

苦しい急坂上りはこの鉄塔で一段落
イメージ 5

松手山より望む一の肩と平標山/まだまだ先は長い。。。 フゥ~!
イメージ 6

この辺から高山植物帯になる
イメージ 7

カラマツソウ
イメージ 8

オノエラン
イメージ 9

ハクサンイチゲの花道
イメージ 10

山頂
イメージ 11

仙ノ倉・谷川岳方面
イメージ 12


翌日だんべえさんと話をしたところ、なんと!なんと!30~40分ほどの超ニアミス状態で同じルートで登っていたとの事。
ピストンにすれば行き会えたのかな~、と思ったりもして・・・残念!!



ルートMAP
イメージ 13

スリルと展望の岩山・五郎山へ 6/7

山頂を目前にしながら悪天候で引き返した五郎山に再チャレンジ!

林道から登山口へ向かう
イメージ 1

大岩を乗り越え・・・
イメージ 2

急坂をエンヤコラ!
イメージ 3

ミツバツツジのトンネル
イメージ 4

トラロープが張られている/マキヨセノ頭が近い
イメージ 5

マキヨセノ頭/痩せ岩稜を慎重に登る
イメージ 6

P2から望む五郎山
イメージ 7

ルートを間違えナイフリッジの岩稜へ向かってしまうが・・・(怖)
(下の写真・赤矢印)
イメージ 8

間違いに気づき岩稜左下を下る(下の写真・黄色矢印)
イメージ 9

赤矢印・ナイフリッジの先端 黄色矢印・正規ルート
イメージ 10

五郎山(岩頭)の中腹に人一人歩ける道がついているが・・・下を見ないで歩きましょう!(笑)
イメージ 11

五郎山に着きました~~(^_^)v
イメージ 12

山頂の断崖絶壁から手を振る仲間/東肩から撮影
イメージ 13

下山後「幻の滝」へ
イメージ 14


袴腰山のヒメサユリ・オフ会 5/23

念願だったヒメサユリに会って来ましたよ~♪
新潟在住の「んがおダンナ」さん、「サラダ」さんから戴いた開花情報で、
だんべえさん主催のヒメサユリオフ会(6月予定)が前倒しになり、新潟・三条市の道の駅「漢学の里しただ」に花好き12名が集まる大オフ会となりました。




前方に見える山が袴腰山/三条市の道の駅「漢学の里しただ」より
登山口は駐車不可の為、ここから始発8:00(15分間隔)の無料シャトルバスに乗り込む。
イメージ 1

マイクロバスで登山口に到着/ヒメサユリ祭り期間中は協力金200円を支払う
イメージ 2

ヒメサユリの小径を目指して出発
イメージ 3

ヒメサユリは山形県・新潟県・福島県の県境でしか見られない貴重な花です。
イメージ 4

ヒメサユリの小径で撮影会が始まる
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

白いヒメサユリ
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

袴腰山にて/ヒメサユリに会えて大満足顔の管理人
イメージ 13

MAP
イメージ 14

今週いっぱいは大丈夫と思われますので興味がある方はお急ぎください・・・

ホームページ(本編)、とりあえず写真のみUPしました。5/29

善光寺古道4/26

例年は5/7頃が見頃のイワウチワだが「今年は10日ほど早い」との情報で雲行きを心配しつつ行ってきました。
登りはじめは青空だったのにイワウチワを撮り始めるころになって雨が降り出す始末・・・泣
そんなこんなで写真は数枚しか撮れませんでした。


歩き始めは青空が
イメージ 1

ルンルン気分で
イメージ 2

雪が・・・
イメージ 3

三等三角点/この辺から雲行きが怪しくなる
イメージ 4

寒気の影響かダウンを着なければならないほどの寒い!
寒さで花を開けないイワウチワの群生
イメージ 5

足元で沢山咲いているが寒さで花の開き方が凍え気味・・・
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

京ヶ倉(生坂村)のヒカゲツツジ速報 4/18

2009.4.18 京ヶ倉
花は小振りながら清楚な美しさのヒカゲツツジ
林道雲根線終点の眠り峠に車をデポして「こや城登山口」発で京ヶ倉~大城~眠り峠を縦走しました。
ヒカゲツツジは「おおこば見晴台」近辺から稜線出合いの間に多く咲いており、来週いっぱい楽しめると思いますが旬はここ数日間か・・・


こや城登山口
イメージ 1

ヒカゲツツジ/ピンぼけ写真ばかりでゴメンナサイです。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

尾根筋から北アルプス大展望
イメージ 6

登山道に沿ってヒカゲツツジが咲いている
イメージ 7

尾根筋から京ヶ倉
イメージ 8

馬の背(今日一番のハイライト)
イメージ 9

稜線にも
イメージ 10

そしてこんな岩場にも
イメージ 11

岩場をどっこいしょ!
イメージ 12

京ヶ倉
イメージ 13

大城へ向かう途中の岩稜部
イメージ 14

天狗岩
イメージ 15

大城最高地点/京ヶ倉からここまでは15分程の行程だ
イメージ 16

こんな咲き方もありかな・・・?
イメージ 17

林道終点/眠り峠登山口に到着
イメージ 18

クリックで拡大・MAP
イメージ 19

MAP
イメージ 20

岩根山(岩根神社)ツツジ山 速報4/11

埼玉県・秩父(長瀞)の岩根神社へ
例年より10日ほど早く満開になっているため今がチャンスです!
山歩きを兼ねて出かけたため法善寺~春日神社~金ヶ嶽~植平峠~葉原峠~岩根神社ツツジ山~R82と歩きましたが、ダイレクトにツツジ山へ行くことができますので興味がある方はお出かけください。
★岩根山つつじ園のホームページ  http://www.chichibu.ne.jp/~hide-y/

http://hirasan.canada2194.com/
http://hirasan.canada2194.com/iwaneyama.html
ホームページ(本編)UPしました。4/12

法善寺・しだれ桜
イメージ 1

金ヶ嶽(春日神社)登山口
イメージ 2

左上が金ヶ嶽
イメージ 3

結構急坂だ・・・
イメージ 4

春日神社
イメージ 5

金ヶ嶽
イメージ 6

ロウバイで有名な宝登山を望む
イメージ 7

植平峠
イメージ 8

ツツジ山の上部は路駐が多い
イメージ 9

ツツジ園
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

秩父鉄道・野上駅からの来園者が多い
イメージ 17

R82に出る1
イメージ 18

R82に出る2
イメージ 19

大小山(足利市)・妙義山(佐野市)、呼び名の違う栃木県の霊山へ 4/4

家内を連れてヒカゲツツジの坪山へとも考えたが、風邪をひいていたので全行程2時間以内で登れる栃木県の大小山(妙義山)へ。
妙義山を中心に尾根続きで近辺の山を巡るコースもあるようだが、今回は阿夫利神社から妙義山~大小山~見晴台~女坂~神社に戻るお手軽周遊コースで展望を楽しんできました。

余談/妙義山と聞けば群馬県の妙義山が思い浮かぶが、この山(低山ではあるが)も修験者の山らしくルート上に露岩地帯が多く現れるうえ、もうひとつ類似点がある。それは岩壁に「大小」の文字が見えることで、群馬・妙義山の「大の字」は妙義大権現を遠くからでもお参りできるように設置されたものだが、こちらの「大小」は大天狗・小天狗に由来するものらしい。

4/7 ホームページ本編をUPしました。
http://hirasan.canada2194.com/


大小の文字が見える(足利市側)
イメージ 1

大小山(妙義山)について
イメージ 2

阿夫利神社/あふりじんじゃ(大天狗・小天狗の面が奉られている)
イメージ 3

阿夫利神社駐車場(トイレはあるが汚いので足利市内のコンビニですませるのがベスト)
イメージ 4

ベンチ横からスタート
イメージ 5

尾根筋から大小の文字が見える
イメージ 6

妙義山山頂
イメージ 7

大小山山頂にて/このポーズ、わかってもらえるかな~? (~o~)
イメージ 8

イメージ 9

見晴台にて
イメージ 10

雪割草(ミスミソウ)の弥彦山へ 3/21

ネット仲間だんべえさんのオフ会で新潟「弥彦山」へ
新潟在住の「んがお」さんご夫妻に案内していただき花の名山を堪能してきました。
流石コースを熟知している「んがお」さん!
花は少ないけど比較的登りやすいルートから山頂へ、下りに雪割草が咲き誇るルート(急坂R)で案内していただき、大満足の花旅を楽しむことができました。


国上・弥彦・多宝山縦走路の尾根
イメージ 1

弥彦山山頂が近い
イメージ 2

山頂から日本海を望む
イメージ 3

弥彦山山頂にて
イメージ 4

こんな感じで撮影タイム(モデルはだんべえさん)
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

地図No6の猿ヶ馬場峠~雨乞山~雨乞山分岐~能登見平~No9~弥彦山~妻戸尾根~八枚沢登山口
クリックで拡大
イメージ 19

トレッキングガイドは道の駅「国上」で購入(300円)
イメージ 20


ホームページ本編をアップしました。(雪割草のスライドショーもあります)3/28
http://hirasan.canada2194.com/index.html

尼巌山(あまかざりやま)から奇妙山へ 2/11

過去に各々の山は歩いていたが、今回は時間的余裕と仲間の車(デポ用)参加で当時からの思い(縦走)をかなえることができました。感謝!
補足説明/若穂太郎山に続き、2009年に尼巌山(あまかざりやま)・奇妙山が長野市民トレッキングコースとして整備され各登山口には見所が記載されたルートマップが置かれています。

尼巌山・池田の宮登山口・登山届けBOXの中にルートMAPあり
イメージ 1

要注意箇所・頭の欠けた石仏地点で上の踏み跡をたどる
イメージ 2

各分岐点には見やすい指導標が設置される
イメージ 3

東条Rの大岩
イメージ 4

尼巌山(あまかざりやま)山頂
イメージ 5

尼巌山(あまかざりやま)直下(笹ノ登R)の展望岩から眺める北信五岳
イメージ 6

尼巌山から奇妙山への下り/写真ではわからないが急坂なので慎重に下りたい
イメージ 7

岩沢登山口分岐点/帰りはここから岩沢地籍に下る
イメージ 8

高見岩
イメージ 9

北アルプスの眺めが最高! 高見岩より
イメージ 10

今年は雪が少なくて楽だが気は抜けない
イメージ 11

奇妙山山頂
イメージ 12

北信五岳を望む
イメージ 13

下山後、阿弥陀堂裏の清滝へ
イメージ 14

グーグルアースMAP
イメージ 15



2/14 ホームページ(本編)をUPしました。
http://hirasan.canada2194.com/amakimyou.html

2009年元旦登山で太郎山から虚空蔵山へ

3年前「虚空蔵山」に坂城側の勝負平から登った時、太郎山までつながる稜線を見て何時かは縦走してみたいと思っていたが、仲間の賛同を得られ元旦登山という形でかねてからの夢がかないました。
坂城の勝負平に車をデポ後、太郎山表参道から登山を開始。
太郎山登山口発 10:16~太郎山 11:35~虚空蔵山 13:35~勝負平着 14:40 (昼食および休憩時間全合計 70分を含みます)

詳しくはホームページに掲載しますが稜線上の各要所には指導標が設置されておりロストの心配はありませんが、稜線上に点在する小ピーク(展望はグッド)の上り下りに際しては注意を要する箇所もあります。



太郎山表参道登山口
イメージ 1

太郎山にしては雪が多い
イメージ 2

恒例の鳥居潜りで厄除け
イメージ 3

太郎山山頂(軽く食事)
イメージ 4

正規ルートを外して山頂から直接稜線上を歩く
イメージ 5

正規ルートに合流
イメージ 6

ルート案内図
イメージ 7

峰の展望台より
イメージ 8

峰の展望台でお昼タイム
イメージ 9

岩稜部にて
イメージ 10

アップダウンが多い
イメージ 11

虚空蔵山山頂
イメージ 12

こんなに急だったかな~? 昨日の事も忘れるんだから3年前の事なんて・・・(笑)
イメージ 13

まだまだ先が長い、フゥ~!
イメージ 14

勝負平登山口に到着! お疲れ様でした。
イメージ 15

グーグルアースMAP(クリックで拡大)
イメージ 16



1/4 ホームページ(本編)をUPしました。
http://hirasan.canada2194.com/taroukokuzou.html
RSS
ギャラリー
  • 2020.謹賀新年
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ