小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2018年07月

18.7.22 平ヶ岳・鷹ノ巣ルート日帰り登山 

2018.7.22(日)晴れ-曇り-晴れ
平ヶ岳・鷹ノ巣ルート日帰り登山

イメージ 1


☆コメントその1
山友あかりんごさんの過去記事に山頂で咲く「白花・タテヤマリンドウ」の記載があったので咲いている場所を教えていただき平ヶ岳を歩いてきました♪
白花の結果は・・・?

☆コメントその2
平ヶ岳は日帰り最難関の100名山と呼ばれているようだが、個人的には黒戸から甲斐駒、早月から剱岳、富士山ゼロ合目からの日帰り登山、他にもロングコースの日帰りを山友さんと経験していたのでコース的厳しさは感じなかったが・・・
※早朝登山にも関わらずサウナ風呂状態の蒸し暑さ!
※池ノ岳以降の下山では強烈な西日が背中や頭に照りつけるので、休憩と水分補給をこまめにとらないと熱中症のリスク大!
〈飲み水は最低でも3リットル持てば安心〉
★陽を遮る樹林帯が少ないので夏に登る山ではないことを実感しました(笑)



☆メンバー
ソロ登山


☆平ヶ岳・鷹ノ巣ルートの詳しい写真は下記ホームページ版をご笑覧ください。
ひらさんのHighトレッキング
http://hirasan.canada2194.com/hiragatake.html








イメージ 19




鷹ノ巣ルート登山口駐車場 約20台
イメージ 2
イメージ 20
マップコード 855.120.082


鷹ノ巣ルート登山口
イメージ 3


イメージ 4




am3:50 ヘッデン装着で出発
※早朝発なら涼しいだろうと思っていたが大間違いで、姫ノ池まで極上の蒸し暑さに何回引き返そうと思ったことか(笑)
イメージ 5



登山口から約10分の水場(沢)に架かる橋を通過
イメージ 6


平ヶ岳まで10.5㌔指導標
イメージ 7
しばらく樹林帯歩きとなるが暗闇のため写真は省略します


登山口から約30分、この辺りから痩せ尾根歩きとなりますよ~(^O^)v
イメージ 8


痩せ尾根突入♪ 道幅が広いので安心だが、左右切れ落ちているので慎重に歩を進めたい。
イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


つ~づく つ~づく どこまで続く
イメージ 12



痩せ尾根では下り専用と思われるお助けロープ地点が多数あります
イメージ 13


あのてっぴねまで登れば痩せ尾根歩きは終了♪
イメージ 14



※下山時撮影 痩せ尾根全景
イメージ 15



痩せ尾根終了後は尾根の縁を歩くようになる ※時々樹林帯歩きもあるイメージ 16


台倉山(1695m)7:32 山頂標識無し/燧ヶ岳方面の展望良
イメージ 17


第一水場/台倉清水のベンチ
イメージ 18


この写真は、第二水場「白沢清水」を通過後の木道です
イメージ 21


平ヶ岳手前の池ノ岳を視野に捉える(^O^)v
この先から池ノ岳まで本日最後の胸突き八丁が待っているのでマイペースで頑張りましょう!
イメージ 22


胸突き八丁がはじまりますよ~!  
写真ではわかりにくいので、ここを体験した貴方の言葉をお待ちしています(笑)
イメージ 23


高度を稼ぐごとに平ヶ岳(左)の見え方が変わります。
イメージ 24


胸突き八丁 全景 
※この胸突き八丁はザレ道なので下山時はスリップ要注意区間です
イメージ 25


池ノ岳手前展望地より平ヶ岳展望 am 9:49 
イメージ 26


池ノ岳・姫ノ池 9:53-10:01
鷹ノ巣ルートからの登山者は15名ほどだったのに、この登山者の多さはなんだ~?
イメージ 27


姫ノ池湿原
イメージ 28


玉子石分岐点(姫ノ池側)10:03
イメージ 29


タテヤマリンドウがたくさん咲いています♪
※白花を見つけられたらいいな~
イメージ 30


一部灌木地帯を通過
イメージ 31


名前のごとく大平原の平ヶ岳全景
イメージ 32


平ヶ岳三角点入り口のベンチ
イメージ 33


平ヶ岳三角点・山頂標 10:31-48
イメージ 34
※いつもは虫除けもかねてブルーの冷感肌着を愛用しているが登山口から10分で脱ぐ羽目に・・・


平ヶ岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 35







平ヶ岳地図上最高点へ向かう




平ヶ岳・地図上の最高点(2141m)10:51
※山頂標は無くこの先通行止めになっています
イメージ 36

イメージ 37






三角点まで戻り玉子石へ向かう


三角点付近の池塘
※降雪量が少なかったか? 異常気象による高温のせいか? 大半の池が涸れていました(ノД`)
イメージ 38


ワタスゲ
イメージ 39


チングルマ
イメージ 40



玉子石分岐点(平ヶ岳側)11:08  玉子石まで1㌔
イメージ 41


テン泊予定者でしょうか、この水場にビール冷やしてありました。
イメージ 42


本来なら残雪地帯なんですが、雪は跡形もなく溶けてハクサンコザクラ群生地になっていました。
イメージ 43
※目当ての「白花・タテヤマリンドウ」はこの辺で咲いているはずなので、二往復三往復したけれど見つけられませんでした(残念)


玉子池へ
イメージ 44


キンコウカ咲き誇る木道&玉子石から戻ってきた登山者
イメージ 45



玉子石
イメージ 46
☆登山後記
姫ノ池や山頂では登山者の多さにビックリしたが大半はプリンスルート利用者で、下山時刻の制約から11時以降は鷹ノ巣Rからの登山者だけで静かな山頂を楽しめるのが嬉しい♪






おまけ写真

下山時撮影の燧ヶ岳 ※山友あかりんごさんが登っていたとのこと
イメージ 47




GPSデータはヤマレコ参照
※DL方法/地図画面→標高→マップ機能スクロール
イメージ 48




イメージ 49
鷹ノ巣R登山口標高/837m 標高差/1304m 累積標高/2068m 総歩行距離/22821m



山ピンは清四郎小屋で買えます/情報提供・MIZUOさん
イメージ 52





イメージ 53
昔、新潟の夏山で水不足に陥り、水場とは名ばかりのドブ水を口にしてから
簡易浄水器を持ち歩くようにしているが今回も使用機会がなかった(笑)





《行程&所要時間・花&風景撮影時間を含むコースタイム》
鷹ノ巣R登山口発 3:50
~ 水場(沢)4:01
~ 平ヶ岳まで10.5㌔ 4:05
~ 前坂(1197m)4:52-55
~ 途中休憩 5:57-6:03
~ 下台倉山(1604m)6:17
~ 軽食休憩 6:35-50
~ 台倉山(1695m)7:32
~ 台倉清水(ベンチ)7:41
~ 途中休憩 7:59-8:07
~ 白沢清水(ベンチ)8:33
~ 途中休憩 8:55-9:00
~ 池ノ岳手前展望地 9:49
~ 池ノ岳・姫ノ池 9:53-10:01
~ 玉子石分岐点(姫ノ池側)10:03
~ 玉子石分岐点(平ヶ岳側)10:10
~ 平ヶ岳三角点・山頂標 10:31-48
~ 平ヶ岳最高点(2141m)10:51
平ヶ岳最高点発 10:51
~ 平ヶ岳三角点 10:54
~ 玉子石分岐点(平ヶ岳側)11:08
~ 沢(水場と勘違い)11:12-16
~ 水場 11:17
~ 玉子石分岐点(水場上) 11:20-23
~ 玉子石 11:37-42
~ 玉子石分岐点(水場上)11:55
~ 玉子石分岐点(姫ノ池側)12:00
~ 姫ノ池 12:01-05
~ 白沢清水 12:45
~ 台倉清水 13:12-23
~ 台倉山 13:33
~ 途中休憩 14:09-15
~ 下台倉山 14:24
~ 前坂 15:22
~ 平ヶ岳まで10.5㌔ 15:47
~ 水場(沢)15:50-55
~ 登山口着 16:02

★合計休憩時間=1時間40分
★実働時間=10時間33分
★合計所要時間=12時間13分






最後に
この奥只見湖に沿った樹海ラインの運転が疲れるんだよね~
イメージ 51


18.7.13-16 青森県ドライブ観光1900㌔の旅

2018.7.13-16 青森県ドライブ観光


イメージ 1

《13・金曜日》
男鹿半島 道の駅てんのう車中泊 
Googleナビ 498キロ 6時間30分
《14・土曜日》
奥入瀬渓流散策&弘前市散策&八食センター
八戸市 道の駅はしかみ車中泊
《15・日曜日》
八戸港日曜朝市&海岸散策&八食センター&遠野散策&五百羅漢
《16・月曜日》
道の駅とうわ発 5時~自宅着13時30分

★総移動距離 1897キロ





イメージ 72




《13・金曜日》
男鹿半島 道の駅てんのう車中泊 
てんのう温泉くらら TEL 018-878-6588 入浴料400円 TEL 0266-74-2911 泉質満足度★★★
温泉併設レストラン平日ラストオーダー16:30なので要注意
イメージ 2
イメージ 60
マップコード 88.676.503



てんのうスカイタワーからの展望
イメージ 3



《14・土曜日》
奥入瀬渓流散策/今回は3㌔区間の往復だったが、秋の紅葉時期に十和田湖から三乱の流れ(約10㌔)まで歩いてみたいですね~♪
イメージ 4
イメージ 61
マップコード 612.732.533



イメージ 5



イメージ 7



イメージ 6



イメージ 8



イメージ 9

イメージ 10


千筋の滝
イメージ 11


渓流沿い&車道沿いに遊歩道が整備されている
イメージ 12


雲井の滝
イメージ 13






《14・土曜日》 午後は弘前市散策
イメージ 14
イメージ 63

弘前市立図書館地下駐車場入り口マップコード 71.041.816
1時間無料 以後30分100円


桜で有名な弘前城は天守閣の石垣工事中で天守閣のみ広場にお引っ越し中!
イメージ 15

旧東奥義塾外人教師観(とうおうぎじゅく)
イメージ 16




弘前ねぷた館
イメージ 17

イメージ 18



旧弘前市立図書館
イメージ 19
弘前の「鶴の舞橋」に行くのを忘れていたのが心残りです(ノД`)




弘前市散策を終え八食センターへ向かう途中の道の駅で大間の本マグロ&下北半島の生海栗ゲット♪
この道の駅に隣接して海鮮食堂&と温泉施設があるので次回車中泊はここに決定(^O^)v
TEL 0172-92-3366
イメージ 20
イメージ 62
マップコード 323.786.220


大間の本マグロ
イメージ 21
生ウニ
イメージ 22



《14・土曜日》
弘前市散策を終えて八食センター内・八食市場寿司で夕飯
イメージ 23


立ち寄り温泉
公衆浴場はちのへ温泉 TEL 0178-27-3337 入浴料450円 要シャンプー&タオル  泉質満足度★★★
イメージ 24



八戸市から約20分 道の駅はしかみ車中泊&ビール宴会
イメージ 25
イメージ 26






《15・日曜日》
全国屈指の規模を誇る巨大朝市/館鼻岸壁日曜朝市(たてはながんぺきあさいち)
早朝5時半でこの賑わいです。
イメージ 27
イメージ 64
マップコード 346.708.078

イメージ 28
懐かし~ 荷籠 /昔はこの倍の高さの籠を背負って桑の葉を採りにいったけ!
イメージ 29
せんべい汁とウニご飯が今朝の朝飯になりました(^O^)v
イメージ 30



朝市見学を終えたあとはお昼ご飯まで時間があるので種差海岸(たねさし)でマッタリ♪
イメージ 31
イメージ 65
マップコード 346.628.673


イメージ 32


イメージ 33


イメージ 34




日本渚100選 大須賀海岸
イメージ 35


戦時中は海軍の監視所だった葦毛崎展望台(あしげざき)
イメージ 36
イメージ 66
マップコード 346.744.298


大須賀海岸と鮫角灯台(さめかくとうだい) /葦毛崎展望台より
イメージ 37




鮫角灯台(さめかど)  ※私こうみえても隠れ灯台フェチなのです(笑)
イメージ 38
イメージ 67
灯台駐車場マップコード 346.744.274



イメージ 39


鮫角灯台より
イメージ 40



蕪島神社/海猫君は置物ではありませ~ん!
イメージ 41
火事で焼失して再建中でしたが海猫の数に圧倒されました
イメージ 42
イメージ 68
マップコード 346.742.135



昨夜に続き再び八食センター 
イメージ 43
イメージ 73
マップコード 84.084.860


大満足のお昼ご飯でした (^O^)v
イメージ 44
イメージ 45

イメージ 46


今日の車中泊地近くの遠野へ高速道移動中です/岩手山展望
イメージ 47

《15・日曜日》
午後は遠野五百羅漢&遠野散策
イメージ 48
この岩岩から五百羅漢を探すのは楽しいですよ~
イメージ 49

イメージ 50

イメージ 51
イメージ 69
五百羅漢駐車場マップコード 373.842.661





イメージ 52
イメージ 70
かっぱ淵駐車場マップコード 810.068.473

イメージ 53

イメージ 54

イメージ 55

イメージ 56
まさかと思ったけれど、やはりいましたね~(笑)
イメージ 57

イメージ 58




岩手県東和 道の駅とうわ車中泊  東和温泉 TEL 0198-42-4311 入浴料550円 泉質満足度★★★
温泉併設のレストランも安い美味しい♪ オススメです。
イメージ 59
イメージ 71
マップコード 108.777.487



《16・月曜日》
道の駅とうわ発 5時~自宅着13時30分
★総移動距離 1897キロ

18.7.1 八経ヶ岳オオヤマレンゲ花旅

2018年7月1日(日)霧雨~雨
八経ヶ岳・オオヤマレンゲ花旅


イメージ 1
☆コメント
6月27日の八経ヶ岳ヤマレコによると「咲いている花もあるが蕾多し」とのことだったので、この土日が見頃かもと予想して出かけてみたものの見事に大はずれ!!
咲いている花はごく僅かで、未だ大半が蕾状態にガックリ(泣)
情報が発達した時代とはいえ「当たるも八卦当たらぬも八卦」が山の花旅!
僅かでも咲いている花を見られたので結果オーライとしておこう (^O^)v

☆登山道の状況・危険度
登り行程では特に危険箇所はないが下山時の注意点を記載します。
1.雨天時、弥山小屋からの長い木階段でのスリップに注意
1.聖宝ノ宿跡~弁天の森、平坦部分は踏み跡が多いので正規ルートを外さないよう注意
1.行者還岳分岐点以降の尾根は何気に急坂下りなうえ、根っ子・ガレ場が多いので足元に注意

★メンバー
ソロ登山







イメージ 38




行者還トンネル西口有料駐車場(1000円)
イメージ 2
イメージ 39
マップコード 439.082.235


行者還トンネル西口有料駐車場&弥山登山口
イメージ 3


この橋の西側にも有料駐車場あります
イメージ 4


最初は平坦道
イメージ 5


この木橋から本格登山道が始まる
イメージ 6



根っ子道、ガレ場、ゴーロ道の激登りが行者還岳分岐点(出合い)まで続く
イメージ 7




イメージ 8



行者還岳分岐点(出合い)
イメージ 9



分岐点~弁天の森~聖宝ノ宿跡までは緩い登り(アップダウンあり)で距離を稼ぐことができる♪
イメージ 10




イメージ 11




イメージ 12



弁天の森/三角点あり
イメージ 13



弁天の森~聖宝ノ宿跡までは比較的平坦道の為、あちこちに踏み跡があるので要注意!
イメージ 14



バイケイソウ群生地
イメージ 15


イメージ 16




聖宝ノ宿跡
イメージ 17



こんな場所もあるが・・・
イメージ 18



聖宝ノ宿跡~弥山小屋までは登山道保護の木道歩きが大半となる
イメージ 19



ゴーロ道は抉れる心配がないので自然のまま(笑)
イメージ 20


当ルートで唯一の鉄階段/この階段を登ったら弥山小屋が近い(^O^)v
イメージ 21



鉄階段以降の木道は谷側に傾斜があるので要注意!
イメージ 22


ガスガスの弥山小屋・裏手のベンチで軽食をとり大峯山へ
イメージ 53




オオヤマレンゲ咲いていてくれるかなぁ~
イメージ 23






《オオヤマレンゲ・大山蓮華》
モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の低木
樹高は1-3m程度。
葉は互生し直径5-10 cmの芳香のある白い半球状の花を下向きに咲かせる。
雄しべは、わずかに紅色を帯びた白色。
開花時期は5-7月。
花の寿命は4-5日程度。
和名は奈良県南部の大峰山に自生していて、ハスの花(蓮華)に似た白い花を咲かせることに由来する。
別名が「ミヤマレンゲ」(深山蓮華)。
分布/関東北部以西(谷川岳周辺がその北東限)の本州・四国、九州・屋久島と国外の中国中南部とに分布。
標高1,000-2,000mの山地の林内などに自生している。
奈良県の八経ヶ岳と明星ヶ岳周辺に自生地があり、1928年(昭和3年)2月7日に国の天然記念物に指定された。
長野県上松町の町の花と奈良県天川村の村の花である。 ウィキペディアより転載
イメージ 24
オオヤマレンゲ植生保護柵
イメージ 25


赤矢印・枯れ花  青矢印・蕾   緑○・開花
イメージ 26
群生地の大半は上記写真状態で蕾ばかりで開花している花は極々僅かでした (ノД`)



イメージ 27




イメージ 28




イメージ 29




イメージ 30




イメージ 31




イメージ 32




イメージ 33





イメージ 34




イメージ 35





イメージ 36




イメージ 37
オオヤマレンゲ終わり










八経ヶ岳(大峯山へ)
イメージ 40




大峯山(八経ヶ岳・1915M)
イメージ 41


今年初のカッパ(レインジャケット)着用
イメージ 42




大峯山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
イメージ 49



明星ヶ岳まで予定していたが、この天気なのでパス!(大峯山から明星ヶ岳方面)
イメージ 43



がんちゃんと出会い♪
イメージ 44


弥山小屋前にて
イメージ 45




弥山(1895M)
イメージ 46
イメージ 47




弥山小屋まで戻ったら雨降りに、パンを1個食べて早めの下山モード!
イメージ 48







イメージ 50
行者還トンネル西口駐車場標高/1112m 標高差/802.9m 累積標高/1295m 総歩行距離/10998m
※GPS機器は距離が短く記録されるため実距離ではありません





ヤマレコ&GPSデータ  ※地図/標高→マップ機能をスクロール
イメージ 51



行者還トンネル西口有料駐車場にて、大峯山・弥山・八経ヶ岳のピンを販売 各500円
※弥山小屋販売ピン=各600円
イメージ 52





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
グーグルナビ設定 427㌔ 所要時間 6時間20分
6/30(土)道の駅 杉の湯 川上(車中泊)
7/01(日)道の駅起床&朝食 4:00

行者還トンネル西口有料駐車場(1000円)発 6:03
~ 弥山登山口 6:04
~ 木橋 6:08
~ 行者還岳分岐点(出合い)7:03
~ 弁天の森 7:29
~ 聖宝ノ宿跡 8:04
~ 鉄階段 8:52
~ 弥山小屋 8:56-9:10
オオヤマレンゲ撮影
大峯山(八経ヶ岳・1915M)9:50-58
~ がんちゃんと出会い 約9分
オオヤマレンゲ撮影
~ 弥山小屋 10:39
弥山(1895M)10:43
~ 弥山小屋 10:47-11:00
~ 聖宝ノ宿跡 11:34
~ 弁天の森 11:59
~ 行者還岳分岐点(出合い)12:17-22
~ 木橋 12:54
~ 弥山登山口 12:58
~ トンネル西口P着 12:59 
☆長野市自宅着22:30
★合計休憩時間=約48分
★実動時間=約6時間08分
★合計所要時間=約6時間56分

立ち寄り温泉
6/30
杉の湯  入浴料700円 TEL 0746-52-0006 泉質満足度★
7/01
中荘温泉 入浴料700円(クーポン割引あり) TEL 0746-32-0501 泉質満足度★


RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ