小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2018年06月

18.6.24 小根子岳~根子岳 変則馬蹄形歩き

2018年6月24日(日)晴れ
小根子岳~根子岳・未知のルートを歩く
イメージ 1
☆コメント
この日曜日は天気予報が芳しくなかったのに、お天道さまの気まぐれで晴れマークに・・・(なんだかね~)
急遽、山予定を組み入れ伊藤さんと二人で根子岳へ!
今回は今まで歩いたことのないルートを選択し、峰の原高原~避難小屋~小根子岳北の肩~小根子岳(ここまでが初ルート)~峰の原R分岐点~根子岳~峰の原R分岐点~避難小屋~峰の原高原の変則馬蹄形を歩いてきました。
避難小屋~北の肩~小根子岳間は北アルプスの展望が良いうえ、登山道の整備が完璧で快適な山歩きを楽しむことができました♪




★メンバー
伊藤さん・爺の2名
★掲載写真撮影者
管理人.40 伊藤さん.5


☆小根子岳&根子岳の詳しい写真は下記ホームページ版をご笑覧ください。
ひらさんのHighトレッキング


イメージ 50




峰の原こもれびホール駐車場(トイレ・登山届けBOXあり)
イメージ 2
イメージ 49
マップコード 516-492-022


水洗トイレ/トイレ建物の裏側敷地に自販あり
イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



こもれび広場の見晴台
イメージ 6
見晴台より
イメージ 7



約10分の車道歩き/ペンション街
イメージ 8


登山口指導標が籔に隠れているので見落とし注意
イメージ 9



イメージ 10



木橋を渡る
イメージ 11



大笹街道分岐点
イメージ 12



牧場入山協力金料金所 200円
イメージ 13


牧場の柵に沿って登る
イメージ 14


ヤマオダマキ
イメージ 15


北アルプス展望
イメージ 16


伊藤さんはなにを撮しているのでしょう?
イメージ 17


避難小屋
イメージ 18


小根子岳北の肩へ向かう
イメージ 19


レンゲツツジのお出迎え♪
イメージ 20


北アルプス&北信五岳を展望
イメージ 21


このルートはツマトリソウ・ゴゼンタチバナ・ハクサンチドリなどの花道ですよ~(^O^)v
イメージ 22



ツマトリソウ
イメージ 23



イメージ 24


僅かな区間だが樹林帯歩きも
イメージ 25



ゴゼンタチバナ
イメージ 26



マイヅルソウ
イメージ 27



ハクサンチドリ
イメージ 28



爽やかな高原の風が吹いています♪
イメージ 29


小根子岳分岐点(ザレ岩)
イメージ 30



小根子岳北の肩
イメージ 31


志賀高原方面/右下はNHK真田丸OPで使われた米子大瀑布
イメージ 32



左から四阿山・根子岳・小根子岳/小根子岳北の肩より
イメージ 33




ザレ岩にて
イメージ 34



小根子岳へ向かう
イメージ 35



イメージ 36



イメージ 37





振り向けば、小根子岳北の肩
イメージ 38




イメージ 39



小根子岳(2127m)
イメージ 40



イメージ 41



槍ヶ岳/小根子岳より
イメージ 42



峰の原高原R分岐点
イメージ 43




イメージ 44



根子岳(2207m)
イメージ 45





根子岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解の画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 51



小根子岳~根子岳高低図
イメージ 46
峰の原こもれびホール駐車場/1481m 標高差/726m 累積標高/815m 総歩行距離/11853m
※GPS機器は距離が短く記録されるため実距離ではありません




ヤマレコ&GPSデータ ※地図/標高→マップ機能をスクロール
イメージ 47


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
長野発7:00~峰の原こもれびホール駐車場(トイレ・登山届けBOXあり)着 7:50

こもれびホールP発 8:11
~ 車道歩き
~ 登山口(根子岳マデ4.1㌔)8:23
~ 木橋 8:25
~ 大笹街道分岐点 8:28
~ 石仏 8:31
~ 牧場入山協力金料金所 8:36
~ 避難小屋マデ0.5㌔ 9:28
~ 避難小屋 9:35-45
~ 小根子岳分岐点(ザレ岩)10:55
~ 小根子岳北の肩 10:58-11:10
~ ザレ岩 11:12-19
~ 小根子岳マデ0.5㌔ 11:32
~ 小根子岳(2127m)11:50-12:07
~ 峰の原R分岐点 12:11
~ 根子岳(2207m)12:28-13:09


根子岳発 13:09
~ 峰の原R分岐点 13:21
~ 通行止め標識 13:34
~ エスケープルート利用
~ 避難小屋マデ0.1㌔ 14:00
~ 避難小屋 14:03-07
~ 牧場入山協力金料金所 14:39
~ 大笹街道分岐点 14:45
~ 登山口 14:49
~ 車道歩き
~ こもれびホールP着 14:58


★合計休憩時間=約1時間30分
★合計所要時間=約6時間48分



イメージ 48
峰の原高原~小根子岳~根子岳の詳しい写真は上記HPに掲載します




18.6.17 瑞牆山/梵字・カンマンボロン

2018年6月17日(日)晴れ
瑞牆山/梵字・カンマンボロン

イメージ 1


☆コメント
7年前から瑞牆山のカンマンボロンを見たい!見たい!と思って、GPSデータを紙地図に落としていたが計画倒れのまま現在に・・・(汗)
山友NOBUさんが去年カンマンボロンを見られていたので花旅の狭間利用でガイド役をお願いしたところ快諾頂け、7年越しの消化不良事項をクリアすることができました(感謝)



★メンバー
NOBUさん・もろーさん・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・レンレンさん・爺の7名
★掲載写真撮影者
管理人.22  レンレンさん.7  Tanmaさん.6  でこちゃん.3  おっくん.3  もろーさん.1


☆管理人ヤマレコ/GPSデータ添付


☆瑞牆山カンマンボロンの詳しい写真は下記ホームページ版をご笑覧ください。
ひらさんのHighトレッキング








イメージ 46








みずがき山自然公園駐車場/24時間トイレあり
イメージ 2
イメージ 43
マップコード 537.834.184



車道を10分ほど歩く/富士見平小屋登山口
イメージ 3



カンマンボロンのパノラマRは登山口指導標無し
イメージ 4


富士見平小屋方面・クリンソウ群生地に寄り道
イメージ 5


クリンソウ群生地/残念ながら残り花が数株でした
イメージ 6


クリンソウ
イメージ 7


パノラマRまで戻り、カンマンボロンへ
イメージ 8


大ヤスリ岩の基部に至るまでの間、指導標は3箇所しかないので赤テープ&岩場マーカーを見逃さないようあるきたい。
イメージ 9


ミツバツツジ
イメージ 10



なかなか登り応えありまっせ!
イメージ 11


ルートを外れカンマンボロンへ
イメージ 12





《梵字・カンマンボロン》
イメージ 17






イメージ 16






イメージ 14






イメージ 15
☆カンマンボロンとは
瑞牆山中の岩峰の中に、洞ヶ岩という洞窟のある岩峰があります。
この洞窟は奥行約5メートル・幅15メートル・高さ40メートルの大きい洞窟です。
その奥に約7メートルの花崗岩の岩盤があり、これに梵字が刻まれています。
字は『カンマンボロン』と読むといわれている。
それは大日如来・不動明王の意であるといわれています。
昔、弘法大師が霊場選定のために来て、この山の姿を愛しここを霊場とし梵字を刻まれました。
しかし霊場とするには、八百八谷を要したが増富の地では、谷数が不足するためこの地を去っていきました。
今も山中に大日岩があり、その背後に不動明王をお祭りしています。
 (増富小学校のHPより)




イメージ 45





イメージ 44




カンマンボロン談義中♪
イメージ 13
※カンマンボロンから大ヤスリ岩基部までの詳しい写真はホームページに掲載します。




イメージ 47





 瑞牆山(2230.2M)から八ヶ岳展望
イメージ 18



↑撮影中のTanmaさん
イメージ 48





八ヶ岳
イメージ 19




大ヤスリ岩/ロッククライマーが休んでいます
イメージ 20




飛び降り自殺を考え中の爺ではないですよ~(笑)
イメージ 22




富士山
イメージ 21




瑞牆山(みずがきやま)2230.2M
イメージ 23


瑞牆山パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 31






弘法岩・西のテラス(矢印)へむかいます
イメージ 24


イワカガミ群生
イメージ 25


イメージ 26



西のテラス・弘法岩にアタック! NOBUさん(^O^)v
イメージ 27



西のテラスより
イメージ 28




爺、高いところ! 尖ったところ! 大好き(笑) /西のテラスより
イメージ 29
イメージ 30
※西のテラス~不動滝ルートの詳しい写真はホームページに掲載します。







番外編


イメージ 32
こら! こら! 運動会の玉転がしとは違うぜよ-
イメージ 33



オカメインコ
イメージ 34




夫婦岩
イメージ 35



イチヨウラン/一葉蘭
イメージ 36




獲物狙うトノサマガエル
イメージ 38



目が可愛いクジラ♪
イメージ 39




不動滝
イメージ 37




イメージ 42
瑞牆山パノラマR~瑞牆山~不動滝Rの詳しい写真は上記HPに掲載します



瑞牆山高低図
イメージ 40
自然公園駐車場標高/1482m 標高差/748.2m 累積標高/1005m 総歩行距離/10825m




瑞牆山鳥瞰図
イメージ 41




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間40分~100分含む》
長野発4:00~みずがき山自然公園駐車場(トイレあり)着6:10

みずがき山自然公園P発 6:41
~ 富士見平小屋登山口 6:49
~ パノラマR登山口(指導標無し)6:51
~ クリンソウ群生地立ち寄り 6:57-7:07
~ パノラマR登山口(指導標無し)7:13
カンマンボロン 7:57-8:15
~ 途中休憩 8:41-50
~ 富士見小屋R出合い(大ヤスリ岩基部)10:05-09
~ 不動滝R分岐点 10:32
瑞牆山(2230.2M)10:40-11:39


瑞牆山発 11:39
~ 弘法岩・西のテラス 11:50-12:10
~ 不動滝R分岐点 12:18
~ 弁天岩案内板 13:02
~ 王冠岩案内板 13:11
~ ししくい坂 13:29
~ 夫婦岩 13:41
~ 不動滝 13:56-14:07
~ 林道終点駐車場 15:10
~ 芝生公園入り口 15:16
~ みずがき山自然公園P着 15:46


★合計休憩時間=約1時間57分 ※撮影時間含まず
★全所要時間=約9時間05分



18.6.3 八ヶ岳・横岳ツクモグサ花旅

2018年6月3日(日)晴れ
八ヶ岳・横岳ツクモグサ花旅


イメージ 1

☆コメント
山友Tanmaさん企画・ツクモグサ花旅に参加させていただきました。
例年にくらべて10日以上も早い開花情報でしたがドンピシャ満開のツクモグサを楽しむことができました♪
これも前日(土曜日)に杣添尾根から赤岳に登って開花状況を確認してくださった
Tanmaさんのお陰と感謝しております。

★メンバー
Tanmさん・こうちさん・えいちゃん・NOBUさん・おっくん・でこちゃん
・レンレンさん・ギフチョウさん・爺の9名
★掲載写真撮影者
管理人・Tanmaさん・おっくん・でこちゃん・こうちさん・レンレンさん



☆管理人HP・八ヶ岳の花特集



新設・桜平駐車場(トイレあり)
イメージ 2
水洗トイレ
イメージ 3
イメージ 61
桜平入り口マップコード 218.651.379
ここから桜平駐車場まで約25分



桜平登山口(ゲート)4:50
イメージ 4


夏沢鉱泉 5:19-22
イメージ 5



イメージ 6


カモシカ君
イメージ 7



イメージ 8



オーレン小屋 6:08-15
イメージ 9



ヒュッテ夏沢 6:38-48
桜平登山口からここまでは緩い登りなので足慣らしに最適ルート(^O^)v
イメージ 10


硫黄岳へ本格的登りとなるが、展望抜群なためあちらこちらで足が止まる(笑)
イメージ 11


このルートは展望が良い♪
西天狗岳・東天狗岳/眼下にヒュッテ夏沢
イメージ 12



爆裂火口の縁を登り込む
イメージ 13



登り応え十分ながらこの展望を楽しめれば愚痴も出ません(笑)
イメージ 14



ケルン前方が硫黄岳山頂(三角点は別の箇所)
イメージ 15


硫黄岳山頂から赤岳・阿弥陀岳展望
イメージ 16





イメージ 17




硫黄岳(2760m)7:47-8:03
イメージ 18
↑下山時撮影


硫黄岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 19








横岳へ


先ずは下に見える硫黄岳山荘まで下る
イメージ 20


硫黄岳山荘 8:21-32
イメージ 21




横岳へ登り返す!
イメージ 22



振り返れば・・・
硫黄岳&硫黄岳山荘展望
イメージ 25



目指す横岳をズーム撮影
イメージ 23



植生保護フェンス
イメージ 24


富士山&八ヶ岳の峰々
イメージ 26



イメージ 27


御小屋尾根と原村・富士見町方面展望
イメージ 28





横岳標柱(2829m)9:27  補足:登山地図は奥ノ院が横岳山頂と表記されています
イメージ 29
↑下山時撮影


赤岳・阿弥陀岳/横岳より
イメージ 30



横岳パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
※パノラマ図解を「拡大表示後」に画像上でクリックすればスマホにデータとして保存可能です。
http://meizan.jp/
イメージ 31








ツクモグサ花畑へ



富士山&三叉峰
イメージ 32




イメージ 33


今日のゴール(花畑)矢印地点までは先が長~い(;´Д`)
イメージ 59



絶景♪
イメージ 34



三叉峰(杣添尾根分岐点)
イメージ 35


この辺から目的地まで、ミヤマダイコンソウ・オヤマノエンドウ・ツクモグサなどの花道になる♪
イメージ 36


本日のゴール地点
日ノ岳横のツクモグサ群生地で仲間が待機中
イメージ 37



ツクモグサ撮影会を終えて石尊峰で昼食
イメージ 38






ツクモグサ特集




ツクモグサの分布と生育環境
日本固有の高山植物で、高山帯の岩礫地・稜線沿いの風衝草地に生える。
分布地は北海道の利尻島・ポロヌプリ山・大雪山群・芦別岳・日高山脈北部、本州の白馬岳・八ヶ岳に限られる。
絶滅危惧IB類の絶滅危惧種であり、数百個体が現存すると推定されている。
ツクモグサの特徴
高山植物の中でも開花が最も早く6月上旬ごろから咲き始め、花茎の高さは5cm、花後の茎高は15cmほどになる。
花は約3.5cm、上を向いた漏斗状の6枚の萼片が花弁状になり、緑色がかったクリーム色を呈する。
萼片は晴れた日には開き、外側は白色の毛で覆われる。
葉は掌状に細かく深裂し、はじめ白色の毛をまとうがのちに脱落し緑色となる。Wikipediaより抜粋

イメージ 39


イメージ 40



イメージ 41




イメージ 42



イメージ 60




イメージ 43



イメージ 44




イメージ 45




イメージ 46



イメージ 47




イメージ 48




イメージ 49




オヤマノエンドウ
イメージ 50




イメージ 51



イメージ 52



イメージ 53




イメージ 54





イメージ 55
ツクモグサ 終わり







横岳高低図
イメージ 56
桜平新設駐車場標高/1845m 標高差/984m 累積標高/1584m 総歩行距離/16415m


桜平駐車場~硫黄岳~横岳~ツクモグサ花畑ルートMAP
イメージ 57
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て同院発行の 1:25000地形図に基づき作成された
承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。《使用ソフト・GARMIN MapSource》


グーグルアース・硫黄岳&横岳鳥瞰図
イメージ 58



《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
岳麗公園駐車場集合 4:00~新設・桜平駐車場(トイレあり)着  4:30

新設・桜平駐車場(トイレあり)発 4:39
~ 桜平登山口(ゲート)4:50
~ 夏沢鉱泉 5:19-22
~ オーレン小屋 6:08-15
~ ヒュッテ夏沢 6:38-48
~ 硫黄岳(2760m)7:47-8:03
~ 硫黄岳山荘 8:21-32
~ 途中休憩 5分
~ 横岳標柱(2829m)9:27
~ 奥ノ院(2829m)9:38
~ 三叉峰 9:48-54
~ 石尊峰 10:08
~ 鉾岳 10:29
~ 日ノ岳の横(ツクモグサ花畑)10:37-47

ツクモグサ花畑発 10:47
~ 鉾岳 10:53
~ 石尊峰(昼食)11:05-45
~ 三叉峰 11:57
~ 奥ノ院 12:04
~ 横岳標柱(2829m)12:10-16
~ 硫黄岳山荘 12:53-13:00
~ 硫黄岳(2760m)13:25-30
~ ヒュッテ夏沢 14:14
~ オーレン小屋 14:37-48
~ 夏沢鉱泉 15:21-28
~ 桜平登山口(ゲート)15:51
~ 新設・桜平駐車場 16:01




RSS
ギャラリー
  • 2020.謹賀新年
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ