小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2016年10月

10/30 黒姫山(信濃富士)

2016年10月30日(日)曇り~晴れ
黒姫山(別名・信濃富士)

今週飛び連に予定している六甲縦走の足慣らしで長野隊重鎮オカノさんと黒姫山を歩いてきました。

 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/オカノさん・爺の2名
★掲載写真撮影者/管理人


黒姫山鳥瞰図
イメージ 1


黒姫山ルートMAP
イメージ 2



黒姫山高低図 ※標高はGPS計測値
イメージ 3

大橋駐車場標高/1138m 標高差/915.4m 累積標高/1010m 総歩行距離/13506m




大橋林道登山口駐車場 約7台
イメージ 4

イメージ 5
カーナビ・マップコード 1004.102.189



大橋林道(入り口にゲートあり)

イメージ 6



登山口
イメージ 7



許可証付き軽トラ/この二又は右へ進む
イメージ 8



新道分岐点/拡大可
イメージ 9


ガスガスです (ノД`)
イメージ 10



しなの木/拡大可
ここ以降は岩場も点在する急登になるのでマイペースを心がけましょう
イメージ 11


太陽さんは雲の中
イメージ 12



戸隠竹細工資源保護区なのでネマガリダケ採取禁止です
イメージ 13



霜柱
イメージ 25



振り返れば高妻山/拡大可
イメージ 14


高妻山への急登/拡大可
遠目で見ればなんてことのない登りに見えるが・・・ 
イメージ 15



霧氷
イメージ 16



しらたま平
イメージ 17


しらたま平より/拡大可
イメージ 18


しらたま平より/拡大可
イメージ 19


しらたま平より/拡大可
今年、仲間と歩いた金山&天狗原山も見える♪
イメージ 20



左・青空♪  右・ガスガス (゜´Д`゜)
イメージ 21


黒姫山/拡大可
イメージ 22


峰ノ大池分岐点
イメージ 23


振り返れば・・・    寒いわけだよね。   /拡大可
イメージ 24



つらら
イメージ 26


岩場.ここまでくると山頂が近い
イメージ 27



黒姫山に到着 (^O^)v
イメージ 28


黒姫山(日本200名山) 2053.4m  北アルプス方面はガスの中だったが・・・     拡大可
イメージ 29


火打山方面は青空♪   拡大可
イメージ 30



黒姫山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 31





下山編


新道分岐点から古池登山口へ
イメージ 32


激下り
イメージ 33



イメージ 34


イメージ 35


拡大可
イメージ 36


沢・丸太橋
イメージ 37



イメージ 38


古池
イメージ 39



イメージ 40


古池から黒姫山方面を望む/拡大可
イメージ 41


イメージ 42


古池R登山口
イメージ 43

イメージ 44



大橋登山口へ
イメージ 45



終わり





《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:30~大橋駐車場着 7:30
※黒姫山登山口にトイレは無いので戸隠奥社Pか戸隠山登山口Pのトイレを利用

大橋駐車場発 7:43
~ 登山口 8:19
~ 新道分岐点 8:47-54
~ しなの木 9:26-35
~ しらたま平 10:23-32
~ 峰ノ大池分岐点 10:51
~ 黒姫山(2053.4m)11:06-34

黒姫山発 11:34
~ 峰ノ大池分岐点 11:44
~ しらたま平 12:03
~ しなの木 12:30
~ 新道分岐点 12:53
~ 沢(丸太橋)13:23
~ 古池 13:36
~ 古池登山口 13:58
~ 大橋駐車場着 14:04

 
☆往路休憩:約25分
☆復路休憩:約28分
★合計休憩時間=約53分
※山頂休憩時間は復路計算
★実動時間=約5時間28分
★合計所要時間=約6時間21分


黒姫山にまつわる伝説とは 
時代は天文年中(戦国時代)、舞台も今の長野県中野市です。
武将高梨政頼には、黒姫という美しい娘がいた。
ある日、政頼は、家来と黒姫を伴って、志賀高原の大沼池へ花見に出かけた。
花の宴の翌日、一人の若者が、殿様に対面を申し込んだ。
立派な身なりなので、受け付けた武士が用件を尋ねると、黒姫に求婚を申し込みにきたと言うのだ。
早速、武士は彼を待たせ、家老にこの話を伝えた。
そして、家老と供に戻ってみると若者の姿はもはやいなかった。
この不思議な若者は、翌日も、翌々日も訪れては、同じことを言っては消えた。
殿様もさすがにこれには何かあると感じ、家来と相談して若者にある策略を仕掛けた。
この策略にはまった若者は、大怪我を負って消えてしまった。
殿様は家来に命じ残っている血の跡をたどらせると、いつか黒姫と花見に出かけた大沼池まで続き、そこで消えていた。
その日から、若者は現われなくなり一同はホッとした。
ところがある日、化粧をしようと鏡にむかった黒姫は悲鳴をあげた。
首から胸にかけてびっしりと蛇のようなこけらが生えていたのだ。
殿様はありとあらゆる力に頼って黒姫の体を治そうとしたが、姫の体は治るどころかこけらは全身におよび、次第に蛇の体のようになっていってしまった。
悲観した黒姫は乳母のお種さんを連れて、家を出た。
彼女は妙高と戸隠の間にある山の山頂にたどり着いた。
そして、もはや人間の姿ではないから…と、自分の化粧道具を捨てると、それは7つの池となった。
最後に両親からもらったお守りを捨てると、それは大きな池となり、彼女はそこに身を投げた。
乳母もその後を追った。
以後、黒姫が捨てた化粧道具でできた池を「7つ池」、黒姫自身が身を投げた池を「大池」お種さんが身を投げた池を「種池」と呼んだ。
しかし、それでも大沼池の主の怒りはおさまらず、高梨家の領地に洪水を起こし何もかも押し流してしまった。

このお話は『野尻湖と伝説』(塚本啓 著/株式会社 信州)に収められています。
黒姫伝説Ⅱより抜粋



10/22-23 ブロ友秋季オフ会

2016.10.22-23
ブロ友秋季オフ会


家庭の事情やタイミングが合わずなどで参加出来なかったブロ友オフ会ですが、1年ぶり・ 2年ぶりの仲間と笑顔の再会ができ楽しいひとときを過ごすことができました♪
幹事のmomoさん、Paraさんありがとうございました。

カメラを持って行かなかったのでレポはありませんが悪しからずです (゜゜)(。。)ペコッ
イメージ 1
山梨県・道志の森キャンプ場 docomo携帯は圏外


シュラフを積み忘れしまい、ズボンを重ねはき!日除けシートを掛け布団代わり!の車中泊もなかなか得がたい体験でした(笑)





10/15 錦秋?の越後駒ヶ岳

2016.10.15(土)晴れ
錦秋?の越後駒ヶ岳へ

久しぶりに青空のもと、尾根上では爽やかな風が吹き抜ける最高の登山日和のなか、山友Tanmaさん・レンレンさん・爺の3人で錦秋?の越後駒ヶ岳を楽しんできました♪



★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/Tanmaさん・レンレンさん・爺の3名
★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん・れんれんさん





イメージ 1
「2016JOY・秋山号」を読んで10月中旬は越後駒ヶ岳と決定!  /拡大可
イメージ 2


気の早い話ですが来年は9月中旬以降で岩手県の三ツ石山を狙っています (^O^)v  /拡大可
イメージ 3


越後駒ヶ岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 4



枝折峠(しおりとうげ)~越後駒ヶ岳高低図/拡大可
イメージ 49

枝折峠駐車場標高/1070m 標高差/933m 累積標高/1489m 総歩行距離/15135m



二人のハンパない元気さにビックリ!

れんれんさん
退社後旦那さんの食事を作ってから単独運転で参加。
仮眠時間は僅か4時間ほどの強行スケジュールなのに終始疲れ知らずの山登り!
元気印山女子パワー恐るべし!


Tanmaさん
前日、平ヶ岳(玉子岩こみCT約13時間)を9時間で走破して越後駒ヶ岳に連チャン参戦!
ここまで見事な歩きっぷりを見せられると「神様 仏様 Tanma様」と手を合わせたくなってしまいますね(笑)






集合場所/道の駅・ゆのたに TEL 025-792-7300
対面に24時間営業のセーブオン・車で3分ほどの場所にスーパー原信・ラーメン店・TUTAYA・セブンイレブン
イメージ 50

イメージ 51
カーナビ・マップコード 140.508.462






枝折峠駐車場はam4:50到着時で満車でした/拡大可
イメージ 5

イメージ 16
カーナビ・マップコード 785.210.809


トイレ裏が越後駒ヶ岳登山口 ※トイレ前に登山届けBOXあり
イメージ 6


緩い登りで歩き始めるため足慣らしに良い
イメージ 7



ちょびっと危険地帯?
イメージ 8


登山道はご来光と雲海狙いのカメラマンで大賑わい
イメージ 9


中ノ岳(左) 越後駒ヶ岳(中央) /拡大可
イメージ 10


am6:01 ご来光タイム♪  /拡大可
イメージ 11


am6:01 観音様
イメージ 12


明神分岐点と十合目大明神
イメージ 13


まだまだ先は長そうですね~(;´Д`)   /拡大可
イメージ 14



先の長さより展望の良さにウットリ♪  /拡大可
イメージ 15


道行山分岐点(駒ヶ岳まで4.7㌔)
イメージ 17



am7:20 右隅のモッコリ山が第1目標地点の小倉山
イメージ 18


ベンチ
イメージ 19


↑ベンチからはこれから進むルートを視認できる /拡大可
イメージ 20



am7:59 第1目標の小倉山に到着♪
第2目標は前駒・第3目標は駒の小屋・そして越後駒ヶ岳が最終目標なのだ (^O^)v
イメージ 21


百草ノ池 ※この池の全景は下山時に撮すのでお楽しみに♪
イメージ 22


枚数の都合で省きましたが、当ルートは自然保護目的の木階段が数多く設けられています。
イメージ 23



イメージ 24
↑ 前駒への急登を頑張る ↓
イメージ 25


am9:37 第2目標の前駒(1763m)に到着   /拡大可
イメージ 26



前駒~駒の小屋まではガレ場や岩場の急坂になるので慎重に歩を進めたいイメージ 27


イメージ 28



イメージ 29


イメージ 30

am10:09 第3目標・駒の小屋(トイレあり)に到着
イメージ 31
山ピン/管理人滞在時のみ購入可と思われる
問い合わせ先・魚沼市観光協会 TEL 025-792-7300
イメージ 52
駒の小屋より/拡大可
イメージ 32



越後駒まであとひと頑張りだよ (*^▽^*)   拡大可
イメージ 33

木階段の上は中ノ岳分岐点なので山頂と間違えないでね~((*^▽^*)
イメージ 34


中ノ岳分岐点
イメージ 35


山頂マデ本当にあとチョット!
イメージ 36


am10:42 越後駒ヶ岳山頂・2003M
イメージ 37

八海山(手前)・奥に妙高山と火打山  /拡大可
イメージ 38


昨日Tanmaさんが登った平ヶ岳と尾瀬の山々  /拡大可
イメージ 39


越後駒ヶ岳からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 40





下山編




百草ノ池展望/拡大可
イメージ 41

拡大可
イメージ 42


イメージ 43


ここまで下山してきました♪  拡大可
イメージ 44



荒沢岳をバックに  /拡大可
イメージ 45
レンレンさん・Tanmaさんが手を振っています (^O^)v


END


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2016.10.14(金)
長野発 13:20~道の駅ゆのたに 16:20(車中泊)
2016.10.15(土)
Tanmaさん・れんれんさんと合流
道の駅発 4:00~枝折峠駐車場(トイレあり)着 4:50

枝折峠(しおりとうげ)登山口発 5:40
~ 観音様石像 6:01
~ 銀の道分岐点(枝折峠まで0.9㌔)6:06
~ 明神分岐点(十合目大明神)6:10
~ 明神峠(小倉山まで3.3㌔)6:15
~ 休憩 6:35-41
~ 湿原① 6:48
~ 湿原② 6:51
~ 道行山分岐点(駒ヶ岳まで4.7㌔)7:13
~ ベンチ 7:46
~ 小倉山 7:59-8:10
~ 百草ノ池(駒ヶ岳まで1.7㌔)8:50
~ 休憩 9:06-17
~ 前駒(1763m)9:37
~ 駒の小屋(ピン購入手配で手間取る)10:09-21
~ 中ノ岳分岐点 10:37
~ 越後駒ヶ岳(2003m)10:42-49

越後駒ヶ岳発 10:49
~ 中ノ岳分岐点 10:54-11:00
~ 山頂大混雑のため尾根で昼食 11:07-42
~ 駒の小屋(トイレあり)11:50
~ 前駒 12:13
~ 百草ノ池 12:40
~ 小倉山 13:16-23
~ ベンチ 13:32-34
~ 道行山分岐点 14:04
~ 湿原② 14:23  
~ 湿原① 14:25
~ 明神峠 14:55-15:00
~ 明神分岐点(十合目大明神)15:02
~ 銀の道分岐点 15:06
~ 観音様石像 15:11
~ 枝折峠登山口着 15:30


☆往路休憩:約47分
☆復路休憩:約54分
★合計休憩時間=約1時間41分
★実動時間=約8時間09分
★合計所要時間=約9時間50分



立ち寄り温泉
銀山平温泉・白銀の湯 入浴料650円 TEL 025-795-2611 泉質満足度★
イメージ 46


本日の〆はラーメン屋さんで
Tanmaさんのエネルギー源はこの食欲の凄さかも?
イメージ 47






お知らせ
10/10の四阿山&根子岳に岩場でダンスダンス・アニメを追加したので見てね~♪




管理人ホームページ・越後駒ヶ岳
イメージ 48













10/10 四阿山&根子岳周遊

2016.10.10(月) 曇り
四阿山~根子岳周遊



7月以降の週末や連休は多発する台風の影響モロ受けで山行計画はことごとく頓挫!
この三連休も六甲縦走下見山行(控えに岩手県と宮城県の2山)予定が全国的雨マークで中止に・・・(ノД`)

台風のせいで爺はストレスたまりっぱなしだぞ~(笑)

愚痴ってばかりいてもしょうがないので、軽く日帰りできる四阿山を山友Tanmaさん、山浦さん、爺の三人で楽しんできましたよ~(^O^)v

★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/Tanmaさん・山浦さん・爺の3名
★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん・山浦プロカメラマン





四阿山・根子岳鳥瞰図
イメージ 1


四阿山・根子岳ルートMAP
イメージ 2


四阿山・根子岳高低図
イメージ 3
菅平牧場登山口標高/1590M 標高差/764M 累積標高/1114M 総歩行距離/10403M




雲海に浮かぶ北アルプス(中央双耳峰は鹿島槍ヶ岳) 駐車場より
イメージ 4
駐車場からの北アルプス・パノラマ図解
イメージ 5
高妻山・駐車場より
イメージ 6



菅平牧場駐車場・管理整備費1名200円
イメージ 7


菅平牧場登山口/拡大可
イメージ 8

イメージ 9
カーナビ・マップコード 516.434.178



牧場専用道を歩いて四阿山登山口へ向かう
イメージ 10


四阿山登山口
イメージ 11


大明神沢を徒渉
イメージ 12


四阿山マデ3.4㌔
イメージ 13



イメージ 14
上の写真・管理人は↓これを撮影中 (^O^)v /拡大可
イメージ 15


チョコッと籔漕ぎ
イメージ 16


菅平高原ホテル(下)分岐点
イメージ 17


岩稜部は眺めが良い/拡大可
イメージ 18



岩稜部から望む根子岳/拡大可
イメージ 19


拡大可
イメージ 20


拡大可
イメージ 21


前日の雨でドロンコ地帯多数あり (ノД`)
イメージ 22


菅平高原ホテル(上)分岐を通過して根子岳分岐点へ向かう
イメージ 23


根子岳分岐点・四阿山マデ0.7㌔
イメージ 24


鳥居峠分岐点の木階段を上る
イメージ 25


ガッスガスの四阿山 2354m
イメージ 26


根子岳分岐点で早昼食♪
イメージ 27




根子岳へ


この急登を回避するため逆コースを選択 (^O^)v
イメージ 28


根子岳まで1.0㌔
イメージ 29


大すき間(鞍部) /拡大可
イメージ 30


季節外れに咲くイワカガミを見っけ!
イメージ 31


山浦さん童心に帰る?
イメージ 32


根子岳はこの上部のそのまた先だから気を抜かないで頑張ろうね~(笑)
イメージ 33



巻き道がある岩場だけれど・・・
ここはやっぱ挑戦あるのみでしょう!

イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37イメージ 38
イメージ 39



隣の岩場でダンスダンス((*^▽^*)
イメージ 55






ダンス岩場を通過して火口縁を進む
イメージ 40



イメージ 41


根子岳(2207m)もガッスガス
イメージ 42


浮き石が多いガレ場を牧場目指して下る
イメージ 43


まだ12時前なので根子岳を目指す登山者が続々と登ってくる
イメージ 44


禰個岳八合目石碑
イメージ 45


山頂はガスガスだったけれどこんな素晴らしい北アルプスを見ることができました♪ /拡大可
イメージ 46

拡大可
イメージ 47



山浦さんもTanmaスタイルが伝染したみたい・・・笑
イメージ 48


時季外れのマツムシソウが咲いていました♪
イメージ 49


拡大可
イメージ 50


イメージ 51
牧場はリンドウが花盛り
イメージ 52


時季外れのハクサンフウロ
イメージ 53


1時前に下山できました (^O^)v
イメージ 54




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 5:00 ~ 菅平牧場駐車場(入山料1名200円・24時間トイレあり)着 6:40

牧場登山口発 6:02
~ 四阿山登山口 6:07
~ 徒渉 6:21
~ 四阿山マデ3.5㌔ 6:24
~ 四阿山マデ3.4㌔ 6:46
~ 休憩 7:01-06
~ 四阿山マデ2.8㌔ 7:14
~ 高原ホテル分岐点 7:37
~ 休憩 7:46-49
~ 四阿山マデ1.7㌔ 7:59
~ 高原ホテル分岐(上)8:24-37
~ 根子岳分岐・四阿山マデ0.7㌔ 8:47
~ 鳥居峠分岐 8:56
四阿山(2354m)9:03-08

四阿山発 9:08
~ 鳥居峠分岐 9:14
~ 根子岳分岐点(早昼食) 9:21-55 
~ 根子岳マデ1.2㌔ 10:12
~ 根子岳マデ1.0㌔ 10:23
~ 大すき間(鞍部)10:25
~ 休憩 10:36-38
根子岳(2207m)11:17-27
~ 牧場マデ2.1㌔ 11:44
~ 禰個岳八合目石碑 11:53
~ 休憩 11:54-12:03
~ 牧場マデ1.1㌔ 12:18
~ 東屋 12:27
~ 牧場登山口着 12:50





★休憩時間:約80分
★実動時間:約5時間29分
★合計所要時間=約6時間49分




RSS
ギャラリー
  • 19.12.01 雁田山ハイキング
  • 19.12.01 雁田山ハイキング
  • 19.12.01 雁田山ハイキング
  • 19.12.01 雁田山ハイキング
  • 19.12.01 雁田山ハイキング
  • 19.12.01 雁田山ハイキング
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ