小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2016年08月

8/19 お詫び

2016.8.19  お詫び

ここのところ介護母の「惚け」が進み、朝から晩まで目を離すことのできない状況になっています。
こんな事情で皆さまへのコメントが滞りがちになりますことご理解のほど宜しくお願いいたします。







8/7 角田山キツネノカミソリ花旅

2016.8.7(日)晴れ
今年の花旅最終章
角田山・キツネノカミソリ花旅

従来とは違うルート歩きを検討していたとき、この浦浜Rで「キツネノカミソリ」と呼ばれる珍しい名前の花が咲いていることを知り花旅予定表に追加!
開花時期が真夏のお盆前後&海抜17メートルからの登山というWパンチで、立ち止まっていても全身から汗が噴き出すサウナ風呂状態の中、山浦さんと二人でキツネノカミソリ花旅を楽しんできました♪



★ルート解説
西浦区巻ふるさと会館の東隣が浦浜コース登山口である。
登山口を入り砂防堰堤の鉄橋を渡った先の石段から登山道が始まる。
左に五ヶ浜や巻地籍を見ながら7分ほどの歩きで尾根上に建つ東屋に出る。
展望はここまでで、この先はひたすら広葉樹林帯の尾根を一直線に登り込むが、
斜度はキツくなく山頂までの約7割方は木段で整備されている歩きやすい登山道である。
五ヶ峠分岐点手前にはベンチも設けられているので1本とるのも良いだろう。
五ヶ峠分岐点からは灯台コース分岐点・三望平・桜尾根分岐点を経て1000人は収容可能と思われるほど広大な角田山山頂に出る。
帰路は灯台コース分岐点まで戻り角田浜灯台を目指して急坂をひたすら下る。
日本海や佐渡を臨める中間点以降はガレ場や痩せ尾根歩きとなるので景色に目を奪われすぎないよう慎重に下山したい。
灯台まで下りたら、灯台の真下に源義経伝説の「判官舟かくし」と呼ばれる見所があるので立ち寄りたい。
以後は路線バスがないため越後七浦シーサイドラインを歩いて浦浜登山口まで戻るかタクシー利用(1400円)を選択する。 mikio
補足/4月1日以降の雪割草シーズンのみ各登山口を巡回する臨時バスあり
※巻タクシー TEL 0256.76.2525
※弥彦タクシー TEL 0258.82.2071

 
★メンバー/山浦プロカメラマン・爺の2名
★掲載写真撮影者/管理人・山浦さん


角田山鳥瞰図
イメージ 1



角田山高低図
イメージ 2
浦浜登山口標高/17M 最低標高/1M 標高差/481M 累積標高/630M 総歩行距離/6603M


浦浜登山口駐車場(トイレあり)
イメージ 3

イメージ 4
カーナビ・マップコード 190.368.063



浦浜R登山口
イメージ 5



イメージ 6



歩き始めてすぐにキツネノカミソリとご対面 (^O^)v   拡大可
イメージ 7



岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科HPより抜粋



拡大可
イメージ 8



東屋/キツネノカミソリ目当ての皆さん
イメージ 9

東屋を通過後、群生地となる


拡大可
イメージ 10



拡大可
イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13


山浦プロカメラマン   /拡大可
イメージ 14


ヤブラン  /拡大可
イメージ 15



スイカズラ
イメージ 16



キツネノカミソリ  /拡大可
イメージ 17



拡大可
イメージ 18



山浦プロカメラマン
イメージ 19


拡大可
イメージ 20



拡大可
イメージ 21


春先は静かなルートもこの時期だけは大賑わい!
イメージ 22



拡大可
イメージ 23



色の薄いカミソリ♪   /拡大可
イメージ 24



大群生地を見下ろすイメージ 25
拡大可
イメージ 29




拡大可
イメージ 26






暑~いよぉ~!!
イメージ 27
お見苦しい顔のアップでごめんなさい (゜゜)(。。)ペコッ



イメージ 28



爺定番の言葉ですが・・・
ち~っとも前に進めませ-ん(笑)
イメージ 30
拡大可
イメージ 31



イメージ 32
イメージ 33




イメージ 34




イメージ 35
拡大可
イメージ 36



ホタルブクロ
イメージ 37



イメージ 38



ベンチまでのコースタイム50分のところ1時間20分も費やしました(苦笑)
イメージ 39
キツネノカミソリ花旅は↑ベンチまででほぼ終了します

五ヶ峠分岐点
イメージ 40



イメージ 41


三望平
イメージ 42



灯台コース分岐点通過/帰りはこのルートで下山しま-す(^O^)v
イメージ 43


角田山山頂に到着/今日は別の目的地へ向かいます (^O^)v
イメージ 44


山頂をパスした爺は何処へ向かっているのでしょう?
イメージ 45


長者塚遺跡を通過
イメージ 46



トイレも通過
イメージ 47



向陽道林・広場が目的地でした♪
イメージ 50


霞がなければ越後の山々大展望の場所なんですがね~  /拡大可
イメージ 48
↑からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 49



角田山山頂に戻る
イメージ 51
角田山山頂で咲くヒメヒオウギズイセン  /拡大可
イメージ 52






灯台コース下山編



春先はカタクリロ-ドになるのだが・・・
イメージ 53



海だ~♪
イメージ 54


拡大可
イメージ 55



拡大可
イメージ 56



拡大可
イメージ 57




拡大可
イメージ 58




カワラナデシコ  /拡大可
イメージ 59



イメージ 60


角田浜&角田岬灯台/拡大可
イメージ 61



拡大可
イメージ 62



拡大可
イメージ 63


判官舟隠し・角田岬灯台/拡大可
イメージ 64


終わり




2016.8.7(日)
《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 5:00 ~ 浦浜登山口駐車場(トイレあり)着 7:25

浦浜登山口発 7:44
~ 東屋 7:58
~ ベンチ 8:59-9:09
~ 五ヶ峠分岐点 9:13 
~ 灯台R分岐点 9:20  
~ 三望平 9:25
~ 桜尾根R分岐点 9:46 
角田山(482m)9:37
~ 長者塚遺跡 9:41
~ トイレ 9:42
~ 向陽道林・広場 9:46-57
角田山(482m)10:05-42

角田山発 10:42  
~ 桜尾根分岐点 10:44
~ 三望平 10:52
~ 灯台R分岐点 10:55
~ 灯台ルートへ
~ 角田岬灯台 12:12
~ 角田浜海水浴場(トイレあり)着 12:17
※タクシーで浦浜登山口に戻る・1400円  

★休憩時間:約55分
★実動時間:約3時間39分
★合計所要時間=約4時間43分


立ち寄り温泉
福寿温泉・じょんのび館 TEL 0256-72-4126 am10:00-pm10:00
第1・3水曜定休 入浴料850円  泉質満足度★




8/6 鼻曲山・レンゲショウマ花旅

2016年8月6日(土)晴れ
鼻曲山・レンゲショウマ花旅
5年ぶりの訪問で森の貴婦人・蓮華升麻と再会♪

お付き合いいただいた仲間のみなさん
☆ブロ友・でんさん夫妻
でんさんは花に詳しいだけでなく咲いている山や場所も良くご存じで、爺の花旅では毎回貴重な情報をいただいています。
谷川岳馬蹄形日帰り歩きをライフワークにしている健脚山屋さんです。

☆ブロ友・Tanmaさん
白山下山後の翌日参加だけでも凄いパワーなのに・・・
石川県から8号線下道走行(約400㌔)で群馬県入りしたと聞いたときは目が点に!!


☆長野隊・山浦プロカメラマン
カメラ機材満載で半端なく重いザックにビックリ!
写真を生活の糧とするプロカメラマンの重みを感じました。
※プロが撮した写真を無償で使っている爺はなんて幸せ者でしょう♪




 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/山浦プロカメラマン 70%・Tanmaさん 10%・管理人 20%




鼻曲山鳥瞰図
イメージ 1
※グーグルアースが小天狗を鼻曲山山頂と表記されていたため修正



山と高原地図は小天狗地点が鼻曲山と表記されているため、鼻曲山山頂標識(大天狗)が立つ場所を明記しました
イメージ 51



16年前は鼻曲山(小天狗)の正しい標識が設置されていました
イメージ 2
現在は当時の標識も朽ち果て無残な状態に・・・   
イメージ 3



鼻曲山高低図
イメージ 4
二度上峠駐車場標高/1382m 標高差/273m 累積標高/688m 総歩行距離/7803m



登山口Pが満車のため50Mほど下の駐車場を利用
イメージ 5

イメージ 17
カーナビ・マップコード 295.032.884




ブロ友でんさん夫妻と合流♪ 二度上峠登山口&駐車場(約5台)
イメージ 6

イメージ 18
カーナビ・マップコード 295.032.797






浅間山・二度上峠登山口より  /拡大可
イメージ 7


健脚でんさんご夫妻は準備中のため鈍足爺一足先に出発
イメージ 8


枯れ笹地帯を通過
イメージ 9



拡大可
イメージ 10



獅子岩通過
イメージ 11
イメージ 12



獅子岩ノ頭分岐点/下山時、獅子岩ノ頭を経由するのでお楽しみに♪
イメージ 13



イメージ 14


氷妻山まで2回ほどアップダウンあり
イメージ 15


笹が深~い(;´Д`)
イメージ 16

イメージ 19



イメージ 20


氷妻山 1467.4m
イメージ 21

氷妻山から鞍部に向けて激下りとなる! 
帰りのことは考えないことにしましょ~(笑)



イメージ 22


拡大可
イメージ 23


激下りクリア!  鞍部まで降りてきましたよ~(^O^)v
イメージ 24



イメージ 25


キバナオダマキ
イメージ 26


シモツケソウ
イメージ 27



第1号レンゲショウマ発見 (*⌒▽⌒*)   拡大可
イメージ 28


レンゲショウマ群生地を目指しているので鞍部からの激登りもなんのその(笑)
イメージ 29


レンゲショウマ/拡大可
イメージ 30

以後は写真解説を控えます


イメージ 31


拡大可
イメージ 32



イメージ 33


拡大可
イメージ 34



拡大可
イメージ 35



拡大可
イメージ 36



拡大可
イメージ 37



拡大可
イメージ 38



拡大可
イメージ 39



イメージ 40



でんさん・拡大可
イメージ 41




イメージ 42



拡大可
イメージ 43



拡大可
イメージ 44


Tanmaさん
イメージ 45


山浦さん
イメージ 46




山友・レイさんが声をかけてくれました♪

イメージ 47
レイさんのブログ
イメージ 48


二度上峠R分岐点
イメージ 49


鼻曲山・小天狗
山と高原登山地図はここを鼻曲山山頂と表記
イメージ 50
白囲みは最上段拡大MAP参照


鼻曲山 1655m

イメージ 52





下山時撮影・獅子岩ノ頭編


浅間隠山・獅子岩ノ頭より/拡大可
イメージ 53



イメージ 54


浅間山は雲の中/拡大可
イメージ 55


拡大可
イメージ 56



終わり





2016年8月6日
長野発 5:00 ~ 駐車場着 6:25


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
駐車場発 6:36
~ 二度上峠登山口 6:39-44
~ 獅子岩 6:58
~ 獅子岩ノ頭分岐点 7:02
~ 氷妻山(1467.4m)9:11
~ 二度上峠分岐点 9:11
~ 鼻曲山・小天狗 9:15
~ 鼻曲山・大天狗(1655m)9:18-10:11

鼻曲山発 10:11
~ 小天狗 10:15
~ 二度上峠分岐点 10:20
~ 途中休憩 11:18-22
~ 氷妻山 11:27
~ 獅子岩頭ノ分岐点 11:46
~ 獅子岩ノ頭 11:52-56
~ 獅子岩 12:02
~ 登山口 12:13-16
~ 駐車場着 12:19



★休憩時間:約73分
★実動時間:約4時間30分
★合計所要時間=約5時間43分

立ち寄り温泉
信州松代温泉・松代荘 入浴料510円 TEL 026-278-2596 泉質満足度★★★




管理人ホームページ・ 2010.8.14 鼻曲山
イメージ 57

(ルート解説・ルートMAPあり)




7/31 隠れ花の名山・天狗原山&金山その2

2016年7月31日(日)曇り~大雨
天狗原山&金山 ・早秋の花旅② 金山編


5年ぶり3回目の訪問なのにアップダウンが多くペース配分が難しかった!過去記憶はスッカリ抜け落ち、第一目標の花畑(地図危険表記地点)にさえ中々たどり着かない事態に気持ちは焦るばかり・・・(苦笑)
こんな迷ガイドにも関わらず最後まで嫌な顔せずお付き合いくださった皆さんありがとう!

そして下山中の大雨では転倒や滑落の危険が増した登山道を仲間との連係プレイで乗り切り予定時刻通りに無事下山することができました♪

 





★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/Tanmaさん・伊藤さん・れんれんさん・近ちゃん・爺の5名
★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん・伊藤さん・れんれんさん



1989年版CT 4時間  
イメージ 1

1999年版CT 4時間  

イメージ 2

2003年版CT 4時間50分   

イメージ 3
1989年版から10年を経た1999年版のコースタイムは同じ4時間
1999年版から4年を経た2003年版のコースタイムは4時間50分
2003年版から13年経っている現在のコースタイムに興味津々ですね(笑)
※NOBUさんからの情報で現在のコースタイムも4時間50分とのことでした。





天狗原山・金山高低図
イメージ 4
金山登山口駐車場標高/1232m 標高差/1013m 累積標高/1353m 総歩行距離/11248m




天狗原山から望む金山方面
イメージ 5



AM 9:41 天狗原山から鞍部に向けて大きく下るイメージ 6


鞍部に向けて大きく下るがここも花の宝庫
イメージ 7

イブキトラノオ
イメージ 8

ミヤマリンドウ
イメージ 9

ヒメウメバチソウ
イメージ 10


鞍部へは道幅が狭いのですれ違い要注意!
イメージ 11


鞍部へは道幅が狭いうえ傾斜がキツイのですれ違い要注意!
イメージ 12


季節によってはシラネアオイ群生が見られる鞍部から登り返し地点/拡大可
イメージ 13
イメージ 14




ガレた涸沢を登り込むと・・・
イメージ 15



AM 10:04 神ノ田圃と呼ばれるお花畑♪/拡大可
イメージ 16


拡大可
イメージ 17



イメージ 18



神ノ田圃/拡大可
イメージ 19



神ノ田圃/拡大可

イメージ 20





神ノ田圃から金山へ向かう


ミヤマリンドウイメージ 21

イワイチョウ
イメージ 22



イメージ 23



ち~っとも前に進めません(笑)  拡大可
イメージ 24



イメージ 25


ニッコウキスゲ群生/拡大可
イメージ 26


山頂まであとチョットなんですがね~(笑)
イメージ 27


ガスに霞む金山方面/拡大可
イメージ 28


ミヤマアキノキリンソウ
イメージ 29



チングルマ/拡大可
イメージ 30




イメージ 31

ハクサンコザクラ
イメージ 32


髭にならず咲いていてくれたチングルマ♪
イメージ 33


れんれんさん、近ちゃん お待たせしました (゜゜)(。。)ペコッ。
イメージ 34



AM 10:42 金山 2245m
イメージ 35



金山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 46




 
下山編


シナノキンバイ
イメージ 36


拡大可
イメージ 37


再び神ノ田圃
イメージ 38


神ノ田圃にて
イメージ 39


PM 12:05  天狗原山
イメージ 40


これ以後はどしゃ降りの雨で撮影不可能に・・・
イメージ 41



PM 14:20 水場で小降りになる
イメージ 42


レインウェア初使用のレンレンさん
イメージ 43


PM 15:03 登山口に下山 (^O^)v 
皆さん爺のプランにお付き合いいただきありがとうございました♪
イメージ 44





2016年7月31日
長野発 am3:00 ~ 小谷温泉・金山登山口着 4:40

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
金山登山口発 4:53
~ 水場 5:46-58
~ 地図危険表記地点 7:27
~ 休憩 7:32-46
~ 石仏 9:11
~ 天狗原山(2197m)9:21-41
~ 鞍部 9:55
~ 神ノ田圃(お花畑)10:04
~ 金山(2245m)10:42-11:20

金山発 11:20
~ 神ノ田圃 11:44
~ 天狗原山 12:05
※登山道が川になるほどの大雨に
~ 地図危険表記地点 13:08
~ 途中休憩 5分
~ 水場 14:20
~ 登山口着 15:03



★休憩時間:約96分
★実動時間:約8時間34分
★合計所要時間=約10時間10分

立ち寄り温泉
下里瀬温泉・サンティンおたり 入浴料550円 TEL0261-82-2228
泉質満足度★★





管理人HP・2005.7.23  天狗原山&金山

イメージ 45
(ルート解説・ルートMAPあり)







7/31 隠れ花の名山・天狗原山&金山その1

2016年7月31日(日) 曇り~大雨
天狗原山&金山・早秋の花旅① 天狗原山編

5年ぶり3回目の訪問なのにアップダウンが多くペース配分が難しかった!過去記憶はスッカリ抜け落ち、第一目標の花畑(地図危険表記地点)にさえ中々たどり着かない事態に気持ちは焦るばかり・・・(苦笑)
こんな迷ガイドにも関わらず最後まで嫌な顔せずお付き合いくださった皆さんありがとう!

そして下山中の大雨では転倒や滑落の危険が増した登山道を仲間との連係プレイで乗り切り予定時刻通りに無事下山することができました♪





★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/Tanmaさん・伊藤さん・れんれんさん・近ちゃん・爺の5名
★掲載写真撮影者/管理人・Tanmaさん・伊藤さん・れんれんさん



天狗原山&金山鳥瞰図
イメージ 1



天狗原山・金山高低図
イメージ 2
金山登山口駐車場標高/1232m 標高差/1013m 累積標高/1353m 総歩行距離/11248m



5台ほどしか停められないが100㍍手前にも駐車スペース(約4台)あり
イメージ 3

イメージ 7
カーナビマップコード 469.121.009



駐車場から登山口までの距離は100㍍ほど
イメージ 4
AM 4:53 金山登山口
イメージ 5



/拡大可
イメージ 6



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



粘土質の登山道はグリップが効かず手強い/拡大可
イメージ 11



AM 5:46 水場
記憶ではここから緩い稜線歩きのハズだったが大きな勘違いの爺であった(;´Д`)
イメージ 12
枯れているときもあるので要注意
イメージ 13


おばけ水芭蕉
イメージ 14


まだまだ急登が続く/拡大可
イメージ 15



この岩壁は左に巻く/拡大可
イメージ 16


ヒメシャジン
イメージ 17


岩壁を左に巻く/拡大可
イメージ 18
岩壁で咲くマツムシソウ
イメージ 19



粘土質の登山道が続く/下山時は大雨で川に大変身(;´Д`)
イメージ 20



笹道の傾斜地は下山時要注意箇所だ
イメージ 21
イメージ 22



地図・危険表記地点のお花畑
イメージ 23
シナノナデシコ
イメージ 24
地図・危険表記地点のお花畑/拡大可
イメージ 25
シナノサイコ
イメージ 26
地図・危険表記地点/拡大可
イメージ 27
地図・危険表記地点
イメージ 28



途中休憩
イメージ 29


エンレイソウ
イメージ 30


絶壁で咲く花々♪/拡大可
イメージ 31


樹林帯を抜けたぞ~(^O^)v
イメージ 32


モミジカラマツ
イメージ 33


キヌガサソウ
イメージ 34



天狗原山が近い
イメージ 35
中央に見える窪地を越えると天狗原山が近い♪  拡大可
イメージ 36


雲で隠れているが左から焼山・火打山か・・・?   拡大可
イメージ 37


コオニユリ
イメージ 38


ダイモンジソウ
イメージ 39


爺とtanamさんは何を撮しているのでしょう?
イメージ 40


お花畑と石仏/拡大可
イメージ 41
Tanmaさん ひょうきんポーズ
イメージ 42
まじめポーズ?  /拡大可
イメージ 43
お花畑と石仏/拡大可
イメージ 44


れんれんさん、近ちゃんが天狗原山に先着/拡大可
イメージ 45


ハクサンフウロ/山頂は目の前だが爺&Tanma隊は花撮影に大忙し(笑)
イメージ 46


天狗原山まで残り10㍍/拡大可
イメージ 47



AM 9:21 天狗原山 2197m
イメージ 48





天狗原山から金山方面を撮影/拡大可
イメージ 49
まだまだ先は長いぞ~ /拡大可
イメージ 50







2016年7月31日
長野発 am3:00 ~ 小谷温泉・金山登山口着 4:40

《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
金山登山口発 4:53
~ 水場 5:46-58
~ 地図危険表記地点 7:27
~ 休憩 7:32-46
~ 石仏 9:11
~ 天狗原山(2197m)9:21-41
~ 鞍部 9:55
~ 神ノ田圃(お花畑)10:04
~ 金山(2245m)10:42-11:20

金山発 11:20
~ 神ノ田圃 11:44
~ 天狗原山 12:05
※登山道が川になるほどの大雨に
~ 地図危険表記地点 13:08
~ 途中休憩 5分
~ 水場 14:20
~ 登山口着 15:03





管理人HP・2011.8.7 天狗原山&金山
イメージ 51
(ルート解説・ルートMAPあり)






8/7 角田山キツネノカミソリ開花情報

2016.8.7(日)
角田山・キツネノカミソリ開花情報
例年8月15日~27日のお盆近辺に咲く花だが、今年は既に満開で見頃は11日頃までと思われる。




西蒲区巻ふるさと会館/角田山・浦浜コース登山口(トイレあり)
駐車場は新潟ナンバーの車で満車状態/拡大可
イメージ 1

イメージ 6
カーナビマップコード 190.368.063







この団体さんもキツネノカミソリが目当てとのこと/拡大可
イメージ 2


登山口から約10分の東屋を過ぎた辺りから群生地となる
イメージ 3




イメージ 4


キツネノカミソリ 
イメージ 5



岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科HPより抜粋
















7/14 三徳山三佛寺

2016年7月14日(木)晴れ
日本一危ない国宝観賞?
三徳山三佛寺・国宝「投入堂」
MITOKUSAN SANBUTSUJI

★メンバー/ソロ登山
★掲載写真撮影者/管理人

荒島岳と伊吹山を登ったあと鳥取県に入ったが前夜からの雨。
三徳山は雨天時に入山させないとの情報があり、やむを得ず12日は砂丘博物館、13日は水木しげるロード観光とし天気の回復を待つ。
14日の天気予報はまずまずだったので道の駅三朝楽市楽座で車中泊と決めるもトイレの汚さといったらこの上(下?)なし!!

ここをパスして三朝温泉観光協会駐車場へ向かうが狭い駐車場は満車((;´Д`)
さてさて困ったぞと思いながら車を移動させていたら屋外に公衆トイレのある町役場駐車場が目に入りここで車中泊決定 (^O^)v
三朝町役場さん快適な寝床をありがとうございました♪


トイレの汚さにゲンナリ! 道の駅・三朝楽市楽座
イメージ 1



↑上記道の駅車中泊を諦め三朝町役場駐車場で車中泊に決定 (^O^)v
イメージ 3
トイレ清潔でした♪   近くにローソンあります
イメージ 4
イメージ 7

カーナビマップコード 189.568.501



三朝温泉パンフ/拡大可

イメージ 2



イメージ 5
無料露天風呂・昨夜ここに入りたかったが空き駐車場がなくて断念 (ノД`)
イメージ 6

イメージ 8



三徳山三佛寺へ向かう



イメージ 9



★三徳山三佛寺入山に関する重要情報
その1、雨天時は状況によって入山禁止となる!
その2、単独(ソロ)入山は不可!
※パートナーとして最後まで行動を共にしてくれる承諾者がくるまで入山できない。
その3以降は掲載パンフの注意書き読んで下さい。


注意書き/拡大可
イメージ 10


案内図/拡大可
イメージ 11


駐車場に設置された案内板/拡大可
イメージ 12


密坊駐車場
イメージ 13

イメージ 14
カーナビマップコード 345.220.666


裏参道入り口
イメージ 15

イメージ 16


参拝者受付所
イメージ 17
参拝者受付所 ※単独入山不可と聞き境内散策
イメージ 18


十二支地蔵尊
イメージ 19
爺は丑年
イメージ 20


イメージ 21

本堂
イメージ 22


登山者専門受付所/1時間待って一緒に登ってくれる方に出会いました♪
神戸在住のお二人だったので以後は「神戸さん」と呼ばせていただきます。

イメージ 23


日本一危ない国宝へ向かいます (^O^)v
イメージ 24


野際稲荷
イメージ 25

役行者像
イメージ 26


神戸さんは剱岳登山の足慣らしで大山に登ってから立ち寄られたとの事。
イメージ 27



イメージ 28



イメージ 29

文殊堂の鎖場
イメージ 30

文殊堂より
イメージ 31



文殊堂より/拡大可
イメージ 32




イメージ 33


地蔵堂
イメージ 48



鐘楼堂/鐘をつくことができる
イメージ 49


馬の背と思われる
イメージ 50





イメージ 34


観音堂
イメージ 35


観音堂裏をまわりこむ
イメージ 36


国宝・投入堂
イメージ 37



神戸さん、パートナー依頼を快諾いただきありがとうございました/拡大可
イメージ 38


投入堂は100年に1回、もしくは特別な行事以外は立ち入れないそうです/拡大可
イメージ 39



拡大可
イメージ 40
歩いてみた結論を言えば、この程度のリスクはどの山域でもあり、一般の登山者であれば普通に危険回避が可能な範疇で単独入山を駄目とする理由が全く理解できない。
修験者が修行する神聖な場所なので「事故などが起きたら困る」という理由なら白山・剱岳・戸隠山・両神山・月山など名だたる山にも入れなくなる理屈になってしまうのではないだろうか?
故に個人的感想としては「なにをもったいつけているか!」の一言あるのみである。




密坊駐車場発 8:09
~ 裏参道入り口 8:12
~ 参拝者受付 8:14
※単独入山不可と聞き境内散策
~ 登山者用受付 9:07
~ 野際稲荷 9:10
~ 文殊堂 9:30-36
~ 地蔵堂 9:39
~ 鐘楼堂 9:41-46
~ 納経堂 9:48
~ 観音堂 9:49
~ 元結掛堂 9:50
~ 不動堂 9:52
~ 三佛寺奥院・投入堂 9:52-10:03

投入堂発 10:03
~ 文殊堂 10:20-39
~ 登山者受付 11:00





立ち寄り温泉 7/13
三朝温泉・株湯 300円 TEL 0858-43-3022(鳥取県三朝町)
無色透明無味無臭だが「世界屈指のラドン泉」とのことなので泉質満足度★★
イメージ 41
拡大可
イメージ 42



立ち寄り温泉 7/14
☆三朝温泉・斉木別館 通常1500円 トリパス割引で750円
TEL 0858-43-0331(鳥取県三朝町) 泉質満足度★★

イメージ 43
斉木別館で汗を流し、家内と新幹線・新山口駅待ち合わせ(土曜日夕方)に備え広島方面へ移動

ナビ設定
鳥取・三朝温泉~島根・道の駅・むいかまち 283㌔ 4時間



道の駅むいかいち温泉案内図/拡大可
イメージ 44
7/14 車中泊
道の駅・むいかいち温泉 ゆらら(食事処あり) 620円
TEL 0856-77-3001(島根県吉賀町)  泉質満足度★★★

イメージ 45

イメージ 51
カーナビマップコード 354.638.882



突き当たりがレストラン
イメージ 46


一品一品が大盛りで食べるのが大変だった/拡大可
イメージ 47



明日は広島へ






7/11 伊吹山

2016.7.11(月)晴れ
日本百名山・伊吹山

過去3回の伊吹山登山計画は天気に恵まれず全て不発に・・・
今回の山陰遠征山旅では三徳山三佛寺をメインに伊吹山と大山を2番手候補としており、天気もよさげのため鳥取へ向かう前にチャチャチャと登ってきました(笑)
登山口から1合目までは昨日の蒸し暑さの繰り返しかと不安を覚えたものの、1合目以降山頂に至るまで視界を遮る物は何一つなく高度を上げる毎に変化する展望にウットリの快適登山を楽しんできました♪


 
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★メンバー/ソロ登山
★掲載写真撮影者/管理人


伊吹山鳥瞰図
イメージ 1
民間駐車場標高/216m 標高差/1161.3m 累積標高/1482m 総歩行距離/9364m



観光案内所(登山届けBOXあり)で保全協力金300円を支払う

イメージ 2

イメージ 3
カーナビマップコード 242.181.819




拡大可
イメージ 4



伊吹山登山口
イメージ 5


小石が敷き詰められており歩きにく~い (;´Д`)
イメージ 6


ひろきち地蔵
イメージ 7


1合目
イメージ 8


1合目トイレ
イメージ 9


2合目方面
イメージ 11



2合目・ベンチあり
イメージ 10


ゴーロ道
イメージ 12



伊吹山全景/拡大可
イメージ 13


3合目トイレ(東屋・ベンチあり)
イメージ 14


3合目トイレ・東屋横のベンチより
イメージ 15


5合目・茶屋横に自販あり
イメージ 16
240円払っても冷たいものを飲めるのはありがたい/拡大可
イメージ 17



琵琶湖を臨む/拡大可
イメージ 30




ここまでくれば山頂が近い♪  拡大可
イメージ 18


7合目
イメージ 19



7合目からの展望/拡大可
イメージ 32






イブキジャコウソウ
イメージ 20


7合目以降はゴーロ道となる
イメージ 21


九十九折の急登をガンバ!
イメージ 22


西遊歩道ピークを望む
イメージ 23


9合目以降は歩きやすい遊歩道となり山頂が近い♪
イメージ 24


ヒヨクソウ
イメージ 25


伊吹山 1377M
イメージ 26


伊吹山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 27



山頂の小屋で (^O^)v
イメージ 29




西遊歩道ピーク付近からの展望/拡大可
イメージ 31




伊吹山下山後は三徳山三佛寺(鳥取県三朝町)方面へ移動



2016.7.10(日)
東海北陸道・関SAで車中泊
SA裏のスーパーでビール&つまみを買いだし

2016.7.11(月)
関SA・3時起床&朝食 伊吹山へ移動


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
民間駐車場発 7:04
~ 登山口 7:08
~ 1合目マデ15分 7:27
~ ひろきち地蔵 7:29
~ 1合目 7:33
~ 1合目トイレ 7:37
~ 2合目 7:54-8:03
~ 徳茂山鞠蹴場 8:28
~ 3合目 8:41
~ 3合目トイレ(東屋)8:42-56
~ 4合目 9:04
~ 5合目茶屋(自販あり)9:15
~ 6合目避難小屋 9:33-40
~ 6合目 9:45
~ 7合目 10:03
~ 行導岩 10:19
~ 8合目(ベンチ)10:24
~ 手掛岩 10:38
~ 9合目(遊歩道分岐)10:47
~ 伊吹山(1377.3M)10:55-11:30
伊吹山発 11:30
~ 西遊歩道散策 ~
~ 9合目 11:50
~ 手掛岩 11:56
~ 8合目 12:03
~ 行導岩 12:06
~ 7合目 12:13
~ 6合目 12:22
~ 6合目避難小屋 12:24
~ 5合目 12:34
~ 4合目 12:41
~ 3合目トイレ(東屋)12:46-54
~ 3合目 12:56
~ 徳茂山鞠蹴場 13:04
~ 2合目 13:14
~ 1合目トイレ 13:22
~ 登山口 13:39
~ 民間駐車場着 13:40


★休憩時間:約73分
★実動時間:約5時間23分
★合計所要時間=約6時間36分


立ち寄り温泉
あねがわ温泉 785円 TEL 0749-74-4488(滋賀県長浜市)
泉質満足度★


2016.7.14(木)





管理人ホームページ・伊吹山
(ルート解説・ルートMAPあり)
イメージ 28














RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ