小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2016年02月

2/27 ブロ友さんと飯縄山冬道ルートを登る

2016.2.27(土)
飯縄山・冬道ルートをブロ友さんと登る

戸隠蕎麦の食べ歩き?をメインにブロ友さんと冬の飯縄山を楽しんできました。

メンバー
momoさん・paraさん・tanmaさん・爺の4名

★お蕎麦食べ歩きと日帰り温泉はブロ友さん記事参照
★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/管理人/paraさん/momoさん/Tanmaさん




飯縄山アップの前に・・・!
2/22日付「貴重な登山ガイドブック」記事で、ブロ友もろーさんから27年ぐらい前の山と高原地図「妙高・戸隠」なんていかがですか?
との有り難い言葉に甘えて実物を送って頂きました♪

新しい地図を買ったら古いのは即捨てる爺にしては珍しく手元に1999年版と2003年版が残っていて、もろーさんの地図と比較すると年代が新しくなる毎にコースタイムが延びておりベテラン登山者の健脚振りを実感することとなりました。

山と高原地図
イメージ 1


1989年版(27年前) 
一の鳥居~飯縄山本峰CT=2時間20分
イメージ 2



1999年版(17年前)  
一の鳥居~飯縄山本峰CT=2時間30分
イメージ 3



2003年版(13年前)  
一の鳥居~飯縄山本峰CT=2時間45分
※現在コース上に千日太夫屋敷跡の案内板はありません
※地図表記「駐車場20台」の場所は閉鎖されました
イメージ 4
★千日太夫とは/高尾山薬王院HPより抜粋
飯綱山は、戸隠山と共に我が国修験道の始祖、役(えん)の行者神変大菩薩(ぎょうじゃじんぺんだいぼさつ)によって山岳修験道場の基礎が開かれた。その後嘉祥三年(八五〇)学問行者が飯綱山から戸隠山に入り、役の行者の跡を再興して、初めて戸隠山の別当職に就き両山を治めた。やがて、戸隠山は天台派修験道の道場として栄え、鎌倉時代初期には延暦寺の末寺となり、一山八十二坊を数えた。一方、真言派の修験の寺も西光寺を中心に、道場を飯綱山方に占めて、次第に勢力を伸ばして行った。
飯綱山は、初め飯綱大明神と称し、天皇足穂命が降臨した所として崇められていたが、天福元年(一二三三)水内郡萩野城主、伊藤兵部太夫忠縄が山頂に飯縄大権現を祀り、修行の後、神通力を得て、百才以上の長寿を得たという。その子、次郎太夫盛縄もこの山に入り修行、霊験を得て妖術「飯縄法(いづなほう)」を編み出し、「千日太夫」を名乗った。以後、子孫が千日太夫を世襲して、この妖術を世に広めた。
★飯縄山の歴史は下記URLに分かり易く掲載されています。








2016.2.27(土)
飯縄山・冬道ルートをブロ友さんと登る






飯縄山鳥瞰図
イメージ 5
南ルート往復
一の鳥居P標高/1131M 標高差/786.4M 上り累計標高/933.7M 総歩行距離/8148M


一の鳥居苑地駐車場(トイレあり)
イメージ 6
イメージ 7
ナビ設定マップコード 54.420.850



一の鳥居苑地から別荘地車道に出る
イメージ 8



南ルート入り口
イメージ 9



南ルート登山口
イメージ 10



奥宮一の鳥居/雪が少ないのでツボ足で登る
イメージ 11



第一・不動明王
イメージ 12



第七・薬師如来
イメージ 13


第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)/これより冬道を直登
イメージ 14


夏山登山道閉鎖ロープ(下)/駒つなぎの場
イメージ 15


冬道も雪が少ないのでノーアイゼン(ツボ足)で登ることになったが・・・
イメージ 16


早朝ということもあり凍結スリップで喘ぎ喘ぎ登山になる(苦笑)
イメージ 17


冬道の激登りが伝わりますか?  上から撮影編
イメージ 18



冬道の激登りが伝わりますか?  下から撮影編
イメージ 44



雪がないのに地面がツルテカ状態で悪戦苦闘した場所です
イメージ 45


凍っていてどんなに登りにくくても、ここまできたら意地でもツボ足で登るぞ~!
イメージ 19



1ヶ月半ぶりの登山だというParaさん、momoさんもツボ足登山で頑張っています。
イメージ 20



夏山登山道閉鎖ロープ(上)
イメージ 21



第十三・虚空蔵菩薩
イメージ 22



第13石仏通過後も南峰まで急登が続くが、あとひと頑張りでこれまでの疲れを吹き飛ばす絶景が待っているよ~(^O^)v
イメージ 23



北アルプスは霞の中だが、お誘いした身にはまずまずの景色にひと安心/拡大可
イメージ 24


拡大可
イメージ 25


西・南ルート分岐点
イメージ 26


この景色に言葉はいらないですね/拡大可
イメージ 27



Paraさんにしては珍しく疲れ気味の表情が・・・  /拡大可
イメージ 28


南峰直下より/拡大可
イメージ 29



南峰より撮影
イメージ 30


南峰にて
イメージ 46


飯縄山本峰へ
イメージ 31


絶景ポイント
前回登山では景色が××だったTanmaさんにも喜んでいただきました。
イメージ 32


絶景ポイントより
イメージ 47


飯縄山本峰へ
イメージ 33



GIFアニメ
イメージ 34


飯縄山本峰より
イメージ 35


日本200名山・飯縄山 1917.4M
イメージ 36


飯縄山からのパノラマ図解
イメージ 43








下山編


雪山でのお約束事?
イメージ 37


ナイス人型(笑)
イメージ 38


いい大人が! と言われそうなので詳細は書きませんが・・・
イメージ 48


楽しかったですよ(笑)
イメージ 49


飯縄山よさようなら (^_^)ノ""""  
イメージ 50


西・南ルート分岐点
南ルートピストン予定だったが、天候に恵まれたので西R経験済みのTanmaさんにガイドをお願いして、momo隊一行は展望の良い西ルートを下りることとなりました (^O^)v
イメージ 39


南ルート下山の管理人
イメージ 51


西・南ルートともコースタイムは同じなので、momo隊を長く待たせないよう駆け足で下山(笑)


一の鳥居駐車場に到着! 
イメージ 40



戸隠ちびっ子忍者村へ移動して西ルート下山のmomo隊と合流
※西ルートを楽しんでいただけたようで提案した甲斐がありました♪
イメージ 41
イメージ 42
カーナビ・マップコード 382.866.328




END
蕎麦食べ歩き編はブロ友さんの記事参照




《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 6:00 ~ 一の鳥居駐車場(トイレあり)6:35
一の鳥居管理事務所P発 6:45
~ 南ルート登山口 7:04
~ 奥宮一の鳥居 7:09  
~ 第一・不動明王 7:21   
~ 第二・釈迦如来 7:30 
~ 第三・文殊菩薩 7:35 
~ 第四・普賢菩薩 7:39
~ 第五・地蔵菩薩 7:45
~ 第六・弥勒菩薩 7:49
~ 第七・薬師如来 7:53 
~ 第八・観音菩薩 7:58
~ 第九・勢至菩薩 8:03 
~ 第十・阿弥陀如来 8:10
~ 馬頭観音 8:13 
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)8:14-24
~ 冬道直登 ~
~ 天狗の硯岩 9:00  
~ 第十三・虚空蔵菩薩 9:04
~ 途中休憩(5分)
~ 西・南ルート分岐点 9:44-48
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 10:03
~ 飯縄山山頂着 10:19-38

~ 飯縄山山頂発 10:38
~ 飯縄大明神(南峰)10:53-11:37(昼食)
~ 西・南ルート分岐点 11:43
(Tanmaさん、momoさん、paraさんは西ルートで下山)
~ 天狗の硯岩 11:57
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)12:10-13
~ 南ルート登山口 12:30
~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 12:42
※ 戸隠ちびっ子忍者村へ移動してmomo隊と合流 13:15

★休憩時間:約90分
★実動時間:約4時間27分
★合計所要時間=約5時間57分




2/22 貴重な登山ガイドブック

2/22(月)
長野隊・重鎮オカノさんから登山ガイドブックを頂きました♪ その2

県別登山ガイドには記載されていない面白い山や籔漕ぎルートなどが多数紹介されており、爺の山メモが365日埋まってしまいそうです(笑)
年齢的にいつまで活用できるか?ですが、山歩きをやめたときはその1&2のガイド本を貴方が引き継いで下さいね (^O^)v






イメージ 1




イメージ 2



イメージ 3




イメージ 4





2/19 飯縄山 下見登山

2016.2.19(金)
飯縄山・冬道ルートを登る
ブロ友さんとの飯縄山山行(来週末)に備えて下見に行ってきました。

★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/管理人


飯縄山鳥瞰図
イメージ 1


飯縄山高低図
イメージ 2
一の鳥居P標高/1131M 標高差/786.4M 上り累計標高/906.8M 総歩行距離/7868M



決行日数日前に下見予定だったが予報が芳しくなく前倒しに
イメージ 3




一の鳥居管理事務所駐車場・トイレあり
イメージ 4
イメージ 5
マップコード 54.420.850



一の鳥居苑地内を抜けて
イメージ 6


別荘地の車道を歩く
登山前の足慣らしにちょうどよい距離ですよ(笑)
イメージ 7



南ルート入り口
イメージ 8



飯縄山南ルート登山口
イメージ 9



奥宮一の鳥居
イメージ 10


旧奥宮一の鳥居 跡
イメージ 11



第1石仏
イメージ 12


この時期に木の根元が見えるなんて・・・
前方は飯縄山南峰
イメージ 13


第7石仏・雪が無い!!
普段はボランティアの努力で仏様の回りだけ除雪されているのだが
イメージ 14
↓去年・2015.3.15の第7石仏は雪のなかでしたよ~
イメージ 34



急斜面で馬がこれ以上進めない場所/駒つなぎの場・第11石仏
イメージ 15


これより冬道直登ルート


夏道は雪崩の巣なので積雪期は尾根直登となるが・・・
雪が無い! 
イメージ 16



冬道は激登りのうえ、雪が腐っていてチェーンアイゼンがまったく効かず登りも下りも難儀しました (;´Д`)
イメージ 17



ここで夏道に合流
イメージ 18



ここら辺りからやっと雪山らしくなるイメージ 19



第13石仏を過ぎると森林限界が近い
イメージ 20




根子・四阿・浅間山方面/拡大可
イメージ 21



北アルプスは雲の中/拡大可
イメージ 22




南峰まであとチョット!
イメージ 23



南・西ルート分岐点
イメージ 24



南峰手前の鳥居
イメージ 25


戸隠連峰と高妻山/拡大可
イメージ 27



南峰から飯縄山本峰を望む/拡大可
イメージ 26



黒姫・焼山・火打・妙高/拡大可
イメージ 28



飯縄山を一人占め/拡大可
イメージ 29



飯縄山より戸隠連峰・高妻山を望む/拡大可
イメージ 30





お約束事(笑)
イメージ 31
飯縄山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 33



本峰は強風のため飯縄神社まで退避しランチタイム♪
イメージ 32
ブロ友さんと登る日もこんなふうに良い天気になりますように
おしまい




2016.2.19(金)
《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
長野発 7:45 ~ 一の鳥居駐車場(トイレあり)8:20

一の鳥居管理事務所P発 8:30
~ 南ルート登山口 8:47-57(アイゼン装着)
~ 奥宮一の鳥居 9:01  
~ 第一・不動明王 9:11   
~ 第二・釈迦如来 9:22 
~ 第三・文殊菩薩 9:25 
~ 第四・普賢菩薩 9:32
~ 第五・地蔵菩薩 9:35
~ 第六・弥勒菩薩 9:39
~ 第七・薬師如来 9:43 
~ 第八・観音菩薩 9:48
~ 第九・勢至菩薩 9:51 
~ 第十・阿弥陀如来 9:57
~ 馬頭観音 9:59 
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)10:00-12
~ 冬道直登 ~
~ 天狗の硯岩 10:35  
~ 第十三・虚空蔵菩薩 10:39
~ 西・南ルート分岐点 11:10
~ 飯縄大明神・飯縄山南峰 11:23
~ 飯縄山山頂着 11:37-50

~ 飯縄山山頂発 11:50
~ 飯縄大明神(南峰)12:02-34(昼食)
~ 西・南ルート分岐点 12:42
~ 天狗の硯岩 12:56
~ 第十一・阿閃如来(駒つなぎの場)13:10-38(LINE&休憩)
~ 南ルート登山口 14:06
~ 一の鳥居管理事務所駐車場着 14:20

★休憩時間:約95分
★実動時間:約4時間15分
★合計所要時間=約5時間50分













2/11 雪の大持山・小持山・武甲山を歩く

2016.2.11(木)
ブロ友さんと雪の大持山・小持山・武甲山を歩く

もろーさん主催「42年ぶり雪の武甲山周遊」に長野隊山女子・亀ちゃんと二人で参加させていただきました。
※こうちさん 亀ちゃんの送り迎えありがとうございました。

★もろーさんから頂いたメール「思い出の武甲山」を転載
私が山登りを始めて半年後(42年前)にひとりで歩いたコース。
まだ「教習中」で何もわからずキャラバンシューズだスパッツもなしで行ったみたらあの雪。
後ろから付いて来た高校生と難儀しながら名郷から浦山口まで8時間歩きました。

《メンバー》
もろーさん・こうちさん・えいちゃん・Tanmaさん・いぬどしさん・亀ちゃん・爺の7名


★管理人HP



★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/管理人・こうちさん・Tanmaさん




大持山・小持山・武甲山鳥瞰図
イメージ 1



大持山・小持山・武甲山高低図
イメージ 2
駐車場標高/516M 標高差/788M 上り累計標高/1206.2M 総歩行距離/10631M
 

一の鳥居駐車場内の案内板
イメージ 3


一の鳥居駐車場(トイレ無いので近くのコンビニで)
イメージ 4
イメージ 9
マップコード 150.074.580


鳥居をくぐって林道へ
イメージ 5



妻坂峠登山口
イメージ 6



杉林のなかを進む
イメージ 7



↓小さな沢の手前でアイゼン装着
イメージ 8




イメージ 10



鉄パイプ橋
イメージ 11



妻坂峠
イメージ 12



チェーンスパイク品評会(*^▽^*)
イメージ 13
前回の相州アルプスでTanmaさんが使っているのをみて即発注した爺なのだ



鳥首峠分岐点へ


イメージ 14




イメージ 15
こうちさん童心にかえる♪
イメージ 16


鳥首峠分岐点
イメージ 17


東村山方面/拡大可
イメージ 18


鳥首峠分岐点からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 19




大持山へ


鳥首峠分岐点は「大持山の肩」なので山頂までは数分の距離
イメージ 20


大持山
イメージ 21


大持山 1294M
イメージ 22


大持山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 23


大持山より外秩父七峰(堂平山)を臨む/拡大可
イメージ 24





小持山へ


無雪期の大持~小持山間は変化に富んだ面白いルートと思われるが、この時期は慎重に歩きたい
イメージ 25


ドンケツで喘ぎ!喘ぎ!の爺なのだ
イメージ 26



亀ちゃん頑張っているね~
イメージ 27



展望岩より/拡大可
イメージ 28



展望岩より両神山を望む/拡大可
イメージ 29



まだまだ先は長いぞ~!  下って!
イメージ 30


下って!
イメージ 31



上って!
イメージ 32



やっとこさ小持山(1273M)に到着 イメージ 33


脇腹痛&頭がズキズキ+アップダウンのトリプルパンチで爺はダウン寸前! 
イメージ 34

小持山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 35





武甲山へ


鞍部まで下って武甲山(前方)への登り返しを想像しただけで足が重くなる爺であった/拡大可
イメージ 36



膝下まで埋まりながらの激下り!
イメージ 37


尻セードを試みるも雪が深すぎて×× 
イメージ 38


シラジクボの鞍部/この先、武甲山へ「胸突き八丁」の急登が待っている(;´Д`)
イメージ 39


シラジクボ・鞍部
イメージ 40


ここ登るのパスしたいなぁ~
シラジクボでギブアップして帰りたい気持ちがムクムク・・・(笑)
イメージ 41


えいちゃん、亀ちゃん  元気パワーを爺に分けてくれ~!
イメージ 42


ヨレヨレ爺
イメージ 43


なんだかんだと言いながら御嶽神社に着いた~(^O^)v
イメージ 44


まだまだ余裕のTanmaさん
イメージ 45



日本200名山・武甲山 1304M
イメージ 46
八年ほど前から今年こそは今年こそはと思いながら延び延びになっていた武甲山!
もろーさんに誘っていただきやっとこさ実現することができました。(ありがとうございます)


武甲山からのパノラマ/拡大可
イメージ 47


武甲山から浅間山を望む/拡大可
イメージ 48


武甲山からのパノラマ図解/拡大可
イメージ 49


御嶽神社でランチタイム
イメージ 50




表参道Rで下山


杉林の連続で今年初の花粉症に・・・(ノД`)
イメージ 51


丁目石を目安に下山
イメージ 52


大杉の広場にて
イメージ 53


大杉の広場は時間的中間点と思われる/拡大可
イメージ 54


不動滝の石仏イメージ 55


養魚場
イメージ 56


この橋を渡れば登山口が近い
イメージ 57



一の鳥居駐車場に下山/拡大可
イメージ 58
終わり




2016.2.11(水)
長野発 13:00~秩父温泉・梵の湯 16:15-17:30~道の駅ちちぶ(車中泊)


《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
2016.2.11(木)
道の駅ちちぶ発 6:50 ~ 一の鳥居駐車場着(トイレ無し) 7:15

駐車場発 7:41
~ 林道歩き
~ 妻坂峠登山口 7:46
~ 林道出合 7:56
~ アイゼン装着 8:05-14
~ 鉄パイプ橋 8:30
妻坂峠 8:38-46
~ 途中休憩 9:57-10:02
鳥首峠分岐点 10:18-23
大持山(1294.1M)10:32-44
~ 展望岩 10:59-11:04
小持山(1273M)11:30-41
~ 武士平分岐点 11:43
シラジクボ・鞍部 12:19-28
~ ベンチ 13:01-03
~ 武甲山表参道分岐点 13:05
~ 御嶽神社 13:07
武甲山(1304M)13:11-28
~ 御嶽神社(昼食)13:31-14:02
~ 表参道分岐点 14:03
~ 大杉の広場 14:26-31
~ 石祠 14:38
~ 武甲山表参道石柱 14:48
~ 不動滝 14:52
~ 鉄パイプ橋 14:55
~ 養魚場 15:05
~ 一の鳥居駐車場着 15:16

★休憩時間:約115分
★実動時間:約5時間40分
★合計所要時間=約7時間35分
梵の湯で汗を流して帰路につく




おまけ写真
イメージ 59
秩父採石工場/拡大可



イメージ 60
体力的ガス欠でなければ見に行きたかったが・・・/拡大可





イメージ 61
爺お気に入り・梵の湯/拡大可








管理人HP・大持山-小持山-武甲山
イメージ 62


















1/31 相州アルプス・ハイキング

2016.1.31(日)
プチ・アルプスシリーズ第11弾
相州アルプス・ハイキング
《高取山・仏果山・革籠石山・経ヶ岳・華厳山・荻野高取山》
※相州アルプスとは神奈川県愛川町半原と厚木市荻野の二つの高取山に挟まれた峰々の総称

Tanmaさん主催の山行に参加させていただきました。
参加メンバー
Tanmaさん
こうちさん
えいちゃん
もろーさん
※山の大ベテランと聞いていたので、初対面にドキドキの爺でしたが気さくで優しいもろーさんでした。
爺の5名

木々の枝はもちろんのこと、葉っぱにも霧氷・雨氷と呼ばれる「氷の華」が咲き、登山道は銀色に輝くクリスタルロードの世界に・・・♪

 

☆管理人ホームページ



★パノラマ図解はDDS社・どこでもパノラマ5を使用
★掲載写真撮影者/管理人・こうちさん(K)・Tanmaさん(T)




相州アルプス鳥瞰図
イメージ 1



相州アルプス高低図
イメージ 2

第二P標高/204M 上荻野バス停/129M 標高差/618M 上り標高累計/1158.3M 総歩行距離/12515M





2016.1.30(土)
長野発 11:00~上信越道・圏央道~道の駅清川着 15:10(車中泊・Tanmaさんと合流)
※ナビ設定/長野~愛川ふれあいの村駐車場 260㌔ 所要時間 4時間
★道の駅清川の2階休憩室は24時間使用できるので便利  TEL 046-288-2700
イメージ 3
イメージ 4
マップコード 15.813.468



2016.1.31(日)
道の駅清川発 6:15~愛川ふれあいの村第二駐車場着 6:40(もろーさん・こうち隊合流)
イメージ 5
イメージ 6
マップコード 251.437.158


まずは高取山に向けて出発!
イメージ 7



仏果山ダイレクト登山口
イメージ 8


高取山登山口拡大MAP
イメージ 69



石段を下って県道514号宮沢大橋下へ
イメージ 9


県道514号宮沢大橋下をくぐったら石段を上り高取山登山口へ
イメージ 10


標識も万全で整備されている登山道を登り込む
イメージ 11


林道出合い
イメージ 12


尾根上の展望適地
イメージ 13


展望適地よりスカイツリーを望む
イメージ 14


残雪地帯に突入
イメージ 15



《雨氷》 写真ではうまく伝えられないけれど綺麗でしたよ
イメージ 16


ツルテカでアイゼン必須
イメージ 17


高取山 705M
イメージ 18
(K)


高取山展望台からのパノラマ図解
イメージ 19



高取山展望台より仏果山を望む
イメージ 20



高取山展望台より宮ヶ瀬湖を臨む
イメージ 21


高取山展望台
イメージ 22




仏果山へ


《雨氷》
イメージ 23



《雨氷》
イメージ 24
(T)


北斜面と南斜面で景色が一変
イメージ 25



クリスタルな景色にうっとり♪ 
イメージ 26



仏果山 747.2M
イメージ 27
(K)

石仏さんもクリスタル
イメージ 68



仏果山展望台より高取山を臨む
イメージ 28

仏果山展望台からのパノラマ図解
イメージ 29


仏果山展望台
イメージ 30
(T)

もろーさん、午後イチで予定が入ってしまいここでお別れ(残念)
ご覧いただいた通りの鈍足爺ですが懲りずにお付き合い宜しくお願いいたします。
イメージ 31
(T)



半原越へ

霧氷
イメージ 32



仏果山以降は痩せ尾根歩きとなる
イメージ 33



クリスタルロード
イメージ 34


気温があがるとともに雨氷が溶け始めてボタボタロードに・・・(;´Д`)
イメージ 35


リッチランド分岐点
イメージ 36


激下り
イメージ 37


半原越(経ヶ岳登山口)
イメージ 38






経ヶ岳へ


どんな急坂でも我慢できるけれど、階段の激登りはパスしたい爺なのだ~(;´Д`)
イメージ 39


展望適地
イメージ 40


経石
イメージ 41


経ヶ岳
イメージ 42


経ヶ岳 633.1M
イメージ 43
(K)

経ヶ岳からのパノラマ図解
イメージ 44







華厳山へ


激下り
イメージ 45



モミの木地蔵
イメージ 46



異種格闘木・ナイスネーミングですね~
イメージ 47



倒木/何に見えるかは貴方の想像力しだい・・・笑
イメージ 48


激下りから登り返しになる
イメージ 49


僅かな平坦地で呼吸を整えて
イメージ 50


華厳山直下をひと頑張り!
イメージ 51


華厳山 602M
イメージ 52
(K)





荻野高取山へ

イメージ 53


若い猟師さんとすれ違う
イメージ 54


童心にかえって(笑)
イメージ 55
(T)


ベテラン猟師さんと楽しいひとときを過ごす
イメージ 56
(T)


荻野高取山 522.1M
イメージ 57
(K)

荻野高取山からのパノラマ図解
イメージ 58




下山編


大厚木CC分岐点まで戻り尾根筋を下る
イメージ 59


男坂女坂分岐点/小さな石祠あり
イメージ 60


荻野高取山登山口/害鳥獣避けゲーのト先はゴルフ場敷地内
イメージ 61


害鳥獣避けゲーのト先はゴルフ場敷地内
イメージ 62


上萩野バス停
イメージ 63


時刻表
イメージ 64


愛川ふれあいの村野外センター前で下車・290円
イメージ 65


ゴルフ場敷地内経路図
イメージ 66



さがみ湖温泉・うるり 
人工の高濃度炭酸泉/ナトリウム・炭酸水素塩・炭酸塩
AM10:00~22:00(年中無休)  土日入浴料1000円 TEL 042.685.2641
泉質満足度★★★
※温泉のみ利用時はゲートで支払う入場料(1000円)が戻る   
イメージ 70
イメージ 71
マップコード 23.039.641




2016.1.30(土)
長野発 11:00~上信越道・圏央道~道の駅清川着 15:10(車中泊・Tanmaさんと合流)
※ナビ設定/長野~愛川ふれあいの村駐車場 260㌔ 所要時間 4時間
2016.1.31(日)
《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20分~50分含む》
愛川ふれあいの村第二駐車場発 6:51
~ 仏果山登山口 6:59
~ 高取山階段降りて車道下へ 7:03
~ ふれあいの村マデ0.5キロ 7:17
~ 高取山マデ1.4㌔ 7:29
~ 高取山マデ0.8㌔ 7:55
~ 高取山マデ0.3㌔ 8:09-11(アイゼン装着)
高取山・705M 8:24-53
~ 仏果山マデ1.0㌔ 9:02
~ 仏果山マデ0.7㌔ 9:07
~ 宮ヶ瀬越(ベンチ)9:08
仏果山・747.2M 9:37-10:05
~ 半原越マデ2.1㌔ 10:20
~ 山岳修験者解説板 10:23
~ 丹沢山塊東辺樹木案内板(ベンチ)10:32
革籠石山・630M 10:44
~ 半原越マデ1.0㌔(ベンチ)10:54
~ 土山峠分岐点(ベンチ)10:59
~ アイゼン外す 11:06-11
~ リッチランド分岐点 11:18
~ 半原越・経ヶ岳登山口 11:25-30
~ 丹沢の山並み案内板(ベンチ)11:45
~ 経石 11:58
経ヶ岳・633.1M 12:02-37
~ 荻野高取山マデ1.8㌔ 12:39
~ モミの木地蔵 12:46
~ 異種格闘木 12:50
華厳山・602M 13:15
~ 猟師さんとの出会い 13:35-42
~ 大厚木CC分岐点 13:46
荻野高取山・522.1M 13:49
~ 大厚木CC分岐点まで戻りCC方面へ下山 13:52
~ 男坂・女坂分岐点上(石祠)14:12
~ 男坂・女坂分岐点下 14:14
~ 害鳥獣避けゲート・高取山登山口 14:18
~ ゴルフコースを横切って国道414号に至る 14:47
~ 浅間神社 14:47
~ 上荻野バス停着 14:49
~ ふれあいの村野外センター前バス停下車 15:03/運賃 290円
~ ふれあいの村第二駐車場着 15:13

★休憩時間:約82分
★実動時間:約6時間36分
★合計所要時間=約8時間

立ち寄り温泉その1
清川村ふれあいセンター・別所の湯
TEL 046.288.3900 入浴料3時間700円
※温泉ではないので泉質評価無し

立ち寄り温泉その2
さがみ湖温泉・うるり   
人工の高濃度炭酸泉/ナトリウム・炭酸水素塩・炭酸塩
AM10:00~22:00(年中無休)
土日入浴料1000円 TEL 042.685.2641
泉質満足度★★★








管理人ホームページ・相州アルプス その1~
イメージ 67













RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ