小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2014年07月

7/26-27 谷川連峰主脈を避難小屋泊で縦走 その1

2014.7.26(土)-27(日)
西黒尾根-谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山-松手山R・避難小屋泊で縦走・その1
《西黒尾根-谷川岳-大障子避難小屋編》
 

公共交通機関を利用する場合は別として、当ルートをマイカーで訪れて歩く場合は
車回収が限りなく不可能なため、車二台で行って登山口と下山口にデポするか、
仲間と打ち合わせて中間点でキーの交換をするランデブー方式がベストと思われる。
 
今回は伊藤さん、abeちゃん、爺の3人で谷川岳主脈縦走&避難小屋お泊まり
体験をしてきました。
避難小屋泊という事が頭にあり登山口発を7時としたのが大間違いで、
西黒尾根の樹林帯は「地獄のサウナ風呂」状態
尾根上に出ても谷川岳とは思えないクソ暑さの大歓迎
これらに容赦なく体力が奪われていくのを感じて爺だけ引き返して車で
待っていようかとか、RWを利用するべきだったかなどと弱気心が
頭の中をぐーるぐる (ノД`)
暑いのは皆同じハズだが足が前に進まないのは爺だけみたい・・・
そんなこんなでCT4時間のところをプラス2時間の悪戦苦闘を演じてしまい
仲間に迷惑をかけてしまいました。(反省)

大障子避難小屋では前橋のkitazumeご夫妻、
岩手からソロ登山のshuetsuさんと楽しい一時を過ごすことができました♪
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
山友・abeちゃんのHP
管理人HP
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんと、なんと、同じ日にブロ友・Myuuさんが谷川岳に・・・
2014.7.26 お花畑に癒されて・・・谷川岳
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 

 
 
 
印避難小屋泊、谷川連峰主脈鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
谷川岳RW6F標高/750M 谷川岳/1977M 仙ノ倉岳/2026.2M 標高差/1276.2M 総歩行距離/23273M 
 
 
 
谷川RW有料駐車場・1F駐車場のみ24時間開放されている(トイレ有り) 
イメージ 2
イメージ 43
マップコード 554625025
谷川岳RW駅TEL 0278-72-3575
 
 
エレベーターで6Fまで上がるとRW駅の正面に出る(営業時間中のみ) 
イメージ 3
 
 
 
AM 6:50 RWを横目に西黒尾根登山口へ向かう 
イメージ 4
 
 
登山指導センターで登山届け提出(センター前に水場有り) 
イメージ 5
 
 
AM 7:02 西黒尾根登山口・山頂まで3.7㌔の行程だ 
イメージ 6
 
 
鉄塔 
イメージ 7
 
 
 
AM 7:28 蒸し暑い! 早朝から歩きだせば快適だったかも・・・ 
イメージ 8
 
 
L字ぶなの木 
イメージ 9
 
 
ちょこっとガレ場 
イメージ 10
 
 
AM 9:49 樹林帯は抜けたものの、やたらめったら暑い! 
イメージ 11
 
 
AM 10:05 RW山頂駅が見える/RWにすれば良かったかな~ (;´Д`)
イメージ 12
 
 
クサリ場・1 とっかかりが多いので三点支持で登れる
イメージ 14
 
ラクダのコブ/拡大可
イメージ 13
 
 
クサリ場・2 この上がラクダのコブ 
イメージ 15
 
 
谷川岳展望・ラクダのコブ(背)より/拡大可
イメージ 16
 
 
イブキジャコウソウ 
イメージ 17
 
 
 
メタボチェックルート? 
イメージ 18
 
 
AM 11:38 ラクダのコブ(中央左)を見下ろす/拡大可
イメージ 19
 
 
左上ガスの中にザンゲ岩が顔を出す/拡大可
イメージ 20
 
 
ミヤマシャジン 
イメージ 21
 
 
AM 12:20 氷河の跡/拡大可
イメージ 22
 
 
さんざっぱら仲間に迷惑をかけておきながら余裕ポーズをかます管理人(笑) 
イメージ 23
 
 
 
天神尾根Rの指導標が近づく♪ 
イメージ 24
 
 
PM 13:04 天神尾根Rに合流するなり渋滞がはじまる・・・(゜Д゜) 
イメージ 25
 
 
PM 13:08 谷川岳トマノ耳 1963M
ガスガスで展望ゼロ((ノД`) 伊藤さん晴れた日に再チャレンジしようね(^O^)v
イメージ 26
 
 
PM 13:28 渋滞に輪をかけて大渋滞だった谷川岳オキノ耳(1977M)に到着
イメージ 27
 
 
PM 14:05 肩の小屋(トイレ有り・水&山バッジ販売) 
イメージ 28
 
 
PM 14:20 肩の小屋・正面ベンチ(トイレ側)前より万太郎山方面へ向けて出発 
イメージ 29
 
 
拡大可
イメージ 30
 
 
標高はそれほど高くないのに谷が深い/拡大可
イメージ 31
 
 
オジカ沢ノ頭(中央最奧)・手前鞍部の指導標=中ゴー尾根分岐点/拡大可
イメージ 32
 
 
PM 14:58 肩の小屋から1000㍍地点よりオジカ沢ノ頭を望む/拡大可
イメージ 33
 
 
PM 15:30 ちょこっとクサリ場 
イメージ 34
 
 
 
PM 15:32 あなどれない稜線歩き/拡大可
イメージ 44
 
 
PM 15:41 オジカ沢ノ頭(1890m) 
イメージ 35
 
 
オジカ沢避難小屋・避難小屋特集参照
協議の結果、雷の心配はないと判断して大障子避難小屋まで足を延ばすことにイメージ 36
 
 
まずは大きく下って笹原の先に見える小障子ノ頭を目指す/拡大可
イメージ 37
 
 
 
PM 16:25 小障子ノ頭(1730m)まであとチョット! 
イメージ 38
 
 
小障子ノ頭より/拡大可
万太郎山は雲の中、大障子避難小屋が豆粒くらいで視認できるイメージ 39
 
 
PM 16:32 矢印=大障子避難小屋
イメージ 40
 
 
PM 16:37 大障子避難小屋が近づく♪
イメージ 41
 
 
PM 16:42 大障子避難小屋(往復20分で水場あり) 
避難小屋特集参照   携帯・DOCOMO通話可
イメージ 42
 
谷川連峰主脈縦走2日目・その2へ続く
 
 
 
《行程&所要時間・花&風景撮影合計時間20-60分含む》
2014.7.25(金)
長野発 21:00 ~ 道の駅・南魚沼 23:00(仮眠)
ナビ設定A/長野-十日町-平標登山口P-谷川岳RW 167㌔ 4時間
ナビ設定B/長野-十日町-平標登山口P 121㌔ 2時間40分
 
2014.7.26(土)
道の駅・起床&出発 AM 4:00 ~ コンビニで朝食 ~ 平標山登山口P 5:10
~ 土合駅でabeちゃんと合流 ~ 谷川岳RW1F駐車場着 AM 6:20
 
谷川岳RW6F発 6:49 ~ 西黒尾根登山口 7:02 ~ 鉄塔 7:25 
~ L字ぶなの木 7:46 ~ 谷川岳マデ3時間 8:03-20 
~ 尾根上 9:49-10:05 ~ ラクダのコブ(背 )10:39-55
~ 巌剛新道分岐点 10:59 ~ 《途中休憩》11:23-36 
~ 氷河の跡 12:20-25 ~ 四の沢の頭 12:55 
~ 天神尾根R分岐点 13:03 ~ 谷川岳トマノ耳(1963m)13:08
谷川岳オキノ耳(1977m)13:28-48(昼食) 
肩の小屋(トイレ有り)14:05-20 ~ 中ゴー尾根分岐点 14:41-50 
~ 肩の小屋から1000M 14:59 ~ オジカ沢ノ頭(1890m)15:41
~ オジカ沢避難小屋 15:43 ~ 肩の小屋より2500M 16:17 
小障子ノ頭(1730m)16:26 ~ 大障子避難小屋 16:42(水場往復20分)
 
2014.7.27(日)
大障子避難小屋起床&朝食 AM 3:30 
大障子避難小屋発 4:35 ~ 大障子ノ頭(1800m)4:59-5:07 
~ 肩の小屋から4000M 5:16 ~ 吾策新道分岐点 5:59 
万太郎山(1954m)6:05-36 ~ 越路避難小屋 7:17-27
~ 毛渡乗越分岐点 7:45-50 ~ エビス大黒ノ頭(1888m)9:29-37
~ エビス避難小屋 10:03 ~ 仙ノ倉山(2026.2m)10:58 
~ 肩の小屋より10000M 11:14  ~ 平標山(1984m)11:47-12:06 
~ 大山祗 12:24 ~ 松手山(1614m)13:04-17 ~ 鉄塔 13:40-46 
~ 登山口 14:31 ~ 平標山登山口有料駐車場着 14:36

 
担ぎ上げ水/麦茶2.5㍑・水2㍑=4.5㍑
肩の小屋/水購入 500㍉
大障子避難小屋の水場/1㍑
残った水/500㍉
使用した水合計=5.5㍑
 
 

7/20 羽田空港&東京タワー

2014.7.20(日)
お上りさんで羽田空港&東京タワー見学♪
 
ブロ友・mizuoさんが出張の度に利用する羽田空港
ブロ友・ゆうゆうさんが第2ビルの基礎工事に携わった羽田空港
ブロ友・こうちさんが実家に帰るとき利用する羽田空港
ブロ友・momoさんが海外出張で利用する羽田空港
爺は、羽田空港からカナダへ行くのが夢かな・・・(笑)
 
 
AM 6:47 
2014.3.15から投入されたE7系新型車両で東京駅へイメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
羽田空港第2ビル
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
値段メチャ高い!  さすが羽田空港!
イメージ 8
 
 
第2ビル展望デッキ
イメージ 9
 
 
噂のボーイング787
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
でかいコンテナが次々と胴体の中へ・・・
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
 
地下道を歩いて第1ビルへ
イメージ 14
 
 
 
動く歩道と競争したけど負けてしまった (ノД`)
イメージ 15
 
 
羽田空港第1ビル/ちょっと古くささが漂う(笑)
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
第1ビル展望デッキ
イメージ 19
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
第1ビルには結婚式場が併設されていました
イメージ 24
 
 
 
離陸する飛行機とスカイツリーをセットで撮したかったが・・・/拡大可
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
 
東京モノレール・国際線ターミナルで途中下車
イメージ 27
 
 
 
羽田空港国際線ビル
イメージ 28
 
 
拡大可
イメージ 29
 
 
 
イメージ 30
 
 
拡大可
イメージ 31
 
 
拡大可
イメージ 32
 
 
 
イメージ 33
 
 
 
イメージ 34
 
 
国際線展望デッキ
イメージ 35
 
 
 
イメージ 36
 
 
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
PM 1:38
東京モノレール浜松町駅ビル「銀蔵」で昼食
イメージ 38
上下合計で2000円以内とメチャ安~!
イメージ 39
 
 
 
 
浜松町駅から約1.3キロの歩きで東京タワーへ
イメージ 40
 
 
 
イメージ 41
 
 
 
拡大可
イメージ 42
 
 
 
 
イメージ 43
 
 
 
拡大可
イメージ 44
 
 
 
 
KITTE
イメージ 45
 
 
 
KITTE
イメージ 46
 
 
KITTEより/拡大可
イメージ 47
 
 
東京駅/拡大可
イメージ 48
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/26-27 谷川岳~平標山・避難小屋特集

2014.7.26(土)-27(日)
谷川岳~平標山・避難小屋特集
7/26(土) 西黒尾根~谷川岳~大障子避難小屋泊
7/27(日) 大障子避難小屋発~仙ノ倉山~平標山~松手山
 
7月20日の「羽田空港&東京タワー」編をちょいっと後回しにして、
谷川岳-平標山縦走路に点在する避難小屋を特集しました。
 
 
谷川岳P-西黒尾根-谷川岳-万太郎山-仙ノ倉山-平標山-松手山-元橋・鳥瞰図
イメージ 1
避難小屋A=オジカ沢避難小屋
避難小屋B=大障子避難小屋・DoCoMo圏内(水場あり)
避難小屋C=越路避難小屋
避難小屋D=エビス避難小屋
 
 
7/26(土) PM15:41 オジカ沢の頭 
イメージ 2
 
 
 
オジカ沢の頭・西斜面に建つオジカ沢避難小屋/拡大可
イメージ 3
 
 
 
 
避難小屋A=オジカ沢避難小屋 
イメージ 4
 
 
敷板がドーム形状にカーブしているため寝にくい欠点が/拡大可
イメージ 5
 
 
写真では大きく見えるが入口の敷板がコの字(靴置き場)に切られているため4人が限度か・・・
イメージ 6
 
 
 
 
 
小障子ノ頭を通過すると大障子避難小屋を視認できる/拡大可
イメージ 7
 
7/26(土)PM 16:40 (宿泊地)
避難小屋B=大障子避難小屋(水場あり)
イメージ 8
 
 
 
イメージ 22
 
 
 避難小屋快適さはコース中で1番か・・・/拡大可
イメージ 9
物置棚が設けられているので室内はフル活用できる。
とはいえ、互い違いに寝ても7人くらいが限度と思われる。
DoCoMo通話ができました♪
水場は往復20分、標高差100M(距離で150㍍くらい)は下るので要注意 
 
 
 
 
 
 
 7/27(日) AM 6:07 万太郎山
イメージ 10
 
 
矢印=万太郎山のブロッケン現象/拡大可
イメージ 11
頑張って手を振るも立ち位置が悪く我々の影は現れなかった・・・(ノД`) 
 
 
AM 6:56 この稜線歩きでブロッケン現象に遭遇  
イメージ 12
 
 
三人がバッチリと♪/拡大可
イメージ 13
 
 
センターは誰かな?(笑)  
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
越路避難小屋/拡大可
イメージ 15
 
 
7/27(日)AM 7:24 避難小屋C=越路避難小屋
平標山ノ家を3時に出発して谷川岳を目指す若者と談笑
イメージ 16
爺は水浸しになった靴下をギューっとお絞り中(笑)
 
地図には7人とあるが快適な人数は4-5人と思われる
イメージ 17
敷板がフラットなので大障子避難小屋に次ぐ快適か・・・ 
 
 
 
 
 
 
エビス大黒ノ頭・縁起の良いことがおこりそうな名前だ♪
イメージ 18
 
 
 
 
 
避難小屋D=エビス避難小屋/拡大可
イメージ 19
 
 
 
地図には5人とあるが、入口がコの字に切られているため2人か3人が限度とおもわれる。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
7/27(日) AM 11:50 平標山に到着 (^O^)v 
イメージ 21
 
 
 
避難小屋トイレ事情
谷川岳にはトイレが併設されている避難小屋もあるようだが、
等ルート避難小屋にトイレはありません。
各自携帯トイレを持参するか、最悪でもスコップ持参で穴掘り
&埋め戻し処理が最低条件と思われます。
 
当ルート避難小屋情報
★鉄板製・かまぼこ型タイプ
★空気窓がないため夏は高温多湿になる
★トイレ無し
★大障子避難小屋(水場あり) 
 
 
 
 
 
 

7/4-7 東北の名湯・秘湯巡り

2014.7.4(金)-7(月)
東北の名湯&秘湯巡り特集
※下記、東北山巡りの下山後に立ち寄った温泉の特集
(注)入浴中のお客様がいる露天風呂等は写真掲載なし
 
東北の名峰巡り行程
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海回りで帰路につく
 
 
 
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平下山後
 
 
秋田県・源泉秘湯の宿「蒸ノ湯・ふけのゆ」 入浴料 600円 
源泉掛け流し・単純酸性泉
AM8:00~PM5:00 11月~4月休業 
TEL 0186-31-2131 
泉質満足度 管理人☆☆☆
イメージ 1
イメージ 10
マップコード 657218045
iPhone・スマホはPCモードで地図表示可
 
イメージ 2
 
 
露天風呂に入る時はフロントまで・・・(^O^)v
イメージ 3
 
 
拡大可
イメージ 4
 
 
男性専用露天風呂/拡大可
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
女性専用露天風呂
イメージ 7
 
 
 
 
 
岩手県・松川温泉「松川荘」 入浴料 500円 
源泉掛け流し・単純硫化水素泉
AM7:00~PM6:00 定休日・無し 
TEL 0195-78-2255
泉質満足度 管理人☆☆☆
 
イメージ 8
イメージ 9
マップコード 435741194
 
 
拡大可
イメージ 11
 
 
拡大可
イメージ 12
 
 
 
松川荘 内湯
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
敷地内には松川地熱発電所の配管が・・・ 
イメージ 15
 
 
 岩手山・松川(姥倉山)コース駐車場も兼ねている
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山下山後
 
 
 
滝沢・相の沢温泉「日帰り温泉・お山の湯」 入浴料 500円 
低張性弱アルカリ温泉
AM10:00~PM9:00 定休日・第4火曜 
TEL 019-680-2588
泉質満足度 管理人☆ 
イメージ 17
イメージ 18
マップコード 249151762
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山下山後
 
 
道の駅・雫石あねっこ
温泉施設併設だが機械故障で沸かし湯だった(残念) 
イメージ 20
イメージ 21
マップコード 435135251
 
 
 
入浴料 520円 源泉掛け流し硫黄温泉
AM9:00~PM7:00 定休日・木曜(5-10月は無休) 
TEL 0187-46-2101
泉質満足度 管理人☆☆☆ 
イメージ 22
イメージ 23
マップコード 435392005
 
 
イメージ 24

 
イメージ 25
 
 
食事もできる 
イメージ 26
 
 
内湯 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
露天風呂 
イメージ 29
 
 
 
 
 
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳下山後
 
 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
「黒湯温泉」 TEL 0187-46-2214 入浴料500円 
営業期間 4月中旬-11月中旬 単純硫化水素泉/酸性硫黄泉
泉質満足度 管理人☆☆☆
イメージ 32
イメージ 33
マップコード 435457810
 
 
 
イメージ 34
 
 
 
イメージ 35
 
 
男女別内湯&露天風呂 
イメージ 36
 
 
内湯 
イメージ 37
 
 
露天風呂 
イメージ 38
 
 
 
混浴風呂/男女別露天風呂とは泉質が違うとのこと 
イメージ 39
 
 
混浴風呂/拡大可
イメージ 40
 
 
 
 
 
金の湯・銀の湯「妙乃湯」 TEL 0187-46-2740 
金の湯・弱酸性鉄泉  銀の湯・ナトリウム炭酸水素塩泉
入浴料 720円 10:00~15:00(火曜定休)
泉質満足度 管理人☆☆☆
イメージ 41
イメージ 42
マップコード 435486092
 
金の湯・弱酸性鉄泉 /拡大可
イメージ 43
 
 
「大釜温泉」 TEL 0187-46-2438  
入浴料 500円 9:00~16:30
酸性含砒素ナトリウム塩化物硫酸塩泉
泉質満足度 管理人☆☆☆
★自動販売機の温度設定がよろしくないので利用しない方が無難
イメージ 44
イメージ 45
マップコード 435485179
 
 
 
 内湯
イメージ 46
 
 
露天風呂/拡大可
イメージ 47
 
 
 
 
 
 
道の駅・岩城  温泉施設併設(岩城温泉・港の湯)
TEL 0184-73-3789 入浴料(3時間)300円
ナトリウム・塩化物強泉
泉質満足度 管理人☆☆
イメージ 48
イメージ 49
マップコード 494426776
 
イメージ 50
 
 
露天風呂からはこんな夕陽が見られるらしい 
イメージ 51
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/7 秋田駒ヶ岳・東北の名峰その4

2014.7.7(月)
秋田駒ヶ岳(男女岳・おなめだけ)ヒナザクラ花旅
 
2010.7.17の鳥海山で初めて出会ったヒナザクラ♪
その時は花名が分からなくて帰宅後に調べたところ
唯一白い花を咲かせる
サクラソウの仲間と判明 (^O^)v
これはちゃんと咲いているところを見てみたいと計画するが、
開花のピークは梅雨時期らしく思うに任せないまま今日に・・・
去年暮れのリタイアを機に今年こそはと梅雨の切れ間を狙って
ヒナザクラ花旅&東北の名峰巡りとなりました。
当初はここ秋田駒ヶ岳で出会う予定だったヒナザクラと思いがけずも
初日の八幡平でいとも簡単に出会ってしまいましたが湿原のハイキングコースではなく、
自分の足で苦労して登った登山道脇で咲くヒナザクラを見つけた時の
感動を再び皆さんと分かち合えればと思います。
 
東北の名峰・行程表
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく
 
管理人HP
 
 
 
秋田駒ヶ岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
八合目P標高/1300M 最低標高地点/1249M 標高差/388M 総歩行距離/11405M
 
 
秋田駒ヶ岳(男女岳)パノラマ図解/拡大可  ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2

2014.7.7(月)
八合目小屋駐車場(トイレ・水あり)起床&朝食 3:30
 
八合目登山口発 4:49 ~ 片倉岳展望台(赤土の広場)5:22-29
~ 阿弥陀池西畔分岐点 6:23 ~ 阿弥陀池避難小屋(トイレ有り)6:29-38
男女岳(おなめだけ・1637M)6:55-7:09 ~ 阿弥陀池避難小屋 7:17-27
~ 阿弥陀池西畔分岐点 7:38 ~ 横岳(馬の背)分岐点 7:46
男岳(1623M)8:05-19 ~ 横岳(馬の背)分岐点 8:39
~ 阿弥陀池避難小屋分岐点 9:07 ~ 横岳(1582.7M)9:11-30
焼森(1551M)9:43-47 ~ 湯森山マデ1.3㌔ 10:04
~ 笹森山分岐点(展望良・ベンチ)10:28-44 ~ 湯森山(1471M)10:45-47
~ 笹森山分岐点 10:48 ~ 国民休暇村R分近点 11:09
~ 八合目小屋分岐点 11:14 ~ 笹森山(1414M)11:20
~ 八合目小屋分岐点 11:26 ~ 渡渉 11:49 
八合目小屋着 12:00 ※花撮影時間 45~60分を含む
 
 
 
 
秋田駒ヶ岳・八合目小屋(トイレ・水・24時間可) 拡大可
※マイカー規制解除時間 PM5:30~AM:5:30  
イメージ 3
マップコード 435337727
 
 
AM 4:49 八合目登山口
イメージ 4
 
 
旧硫黄鉱山跡/浄土平コース入口だがトラロープで閉鎖中だった 
イメージ 5
 
 
男女岳の北側山腹を巻いて登山道が延びる
イメージ 6
 
 
AM 5:15 岩手山を望む/拡大可
イメージ 7
 
 
 AM 5:22 片倉岳展望台(赤土の広場)より
イメージ 8
 
 
 シャクナゲ
イメージ 9
 
 
オノエラン 
イメージ 10
 
 
 
男女岳(おなめだけ) 
イメージ 11
 
 
 コミヤマハンショウヅル
イメージ 12
 
 
ミヤマダイコンソウ ・男岳方面
イメージ 13
 
 
田沢湖が見える
イメージ 14
 
 
秋田駒ヶ岳の主峰・男女岳(おなめだけ)  阿弥陀池より 
イメージ 15
 
 
阿弥陀池・馬の背
男女岳登山道より撮影/拡大可
イメージ 16
 
 
 
男女岳(おなめだけ・1637M) より岩手山を望む/拡大可
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 阿弥陀池から男岳へ向かう
 
 
チングルマ 
イメージ 18
 
 
 
イワカガミ 
イメージ 19
 
 
 
ミヤマダイコンソウ 
イメージ 20
 
 
 
キバナノコマノツメ&イワカガミの競演 
イメージ 21
 
 
ヒナザクラ 
イメージ 22
 
 
 
ヒナザクラ/拡大可
登山道で出会う花は感動もひとしお♪
イメージ 23
 
 
 
エゾツツジ 
イメージ 24
 
 
 
男岳が近い
イメージ 25
 
 
 
馬の背・小岳・眼下に花の宝庫ムーミン谷/拡大可
イメージ 26
 
 
 
男岳 1623M 
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
横岳~焼森~湯森山~笹森山~8合目避難小屋へ 
 
 
 
馬の背/拡大可
 
イメージ 28
 
 
 
馬の背 通過中 
イメージ 29
 
 
眼下はムーミン谷と呼ばれる花の宝庫 
横長根の大焼砂と小岳/拡大可
イメージ 30
 
 
 
横岳 1582.7M 
イメージ 31
 
 
 
前方に見える焼森(1551M)を目指す 
イメージ 32
 
 
 
焼森(1551M)より/拡大可
イメージ 33
 
 
 
珍しい~♪  シロバナハクサンチドリ
イメージ 34
 
 
 
湯森山 1471M  展望は無い 
イメージ 35
 
 
 
笹森山へ向かう/拡大可
 
イメージ 36
 
 
 
 
笹森山とシャクナゲ 
 
イメージ 37
 
 
 
笹森山 1414M 
イメージ 38
 
 
秋田駒ヶ岳&ニッコウキスゲ 
イメージ 39
 
 
 
コース最後の〆はヒナザクラ ♪
イメージ 40
ヒナザクラ/ウィキペディアより抜粋
分布と生育環境[編集] 
日本特産。本州の東北地方に分布し、西吾妻山を南限、八甲田山を北限とする。
多雪地の亜高山帯の湿原、雪田草原、湿った草地に生育する。
鳥海山を基準標本産地とする。
早池峰山、岩木山には分布しない。 
 
 
八合目小屋に到着
管理人のお姉さんが「お疲れ様-」と声をかけてくれる (^O^)v 
イメージ 41
 
 
秋田駒ヶ岳 終わり
 
 
 
 
 
 
12:55分発の定期バス後方について麓まで下りる。
マイカー規制時間内に八合目駐車場から麓に下りる場合は受付で
事前申請し定期バスの後方に付いて通行する。
イメージ 42
 
 
 
定期バスと別れて乳頭温泉郷へ 
イメージ 43
 
 
 
乳頭温泉郷・黒湯 
イメージ 44
 
 
 
乳頭温泉郷・黒湯  混浴露天風呂/深い意味はないけど残念(笑)
イメージ 45
 
 
 
乳頭温泉郷・妙乃湯 
イメージ 46
乳頭温泉郷・妙乃湯
イメージ 47
 
 
乳頭温泉郷・大釜温泉
イメージ 48
 
 
乳頭温泉郷・大釜温泉
イメージ 49
 
 
 
 
帰宅時に台風の影響を受けそうだったので早池峰をパスして帰路につく 
 
2014.7.7(月)
乳頭温泉発 15:10 ~ 田沢湖 ~R46(道の駅・協和 16:30)
~ 秋田自動車道・岩城IC下車 ~ 道の駅・岩城 17:00(車中泊) 
イメージ 50
道の駅・岩城  温泉施設併設
イメージ 54
マップコード 494426776
 
道の駅・レストラン 
イメージ 51
 
 
道の駅・レストランより
イメージ 52
 
 
道の駅・レストラン 刺身定食♪
イメージ 53
 
 
 


2014.7.8(火)
ナビ設定/道の駅・岩城 ~道の駅・おおうち立ち寄り~ 自宅 383㌔ 所要時間 7時間30分
道の駅・岩城発 6:30 ~ 長野自宅着 14:30
 
★5日間の経費(食事代・ピンバッジ・入浴代など雑費は除く)
ガソリン代 20814円 /走行距離 1440km /高速代 16910円

特別編
東北名湯巡り写真集へ続く


 

7/6 姫神山・東北の名峰その3

2014.7.6(日)
姫神山(ひめかみさん)・東北の名峰その3
姫神山はブロ友ゆうゆうさんが学校登山をした思い出の山。
岩手山と対峙して景色の良い山なので時間があったら是非と
勧められていたので登ってきました。
 
 
★姫神山は、岩手山、早池峰とともに北奥羽の三霊山として、かつては山岳信仰の中心だった。
男神を祀る岩手山に対し、姫神山は女神を祀るなど、岩手山を語るうえで欠かせない山である。
また、石川啄木が生まれ育った渋民の山としても名高い。
朝日新聞発行・週刊日本百名山より抜粋
 
 
管理人HP
 
 
 
姫神山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/510M 標高差/613.7M 総歩行距離/5981M

 
姫神山からのパノラマ図解/拡大可  ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2
 
 
 
2014.7.6(日)
※ナビ設定/道の駅にしね ~ 一本杉R登山口 所要時間・50分
 
駐車場(トイレ内に登山届けBOX)発 7:01 ~ 一本杉R登山口 7:06
~ 一本杉 7:15 ~ ざんげ坂 7:21 ~ 5合目 7:33-37
~ 6合目 7:46 ~ 8合目 8:03-05 ~ 頂上マデ500M 8:13
~ 岩場R分岐点 8:38 ~ 姫神山(1123.7M)8:46-9:13
 
姫神山発 9:13 ~ こわ坂ルート ~ 頂上マデ300M 9:24
~ 何の木③ 9:35 ~ 頂上マデ980M 9:42 ~ 何の木② 9:48
~ 何の木① 9:51 ~ こわ坂登山口 10:03 ~ 車道歩き ~
一本杉駐車場着 10:23

 
 
 
200名山ということもあってか車道に案内板 
イメージ 3
 
 
 
一本杉コースは左へ 
イメージ 4
 
 
 上の写真・拡大図
イメージ 5
 
 
ナイスな看板 
イメージ 6
 
 
 
一本杉キャンプ場駐車場(トイレ有り) 
イメージ 7
イメージ 45
マップコード 249388013
スマホ・iPhoneはPCモードで地図表示可
 
 
 
 
拡大可
イメージ 8
 
 
 
AM 7:01
一本杉駐車場 ※トイレ内に登山届けBOXあり 
イメージ 9
 
 
キャンプ場内を登り込む 
イメージ 10
 
 
一本杉コース登山口 
イメージ 11
 
 
一本杉
イメージ 12
 
 
ざんげ坂 
イメージ 13
 
 
名前の通り「ざんげ」したくなるほどの急階段が5合目まで続く (;´Д`) 
イメージ 14

 
 
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
 
 
 5合目
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
またかよ~!  (`へ´)フンッ。 
イメージ 19
 
 
8合目 
イメージ 20
 
 
見たまんま (*^o^*) 
イメージ 21
 
 
 
階段より好きだな~(^O^)v 
イメージ 22
 
 
 
左・楽ちんコース/右・岩!岩!岩!コース  ※山頂直下の分岐点 
イメージ 23
 
 
もちろん岩!コースを選択  (*^▽^*) 
イメージ 24
 
 
姫神山全景  ※姫神大権現が祀られている
イメージ 25
 
 
姫神山 1123.7M 
イメージ 26
 
 
昨日登った岩手山を望む/拡大可
イメージ 27
 
 
 
 
 こわ坂コース下山編
 
 
指導標あり 
イメージ 28
 
 
人気がなく熊が出ないかビクビクしながら樹林帯を下る (;´Д`) 
イメージ 29
 
 
樹林帯を抜けると町が視界に 
イメージ 30
 
 
そして岩手山も♪
イメージ 31
 
 
こわ坂R登山口 
イメージ 32
 
 
ここから一本杉Pまで車道を歩く 
イメージ 33
 
 
AM 10:23 
登り始めは五台ほどだった駐車場が満車状態に・・・ 
イメージ 34
 
姫神山・終わり
 
 
 
 
★下山後、秋田駒ヶ岳方へ向かう
ナビ設定/一本杉駐車場 ~ アルパこまくさ(マイカー規制中の駐車場)89㌔ 所要時間・2時間
ナビ設定/アルパこまくさ ~ 八合目小屋 8.4㌔ 所要時間・1時間
※マイカー規制解除時間 PM5:30~AM:5:00
 
 
 
 
雫石経由で田沢湖高原温泉へ向かう 
イメージ 35
 
 
道の駅・雫石あねっこ ※温泉施設併設だが機械故障で沸かし湯だった
イメージ 36
イメージ 44
マップコード 435135339
 
 
 
 
田沢湖高原温泉・アルパこまくさ 
※マイカー規制中・定期バス発着所
イメージ 37
イメージ 43
マップコード 435392005
 
 
田沢湖高原温泉・アルパこまくさ 
マイカー規制中・定期バス発着所&無料駐車場 
イメージ 38
 
 
田沢湖高原温泉・アルパこまくさ
イメージ 46
 
 
 田沢湖高原温泉・アルパこまくさ
イメージ 39
 
 
 
 
 
※マイカー規制解除時間 PM5:30~AM:5:30
ただし八合目駐車場が満車になり次第規制開始となるので要注意
★秋田駒ヶ岳・八合目小屋へ向かう
ナビ設定/アルパこまくさ ~ 8合目避難小屋 8.4㌔ 所要時間・1時間

 
 
 
 
八合目小屋(トイレ・水あり)駐車場 
イメージ 40
イメージ 42
マップコード 435337727
 
PM 19:01
八合目小屋駐車場より
イメージ 41
 
 
 
 
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく
 
 
 
 
東北の名峰その4(最終章)
秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅へ続く
 
 
 

7/5 岩手山・東北の名峰その2

2014.7.5(土) 岩手山/東北の名峰その2
北奥羽三霊山・岩手山(南部富士)お鉢巡り
 
 

前夜の大雨で諦めかけたが、明るくなるとともに雲の切れ間から
山頂が見えるほどに回復 (^O^)v
朝飯支度中の4時過ぎに新潟や長野ナンバーの大型バスが
次々と入ってきて人気の程を実感!
団体さんの後を歩くのが苦手な管理人、「早く出発してくれよ-!」
の願い
むなしくほぼ同時刻の出発に・・・ (;゜ロ゜)
 
 
 

 
管理人HP
 
 
 
岩手山鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/612M 標高差/1426.7M 総歩行距離/12895M
 
 
 
岩手山からのパノラマ図解  ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 2
 
 
2014.7.5(土)
岩手山馬返し駐車場(トイレ・水あり)・起床&朝食 4:00
 
馬返し駐車場発 5:05 ~ 馬返し登山口(トイレ・水・登山届けBOXあり)5:10
~ 改め所 5:22 ~ 0.5合目 5:38 ~ 以後は全て旧道を歩く ~ 桶の淵 5:42
~ 新・旧1合目 5:51-57 ~ 豆腐岩 6:04 ~ 2合目 6:13
~ 2.5合目 6:22 ~ 3合目 6:38 ~ 休憩 6:47-58
~ 4合目 7:08 ~ 5合目 7:35-46 ~ 団体ご一行様渋滞 ~ 7合目 8:45
8合目避難小屋&トイレ 8:55-9:33 ~ 9合目・不動平 9:57 
~ お鉢取り付き 10:21-27
岩手山(薬師岳・2038.1M) 10:51-11:05
 
岩手山発 11:05 ~ お鉢取り付き 11:37 ~ 不動平 11:49
~ 8合目避難小屋(昼食)12:03-28 ~ 7合目 12:34
~ 5合目 13:13 ~ 4合目 13:30 ~ 以後は全て新道を歩く ~
~ 新道4合目 13:34 ~ 新道3合目 13:43 ~ 2.5合目 13:52 
~ 豆腐岩 14:03 ~ 新・旧1合目 14:07 ~ 改め所 14:26 
~ 登山口 14:35-42 ~ 馬返しP着 14:45
 
滝沢・相ノ沢温泉(日帰り施設) お山の湯で汗を流す
道の駅・にしね(車中泊) 
 
 
 
 
 
 
AM 4:10 馬返し駐車場
早朝から長野ナンバーと新潟ナンバーの大型バスが訪れる
イメージ 3
マップコード 249275580
 
 
駐車場トイレ
※駐車場から3分ほど上にある登山口&キャンプ場に併設されているトイレのほうが綺麗
イメージ 4
 
 
AM 4:33
長野ナンバーから26名、新潟ナンバーから28名の登山者が準備を始めている
イメージ 5
 
 
AM 4:33 岩手山山頂部が雲の切れ間から顔を出す (^O^)v
イメージ 6
 
 
 
AM 5:05 駐車場出発
イメージ 7
 
 
岩手山・馬返しルート登山口へ向かう
イメージ 8
 
 
馬返しR登山口(トイレ・水・登山届けBOXあり) 
イメージ 9
 
 
鬼又清水
イメージ 10
 
 
馬返しR登山口 
イメージ 11
 
 
自衛隊演習場に沿って登山道が延びる 
イメージ 12
 
 
 
出発をずらしたのに新潟組に追いついてしまった- (ノД`) 
イメージ 13
 
 
桶の淵(こがのふち) 
イメージ 14
 
 
新・旧1合目
新潟組は4合目まで新道を行くと聞き、爺は迷わず旧道を選択
イメージ 15
 
 
豆腐岩を過ぎるまで木階段が続く 
イメージ 16
 
 
階段が終わるとザレ道に・・・ 
イメージ 17
 
 
AM 6:13
2合目より北奥羽三霊山・姫神山を望む/拡大可
イメージ 18
 
 
旧道だけあって道が深く抉れている(笑) 
イメージ 19
 
 
 ちょこっとガレ場
イメージ 20
 
 
長野県人同士・偶然の出会い
※佐久市からこられたKさんと記念撮影
イメージ 21
 
 
長野県人会?でくつろぎすぎてしまい、4合目には新潟組が・・・(;´Д`)
 
イメージ 22
 
 
 
人数が多すぎて抜くのも面倒くさいので最後尾からノンビリと歩くことに決定!
イメージ 23
 
 
7合目 
イメージ 24
 
 
8合目避難小屋&トイレ(右) ※水場は枯れていることがあるので要注意 
イメージ 25
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
避難小屋で山バッジと登頂証明手ぬぐいをゲット (^O^)v
イメージ 27
まだ山頂に登っていないけど記念品は売り切れる前に買っておこう!
イメージ 28
 
 
天気がこんなんなので小屋前のベンチで大休憩 
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
晴れる、晴れないは時の運!
そろそろ山頂を目指してみるべ-(*^O^*)
 
 
 
 
 
何を撮したのかわからないって? 
イメージ 30
 
 
↑のアップ写真・富士登山なみの大行列/拡大可
イメージ 31
 
 
 シラネアオイ
イメージ 32
 
 
ハクサンチドリ ※秋田駒では白花をゲットしたのでお楽しみに♪ 
イメージ 33
 
 
9合目・不動平 
イメージ 34
 
 
 
ここでようやく岩手山が顔を出し始める/拡大可
イメージ 35
 
 
タカネスミレ 
イメージ 36
 
 
お鉢巡り取り付き地点で記念撮影 
イメージ 37
 
 
お鉢取り付き地点より岩手山(薬師岳)山頂を望む/拡大可
イメージ 38
 
 
お鉢巡り所要時間は60分らしい
イメージ 39
 
 
 
山頂まで200㍍ 
イメージ 40
 
 
近づいてきた~♪ 
イメージ 41
 
 
山頂全景 
イメージ 42
 
 
岩手山 2038.1M 
イメージ 43
 
 
 
火口縁ではコマクサの群生を見る事ができる♪ 
イメージ 44
 
 
お鉢巡りの途中で山頂を見上げる
イメージ 45
 
 
火口縁ではタカネスミレの群生も見る事ができる♪ 
イメージ 46
 
 
山頂を目指す人々/拡大可
イメージ 47
 
岩手山おわり
 
 
 
 
 
爺的には上りで旧道を使い、下山は新道利用がオススメかな~
滝沢・相ノ沢温泉「お山の湯」で汗を流す
道の駅・にしね(車中泊)
 
 
 
 
PM 14:45 駐車場に下山 車! 車! 車! 
イメージ 48
 
 
滝沢・相ノ沢温泉「お山の湯」で汗を流す 
イメージ 49
イメージ 52
マップコード 249151762
 
 
道の駅・にしね(車中泊) 
イメージ 50
マップコード 249462158
 
 
道の駅レストランは19:30まで営業しているが、ラーメン・定食のみで
「お酒のつまみがないため」このような事態に・・・(*^O^*)  
イメージ 51
 
 
 
 
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく
 
 
 
 
東北の名峰その3・姫神山(ひめかみやま)へ続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/4 八幡平・東北の名峰その1

2014.7.4(金)
八幡平/東北の名峰・その1
 
 
2010.7.17の鳥海山で初めて出会ったヒナザクラ♪
その時は花名が分からなくて帰宅後に調べたところ、
唯一白い花を咲かせるサクラソウの仲間と判明 (^O^)v
これはちゃんと咲いているところを見てみたいと計画するが、
開花のピークは梅雨時期らしく思うに任せないまま今日に・・・
去年暮れのリタイアを機に今年こそはと梅雨の切れ間を狙って
ヒナザクラ花旅&東北の名峰巡りとなりました。
 
2014.7.3(木) PM 12:00 東北に向けて出発 
2014.7.4(金) 日本百名山・八幡平
2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山
2014.7.6(日) 北奥羽三霊山・姫神山
2014.7.7(月) 秋田駒ヶ岳・ヒナザクラ花旅
2014.7.8(火) 早池峰予定をキャンセルして日本海廻りで帰路につく 
管理人HP
 
 
拡大可
イメージ 1
 
 

2014.7.3(木)
ナビ設定/長野~八幡平 694㌔ 所要時間・8時間30分
長野発 12:00 ~ 上河内SA 15:00-15:30 
~ 安達太良SA 16:45-17:00 ~ 鶴栄PA 18:44-50 
~ 前沢SA 20:00-20 ~ 岩手山SA 21:22(車中泊)
 
2014.7.4(金)
ナビ設定/岩手山SA~八幡平 32㌔ 所要時間・50分
岩手山SA起床・食事 5:00 ~ SA発 5:50 ~ 松尾八幡平IC下車
~ 八幡平無料P着 6:30 
 

八幡平無料駐車場発 8:47 ~ 登山道入口 8:49 ~ 鏡沼分岐点 8:53 
~ 八幡沼園地トイレ 8:59 ~ 源太分かれ 9:50 ~ 避難小屋・トイレ 10:10
~ 湖沼展望デッキ 10:17 ~ 八幡平山頂 10:25 
~ 蒸の湯R分岐 10:28 ~ めがね沼 10:33 ~ 鏡沼 10:38
~ 鏡沼分岐点 10:43 ~ 登山口 10:46-50 ~ 無料P着 10:55
※上記タイムは花撮影時間40~60分を含みます。
 
 
 
八幡平鳥瞰図
イメージ 2 無料駐車場標高/1520M 標高差/93.5M 総歩行距離/4671M
 
八幡平パノラマ図解 ★D・D・S社製 どこでもパノラマ5を使用
イメージ 3
(注)山頂は展望がありません 
 
 
前泊地・岩手山SA  AM 5時起床&朝食
イメージ 4
 
 
松尾八幡平IC下車後、早朝はコンビニ&ガソリンスタンドとも
営業していないので要注意
御在所/早朝&深夜移動の場合はここが最終トイレ
イメージ 5
 
 
源太岩 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
見返峠・県境 
イメージ 8
 
 
見返峠レストハウス・営業時間外はトイレ使用不可
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 日本百名山・八幡平
 
 
見返峠手前の無料駐車場/トイレ無し
初日は岩手山を予定したが天気がイマイチで八幡平に変更!
駐車場で天候回復待ちすること2時間 (^O^)v
イメージ 10
イメージ 42
マップコード 657103704
 
 
旧レストハウス横に登山道あり
イメージ 11
 
 
登山道入口 
イメージ 12
 
 
直進すると登山口ルートに合流 
イメージ 13
 
 
山頂付近は全コースが石畳か木道で保護されている
イメージ 14
 
 
鏡沼分岐点 
イメージ 15
 
 
八幡沼園地トイレ 
イメージ 16
 
 
園地トイレ前の展望台より/拡大可
イメージ 17
 
 
シラネアオイ 
イメージ 18
 
 
八幡沼と池塘
イメージ 19
 
 
ヒナザクラ大群生/拡大可
イメージ 20
ヒナザクラ/素人植物図鑑より抜粋
青森県の八甲田山を北限として、福島県の吾妻連峰までの亜高山帯~高山帯の湿った
草地に大群落をなして咲く、東北の高山を代表するサクラソウ。
他のサクラソウに比べて花が小さいので「ヒナ」の名を冠する。
残雪の消えたところから順に咲いていくので花期は長く、
雪解けの遅いところでは九月でも開花を見ることがある。
北海道のエゾコザクラと東北南部以西のハクサンコザクラという
二つの紅紫色のサクラソウに挟まれて白く清楚な花を咲かせる。
ただし岩木山と早池峰には生育を見ず、代わりに数は少ないがそれぞれ
ミチノクコザクラ、ヒメコザクラが生育する。
 
 
この天気では行動時間の短い八幡平に予定変更して正解だった (^O^)v
イメージ 50
 
 
 前方には雪渓も・・・
イメージ 21
 
 
 足元ではヒナザクラが・・・
イメージ 22
 
 
ヒナザクラ/拡大可
イメージ 23
 
 
池糖で咲くイワショウブ
イメージ 24
 
 
池糖 
イメージ 25
 
 
避難小屋・陵雲荘&トイレ 
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
湖沼展望デッキより八幡沼を望む/拡大可
イメージ 28
 
 
山頂へ向かう 
イメージ 29
 
 
八幡平 1613.5M 
イメージ 30
 
 
メガネ沼・鏡沼方面へ向かう 
イメージ 31
 
 
鏡沼 
イメージ 32
 
 
 八幡平登山口/レストハウス(左)・パークサービスセンター(右)
イメージ 33
 
 
出発時は数台だったが大型バスも停まっている 
イメージ 34
 
 
 
 
下山後は温泉で汗を流し岩手山馬返し駐車場へ向かう
 
 
 
 
源泉・秘湯の宿 蒸ノ湯(ふけのゆ)  ※温泉特集を組むため写真のみ
イメージ 35
イメージ 45
マップコード 657218045
 
 
 
源泉・秘湯の宿 蒸ノ湯(ふけのゆ)  露天風呂イメージ 36
 
 
 
松川温泉・松川荘  ※温泉特集を組むため写真のみ
イメージ 37
イメージ 46
マップコード 435741193
 
 
 
松川温泉・松川荘 露天風呂 
イメージ 38
 
 
 
松川地熱発電所見学 
イメージ 48
イメージ 49
マップコード 435741305
 
 
 
特別天然記念物/岩手山・焼走り溶岩流 
 
 
 
 
イメージ 39
イメージ 47
マップコード 249426724
 
 
 
道の駅・にしね (昼食兼夜食) 
イメージ 40
イメージ 44
マップコード 249462158
 
 
 
PM16:00 岩手山 馬返し登山口駐車場(トイレ有り)で車中泊
※正規登山口は5分ほど上部のキャンプ場内(水・トイレ有り)です。
イメージ 41
イメージ 43
マップコード 249275580
 
 
 
 
 
 
 2014.7.5(土) 北奥羽三霊山・岩手山へ続く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ