小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2012年09月

9/29 トーミの頭-草すべり-浅間山-Jバンド-黒斑山

2012.9.29(土曜日)
車坂峠P~トーミの頭~草すべり~浅間山~Jバンド~鋸岳~虎ノ尾~仙人岳
~蛇骨岳~黒斑山~車坂峠P周遊ルート
各ルート要所の山から見る浅間山を特集しましたので「見え方の違い」
などをお楽しみ下さい♪
 
 
ホームページ「浅間山・黒斑山外輪山周遊」をアップしました。
 
 
グーグルアース鳥瞰図
車坂峠登山口標高 1973M 標高差 595M 総歩行距離 14590M
イメージ 1
 
 
 
車坂峠・高峰高原ホテル駐車場 TEL 0267-25-3000
展望温泉(800円)は布引温泉よりタンクローリーで運び上げる  
イメージ 2
 
 
 車坂峠・黒斑山登山口
イメージ 13
 
 
 
 
しばし樹林帯を歩く
イメージ 24
 
 
 
溶岩台地/八ヶ岳・北アルプス・北信五岳・四阿山など一望出来る展望適地  
イメージ 25
 
 
 
赤ゾレの頭(槍ケ鞘)  
イメージ 26
 
 
 
拡大可 トーミの頭&浅間山/赤ゾレの頭より
イメージ 27
 
 
 
富士山/トーミの頭より
イメージ 28
 
 
 
拡大可 トーミの頭&浅間山
イメージ 29
 
 
 
拡大可 左から、白ゾレ・仙人岳・虎ノ尾・鋸岳・浅間山/トーミノ頭より
イメージ 30
 
 
 
拡大可 草すべり/檄下りだが九十九折れになっているので雨の日以外は特に問題なく下ることができる。
イメージ 3
 
 
 
浅間山の展望を楽しみながら・・・   /草すべりにて  
 
イメージ 4
 
 
 
トーミの頭、垂直の壁越しに富士山が見える/草すべりより  
イメージ 5
 
 
 
火山館分岐点を目指して「草すべり 」を下る
イメージ 6
 
 
 
トーミの頭&奇岩群 /草すべりより 
イメージ 7
 
 
 
Jバンド分岐点を通過し浅間山を目指す  
イメージ 8
 
 
 
前掛山分岐点  
イメージ 9
 
 
 
貴方のモラルは? と、聞かれると返す言葉がありませんが・・・(;゜ロ゜)  
イメージ 10
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
拡大可
イメージ 12
 
 
 
★印 Jバンド登山口/黄色線の本ルートは遠回りなので道なき道をショートカット中 (^0^;)  
イメージ 14
 
 
 
Jバンド登山口から急坂を頑張る!!  
イメージ 15
 
 
 
この溶岩群まで登り込めば鋸岳分岐点が近い  
イメージ 16
 
 
 
鋸岳分岐点より撮影  
イメージ 17
 
 
 
拡大可 虎ノ尾・仙人岳方面・左奧は黒斑山/鋸岳より
イメージ 18
 
 
拡大可  管理人&水○さん虎ノ尾近辺の岩稜にて
イメージ 19
 
 
 
仙人岳より
イメージ 20
 
 
 
蛇骨岳で本日初の集合写真/埼玉県熊谷市からお越しの男性に撮っていただきました。  
イメージ 21
 
 
拡大可 白ゾレ・仙人岳&浅間山/蛇骨岳から黒斑山間の展望適地より
イメージ 22
 
 
 
黒斑山/同じルートで歩かれた埼玉県熊谷市からお越しの男性に撮っていただきました。(感謝)
イメージ 23
 
 
※本日の出会い
群馬県・高崎市の男性
埼玉県・熊谷市の男性
我が山友・黒ちゃんの友人「木下さん」との偶然な出会い 
 
《本日の行程》
長野発 5:30 ~ 東部湯の丸SA(10分休憩)
~ 車坂峠・高峰高原ホテルP着 6:45
車坂峠登山口発 7:07 ~ 溶岩台地(展望良) 7:46-52 
~ シェルター 8:24  ~ 赤ゾレの頭(槍ケ鞘) 8:28-33 
~ 中コース分岐点 8:34 ~ トーミの頭 8:42-53 
~ 草すべり分岐点 8:55 ~草すべりを降りる ~ 火山館分岐点
 9:40-10:05 ~ Jバンド分岐点 10:21 
~ 途中休憩 10:43-53  ~ 前掛山分岐点 11:19-34 
~ 浅間山 11:54-12:06 
~ 前掛山分岐 12:20-25 ~ Jバンドに向けてショートカット
~ Jバンド登山口 13:07  ~ 途中休憩 13:25-31
~ 鋸岳分岐点 13:36 ~ 鋸岳 13:42 
~ 鋸岳分岐点 13:49-14:11(昼食) ~ 仙人岳 14:44-50 
~ 蛇骨岳 15:05-16 
~ 黒斑山 15:45-49 ]
~ トーミの頭 16:03-11 ~ 中コース分岐点 16:17 
~ 中コースを歩く  ~ 車坂峠登山口 17:06 
~ 高峰高原ホテルP着 17:07



9/22 苗場山・ブロ友オフ会の前夜祭

2012.9.22(土曜日)
信州秋山郷のよさの里(おーとキャンプ場) ・ブロ友オフ会前夜祭
2012.9.23(日曜日) 苗場山 雨で中止!!
 
ゆうゆうさんのブログ仲間
好き勝手な趣味の時間(ゆうゆう隊長、ゆみっこさん、カービーさん、しかおさん)
ある日の出来事(みずお隊長)
ぴろりんの山歩き(ぴろりん隊長、シェルパパパさん)
アラフィフ夫婦の山行日記(こうち隊長、マダムさん)
グッチー隊(グッチーさん、ダーリンさん)
カブの山登り(カブさん)
るびるびの自遊な生活!(るびるびさん、ひょんたくん)
やまぞらのあお(momoさん、paraさん)
長野組(伊藤さん、管理人)
 
初参加の方も含め9部隊18名の大所帯ながら、
ゆうゆう隊長・みずお副隊長の人柄に惚れ込んだ仲間同士、
ご覧の様に和気あいあいと前夜祭を楽しんできました♪
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
バーニャカウダ↑のレシピはこちら 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
一眼レフカメラ品評会 
 
 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
イメージ 24
実は・・・
ここだけの話しですが・・・
二人とも長島茂雄さんみたいに「胸毛」が・・・
そんなわけで・・・
ここに秋山郷の熊さんがきても「わしの仲間がいる!」
 と酒盛りになったかも・・・   なんてね ((*^▽^*)
 
 
イメージ 25
 
 
 
お医者さん曰く、風邪ではなく喉の過敏症でしょう!
と、咳止めの薬を処方してもらうが治まる気配無し・・・
咳の度に頭はガンガン! 身体は脱力感でヘロヘロ状態!
そんなこんなで毎日早寝して体力の回復につとめるも・・・
喉に残るゼイ!ゼイ!感に悩まされる毎日!
 
ブロ友の「ぴろりんさん」とこんな話(メール)をしていたところ、
「○○の薬」を処方してもらえば治るかもよ~ との情報で、 
早速病院へとんでいき「○○の薬」お願いしま~す!
一ヶ月だか二ヶ月の間に3日しか飲めない薬のようですが、
これが見事に効き始め、本日やっとこさブログアップの運びとなりました♪
「なんだオチは言い訳かえと言われそうですが悪しからず」
 
ぴろりんさん ありがとう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

9/16 大日ヶ岳 

2012.9.16(日曜) 大日ヶ岳(日本200名山)
白山山系の南に位置する山で白山と同じ泰澄(だいちょう)大師の
縁起をもつ修験の山である。山と高原地図解説より抜粋

夏風邪と思われる咳をする度に「脳天空手チョップ並の頭痛」と「立ちくらみ」
がおこり、体調不良で歩く山のリスクを自身で体験する事になってしまいました。 


 

 
大日ヶ岳登山地図/拡大可
イメージ 1
 RW山頂駅登山口標高 1330M 標高差 379M 総歩行距離 7419M 
 
 
大日ヶ岳パノラマ図解/拡大&印刷可
イメージ 2
 
 
 
拡大可
イメージ 13
今回の山行は「スポーツDEPO・商品パンフレット」に紹介された記事にて決定 (^_^)v 
 
 
拡大可
イメージ 18
前日(15日)登る予定だったがご覧のような天候で翌日に順延



 
 
 
イメージ 19
9/16(日曜) 順延が幸いし絶好の山歩き日和   
 
 
 
イメージ 20
RW山頂駅の階段を降りて大日ヶ岳登山口へ 
 
 
 
イメージ 21
水後山の手前まで樹林帯歩きが続く
 
 
 
イメージ 22
登山道の整備は行き届いている 
 
 
 
イメージ 23
頭上が開けると水後山(すいごやま)が近い 
 
 
拡大可
イメージ 24
振り返ればRW駅山頂駅の屋根(矢印)が見える 
 
 
 
イメージ 3
水後山(すいごやま)1558M 
 
 
拡大可
イメージ 4
次に目指すは鎌ヶ峰・水後山より撮影  ※水後山~大日ヶ岳の尾根は痩せているので要注意 
 
 
 
イメージ 5
オヤマリンドウ 又は リンドウ 
 
 
 
イメージ 6
鎌ヶ峰が近い 
 
 
 
イメージ 7
チョイ藪 
 
 
 
イメージ 8
大日ヶ岳側からの登山者が早々と下ってくる/正面・鎌ヶ峰 
 
 
拡大可
イメージ 9
鎌ヶ峰 1669M 
 
 
 
イメージ 10
右奥に見える大日ヶ岳を目指して鎌ヶ峰を出発 !!
 
 
拡大可
イメージ 11
鎌ヶ峰(中央)からの痩せ尾根全貌


矢印・大日ヶ岳
イメージ 14
裏大日の鞍部まで大きく下るので帰りの事を考えるとウンザリ・・・ (;゜ロ゜)  
 
 
 イメージ 12
大日ヶ岳(矢印)まであとひと頑張り ファイト!! 
 
 
 
 
イメージ 15
大日ヶ岳 
 
 
 
イメージ 16
ひるがの高原側からの登山者も多く山頂は大賑わい
 
 
 
イメージ 17
日本200名山 大日ヶ岳 1709M  
ヨレヨレしながらも山頂に立つことが出来ました (^O^)v
 


9/14(金曜)長野発 21:50 ~ 恵那峡SA 24:00(仮眠)
9/15(土曜)恵那峡SA発 6:00 ~ 東海北陸道・白鳥IC下車
~ ウィングヒルズ着 8:00(悪天候のため下見に変更)

9/16(日曜)
道の駅・古今伝授の里やまと発 7:00 ~ コンビニ朝食 ~
ウィングヒルズ着 8:20
RW山麓駅発 9:00 ~ 山頂駅着 9:13(往復・1500円) 
 山頂駅登山口発 9:15 ~ 水後山(すいごやま) 9:51-56 
~ 鎌ヶ峰 10:30-41 ~ 裏大日(標柱なし) 11:07
~ 大日ヶ岳 11:28-12:20(昼食)
大日ヶ岳発 12:20 ~ 裏大日 12:34 ~ 鎌ヶ峰 13:01-05 
~ 水後山 13:27 
~ RW山頂駅登山口着 14:03
 
 
 
 

9/15 阿弥陀ヶ滝(日本の滝100選)

2012.9.15(土曜) 阿弥陀ヶ滝(岐阜県郡上市・白鳥町)
 
スポーツDEPOの商品パンフレットに載っていた大日ヶ岳を予定していたが、
夏風邪をひいた爺は体調不良! そして天気もイマイチ不良!
初日は下調べのみとし登山口近くの滝見学に予定変更 (^0^;)
 
 
 
拡大可
 
イメージ 1
イメージ 12
マップコード 403-756-441
 
 
拡大可
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
イメージ 14
ギネス登録サマーゲレンデはスキーヤー&ボーダーで大賑わい
 
 
 
イメージ 15
9時始発のゴンドラ試運転中 
 
 
拡大可
イメージ 16
この天気ではちょっとね~~~(ToT)   
 
 
 
イメージ 17
天然温泉・満天の湯 am10:00~ 年中無休 800円 TEL 0575-86-3487
イメージ 12
 マップコード 403-757-526
 
拡大可
イメージ 18
阿弥陀ヶ滝(日本の滝100選) 
イメージ 12
マップコード 403-729-375
 
 
拡大可
イメージ 19
 
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
拡大可
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 8
夏風邪に冒された爺は歩く元気もなくグッタリ (^0^;) 
 
 
 
イメージ 9
半袖姿の観光客のなか、場違いのダウンを着込む管理人 
 
 
 
イメージ 10
ガイドブック掲載のお店だが味は・・・・・・?
 
 
 
 
イメージ 11
管理人イチ押し 道の駅「古今伝授の里やまと」 やまと温泉「やすらぎ館」 車中泊
イメージ 12
マップコード 403-228-470
 
 
 

9/6 地元紙の夕刊にこんな記事が・・・

2012.9.6(木曜)
こんな記事を見たからといって神経質にならないでくださいね。
日本の何処にいても「絶対に安全」といえる場所はないのです。
楽しいことも!嫌なことも!嬉しいことも!悲しいことも!
全てを受け入れて今現在を精一杯に・・・
 
 
イメージ 1




9/1 富士山・吉田口ルートの馬返&一合目から日帰り登山 

2012.9.1(土曜) 富士山登山
富士吉田口ルート・馬返駐車場&一合目から日帰り登山
 
 
正確には前夜(8/31)20:43分発なので日帰りとなるのか定かではありませんが
夜通し歩いて翌日(9/1)の13:44分に駐車場まで戻ったので
日帰りとさせていただきました。(^_^;)
 
富士山爆発(噴火?)情報が週刊誌誌面を賑わす昨今、これらの記事に踊らされ
7/28に登ったばかりなのに・・・
睡魔で大ブレーキとなった爺ではあったが、それでも何とかなるかと
妙な自信がついてしまい、
雲取山で知り合った福岡さんの「吉田口ルート・馬返から
日帰り登山を年に数回やっている」という話しを思い出して今回の山行となりました。
実行にあたっては福岡さんから詳しい情報を頂けたので深夜のソロ登山にも関わらず
無事に全行程を終了する事ができました。(感謝)
 
  
 
2012.09.01 管理人HP
 
 
 
 
 
グーグルアース吉田口ルート鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
馬返バス停&駐車場標高 1440M 標高差 2335.6M 総歩行距離 27423M 
 
 
富士山パノラマ図解/拡大可
イメージ 12
 
 
 
イメージ 23
田口ルート登山口(1440M)・馬返(簡易トイレあり) 8/31 夕方撮影
 
 
イメージ 34
馬返バス停・富士急の小型バス時刻表 (注)2012年対応
 
 
イメージ 43
8/31(金曜) 御来光登山ではないが、
翌日の午後三時下山を逆算して馬返登山口発 20:43
 
 
イメージ 44
富士山吉田口登山道・禊所(みそぎじょ)
 
 
イメージ 45
一合目(1520M) 20:54
 
 
イメージ 46
二合目(1700M) 21:19
 
 
イメージ 47
三合目(1840M)・三軒茶屋跡 21:40
 
 

イメージ 42
五合目・中宮(ちゅうぐう) 22:26
 
 
イメージ 2
富士山雲切不動神社 22:33
 
 
イメージ 3
滝沢林道を歩く 22:36
 
 
ここまで一人の登山者にも行き会わず夏の「肝試し大会」みたいな山歩きでした。
イメージ 4
里見平・星観荘(トイレ昼夜使用可)でバナナタイム 22:56-23:24
 
 
イメージ 5
五合五勺・経ヶ岳
 
 

イメージ 6
六合目(2390M)・富士山安全指導センター/小屋の灯りが山頂まで続く 
 
 
イメージ 7
9/1(土曜)
六合目(2390M)・富士山安全指導センター 11:41-00:14
富士スバルライン五合目から訪れた登山者で大賑わい(トイレ有り)
 
 
 
イメージ 8
七合目(2700M)・花小屋 01:13-40(ランチ?休憩)
 
 
イメージ 9
登山道らしくなってきた
 
 
イメージ 10
月明かりに浮かぶ鳥居荘 02:16
 
 
イメージ 11
東洋館
 
 
イメージ 13
シュラフ持参とは用意周到・・・(笑)  02:36-03:48
爺も前回の轍を踏まないように東洋館の壁に寄りかかり1時間の仮眠
 (-_-)゜zzz…
 
 
 
イメージ 14
ますます登山道らしく・・・(^▽^)
 
 
イメージ 15
八合目白雲荘で御来光タイム 04:56-05:28
富士山吉田口ルートの不思議
八合目(3040M)の上には本八合目(3380M)なるものがあるので要注意・・・
 
 
イメージ 16
 
 
 
拡大可
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
イメージ 20
上5枚・白雲荘からの御来光写真  04:56-05:28
 
 

イメージ 21
白雲荘と雲海・元祖室手前斜面より撮影 05:31 
 
 
イメージ 22
本八合目(3380M) トモエ館・胸付上江戸屋 06:07
 
 

イメージ 24
山頂で御来光を迎えた登山者が下山専用道から続々と降りてくる
胸付江戸屋より撮影 06:10
 
 
イメージ 25
九合目(3570M)・迎久須志神社 06:43-51
 
 
イメージ 26
噂に聞く御来光渋滞ほどではないにしろ登山者の列が延々と続く
 
 
イメージ 27
吉田口R・須走口R富士山頂上(3710M)  07:20 
 
 
イメージ 28
剣ヶ峰を望む/前回とは逆回り(反時計回り)でお鉢巡り
 
 
イメージ 29
富士山本宮浅間大社奥宮 08:17-09:53
 
 
 
09:38 撮影
イメージ 30
富士山本宮浅間大社奥宮 08:17-09:53
富士宮五合目を3時に出発した「ゆうゆう隊」の健脚をもってすれば、先に着いているか、
又は同時着と踏んでいたがメールや電話を入れても音信不通・・・、もしやドコモも圏外???
9時過ぎに奥様より連絡が入り「隊長の具合が芳しく無いとの事」、話の感じでは前回の爺と同じく
睡魔に襲われているらしいが携帯電池切れ寸前で詳しいことも聞けないままお別れの挨拶 (ToT)
(電話内容では○エリアにいるとのことでしたが時間的余裕がなくて
爺は下山モードに、山頂でのハイタッチは次回のお預けとなりました)
 
 
 
 
 

下山編
 
 
イメージ 31
下山専用道を下る 
 
 
イメージ 32
緊急避難所 11:03 
 
 
イメージ 33
ロックシェード  11:25
 
 
イメージ 35
五合目から七合目まで馬に乗って行くこともできる/1名 14000円 
 
 
イメージ 36
六合目(2390M)・富士山安全指導センターに到着 11:41 
ここまでの下山道評価/砂走りルート並に足が深く潜れば楽しいが、
中途半端な深さが足元を滑りやすくするうえ、ジグザグで単調な下山道が
延々と続くので当ルートの二度目は絶対にないと思う。(;゜ロ゜)
 
 
イメージ 37
富士山吉田口登山道・禊所(みそぎじょ) 13:39
 
 
イメージ 38
禊所(みそぎじょ)を下る 
 
 
イメージ 39
吉田口ルート登山口馬返駐車場着 13:44 
深夜登山では誰とも行き会いませんでしたが、下山中は六合目泊の登山者が
続々と登ってきており駐車場も満車状態の有様にビックリ!でした。
 
 
 
 
イメージ 40
 吉田口登山道・馬返入り口「中の茶屋」 マップコード 161-062-533
 
 
 
 
イメージ 41
 馬返バス停・駐車場
 
 
 
8/31(金曜深夜)~9/1(土曜昼間)
長野発 14:00 ~ 双葉SA(昼食) ~ 河口湖IC下車 
~ コンビニ食料調達 ~ 馬返駐車場着 17:45(夕食&仮眠)
馬返駐車場発(1440M) 20:43 ~ 吉田口禊所 20:46 
~ 一合目(1520M) 20:54 ~ 二合目(1700M) 21:19 
~ 林道細尾野線終点(簡易トイレあり) 21:28 
~ 三合目(1840M)・三軒茶屋跡 21:40 ~ 四合目・大黒天 21:59 
~ 五合目・中宮 22:26  ~ 雲切不動神社 22:33 
~ 富士山山頂まで6.4km 22:36 ~ 車道歩き ~ 登山道へ再突入 22:39
~ 滝沢林道ゲート 22:44 ~ 五合目佐藤小屋(トイレ休憩・200円)22:47-54 
~ 里見平・六合目星観荘(軽食) 22:56-23:24 
~ 五合五勺・経ヶ岳 23:35 ~ 六合目(2390M)・安全指導センターで9月1日
(土曜)を迎える 23:55-00:14
 
~ 七合目(2700M)・花小屋(ランチタイム) 01:13-40
~ 日の出館 01:44 ~ 七合目トモエ館 01:51 ~ 鎌岩館 02:02 
~ 富士一館 02:09  ~ 鳥居荘 02:21 ~ 東洋館(仮眠)02:36-03:48 
~ 八合目(3040M)・太子館 04:16 ~ 蓬来館 04:26 
~ 白雲荘(御来光タイム)04:56-05:28 ~ 天拝宮・元祖室(3250M)05:35
~ 富士山ホテル第一 05:55 ~ 別館 05:56 
~ 富士山ホテル第二 05:58-06:05
~ 本八合目(3380M)・トモエ館&上江戸屋 06:07 
~ 八合五勺(3450M)・御来光館 06:20
~ 九合目(3570M)・迎久須志神社 06:43-51 
~ 吉田口R・須走口R頂上(3710M)・久須志神社 07:20
~ 時計逆回りでお鉢巡り ~ 電話タイム休憩 07:27-32 
~ 剣ヶ峰(3775.6M)通過 08:06
富士山本宮浅間大社奥宮(朝食&ゆうゆう隊と合流待ち)08:17-09:53   
~ 浅間大社奥宮発 09:53 ~ お鉢巡り ~ 須走下山道口 10:12 
~ 下江戸屋分岐点(分岐点標識注意) 10:40 ~ 緊急避難所 11:03 
~ 下山道七合目トイレ 11:12 
~ 六合目・安全指導センター 11:41 
~ 五合五勺・経ヶ岳 11:49 ~ 里見平・星観荘 11:55-12:02
~ 佐藤小屋 12:04 ~ 滝沢林道車道ゲート 12:06 
~ 富士山山頂まで
6.4km 12:11  ~ 五合目・中宮 12:19 
~ 四合五勺・御座石 12:31 ~ 四合目・大黒天 12:39
~ 三合目・三軒茶屋跡 12:56 ~ 林道細尾野線終点 13:02 
~ 二合目 13:10
  ~ 一合目 13:32 ~ 吉田口登山道禊所 13:39 
~ 馬返駐車場着 13:44  
 
 
 おしまい

  
 
 
 
RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ