小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2012年08月

8/26 白馬岳(花旅)

2012.8.26(日曜) 
アルプスレンジャー(学生時代)だった伊藤隊長と二人で
白馬岳へ行ってきました~  (^O^)v
そして、大雪渓(上)では思いがけない出会いもありました♪
 
 
 
 
 
グーグルアース白馬岳鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
 
 
白馬岳パノラマ図解/拡大&印刷可
イメージ 2
 
 
 
イメージ 13
猿倉荘前から出発(猿倉荘の対面にトイレ・水道あり・昼夜使用可) 
 
 
イメージ 24
しばしヘッデン頼りで進む 
 
 
イメージ 27
am5:00 小蓮華山に朝陽があたる 
 
 
イメージ 28
白馬尻小屋 
 
 
拡大可
イメージ 29
白馬尻小屋より白馬岳を望む 
 
 
イメージ 30
8月末ともなると大雪渓の退化も早い 
 
 
イメージ 31
アイゼンを装着して大雪渓に突入 
 
 
拡大可
イメージ 32
 
イメージ 33
2012.8.26 白馬岳・大雪渓の動画も見てくんろ♪
 
 
 
イメージ 3
雪渓の退化と横に走るクレパス等で、ここより大雪渓沿いの秋道(夏道?)歩きとなる
 
 
 
イメージ 4
アイゼンを外してひと休みしていたら、山の大先輩・F田先生と偶然の出会いがありました。
後日談:先生はここから頂上宿舎・杓子・鑓・鑓温泉経由して猿倉荘まで約10時間の
行程を6時間(猿倉荘15:30着)で歩かれたとの事、凡人と達人の違いを実感しました 。
 
 
 
イメージ 5
くたびれすぎて花(ミヤマキンポウゲ)を見ている余裕はなかったのだぁ~!  
 
 
イメージ 6
大雪渓に沿ってガレ場を登りこむ 
 
 
拡大可
イメージ 7
伊藤隊長、Goodな写真をありがとうございます♪ 
 
 
イメージ 8
7月ならここいら辺は大雪渓エリアとおもわれる 
 
 
イメージ 9
余裕をかましているけど結構へばっている爺 
 
 
 
イメージ 10
お花畑緊急避難小屋 
 
 
イメージ 11
伏流水の水場で至福のひととき♪ 
 
 
イメージ 12
お花畑/稜線上に村営頂上宿舎が見える  
 
 
イメージ 14
スイス・マッターホルンの雰囲気が・・・
 
 
イメージ 15
村営頂上宿舎 
 
 
イメージ 16
杓子方面へ向かう登山者 
 
 
イメージ 17
白馬岳と白馬山荘/唐松岳分岐点の稜線より 
 
 
イメージ 18
白馬山荘
 
 
イメージ 19
山頂が近い 
 
 
 
拡大可
イメージ 20
白馬岳山頂より 
 
 
 
イメージ 21
^ー^)人(^ー^ 
 
 
 
 
 
イメージ 22
ウルップソウシナノキンバイ(又はミヤマキンバイ) 
 
 
イメージ 23
ミヤマクワガタ 
 
 
イメージ 25
トウヤクリンドウ 
 
 
イメージ 26
ミヤマキンポウゲ と思われる・・・? 
 
 
 
8/25(土曜日)
長野発 18:45 ~ 八方のコンビニで伊藤さんと合流 
~ 猿倉駐車場(トイレ・水有り)で車中泊
8/26(日曜日)
猿倉荘登山口発 4:47 ~ 鑓温泉登山口 5:02 ~ 白馬尻小屋 5:46-55 
~ 大雪渓末端ケルン 6:07 ~ 大雪渓(下) 6:21-28 
~ 大雪渓(上) 7:15-30 ~ 岩室 8:06-19 
~ 葱平(ねぶかっぴら) 8:37 ~ 途中休憩 8:55-9:15 
~ 緊急避難小屋 9:27 ~ 水場 9:38-44 ~ お花畑 9:50
~ 国有林看板(標高2553M) 9:58 ~ 村営頂上宿舎 10:27-34 
~ 唐松岳分岐(稜線) 10:37 ~ 白馬山荘 10:55-58 
~ 白馬岳山頂着 11:15-58(昼食)
白馬岳山頂発 11:58 ~ 白馬山荘 12:10-26 
~ 村営頂上宿舎 12:48-13:00 
~ 国有林看板(標高2553M) 13:21 
~ お花畑 13:28 ~ 水場 13:32-36 
~ 緊急避難小屋 13:42 
~ 途中休憩 14:07-24 ~ 岩室 14:28 ~ 大雪渓(上) 14:49
~ 大雪渓(下) 15:16 ~ 大雪渓末端ケルン 15:29 
~ 白馬尻小屋 15:38-47 
~ 鑓温泉登山口 16:22 
~ 猿倉荘登山口(駐車場)着 16:32
  
 
 

8/12 四阿山(花旅)&的岩(天然記念物)

2012.8.12(日曜) ブロ友の「ゆうゆう隊」「カブさん」の4人で四阿山へ
同メンバーで企画された6月9日の乾徳山が雨で中止(長野組は翌日の
10日に順延し決行)に・・・(ToT)
そして今回の天気予報もイマイチ芳しくなく五分五分の状態だったが、
早朝から登り昼過ぎに下山できればギリセーフと踏んだ強行突破が幸いして
ご覧のような花旅を楽しむ事ができました。 (*^▽^*)
ゆうゆうさん、ゆみっこさん、カブさん、千葉から3時間30分の長旅で
我が故郷の山「四阿山」までお越しいただきありがとうございました♪
 
 
 
 
 
 
 
拡大可
イメージ 1
鳥居峠標高 1360M 標高差 994M 総歩行距離 13742M 
 
 
天然記念物・的岩/拡大可
イメージ 2
 
 
 
鳥居峠由来
イメージ 13
 
 
 
 
 
イメージ 24
下山口の鳥居峠に車をデポ後、菅平牧場管理事務所登山口(トイレ有)から四阿山へ向かう。 
赤矢印=根子岳経由・四阿山へ 青矢印=中四阿経由・四阿山へ 入山管理費1名200円
 
 
イメージ 30
四阿山登山口 
 
 
イメージ 31
大明神沢を渡る 
 
 
イメージ 32
森林限界にでるまで蒸し暑~い!樹林帯歩きが続く 
 
 
 
イメージ 33
四阿山まであと2.8㌔ ファイト~!!  
 
 
 
イメージ 34
イブキジャコウソウ
 
 
イメージ 35
ゆうゆうさんは四阿山を撮しているのかな~?
ちなみに写真中央は根子岳だよ~♪ 
 
 
拡大可
イメージ 3
一枚上の写真、ゆうゆうさんの立ち位置からはこんな感じに見えま~す♪
 二つ目のコブが中四阿(2106M・標柱なし)、右奥が目指す四阿山(2354M)
 
 
 
イメージ 4
中四阿と四阿山の鞍部 
 
 
イメージ 5
鞍部を上り返せば根子岳分岐点(休憩適地)に到着 /初顔合わせのカブさんと固い握手
 
 
イメージ 6
非常口マーク? ひょうきんなゆうゆうさんでした (*^o^*) 
右側に立つ標柱地点が下山時利用の鳥居峠分岐点です。
 
 
 
イメージ 7
山頂付近には長野県側の祠・群馬県側の祠が祀られています 
 
 
イメージ 8
四阿山(あずまやさん)山頂 2354M 
 
 
イメージ 9
ガスで山頂からの展望はイマイチだったが雨にならなかっただけ良しとしておこう・・・ 
 
 
 
的岩・鳥居峠下山編
 
 
イメージ 10
関東最高地点の湧水と聞けば行くっきゃないね (*^o^*) 
 
 
イメージ 11
メチャ冷たく美味!! 赤っぽい石があるので鉄分を含んでいるのかも・・・
↑ゆうゆうさんは今晩の水割り用にお持ち帰りです♪ 
 
 
 
イメージ 12
汗を拭き拭き樹林帯を下ると、↓こんなお花畑に出ますよ~♪
 
 
イメージ 14
花畑を写真で表せないのが残念です (ToT) 
 
 
イメージ 15
タテヤマウツボグサ 
 
 
イメージ 16
マツムシソウ 
 
 
拡大可
イメージ 17
タチフウロ(ピンク) ウスユキソウ(白) 
 
 
イメージ 18
こんな風景が大好きな管理人♪ 
 
 
イメージ 19
鳥居峠~四阿山にかけて多数の石祠がみられます。 
 
 
イメージ 20
花童子(げどうじ)ルート分岐点(東屋あり) 
 
 
 
的岩伝説
的岩を発見した源頼朝は、屈な的岩であるというので武を練る心から
弓矢の力を試すことにした。
狩場に集まった1万人の中から弓矢達者100人を選ばせ的岩に10個の的を作らせ
各々その技量を揮わせた。しかし、どうしたのか誰も的を射抜くものがない。
そればかりか矢は的に届かないうちに落ちてしまう。
大将頼朝は頗る不機嫌であった。
そこへ1人の勢子が現れて、自分なら握り飯で的を射抜いてみせると広言を吐いた。
頼朝はその勢子に向かい、「早速言う如くせよ。若し的を抜くことができたら
恩賞を取らせるであろう」といった。
勢子は背負袋から握り飯を取り出して右手にそれをつかみ、心の中で何か呪文を
唱えてから身構え的に向かって勢い良く投げつけた。
握り飯は的に当たっただけでなく、その余る勢いに厚い岩を貫いて岩の破片が
火花をあげて四方へ散った。
的岩には2メートルにも余る大穴があいて信州の方の空が青く見えた。
驚いていると、その勢子は雲に乗って吾妻山の峰に走った。
頼朝は、これは吾妻山の山霊が勢子に化身して我の武を奨め給うたのであろうと、
祭壇をもうけて鏑矢を供え武運長久を祈ったという。
 
 
 
 
イメージ 21
藪漕ぎしながら的岩の長さを実体験 (^▽^) 
 
 
拡大可
 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
南側の一番低い場所から的岩に取り付く 
 
 
イメージ 25
前夜の雨で岩肌が滑りやすくなっていたため途中撤退しましたが、
次回はお助けロープ持参で北側から登りましょう♪ 
 
 
 
 
 
的岩の全貌(2002年撮影)
 
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
 
イメージ 29
 
 
おしまい 
 
 
鳥居峠集合車デポ 5:30 ~ 菅平牧場登山口駐車場(入山管理費1名200円) 6:00
登山口発 6:25 ~ 四阿山登山口 6:31 ~ 大明神沢 6:44 
~ 途中休憩その1 7:16-21  ~ 四阿山マデ2.8㌔標柱 7:32 
~ 途中休憩その2 7:57-8:08 ~ 中四阿(標柱なし) 8:20
~ 鞍部 8:25 ~ 根子岳分岐点(休憩適地) 8:55 ~ 鳥居峠分岐点 9:04 
~ 四阿山山頂着 9:13-10:07(昼食)
四阿山発 10:07 ~ 鳥居峠分岐点 10:10 ~ 嬬恋清水標柱 10:20 
~ 嬬恋清水 10:23-27 
~ 嬬恋清水標柱 10:31 
~ 花童子R分岐点(東屋あり) 11:08-15 ~ 的岩 11:38-12:37
~ 林道終点駐車場(期間限定) 12:56 ~ 鳥居峠着 13:35   
 
 
 

8/5 月山

2012.8.5(日曜)月山(がっさん)
7月の三連休に蔵王・南蔵王縦走&月山を歩く予定だったが大雨で月山を断念!
以後何回か月山の単独行を試みるが、またまた天気に見放されチョン!
そんな経緯を知る伊藤さんから「夏休み子供を秋田の実家に連れて行くので
帰りに合流して月山に登りませんか?」
とありがたいお誘いをいただき夫婦で
月山を楽しんできました。
 
 
 
グーグルアース鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
八合目駐車場標高・1390M  標高差・594M  総歩行距離・12765M 
 
月山パノラマ図解/拡大可
イメージ 35
 
 
 
イメージ 2
8/4(土曜)月山高原ライン終点・月山八合目駐車場(約120台) 
イメージ 37
マップコード 902-302-133
 
 
 
イメージ 12
前回計画時と同じ鶴岡市「道の駅・庄内みかわ」で車中泊を予定するも
暑さに耐えられず八合目駐車場に変更
 
 
イメージ 23
水洗トイレ(協力金100円)は24時間使用可
トイレ横とレストハウス横に自動販売機あり 
 
 
イメージ 29
夕陽を眺めながら宴会バージョンに突入♪ 
 
 
イメージ 30
線香花火の玉 が落ちる~~~~(*^o^*) 
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
8/5(日曜・八合目車中泊ならではの贅沢な話)
窓を開けて寝ていたら寒さでおもわず眼が覚めてしまったという伊藤さん
 
 
イメージ 32
管理人は早朝3時着の観光バスによる大声点呼で眼が覚めてしまいました(怒)
 
   
 
イメージ 33
レストハウス入り口にて/行者さんが首にかける房かな・・・? 
 
 
イメージ 34
登山口では右回りルートと「月山中ノ宮」を経由する左回りルートがありますが、
本宮(奥宮)へ行く場合は途中の宮を素通りしてはいけないことを知り左ルートを選択 
 
 
イメージ 3
弥陀ヶ原(みだがはら)湿原の木道を歩く 
 
 
イメージ 4
月山中ノ宮/山行の安全を祈願 
 
 
イメージ 5
なで兎/信州善光寺のおびんずるさんと同じかな・・・ 
「おびんずるさん」はネットで検索してチョーヨ♪ 
 
イメージ 6
あれが山頂かな~?
稜線の長~い山はフェイントがあるので要注意だぜぇ~~(^0^;) 
 
 
 
 
イメージ 36
手を伸ばした頭上では爽やかな風が・・・
しかぁ~~シ!!!      
 

イメージ 28
月山中ノ宮と弥陀ヶ原(みだがはら)湿原を望む 
 
 
イメージ 7
涼しそうに見えるが、ここでも蒸し!蒸し!の字が躍っているよ(笑) 
 
 
イメージ 8
細井夫妻がいたら雪渓で   かな~♪
 
 
イメージ 9
ミヤマリンドウ 
 
 
イメージ 10
ミヤマリンドウ
 
 
 
イメージ 11
たたみ石を歩く
 
 
イメージ 13
月山九合目・仏生池小屋 
 
 
イメージ 14
仏生池小屋・ 真名井神社
 
 
イメージ 15
 
 
仏生池小屋で購入 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
イメージ 17
オモワシ山を通過(前方手前の坂が行者返し・右奥が月山山頂)
 
 
イメージ 18
行者返し・来名戸神社 
 
 
イメージ 19
モックラ坂を通過し木道地帯へ 
 
 
イメージ 20
月山神社本宮へ最後のひと登り 
 
 
イメージ 21
この界隈もお花畑になっており、あちらこちらで撮影タイム (^O^)v 
 
 
イメージ 22
月山神社本宮へラストスパート!
 
 
イメージ 24
月山山頂・ 月山神社本宮 1984M 神社内は撮影禁止
 
 
イメージ 25
お祓い(500円)をうけてから参拝し出口では御神酒も・・・♪ 
 
 
拡大可
イメージ 26
芭蕉句碑の横で姥ヶ岳と月山ペアリフト山頂駅を眺めながら昼食タイム 
 
 
 
下山編/拡大可
イメージ 27
弥陀ヶ原(みだがはら)湿原・いろは四十八沼遊歩道を散策 
 
 
 
8/4(土曜)
長野発 10:00 ~ 日本海東北自動車道・朝日まほろばIC下車
~ 鶴岡物産館 14:30(昼食・伊藤さんと合流) 
~ 道の駅・庄内みかわ(入浴タイム) 16:40 
~ コンビニで翌日食料と宴会ビール調達 ~ 月山八合目駐車場着 18:19
(道の駅から八合目までの実所要時間は約70分)  宴会?後 車中泊
8/5(日曜)
八合目P発 5:57 ~ 二又の登山口(月山案内板) 6:01 
~ 月山中ノ宮 6:09-12 
~ 弥陀ヶ原分岐(上) 6:19 
~ 無量塚 6:21 ~ 途中休憩 7:07-20 ~ たたみ石 7:33
~ 九合目・仏生池小屋 7:49-56 ~ オモワシ山 8:06 
~ 行者返し・来名戸神社 8:26 
月山神社本宮 9:10-20 
~ 頂上小屋 9:22 ~ 芭蕉句碑 9:27-51(昼食)
芭蕉句碑発 9:51 ~ 頂上小屋 9:54 ~ 月山神社本宮 9:56-58 
~ 行者返し・来名戸神社 10:30 
~ 九合目・仏生池小屋 10:51-11:01 
~ 無量塚 11:57 ~ 弥陀ヶ原分岐(上) 11:59
~ 弥陀ヶ原湿原・いろは四十八池めぐり ~ 月山中ノ宮 12:25 
~ 二又の登山口(月山案内板) 12:32 
~ 八合目駐車場着 12:39 
 
立ち寄り温泉情報
やまぶし温泉ゆぽか 0235-62-4855 泉質満足度 ☆


 
RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ