小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2012年05月

5/27 だるま山キャンプ・修善寺・沼津市場・忍野八海

2012.5.26
毛無山~十二ヶ岳~鬼ヶ岳 下山後、伊豆・だるま山にてキャンプ
2012.5.27
だるま山キャンプ・修善寺・沼津市場・忍野八海 散策
 
 
管理人イチ押し! だるま山オートキャンプ場 ・1区画 3500円
イメージ 1
 
管理人は道子の運転で楽ちんだったけど・・・ 
二人は十二ヶ岳下山後、ここまで2時間のドライブお疲れ様でした。  
イメージ 2
 
 
バーベキュー奉行の細井さん 
イメージ 13
 
 
 焦がさないようにヨロシク!
イメージ 24
 
 
ファイヤースタンドもフル活用・・・  (美味そう ♪)
イメージ 26
 
 
ひらさんは な~んもせず食べる人(笑)
イメージ 27
 
 
 ↓爺の足                       コック長の道子(家内)↓
イメージ 28
 
 
一区画が広いので、山テントだとこんなに空きスペースが・・・ 
イメージ 29
 
 
ほぼ満杯のオートキャンプスペース 
イメージ 30
 
 
 
駿河湾越しに富士山を眺められ展望抜群のキャンプ場
イメージ 31
 
 
早朝の修善寺 
イメージ 3
 
 
独鈷の湯  
これ↓本当は×××だけど早朝だったのでお許しを・・  (゜゜)(。。)ペコッイメージ 4
 
 
これは正真正銘「足湯」 (*^^)v 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 タケノコの道 あっ間違えた! 「竹の小径」が正解
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
修善寺 
イメージ 12
 
 
 
管理人お決まりコース 丸天で朝食♪ 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
イメージ 19
 
 
 
忍野八海(おしのはっかい)
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
双葉SAからも節刀ヶ岳と鬼ヶ岳を視認できる
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/26 毛無山~十二ヶ岳~節刀ヶ岳~鬼ヶ岳~雪頭ヶ岳 花旅

2012.5.26
毛無山~十二ヶ岳~節刀ヶ岳~鬼ヶ岳~雪頭ヶ岳 花旅 
 
前回の山行では富士山を楽しむことができなかったので
今回の再チャレンジとなりました。 (*^o^*)
  
  
 
 
 
 
 
毛無山~鬼ヶ岳 GPS軌跡・グーグルアース鳥瞰図
イメージ 1
 
 
毛無山からのパノラマ図解
イメージ 2
(注)毛無山から360°展望は不可
 
 
毛無山登山口(トイレ無し)
イメージ 13
イメージ 27
毛無山登山口駐車場
マップコード 59-025-211
 
 
一本道の急登が毛無山まで続く 
イメージ 24
 
 
毛無山山頂 1500.1m
イメージ 29
 
 
 
毛無山より富士山・河口湖・五湖台・西湖を望む
イメージ 30
 
 
イカリソウ/獲物を狙う深海魚軍団みたい・・・
イメージ 31
 
 
三ヶ岳 
イメージ 32
 
 
素晴らしい展望で再訪した甲斐がありました (^O^)v 
イメージ 33
 
 
第2の目的「コイワザクラ」にも会えました♪
イメージ 34
 
 
十ヶ岳を通過後の上りロープ地点 
イメージ 3
 
 
十一ヶ岳(指に注目)
イメージ 4
 
 
本日のハイライトシーン・その1 吊り橋への下りロープ 
イメージ 5
 
 
本日のハイライトシーン・その2 吊り橋
イメージ 6
 
 
コイワザクラ群生 
イメージ 7
 
 
 
本日のハイライトシーン・その3 吊り橋上部の露岩地帯 
イメージ 8
 
 
十二ヶ岳・みんな良い顔をしていますね (*^o^*)
イメージ 9
 
 
この景色に笑みがこぼれます (*^^)v
イメージ 10
 
 
金山へ向けて露岩地帯を下る 
イメージ 11
 
 
山梨百名山・節刀ヶ岳 1736.4M 
イメージ 12
 
 
節刀ヶ岳下山中に1回目の「こむら返り」に・・・
前兆があれば対処も可能だが、突然の奴には七転八倒しながら痛みが
引けるのをジッと我慢するしかないのが辛い!! 
伊藤さん、細井さん、心配いただきありがとうございました。
 
 
鬼ヶ岳・1738M /南アルプス大展望地
イメージ 14
 
 
鬼ヶ岳の名物? アルミ梯子を降りる 
イメージ 15
 
 
コイワザクラ 
イメージ 16
 
 
コイワザクラ 
イメージ 17
 
 
 
雪頭ヶ岳/残念ながら富士山は雲の中 
イメージ 18
 
 
根場地籍に向けて広葉樹林帯を下る 
イメージ 19
 
 
ミツバツツジ 
イメージ 20
 
 
ミツバツツジ撮影中の管理人 
イメージ 21
 
 
間伐が進み前回山行時より明るくなった針葉樹林帯 
イメージ 22
 
 
砂防堰堤下の登山口
砂防堰堤横で2回目の「こむら返り」に・・・
イメージ 23
 
 
5分程で痛みが和らぎ根場駐車場(トイレ有り)に到着 
イメージ 25
イメージ 26
根場駐車場(トイレ有り)
マップコード 689-574-719
 
 
 
5/25
長野発 21:30 ~ 双葉SA(休憩) ~ 根場駐車場着 00:25(仮眠) ~5時起床
5/26
毛無山登山口発 5:54 ~ 五湖台分岐 5:59 ~ 忠魂碑 6:02-05 
~ 長浜R分岐(下) 6:16  ~ 標高1247mで休憩 6:42-49 
~ 長浜分岐(上) 7:02 ~ ススキ原 7:21 ~ 毛無山 7:32-45
~ 一ヶ岳 7:49 ~ 二ヶ岳 7:53 ~ 三ヶ岳 7:56 ~ 四ヶ岳 8:03 
~ 五ヶ岳 8:12 ~ 六ヶ岳 8:18  ~ 七ヶ岳 8:21 ~ 八ヶ岳 8:27 
~ 九ヶ岳 8:30 ~ 十ヶ岳 8:39 ~ 十一ヶ岳 8:50-9:03
~ 吊り橋 9:08-16 ~ 桑留尾(くわるび)分岐 9:37 
十二ヶ岳 9:39-55  ~ 鉄梯子 10:06 ~ 金山 11:35 
節刀ヶ岳 10:44-11:13 足攣り休憩 10分 ~ 金山 11:35
鬼ヶ岳 11:57-12:05
~ アルミ梯子 12:06 ~ 雪頭ヶ岳 12:21 
足攣り休憩 5分
 砂防堰堤下部登山口 13:36
~ 車道歩き ~ 根場駐車場着 13:51
(注)上記行程表は風景&花撮影合計タイム30分~40分を含んでいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3/26 伊豆・だるま山 オートキャンプ場
3/27 伊豆・修善寺&沼津市場 山梨県・忍野八海 へ続く
 
イメージ 28
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/19 大山(江戸時代・庶民信仰の山)

2012.5.19
この大山山頂から金環日食を見る予定だったが、日食北限界線(塩尻市)ではベイリー・ビーズと呼ばれる
珍しい現象を見られるかもとの事なのでそちらを優先し、21日予定を前倒しで神奈川県伊勢原市の大山へ行ってきました。
補足/NHK時代劇「陽炎の辻」で江戸庶民信仰の山として「大山詣で」が盛んだった事を知る。
 
山岳信仰・ウィキペディアフリー百科事典より抜粋 
富士山のような三角形の美しい山容から、古くから庶民の山岳信仰の対象とされた(大山信仰)。信仰登山は宝暦年間(1751年 - 1764年)から行われ、大山と呼ばれた。各地から通じる道は「大山道」と呼ばれた。この名は現在の国道246号の別称「大山街道」などとして残っている。江戸の庶民にとっては、大山詣と江ノ島詣のセットが娯楽の一つでもあった。古典落語の演題にも「大山詣り」がある。
山頂に阿夫利神社本社、中腹に阿夫利神社下社、大山寺が建っている。大山は別名を「阿夫利(あふり)山」、「雨降(あふ)り山」ともいい、農耕民にとっては大山および阿夫利神社は雨乞いの神として信仰を集めた。
 
 
 
5/23 ホームページ「山岳信仰の山・大山」をアップしました。
 
 
 
グーグルアース鳥瞰図&GPS軌跡
イメージ 1
 
 
 
大山からのパノラマ図解
イメージ 2
(注)360°展望不可
 
 
伊勢原市営・大山第2駐車場(第1駐車場は500M程下にある)
終日600円 (トイレ・水あり)
イメージ 12
イメージ 20
大山第2駐車場 マップコード 15-600-487
 
 
 
コマ参道入り口(土産店通り)
イメージ 21
 
 
 
コマ参道入り口(土産店通り)
イメージ 22
 
 
 
男坂・女坂分岐点/女坂の七不思議を辿る
イメージ 23
 
 
 
女坂七不思議その2・子育て地蔵
イメージ 24
 
 
 
大山寺への石段
イメージ 25
 
 
 
大山寺
イメージ 26
 
 
 
女坂七不思議その7・眼形石
イメージ 3
 
 
 
上っても!上っても! ふぅ~ 
この石段は何処まで続くんだろう?  (;゜ロ゜)
イメージ 4
地元の人いわく、女坂は約1500段・男坂は約2000段との事で女坂から上り男坂を下りるのがオススメらしい♪ 
 
 
阿夫利神社下社(ケーブルカー終点駅)
イメージ 5
 
 
 
阿夫利神社下社登山口(奥の院参道入り口)
イメージ 6
日光男体山の登山口もこんな感じだった・・・
 
 
あせらずユックリ登りましょう~♪
イメージ 7
 
 
 
富士見台(二十丁目石柱)
イメージ 8
 
 
 
富士見台より/拡大可
イメージ 9
 
 
 
あとチョットで山頂だよ~♪
イメージ 10
 
 
 
阿夫利神社・奥の院(大山山頂)
イメージ 11
 
 
 
大山山頂
イメージ 13
 
 
 
グーグルアースに記載した山頂トイレ裏に建つアンテナ群
イメージ 14
 
 
 
山頂トイレ裏の富士山展望適地/拡大可
イメージ 15
大山北尾根ルート側にある
 
 
富士山展望適地より
イメージ 16
 
 
 
 
拡大可
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
こんな可愛い山ガールも・・・・
イメージ 19
下山中に撮影・掲載許諾済
 
 
 
お土産店で購入・350円
イメージ 18
 
 
おしまい
 
 
5/18(金曜日) 長野発 21:37 ~ 三好PA 24:00(仮眠)
5/19(土曜日) 三好PA発 4:10 ~ コンビニで朝食 ~ 大山市営第2駐車場着 6:18
 
駐車場発 6:45 ~ コマ参道入り口 6:47 ~ ケーブルカー駅入り口 6:59 
~ 男坂・女坂分岐点(下) 7:01 ~ 女坂七不思議その一 7:11 ~ その二 7:13 ~ その三 7:15
~ その四 7:18 ~ 龍神堂 7:20 ~ 大山寺 7:24-27 ~ 女坂七不思議その五 7:29
~ その六 7:30 ~ その七 7:34 ~ 男坂・女坂分岐点(上) 7:48 ~ 阿夫利神社下社 7:56-8:06
~ 夫婦杉 8:22 ~ 牡丹岩 8:46 ~ 天狗の鼻突き岩 8:50 ~ 十六丁目追分の碑 8:52-9:02
~ 十九丁目石柱(ベンチ) 9:09 ~ 富士見台(二十丁目石柱) 9:14-17 
~ 大山マデ0.6㌔(ベンチ) 9:23 二十七丁目石柱(鳥居) 9:42-45 ~ 二十八丁目石柱(鳥居) 9:47
大山山頂・阿夫利神社奥の院 9:49-10:27
大山山頂発 10:27 ~ 大山の肩 10:38 ~ 広沢寺温泉分岐点 10:41 ~ 見晴台 11:23-28
~ 二重社(二重之滝) 11:46-50 ~ 男坂・女坂分岐点(上) 11:58 ~ 男坂を降りる ~ 
男坂・女坂分岐点(下) 12:20 ~ 駐車場着 12:42
 
 
広沢温泉・七沢荘 046-248-0236 入浴料 1000円 強アルカリ性温泉(メタホウ酸)
管理人温泉満足度☆☆☆
   
 
 

5/13 善光寺古道でイワウチワ花旅

2012.5.13
群馬県から「だんべえさんご夫妻」「シゲさんご夫妻」、埼玉県から「abeちゃん」をお迎えして善光寺古道(イワウチワ花旅)を歩いてきました。
 
TOPシーズンならば一目100万本ならぬ「ひと歩き100万本」の大群生地だが、
今回も開花時期を読み切れず僅かに咲き残っていた花の寄せ集め特集に・・・
(ToT)
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 2
 
 
五竜岳
イメージ 13
 
 
 
 
寄せ集めイワウチワ特集
花の形や色の違いをお楽しみ下さい♪
イメージ 24
 
 
 
イメージ 30
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
イメージ 33
 
 
 
イメージ 34
 
 
一面イワウチワの花!花!花!のはずなんですが時すでに遅かりし・・・
イメージ 35
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 だんべえさん 撮影中
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
蕾一輪 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
イメージ 15
 
 
イワウチワ群生・宴の後は何も残らず・・・(ToT)
イメージ 16
 
 
だんべえさん G12で撮影中 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
イメージ 19
 
 
シゲさん デジイチで撮影中 
イメージ 20
 
 
↑ こんな感じで撮れたのかな~?  ↓同じ場所で撮してみました(^▽^)
イメージ 21
 
 
 
イメージ 22
 
 
拡大可
イメージ 23
 
 
柄山峠
イメージ 25
 
 
風にそよぐタムシバ
イメージ 26
 
 
 
イメージ 27
 
 
 
イメージ 28
 
 
サンカヨウ
イメージ 29
 
 
 
おしまい
 
 
 
だんべえさん・HP
「善光寺古道・柄山峠」
 
 
abeちゃん・HP
「善光寺古道歩き」
 

5/12 美ヶ原(日本百名山) 雪のオマケ付き

2012.5.12
美ヶ原(日本百名山) 雪のオマケまで付いたものの後半は・・・♪
 
 
長野に住んでいるとついつい車で出かけてしまい、登山対象としては近くて遠い山でしたが、伊藤さんにお付き合いいただき百曲りコースから烏帽子岩・王ヶ頭・王ヶ鼻を経由して石切場へ降りる周遊ルートで「日本百名山・美ヶ原」を堪能してきました♪
 
 
 
 
グーグルアース鳥瞰図(ピンク線・GPS軌跡)
イメージ 1
 
 
王ヶ頭(2034M)からのパノラマ図解
イメージ 2
 
 
三城(さんじろ)いこいの広場
登山者専用駐車場はトイレ横から矢印方向へ下る 
イメージ 13
 
イメージ 26
三城いこいの広場・登山者専用駐車場 マップコード 75-747-620
 
 
 
美ヶ原高原案内
イメージ 19
 
 
百曲りコース・登山口 
イメージ 20
 
 
いこいの広場キャンプ場内を抜けたあとは沢沿いに登り込む 
イメージ 21
 
 
広小場/茶臼山コースの分岐点も兼ねる 
イメージ 22
 
 
美ヶ原特有の火山石が敷きつめられており歩きやすい 
イメージ 23
 
 
茶臼山からの稜線上には白いものが・・・☃ 
イメージ 24
 
 
ひょえ~、塩くれ場間近で雪が降り出した!! 
イメージ 25
 
 
季節外れのクリスマスツリー? 
イメージ 3
 
 
烏帽子岩にて
イメージ 4
 
 
な~んも見えん (ToT) 
イメージ 5
 
 
無事、山頂に着きました♪ 
日本百名山を一番多く見られる場所としても有名だがこの天気ではね~(ToT)
イメージ 6
 
 
下から担ぎ上げた昼弁は夕飯に早変わり・・・(笑)
温か~い山菜そば&山菜うどん・ランチタイム♪ 
イメージ 7
↑王ヶ頭ホテルで時間調整した甲斐があって↓
 
 
360°大パノラマとはいかないまでも上空は青空に♪ 
イメージ 8
 
 
ルンルン♪気分で王ヶ鼻を目指す 
イメージ 9
 
 
霧氷
イメージ 10
伊藤さん撮影 
 
 
王ヶ鼻・全景(2008M) 
イメージ 11
 
 
王ヶ鼻 
イメージ 12
 
 
 
 王ヶ鼻にて
 
イメージ 14
 
 
八丁だるみコースで石切場まで下る 
イメージ 15
 
 
八丁ダルミ登山口にある「桜清水茶屋」に出たら左折して三城いこいの広場まで車道を歩く 
イメージ 16
 
 
カモシカ君がお出迎え (^O^)v 
イメージ 17
 
 
三城いこいの広場まで車道を歩く 
イメージ 18
 
 
長野IC発 7:15  ~ 松本IC下車 ~ 三城いこいの広場前・登山者駐車場着 8:45
百曲りコース登山口発 9:01 ~ 塩くれ場マデ3.0㌔ 9:13 
~ 県民の森入り口 9:23 ~ 広小場(塩くれ場マデ2.2㌔) 9:34 
~ 塩くれ場マデ1.6㌔ 9:54 ~ 10:00-15(休憩) 
~ 塩くれ場マデ1㌔ 10:28  ~ 塩くれ場近道指導標 10:39 
~ 王ヶ頭分岐点 10:50 ~ 王ヶ頭マデ1.3㌔ 11:09 
~ 烏帽子岩 11:12-16 ~ 王ヶ頭マデ1㌔ 11:19 
~ ダテ河原コース分岐点 11:37 ~ 王ヶ頭 11:44 
~ 王ヶ頭ホテル 11:52-13:00(昼食)
王ヶ頭ホテル発 13:00 ~ 王ヶ鼻マデ 0.7㌔ 13:08 
王ヶ鼻 13:21-39 
~ 石切場マデ2.1㌔ 13:49 
~ 石切場マデ1.5㌔ 14:03 ~ 石切場マデ0.4㌔ 14:27
~ オートキャンプ場内通過 ~ 八丁ダルミ登山口(桜清水茶屋) 14:35-40 
~ 車道歩き
~ ダテ河原登山口 15:09 ~ 車道歩き
~ 三城いこいの広場前・登山者駐車場着 15:22
 
(注)上記○○マデ○○㌔表示は全て指導標表記によります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/9 ベランダの花

ホームページアップが遅れに遅れている最中になんですが・・・(^0^;)
 
プランター&鉢植えの花達が咲いてくれました♪
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
紫陽花は間もなくでしょうか・・・
イメージ 7
 
 
日本桜草
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
日本桜草
イメージ 11
 
 
昔は田舎の庭先で沢山咲いていましたが・・・
イメージ 12
 
 
 
イメージ 3
 
 
行きつけの喫茶&レストランの奥様から頂いた白バラの挿し木も蕾を持ちました♪
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

5/5 烏帽子岳・花旅(群馬県南牧村)

2012.5.5
烏帽子岳・アカヤシオ花旅(群馬県南牧村)、天狗岩登山口(上野村)より入山
 
 
GW後半は2泊3日車中泊で佐渡の山へ出かける予定だったが
天気予報が芳しく無かったので中止 (ToT)
家でゴロ寝では顔にカビが発生してしまうので・・・(意味不明?)
アカヤシオを求めて烏帽子岳(単独行)へ行ってきました。 
 
 
なんと!なんと!
神奈川のネット仲間milkさんも同日同ルートで歩かれていました♪
 
 

 
 
烏帽子岳MAP・グーグルアース
イメージ 1
 
 
シラケ山・烏帽子岳・マル・天狗岩 高低図(GPS計測値で表示)
イメージ 21
 
 
 
 
AM 8:15  天狗岩入り口登山口駐車場(簡易トイレ有)は満杯イメージ 2
 
イメージ 22
天狗岩入り口登山口駐車場マップコード 665-701-828 
 
 
 
↓しかたなく路上駐車で出発(青矢印=登山口) 
イメージ 13
下段にコメントをいただいた「かず」さんの天狗岩・シラケ山 編へ 
 
 
清流に沿って上り込む 
イメージ 14
 
 
避難小屋(分岐点) 
イメージ 15
 
 
シラケ山の岩頭部へ 
イメージ 16
掲載許諾済 
 
 シラケ山の岩頭部
イメージ 17
 掲載許諾済
 
アカヤシオがお出迎え♪ 
イメージ 18
 
 
烏帽子岳方面の横道分岐までスリリングな岩稜歩きとなる(^O^)v 
イメージ 19
 掲載許諾済
 
岩稜歩き 
イメージ 20
 
 
アカヤシオ 
イメージ 3
 
 
 岩稜歩き/仲間がいればもっとスリリングな写真を撮れたのだが・・・
イメージ 4
 
 
烏帽子岳方面横道分岐で管理人を待っていてくれた山友なんちゃん
イメージ 5
ここでお別れしたなんちゃんは上野村の笠丸山 へ向かいました。
 
 
烏帽子岳への急登 
イメージ 6
 
 
浅間山を筆頭に360°大パノラマの烏帽子岳 
イメージ 7
 
 
アカヤシオ
イメージ 8
 
 
アカヤシオ 
イメージ 9
 
 
天狗岩(ここの展望はイマイチなので展望台へ向かう) 
イメージ 10
 
 
アカヤシオ 
イメージ 11
 
 
天狗岩から3分程の場所にある展望台 
イメージ 12
 
 
シラケ山・烏帽子岳方面(天狗岩展望台より)
イメージ 23
 
 
 
 
ニリンソウ群生地を経由して下山
 
おしまい
 
 
長野発 6:00 ~ 下仁田IC下車・湯の沢トンネル経由 ~  天狗岩登山口P着 8:15
天狗岩登山口発 8:26 ~ 鉄橋 8:34 ~ 避難小屋(分岐点) 8:47 
~ おこもり岩分岐 9:05  ~ シラケ山 9:27 ~ 痩せ岩稜歩き
~ 烏帽子岳側横道分岐点 10:21-36 ~ マル分岐(東) 10:38
~ マル分岐(西) 10:41 ~ 烏帽子岳 10:47-11:07 
マル分岐(西) 11:13 ~ マル 11:21
マル分岐(東) 11:29 ~ 横道分岐点 11:33 ~ 横道歩き 
天狗岩&天狗岩展望台 12:14-31
~ ニリンソウ群生地&水場 12:42 ~ 避難小屋(分岐点) 12:53 
~ 鉄橋 13:08 ~ 駐車場着 13:13
 

4/29 天城山(日本百名山)

2012.4.29 天城山(日本百名山)
去年、石楠花を求めて出かけましたが豪雨で登れなかったので今回の再訪となりました。
 
 
 
山頂標高の怪?
万二郎岳・案内板標高 1299M
万二郎岳・ピンバッジ標高 1294M
万二郎岳・登山地図標高 1300M
万二郎岳・山頂標柱標高 1320M
~~~~~~~~~~~~~~~~~
万三郎岳・案内板標高 1405.3M
万三郎岳・ピンバッジ標高 1406M
万三郎岳・登山地図標高 1405.6M
万三郎岳・山頂標柱標高 1406M
~~~~~~~~~~~~~~~~~
万三郎は許容範囲内だが万二郎は極端に違いすぎてチョットね~! 
 
 
 
天城山(万二郎岳・万三郎岳)
イメージ 1
 
 
 
 
GPSデータによる高低図
イメージ 2
 
 
天城高原ゴルフコース・登山者専用駐車場(約88台・トイレ・水あり)
イメージ 22
 
イメージ 13
天城山登山者専用駐車場・マップコード 488-423-246
 
 
 
天城山登山口 
イメージ 25
 
 
道迷いの心配がない案内板 
イメージ 26
 
 
馬酔木(アセビ)の森 
イメージ 27
 
 
 
まんじろう岳は間違いで「ばんじろう岳」でした
イメージ 28
 
 
岩ゴロ道もあるがトータルでは歩きやすい登山道が続く 
イメージ 29
 
 
万二郎岳(ばんじろうだけ)  
イメージ 30
 
 
馬の背の奧に万三郎を望む /富士山展望の岩場より
イメージ 3
 
 
富士山展望の岩場より
イメージ 4
 
 
なにをやっているんだか~、歳を考えて行動しなさいよ! 《陰の声》 
イメージ 5
 
 
この岩の上も見晴らしが良いよ 
イメージ 6
 
 
馬酔木(アセビ)のトンネル 
イメージ 7
 
 
木の生命力を感じる根っ子道 
イメージ 8
 
 
万三郎岳 
イメージ 9
 
 
天城山の中腹巻き道で下山
イメージ 10
 
 
「ホテルハーヴェスト天城高原」でピンを購入 TEL 0557-29-1155 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 12
 
 
天城山駐車場・登山口発 7:46 ~ 砂防堰堤 7:50 ~ 四辻 8:04 
~ 万三郎岳まで3.4㌔ 8:13  ~  万三郎岳まで3㌔ 8:24 
~ 万三郎岳まで2.5㌔ 8:35 ~ 万二郎岳(1299M) 8:48-54
~ 富士山展望岩場 8:59 ~ 万三郎岳まで1.7㌔ 9:09 ~ 馬の背(1325M) 
~ アセビのトンネル 9:20  ~ 石楠立(ハナダテ) 9:34 
~ 万三郎岳まで0.2㌔ 9:58 ~ 万三郎岳(1405.3M)10:10-30
~ 万三郎岳下分岐 10:35 ~ 涸沢分岐 11:06 
~ ゴルフ場まで2.7㌔ 11:13 ~ 石柱101地点 11:46
~ ゴルフ場まで1.2㌔ 11:58 ~ 四辻 12:09 ~ 駐車場着 12:23
 
 
 
 
 
 
日本一の山葵の里・中伊豆 筏場 
イメージ 14
 
 
 
 
伊豆市上船原・船原温泉「湯治場 ほたる」
TEL 0558-75-1028 1時間700円 温泉満足度☆
 
イメージ 15
イメージ 16
船原温泉マップコード 248-888-405
 
 
 
 
「道の駅・伊豆のへそ」で車中泊、翌日は沼津漁港の丸天で早朝食 
 沼津漁港内に新設された「港八十三番地」 
イメージ 17
イメージ 18
 沼津漁港マップコード 650-583-638
 
 
イメージ 19
 
 
 
イメージ 20
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
イメージ 23
 
 
この店では深海魚を食べられるらしい・・・ 
イメージ 24
 
 
 
 
 おしまい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4/28 箱根古道 その3

2012.4.28 箱根湯本~芦ノ湖までの箱根旧街道(古道)歩き・その3
畑宿~甘酒茶屋~芦ノ湖編
 
GWは海外旅行が主流?
GW中だというのに古道歩き(甘酒茶屋除く)で行き会った人は
数組のみ・・・ 
あ~、もったいない!!
 
 
 
畑宿~甘酒茶屋~芦ノ湖編MAP
(注)畑宿-甘酒茶屋のMAPは前ページ(古道・その2)を参照
イメージ 1
 
 
畑宿・古道入り口 
イメージ 2
 
 
畑宿一里塚
イメージ 13
 
 
畑宿一里塚 
イメージ 24
 
 
新緑のカーテン 
イメージ 34
 
 
箱根古道とは
イメージ 35
 
 
西海子坂で車道に出る(左折)
イメージ 36
 
 
車道をショートカット 
イメージ 37
 
 
しばし車と併走? 
イメージ 38
 
 
橿木坂(かしのきさか) 
イメージ 39
 
 
橿木坂(かしのきざか) の石段を上る 
イメージ 3
 
 
ここで左折  
イメージ 4
 
 
わが妻登場! 後姿ですが・・・(笑)
イメージ 5
 
 
猿滑坂 
イメージ 6
 
 
またまた車道に合流 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
甘酒茶屋は大賑わい 
イメージ 9
 
 
ところてん・抹茶ジュース・紫蘇(しそ)ジュース 
イメージ 11
 
 
 
甘酒茶屋について
イメージ 10
 
 
 
イメージ 12
 
 
芦ノ湖へ向けて最後の石畳区間 
イメージ 14
 
 
陽射しが強くなり汗ばむほどに 
イメージ 15
 
 
 権現坂
イメージ 16
 
 
 芦ノ湖を眺めながら権現坂を下る
イメージ 17
 
 
杉並木歩道橋 
イメージ 18
 
 
芦ノ湖に到着 
イメージ 19
 
 
 
イメージ 20
 
 
真似っこしてみましたが・・・   似てませんか? 
イメージ 21
 
 
杉並木 
イメージ 22
 
 
芦ノ湖 
イメージ 23
 
 
富士山も見えました
イメージ 25
 
 
芦ノ湖 
イメージ 26
 
 
箱根駅伝・芦ノ湖ゴール地点 
イメージ 27
箱根古道歩き・無事終了
 
4/27 長野発 21:45 ~ 双葉SA着 00:00(仮眠)
4/28 双葉SA発 5:20 ~ 須走・御殿場経由 ~ 箱根芦ノ湖着 7:30 
~ 八丁無料駐車場発 8:10
  ~ 本箱根バス停発 8:23 ~ 箱根登山バス利用
~ 箱根湯本駅着 9:00(大人930円)
あじさい橋 9:10 ~ 正眼寺 9:37 ~ 旧箱根街道一里塚の碑 9:42 
~ 石畳入り口 9:44 
~ さるはし 9:46 ~ 福寿院 9:50 
~ 葛原坂 10:16 ~ ホテルはつはな 10:24 ~ 鎮雲寺 10:32
~ 須雲川自然探勝歩道入り口(女転坂) 10:35 ~ 割石坂 10:54 
~ 江戸時代の石畳 10:55
  ~ 接待茶屋跡 11:04 ~ 大澤坂 11:12 
~ 畑宿に出る 11:20 ~ 畑宿本陣跡 11:22
~ 畑宿一里塚 11:32 ~ 西海子坂 11:39 
~ 橿の木(かしのき)坂 11:53  ~ 山根橋 12:02 
~ 猿滑橋 12:18 
~ 追込坂 12:28 ~ 甘酒茶屋 12:33-55 ~ 白木坂 13:03 
~ 天ケ石坂 13:09
  ~ 権現坂 13:24 ~ 芦ノ湖 13:33 
~ 身替地蔵 13:38 ~ 杉並木 13:42 ~ 無料駐車場着 14:01 
 
 
 
 
 
箱根芦ノ湖温泉・夕霧荘で汗を流す(大人1000円) 
TEL 0460-83-6377  温泉満足度☆☆☆
イメージ 28
イメージ 32
夕霧荘入り口マップコード 57-063-406
 
 
 
 
翌日の天城山に備えて伊豆・道の駅「伊東マリンタウン」 で車中泊
食事処も多数・温泉施設有り TEL 0557-38-3811
イメージ 29
イメージ 33
伊東マリンタウン マップコード 116-236-887
 
 
 
道の駅内・地ビールレストランで乾杯  
イメージ 30
 
 
道の駅にて 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 最後まで見ていただきありがとうございます。
 
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 

4/28 箱根古道 その2

2012.4.28 箱根湯本~芦ノ湖までの箱根旧街道(古道)歩き・その2
須雲川(すくもがわ)~畑宿 編
 
 
 
須雲川(すくもがわ)~畑宿編MAP
イメージ 1
 
 
須雲川自然探勝道入り口(女転坂 )
イメージ 2
 
 
 本箱根まで6.2㌔ がんばるぞ~!!
イメージ 12
 
 
カメラに納め登山地図と見比べながら歩くと便利 
イメージ 23
 
 
畑宿まで1.7㌔ 
イメージ 24
 
 
須雲川に沿って歩く 
イメージ 25
 
 
東電発電所敷地手前で須雲川を渡って対岸へ 
イメージ 26
 
 
須雲川を渡って対岸へ 
イメージ 27
 
 
右下はフェンスに 囲まれた神社
イメージ 28
 
 
割石坂 
イメージ 29
 
 
朝露に濡れた石畳はツルツルと良く滑りまっこと歩きにくい! 
イメージ 3
 
 
これより江戸時代の石畳
イメージ 4
 
 
往時に思いを馳せて・・・ 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
時代の移ろいを感じながら・・・ 
イメージ 7
 
 
車道歩き 
イメージ 8
 
 
下の写真参照 
イメージ 9
 
 
大きな指導標が建つので安心 
イメージ 10
 
 
聞こえてくるのは鳥のさえずりと車の音だけ・・・ 
イメージ 11
 
 
なるほど~! 
イメージ 13
 
 
大澤坂 
イメージ 14
 
 
GW中にも関わらず貸し切り状態の箱根古道歩き
イメージ 15
 
 
畑宿が近づく 
イメージ 16
 
 
前方の石段を上れば寄せ木細工発祥の地「畑宿」に出る 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
畑宿本陣跡について
イメージ 19
 
 
畑宿 
イメージ 20
 
 
畑宿古道入り口 
イメージ 21
 
 
箱根湯本~芦ノ湖までの箱根旧街道(古道)歩き・その3へ続く
 
 
 
イメージ 22
箱根古道歩き動画
 
 
 
 
   
4/27 長野発 21:45 ~ 双葉SA着 00:00(仮眠)
4/28 双葉SA発 5:20 ~ 須走・御殿場経由 ~ 箱根芦ノ湖着 7:30 
~ 八丁無料駐車場発 8:10
  ~ 本箱根バス停発 8:23 ~ 箱根登山バス利用
~ 箱根湯本駅着 9:00(大人930円)
あじさい橋 9:10 ~ 正眼寺 9:37 ~ 旧箱根街道一里塚の碑 9:42 
~ 石畳入り口 9:44
  ~ さるはし 9:46 ~ 福寿院 9:50 
~ 葛原坂 10:16 ~ ホテルはつはな 10:24 ~ 鎮雲寺 10:32
~ 須雲川自然探勝歩道入り口(女転坂) 10:35 ~ 割石坂 10:54 
~ 江戸時代の石畳 10:55
  ~ 接待茶屋跡 11:04 ~ 大澤坂 11:12 
~ 畑宿に出る 11:20 ~ 畑宿本陣跡 11:22
~ 畑宿一里塚 11:32 ~ 西海子坂 11:39 
~ 橿の木(かしのき)坂 11:53  ~ 山根橋 12:02
  ~ 猿滑橋 12:18 
~ 追込坂 12:28 ~ 甘酒茶屋 12:33-55 ~ 白木坂 13:03 
~ 天ケ石坂 13:09 
~ 権現坂 13:24 ~ 芦ノ湖 13:33 
~ 身替地蔵 13:38 ~ 杉並木 13:42 ~ 無料駐車場着 14:01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4/28 箱根古道 その1

2012.4.28 箱根湯本~芦ノ湖までの箱根旧街道(古道)歩き・その1
箱根湯本~須雲川(すくもがわ)編
 
 
 
箱根古道歩き全行程図
イメージ 1
 
 
 
箱根湯本駅~芦ノ湖 GPSデータによる高低図
イメージ 27
 
 
 
箱根湯本~須雲川(すくもがわ)編MAP
イメージ 2

 
 
関所前バス停の有料駐車場(1時間300円)に駐めたところ、私達の格好を見た
管理人さんがここは高いからとこの無料駐車場を教えてくれました。
イメージ 13
イメージ 22
無料駐車場マップコード 57-124-040
 
 
 
八丁駐車場 (無料) 箱根登山バス・本箱根バス停まで約5分
イメージ 20
下山時撮影 
 
 
箱根登山バス・本箱根バス停 8:23発に乗車
イメージ 21
 
 
箱根湯本駅に到着 9:00 運賃930円 
高架歩道橋を渡り「あじさい橋」へ向かう
イメージ 23
 
 
あじさい橋 
イメージ 24
 
 
右もよし! 左もよし! 
イメージ 25
 
 
右ルートを選択 
イメージ 26
 
 
ここで左からのルートに合流 
イメージ 3
 
 
旧東海道方面へ 
イメージ 4
 
 
温泉街を歩く 
イメージ 5
 
 
最初の目標は温泉街の旧道石畳歩き 
イメージ 6
 
 
旧箱根街道一里塚跡
イメージ 7
 
 
旧道石畳入り口 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
僅かな距離だが石畳の感触を味わいながら・・・
イメージ 10
 
 
福寿院を抜けて左上の車道に合流 
イメージ 11
 
 
須雲川自然探勝歩道入り口まで車道を歩く 
イメージ 12
 
 
葛原坂 
イメージ 14
 
 
箱根新道・須雲川IC横の「ホテルはつはな」 
イメージ 15
 
 
須雲川(すくもがわ) 
イメージ 16
 
 
鎮雲寺/霊泉の瀧 
イメージ 17
 
 
須雲川(すくもがわ)自然探勝歩道入り口が見えてきた
イメージ 18
 
 
須雲川(すくもがわ)自然探勝歩道入り口・女転坂 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
箱根湯本~芦ノ湖までの箱根旧街道(古道)歩き・その2へ続く
 
 
 
4/27 長野発 21:45 ~ 双葉SA着 00:00(仮眠) 
4/28 双葉SA発 5:20 ~ 須走・御殿場経由 ~ 箱根芦ノ湖着 7:30 
~ 八丁無料駐車場発 8:10 
~ 本箱根バス停発 8:23 ~ 箱根登山バス利用
~ 箱根湯本駅着 9:00(大人930円)
あじさい橋 9:10 ~ 正眼寺 9:37 ~ 旧箱根街道一里塚の碑 9:42 
~ 石畳入り口 9:44
  ~ さるはし 9:46 ~ 福寿院 9:50 
~ 葛原坂 10:16 ~ ホテルはつはな 10:24 ~ 鎮雲寺 10:32
~ 須雲川自然探勝歩道入り口(女転坂) 10:35 ~ 割石坂 10:54 
~ 江戸時代の石畳 10:55
  ~ 接待茶屋跡 11:04 
~ 大澤坂 11:12 ~ 畑宿に出る 11:20 ~ 畑宿本陣跡 11:22
~ 畑宿一里塚 11:32 ~ 西海子坂 11:39 ~ 橿の木(かしのき)坂 11:53 
~ 山根橋 12:02 
~ 猿滑橋 12:18 ~ 追込坂 12:28 
~ 甘酒茶屋 12:33-55 ~ 白木坂 13:03 ~ 天ケ石坂 13:09
~ 権現坂 13:24 ~ 芦ノ湖 13:33 ~ 身替地蔵 13:38 
~ 杉並木 13:42 ~ 無料駐車場着 14:01 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSS
ギャラリー
  • 2020.謹賀新年
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ