小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2011年09月

9/24 出石の皿そば(兵庫県)・熊川宿(福井県)ぶらり旅 

2011.9.24
夫婦気ままなぶらり旅(後編)
 
9/23 六甲ガーデンテラスで車中泊の予定だったが翌日の移動時間を考え、
豊岡市・出石(いずし)に近い「道の駅・但馬楽座」へ向かいました。
9/23 六甲ガーデンテラス発 18:50 ~ 舞鶴若狭自動車道-北近畿豊岡自動車道 
~ 道の駅・但馬楽座 20:30(車中泊・ビール宴会)
9/24 道の駅発 7:50 ~ 出石 8:20 
 
 
道の駅・但馬楽座(やぶ温泉) 入浴最終受付 21:30
TEL 079-664-1000  温泉満足度☆ 
↑ やぶ温泉MAP マップコード 194-154-104
イメージ 1
 
 
 但馬の小京都 出石(いずし) 出石観光協会ホームページ
日本最古の時計台・辰鼓楼(しんころう)  /拡大可
イメージ 2
 
 
城下町・出石
イメージ 12
 
 
城下町・出石
イメージ 23
 
 
出石皿そば由来
我が故郷、信州上田に縁があるお蕎麦と知り食べる前から親しみが・・・笑
イメージ 30
 
 
信州上田藩伝承・手打ちそば処「本陣鶴屋 」 TEL 0796-52-4690
イメージ 31
 
 
お品書き 
イメージ 32
 
 
皿そば 
イメージ 33
 
 
鶴屋の店内から眺める辰鼓楼   
イメージ 34
 
↑本物 偽物↓
 
出石トンネルを抜けた所に建つ「西辰鼓楼」は、出石そば処「宿坊」が看板代わりに
建てたものなので勘違いにご注意を・・・
同じ敷地内にある、出石温泉・湯元館の温泉満足度 ☆☆  入浴料300円
イメージ 35
 
 
道の駅・舞鶴港とれとれセンター 11:48着  TEL 0773-75-6125
イメージ 3
 
 
とれとれセンター内 
イメージ 4
 
 
肉じゃが発祥の地? 
東郷平八郎が英国留学時に食べたビーフシチューの味が忘れられず、
ワイン・バターの代用に醤油・砂糖・ごま油で味付けをして
「肉じゃが」を作ったと紙袋に記載されている。
イメージ 5
 
 
センター内の有名丼店だが、ここで食事をするくらいならセンター内の
お魚屋さんでお刺身盛り合わせ(下段の写真参照)と御飯(別売り)を買って、
外のベンチで食べる事を強くオススメします。
イメージ 6
 
 
今回の気まま旅で唯一の失敗は↓を食べず、↑の食堂で食べた
貧弱な刺身定食でした。(悲) 
イメージ 7
 
 
センター内の鮮魚店で買った皆さんは美味しそうに食べていました。 
イメージ 8
 
 
江戸時代にプチトリップ! 若狭鯖街道・熊川宿  14:00着
イメージ 9
 
 
これは何のために・・・? 
イメージ 10
 
 
熊川宿にて
イメージ 11
 
 
 
熊川宿にて
イメージ 13
 
 
超レア物ポスター
イメージ 14
 
 
熊川宿・葛と鯖寿しの店 まる志ん TEL 0770-62-0221
イメージ 15
 
 
管理人オススメの一品 冷やし葛ぜんざい
イメージ 16
 
 
管理人オススメの一品  葛餅
イメージ 17
 
 
葛入りソフト 
イメージ 18
 
 
熊川宿にて
イメージ 19
 
 
伊藤忠商事社長・伊藤竹之助の生家
イメージ 20
 
 
熊川宿にて
イメージ 21
 
 
北陸自動車道 徳光PAにて  17:25 
イメージ 22
 
 
天然温泉・海王 温泉満足度  管理人☆☆☆
道の駅 カモンパーク新湊(ビール宴会・車中泊) 
イメージ 24
 
 
白エビバーガー 
イメージ 25
 
 
 
9/25 糸魚川IC下車・白馬経由で帰路につく 
白馬乗鞍スキー場・白馬アルプスホテル TEL 0261-82-2823
イメージ 26
 
 
入浴料・800円 温泉満足度 ☆☆ 
イメージ 27
 
 
白馬八方・インディモモで昼食 
イメージ 28
 
 
ランチ 
イメージ 29
 
「夫婦気ままなぶらり旅」に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

9/23 有馬温泉・金の湯&神戸1000万ドルの夜景/夫婦気ままなぶらり旅・前編

20119.23
夫婦気ままなぶらり旅(前編)
有馬温泉・金の湯&神戸1000万ドルの夜景
 
 
 
須磨アルプス 名勝・馬ノ背 
イメージ 1
 
 
須磨アルプス 名勝・馬ノ背
イメージ 2
 
 
山陽電車・板宿駅に向けて市街地を歩く(前方はダイエー)
イメージ 11
 
 
山陽電車・板宿駅ホーム/普通電車で須磨浦公園駅まで戻る
イメージ 12
 
 
山陽電車・須磨浦公園駅 
イメージ 13
 
 
山陽電車・須磨浦公園駅&RW駅・有料駐車場(最初の1時間400円 以後200円)
↑ 須磨浦公園有料駐車場MAP マップコード 31-207-100
イメージ 14
 
 
有馬温泉市街地/金の湯へ向かう 
↑ 有馬温泉有料駐車場近辺MAP マップコード 12-764-418
イメージ 15
 
 
有馬温泉・金の湯  温泉満足度 ★★★
イメージ 16
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
イメージ 18
 
 
温泉街を歩く 
イメージ 3
 
 
 
 
六甲ガーデンテラス  駐車代・終日500円
↑六甲ガーデンテラスMAP マップコード 12-644-235
イメージ 5
 
 
六甲枝垂れ/夜になると枝垂れの意味がわかります
イメージ 6
 
 
この景色が・・・  下三枚の景色になりますよ~  
イメージ 7
 
 
神戸1000万ドルの夜景(六甲ガーデンテラスより) 
イメージ 8
 
 
神戸1000万ドルの夜景 
イメージ 9
 
 
神戸1000万ドルの夜景
イメージ 10
 
 
 
 

9/23 須磨アルプス(六甲全山縦走路の一部)

2011.9.23 須磨アルプス

この連休は、山歩き(お手軽ハイキングコースの「須磨アルプス」)は
オマケで有馬温泉・金の湯&神戸1000万ドルの夜景見学をメインに
「夫婦気ままなぶらり旅」を楽しんできました。
若かりし頃ここ須磨から山陽電車に乗って三ノ宮まで通勤し、
深夜は六甲界隈を「カミナリ族」の真似事などしてバイクを走らせていた
日々が懐かしくおもいだされました。
 
10/6 ホームページ(本編)をアップ 
 
 
グーグルアース・須磨アルプス鳥瞰図
青く囲った部分は旧高倉山(291.5m)があった部分で、
神戸ポートアイランド建設に伴う埋立土確保のため削りとられました。
 
イメージ 1
 
 
須磨浦公園RW駅&山陽電車「須磨浦公園駅」 
須磨浦公園駐車場(約200台・最初の1時間400円、以後は1時間毎200円)から出発
イメージ 2
 
 
上写真の矢印地点/歩道を上り込む 
イメージ 11
 
 
須磨浦山上遊園地(鉢伏山)を目指すが早朝にも関わらず登山者が多い
イメージ 21
 
 
姫は何処に~~  /展望閣にて
イメージ 22
 
 
鉢伏山 260M 
イメージ 23
 
 
須磨アルプス縦走路標柱 
イメージ 24
 
 
旗振山  253M
イメージ 25
 
 
戦国時代、狼煙代わりに旗振りかと思いましたが・・・ 
イメージ 26
 
 
明石海峡大橋と淡路島・旗振山より 
イメージ 27
 
 
須磨アルプス、又は六甲全山縦走路の指導標に従って歩きます
イメージ 3
 
 
鉄拐山(てっかいざん) 234M 
イメージ 4
 
 
高倉山(現標高は200M) /最上段グーグルアース参照
大半は削り取られてしまったが、著しい環境変化を避けるため高倉山の一部が残されました。
イメージ 6
 
 
削り取られた高倉山の跡地には高倉台団地やマンション群に・・・
最上段グーグルアース参照
イメージ 5
 
 
その高倉台団地の商店街を抜けて栂尾山(つがおやま)を目指す 
イメージ 7
 
 
栂尾山(つがおやま)への急階段
イメージ 8
 
 
栂尾山展望台より撮影
鉢伏山・旗振山・鉄拐山・高倉山(高倉台団地・マンション群)・明石海峡大橋・淡路島大展望
イメージ 9
 
横尾山 312M (本行程最高点) 
イメージ 10
 
 
横尾山から本日のハイライト地点へ向かう
イメージ 12
 
 
須磨アルプス・名勝「馬の背」を望む  
イメージ 13
 
 
住宅街にこんなスリリングな山があるとは・・・ 
イメージ 14
 
 
横尾山方面の須磨アルプス全景  馬の背側より撮影  
イメージ 15
 
 
須磨アルプスとの別れを惜しむ  東山より撮影
イメージ 16
 
 
東山では神戸市街地の「板宿」へ下山 
イメージ 17
 
 
板宿八幡神社
イメージ 18
 
 
板宿市街地を歩く
イメージ 19
 
 
山陽電車・板宿駅から普通電車に乗って須磨浦公園駅で下車 
イメージ 20
 
 
 
9/22 長野発 18:00 ~ 中央道経由・名神吹田SA着 0:20(車中泊)
9/23 名神吹田SA発 5:00 ~ 須磨浦公園有料駐車場着 5:40
 
駐車場発 6:07 ~ 芭蕉句碑 6:17 ~ 鉢伏山 6:53 ~ 旗振山 7:00-06 
~ 鉄拐山 7:19-21 ~おらが茶屋展望台(高倉山) 7:39-48 
~ 高倉台団地商店街歩き ~ 栂尾山石段下 8:06 ~石段上 8:15 
~栂尾山(展望台) 8:23-27 ~ 横尾山 8:47-9:06(軽食) 
~ 水野町分岐点 9:21 ~ 名勝・馬ノ背 9:23-33 ~ 東山 9:44-50 
~ 鉄塔 9:57 ~ ベンチ 10:09 ~東方・南方 板宿分岐点 10:11 
~ 板宿八幡神社 10:30 ~ 板宿市街地歩き 10:37 
~ 山陽電車・板宿駅着 10:50 





9/18 芳ヶ平湿原・草津白根山湯釜を散策

2011.9.18
草津温泉白根遊歩道~芳ヶ平(よしがたいら)湿原~白根山湯釜
~バス利用で草津(駐車場)へ戻る

山友シゲさんのHPで紅葉真っ盛りの芳ヶ平湿原を拝見していましたが、
紅葉まであとチョットの湿原歩きを家内と二人で楽しんできました。
※家内は写真嫌いのためHPに掲載しようとすると公開前の検閲でことごとく
却下(削除)されてしまいます。(笑)
よって今回も管理人だけの写真となりますがご勘弁を・・・
 
 
9/22 ホームページ(本編)をアップ
 
 
 
グーグルアース鳥瞰図
イメージ 1
 
 
草津天狗山ネイチャーセンターに駐車
(下山時利用バス停前の天狗山スキー場駐車場は7:30以降利用可)
イメージ 2
 
 
下山時利用のバス停手前を左折
イメージ 13
 
 
白根山・芳ヶ平遊歩道入り口
駐車スペースは殆どないので天狗山スキー場P利用がベスト
イメージ 23
 
 
白根山・芳ヶ平方面遊歩道入り口
イメージ 24
 
 
草津高原ゴルフ場横の小径を歩く
イメージ 25
 
 
「蟻の塔渡り」に胸躍らせたが・・・
イメージ 22
 
 
なんじゃ~、こりゃ-、 蟻どころか熊でも渡れるぞ~!(怒)
イメージ 26
 
 
林道に合流
イメージ 27
 
大雨の傷跡が、こんな林道までも・・・
イメージ 28
 
 
常布の滝(じょうふのたき)/常布の滝眺望地より
イメージ 29
 
 
「大岩」横の木階段
イメージ 3
 
 
遊歩道と命名するだけあって指導標が随所に設置された
快適な登山道が芳ヶ平まで延びる
イメージ 4
 
 
登山地図表記・毒水/沢は立ち入り禁止になっている
イメージ 5
 
 
目指す芳ヶ平(右上)は雲の中・・・
イメージ 6
三連休だというのにここまでで行き会った方は登山者1名・下山者2名だけの淋しいものでした。
 
 
芳ヶ平ヒュッテ全景
イメージ 7
 
 
芳ヶ平湿原を歩く
イメージ 8
 
 
数多くの池塘(ちとう)が点在する
イメージ 9
 
 
秋彩の気配が・・・
イメージ 10
 
 
白根山&芳ヶ平湿原
イメージ 11
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
芳ヶ平湿原巡りを終えて白根山レストハウスを目指すします。
 
ところどころ秋色に染まりはじめる
イメージ 12
 
 
その二
イメージ 14
 
 
草津白根山(本白根ではありません)北斜面と遊歩道
この湿原は白根山や渋峠から下りてくる登山者が圧倒的に多いようです。
イメージ 15
 
 

草津白根山東斜面全景
イメージ 16
 
 
湯釜を眼下に見下ろせるメインルートは通行止めに
イメージ 17
 
 
使用ルートは西登山道のみで、湯釜は遙か彼方に・・・
イメージ 18
 
 
神秘的な色が漂よう湯釜を望遠で撮影
イメージ 19
 
 
こんな格好は場違いに感じてしまう(笑)
イメージ 20
 
 
白根山バス停 13:05発のバスで草津温泉へ下山
天狗山スキー場下車(大人970円)
イメージ 21
 
 
長野発 5:00 ~ 管理人お気に入り・すき家で朝食 
~ 草津天狗山ネイチャーセンター駐車場着 7:10
駐車場発 7:29 ~ 車道歩き ~ 白根山・芳ヶ平遊歩道入り口 7:38 
~ 芳ヶ平まで5.3㌔ 7:57 ~蟻の塔渡り 8:04 ~ 林道出合 8:12 
~ 常布の滝 眺望台 8:17-20 ~ 常布の滝入り口(9月現在通行止) 8:27 
~ 大岩 8:38 ~ 一本松 8:47 ~ 石仏 8:50 ~ 毒水 8:54 
~ 大平湿原分岐 9:07 ~桜清水 9:33 ~ 白根山分岐 10:03 
~ 芳ヶ平ヒュッテ 10:06 ~ 芳ヶ平湿原散策 
芳ヶ平ヒュッテ 10:47-55 ~ 白根山まで2.1㌔ 11:11 
~ 途中休憩(昼食) 11:27-40 ~ 本白根山分岐 12:03
~ 白根山レストハウス 12:17 ~ 西登山口 12:22 
~ 湯釜展望 12:33-36 ~ 白根山レストハウス
12:49 
 
 
 

9/10  浅間山(前掛山)・浅間山荘天狗ノ湯から下見山行

2011.9.10 浅間山(前掛山下見)

前回、鼻曲山でご一緒いただいた蔵ちゃん・北○さんから、次回は浅間山との
希望があり山仲間の伊藤さんと浅間山(前掛山)の下見登山に行ってきました。
 
9/16 ホームページ(本編)アップ
 
 
 
グーグルアース浅間山鳥瞰図
イメージ 1
 
浅間山荘・天狗ノ湯(駐車代500円・入浴代金100円割引付き)登山口
浅間山の噴火危険レベルもここで確認できる。
イメージ 2
 
先ずは一の鳥居を目指す
イメージ 13
 
一の鳥居/二の鳥居直行ルート&不動滝経由二の鳥居ルート分岐点
※直行ルートはだらだら長いルートで見所もないので後者をオススメします。
イメージ 18
 
丸太橋を渡って不動滝へ向かう
イメージ 19
 
不動滝
イメージ 20
 
山友の細井さんにメール中の伊藤さん
イメージ 21
 
カモシカ平/前回は2回ともカモシカを見ることができたが・・・
イメージ 22
 
トーミの頭全景
イメージ 23
 
硫化水素臭が漂う地獄谷風ミニキャニオン
イメージ 24
 
牙山(きっぱやま)/地獄谷風ミニキャニオンより撮影  拡大可
イメージ 3
 
トーミの頭(中央の岩頭)に立つ登山者が見える(右奥は黒斑山)
地獄谷風ミニキャニオンより撮影  
イメージ 4
 
火山館(トイレ・水あり)
イメージ 5
 
Jバンド分岐点/直進して浅間山へ向かう
イメージ 6
 
浅間山(前掛山)全景 
イメージ 7
 
直登ではなく北斜面を大きく巻いて登るので結構時間がかかる
イメージ 8
 
下から写した写真では高度感がつかめないので上から写してみました
イメージ 9
 
前掛山分岐点(浅間山山頂立ち入り禁止区域)に到着
イメージ 10
 
こらこら、足元に立ち入り禁止と書いてあるだろう! (陰の声)
登山者の八割方が火口縁へ登って行くのを見て思案中の管理人・・・・
イメージ 11
 
 一休さんの問答ではないが・・・
立って入らず、座って入ればOKかな~?   
イメージ 12
 
前掛山へ向かう
イメージ 14
 
前掛山全景
イメージ 15
 
前掛山(浅間山)2524㍍
イメージ 16
 
 
前掛山から浅間山火口縁を撮影
イメージ 17
 
 
長野発 5:30~ 東部湯の丸SA(朝食)~ 小諸IC下車~浅間山荘・天狗の湯P着 6:50
登山口発 7:07 ~ 一の鳥居 7:37 ~ 不動滝 7:52-55 
~ 二の鳥居 7:58 ~ (休憩) 8:16-22 ~ カモシカ平 8:42 
~ ミニ地獄谷 8:54 ~ 火山館(トイレ・水) 8:58-9:18 
~ 草すべり分岐 9:26 ~ Jバンド分岐 9:41 
~ 前掛山分岐 10:29-39 ~ 浅間山 10:52-11:08 
~ 前掛山分岐 11:18 ~ シェルター 11:22 
~ 浅間山(前掛山)着 11:40-12:08(昼食)
浅間山(前掛山)発 12:08 ~ 前掛山分岐 12:23 
~ クロマメノキ摘み(約13分) ~ Jバンド分岐 12:59
~ 草すべり分岐 13:13 ~ 火山館 13:23-34 ~ カモシカ平 13:47 
~ 二の鳥居 14:09 ~ 一の鳥居 14:23 ~ 登山口着 14:45
 
 
 
 

9/7-8 雲取山 富士山登山者ヘッデン光跡を求めてテント泊

2011.9.7-8
雲取山 富士山登山者ヘッデン光跡を求めてテント泊で出発したが・・・
富士山登山者ヘッデン光跡は「山小屋営業期間中の7-8月でなければ見られないよ!」
との山小屋主人の話であえなくチョンとなりました。
《おまけの一言》
9月でも土日だと見られる可能性もあるけど平日ではチョト無理だな~~~
言われてみればもっともな話でした・・・(笑)
 
 
9/15 ホームページ(本編)アップ
 
 
グーグル雲取山鳥瞰図 
イメージ 1
 
丹波山村・鴨沢バス停前駐車場(トイレ有り) 
2011年の豪雨で道路・登山道の通行止め区間が多発しているので
登山口該当市町村に問い合わせてからお出かけください。 
丹波村観光協会 0428-88-0211 
イメージ 2
 
鴨沢バス停前から出発/車道を行くも良し・階段を使うも良し 
イメージ 13
 
民家のブロック塀に取り付けられた案内図 
イメージ 22
 
このコーナー地点に上記案内図が設置されており軽車両でギリギリの車道を
眼下に奥多摩湖上流部を見ながら登り込む。
イメージ 23
 
ここで車道とお別れ(軽といえども駐車できるスペースはないので要注意)
イメージ 24
 
管理人の大嫌いな蛇が出そうな道を進む
イメージ 25
 
30分の歩きで第2駐車場?がある所畑の車道出合
登山口へは指導標に従い車道を小袖方面へ150㍍程歩く
イメージ 26
 
所畑・車道出合い駐車場(約20台)
一昼夜置くには不用心な場所だが日帰り登山者には便利な駐車場
イメージ 27
 
雲取山鴨沢登山口 (下山時はこの路肩に数台の駐車車両を見る)
イメージ 28
 
羽黒神社と対峙する場所に設置?された石祠 
イメージ 3
 
第一水場過ぎの標高1150㍍休憩適地 /下の案内板が木にくくられている。
イメージ 4
  ↕
イメージ 5
 
登山者とのすれ違いもスムーズにできる快適な登山道 
イメージ 6
 
「七ツ石小屋への近道」に釣られて選択してしまったが、
重い荷物を背負っているときは「急がば回れ」という名言に従うべきだった!
イメージ 7
 
喘ぎ喘ぎ、近道分岐から36分もかかって七ツ石小屋に到着 
イメージ 8
 
七ツ石小屋-水場-上の巻き道を利用して諸左衛門尾根の苔むした登山道を歩く
イメージ 9
 
ブナ坂(ブナダワ):石尾根縦走路に合流 
イメージ 10
 
ヘリポート 
イメージ 11
 
石尾根展望(富士山は見えなかった)/奥多摩小屋上部のガレ場より
イメージ 12
 
石尾根縦走路・前方矢印の赤い屋根が雲取山頂避難小屋/小雲取山近辺より 
イメージ 14
 
雲取山頂避難小屋(トイレ有) 
イメージ 15
 
雲取山山頂全景 
イメージ 16
 
この標柱の後に富士山を見られるはずだが、富士山はもとより
南アルプスの山々も厚い雲の中に・・・
イメージ 17
 
雲取山荘のテン場(300円)は我が輩と単独山ガールの二張りだけでした。
午後はカラスの鳴き声、夕方は鹿の鳴き声がうるさくてうるさくて!
イメージ 18
 
9/8  雲取山山頂からのご来光 
イメージ 19
 
ご来光をアップで
イメージ 20
 
朝日に染まる富士山・雲取山山頂より 
イメージ 21
 
 
※来年は夜中出発登山で三ツ峠山からヘッデン光跡を眺めるプランを計画中
 
今回の行程&行動時間
9/6 
長野発 17:10~フロントガラスに飛び石~高坂SA着 20:08(車中泊)
9/7 
高坂SA発 3:50~ 圏央道・青梅IC下車~コンビニで朝食~鴨沢バス停前駐車場着 5:30 
※同ルートを直行した場合:片道260㌔ 所要時間 3時間20分
※高速料金(軽車両)
行き:深夜割引適用 2100円
帰り:青梅-下仁田 平日割 2000円  下仁田-長野 通勤割 1100円
 
9/7 
鴨沢P発 6:28 ~ 所畑車道出合駐車場 6:58 ~ 鴨沢ルート登山口 7:06 
~石祠 7:34~
水場 8:20-23~ 標高1150㍍・休憩適地 8:24-38 
~堂所 9:01~ 通行止標柱 9:22~
七ツ石小屋近道分岐 9:40 
~七ツ石小屋 10:16-19~ 水場(七ツ石山分岐点) 10:24-34 
鴨沢R上分岐点(諸左衛門尾根合流) 10:51 
~ブナ坂(ブナダテ):石尾根縦走路に合流 11:04-18 
ヘリポート 11:49~奥多摩小屋(水場) 11:54 
~富田新道分岐(下) 12:16~  富田新道分岐(上):小雲取山 12:45 
~雲取山荘・三峯巻き道 12:49~途中休憩 12:56-13:08 
~雲取山頂避難小屋(トイレ有) 13:23-30~ 雲取山 13:32-49 
~鎌仙人レリーフ 14:03~雲取山荘着 14:17
 
9/8 
雲取山荘発 4:39~雲取山 5:13-6:25~ 山頂避難小屋 6:27-32 
~ 雲取山荘・三峯巻き道 6:46~ 奥多摩小屋 7:14-17~ヘリポート 7:19 
~ブナ坂(ブナダテ) 7:41~
七ツ石山 7:58~ 七ツ石神社 8:01 
~ 七ツ石小屋・鴨沢R分岐 8:05~千本ツツジ分岐点 8:40
~ 水場 8:13-15~七ツ石小屋 8:17-20~七ツ石小屋近道分岐 8:33 
~ 通行止標柱 8:43~ 堂所 8:59
~ 標高1150㍍・休憩適地 9:17-40(軽食)~ 石祠 10:11 
登山口 10:31~所畑車道出合駐車場 10:37
~ 鴨沢バス停前駐車場着 10:59 
 
奥多摩温泉 もえぎの湯 TEL 0428-82-7770 泉質:メタほう酸フッ素
入浴料:大人2時間 750円  営業時間 9:30-20:00(季節変動あり)
休館日:月曜日(祭日の場合は翌日)  温泉満足度 ☆☆☆ 
  

9/7 雲取山の速報前に・・・

雲取山山行日程表
9/6 上信越道~関越(高坂SAで車中泊)~
9/7 圏央道青梅IC下車~鴨沢バス停前Pより出発~雲取山荘テント泊
9/8 同ルートで下山 同高速利用で帰宅(夕方)
 
佐久IC付近で100㍍前方を走るトラックからの跳ね石で
フロント硝子二ヶ所にヒビが・・・
1ヶ月遅れのお盆休みをとってルンルン気分で出発したが、
自宅発後2時間たらずで起きたアクシデントは不吉な前兆か?
は、冗談で、幸い走行に影響のない傷なので横川SAの店員さんから
セロテープをもらい応急処置で出発!
イメージ 1
 
エブリーワゴン お風呂マット二枚使用してフルフラット状態にします。
(身長170センチ以内対応)
今回はソロだったので縦一列のみですが完全フラットにすると山岳テント並になります。
イメージ 2
 
5/7 山梨県側雲取山山頂にて /初日は富士山を見ることができませんでした。
イメージ 3
 
佐久PA・下り線で販売されている「神津牧場ソフトクリーム」
午後五時で閉店と思っていましたがPM7:30まで営業していることを確認しました。
イメージ 4
 
神津牧場ソフトクリーム 
左手にソフトを持ち携帯カメラで写しましたがこれが結構難しい~~笑  
イメージ 5
 
 
RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ