小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2011年07月

7/23 至仏山(しぶつさん・百名山)

2011.7.23 至仏山

同日、山友の伊藤さんから富士山に登りませんか?とお誘いをいただいたが、
若い人達の足をひっぱてはいけないな~との思いと、前々から雲取山か至仏山と
考えていたので丁重にお断りし第二候補の至仏山へ行ってきました。
 
7/29 ホームページをアップしました。
 
グーグルアース鳥瞰図
鳩待峠~山ノ鼻(上り専用登山道)~至仏山~小至仏山~鳩待峠の周遊ルート
イメージ 1
7/22(金) 
長野発 17:30~ 沼田IC下車~ すき家で夕食~
尾瀬戸倉第一駐車場着 19:10(車中泊)

7/23(土) 
起床 3:00(朝食)鳩待峠行きシャトルバス(片道900円)4:40発
~ 鳩待峠着 5:20
 
鳩待峠発 5:30 ~ 川上川橋通過 6:09 
~ 山ノ鼻ビジターセンター・山ノ鼻小屋(ピン購入) 6:12-25 
植物研究見本園内を抜けて登山口着 6:33 ~ 第一ベンチ 6:55-58 
~ 森林限界 7:06 ~
第二ベンチ 7:13 ~ 途中休憩 7:30-39 
~ 中間点 7:54 ~ 第1鎖場 8:02 ~ 第三ベンチ 8:12 
第2鎖場 8:16 ~ 途中休憩 8:30-38 ~ 高天ケ原(ベンチ) 9:09 
~ 至仏山着 9:34-10:12(昼食)
山頂発 10:12 ~ 鳩待峠からの登山者が多く、オヤマ沢(水場)付近まで
頻繁に待機状態となる ~
小至仏山 11:03 ~ ベンチ 11:30 
~ 笠ヶ岳分岐点(オヤマ沢田代) 11:33 ~ 湿原 11:34 
オヤマ沢(水場) 11:42-45 ~ 鳩待峠マデ 2㌔ 12:07 
~ 途中休憩 7分 ~ 鳩待峠マデ 1㌔ 12:27
 ~ 鳩待峠着 12:40   
乗り合いタクシー(1人900円)利用 13:00発で第1パーキングへ戻る 
 
尾瀬戸倉第一駐車場(水洗トイレ有り)・24時間 1000円
シャトルバス・乗り合いタクシー発券・乗車場所 大人片道 900円
イメージ 2
 
尾瀬戸倉第一駐車場(水洗トイレ有り)・24時間 1000円
シャトルバス・乗り合いタクシー発券・乗車場所 大人片道 900円
イメージ 13
 
鳩待峠行きシャトルバス時刻表 始発は4:40
但し、乗り合いタクシー(1人900円)は4:15頃より運行される
イメージ 24
 
シャトルバス終点・鳩待峠 早朝にも関わらず登山者や観光客が多い 5:20
イメージ 27
 
国立公園・尾瀬 この標示板横から山ノ鼻ビジターセンターへ向かう 5:30発
イメージ 28
 
山ノ鼻ビジターセンターまで遊歩道となっている
イメージ 29
 
山ノ鼻ビジターセンターまで遊歩道となっていて、木道は右側通行だが
朝一は尾瀬湿原へ向かう観光客や登山者しかいない♪
イメージ 30
 

山ノ鼻ビジターセンター(トイレ有り)前のテン場・前方右は山ノ鼻小屋(ピン購入)
6:12-25
イメージ 31
 

尾瀬植物研究見本園内の木道を利用して至仏山登山口へ向かう
イメージ 32
 
キンコウカ
イメージ 3
 
至仏山登山口 6:33 ここから上り専用の一方通行登山道となる
イメージ 4
 
東電の尾瀬自然保護事業の一環で至仏山への登山道は木道・木階段などで
整備されているが蛇紋岩の露岩地帯は滑りやすいため神経戦を強いられる!!
イメージ 5
 
燧岳と雲に被われる尾瀬ヶ原湿原 その1 7:14
イメージ 6
 
燧岳と雲に被われる尾瀬ヶ原湿原 その2 7:23
先週7/16は会津駒ヶ岳からこの燧岳を眺めていたよ・・・
イメージ 7
 
燧岳と尾瀬ヶ原湿原 7:47
イメージ 8
 
ガレ場にも木段が設置されている/この辺から高山植物が多くなる
イメージ 9
 
タカネナデシコ   なでしこJAPAN万歳!!  
イメージ 10
 
高天ヶ原ベンチ/これよりお花畑 9:09
イメージ 11
 
鳩待峠側からの登山者も合流して大賑わいの至仏山 9:34-10:12
イメージ 12
 
休憩中の方にお願いして写していただきました(感謝)
イメージ 14
 
山頂からのパノラマ写真
イメージ 15
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鳩待峠へ向けて下山開始 10:12
鳩待峠からの登山者が多く、オヤマ沢付近まで待機状態が連続する 
イメージ 16
 


振り向いて山頂に別れを惜しむ
イメージ 17
 
先ずは小至仏山(矢印)を目指す
イメージ 18
 
お花畑/木道を踏み外せないので目で楽しむ
イメージ 19
 
笠ヶ岳分岐点(オヤマ沢田代) 11:33
イメージ 20
 
湿原地帯を通過 11:34
これ以降は面白みの無いダラダラ道が鳩待峠まで続きウンザリ・・・
イメージ 21
 
鳩待峠マデ 2㌔ 12:;07
イメージ 22
 
鳩待峠マデ 1㌔ 12:27
イメージ 23
 
深くえぐれた登山道が現れると鳩待峠が近い
イメージ 25
 
鳩待峠に無事下山しました・・ 12:40
イメージ 26







7/16 会津駒ヶ岳・中門岳

 2011.7.16 会津駒ヶ岳

一昨年、前日からの雨が降り止まず登れなかった会津駒ヶ岳(日本百名山)
&中門岳(ちゅうもんだけ)へ行ってきました
長野発19:00、現地着が深夜12:30、起床 4:00、登山口発 5:00
仮眠時間3時間半で山登りという、自分の歳を考えずに無謀?な計画をたてた
管理人がヘロヘロになりながらも山頂にたどり着いた図をご笑覧ください。
 
 
  

 
グーグルアース・会津駒ヶ岳鳥瞰図
イメージ 1
 
ラッキーなことに最上部の駐車場に駐められ徒歩時間を約20分短縮、
矢印を右に曲がって数分の場所に登山口がある。 am5:15発
イメージ 2
 
登山口 (木階段前の空きスペースと路肩を含めば7~10台駐車可) am5:18
イメージ 13
 
登山口から、いきなり急登になるので覚悟を決めてのぼりましょう!
イメージ 24
 
頃合いの良い場所に大木丸太ベンチが・・・  am5:41-46
イメージ 25
 
山頂まで4.1㌔もあるんだって!!
こんなのを見ただけで登るのが嫌になってしまうのは管理人だけ?  am5:59
イメージ 26
 

ダイエット中で体力が落ち気味の中、急登&蒸し暑さ&睡魔のトリプルパンチで
管理人の体力を奪う!  その1
イメージ 27
 
ベンチが置かれた水場(山頂まで2.9㌔)でひと休み  am6:46-59
イメージ 28
 
バテバテの図  その2
イメージ 29
 
山頂が見えたら俄然元気になるお調子者の管理人 
イメージ 30
 
駒の小屋 と会津駒ヶ岳  am8:11-26
イメージ 3
 
池塘(ちとう)が点在する湿原帯を「駒の小屋」目指して上り込む
イメージ 4
 
池塘と燧岳 (ひうちがたけ)
イメージ 5
 
会津駒ヶ岳と残雪/駒の小屋・休憩ベンチ前より 
イメージ 6
 
駒の小屋・休憩ベンチ  am8:46-9:06
イメージ 7
 
会津駒ヶ岳をバックに記念撮影・細井夫妻/駒の小屋・休憩ベンチ前より
イメージ 8
 
残雪と駒の小屋 
イメージ 9
 
中門岳側道・上   am9:19
イメージ 10
 
会津駒ヶ岳・2132.4M 灌木が多く360度の展望は望めない am9:24-27
イメージ 11
 
中門岳の湿原地帯(お花畑)を目指す  am9:29
イメージ 12
 

池塘/今年は残雪が多く花の開花が遅れているらしい・・・
イメージ 14
 

残雪でクールダウン中の管理人 
am9:55-10:11 (ビールタイム)イメージ 15
 


池塘
イメージ 16
 

中門大池・全景 /右奥が中門岳の最高点
イメージ 17
 

中門大池
  am10:15-30
イメージ 18
 

ハクサンコザクラ / 中門大池にて
イメージ 19
 

イワイチョウ /中門大池にて
イメージ 20
 

中門岳(ちゅうもんだけ)の最高点を目指す 
イメージ 21
 

中門岳の最高点・2060M/池塘  
am10:39
イメージ 22
 

中門岳・最高点からの展望 
イメージ 23
 
 
長野発 7/15(金)PM7:00 ~ 夕食 ~ 奥只見シルーバーライン経由 
~ 檜枝岐村・ミニ尾瀬公園前駐車場(トイレあり)着  7/16(土)AM00:30(仮眠) 
~ 起床AM04:00(朝食) ~ 登山口P着05:00
 
駐車場発 5:15 ~ 登山口 5:18 ~ 大木ベンチ 5:41-46 
~ 山頂まで4.11㌔標柱 5:59 ~ 山頂まで3.7㌔  6:17-27 
~ 山頂まで3.2㌔ 6:39 ~ 山頂まで2.9㌔(水場・ベンチ) 6:46-59 
山頂まで2.7㌔ 7:08(展望開ける) ~ 山頂まで2.2㌔ 7:26 
~ 山頂まで1.7㌔ 7:44-56 ~
木道 8:10 ~ 展望ベンチ 8:11-26 
~ 駒の小屋・ベンチ(山頂まで0.7㌔) 8:46-9:06 
中門岳側道分岐・上 9:19 ~ 会津駒ヶ岳 9:24-27 
~ 中門岳側道分岐・下 9:32 ~ 残雪地帯でビールタイム 9:55-10:11 
~ 中門大池(ちゅうもんおおいけ) 10:15-30 ~ 中門岳最高点 10:39 
中門大池 10:50 ~ 中門岳側道分岐・下 11:18 
~  中門岳側道分岐・上 11:22 ~ 駒の小屋・ベンチ 11:32-57(昼食) 
~ 展望ベンチ 12:08 ~ 山頂まで1.7㌔ 標柱 12:18 
山頂まで2.7㌔ 12:39  ~ 山頂まで2.9㌔(水場・ベンチ)12:45-57 
~ 山頂まで3.7㌔ 13:12 ~山頂まで4.1㌔標柱 13:22 
~ 大木ベンチ 13:31 ~ 登山口 13:43 ~ 駐車場着 13:48 
 
檜枝岐村発 14:20 奥只見シルバーライン経由 
車中泊地着 17:45 
道の駅・ちぢみの里おぢや  
TEL 0258-81-1717 900円 10:00-22:00 ナトリウム炭酸水素塩他



7/9 西岳(八ヶ岳)&アチャ~、やってもうた!!編

2011.7.9 西岳

富士見高原ゴルフ場登山口から西岳~青年小屋~編笠山~登山口の馬蹄形コースを
予定して出発したが、道半ばにして管理人に大アクシデント発生!!
 
 
西岳ルート解説は2007.08.25 西岳を参考にして下さい。
但し、現在は林道終点ゲート(造林小屋R)手前の別荘地にチェーンゲートが
設置されてしまいました。
別荘地内には駐車スペースがないので富士見高原ゴルフ場側から登る事をお勧めします。
 
西岳ルートMAP 
イメージ 1
富士見ゴルフ場前駐車場標高 1345M 標高差 1053M 総歩行距離 9334M 
この地図は国土交通省・国土地理院長の承認を得て、同院発行の 1:25000地形図に基づき
作成された承認番号(平19総使、第186-21250号)を転載したものです。  
《使用データソフト GARMIN MapSource》
 
 
西岳からのパノラマ図解(D・パノラマ5使用)
イメージ 2
 
富士見高原ゴルフ場・西岳&編笠山登山口駐車場 
イメージ 13
 
車でもう少し上まで行かれそうな雰囲気ですが行き止まりになっています。
イメージ 6
 
電波塔工事用に作られた砂利道を北上
イメージ 21
 
電波塔
イメージ 22
 
電波塔横から登山道へ入る
イメージ 23
 
体重制限あり?の丸太橋(管理人が渡れたから大丈夫かな)/迂回路あり
イメージ 24
 
五叉路指導標(造林小屋R合流地点)/カーブミラーあり
イメージ 25
 
不動清水(長命水)を目指して林道歩き
イメージ 26
 
不動清水(長命水)トイレ・ベンチあり /西岳・編笠山分岐点
イメージ 27
 
第1林道出合/アブの大群がまとわりつくので登山地図を「ハエ叩き」に・・・
イメージ 3
 
第2林道出合/山頂までアブの大群に悩まされ続ける イメージ 4
 
第3林道出合 竹下さん・管理人
イメージ 5
 
後方から“ひらさんの登山靴、スリッパになっているよ”の声が・・・
山友からいただいた靴の(長年履いていなかったのでソールが剥がれる
かもと聞いてはいたが)
試し履きを兼ねての山行だったが、
他人事と思っていたソール剥がしを自分で体験してしまいました。(笑)
土踏まずから後の剥がれだったので竹下さん持参のテーピングで応急処置
イメージ 7
 

竹下さんありがとうございます。
イメージ 8
 
顔・首・手と肌が露出している部分への噛みつき攻撃に始まり、ズボンや
アンダーウェアーの上からも噛みついてくるしつこさにはホトホトまいりました。
怒!怒!怒! 
イメージ 9
 
小広場にて 管理人・伊藤さん
イメージ 10
 
ガレ場・展望適地
イメージ 11
 
富士山もちょっこっと顔を見せる/ガレ場より
イメージ 12
 
イブキジャコウソウ
イメージ 14
 
コメバツガザクラ
イメージ 15
 
ハイマツの雄花/ラズベリーみたいで思わず口 に入れてしまいそう~♪  
イメージ 16
 


タカネバラ
イメージ 17
 

青年小屋・編笠山/西岳山頂より 
イメージ 18
 
西岳山頂 2398M 
ここから青年小屋経由で編笠山に登って登山口に戻る予定でしたが、靴パッカン!の
アクシデントで西岳のピストンとなってしまいました。
仲間の皆さんゴメンナサイ m(_ _)m
イメージ 19
 
山頂に着いた時は左右の靴底がこんな状態になっていましたが、
テーピング処置のお陰で無事下山することができました。 
イメージ 20
長野発6:00 ~ 登山口駐車場着 8:00
登山口発 8:15 ~ 電波塔 8:18 ~ 行き止まり標柱 8:28 
~ 丸太橋 8:34 ~ 五叉路指導標(造林小屋R合流点)・カーブミラー 8:37 
~ 不動清水(長命水)・トイレあり 8:43-47 ~ 第1林道出合 8:55 
~ 第2林道出合 9:10-20 ~ 第3林道出合 9:53 
~ 靴底応急処置 10:30-35 ~ 小広場 10:45-50
~ ガレ場(展望良) 11:16-30 ~ 西岳山頂着 11:43-12:25(昼食)
山頂発 12:25 ~ 小広場 12:46 ~ 第3林道出合 13:10 
~ 第2林道出合 13:31 ~ 第1林道出合
13:41 
~ (不動清水)長命水 13:48-14:00 ~ 電波塔 14:22 
~ 駐車場着 14:26
 

 
立ち寄り温泉情報
信州原村八ヶ岳温泉 樅の木荘「もみの湯」 0266-74-2911 大人500円
温泉満足度 ☆☆☆ 



山情報満載の宝物

鍬ノ峰を教えてくださった山の大先輩、F田先生から情報満載の資料を頂戴しました。
大事に使わせていただきます。 平林
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 

7/2 湯の丸山-烏帽子岳 花旅

2011.7.02 湯ノ丸山・烏帽子岳

全県的に曇り予報のため、展望に関係なく花を楽しめる山ということで
が故郷(旧真田町)の山「烏帽子岳」を選びました。
 
コース解説は2007.7.6の烏帽子岳(湯の丸山)をご覧下さい。
 
カシミール・湯の丸山・烏帽子岳 登山MAP 
湯の丸地蔵峠P標高 1730M 標高差 371M  総歩行距離 9543M
イメージ 1
 
牛が放牧されたスキーゲレンデを上りこむ  7:24
イメージ 2
 
牛のうんちを踏まないように気をつけて歩きましょう
イメージ 13
 
 つつじ平&湯の丸山
イメージ 23
 
 
つつじ平&湯の丸山 
イメージ 24
 
遭難防止の鐘
イメージ 25
 
ガレ場 
イメージ 26
 
ツマトリソウ
イメージ 27
 
冬はBCエリアとして人気の湯の丸山山頂付近 
イメージ 28
 
湯の丸山 2101M 
イメージ 29
 
ミヤマハンショウヅル
イメージ 3
 
 
鞍部/分岐点
イメージ 4
 
キンバイソウ
イメージ 5
 
オオヤマフスマ
イメージ 6
 
グンナイフウロ
イメージ 7
 
ハクサンチドリ
イメージ 8
 
スズラン
イメージ 9
 
クルマバツクバネソウ
イメージ 10
 
烏帽子岳稜線もツツジで彩られる
イメージ 11
 
稜線を歩く 
イメージ 12
 
ここを登れば烏帽子岳山頂だ 
イメージ 14
 
烏帽子岳 
イメージ 15
 
烏帽子岳 2065.6M 
イメージ 16
 
 
下山時撮影のつつじ平は観光客で大賑わい 12:11
イメージ 17
 
湯の丸高原(トイレ有り)駐車場に到着12:28
イメージ 18
 
 
烏帽子岳(湯の丸山)を選択したのはこの「シロバナコマクサ」との再会を願っての事であった。
”願って”とは大袈裟なと思われる向きもあろうが、珍しいシロバナ故、盗掘にあっていないかが心配で、案の定というか、残念というか、前回訪問時は3箇所で6株ほど咲いていたシロバナを全く見ることはできませんでした。 しかし幸いな事に別の場所に保護移植された一株が登山者の目を楽しませていました。
イメージ 19
 


イメージ 20
 
 
イメージ 21
 
 
イメージ 22
 
 
シロバナコマクサ&当ルート解説は
 
長野発 6:00 ~東部湯の丸IC下車~ 湯の丸牧場着 7:10
登山口発 7:24 ~ リフト山頂駅 7:39 ~ つつじ平散策 ~ 遭難防止の鐘 7:59 ~
湯の丸山山頂着 8:39-9:00 山頂発 9:00 ~ 鞍部(分岐点) 9:22 ~ 稜線 9:50 ~
烏帽子岳山頂着 10:24-10:55(昼食)
山頂発 10:55 ~ 稜線 11:17 ~ 鞍部 11:33 ~ 中分岐 11:58 ~
遭難防止の鐘 12:05 ~ リフト山頂駅 12:15 ~ 駐車場着 12:28
 
 
下山後、旧真田町・横尾地籍「千古温泉」で汗を流し帰路につく
 
 
 
 
RSS
ギャラリー
  • 2020.謹賀新年
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
  • 19.12.13-14 あしかがフラワーパーク
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ