小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2011年06月

スマートフォン & iPhoneで見る山頂からのパノラマ図解



 
 
ひらさんのHighトレッキング パノラマ図解編 

 
 
見本:パノラマ図解 槍ヶ岳より 
イメージ 1








6/19 北信五岳のひとつ黒姫山へ

2011.6.19 黒姫山

細井さんの山友、坂口さんの山行に便乗させていただき
黒姫伝説が伝わる黒姫山へ行ってきました。
 
後日談ではあるが、なんと!なんと!岐阜の山友「ジオン」さんが、
私たちに先行すること20分で黒姫山に登られていた事を知るに至って超ビックリ!
峰ノ大池分岐より上ですれ違ったはずだが、前回の鞍掛山での失敗に懲りず、
またしても下山する皆さんの顔を見ずに挨拶を交わしてしまった事が悔やまれてならない。
 
 
 
 
グーグルアース鳥瞰図 
イメージ 1
 
黒姫山・大橋駐車場(トイレは戸隠キャンプ場入り口)発 7:51
イメージ 2
 
 約1時間の長~い林道歩き
イメージ 13
 
 
新道分岐でひと休み 8:58-9:04
イメージ 21
 
休憩適地・しなの木 9:37
イメージ 22
 
根曲がり竹で おどけてみせる松○さん
イメージ 23
 
山桜撮影会
イメージ 24
 
山桜
イメージ 25
 
ムラサキヤシオツツジ
イメージ 26
 
イワカガミ群生
イメージ 27
 
 しらたま平/焼山・火打山展望 10:42-45 イメージ 3
 
山頂が近づくにつれ雲がわき上がってくる・・・
イメージ 4
 
残雪の登山道は泥んこ道!!
この前後でジオンさんとすれ違ったはずだが・・・
イメージ 5
 
 
山頂を目指す仲間を撮った写真にジオンさんが写っているではないですか~♪
足元のぬかるみに気をとられていたばっかりに・・・
ジオンさん、気がつかなくてゴメンナサイ (-_-;) 
イメージ 28
 
この岩場をクリアすれば山頂だよ~
イメージ 6
 

黒姫山山頂・2053M
 11:22-12:12
イメージ 7
 
北信五岳・三山制覇の松○さん
残すは妙高&斑尾のみで年内達成か?
イメージ 8
 
 
下山中に写した花々/ツマトリソウ 
イメージ 9
 
ツバメオモト
イメージ 10
 
ヒメイチゲ
イメージ 11
 
ギンリョウソウ
イメージ 12
 
タニウツギ
イメージ 14
 
新道分岐点から古池・種池方面へ下山
清流 14:38-42
イメージ 15
 
古池 14:53
イメージ 16
 
古池近くの湿原を歩く
イメージ 17
 
この時期に咲いている水芭蕉と出会えるとは・・・ヽ(´▽`)/
イメージ 18
 
色とりどりの花が咲き誇る湿原
イメージ 19
 
古池R登山口に下山 15:35
イメージ 20
大橋登山口発 7:51 ~ 新道分岐 8:58-9:04 ~ しなの木 9:37 
~ 途中休憩 9:49-10:02 ~
しらたま平 10:42-45 
~ 峰ノ大池分岐 11:07 ~ 黒姫山山頂着 11:22-12:12
山頂発 12:12 ~ 峰ノ大池分岐 12:24 ~ しらたま平 12:50 
~ しなの木 13:32 ~
新道分岐点 14:01-06 ~ 清流 14:38-42 
~ 古池 14:53 ~ 石祠 15:03 ~
湿原散策 ~ 水門 15:13 
~ 種池分岐 15:22 ~ 種池 15:23 ~ 種池分岐 15:25 
古池R登山口 15:35 ~ 車道歩き ~ 大橋駐車場着 15:40
 
黒姫山にまつわる伝説とは 
時代は天文年中(戦国時代)、舞台も今の長野県中野市です。
武将高梨政頼には、黒姫という美しい娘がいた。
ある日、政頼は、家来と黒姫を伴って、志賀高原の大沼池へ花見に出かけた。
花の宴の翌日、一人の若者が殿様に対面を申し込んだ。
立派な身なりなので受け付けた武士が用件を尋ねると、黒姫に求婚を申し込みにきたと
言うのだ。
早速、武士は彼を待たせ、家老にこの話を伝えた。
そして、家老と供に戻ってみると若者の姿はもはやいなかった。
この不思議な若者は、翌日も、翌々日も訪れては、同じことを言っては消えた。
殿様もさすがにこれには何かあると感じ、家来と相談して若者にある策略を仕掛けた。
この策略にはまった若者は、大怪我を負って消えてしまった。
殿様は家来に命じ残っている血の跡をたどらせると、
いつか黒姫と花見に出かけた大沼池まで続きそこで消えていた。
その日から、若者は現われなくなり一同はホッとした。
ところがある日、化粧をしようと鏡にむかった黒姫は悲鳴をあげた。
首から胸にかけてびっしりと蛇のようなこけらが生えていたのだ。
殿様はありとあらゆる力に頼って、黒姫の体を治そうとしたが、
姫の体は治るどころかこけらは全身におよび、次第に蛇の体のようになっていって
しまった。
悲観した黒姫は乳母のお種さんを連れて、家を出た。
彼女は妙高と戸隠の間にある山の山頂にたどり着いた。
そして、もはや人間の姿ではないから…と、自分の化粧道具を捨てると、
それは7つの池となった。
最後に両親からもらったお守りを捨てると、
それは大きな池となり彼女はそこに身を投げた。
乳母もその後を追った。
以後、黒姫が捨てた化粧道具でできた池を「7つ池」、
黒姫自身が身を投げた池を「大池」お種さんが身を投げた池を「種池」と呼んだ。
しかし、それでも大沼池の主の怒りはおさまらず、高梨家の領地に洪水を起こし、
何もかも押し流してしまった。
このお話は『野尻湖と伝説』(塚本啓 著/株式会社 信州)に収められています

6/11-12 伊豆ドライブ

20116.11-12
天城山に登る予定だったが雨のため伊豆ドライブ旅行に変更
 
先ずは早朝の城ヶ崎海岸からスタート
イメージ 1
 
雨の城ヶ崎
イメージ 2
 
 
雨の城ヶ崎海岸
イメージ 11
 
 吊り橋
イメージ 22
 
 城ヶ崎海岸
イメージ 23
 
下田へ向かう途中、海岸線の露天風呂で海を見ながら朝風呂と
洒落る予定だったが波が荒くて入浴不可!!
やむを得ず「サンシップ今井浜」の展望露天風呂へ  
泉質満足度☆  展望満足度☆☆☆
 
下田市武ヶ浜1-14 「魚でめし魚で酒 勝」で昼食
地魚刺身盛り合わせ 2100円也
イメージ 24
 
 下田港/黒舟来襲  (細井夫妻)
イメージ 25
 
下田港/海猿
イメージ 26
 
 
伊豆の踊子/天城・河津七滝(ななだる)
イメージ 27
 
 願い石
イメージ 28
 
 
伊豆の踊子/天城・河津七滝(ななだる)のひとつ初景滝
イメージ 3
 
 旧天城トンネル
イメージ 4
 
 
 車通行可
イメージ 5
 
せっかくなので歩いてみました
イメージ 6
 
反対出口には東屋&トイレもあります
イメージ 7
 
本日の車中泊地「道の駅・伊豆のへそ」へ向かいます。
 
伊豆市湯ヶ島温泉 いづみ園で汗を流す 0558-85-2455 
温泉満足度☆☆☆
イメージ 8
 
 
本日の車中泊地「道の駅・伊豆のへそ」 
イメージ 9
 
「道の駅・伊豆のへそ」洋ランパーク内「洋蘭飯店」にて
バイキング(2500円)&地ビール(800円飲み放題)の宴!!
イメージ 10
 
翌、日曜日は朝一番で沼津市場「丸天」へ AM7:00 
イメージ 12
 
ぶつ切り丼 1400円
イメージ 13
 
 管理人定番の刺身上定食(手前) 2100円
イメージ 14
 
 金目鯛の煮付け/時価 本日は1500円也
イメージ 15
 
 丸天丼 1600円くらいだったような・・・
イメージ 16
 
 沼津市の柿田川湧水をお散歩
イメージ 17
 
 
イメージ 18
 
 
イメージ 19
 
 (細井夫妻)
イメージ 20
 
帰宅途中、富士宮市で「富士宮焼きそば」を食べる!! 
食後の散歩に富士山本宮・浅間大社へ
イメージ 21
 
 
本日の〆は山梨県南巨摩郡南部町の佐野川温泉 0556-67-3216
温泉満足度☆☆☆




6/4 日向山~鞍掛山 クモイコザクラ花旅

2011.6.04
クモイコザクラ(雲居小桜)を求めて日向山~鞍掛山へ

山友「なんちゃん」「abeちゃん」のホームページ(2008.6.1)でクモイコザクラの
存在を知り、桜草オタクの管理人「これは見に行くっきゃない!」と思いつつ、
計画倒れに終わっていた鞍掛山花旅でしたが本日3年越しの夢が叶いました。
なんちゃん  http://minamikazenokoroni.blog94.fc2.com/blog-date-20080601.html
abeちゃん  http://yamatakihana.fc2web.com/siyasin20.6kurakake.htm

鞍掛山への鞍部では単独山行の素敵な女性から「ひらさん」と声をかけていただき
ビックリ!
お話しを伺うと山友「だんべえさん」のお友達で管理人のHPにも
訪問いただいているとの事でした。
単独峰のピストンならともかく、日向山経由なのでこのタイミングは奇跡的!!
今回のような偶然な出会いも山登りの楽しさのひとつなんだな~と実感しました。



山友? reiさん 2011.6.4 日向山&鞍掛山レポ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-114962.html
6/8 管理人のホームページをアップしました
http://hirasan.canada2194.com/hinatayama3.html


グーグルアース鳥瞰図
イメージ 1


矢立石登山口 6:54発
イメージ 2



石仏 7:26
イメージ 3


唐松林
イメージ 4



日向山・三角点 8:17
イメージ 5



日向山と八ヶ岳 8:23-9:03
イメージ 6



日向山山頂/甲斐駒と鞍掛山
イメージ 7



日向山(雁ヶ原)と八ヶ岳
イメージ 8




富士山・日向山より
イメージ 9




鞍掛山を目指して雁ヶ原を下る
イメージ 10




雁ヶ原鞍部(錦滝分岐)から鞍掛山を目指す 9:07
イメージ 11



第3表示板/木にくくり付けられた表示板が所々に設置されている 10:04
イメージ 12



急坂にギブアップ寸前の管理人(苦しさを笑いで誤魔化している状態だよ~)
途中休憩10:04-20
イメージ 13



鳳凰三山・地蔵岳のオペリスク(地蔵仏)
イメージ 14



駒岩(大岩山分岐点)/鞍掛山方面指導標に従い左折 11:04-12
イメージ 15

鞍部では偶然の出会いが!! 11:24
単独山行の素敵な女性から「ひらさん」と声をかけていただきビックリ!
お話しを伺うと山友「だんべえさん」のお友達で、
管理人のHPにも訪問いただいているとの事でした。
それにしても、こんな中年オジサンを見つけていただきありがとうございました。
レイさんの山行記録はヤマレコに投稿されていますが、ご承諾いただけたら
ハンドル名を記載しますのでお楽しみに・・・
イメージ 16


鞍掛山への急登
イメージ 17

鞍掛山への急登その2
不覚にも管理人は両足痙攣をおこしてしまい、回復待ちのロスタイム(約20分)で
山頂着が大幅に遅れ同行の細井さんに迷惑をかけてしまいました。m(_ _)m
イメージ 18

鞍掛山山頂(2037M)から展望台へ向かいます。 12:15
イメージ 19


展望台 12:20-13:05
イメージ 20


展望台(石仏・石祠・石碑)
イメージ 21



甲斐駒ヶ岳(展望台より)
イメージ 22



甲斐駒ヶ岳・鋸岳(展望台より)
イメージ 23


展望台発 13:05 ~ 鞍掛山 13:12 ~ 鞍部 13:24 
~ 駒岩 13:37-47 ~ 錦滝分岐 14:31 ~ 雁ヶ原分岐 14:50-59 
~ 鉄階段 15:17 ~ 錦滝(東屋) 15:24-35 ~ 登山口着 16:15

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鞍掛山のクモイコザクラ(雲居小桜)
イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆クモイコザクラとイワザクラの違い☆
『イワザクラ』
花径:2.5~3cm
花色:紅紫色
草丈・花茎:5~10cm
茎葉:根生葉 束生、円形で縁は不規則に浅く裂け、鋸歯がある
生活史:多年草
生育場所:山地の石灰岩の岩地
舟伏山のイワザクラ/ http://hirasan.canada2194.com/funabuseyama.html

『クモイコザクラ』
亜高山~高山帯の湿った岩壁に生える多年草で、
高さは5~10センチ。
コイワザクラの変種とされ、より深山に咲き、
葉が1/3ほど裂け、鋸歯が尖るのが特徴。



RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ