小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2011年05月

5/21 秩父の名峰・両神山(日本百名山) 八丁峠~日向大谷ルート

2011.5.21 日本百名山・両神山

上田太郎山~森将軍塚古墳までの上田アルプス(仮称)縦走を予定していたが諸事情により
延期となり、秋に予定していた両神山を前倒しで細井夫妻と登ってきました。
今回は家内に運転手兼配送係を頼み、八丁トンネル発~八丁峠~西岳~東岳~両神山
~日向大谷へ下山するルートで、展望+アカヤシオ&クサリ場の稜線歩きと
森林浴の産泰(体)尾根山腹歩きを楽しんできました。
七時間ちかく車中で待機し下山口であたたかく出迎えてくれた家内にこの場を借りて感謝します。

 ホームページ(本編)
http://hirasan.canada2194.com/ryoukamisan.html



両神山(りょうかみさん)グーグルアース鳥瞰図
長野発 3:40 ~ 花園IC下車 ~ すき家(朝食) ~ 八丁トンネル登山口着 7:25
イメージ 1

八丁トンネル入り口の駐車場(トイレ有り・ペーパー無し)と登山口(矢印) 7:50発
イメージ 2

八丁峠へむけて急坂歩きだが“まだ余裕”の管理人 (^-^)
イメージ 3

八丁峠(展望台) 8:43-50
イメージ 4

八丁峠以降は上落合橋からの登山者と合流するため場所によっては渋滞気味に・・・
イメージ 5

目指す西岳・東岳全景
イメージ 6

花とおじさん / むかしそんな歌がはやりました (^_-)
イメージ 7

最盛期は過ぎていましたが、まだまだアカヤシオを楽しむことができました。(^_^)v
イメージ 8

西岳へのクサリ場その1
峠から両神山の間はクサリ場の連続で載せる写真選びに迷いました。
イメージ 9

上の写真全景
イメージ 10

西岳へのクサリ場その2
イメージ 11

西岳・1613M 細井奥様と管理人 9:53-56 
イメージ 12

祠地点へ直登するクサリ場 10:18
イメージ 13

八丁峠~西岳(手前)全景
イメージ 14

上部の岩に取り付くまで腕力頼りで本コース最難関?のクサリ場
イメージ 15

足場は狭いが天武将尾根(下段写真)の展望が良い
イメージ 16

天武将尾根全景
イメージ 17

東岳・1660M 細井夫妻 11:03-25
イメージ 18

東岳より展望を楽しむ
イメージ 19

アカヤシオ咲く稜線を歩く
イメージ 20

両神山・山頂直下の最終クサリ場
イメージ 21

両神山手前の岩稜展望適地 11:59-12:03
イメージ 22

アカヤシオでピンクに染まる両神山(矢印)
イメージ 23

日本百名山の両神山・12:05-28
イメージ 24

日向大谷&上落合橋下山口方面/拡大可
※後日談ですが同じヤフーでブログを作られている「ゆうゆう」さんの
後ろ姿↓を激写していました。
これがご縁でネット仲間に加えていただきましたが、なんとなんと・・・
二人には共通のネット仲間「こうちさん」がおりこれまた二度目のビックリ!!
三度目はないだろうと思っていたら、なんと!なんと!
茅ケ岳でお世話になったMIZUOさんまでネット仲間とのことで三度目のビックリ!!






イメージ 25

富士山は見られなかったが、かろうじて甲武信ヶ岳・金峰山を視認することができた
イメージ 26



両神山発 2:28、日向大谷へ向けて約5.8kmの下山風景は樹林帯歩きのため
以下の三枚にしました。
御嶽神社奥宮/この下に両神神社奥宮 12:49-52
イメージ 27

管理人恒例のクールダウン
イメージ 28

民宿両神山荘(ピンバッチ購入)&日向大谷登山口に到着 15:26
イメージ 29



八丁峠~西岳~東岳~両神山ルート総評
登山地図やガイドブックにはクサリ場が連続するので熟練者向きと記載されているが
、クサリ場や岩場を体験されている方ならば雨天時を除き慎重に歩けば
特に問題はないと思われます。

《管理人の独り言》
クサリ場(三点確保)の登り方を知らず、クサリに頼りっぱなしで足を置く
位置すら確認できないまま身体が左右にブ~ラブラ状態の方がおり渋滞の一因に・・・
リーダーらしき男性は下から見ているだけでしたが、ごく一部の岩場を除き
本ルートに付けられた鎖は下山時の安全確保が目的と思われ、
上るときはクサリを頼らず三点確保で充分に上れる岩場なので
同行リーダーによる的確な指示を期待したい場面がありました。

両神山~日向大谷ルート総評
日向大谷ルートは両神山登山のメインルートではあるが、沢筋に沿った
樹林帯歩きが大半で山頂付近に出るまで展望がないので管理人としては
八丁峠ルートをお勧めします。
クサリ未経験の方は近場のクサリ場や岩場がある山で経験を積まれた後に
八丁峠ルートを挑戦され、展望とスリルを楽しまれてみてはいかがでしょう。




5/14 大町市の里山、鍬ノ峰(くわのみね)で360°大展望を楽しむ?

2011.5.14
鍬ノ峰は大町市の里山で、背後には北アルプスの名峰、餓鬼岳・唐沢岳・針ノ木
・蓮華岳などが控えており山頂からは360°大パノラマが楽しめる展望の里山です。

当初は鍬ノ峰という名前すら知りませんでしたが、仕事先の古田先生より
「イチ押しの里山」と教えていただき仲間と出かけてきました。
登山口は大町市仏埼地籍・観音寺からのと、餓鬼岳・白沢登山口を通過して
林道終点手前(駐車スペース7台)から登る2ルートがあります。

5/20 ホームページアップしました。
http://hirasan.canada2194.com/kuwanomine.html


グーグルマップ鳥瞰図・観音寺庫裡に車をデポ後、餓鬼岳登山口方面へ向かう
イメージ 1

駐車場と鍬ノ峰登山口 9:12
餓鬼岳登山口(仮設トイレ有り)からこの間、道幅は狭いが駐車場所まで完全舗装路です。
イメージ 2

高瀬川18番鉄塔をくぐる 9:29
イメージ 3

南尾根稜線に飛び出すと展望が開ける 9:59 
イメージ 4

ここで展望を楽しみながら小休止 10:12-24
イメージ 5

餓鬼岳・唐沢岳・七倉岳が見え始める(上の小休止地点で撮影)
イメージ 6

里山ならではの笹道が続く
イメージ 7

高度が増すと餓鬼岳・唐沢岳の稜線も視界に入る 10:37
イメージ 8

鍬ノ峰山頂に到着! 11:02-17
イメージ 9

餓鬼岳・唐沢岳・七倉岳・蓮華岳・鹿島槍の大展望が楽しめる予定だったが・・・
イメージ 10

大町市方面パノラマ 
イメージ 11

強風と北アルプスから飛ばされてくる?雪のため山頂からの
大展望を諦め下山開始 11:17
大町ダム・龍神湖を見ながら車デポ地の観音寺(仏崎ルート)へ下る。
イメージ 12

風よけ・雪よけ場所でランチタイム 11:51-12:21
イメージ 13

予期せぬイワウチワとの出会い! 
イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16

木遊び/家内に見られたら「歳を考えなさい!」と言われそう・・・笑
イメージ 17

山頂まで2.5k・仏崎まで2.4kのコース中間点 13:19
イメージ 18

花々以外でも、こんな出会いが待っていました。
イメージ 19

滅多に見ることのできない「頭カイカイポーズ」のカモシカ君
イメージ 20

イワウチワ大群生地
イメージ 21

長~い補助ロープ地点 13:49
イメージ 22

石楠花
イメージ 23

展望大岩 14:36
イメージ 24

泉・常盤地籍の田園風景(展望大岩より)
イメージ 25

観音寺・鐘撞き堂 14:50
イメージ 26

観音寺庫裡の車デポ地に到着 14:55
イメージ 27

この登山口から餓鬼岳を目指す人は「余程の物好き」以外はいないでしょうね~~多分!
イメージ 28


仏崎コースを歩かれる方は少ないと思いますが、この時期はイワウチワ・イワカガミ
・石楠花が咲いており、なかでもイワウチワの大群生地は圧巻でした。





5/7  信州100名山の虫倉山へ(薬師尾根ルート)

2011.5.07
GW最後の山登りは山友の岡埜さんと信州100名山の虫倉山へ

当初は不動滝Rをピストン予定だったが小回りの効く者同士、たまには未知のルートを
ということで薬師尾根登山口に車をデポし不動滝R~虫倉山山頂~薬師尾根Rの
行程で歩いてきました。
この薬師尾根Rについては山友ヒロちゃんのHPで情報を得ていたものの、
写真や文章だけでは読み取れない「歩いた者のみが体感できるスリル」を
存分に味わってきました。汗

《薬師尾根を歩かれる方へ》
中盤以降の「尾根下り」はなかなか手強いものとなりますので
里山と侮らず慎重に歩かれてください。



グーグル鳥瞰図
イメージ 1


不動滝車道入り口に建てられた虫倉山道しるべ館(休憩・ロッカー・トイレ可)
イメージ 2

不動滝登山口駐車場
イメージ 3

不動滝
イメージ 4

サンショウウオ生息地
イメージ 5

金倉坂
イメージ 6

東屋
イメージ 7

地図A地点・帰りはこの分岐点でピンク矢印方面へ向かう(青矢印・虫倉山へ)
イメージ 8

虫倉山山頂/山頂で知り合った下仁田の永井さんご夫婦と記念撮影
イメージ 9

地図B地点・ブナの大木を通過したら薬師尾根分岐が近いので要注意
イメージ 10

地図C地点・分岐点には標識がないので要注意
イメージ 11

山界の目印に炭で作られた土塚
イメージ 12

この辺までは普通の里山歩きだが・・・
以後は痩せ岩稜上歩きや、痩せ尾根の谷側に付けられた
微かな踏み跡頼りとなるので慎重に下りたい
イメージ 13

痩せ岩稜情は展望が最高!
イメージ 14

夫婦岩
イメージ 15

根っ子を掴みながら慎重に下る
イメージ 16

高度感・スリル感をお見せできないのが残念!!
イメージ 17

上に同じくその二
イメージ 18

日本の原風景が残る・・・
イメージ 19

薬師洞窟・最下段の解説板参照
イメージ 20

車をデポした薬師尾根登山口に到着
イメージ 21

薬師洞窟解説板
イメージ 22





5/4 弘法大師ゆかりの弘法山へ

2011.5.4 弘法山

前日の三浦半島海岸巡りの後は伊豆の天城山を予定していたが石楠花の
開花時期(6月)に訪問することにし、近間の弘法山でミニ縦走ハイキングを楽しんできました。


グーグル鳥瞰図
イメージ 1

鶴巻温泉街の有料駐車場を利用・終日500円は魅力
イメージ 2

鶴巻温泉街の有料駐車場を利用
終日500円だと下山後に駐車したまま鶴巻温泉日帰り入浴施設で汗を流す事も可能に (^_^)v
イメージ 3

鶴巻温泉駅から秦野駅へ向かう・急行電車も利用できて大人150円
イメージ 4

秦野駅から弘法山登山口に至る市街地MAP
イメージ 5

上記地図記載星印のセブンイレブン・後方は弘法山登山口を兼ねる浅間山
イメージ 6

弘法山公園入口
イメージ 7

公園入り口から橋を渡って登山口へ向かう
イメージ 8

弘法山登山口
イメージ 9

浅間山
イメージ 10

浅間山公園トイレ横を下って権現山登山口へ向かう
イメージ 11

権現山(243M)展望台
イメージ 12

権現山山頂モニュメント/富士山方面は雲の中だった・・・
イメージ 13

馬場道
イメージ 14

弘法山・235M
イメージ 15

弘法山の歴史
イメージ 16

弘法山の主だニャン!
イメージ 17

鶴巻温泉まで2.3km地点
イメージ 18

新緑が眩しい
イメージ 19

日本武尊が東征の時に立ち寄ったと伝わる吾妻山
イメージ 20

吾妻山に設置された指導標
イメージ 21

鶴巻温泉方面から家族連れが続々と登ってくる
イメージ 22

東名高速下のトンネルを抜けて鶴巻温泉街へ
イメージ 23

5/3 神奈川県・三浦半島海岸巡り&横須賀街歩き

2011.5.03
横須賀金沢八景から始まり観音崎・剱埼・三浦半島南岸・城ヶ島・荒埼
・ソレイユの丘などの海岸線歩きを予定するも昼からの雨で後半は中止に・・・
そのかわりと言うわけではないが、空いた時間は日帰り温泉の梯子で
まったりゆったりの一日を過ごすことができました。(^_^)v

↓ 二日間の立ちより湯温泉情報はこのページにて掲載しております。
http://hirasan.canada2194.com/koubouyama.html



観音崎灯台
イメージ 1

観音埼灯台の切り通し
イメージ 2

観音崎の砲台案内板
イメージ 3

第三砲台跡
イメージ 4

観音崎海岸沿いはバーベキュー・ファミリーで大賑わい
イメージ 5

燈明堂/下段の城ヶ崎灯台解説文と読み比べて下さい。
イメージ 6

日本最古の灯台・燈明堂
イメージ 7

剱埼灯台
イメージ 8

剱埼灯台
イメージ 9

剱埼灯台の下・三浦海岸岩礁
イメージ 10

剱埼灯台の下・三浦海岸岩礁
イメージ 11

盗人狩
イメージ 12

盗人狩
イメージ 13

盗人狩
イメージ 14

盗人狩近辺の岩礁
イメージ 15

盗人狩近辺の岩礁
イメージ 16

盗人狩近辺の岩礁
イメージ 17

城ヶ島灯台/上段の灯明堂案内板と読み比べて下さい。
イメージ 18

城ヶ島灯台
イメージ 19

横須賀市・三笠公園の記念艦「三笠」案内板
イメージ 20

記念艦「三笠」
イメージ 21

記念艦「三笠」
イメージ 22

記念艦「三笠」
イメージ 23

記念艦「三笠」
イメージ 24

今日、出会った花々
イメージ 25


イメージ 26


イメージ 27


イメージ 28


イメージ 29


イメージ 30


イメージ 31






4/30  霧訪山~大芝山ルート周遊の花旅

2011.4.30 霧訪山

前回は翁草を求めて北小野ルートから登りましたが、山頂で合流した
ネット仲間の和たんさんから「大芝山ルートは花の宝庫」だったと教えていただき
手作り地図片手に同ルートを歩いてきました。

4月30日現在:霧訪山の花々開花情報
山頂の翁草/開花
カタクリ/一部開花・見頃は8日前後と思われる
各種スミレ/満開
大芝山近辺のニリンソウ&カタクリ/蕾・一部開花・見頃は8日前後と思われる
コブシ/満開
ヒゲネワチガイソウ/開花
イワウチワ/開花

今回の山行では富士宮市からのご夫妻(登山口)、川越からのご夫妻(山頂)、
神奈川県からのご夫妻(下山中)とお話しする機会を得、単独行ながら
楽しいひとときを過ごさせていただきました。感謝
後日談になりますが下山中にお話しさせていただいたご夫妻は、
なんとなんと共通のネット仲間(山友)が3人もいることを知り
世間の狭さにビックリ!!


霧訪山登られる方の大半は北小野Rか自然Rのピストンになると思いますが、
今回歩いた大芝山周遊コースにはカタクリ群生はもちろん各種花々が咲いており
私たちの目を存分に楽しませてくれます。
GW後半にお時間のある方は管理人に騙されたと思って
歩いてみられては如何でしょう・・(笑)


グーグル鳥瞰図
地理院の当ルートMAPが必要な方はコメント欄よりお申し出下さい。
イメージ 1

山ノ神自然園駐車場を出発
イメージ 2

雄床山神社を右に見て直進
イメージ 3

たまらずの池
イメージ 4

橋を渡って登山口へ向かう
イメージ 5

霧訪山登山口/34番鉄塔まで急坂歩きとなる
イメージ 6

赤松林の急坂をエンヤコラと34番鉄塔を目指す
イメージ 7

34番鉄塔でひと休み
イメージ 8

植生が赤松林からブナ林(ミズナラ?)に変わると大芝山分岐点が近い
イメージ 9

大芝山分岐点(ブナの分かれ)
イメージ 10

女坂のカタクリ/開花が10日ほど遅れているかも・・・
イメージ 11

霧訪山山頂/翁草目当ての登山者で賑わう
イメージ 12

翁草:この姿が名称の由来となる
イメージ 13

採石場と大芝山(左前方)方面
イメージ 14

まだ咲いていないカタクリ群生地が大芝山まで続く
イメージ 15

大芝山・1210m
イメージ 16

洞ノ峰(西條城址)/「二人で山歩き」milkさんと健さん
http://milk.web.infoseek.co.jp/
イメージ 17

この鉄塔指導標を目印に左折
イメージ 18

26番鉄塔
イメージ 19

山肌を埋め尽くすコブシの花々/遠目でみれば山桜が咲いているようにみえるよ!
★ネット検索では同じモクレン科「タムシバ」との記載が半々状態でしたが、
当サイトでは山ノ神自然園ガイドMAPに記載されている「コブシ」に準じました。
イメージ 20

山の神社に到着!! 残すは約10分の車道歩きで自然園駐車場へ
イメージ 21



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
霧訪山~大芝山で出会った花々(花名が間違っていたら教えて下さいね)

ニリンソウ
イメージ 22

イワウチワ
イメージ 23

イワウチワ・白花
イメージ 24

フィリシハイスミレ
イメージ 25

ヒゲネワチガイソウ
イメージ 26

ヒトリシズカ
イメージ 27

タチツボスミレ
イメージ 28






RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ