小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2010年10月

10/23  苗場山・秋山郷 小赤沢三合目より

2010.10.23 苗場山

伊藤さんから、日本100名山を目指している友人(K林さん)と
苗場山へ登るけど一緒にどうですか?とのお誘いに有り難く便乗させていただきました。
K林さんは足に障害をもっておられ、今回のような岩ゴロ道では大分難儀されていましたが、
息を切らしながらも弱音をはかず黙々と上られる姿を拝見して
見習わなければとの思いになりました。





グーグル鳥瞰図
イメージ 1

秋山郷 小赤沢三合目駐車場 トイレ有り
イメージ 2

登山口&登山届BOX
イメージ 3

根っこ道/上から伊藤さん、K林さん、細井さん
イメージ 4

岩ゴロ道
イメージ 5

霜柱道を撮す細井さん
イメージ 6

クサリ道
イメージ 7

坪庭に到着
イメージ 8

坪庭を歩く
イメージ 9

草黄葉は終わっていたがこれだけの景色を見られただけで最高の気分に
イメージ 10

先週ミセスハイジさんが歩かれた鳥甲山をアップで
イメージ 11

苗場山頂ヒュッテが近づく
イメージ 12

苗場山山頂/管理人
イメージ 13

鏡池(ひらさん命名) 
イメージ 14

帰路につく人々 
イメージ 15






10/16 紅葉の安達太良山を目指すはずだったが・・・

2010.10.16 安達太良山(午後)

背戸峨廊を歩いた後、高速道利用(所要時間2時間)で安達太良山へ向かうが、
駐車場手前2キロで大 渋滞に・・・
渋滞=紅葉グッドタイミング!と先読みすれば苦にもならないが、
道ばたで実るアケビを採りながら歩く人にも追い抜かれるほどのノロノロ状態 (~o~)
午後1時、なんとか駐車場に着いたものの当初予定より1時間遅れ・・・アセアセ
そのうえ、周辺は青空なのに安達太良山上空だけ「今にも雨が降り出しそうな
真っ黒な雲」に覆われる 始末!  
これでは紅葉も期待できないうえ、登山自体も危うい状態に・・・
ここでも当初予定コースを大幅修正して、まずは行かれるところまで行って
駄目だったら引き返す案で ご覧のような結果となりました。 


2006.9.22 安達太良山のホームページ
http://hirasan.canada2194.com/adatarayama.html


グーグル鳥瞰図
イメージ 1

駐車場発 13:07 ~ ゴンドラ山頂駅発 13:30
イメージ 2

14:18 山頂近くまで上ってきたが上空には真っ黒な雲が漂う
イメージ 3

14:20 当たり前だが登山者より下山者の方が多い! 
イメージ 4

14:26 記念撮影
イメージ 5

14:29 ここが本当の山頂だぜ~! それにしてもさぶい!!!
イメージ 6

14:44 沼の平
荷物込みで80キロの管理人がアオラアオラするほどの強風が襲う中で撮影
イメージ 7

その強風を撮したハズ?だけど・・・
イメージ 8

15:49 天気が良ければ最高の紅葉が見られたかも(薬師岳展望台より)
イメージ 9






10/16 背戸峨廊(せとがろう)滝巡り

2010.10.16(午前) 背戸峨廊(せとがろう)

前日のスケジュール変更で16日(土曜日)は背戸峨廊と安達太良山の
二箇所を歩くことになっていたがまたしても無情の雨が・・・
こんな時はダメ元で行動する事が一番と決め、夜も明けぬうちから
背戸峨廊に向けて出発!
これが結果オーライで、ご覧のような背戸峨廊滝巡りを
楽しむことができました。 (^_^)v



2008.8.21 背戸峨廊(せとがろう)
http://hirasan.canada2194.com/setogarou.html

夏井川渓谷・背戸峨廊(せとがろう)案内板
(注)トッカケの滝より上流へ行く場合は登山装備が必要
イメージ 1

駐車場・トイレ有り
イメージ 2

まずは足慣らしで
イメージ 3

川筋を歩く
イメージ 4

トッカケの滝(トッカケとはこの地方の方言で最初の場所・初めての事などを言う)
イメージ 5

トッカケの滝横に架かる超ロングなアルミ梯子を上る(@_@)
イメージ 6

前夜からの雨で滑りやすい岩肌を慎重に・・・
イメージ 7

この辺は落ちても心配はないが・・・(^-^)  
イメージ 8

上流へ
イメージ 9

片鞍滝
イメージ 10

垂直の鉄梯子 (*_*)
イメージ 11

竜の寝床・この滝の上部に至る巻き道が本コース一番の危険地帯
イメージ 12

三連の滝へ向かう
イメージ 13

背戸峨廊最終の滝・三連の滝(別名・未練の滝)
イメージ 14



背戸峨廊初体験の細井さん、伊藤さんにはことのほか喜んでいただき
お誘いした甲斐がありました。




10/15-17 福島・会津観光編

2010.10.15(金)~17(日)は鳥海山遠征時の仲間と福島へ

当初の行動予定は
10/15 
安達太良山登山~小名浜漁港・どんぶり屋(昼食)~道の駅・ならは泊

10/16 
AM6:00~背戸峨廊滝巡り PM12:00~塔のへつり&大内宿観光

10/17 
安全運転で帰宅と、山重視にしつつも余裕で動ける計画だったが、
初日からの雨で大幅に予定変更、そんなこんなで観光も山も
ギュ~ッと!詰まった3日間となりました。笑

2008.7.20-22 福島・会津観光ホームページ
http://hirasan.canada2194.com/fukusimaken.html

2007.8.23-25 福島観光ホームページ
http://hirasan.canada2194.com/fukushima.html

10/15 看板の色に注目! 会津若松・猪苗代湖畔のセブンイレブンにて
イメージ 1

塔のへつり
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

会津鉄道・湯野上温泉駅
イメージ 5

いろりがある駅舎内
イメージ 6

入場券を買って構内へ
イメージ 7

大内宿
イメージ 8

展望台より
イメージ 9

信州高遠そば・三澤屋にて
イメージ 10

各々のお蕎麦に長ネギが・・・
イメージ 11

この長ネギは・・・?
イメージ 12

イメージ 13

箸と薬味を兼用しています(笑)
イメージ 14

お腹が一杯になったところで会津若松に移動
イメージ 15

さざえ堂
イメージ 16

小名浜の三崎公園までロングドライブ/岬に突き出た潮見台
イメージ 17

内から
イメージ 18

上から
イメージ 19

10/17 道の駅・喜多の郷で車中泊後、三津谷レンガ蔵集落へ
イメージ 20

若菜邸/NHK宮田輝さん取材訪問で有名観光地に仲間入り
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

朝9時前だというのにこの行列は何? /道の駅・喜多の郷にて
イメージ 27

その正体はこのラーメンバーガー目当て!!
イメージ 28

お味は・・・?  貴方の感想をおまちしております。(笑)
イメージ 29

叶山・願成寺の會津大佛
イメージ 30






10/11  紅葉まっただ中の御嶽山へ

2010.10.11 御嶽山

長野市内から登山口まで約3時間、近そうで遠い御嶽山!
そんなこんなで、管理人得意の「道の駅・三岳」で車中泊・・・
愛知からマダラさん、長野から細井さんに参加いただき、
ワイン・ビール・焼酎の大宴会?
管理人は飲み慣れないストレート焼酎で夜半まで頭がグ~ラグラ(笑)







グーグル鳥瞰図・三の池~女人堂(金剛堂)の間が紅葉最前線
イメージ 1

黒沢口六合目駐車場(トイレ有り)
イメージ 2

行場山荘・御嶽RW山頂駅分岐点
イメージ 3

紅葉前線期待大!
イメージ 4

女人堂(金剛堂)から御嶽山全景
イメージ 5

ここは何処? 明治不動かな~???
イメージ 6

まずは石室山荘を目指して一頑張り
イメージ 7

そして山頂へ
イメージ 8

御嶽山山頂/左から管理人・マダラさん・細井さん
イメージ 9

最奥から北アルプス・乗鞍岳・継子岳・摩利支天山・二の池(御嶽山山頂より)
イメージ 10

二の池で昼食/新品種のシナノピッコロ
(ゴールデンデリシャス+あかねの交雑)と御嶽山
イメージ 11

サイノ河原と摩利支天山
イメージ 12

三の池・サイノ河原避難小屋より撮影
イメージ 13

三の池・決して腐ることのない水で「御神水」と呼ばれている
イメージ 14

三の池から女人堂を目指すと、それはそれは見事な紅葉が♪
イメージ 15

紅葉その2
イメージ 16

崩落地・いまにも岩が落ちてきそうな場所を速やかに通過
イメージ 17

紅葉その3
イメージ 18

ガスで下が見えないのが幸い?
イメージ 19

紅葉その4
イメージ 20

女人堂に到着・細井さんの同僚&管理人のお客様Nご夫妻とバッタリ!
イメージ 21


当ルート及び紅葉情報はネット仲間の「かつとんさん」「ミセスハイジさん」から
いただきました。感謝




9/25-26 白馬岳敗退(管理人のみ)

2010.9.25-26 白馬岳敗退

ネット仲間「こばさん」のプランを拝借して白馬大池山荘テン場泊で翌日に
白馬岳ピストンを計画するも、稜線上の寒さに耐えられず管理人だけ
小蓮華岳手前で敗退(軌跡MAP参照)!
冬バージョンかそれに近い服装を持参しなかった事を後悔したが後の祭り!
写真もカメラ設定ミスで白飛びやらノイズやらでお恥ずかしい次第に(ノД`)

途中敗退MAP
イメージ 1

ゴンドラからみる白馬岳?
イメージ 2

栂池自然園入り口
イメージ 3

白馬乗鞍登山口
イメージ 4

まずは白馬乗鞍を目指して
イメージ 5

天狗原湿原から白馬乗鞍を望む
イメージ 6

岩ゴロな登山道
イメージ 7

その2
イメージ 8

白馬乗鞍山頂ケルン
イメージ 9

白馬大池を巻いて山荘を目指す
イメージ 10

白馬大池山荘が見えてきた!
イメージ 11

白馬大池山荘到着
イメージ 12

マイテント・所場代500円(まだ夕方前の時間なのに冷え込みがキツイ!)
イメージ 13

600円のワインで身体を暖めて・・・
イメージ 14

9/26 テン場を3:20分に出発し白馬岳を目指すも寒さで途中敗退!
撤退中に撮影した白馬大池 am5:16
イメージ 15

am5:16 雲の形が気に入りました(笑)
イメージ 16


一緒に登った竹内さんとアクティブママさんは白馬岳をゲットして
テント場帰着8:30でした。
ご来光目的でなければ5時頃出発しても余裕で戻れそうなので、
来年中には今回のお返しをしたいと考えています。




RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ