小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2010年09月

9/19-20 静岡県観光

2010.9.19-20 静岡観光

三連休後半は沼津漁港市場から奥大井湖上駅-寸又峡温泉-機動戦士ガンダム(静岡)巡り


大井川鉄道・南アルプスアプトライン/奥大井湖上駅往復切符
イメージ 1

南アルプスアプトライン・ミニ列車
イメージ 2

奥大井湖上駅は大賑わい
イメージ 3

奥大井湖上駅
イメージ 4

奥大井湖上駅・レインボーブリッジ線路脇を歩くことができる!
イメージ 5

奥大井湖上駅MAP
イメージ 6

奥大井湖上駅全景
イメージ 7

機動戦士ガンダムin静岡
イメージ 8



イメージ 9





9/18 御坂毛無山~十二ヶ岳~金山~節刀ヶ岳~鬼ヶ岳

2010.9.18 十二ヶ岳

十二ヶ岳には5年もまえから登りたいと思っていたので、
岳人・秋山号で特集されたのを機に富士山の見える山パート6として
西湖の北に位置する御坂山塊の山々(毛無山~鬼ヶ岳)を歩いてきました。
河口湖近辺の天気予報は「快晴」、早朝の精進湖では富士山がクッキリと見え
今日の山行は期待大!!
と思いきや、毛無山山頂が近づくにつれ上空には厚い雲がモクモクと・・・( ̄ロ ̄;)



グーグル鳥瞰図
イメージ 1

文化洞トンネル東出口の駐車場所
建設会社資材置き場も兼ねているので平日駐車は要注意か・・・
イメージ 2

毛無山登山口/文化洞トンネル東出口の駐車場所内
イメージ 3

里山だけに初っぱなからキツイ登りが連続する
イメージ 4

樹林帯を抜けてススキ原になると毛無山山頂が近い
イメージ 5

毛無山山頂・1500.1m 
天気さえ良ければ富士山大展望の山頂だが・・・残念無念
ひと休みして十二ヶ岳方面へ向かう
イメージ 6

いずみの湯から伸びる十二ヶ岳尾根筋と西湖を展望
イメージ 7

五ヶ岳/十二ヶ岳までの稜線各ピークには1~12の標柱が立ちます
イメージ 8

長い補助ロープ/ピークを目指して登り込んでいる写真です(ピークから撮影)
イメージ 9

十一ヶ岳/数字の11でVサインではありませ~ん(笑)
イメージ 10

長い補助ロープ/鞍部まで一気に降りる写真です(鞍部から撮影)
イメージ 11

鞍部(谷)に架かる吊り橋
イメージ 12

クサリ場を上る
イメージ 13

十二ヶ岳山頂・1683m
イメージ 14

一瞬のシャッターチャンス!/十二ヶ岳山頂より
イメージ 15

金山を経由して節刀ヶ岳に到着・1736m
360°大パノラマが楽しめるので管理人お勧めの山です
イメージ 16

特徴ある十二ヶ岳の全容と河口湖方面
天気が良ければ富士山大大展望!の山/節刀ヶ岳山頂より
イメージ 17

十二ヶ岳と西湖・正面に富士山?/鬼ヶ岳向かいの稜線より
イメージ 18

鬼ヶ岳・1738m
イメージ 19

雪頭ヶ岳に向けて鉄梯子を下る
イメージ 20

雪頭ヶ岳のお花畑にて
イメージ 21

雪頭ヶ岳のお花畑から西湖を望む
イメージ 22

写真ではわかりませんが、まだ2時だというのにヘッデンを点けたくなるほど暗闇歩きでした
イメージ 23

漁眠荘前のバス停に到着/毛無山登山口まで330円でした(便数が少ないので要注意)
イメージ 24






9/12 木曾駒ヶ岳&宝剣岳アドベンチャールート?

2010.9.12 木曽駒ヶ岳・宝剣岳

土曜に仲間が唐松岳に登るとのことだったので、黒菱から先回りして山頂で
ビックリさせてやろう!なんて子供じみた事を考えていたが眼がさめたら
世の中明るくなってました。トホホ・・・
そんなこんなで土曜に登り損ねた鬱憤晴らしで木曾駒ヶ岳にやってきましたが、
木曾・伊那方面「快晴」の天気予報にも関わらず山頂だけご覧の有様に・・・(泣)


カシミール・ルートMAP
イメージ 1

7:29 RW山頂駅着  な~んも見えん!!
イメージ 2

8:26 1時間様子見をしたが相変わらずなので晴れ祈願をして出発 
イメージ 3

八丁坂/この天気にふてくされ気味の管理人
イメージ 4

風よけを着たり脱いだり忙しい
イメージ 5

駒ヶ岳巻き道分岐点/何年ぶりかにレインウェアー着用
イメージ 6

中岳が近い
イメージ 7

冬装備の登山者が多い中岳山頂/濃霧と強風の為ここで約30分待機
イメージ 8

頂上山荘キャンプ場
拭いても拭いても霧の水滴が眼鏡に付いてしまい管理人は視界ゼロ状態
イメージ 9

木曾駒ヶ岳山頂着
イメージ 10

神様に願いが届いたかのように、いきなり青空に! (^_^)v
イメージ 11

先ほどとはうってかわったこの笑顔
イメージ 12

馬の背(右の尾根)と木曾方面・数分の青空だったが登った甲斐がありました。
イメージ 13

宝剣山荘まで戻り宝剣岳へ向かう/宝剣岳直下のクサリ場
イメージ 14

宝剣岳
イメージ 15

ここが本当の宝剣岳山頂! 落ちないように気をつけてね~
イメージ 16

難所は極楽平向かいの方が多いので高所が苦手な向きは
宝剣山荘まで引き返すのがベストかも・・・
イメージ 17

とっかかりが多いので上りやすいが岩の下は切れ落ちているので慎重に
イメージ 18

上からみるとこんな感じだが晴れていたらブルブル状態かも(笑)
イメージ 19

三の沢分岐までくれば難関区間は終了
イメージ 20






9/4 千曲川源流を訪ねて&甲武信ヶ岳

2010.9.04 甲武信ヶ岳

友人のお母さんから千曲川源流へのガイド依頼があり、お引き受けついでに
甲武信岳も登ることにして、お母さん隊(3名)と山仲間(4名)の
総勢8人の大所帯で出発しました。


グーグル鳥瞰図
イメージ 1

毛木平駐車場・東屋に設置された高低図
イメージ 2

毛木平駐車場全景/下山時に登山口より撮影(7年前は未舗装だった)
イメージ 3

しゅっぱ~つ!
イメージ 4

大山祇神社で安全祈願/お賽銭を入れなくてゴメンナサイ・・・
イメージ 5

土石流災害慰霊碑
イメージ 6

沢音を聞きながら
イメージ 7

いたるところで清流が見られる
イメージ 8

「冷たくて美味しいよ」本当!?
イメージ 9

ナメ滝(滑滝)下流で休憩
イメージ 10

ナメ滝(7年前は道標や案内板が殆どなく、多分これがナメ滝だろうって感じでした)
イメージ 11

現在はこんなに立派な指導標が随所にあります
イメージ 12

先ほどの写真で!?だった方、私たちが身体を張って
試飲しましたから安心してください(笑)
イメージ 13

うま~い!
イメージ 14

清流をアップで!!
イメージ 15

千曲川源流を挟んで/お母さん隊
イメージ 16

千曲川源流記念碑で記念撮影
イメージ 17

ここが唯一の急坂
イメージ 18

山頂を間近にはしゃぐ管理人
イメージ 19

山頂が近い!
イメージ 20

甲武信岳山頂
イメージ 21





8/28 秀麗富嶽十二景の滝子山

2010.8.28 滝子山

天気は快晴! 秀麗富嶽十二景の滝子山で富士山展望!のはずだったが・・・


道証地蔵・滝子山登山口
イメージ 1

杉美林
イメージ 2

杉林と広葉樹が交互に現れる
イメージ 3

左下の深みで流れる沢音を聞きながら
イメージ 4

沢筋に合流
イメージ 5

水量が多い
イメージ 6

木橋を渡って対岸から上り込む
イメージ 7

モチケ滝で休憩
イメージ 8

水遊びをしたくなるような一枚岩
イメージ 9

廃屋を通過すると薮こぎに
イメージ 10

朝露でびしょ濡れ!
イメージ 11

薮を抜けると快適!快適!
イメージ 12

鎮西ケ池/白縫神社
イメージ 13

ここまで来ればあと一頑張りだ
イメージ 14

山頂直下の岩場
イメージ 15

滝子山山頂
イメージ 16

秀麗富嶽十二景の富士山見たさに1時間近く粘るが・・・(残念無念)
イメージ 17

こんな感じに見えるらしい
イメージ 18

グーグールアース鳥瞰図
イメージ 19


ホームページ本編
RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ