小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2010年05月

5/29 地附山・謙信物見の岩 再訪

2010.5.29 地附山

日向山・鞍掛山へ行く予定だったが山梨県方面の天気予報が芳しくなく中止。
中止にしたものの長野はそこそこの天気で家にいるのがもったいなくて・・・(笑)
「地附山は昔遊んだ懐かしい場所なので何時かいってみたい」と言っていた
家内と一緒に再訪してきました。

登山ルートや登山地図は5/22の「地附山・大峰城」編をご覧下さい。
http://hirasan.canada2194.com/jidukiyama.html



先週と同じく駒弓神社参道から
イメージ 1

駒弓神社
イメージ 2

金比羅宮
イメージ 3

新緑の登山道
イメージ 4

ネズミサシの木が多い(鋭い葉先でネズミを防ぐ)
うっかり触るとチョ~痛てーよ!
イメージ 5

展望台(地滑り災害地)
イメージ 6

展望台からのパノラマ写真
イメージ 7

展望台からのパノラマ図解
イメージ 8

六号古墳
イメージ 9

チゴユリ(六号古墳近くに群生)
イメージ 10

旧戸隠有料道路バードラインのオーバーブリッジより
イメージ 11

旧戸隠有料道路の残骸・・・
イメージ 12

旧戸隠有料道路の残骸・・・
イメージ 13

地附山山頂
イメージ 14

飯縄山/地附山山頂より
イメージ 15

遊園地跡の残骸(旧RW山頂駅近辺にて)
イメージ 16

スキー場TOPの機器残骸&指導標下に大峰遊歩道への接続道がある
ここ第一スキー場跡は小学生スキー教室ではチョイ上級向けコースで、
他に初心者用(短いコース)の第二スキー場もあったらしいが場所をご記憶の方はご一報下さい。
(長野市史によると大峰遊歩道側斜面らしいが・・・)
イメージ 17

謙信物見の岩(上部)
イメージ 18

ロッククライミングのメッカ
イメージ 19


貴方も一緒にこのスリル感を味わってください♪
イメージ 20

謙信物見の岩 パノラマ写真
イメージ 21

謙信物見の岩 パノラマ図解
イメージ 22

物見の岩基部
イメージ 23

物見の岩基部/岩井堂観音
イメージ 24

シャガ
イメージ 25

霊山寺境内・五輪塔群
イメージ 26


地附山鳥瞰図
イメージ 27

雲上殿下駐車場発 10:42 ~ 旧戸隠バードライン歩き 
~ 駒弓神社参道入り口 10:51 ~ 駒弓神社 10:55 
~ 堂童子お焚きあげ齋場 10:57 ~ 金比羅宮 11:07 
~ 展望台 11:23-27 ~ 前方後円墳 11:42 ~ 6号古墳 11:51 
~ オーバーブリッジ 11:59 ~ 桝形城跡 12:04-14 
~ 地附山山頂 12:28-33 ~ モトクロス練習場 12:37-41 
~ スキー場跡TOP 12:44 ~ 大峰遊歩道出合い 12:51 
~ 謙信物見の岩(上) 12:57-13:24(昼食) 
~ 岩井堂観音(物見岩基部) 13:31-38 ~ 霊山寺 13:43-49 
~ 雲上殿下駐車場着 13:56




5/22  地附山・大峰城 歴史道ロマンウォーク

2010.5.22 地附山・大峰城

善光寺裏が遊び場所だった家内の話では地附山にロープウェーやスキー場
・動物園があった時代から当ルートがあり子供達の絶好の遊び場だったらしい。
1985.7.26日、大規模地滑りにより老人ホームが埋まり多くのお年寄りが
亡くなられた場所ですが、現在は地滑り対策を施して「防災メモリアル地附山公園」と
なっています。
そして数年前から善光寺地区や上松地区ボランティア(年間動員数300人以上)の
皆様のご尽力によって、荒れに荒れていた前述のルートが「歴史道ロマンウォーク」
として見事に蘇りました。
スキー場から大峰遊歩道への接続道が分かり難い事を除けば、随所に指導標が立ち
長野市観光課制作のトレッキングMAPだけで十分ファミリー登山が楽しめるので
皆さんも挑戦してみませんか・・・

長野市観光課ホームページで長野市近郊の里山トレッキングMAPを入手できます。
https://www.city.nagano.nagano.jp/site/kanko-nagano/16216.html

ひとり言/大峰遊歩道合流後、謙信物見の岩を目指して下り始めたが
「ここまで来て大峰城をパスするのはちともったいない」と思い直しUターン決定!  
急坂ではあるが「遊歩道」と銘うつだけあって木階段等でしかっり整備された
歩きやすい道が大峰城まで延びていました。




グーグル鳥瞰図
イメージ 1

雲上殿直下の駐車スペース(トイレ有り)
イメージ 2

駒形嶽駒弓神社参道入り口(旧戸隠バードライン)
イメージ 3

駒形嶽駒弓神社鳥居
イメージ 4

駒形嶽駒弓神社/社殿は撞木作り妻入りで唐破風をつけて善光寺本堂を模している。
イメージ 5

金比羅宮
イメージ 6

新緑が眩しい
イメージ 7

展望地・地滑り災害跡地
イメージ 8

展望地から長野市内を望む
イメージ 9

地附山前方後円墳・長さ40M 高さ5M
イメージ 10

旧戸隠バードラインに架かる橋(観光課地図表記・オーバーブリッジ)
イメージ 11

桝形城跡
イメージ 12

旧戸隠バードラインを歩く(スキーやドライブで利用した道なので懐かしいな~)
イメージ 13

地附山山頂
イメージ 14

飯綱山・妙高山展望/地附山山頂より
イメージ 15

県警モトクロス練習場(昔のRW山頂駅と動物園だった場所かな~?)
イメージ 16

スキー場TOPの残骸(矢印辺りに大峰遊歩道へ下る踏み跡がある)
イメージ 17

大峰遊歩道に合流
イメージ 18

大峰城(旧・蝶の博物館)で昼食
イメージ 19

ロッククライミングのメッカ「謙信物見の岩」上部からの長野市内
イメージ 20

先輩から指導を受ける信州大学山岳部の皆さん
イメージ 21

岩井堂観音/物見岩の基部
イメージ 22

霊山寺/川中島戦士の首塚
イメージ 23





5/17 ネット仲間のシゲさんをお誘いしてイワウチワの柄山峠へ

2010.5.17 柄山峠

三角点を過ぎた辺りからイワウチワの群生地が始まるが、辛うじて咲いている所は
北側の急斜面のみ・・・、仕方なく踏み荒らしに気をつけながら急斜面を
慎重に下って撮影会を開始。
以下はその撮影風景をメインに掲載しました。

ルート図や登山風景は5/15山行ホームページにて掲載しております。
http://hirasan.canada2194.com/karayamatouge3.html





イノシシ捕獲檻横の指導標
イメージ 1

展望地から絶景のアルプスを望む
イメージ 2

いろり塾/展望地より
イメージ 3

イワウチワ大群生地/来年はだんべえさん、なんちゃん、abeちゃんを誘ってきたいけど、
この調子で全斜面に咲いていたらちっとも先に進めないかも・・・などと話が盛り上がる。
イメージ 4

写真では分からないが結構な急斜面での撮影会・矢印はザイル
イメージ 5

シゲさん提供/ネット仲間の皆さん鬼に笑われても来年の参加お待ちしていますよ~
イメージ 6

シゲさん提供
イメージ 7

優しさが伝わってくるような・・・
イメージ 8

踏み荒らさないように植生の隙間をぬって開花場所へ
イメージ 9

降りた甲斐がありました
イメージ 10

灌木が多いがまずまずの展望地/分岐点手前の鉄塔
イメージ 11

散らずに咲いていてくれてありがとう!
イメージ 12

駒休めの頭
イメージ 13

峠近くまで群生地が続いている
イメージ 14

こちらはイワカガミ
イメージ 15

峠手前の鉄塔
イメージ 16

アルプス大展望/峠手前の鉄塔より
イメージ 17

柄山峠/風切地蔵
イメージ 18

今回は御神酒(白馬錦)を持参
イメージ 19

野平地籍からアルプスを望む
イメージ 20

登山口~柄山峠 高低図
イメージ 21





5/15 イワウチワの下見で善光寺古道(柄山峠)へ

2010.5.15 柄山峠

ネット仲間「喫茶ぷぅ」さんから9日頃が見頃ですよ!
と貴重な情報を頂いていたのですが、管理人の都合で群馬のシゲさんを
お誘いできるのは17日のみ・・・(悲)
過去三回の山行は全てスカ!だったので、今回は初のイワウチワ下見山行をすることに・・・(笑)
結果はご覧の通りで管理人的には大満足の花旅でしたが、
来年こそはドンピシャ!の時期に来られることを願って帰路につきました。



柄山峠鳥瞰図
イメージ 1

こんな風景を楽しみながら登山口へ向かう
イメージ 2

柄山峠登山口/林道通行止め標識・カーブミラー・「いろり」案内板が目印
イメージ 3

4年前はこんなものも無く・・・
イメージ 4

もちろん、こんなものや赤テープも無く初っぱなから登山道探しの羽目に・・・
イメージ 5

第一展望地からの五龍岳
イメージ 6

グッドアイディアの超優れもの指導標
イメージ 7

風穴
イメージ 8

風穴を覗き込む細井さん
イメージ 9

三角点/伊藤さん
イメージ 10

イワウチワとの出会い
イメージ 11

頼むから月曜日まで咲いていておくれ・・・
イメージ 12

イメージ 13

花が萎れて花期が終わっている群生地
イメージ 14

こりゃ、なんじゃもんじゃ~~
イメージ 15

通行止め表示の分岐点
イメージ 16

足許にはイワウチワの群生地が・・・
イメージ 17

イワウチワ
イメージ 18

イメージ 19

駒休めの頭/昔の人はこの道を馬で往来したんですね~。
イメージ 20

管理人の根性みたいな・・・笑
イメージ 21

柄山峠/風切地蔵
イメージ 22





5/8 赤野田の御嶽講で使われた古の修験者道で奇妙山へ

2010.5.08 奇妙山

仲間の雪入さん(GWに当ルートで登攀)にガイド役をお願いして
古の修験者道から奇妙山へ!
ルート上の随所に石仏や石祠が祀られているが登山道と呼べるような踏み跡はどこにもなく、
山頂近辺の一部ルートを除き雪入さんの案内がなければ歩くことができなかった事を
皆で実感する山行であった。
杉林の中は目印となるものが殆どないので、このブログ(又はHP)の
地図を頼りに行きたいと思われた方も地元ガイドさん無しでの単独行動は避けてください。


グーグル奇妙山鳥瞰図
イメージ 1

赤野田神社上・つつじ山公園で軽トラックに乗り替え
イメージ 2

軽トラ荷台に乗って/林道仏師裏線
イメージ 3

路肩駐車
イメージ 4

コビッチョの馬頭観世音/左・まつしろ 右・やま道
イメージ 5

石祠
イメージ 6

不動滝
イメージ 7

滝上部には不動明王が祀られている
イメージ 8

踏み跡が全然ない・・・
イメージ 9

石仏その1
イメージ 10

石仏その2
イメージ 11

急斜面の細々した箇所を慎重に進む
イメージ 12

フデリンドウ(多分)
イメージ 13

尾根に出た~!
イメージ 14

天狗岩上部の白州大神
イメージ 15

山頂付近の平坦地
イメージ 16

奇妙山山頂
イメージ 17

北信五岳/奇妙山山頂より
イメージ 18

御嶽神社
イメージ 19

岩場を降りる
イメージ 20

神官像
イメージ 21

奇妙山の「ぼこだき岩」
イメージ 22

雪入さん、今日は従来の奇妙山とは違う一面に触れることができました。
連チャンにもかかわらず気持ちよくガイドを引き受けていただき本当にありがとうございました。




5/2-3 金沢兼六園&街歩き~富山のチューリップ畠他

2010.5.02-03 金沢&登山観光


ホームページ本編
http://hirasan.canada2194.com/notokanazawa.html


前泊地(ころ柿の里しか)を 5:10頃発って早朝に兼六園駐車場着
兼六園/7:00開園
イメージ 1

イメージ 2

ことじ灯籠
イメージ 3

雁行橋
イメージ 4

菊桜
イメージ 5

しだれ桜
イメージ 6

金沢市街地モニュメント
イメージ 7

武家屋敷
イメージ 8

尾山神社
イメージ 9

近江町市場
イメージ 10

朝食の海鮮丼
イメージ 11

金沢城公園を経由して
イメージ 12

ここで振り出しに戻る
イメージ 13

シーサイドパーク内灘(道の駅)
イメージ 14

富山県に入り砺波方面へ向かうと・・・
イメージ 15

こんな風景を見ることができました
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

道の駅・井波/木彫りの七福神
イメージ 19

道の駅・庄川
イメージ 20

道の駅・カモンパーク新湊(車中泊)
イメージ 21

5/3 日本三大佛・高岡大仏
イメージ 22

白馬岩岳のしだれ桜
イメージ 23





5/1 碁石ヶ峰・猿山を歩いた後、能登海岸線の名所巡り

2010.5.01 能登海岸線ドライブ

能登半島の「碁石ヶ峰」「猿山」を歩いた後、海岸線の名所を訪ねながら
宿泊予定地(道の駅・ころ柿の里しか)に向かう。



猿山の帰りは風車が立ち並ぶ林道経由でR249(道下)へ
イメージ 1

道の駅・赤神
イメージ 2

泣き砂で有名な琴ヶ浜
イメージ 3

琴ヶ浜/この砂浜は「泣き砂」ではないので要注意
イメージ 4

琴ヶ浜「泣き砂」の範囲/矢印方面の砂浜がメインになる
イメージ 5

ヤセの断崖
イメージ 6

イメージ 7

義経の舟隠し
イメージ 8

イメージ 9

世界一長いベンチ
イメージ 10

イメージ 11

機具岩(はたごいわ)
イメージ 12

イメージ 13

巌門洞窟の桜
イメージ 14

巌門洞窟
イメージ 15

イメージ 16

旧福浦灯台/日本で一番古い木造灯台
イメージ 17

イメージ 18

16:30
本日の車中泊地/道の駅・ころ柿の里しか(天然温泉施設と食事処併設)着
イメージ 19





5/1 石川県能登半島/雪割草・花の名山「猿山」

2010.5.01 猿山

碁石ケ峰から雪割草で有名な「猿山」へ移動 娑婆捨峠駐車場着 10:40
雪割草の時期が過ぎているとはいえGWの真っ盛りなのでハイカーで賑やかと思いきや、
我々だけで「猿山」を独占状態。
ホームページ本編では「雪割草だけが花じゃぁないよ!」と言いたげにシロバナイカリソウ
・イチリンソウ・スミレなどが辺り一面を彩る様子を掲載しますのでお楽しみに。


グーグルアース・猿山鳥瞰図
イメージ 1

娑婆捨峠駐車場
イメージ 2

猿山登山口
イメージ 3

いきなり急階段
イメージ 4

何を撮しているかって?
イメージ 5

これや・・・(シロバナイカリソウ)
イメージ 6

こんなんとか・・・
イメージ 7

こんなんです。(イチリンソウ)
イメージ 8

またしても管理人苦手の木階段が・・・
イメージ 9

快適な稜線歩きになる
イメージ 10

新緑が目に優しく・・・
イメージ 11

猿山山頂/お決まりの物まねポーズ
イメージ 12

樹木の枝越しだが展望が素晴らしい
イメージ 13

木段を下って猿山岬灯台へ
イメージ 14

秋をみっけ!
イメージ 15

これはどうなってんの???
イメージ 16

猿山岬灯台
イメージ 17

谷越しに灯台を望む
イメージ 18

娑婆捨峠
イメージ 19

娑婆捨峠より
イメージ 20






5/1 能登半島・碁石ヶ峰 立山連峰を望める展望の山のはずだったが・・・

2010.5.01 碁石ヶ峰

富山県と石川県(能登半島)の里山歩きと、家内から提案があった金沢の
武家屋敷と近江町市場巡りをセットで楽しんできました。
4/30 
20:30発 北陸自動車道・有磯海SAで車中泊
5/01 
SA 5:30発(途中のマックで朝食) 原山峠着 7:00


↓碁石ヶ峰を護る会ホームページのURL
http://goishigamine2.web.fc2.com/


碁石ヶ峰グーグル鳥瞰図
イメージ 1

原山峠に駐車スペースはあるがぬかるんでいたので林道に路駐
イメージ 2

登山道入り口の石祠
イメージ 3

登山口
イメージ 4

緩い登りで稜線に出る
イメージ 5

少年の家オリエンテ-リングの標識が随所にある
イメージ 6

風力発電の風車を目指して・・・
イメージ 7

近づくとそのデカさに圧倒される
イメージ 8

風力発電施設を下って車道に出る
イメージ 9

東屋がある展望広場の桜が満開だった
イメージ 10

ここから数分の歩きで碁石ヶ峰山頂だ
イメージ 11

今年はこんな写真が多い
イメージ 12

碁石ヶ峰山頂
イメージ 13

立山連峰ほか大パノラマのはずだったが・・・
イメージ 14

展望は諦めて早々と車道に戻る
イメージ 15

少年自然の家を通過
イメージ 16

林道にでて前方にみえる愛車を目指す
イメージ 17





RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ