小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2010年04月

4/18 京ヶ倉ヒカゲツツジ情報&大姥山 

2010.4.18 京ヶ倉&大姥山

岐阜のネット仲間にヒカゲツツジと大展望の里山を歩きませんかとお誘いしたものの、
ヒカゲツツジは蕾状態が大半で開花時期に訪れる難しさを実感!



岐阜組6名・長野組4名で登山開始 8:00
イメージ 1

咲いているヒカゲツツジを仮押さえで撮影
イメージ 2

開花は今週末辺りと思われる
イメージ 3

ヒカゲツツジは残念だったが、北アルプス大展望を楽しんでいただくことができた。 (^_^)v
馬の背より撮影
イメージ 4

馬の背を慎重に・・・
イメージ 5

記念撮影
イメージ 6



長野組2名が抜けて総勢8名で大姥山へ
イメージ 7

京ヶ倉と比べて展望適地は少ないが痩せ尾根に架かるクサリ場がスリリング
イメージ 8

大姥神社奥社
イメージ 9

クサリ場が連続する・・・
イメージ 10

山頂でガッツポーズ!!
イメージ 11

記念撮影/長野県の里山歩きは如何だったでしょうか?
次回、皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています。
イメージ 12






群馬県中之条町/霊山・嵩山(たけやま)再訪 4/10

2010.4.10 霊山・嵩山

前回訪問時(2003.5.3)に撮った写真はメイン箇所の10数枚しかなく欲求不満状態、
火坂雅志著「真田三代」に度々登場する嵩山に興味を持った歴女ならぬ
歴男の竹内さんを誘って再訪することに。
ぐる~っとひと廻りして簡単に済ませるつもりだったが第一観音を撮して
先に進むと随所に観音巡りの標柱が立ち、これは制覇するしかない!
と観音巡りに予定を変更、32番33番には行き着けなかったが
嵩山33番観音巡りを存分に楽しんできました。


ホームページ本編
http://hirasan.canada2194.com/takeyama2.html

2003.5.3の嵩山
http://hirasan.canada2194.com/takeyama.htm


男岩に鯉のぼりを架ける準備中
イメージ 1

ワイヤーに鯉のぼりが吊される
イメージ 2

男岩/意味はそのまんま・・・(笑)
イメージ 3

表登山道入り口
イメージ 4

1番観音
イメージ 5

急斜面だが天狗の広場までの距離は短いのでひと頑張りだ
イメージ 6

展望台
イメージ 7

天狗の広場
イメージ 8

小天狗
イメージ 9

不動岩全景・小天狗より
イメージ 10

不動岩のアップ写真
イメージ 11

不動岩の上り
イメージ 12

不動岩から望む小天狗
イメージ 13

不動岩の下り
イメージ 14

胎内くぐり
イメージ 15

胎内くぐり後、鎖を頼りに急斜面を降りて14・15番へ
イメージ 16

弥勒穴へカニの横ばい
イメージ 17

20番観音/弥勒穴
イメージ 18

かつての順路コースだが落石危険で封鎖されている。
(マナー違反だが21-25観音を求めて・・・)
イメージ 19

御城の平
イメージ 20

大天狗(女岩)・嵩山山頂で三等三角点埋設
イメージ 21

鯉のぼり完成!
イメージ 22


グーグルアース鳥瞰図/観音巡りのため重複路が多く見にくいが悪しからず・・・
イメージ 23






姨捨伝説で有名な冠着山へ(上山田温泉新ルート) 4/4

2010.4.04 冠着山

かつては存在したであろうと思われるこのルートも約40分で登れる鳥居平コース
・坊城平コースがメインとなり、獣道・薮化の一途をたどることに・・・
そんな古の道を坂城在住の鳴海さんが何回も何回も足を運んで整備され、
2010年春「鳴海新道」として蘇りました。(感謝)


坊城平登山口近辺に車をデポ
上山田温泉・佐良志奈神社横の公衆トイレから登山開始 9:51
イメージ 1

林道歩き後、尾根に取り付く
イメージ 2

尾根歩きといっても展望は無い
イメージ 3

城跡で休憩 11:19-35
イメージ 4

第一展望台 11:40
イメージ 5

四阿山~蓼科方面の眺めが良い
イメージ 6

第二展望台にて 11:48-51
イメージ 7

第三展望台近くの鉄塔 12:03-13
イメージ 8

途中で昼食後、ひたすら尾根道を歩く!歩く! ふぅ~
イメージ 9

坊城平分岐点に立つこの指導標を信じて登ったばっかりに、
最後は引き返す羽目に・・・  13:39
イメージ 10

松代地震の時に上部が20m程崩れ落ちたと伝わる「ぼこだき岩」
イメージ 11

ザレ場を慎重に登り岩峰の基部まで行くが山頂へのルートは何処に?状態
ナビで確認すると山頂まで100mの地点にいるのだが・・  14:13
イメージ 12

無理をせず先ほどの坊城平分岐点まで引き返すことに・・・
イメージ 13

坊城平登山口からのルートに合流して山頂を目指すがスタミナ切れ状態での急登はきつかった!!
イメージ 14

西日が眩しい!なんて言ってられないくらい遅い時間にやっとこさ山頂着 15:23
イメージ 15

グーグルアース鳥瞰図
イメージ 16






RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ