小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2009年08月

8/23 唐沢鉱泉~天狗岳~黒百合ヒュッテ周遊ルート

2009.8.23 天狗岳

唐沢鉱泉Rが未踏だったことと、仲間のシゲさんが先週登られて新着情報が得られたことで
当ルートを歩いてきました。
当ブログでは東天狗~黒百合ヒュッテ~唐沢鉱泉までの下山風景は容量の都合で省きましたが
下山行程中の約80%が岩場歩きの連続!! 登りより下りで我が身体はヘロヘロ状態に (T_T)
唐沢鉱泉の癒しの湯がなければ帰宅できなかったかも・・・
下りの写真はホームページに掲載しますのでお楽しみに。



左:唐沢鉱泉へ/右:桜平へ
イメージ 1

唐沢鉱泉登山者専用P・簡易トイレ有り
イメージ 2

唐沢鉱泉・入浴料700円 登山届けBOX(玄関横黄色の箱)
イメージ 3

西尾根登山口(しゃくなげ橋)
イメージ 4

変化に乏しいシラビソ樹林帯歩きが第一展望台まで続く
イメージ 5

枯尾の峰分岐点
イメージ 6

毎度おなじみの「どっこいしょポーズ」
イメージ 7

根っ子道
イメージ 8

第一展望台/諏訪市・茅野市街地と木曾御岳山方面
イメージ 9

第二展望台
イメージ 10

第二展望台から見る西天狗岳最後の急登(岩場)全景
イメージ 11

その拡大写真/岩場のマーキングが山頂まで続く
イメージ 12

その現場
イメージ 13

西天狗岳山頂・2646M
イメージ 14

管理人と東天狗岳/西天狗岳より
イメージ 15

東天狗を目指して鞍部へ
イメージ 16

東天狗岳山頂・2640M
イメージ 17

根石岳・赤岳・阿弥陀岳/東天狗より
イメージ 18

グーグルアースMAP
イメージ 19




















相馬山&伊香保森林公園 8/15

2009.8.15 相馬山

前から見たいと思っていた可憐な姿のイワタバコ
ネット仲間のシゲさんにご案内いただき予てからの念願がかないました。
実物がこんなに小さい花だとは知らず、家内と二人だけで行っていたら素通りしていたかも・・・
シゲさん、お盆の忙しい中ご案内いただきありがとうございました。


伊香保森林公園・オンマ谷風穴/ここだけ冷気が漂っていました
イメージ 1

タマガワホトトギス
イメージ 2

念願のイワタバコ
イメージ 3

星の妖精が降りてきました・・・
イメージ 4

妖精の隠れんぼ?
イメージ 5



松の沢(ゆうすげの径)に駐車(トイレ有り)し相馬山へ
正面は榛名山
イメージ 6

ゆうすげ
イメージ 7

ゆうすげ
イメージ 8

マツムシソウ
イメージ 9

ゆうすげの径
イメージ 10

磨墨峠(するすとうげ)より振り返って
イメージ 11

黒髪神社(相馬山)の参道石段
イメージ 12

ヤセオネ峠分岐点
イメージ 13

レンゲショウマが咲いていた
イメージ 14

鉄梯子
イメージ 15

修験の山によく似合う鉄の輪(鎖)
イメージ 16

黒髪山神社-相馬山山頂で記念撮影
イメージ 17

分岐まで戻り、ヤセオネ峠(大鳥居)に到着
イメージ 18

相馬山MAP
イメージ 19






















蓼科高原の八子ヶ峰(やしがみね)へ 8/14

2009.8.14 蓼科高原の八子ヶ峰


高崎の沼賀さん(山仲間です)から教えてもらった蓼科高原の八子ヶ峰へ
話を聞いて地図を見るまで何処にそんな山があるの???って感じで、まさに灯台元暗し状態!
駐車場からヒュッテ・アルビレオまでの約20分が唯一の上りで、ここから本峰まで
(約30分)は快適なハイキングコースになっています。
花はもちろんの事、天気が良ければ背後に八ヶ岳、左から中央アルプス・北アルプス
・浅間山の展望が楽しめるので「山はチョット」という方にもオススメです。
(水と雨具は必需品)


すずらん峠(八子ヶ峰方面駐車場)
道をはさんで反対側は蓼科山方面大駐車場です。
イメージ 1

愛車の横が登山口
イメージ 2

駐車場の片隅で咲いていました・・・
イメージ 3

ヒュッテを目指して
イメージ 4

ハイキングコース案内板
イメージ 5

ヒュッテの赤い屋根が見える
イメージ 6

ヒュッテ・アルビレオ ここまで約2、30分
イメージ 7

快適な草原(稜線)歩き
イメージ 8

東峰・1869M
イメージ 9

東峰の草原内より蓼科山を望む
イメージ 10

本峰を目指して・・・
イメージ 11

マツムシソウと本峰
イメージ 12

蓼科山・本峰より
イメージ 13

車山をバックに登頂記念
イメージ 14

トモエシオガマと思われる
イメージ 15

ハクサンフウロ
イメージ 16

マツムシソウ
イメージ 17

グーグルMAP
イメージ 18









浅間隠山 8/9

2009.8.09 浅間隠山

梅雨明け宣言後も続く長~い梅雨空に「いい加減にしてくれ~~~!」と、
わめきたくなるこの頃。
雨降り!曇り空!は絶対に登らない管理人だが、我慢も限界に近づいてくると
「雨が降らなければ・・・」と、妥協する軟弱者になってしまったようだ(苦笑)
前置きが長くなったが、そんなこんなで昨日は短時間行程の「浅間隠山」で
ストレスを発散してきました。(*^_^*)


駐車場&簡易トイレ
行き帰りとも人に行き会うことのない静かな浅間隠山でしたが
7年前と比べて植生の回復振り(笹原の藪こぎも含めて)にビックリ!
イメージ 1

駐車場から登山口へ向かう
イメージ 2

登山口
イメージ 3

ガラス細工風ソバナ
イメージ 4

分岐点
イメージ 5

数株のレンゲショウマを見つけましたが残念賞でした。(この状態だと開花はお盆頃かな?)
イメージ 6

急坂・強者、若者ライン? 「年寄りを侮るなよ」と、意地で若者ラインへ(笑) 
イメージ 7

地盤が脆いせいか深くえぐれた場所が多い
イメージ 8

そんな場所では上るのが大変(脚が短い管理人には超難所である)
イメージ 9

笹原の藪こぎでズボンはずぶ濡れに・・・
イメージ 10

浅間隠山ならぬ浅間隠れ山だ~!
イメージ 11


山頂近辺は色々な花が咲き乱れており登った甲斐がありました。
オダマキ
イメージ 12

ヤマユリ
イメージ 13

マツムシソウ
イメージ 14

アサギマダラ
イメージ 15

グーグルMAP
イメージ 16


RSS
ギャラリー
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
  • 20.02.11 四阿山スノーハイク&霧氷の世界
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ