小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に70歳相応の山歩きを楽しんでいます。

2008年09月

9/28 苗場山・祓川ルート(ネット仲間オフ会)

2008.9.28 苗場山


ネット仲間「だんべえさん」のオフ会で新潟県・みつまたかぐらスキー場から苗場山へ。
登山道はスキー場内にかかわらず大岩・大石の急坂が続くうえ、最後の最後に控えている
アップダウンに管理人は息も絶え絶えだったが、だんべえさんご夫妻を筆頭に、
MAKOTOさんご夫妻、シゲさんご夫妻、マダラさん、なんちゃん、
ふたさん、のむさん、くろさん、の皆さんとの楽しい会話に後押しされて
なんとか山頂に辿り着くことができました。(~o~)


みつまたかぐらスキー場・苗場山登山口
イメージ 1

苗場山登山口駐車場
イメージ 2

和田小屋横登山口
イメージ 3

岩ゴロの急坂が続く
イメージ 4

岩ゴロの急坂が続く・その2
イメージ 5

7合目半/5合目半から始まって9合目半まで半端な標柱が・・・
イメージ 6

雪と戯れる・・・
イメージ 7

管理人はバテバテなのに、その元気がウラヤマシイ~~~(T_T)
イメージ 8

ガスでよく見えないが山頂直下でキツ~イ!アップダウンが待ちかまえている(>_<;)(>_<;)
イメージ 9

氷華
イメージ 10

まもなく秋から冬へ
イメージ 11

苗場山山頂
イメージ 12

グーグルアースMAP
イメージ 13












9/22(月) 日本一小さな山脈「櫛形山脈」 新潟県里山巡りその2

2008.9.22 日本一小さな山脈「櫛形山脈」


昨日の珍名?「日本国」に続き、今日は日本一小さ~い山脈と呼ばれる
櫛形山脈を選択するも展望があるのは櫛形山と鳥坂山だけで、
あとは修験者のように黙々と歩く事を強いられる山行であった。


関沢森林公園(トイレ・水あり)に車を駐めて山の神ルートから登山開始
イメージ 1

山の神登山口(2-3台駐車可)
イメージ 2

山の神R
イメージ 3

山の神
イメージ 4

分岐点でルート確認中の管理人/下山地点の白鳥山裾野が見える
イメージ 5

櫛形山山頂
イメージ 6

櫛形山からの展望
イメージ 7

櫛ではなく、山栗山脈?
イメージ 8

この指導標を頼りにひたすら歩く!歩く!
イメージ 9

藪漕ぎ状態の場所が多い
イメージ 10

指導標はあるがルートは何処に・・・?
イメージ 11

3回もスッテンコロリしちゃいました。トホホ・・・
イメージ 12

鳥坂山山頂
イメージ 13

鳥坂山山頂から日本海を望む
イメージ 14

鳥坂城址
イメージ 15

グーグルMAP
イメージ 16


9/21 日本国 ・ 新潟県里山巡りその1

2008.9.21 日本国

新潟県と山形県の県境に位置する「日本国」はそのまま「にほんこく」と読む山で、
昨今はこの名前にひかれて多くの登山者が訪れているらしいが管理人も
その一人に仲間入りか・・・(笑)
小雨がぱらつく怪し気な空模様で車中待機中に日本国登山ツアーバスが
入ってくるのを見て、この山の人気を実感する。


新潟里山巡りの行程表
9/20(土) 
長野発 ~ 約5時間のドライブ ~村上市「道の駅・朝日」で車中泊
9/21(日) 
道の駅発 ~ 約1時間 ~ 「日本国」登山 ~ 下山後・笹川流れを見学 
~ 「道の駅・関川」で車中泊
9/22(月) 
日本一小さい山脈「櫛形山脈」登山 ~ 「道の駅・豊栄」で車中泊
9/23(火) 温泉に入って帰宅


日本国・登山口駐車場・水洗トイレ・水・休憩所あり
イメージ 1

小俣口登山口
イメージ 2

登山道
イメージ 3

松ヶ峰・ここを通過後土砂降りの雨に・・・(泣)
イメージ 4

蛇逃峠/蔵王R分岐点・東屋あり
イメージ 5

日本国山頂の三角点・東屋と展望台あり
イメージ 6

日本国の由来
イメージ 7

蔵王堂
イメージ 8

日本国案内板・小俣口と蔵王の両方に設置されている
イメージ 9

出羽街道・小俣宿
イメージ 10

小俣宿の郵便局
イメージ 11

下山後、笹川流れを見ながら次の目的地へ向かう
イメージ 12

笹川流れ
イメージ 13

グーグルMAP
イメージ 14




9/14 UFO飛来の山として有名な飛騨の霊山・位山へ

2008.9.14  位 山

岐阜県側に登山口がある信州100名山の小秀山を予定して「道の駅・花街道付知」で前泊する。
AM4:30の目覚ましで起きたらバシャバシャと雨の音がするではないか、
これじゃ今日は中止だなぁ!と再びシュラフに潜るが、ガラス越しのまぶしさに
目が覚めてカーテンを開けると空は青空ドピーカン!
アチャ~、さっきの雨はなんだったんだよぉ~~~(T_T)
時間は7時をまわっているし長丁場の小秀山は無理と諦め、
短時間で登れる霊峰位山(くらいやま)に変更し飛騨のモンデウススキー場を目指す。

ルートはゲレンデ西側の登山口からクワッドリフト終点経由~天の岩戸~山頂(約2時間)と、
ダナ平林道を利用して林道終点の駐車場(トイレ有り・水無し)~天の岩戸~山頂(約1時間)の
2コースある。
林道はかなりのダート道だが乗用車でも慎重に運転(約25分)すれば特に問題なく林道終点の駐車場に着くことができる。



モンデウススキー場内の分水嶺(左・太平洋へ 右・日本海へ)
イメージ 1

モンデウススキー場&登山口
イメージ 2

モンデウススキー場&登山口
イメージ 3

ダナ平林道・この写真では悪路を感じられないが大半は石ゴロのダート道
イメージ 4

林道終点・巨石郡遊歩道の登山口
イメージ 5

位山太陽御神殿
イメージ 6

上り始めは暫く急登が続く
イメージ 7

なにを写しているの?
イメージ 8

これさ・・・ (蔵立岩)
イメージ 9

天の岩戸
イメージ 10

ガスがかかっていなければ展望適地と思われる
イメージ 11

位山山頂
イメージ 12

位山御神水・天の泉
イメージ 13

グーグルアースMAP
ゲレンデ横から白線のダナ林道(ダート道)を慎重に運転すること約25分で駐車場に着く
イメージ 14












土鍋山・破風岳 9/12

2008.9.12  土鍋山・破風岳


長野市から高山村経由で万座方面へ向かえば毛無峠まで約1時間で到着する。
長野を9時に出て峠着は10時15分と見込んで、御飯岳のピストンから土鍋・
破風を廻って峠に帰着する予定だったのに、高山村も中程まで進んだところで
「万座方面は工事中で通行止」の看板が立っているではないか。 
残り30分ぐらいの場所まできてるのに「こりゃないだろう」 怒!怒!怒!
やむを得ず須坂市まで引き返して破風高原から土鍋山と破風岳の登山のみに変更しました。
この山は1999年(破風岳1999m)と2000年(土鍋山・三角点は1999.4mだが
標高2000mの場所あり)の記念登山で賑わった山でもあり、
ひらさんも記念登山に乗ったくちでした。(笑)
当時は広~い破風高原内で登山ルートを探すのに難儀しましたが、
それだけに今回は迷うことなくバッチリ!歩くことができました。
昨日のことも忘れるこの頃なのに10年前の事は覚えていて良かった~~。
《陰の声・年寄りだから昔のことしか覚えていないんだよ! ははは・・・》


五味池破風高原自然園駐車場・トイレ・水あり
イメージ 1

牧場専用車道を上り込む
イメージ 2

車道途中から笹原の登山道に入る
イメージ 3

五味池分岐点 左・破風岳へ 右・土鍋山へ  
どちらもここから約20分程の行程で山頂に着く
イメージ 4

土鍋山からの展望(灌木が多く展望は北方面に限られる)
イメージ 5

破風岳から見下ろす毛無峠(この峠を利用すればナイトトレッキングが楽しめる)
イメージ 6

浅間山/破風岳より
イメージ 7

破風岳・1999m
イメージ 8

グーグルMAP
イメージ 9



 ホームページ本編
http://hirasan.canada2194.com/hafudake.html 









日向山のタカネビランジ 8/31(日) 速報

2008.8.31 日向山


天気予報を信じて山に行かなかった皆さんゴメンナサ~イ m(_ _)m

土曜日の夕方時点で日曜の天気予報は「曇・雨」、管理人もこれを信じ
日向山山行を中止にしかけましたが執念深いというか、諦めきれずにというか、
19:00にピンポイント(現地近辺)予報をチェックしたところ午前中は
晴れマークになっているではありませんか。  
ホンマかいな~~? と半信半疑(そりゃそうだよね~笑) 
行くだけ行ってみてダメだったら温泉&蕎麦すればいいやと
仮眠地「道の駅・蔦木宿」に向けて出発!

タカネビランジは南アルプスで咲く花だが、日向山でも咲いている事をネット仲間
「和たん」さんのHPで知り、日向山で検索してこの花の事を調べてみると
「タカネビランジ」ではなく「オオビランジ」ではないかと書かれたサイトもあったので
興味をもって撮してきました。
下記の写真がタカネビランジか否かは見る方の判断にお任せいたします。

★オオビランジ「タカネビランジの母種で茎は20-60cm 花弁は大きく2裂する」
日向山の山頂では明らかにオオビランジと思われる花が沢山咲いていました。
★ビランジ「萼に腺毛を密生するものをいう」
分岐上部砂礫地帯に3-5株ありました。
★タカネビランジ「高さ10-20cm 茎に下向きの曲がった毛があり、
上の方では繊毛が混じる」
山頂近辺の砂礫地帯に3株ありましたが確証はもてませんでした。



富士山/登山道樹林帯の隙間から(偶然ですが和たんさんんと同じ場所で撮したようです)
イメージ 1

雁ヶ原と八ヶ岳
イメージ 2

富士山/雁ヶ原より
イメージ 3

雁ヶ原の大明神
イメージ 4

ヒメコゴメグサ
イメージ 5

オオビランジ(タカネビランジの母種)/沢山咲いていました。
イメージ 6

タカネビランジと思われる/二株は枯れ、一株だけ咲いていました。
イメージ 7

イメージ 8

ひらさん/バンダナをやめてキャップにしました。
イメージ 9

当面の目印は「ドコモ茸」
イメージ 10

グーグルアース
イメージ 11



RSS
ギャラリー
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
  • 20.03.21 ミツバ岳&権現山ミツマタ花旅
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ